« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月30日 (金)

プレジデント 2005年10月3日

PRESIDENT

2005年10月3日発行 

第四三巻 第一九号

発行人:藤原昭広

編集人:長坂嘉昭

発行所:プレジデント社

雑誌コード:27651-10/3

CONTENTS

【特 集】「営業マン」革命

ノルマも利益も楽しみながら達成する法、教えます

日本電産・永守重信「君は死んだノラ猫を売れるか?」

連結1兆円に向け、社員は慢心と驕りの「ユニクロ慣性」を断絶せよ

ユニクロ・柳井 正「売上・利益3倍社員に変身する法」

トップ営業が目覚めた「6つのきっかけ」分析! ●神田昌典

▼きっかけは(1)顧客との出会い (2)転勤…… トップを取るまでの時間は

▼セールスの手法は 師匠とどうめぐり合うか 失敗からの復活方法…… ほか

11人を直撃! 売れない時期をどう過ごしたか

 (1)ヤナセ・関本真嗣――――――――――――念願の「ベンツ日本一」達成を支えた2人の鬼の叱責

 (2)みずほ銀行・林 克実――――――――――失意の北海道転勤を逆転ホームランにした「粘る力」

 (3)リトル・ニューヨーク・吉田かおり――――数字を読み始めたら銀座OLの気持ちが掴めた

 (4)グラクソ・スミスクライン・三好哲紀―――医師同士のつながりに気づき支店ベスト5に大躍進

 (5)住友不動産・石山 朗――――――――――転職後の低迷時代を吹っ切った「こつこつ日記」の底力

 (6)太陽生命保険・山口芳子―――――――――「断れたら次の家」の境地がトップの座をもたらす

 (7)リクルート・橋本佳子――――――――――口下手営業レディを表彰台に上がらせた「聞く技術」

 (8)ルネサス販売・花田泰成―――――――――「俺に買わせりゃ日本一!」元辣腕バイヤーが辿り着いた確信

 (9)ハウス食品・西村正徳――――――――――「社長賞男」はなぜ、値引き合戦から脱却できたのか

(10)ガリバー・大野 正―――――――――――成績最下位からトップへ。3冊のメモに書いた「魔法の言葉」

(11)4℃・近藤和恵―――――――――――――ダメ販売員から「再建請負娘」の契機は店長の一言

2週間で改造! 「顧客の反応」はどう変わったか

ホンダプリモ東総・村上 龍――――――無気力男が「売り上げ230%」を果たすまで●村上龍/大久保政彦

INAX銀座店・伊藤圭子ほか―――――「第一印象力」で箱入り娘がいきなり最高数字を記録●田中義厚

レッスン75分!「ノルマ未達」の悩みを一挙解決 ●大宮冬洋

▼「売り込み下手」社会保険労務士――――――欠点を「福耳コンセプト」で突破した

▼「一人相撲」住宅販社支店長――――――――「ビール会議」で冷めた部下の心に火がついた

▼「戦略迷走」工務店二代目―――――――――「ライフスタイルを売る」原点回帰で3棟成約へ

▼「電話苦手」広告営業マン―――――――――「俺は俳優作戦」でアポイント不安を克服、ほか

大量集客の秘訣「変形フロアと御用聞き」の心理学 ●樽谷哲也

企画書、人脈づくり……「ケータイ」なんでも仕事術 ●西村 晃

商談前にクロージング!「ブログ雑談力」をつけろ ●山崎将志

メールの誤送信、ウイニーから漏洩……部下の事故でも昇進に赤信号

謹慎3カ月、減棒20万!?「個人情報漏洩」の事件簿 ●樽谷哲也

元税理士の生保マン、元商社マンの工務店はいかに業界常識を覆したのか

「販売経験ゼロ」が世界のMVPを掴み取った理由 ●岡村繁雄

【ビジネススクール流知的武装講座(133)】

日本留学組の起業相次ぐ!「北京・ソフト産業」の脈動 ●関 満博

【河合 薫のストレス予報(31)】

管理職失格の烙印 

短期集中連載  第三回 亡国の指導者、世界を知らず

戦後六〇年と日本人 ●飯塚真玄

日露戦争、太平洋戦争、そして現在。我々はどこへ向かおうとしているのか 

企業の活路  (1)

「営業利益率10%」は世界のエクセレント・カンパニーとなる最低条件だ

松下電器産業 「中村改革」はトヨタを超えられるか ●長田貴仁

【情報スクランブル】

[ニュースファイル]

●明治安田「不払いQ&A」に金融庁が激怒

●「TBS vs 村上ファンド」

 攻防の行方

[気なカラダ入門(34)]

 うつ病 ●松井宏夫

[マーケットの読み方(33)]

ウォームビズ、クールビズの2倍の経済効果は本当か ●吉田彰男

教育シリーズ  第17弾 公教育を捨て「横浜山手中華学校」に進学を決断した親の本音とは

「二割は日本人生徒」中華学校の過熱人気 ●藤原智美

【クローズアップニッポン (34)】

ジーコ 

名選手が本物の監督になる日 ●文・福井盛太/撮影・ジジ

連載 わがジャーナリズムの総決算 第一七回

権力の正体 首相を動かす“裏の首領”たち ●田原総一朗

連載 私が見た「日本株式会社」の喜怒哀楽 第一七回

サラリーマン黄金時代 「万年Bクラス」脱出作戦 ●江坂 彰

連載 ○第59回 ―――連続試合出場にこだわる理由

挑戦! 松井秀喜の「大リーグ日記」 ●松下茂典

【ハーバード式仕事の道具箱(83)】

新任マネジャーを最短で職場に馴染ませる法 ●ローレン・K・ジョンソン 

【職場の心理学(131)】

「いかにも型」「内秘め型」タイプ別マネジメント ●大塚雅樹

【仕事に使える技術の話(35)】

廃プラ油化装置 ●中野不二男

地球百景(47)「ダナキル族の娘」 撮影・文●野町和嘉

人間邂逅 ○「私をゴルフに連れてって」 ●石坂信也/森 正文

男の逸品[紳士のこだわり](110)左とん平 女房のありがたみを知る「時計」

人に教えたくない店(325)松木安太郎

本の時間 著者インタビュー ○『情熱と感動の仕事術』 ●永末春美

新刊書評 ○折口雅博 著『「プロ経営者」の条件』

世の中の読み方 ○「改革か停帯か」、力ずくの小泉二元論を支持する心理とは ●香山リカ

経営者の一冊 ○野中郁次郎 他 著『戦略の本質』 ●ユニ・チャーム・高原慶一朗会長

プレジデント言行録

エディターズノート 

【特別企画】

ファッション特集/小物の威力

プレジデント INFORMATION & EXPRESS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CQ 2005年10月号

アマチュア無線の専門誌

CQ ham radio 10月号

平成17年10月1日発行

第60巻 第10号 通巻712号

発行人:増田久喜

編集人:櫻田洋一

発行所:CQ出版 株式会社

雑  誌:04207-10

ISSN:0007-8964

CONTENTS

国内最大のアマチュア無線フェスティバル

ハムフェア2005総力取材………編集部

【特 集】

誌上再現! 本誌主催

ハムフェア特別セミナー

無線機のプレスティージ

コリンズS-Lineの魅力………JA1AUG/JH1TKX 海老沢 徹

ロギング・ソフトの定番

ハムログ入門塾 ~ハムフェア・バージョン~ ………JG1MOU 浜田 博,JR1DTN 佐藤 哲,JF1RWZ 岡村 潤一

電波障害対策基礎講座

コモン・モード電圧源に着目した電波障害対策………JJ1VKL 原岡 充

1アマ,2アマの国家試験にチャレンジしてみよう!

上級ハム国家試験の勘所………JA1MKS 野口 幸雄

【特別企画】

 

HFオールバンド・エキサイタの製作………JA1WEK 出雲 健三

カラーで見るHFオールバンド・エキサイタ

HFオールバンド・エキサイタの製作

■最新情報&コラム

 第1回 世界アマチュア無線非常通信会議(下)………日本アマチュア無線連盟 国際課

 ロングターム・レポート FT DX 9000D Vol.1………JF10CQ 三宅 広幸

 ユーザー・レポート

 Heil Sound PR-40………WB6Z 古谷 俊彦

 5X1B,5X1W運用レポート アフリカ・ウガンダからQRV!………JA1DOT 小林 久人

 ペディションデー・レポート………JG1KTC 高尾 義則

 アクティビティー・レポート

  

   フィールドデー・コンテスト奮戦記………JE1SCJ 吉田 卓斗

   全国生徒交流大会………JI1TJJ 石谷 優行

 

 新製品情報

 FROM U.S.A.………JE1HYR 井端 一雅

■テクニカル・セクション

 430&1200MHzグローバル・ワイド・アンテナ………JJ10AL後藤 暢嘉

 ゲームボーイアドバンス用モールス練習ソフト“CWTA”………JR4QPV 横林 武

 モールス練習CWTA(ダウンロード)zip

 2SK125を使ったクワッド・ミキサーの実験………JA5FFJ 沢村 健

■連載

 新連載 解説・電波とアンテナ 第1回 

   電波とはどんなものか………JR1XEV 吉本 猛夫

 新連載 1・2アマ国試実力養成講座 第1回

   無線工学の基礎………JH1VIY 吉川 忠久

 ハムログ入門塾 第5回 

   ハムログを使ってみよう………JR1DTN 佐藤 哲 

                 JF1RWZ 岡村 潤一 

                 JF1MOU 浜田 博

 新DX通信入門 第10回

   DX通信の無線設備………JE2HCJ 杉本 芳浩

 新連載 真空管で遊ぼう 

   やさしい単球アンプの製作(1)………JA1AMH 高田 継男

 快適無線研究所

   ノイズ対策研究室 ●EMC専門家の認識………JJ1VKL 原岡 充

 マイクロフォン博物館

   (10)ハイエンド・ダイナミック・マイク………JA1CEB 橋本 浩一

 読者の製作実験室

■DX World

 DX News /DXなんでも辞典………JK10PL 小野 彰彦

 APDXC(国際DXコンベンション)紹介

 DX Digest………JA1ADN 井原 昇

 QSL Information………7K4QOK 中村 肇

 DXerのための近着QSL情報………JI1CYX 太田 伸一

 読者からのDXレポート

 実用QSO英会話

   実用QSOに役立つ表現………WB6Z 古谷 俊彦

■インフォメーション

 アワード・ハンティング………CQハムラジオ アワードチーム

 コンテスト………JHφNZN 菅沼 拓夫

 海外コンテスト規約………JHφNZN 菅沼 拓夫 

             7J4IOU 出島 久己

 国内コンテスト規約………JK2XXK 戸根 伸剛

 CQ情報室

 

 全国市町村情報………JF1COR 阿部 芳雄

 養成課程講習会案内

 

 第1級/第2級/第3級/第4級アマチュア無線 国家試験案内

■マンスリー・レポート

 D-STAR Information

   ハムフェア2005 D-STARデモショー ………JA3VAP水島 章広

 QRP通信………JARL QRPクラブ

 About VHF………JA1AN 原 昌三

 

 V/U情報

   50MHz………編集部

   144MHz………JI6HOC 香月 博一

   430MHz………JR3MIX 田路 弘之

   1200MHz………JN1NAA 北川 隆之

 マイクロウェーブ・ニュース………JG1QGF 種村 陽亜

 衛星通信情報………JN1GKZ 新井 雅裕

 電波伝搬予報………JA1CO 菅 宮夫

■読者の広場

 ローカルトピックス

 144/430MHzアクティビティー・アワード応募用紙・規約

 ローカルトピックス投稿用紙/ハム交換室投稿用紙

 投稿募集

 ハムラジオ・サポート

 ハム交換室(リサイクル・コーナー)

 ハムクロスワード

 読者の声

 次号のお知らせ/編集部から

■日本アマチュア無線連盟編集のページ

 FROM J.A.R.L.(JARL情報)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月29日 (木)

阪神優勝おめでとう

 9月29日巨人戦で勝利した阪神は2年ぶり5度目のリーグ優勝を果たした。

 磐石の横綱相撲であった。ストッパー3枚というのは85年優勝時の2枚ストッパーより充実していたことになる。ただ、ここまで投手に恵まれることはそうそうあるのだろうか。

 前原民主党代表のことをこのブログで話題にしたが、彼の師匠の高坂教授はだいの阪神ファンであった。弱い阪神しかみずになくなられてしまったが、こんな強い阪神は、阪神ではないというかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月27日 (火)

ダ・ヴィンチ 2005年7月

ダ・ヴィンチ

平成17年7月6日発行

第12巻第7号 通巻135号

発行人:芳原世幸

編集人:横里 隆

発行/発売:メディアファクトリー

雑 誌:05947-7

CONTENTS

【特集1】

いつか、きっと、ワタシも、ボクも、

文学賞でひと花!

世に文学賞はあまたあれど……

穂尿に売れっ子作家になれる文学賞はどれだ?

新人賞公募一覧 パート1

マンガで見る『実録! 選考会舞台裏』

豊崎由美 + 大森 望 

 文学賞メッタ斬り! 

 新人賞ナビゲート編

河崎愛美、中島たい子、長嶋 有 インタビュー

 受賞作家に訊く「なぜ、私は文学賞を目指したのか」

マンガで読む

 『ザッツ・ニュー文芸道 ~あすなら立志編~』

第1回 ダ・ヴィンチ文学賞

 公募スタート

Road to ダ・ヴィンチ文学賞!

 はじめての小説の書き方

[特集 番外編]

 本当に売れっ子作家になれる文学賞はどれだ?

 新人賞公募一覧 パート2

【特集2】

本は美しき挑戦者たちの糧となったのか?

 バレエの中心で 未来を叫ぶ男たち!

日本のバレエを変えた天才ダンサー 

熊谷哲也

名だたる振付家を魅了し続ける男

首藤康之

世界的バレエダンサーから舞台俳優へ

小林十市

ダンスカンパニーNoismを率いる革命児

金森 穣

TV、CM、舞台 ―――越境を楽しむプリンス

西島千博

ディズニー完全映画化決定!!

 『ナルニア国物語』江國香織 Q&Aインタビュー

「爽健美茶Beautiful Story]サイドプログラム Vol.4

 小説『あしたまでの距離』からテレビドラマ『27歳の夏休み』へ

 対談 唯川 恵 × 木村佳乃

スタジオインタビュー

黒谷友香

気になるあの人の気になる一冊

上野樹里

西島秀俊

長塚圭史

祝! 吉川英治文学新人賞受賞

 恩田 陸

 瀬尾まいこ

ヒットの予感EX

 『風神秘抄』萩原規子

 『海の底』有川 浩

 『純情物語』カン・プル

ヒットの予感

 『幸福を売る男』藤田宣永

ダ・ヴィンチほりだし本

 『へたれ』吉永マサユキ

【BOOK REVIEW】

今月の「絶対はずさない! プラチナ本」

本屋さんがおすすめするレコメン本

今月の新刊文庫・新書情報

今月の新刊コミック情報

ダ・ヴィンチ Book Watcherの絶対読んでトクする20冊

今月の注目本130

担当編集者イチオシ本

出版ニュースCLIP

読者なんでもランキング「夏が来れば思い出す本」

今月のナゼ……?

今月のえこひいき

マギーさんの読書占い

ダ・ヴィンチコードの活用方法

WEBダ・ヴィンチのお知らせ

プレゼント付き読者アンケート&今月のしあわせ者

バック・ナンバーのご案内

次号予告

『ノベル倶楽部』を利用して、憧れの文学賞をめざしたい!

日本ジャーナリスト専門学校に聞く

「作家をめざす学校とはこんな場だ!」

『Good Luck』の原点『Letters to me』ついに上陸!

 自分の心に手紙を書いてみませんか?

EZ BOOK Land!

Opening Special Contents Vol.1

作家・北村 薫が選ぶ 

忘れられない変身の本

喪失の時代に贈る迷子の島の物語

五木寛之翻訳『ロストターン』刊行

元人気モデルが語るハッピーの極意

『一ヶ月以内に「いいこと」がたくさん降ってくる法則』

扶桑社海外文庫ついに1000点突破!

コミックエッセイプチ大賞 第6回募集

「コーヒーストーリー募集」結果発表

新風舎の注目本

新連載

 豊崎由美 × 岡野宏文

 「百年の誤読 舶来編」

大好評連載

アラーキー「裸ノ顔」首藤康之

北尾トロ「出動! トロ・リサーチ」

西田俊也「love history single cut」

ばばかよ「太陽本がいっぱい」

「ふむふむのヒトトキ」

 一 青窈(ひととよう) × 土屋賢二[前編]

益田ミリ 「わたし恋をしている。」

素樹文生 「ストロベリーショート」

山岸涼子 「テレプシコーラ」

爆笑問題の日本史原論

河井克夫 「猫と負け犬」

宮台真司 「オン・ザ・ブリッジ」

藤野美奈子 「大人の失恋反省会 殿方の心」

鈴木ともこ 「弱気な小心者ちゃん」

大田垣晴子 「わたしって……!」

旬の本棚

現代の情報洪水の向こうにあるものは?

ニュースの深層に迫る

社会派ノンフィクション31冊

ああ、夏が……。慌てている人も、焦っている人も

鏡の中の自分としっかり向きあう

ダイエット本31冊

ポケットにエンポエを

この本にひとめ惚れ

ダ・ヴィンチプンゲイ

好評連載中

大槻ケンヂ 「縫製人間ヌイグルマー」

瀬尾まいこ 「ささいな毎日」

嶽本野ばら 「千夜一夜騎士(アラビアンナイト)」

穂村 弘 「もしもし、運命の人ですか。」

鈴木志保 「クマの掌(てのひら)」

古田新太 「魏志知人伝」

ミステリー ダ・ヴィンチ

続・発掘!! 過去から甦る 

 傑作&SFミステリー

幽・怪談之怪 怪談ニュース

ミステリー・エンタテインメント新刊レビュー

 注目の新進作家インタビュー 御影瑛路

コミック ダ・ヴィンチ

マンガと小説の

ステキな関係を語ろう

 対談 田中芳樹 × 夢枕 獏

厳選! 注目の新刊コミック

古屋兎丸 「鈍器降臨」

しりあがり寿 「瀕死のタウンガイド オーイ★メメントモリ」

呉 智秀のマンガ狂につける薬

デジタル ダ・ヴィンチ

シネマ ダ・ヴィンチ

ミュージック ダ・ヴィンチ

すてきなくらしのレシピ ~もの編

Monthly e-NOVELS

 人気作家の産直ネット ―――今月のトピックス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオライフ8月号付録

RADIO LIFE

Magazine for Listener

ラジオライフ 増刊6月号

ラジオライフ8月号付録

2005年7月25日発行

第26巻第11号

発行人:和田洋一

編集人:伊藤英俊

発行所:三才ブックス

CONTENTS

[時間帯別]新番組ガイド

 北から南までこの春の新番組とききどころ

●データ特集

 誰が聞いてもいい警察無線

■山田耕嗣のBCL入門 ―――[1]

 ラジオ・オーストラリアの日本語放送をキャッチしよう

 インフォメーション・コーナー

(1)国内局インフォメーション

(2)ペリカード・インフォメーション

(3)受信インフォメーション

(4)海外局インフォメーション

●曜日別(本誌考案! 今日の番組が一目瞭然)

 

 海外日本語放送プログラム

●2色カラー

 春の全国ラジオプログラム

■中波局めぐり ―――[1]

 

 RKB毎日放送………岡 裕美

 新製品特選ガイド

DJ希望インタビュー ………三雲孝江

海外英語放送プログラム

(1)BBCプログラム

(2)VOAプログラム

●FEN英語ルーム

 すもうトーナメント………窪田ひろ子

●FENプログラム

●NHK-FM局訪問

(1)東北本部

(2)山形放送

(3)秋田放送………越後康之

NHK-FM全局出演者一覧

天・地・人………鈴木 明

●わが校わが放送部

 市立川崎商業高校の巻

 テレビのテストパターン誌上放映

●ラジオノスタルジア………下沢勝井

●DJプライベ-ト

 岡本修二 木下和子 つボイノリオ

 RADITOPIA IN MIND

シャベリストその世界………ドン・上野

●誰でもすぐできるCB

 キミも3万円で放送局がつくれる ………春野 久

世界の“音”見て歩き

 

 ~インドネシア~ ………福沢郁文

●海外の話題

 ~海外放送局機関誌、パンフレットから~

創刊号に寄せて・編集後記

●われらのラジオライフ

(1)それゆけスネークマン ★ 杉本喬夫

(2)電波は貴重だった ★ 安藤サスケ

(3)激突! テレビVSラジオ ★ 鷲 哲郎

[RLデータ]

(1)NHK-FM周波数表

(2)NHK全アナウンサー名簿

(3)ラジオジャパンの放送時間

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレジデント 2005年7月18日

PRESIDENT

2005年7月18日発行 

第四三巻 第一四号

発行人:綿引好人

編集人:藤原昭広

発行所:プレジデント社

雑誌コード:27653-7/18

CONTENTS

【特 集】「脳力」革命

最新脳科学が、世の中の常識とあなたの思い込みを根底から覆す

実証! 40歳を超えてから「頭はよくなる」 ●池谷裕二

▼若手より中堅のほうが"記憶力"はいい

▼職場では大いに自慢話をしたほうがいい

▼仕事は区切りの「悪いところ」でやめたほうがいい

▼眠っている間にも仕事をするコツがある

▼集中力はないほうが独創性は生まれる

▼「朝令暮改」はどんどんしたほうがいい

▼スランプのときにこそ仕事の力は伸びている

言語脳、論理脳……を束ねる最高次知能「IQg」が会社人生の成否を決める

解明! これが「出世する人」の脳の仕組みだ ●澤口俊之

▼大脳生理学者が監修「あなたの弱点」発見シート

なるほど差がつく! 達人5人の「ヘッドワーク」

企画立案―――――課題を「自分語」に変えれば妙案は浮かぶ    ●くらたまなぶ

交渉・商談――――相手の選択肢を奪う「ゲーム理論」活用法    ●草野耕一

アポ取り―――――成約に結びつく電話、自ら機会を失う電話    ●福地恵士

会 議――――――生産性がみるみる向上!「板書力」4つの効果  ●山崎将志

ノルマ――――――「お客のために考える」人ほど売れない無間地獄 ●進 麻美子

アインシュタイン、エジソン……天才が駆使した最強の右脳活用ツール

ダ・ヴィンチも実践!神田流「マインドマップ」の技術 ●神田昌典

一.自分の型を見つける

二.それを4文字で表す

三.自己暗示をかける……

齋藤流・潜在パワーをフル活用する「四字熟語」力 ●齋藤 孝

専門家推奨!朝起きてから寝るまで「日常カイゼン」のススメ

「アタマの血の巡りがよくなる」5つの習慣

●朝ごはん力・高田明和 

●駅まで徒歩力・湯浅景元

●通勤電車力・阿部 聡 

●休み時間力・熊野宏昭 

●熟睡力・井上昌次郎

集中力、持続力に欠ける三日坊主男は変身できたか

編集部員がトライ!仕事帰りに「坐禅」体験 ●斉藤賢太郎

小児科医が警鐘! 「しゃべらない、笑わない、遊べない」子供が増えている

わが子の考える力を壊す「テレビと早期教育」 ●飯田 守

ノーベル賞候補となった研究者の「幻の脳理論」

「ヒトの脳」はなぜ成果主義を拒否するのか ●清野由美

豆知識! ビジネスマンの「気になる疑問」に答えます

「酒、セックス、病気」との不思議な関係 ●山元大輔/尾崎米厚/田澤俊明

【ビジネススクール流知的武装講座(128)】

「蟻の一穴」にこだわる組織こそ事故を未然に防ぐ ●沼上 幹

【職場の心理学(126)】

「命令と服従」マネジメントの副作用 ●溝上憲文

 

【ハーバード式仕事の道具箱(78)】

「ホームかアウエーか」商談の地は目的別に選べ ●J.W.サラキューズ 

連載 わがジャーナリズムの総決算  第一二回

権力の正体 青年ビル・ゲーツとパソコン戦国時代 ●田原総一朗

連載 私が見た「日本株式会社」の喜怒哀楽  第一二回

サラリーマン黄金時代 気楽な稼業のモーレツ社員 ●江坂 彰

【スペシャル・レポート】

日本生命、ANA、NTTコム、鹿島、味の素、日産……… 有力企業のトップ直撃

全調査! 新社長600人のデータファイル ●岡村繁雄

HP、ディズニー、AIG、インテル、モルガン・スタンレー ……… 有力企業のトップが次々交代

脱カリスマに拍車! 米国の新トップ激変事情 ●瀧口範子

【情報スクランブル】

ニュースファイル

●「PB撤退」シティバンクの迷走続く

● 現地ルポ! 収穫期に入ったトヨタの欧州事業

【緊急レポート】

勃発! 「関関同立」新設小学校ウォーズ ●出来 斉

【クローズアップ・ニッポン(29)】

おいしい工場見学 

大人気のお弁当、お菓子、お茶まで ●文・永井 隆/撮影・永井 浩

連載〇第54回 ―――若手の台頭とチームの勢い

挑戦! 松井秀喜の「大リーグ日記」 ●松下茂典

【仕事に使える技術の話(30)】

かんたん金属ガラス ●中野不二男

【元気なカラダ入門(29)】

口腔底ガン ●松井宏夫

【マーケットの読み方(28)ポイズンピル】

敵対的買収から企業を守ることができるのか ●松崎隆司

「地球百景」(43)「最後のアフリカ」 撮影・文●野町和嘉

人間邂逅 〇「『おやすみ』はゲームの前に」 ●R・ガーフィールド/石原恒和

男の逸品[紳士のこだわり](107)コロッケ

二〇年、探し求めた「時計」

人に教えたくない店(320)加藤紀子

本の時間 著者インタビュー 〇『お父さんが倒れました』 ●川嶋 光

新刊書評 〇大竹文雄 著『日本の不平等』

世の中の読み方 〇スコットランドG8サミットのあとさきを読む本 ●山本 浩

経営者の一冊 〇大前研一 著『世界が見える日本が見える』

●シンプレクス・テクノロジー・金子英樹社長

ランキング 〇たばこ

エディターズノート

プレジデント言行録

【特別企画】

時計特集/新作腕時計TREND2005

マネー特集/エグゼクティブのための資産運用術

プレジデント INFORMATION&EXPRESS

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月26日 (月)

法律図書総目録 2005年版

法律図書総目録 二〇〇五年版

2005年はこういう分類だったということで。

平成十七年三月三十一日発行

発行所:法律書・経営書目録刊行会

ISBN:4-938416-01-8 C0000

目 次

■法 律

法律一般

 法律全般に亘る

  辞典(事典)

 論集・随筆

 法学教育

 双書・講座

 法令・判令集

資格試験

 司法試験

 司法書士

 行政書士

 その他

法 学

 法学一般

 法学方法論

基礎法

 法哲学

 法思想学

 法社会学

 比較法学

法制史

 日本法制史

 東洋・西洋法制史

 外国の法律一般

憲 法

 憲法学

 日本の憲法

 外国の憲法

 国会法・選挙法

行政法

 行政法一般

 租税法

 地方自治法

 警察法

 文化・教育法

 外国の行政法

民 法

 民法理論・民法学

 財産法

 民法総則

 物権法

 債権法(債権総論・各論)

 家族法

 親族法

 相続法

 民事特別法

 外国の民法

商 法

 商法理論・商法学

 商法総則

 会社法

 企業法

 商行為法

 保険法

 海商法・海法

 有価証券法

 外国の商法

刑 法

 刑法理論・刑法学

 刑法総論

 刑法各論

 刑事政策・犯罪学・行刑・矯正

 法医学

 刑事特別法

 外国の刑法

司法・訴訟手続法

 司法事情

 司法制度・行政

 民事訴訟法

 強制執行法

 家事裁判法・人事訴訟手続法

 刑事訴訟法

 少年法

 外国の訴訟制度

 倒産法

労働法

 労働法一般

 労働基準法

 労働組合法

 労働諸法

 社会厚生法

 外国の労働法

産業・経済法

無体財産法

諸 法

 農林水産業法

 鉱工業法

 公害法・工業関係法

 運輸通信法

 環境法

 消費者法

国際法

 国際法一般

 国際条約

 国際機関法

 国際紛争の処理

 国際私法

 国籍法・外国人法

 国際経済法

 国際取引法

情報・メディア法

法律事務・書式

 訴 訟

 不動産

 商 事

 その他

その他

■政 治

政治一般

政治学・政治思想

 政治理論・政治学

 政治思想史

 国家主義

 君主主義

 民主主義

 社会主義

政治史・各国の政治

 政治史

 各国の政治

 

 政治家の伝記

国家の形態・政治体制

 国家の形態

 選挙・政党

 国家と個人・階級

 民族問題

行政・地方自治

 行政学

 行政管理

 行政組織

 人事行政

 行政事務・監査

 地方制度・条例

 地方行政・行政事務

 都市問題・都市政策

外交・国際関係

法律関係雑誌

書名索引

著者索引

掲載出版社名簿

ホームページURL一覧

広告目次

 岩波書店

 学陽書房

 勁草書房

 酒井書店

 商事法務

 青林書院

 東京大学出版会

 法律文化社

 有斐閣

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊田秀男「法廷の合間に」1986年

法廷の合い間に

一九八六年三月一日発行

著 者:豊田秀男

発行者:岸本 徹

発行所:手帖舎

目 次

一 法廷の合い間に

  シー・ジャック事件と正当防衛

 

  賭博と法

  コンピューターと裁判所

  偽証について

  刑事裁判への疑問

  小脇先生の思い出

  尋問技術というもの

  裁判官弁解せず

  法曹一元

  山村利宰平先生

  安楽死

  裁判官と異議

  人権

  期待される弁護士像

  刑事補償

  刑事弁護士

  有事と弁護士

  省エネルック

  知る権利と人権

  ある刑事裁判観

  国選弁護雑考

  ある占領下裁判の思い出

二 人権余話

  森永ミルク中毒事件差戻し審判決をきいて

  治安維持法下の暗黒裁判の実態

    ――『宮本顕治公判記録』に関連して――

  ベトナム難民問題と天皇のブラジル訪問

  難民問題と中道的ジャーナリズム

  ダブル選考の結果と人権のゆくえ

  憲法を語る潮どき

  二つの判決が教えるもの

  夕張新鉱の災害と人権

  北炭夕張閉山問題と教科書問題

  ロッキード疑獄田中判決から

 「特高」と治安維持法

 「拡声機等による暴騒音規制条例」所感

  政党法談義

  選挙無効訴訟 ――違憲判決と「特別の事情」

三 過ぎし日に

  川上貫一氏の思い出

  若き日の原

  私の結婚

●あとがき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘉門達夫「美味(うま)すぎ!ニッポン 旅ガラス」

美味(うま)すぎ!

ニッポン 旅ガラス 

~旅で出会った人と味~

平成16年5月21日発行

著 者:嘉門達夫

発行所:株式会社 TOKIMEKIパブリッシング

ISBN:4-04-894527-0 C0095

CONTENTS

ジンギスカン&寿司だけやないでっ!

北海道

青森、仙台で肉肉肉じゃ!

東北

クセになり記憶に残る味に、あ~満足!

関東

ハントンライスにブラックラーメン? 超個性派エリア

北陸

全裸のナナちゃん人形が味案内!?

東海

東京にはない味を食いまくる!

大阪

知りすぎていたはずの街で出会う、新鮮な感動

近畿・四国

ブームの広島つけ麺で超緊張体験!?

中国

日本最高の料理から庶民派味まで堪能!

九州

あとがき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経パソコン 2005年9月12日

日経パソコン

NIKKEI PERSONAL COMPUTING

2005年9月12日発行

第489号

発行所:日経BP社

CONTENTS

【特 集】

[特集1]知らずにハマる PC・ネットの法律問題

 やっていいこと

 悪いこと30

 

[特集2]マイベストCDを作る、iPodを持ち出す

 これから始める

 パソコン音楽生活

[特集3]IE以外の選択肢。Firefox、Opera…

 ブラウザー乗り換えのコツ

[実践IT活用最前線]通信コストを抑えるスカイプ導入のススメ

 第2回 スカイプを使って、音声通話を試みる

【スキルアップ講座】

●作って覚えるWord

 説明文 第5回 表を利用して見出しをデザインする

●作って覚えるExcel  

 売上速報メール 第1回 表を固定長テキストに変換する

●Excel緊急対策室  

 file NO.011 まるで魔法のアンケート集計

●Wordで作る「章建て」の極意

 第5回 本文を2段組レイアウトに変更する

●今から始めるデジタル一眼レフカメラ

 最終回 RAWモードで撮影する

●お答えします

 日本語入力ソフトの変換がおかしい/携帯電話データを保存しておきたい

【ニュース】

●スナップショット

 アキバとつくばをつなぐITエクスプレスが発進!

●トレンド/ニュース

 インテル、IDFで次世代のCPU戦略を明らかに

 SQLインジェクション対策を急げ!

 メーカー直販サイトの二正面作戦

 パソコンに家からテレビネット配信/ソフトバンクが無線LAN接続サービス

【製品情報】

●速 報

 2005年秋冬モデル88製品!

●新製品

 家ではAV機器に変身する携帯ノート

 Lavie A LA790/DD(NEC)

 デザインを一新したスリムなLOOX

 FMV-BIBLO LOOX T70M/T(富士通)

 新製品ハードウエア/ソフトウエア

【コラム】

●あの日あのとき

●森本家のワークシート

●涙が出るほど役立つピリ辛ソフト

●焦 点

●社長のいまさら“あいてぃ”

●森永卓郎のひと言わせて!

●ワカれば楽しいコンピューター

●新着サイト情報

●勝谷誠彦のそれゆけ! 電化男

●森博嗣のTOOLBOX

【特別企画】(日経パソコンSpecial)

 中堅・中小企業のための問題を同時解決!する実践IT活用術

用語解説

編集メモ

読者の広場/BOOKS/イベント

メールマガジンの申し込みについて

本誌記事のキーワード検索と記事検索

連載講座のファイルのダウンロード方法

広告索引

| | コメント (0) | トラックバック (1)

森本滋編「商行為法」

商行為法講義

2005年5月10日発行

編著者:森本 滋

発行者:阿部耕一

発行所:株式会社 成文堂

ISBN:4-7923-2447-5 C3032

◆目 次◆

はしがき

凡  例

第1章 ◆序

 第1節 ●商行為法の体系と特色

  1 商法の体系

  2 商行為法の体系

  3 商行為法の特色

 第2節 ●商行為法の基本概念

  1 序

  2 商人の概念

  3 商行為法の適用

 第3節 ●商行為法の通則

  1 序

  2 商行為一般に関する規定

  3 商人の商行為に関する通則

第2章 ◆商事売買

 第1節 ●総 説

  1 商法と売買契約

  2 基本契約と個別の売買契約

 第2節 ●契約の成立

  1 総 説

  2 申 込

  3 承 諾

 第3節 ●商品の引渡

  1 引渡と受渡

  2 商品の引渡

  3 引渡の遅滞および不履行

  4 受取の遅滞および拒絶

 第4節 ●商品の受領

  1 目的物の検査・通知義務

  2 目的物の瑕疵などに対する買主の救済

  3 買主の目的物保管・供託義務

 第5節 ●代金の支払い

  1 売買代金の支払い時期

  2 支払いのための約束手形

  3 商事法定利率

  4 商事時効

 第6節 ●商行為にもとづく債権の担保手段

  1 債務者の倒産と債権の担保・実現

  2 解除特約

  3 所有権留保

  4 動産売買の先取特権

  5 商人間の留置権

 第7節 ●補論 ―――商事代理

  1 序

  2 商法504条の立法趣旨 ――非顕名義の意義――

  3 選択的法律関係併存説の問題点

第3章 ◆消費者売買

 第1節 ●総 説

  1 消費者契約の構造的格差

  2 消費者保護法制の整備

  3 約款の意義とその規制

  4 消費者契約法

 第2節 ●販売信用取引

  1 信用販売の規制

 

  2 割賦販売法の規制対象

  3 割賦販売法の適用範囲

  4 割賦販売等に対する規制

 第3節 ●特定商取引の規制

  1 訪問販売法の成立とその後の展開

  2 訪問販売

  3 電話勧誘販売

  4 通信販売

  

  5 特定継続的役務提供

第4章 ◆特殊の決済手段

 第1節 ●総 説

 第2節 ●交互計算

 第3節 ●金融取引の決済手段

第5章 ◆企業金融と資産流動化

 第1節 ●総 説

  1 資産流動化の意義

  2 立法経緯

 第2節 ●資産流動化の方法

  1 概 説

  2 特定目的会社

  3 特定目的信託

 第3節 ●信用補完

  1 保 証

  2 優先劣後関係

 第4節 ●倒産隔離

 第5節 ●匿名組合

  1 資産流動化と匿名組合

  2 匿名組合の意義

  3 当事者間の権利義務

  4 対第三者関係

  5 匿名組合の終了

第6章 ◆仲立営業と問屋営業

 第1節 ●総 説

 第2節 ●仲立営業

  1 仲立人と仲立営業

  2 仲立契約

  3 仲立人の義務

 

  4 仲立人の権利

  5 宅地建物取引業者の規整

 第3節 ●問屋営業

  1 問屋の意義

  2 問屋契約の法的性質

  3 問屋の権利義務

  4 問屋を巡る法律関係

 第4節 ●証券会社

  1 総 説

  2 委託の方法及びその実行に関する諸規制

  3 信認金制度及び投資者保護基金制度

 第5節 ●運送取扱営業

  1 総 説

  2 運送取扱人の定義

  3 運送取扱契約の性質

  4 運送取扱人の権利義務

  5 荷受人の地位

  6 相次運送取扱

第7章 ◆運送営業

 第1節 ●総 説

  1 意 義

  2 運送人

  3 法 源

 第2節 ●物品運送

  第1款 序 説

  第2款 運送契約の成立

  第3款 運送契約の効力

   1 運送人の権利

   2 運送人の義務

   3 荷受人の地位

  第4款 相次運送

   1 相次運送の意義・種類

   2 相次運送人の責任

   3 相次運送人の代位

  第5款 運送人の責任

   1 前 説

   

   2 責任原因

   3 損害賠償額の定型化

   4 高価品に関する特則

   5 責任の消滅

   6 免責約款

   7 不法行為責任との関係

 第3節 ●貨物引換証

  第1款 序 説

   1 有価証券総論

   2 有価証券の意義

   3 有価証券の種類

   4 証券の譲渡方法

   5 善意取得

   6 債務の履行

   7 有価証券の喪失に対する救済

  第2款 貨物引換証の発行

  第3款 流 通

  第4款 特殊の効力

 第4節 ●旅客運送

  1 総 説

  2 旅客運送契約の成立

  3 運送人の責任

  4 運送人の権利

第8章 ◆場屋営業

 第1節 ●場屋営業の意義と範囲

 第2節 ●場屋営業の法的規律

 第3節 ●場屋営業の特別責任

  

  第1款 沿 革

  第2款 寄託を受けた物品に関する責任

  第3款 寄託を受けない物品に関する責任

  第4款 免 責

   1 高価品に関する免責の抗弁

   2 免責特約とその適用排除

  第5款 時 効

  第6款 不法行為責任との関係

第9章 ◆倉庫営業

 第1節 ●倉庫営業の意義と機能

  1 倉庫営業者

  2 倉庫営業の機能と事業規制

 第2節 ●倉庫営業者の権利と義務 ――倉庫寄託契約

  1 倉庫寄託契約の成立

  2 倉庫営業者の義務

  3 倉庫営業者の損害賠償責任

  4 倉庫営業者の権利

 第3節 ●倉庫証券

  1 序 説

  2 預証券及び質入証券

  3 倉価証券

  4 荷渡指図書

索 引

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊朝日 2005年9月16日

週刊朝日

2005年9月16日発行

第110巻 第43号 

通巻4707号 

編集長・発行人:青木康晋

発行所:朝日新聞社

雑 誌:20083-9/16

目 次

完全密着 ヨン友たちの熱い4日間

緊急アンケート「ヨン友」100人に聞いた9・11衆院選

[カラー特集]韓流ドラマ厳選30 秋の夜長にどっぷりレンタル

[徹底検証]アガリクスやサメ軟骨にも危険性!?

 抗がんサプリ「信頼度」と「逆効果」

【総選挙ワイド 「小泉圧勝」の死角】

刺客の陰に「男」あり[佐藤ゆかり][片山さつき]…

復活に賭ける「懲りない面々」[中村喜四郎][鈴木宗男][辻元清美]

弟・大二郎が明かした引退 [橋龍]の肉声

福岡政行白鴎大教授

激戦地[東京10・12区]をゆく & 各党議席最終予測

「御料車」日産からトヨタへ 皇室と車の歴史にみる現代「御用達」事情

同行ルポ 山登りの達人岩崎元郎さんと登ってみました!

秋田県で「自殺食い止め」に挑む元倒産社長の思い

リフォームでマンション資産を「値上がり」させる方法

[スクープ]10億円横領事件だけではない。3千万円、550万円と知らない間に…

 東京三菱銀行 定期預金から金が消えた謎

市川団十郎 白血病再発と過密スケジュールの関係

「日本は活動期」だと海外出張をやめ、磁石やライトを携帯

 京大防災研所長はすでに大地震臨戦態勢

【News Brosing】

特報! 東大、慶応、順天堂… 有名病院をテロ予告した“脅迫状”/

1週間に2千回電話して逮捕 60歳ストーカー女の娘が本誌に激白/

紀宮さま、独身最後の夏 高原で21年ぶりの再会秘話/

愛知・豊明一家4人殺害のその後 詐欺で有罪の父が語る「不当聴取」/

大阪「都市再生機構」の造成地に廃材不法投棄で会社社長ら逮捕/

[梨元 勝@芸能界 矢田・押尾の堂々交際ぶり 優香・妻夫木の復縁、熱いですね]

【グラビア】

総選挙特集 翻弄される人々

また来ました

笑いを継ぐ家 茂山狂言の世界

岩崎元郎氏が選ぶ 新日本百名山 大山[鳥取県]

●ドン小西のイケてるファッションチェック

●縁あって父娘

●とりよせ便

●バブルの肖像

●男の時間

●わたしの理想の家

●山藤章二の似顔絵塾

●お散歩レストラン

●山藤章二のブラック・アングル

【小 説】

 高樹のぶ子   せつないカモメたち

 幸田真音    タックス・シェルター

【インタビュー】

 林 真理子    ゲスト 有馬稲子

【エッセー】

 田原 総一朗       ギロン堂

 船橋 洋一        世界ブリーフィング

 東海林さだお       あれも食いたいこれも食いたい

 内館 牧子        暖簾にひじ鉄

 小倉千加子        テレビガイド液晶未満

 長良じゅん・岩切 徹   人生(是)浪花節

 嵐山光三郎     コンセント抜いたか!

 

 

 倉田真由美     (ほ)やじ日記

[河上和雄]

【コラム】

 つぼさがし

 犬ばか猫ばかペットばか

 山崎 元のマネー&人生ホンネ相談室

【スポーツ】

 栗山 英樹     ベースボール・スタディ

 セルジオ越後    サッカーの神髄

週刊図書館

[書 評]

『サウスバウンド』        イッセー尾形

『乃木希典 

 予は諸君の子弟を殺したり』   小谷野 敦

『渋さ知らズ』          松原隆一郎

ひと[水道橋博士]/文芸予報[斎藤美奈子]

ニュースな本[永江 朗]/新書の穴[呉 智英]

POPな文庫[朝山 実]/読書日和[谷川直子]

【カラー連載】

ワタナベ・コウ     街角コレクション

鎌田 實       がんばらないけどあきらめない

下野康史       通といえばCAR

週刊 築地座

●会見ウオッチinterview[長谷川理恵]

●映 画[8月のクリスマス]江上 剛

●井筒和幸のイケるんちゃう?

●増井 修のロック不健康診断

夫婦の情景

  池田清彦・正子 夫妻

【医 療】名医の最新治療

 早期の胃がん

【まんが】「パパはなんだかわからない」 山科けいすけ

表紙番日記/お便りクラブ/編集部発

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ヤクザが恐喝りにやってきた」

ヤクザが恐喝(ゆす)りにやってきた 

  ――暴力団撃退マニュアル――

二〇〇四年一月三十日発行

著 者:宮本照夫

発行者:柴野次郎

発行所:朝日新聞社

ISBN:4-02-257898-X C0036

目 次

はじめに

ヤクザとは

追い詰められて川崎へ

“まあ入れや”から始まった

何言うてんねん、こらっ!

ワシの女に手ェ出した

家族みんな殺てもうたる

三十万円つまんでこい

指つめぇや

脅しの「倍々ゲーム」

もう終わりや、殺される

死んだ方がナンボかまし

車検切れとる

一枚の白紙小切手から

今度は「借用書」責め

診断結果は「鬱病」

矛先は専務へ

地獄で仏

最終難関、警察を動かす

「崖っぷち」からの生還

起訴、そして裁判へ

高輪さんと関西太郎は「友達」??

麻布さんの総括

ヤクザとのトラブルに巻き込まれないための十八ケ条

心強い盾 暴力団対策法

あとがき

解説 幾千人もの「宮本さん」を期待する  竹花 豊

暴力団追放運動推進センター 一覧表

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ひととき 2005年9月

知る、遊ぶ、和の心を楽しむ新幹線車内誌 

ひととき hitotoki 9月号

2005 SEPTEMBER Vol.5 No.9

CONTENTS

車窓歳時記(14) ひろ さちや

彼岸花

今月の旅指南(50)

異国文化の香り、能登「お熊甲祭」ほか

【特 集】

広島と船

  ―――瀬戸の海とともに 中川道夫・写真

●大崎上島、大崎下島 ―――海と船と人の物語 木村克彦・文

●遣唐使船は広島で建造されたのか? 松木 哲

●インタビュー/広島で船を造る 佐々木大平/戸高一成・談

人に夢あり(14)吉永みち子・文 赤城耕一・写真

岩谷光昭(写真家)

地球、いのちと向き合う

ひとときエッセイ「そして旅へ」(26)大崎善生

電車の旅

東海道万華鏡(50)花と緑と東海道(園芸編) 青木宏一郎・文 林 義勝・写真

国中が熱狂した園芸趣味

東海道中膝栗毛を読む(50) 中西 進

蒲焼のむくいが猿が餅

佳味つれづれ(26) 大内侯子

淡路島・仲計水産 天日干しちりめん

映画人国記(26)【山形県】佐藤忠男

痛快な山形弁

歴史街道ウォーキング(50) 兼田由紀夫・文 神谷 潔・写真

六派羅と平家

芭蕉の風景(50) 小澤 實

姨捨 長野県千曲市

豊饒の地球からの贈りもの(14)敷島悦朗・文 齋藤亮一・写真

桃作りに賭ける信念の人

愛知万博からのメッセージ 最終回

日本から発信する未来社会への知恵

旅の小箱

●劇団四季のミュージカル『アイーダ』京都劇場にて上演中!

●歴史散策 悠久の時に磨かれた関門海峡の風景を旅する

●「のぞみで、西へ。」キャンペーンスタート!

次号のお知らせ、読者からのお便り

ミュージックチャンネル、ルートマップ、東海道・山陽新幹線時刻表

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒト、この不思議な生き物はどこから来たのか

ウェッジ選書 2]

ヒト、この不思議な生き物はどこから来たのか

2002年5月31日発行

編著者:長谷川眞理子

発行者:今村 元

発行所:株式会社 ウェッジ

ISBN:4-900594-51-2 C0045

◎目 次◎

はじめに

第1部 ヒトという不思議な生物  長谷川眞理子

ヒトは他の生物と何が異なるのか

 ●生物の多様性

 ●ヒトの特殊性

生活史戦略とおばあさんの進化

 

 ●生活史戦略の進化

 ●類人猿とヒトの生活史パラメータ

ヒトには「おばあさん」が存在する

 

 ●おばあさんの存在の不思議

 ●おばあさんの進化

認知的贅沢

 ●注意の集中という贅沢

 ●捕食者からの開放と火

 ●社会的平等

 ●「心の理論」と表情

 ●自意識、共感、他者操作

 ●言語という不思議

 ●言語と毛づくろい

 ●抽象化と「入れ子構造」

 ●おわりに

第2部 DISCUSSION 長谷川眞理子、西垣 通、松井秀典

   「脳」がヒトをつくった

一 現生人類はいかんじ人間圏をつくったか

   ●いるはずがない? 「おばあさん」

   ●仮想世界を紡ぎ出す「人間」

   ●内なる目の芽生え

   ●絶滅と、存続と

二 アウト・オブ・アフリカ

   ●いつもアフリカが出発点だった

   ●五万年前、何が起こったか

   ●女性主導の「一夫一婦」

   ●「性差」とはなにか

三 そしてわれわれはどこへ行くのか

   ●「近代化」と老人

   ●脳の進化は自滅へのプロローグ?

   ●欲望を抑制する安全装置

   ●システムの崩壊をどう回避するか

   ●脳の進化はどこへ向かうのか

第3部 進化、言葉、ヒトゲノム

 第1章 人類はどのように歩んできたのか  内田亮子

      ●英雄幻想の崩壊

      ●「特別」な存在の証明

      ●現代的人類進化研究の歴史

      ●出アフリカ

      ●現代人の起源と拡散

      ●心のビッグバン?

      ●環境を変える

      ●過去からのメッセージ

 第2章 小鳥の音声コミュニケーションと人間言語  岡ノ谷一夫

      ●言語の起源

      ●収斂進化と前適応

      ●言語を可能にする認知機構とその神経基盤

      ●小鳥の鳴き声とヒトの言葉

      ●地鳴きのいろいろ

      ●ジュウシマツの歌文法

      ●歌文法の進化と性淘汰

      ●言語の進化と性淘汰

      ●意味と文法

 第3章 ヒトゲノムと類人猿ゲノムの比較から人間の独自性を探る  斎藤成也

      ●ゲノムとは?

      ●ヒトゲノムとは?

      ●DNA塩基配列を解読する方法

      ●ヒトゲノム計画とは?

      ●人間と類人猿の違い

      ●ゲノム全体での変化

      ●類人猿ゲノム計画

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊藤理佐「おい!ピータン」6巻

おいピータン!! (6)

2004年9月13日発行

著 者:伊藤理佐

発行者:五十嵐隆夫

発行所:株式会社 講談社

ISBN:4-06-337552-8 C9979

おしながき

おいクロタン!!

彼の見る目

いってきます

好きなもの

嫌いなもの

本能

イルミネーション

高級茶葉使用

不吉な前兆

甘えん坊

新種誕生

無制限

奥義伝授

お日さま力(ぢから)

カレー心

残りもの作戦

ワイルド

スイッチオン

クロの初恋

生(なま)の条件

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よしながふみ「それを言ったらおしまいよ」

それを言ったらおしまいよ

2005年5月5日発行

著 者:よしながふみ

編 集:上村 晶

発行者:岡 聡

発行所:株式会社 太田出版

ISBN:4-87233-798-0 C0979

CONTENTS

それを言ったらおしまいよ

私の永遠の恋人

おとぎの国

ある五月

ピアニスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウェッジ 2005年9月

WEDGE 9月号

2005年8月20日発行

第17巻第9号(通巻197号)

発行所:株式会社 ウェッジ

CONTENTS

[羅針盤]Axis of coordinates 中西輝政(京都大学教授)

 グローバル化から国家へ 変わり始めた世界情勢を見極めよ

[Serious]

 価格下落を乗り越えろ 電機業界よ出口は3つ見えてるぞ

 撤退、再編、首切りの前に、トップは何をすべきか

[World]

 日本売りは加速するか 改革頓挫でニッポン崩壊が始まる

 年金、医療など課題は山積 いよいよ爆発する2012年問題

[a Cause of Concern]

 小金持ちが群がる“高配当投信”落とし穴がここにある

 金利上昇で利回り低下、こんな企業にご用心

[Gaze]

 経営者よ! その“法務強化”は間違っていないか

 人員増強、権限強化で解決せず 責任は自らにありと自覚せよ

[Postpone]

 無責任な自由化を放置するな 電力不足が日本を襲う

 原発産業は存亡の危機 供給量半減、料金倍増の事態も

[Restoration]

 進まぬ燃料電池車を尻目に伏兵、電気自動車の快走なるか

 逆転狙う三菱自、富士重 世界的な環境規制強化で脚光も

[Interview]トップランナー(10)川田達男/セーレン代表取締役社長

 自分を信じて窓際から這い上がれ

[Investigation]ビジネス・スクランブル by 岩瀬達哉

 MBA流を鵜呑みにした“管理屋”が招く大混乱

[World News]モザイク国際模様

「中国政府も“クールビズ”資源不足で省エネが国家的課題」など

[China]知道中国 by 樋泉克夫

 役者たちが見た「革命の聖地」

[Europe]ヨーロッパの明日 by 横山三四郎

 ロンドンの居心地のよさはどこへ

[From New York]by 佐倉井 光

 テロ対策で後れとるNYの交通機関

[Current]インサイトが霞ヶ関

「パンドラの箱に機能不全の経産省」など

[Medical]健康ガイダンス(173) by 甲斐良一

 

 足裏の刺激で生活習慣病を予防

[Science]科学のホント 科学のウソ(89) by 深見輝明

 低血圧の人が朝弱いってホント?

[Hit Makers]ヒットメーカーの舞台裏(137) by 池原照雄

 和真/ 全視界メガネ

[Construction-power]甦れ! 日本の現場力(10)

<ローランド・ディージー>

 初心者を即戦力化 パソコンが指南するデジタル屋台

[Innnovation]人にやさしい技術(185) by 武末高裕

 再生紙100%の割り箸で挑む社会貢献と会社変革

[Geo-cosmology]地球学の世紀 <第96回> 倉田 毅

 注目される感染症 ――何が問題か?

[Turn]転機――その先で見たものは(149) by 溝口 敦

 マルクス捨ててジャズバー開店 我流で事業を拡大する男

[Ingenuity]日本のたくらみ(10) by 中西 進

 安土城のみごとな着想

[Now and Then]時代を読む(161) by 雑賀孫市

 新官邸に隣接してタワービル、ビジネスホテルの異様

[Watching]ウォッチング経営(191) by 佐々木征夫

 経営者の要件とは何か

[Data] 20世紀の残像 21世紀の実像(17)

 個人ばかりを狙うな 法人の納税ルールも見直しを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アエラ 2005年9月19日

「ドラゴン桜」の特集記事があります。

AERA アエラ

2005年9月19日発行

第18巻 49号

通巻950号

編集長・発行人:宇留間和基

発行所:朝日新聞社

雑  誌:21013-9/19

ISSN:0914-8833

CONTENTS

【ノウハウ】東大脳のつくり方

 必要なのはノウハウ。漫画「ドラゴン桜」は勉強嫌いだった子供たちを立ち直らせている

 ビジネスに生かす「東大脳」

 

【ビジネス】「iPod 電話」は携帯制するか

 アップルコンピュータは音楽配信と同様、携帯電話でも「標準」になれるか

 アップル CEO ジョブズ 氏「わが人生」感動講演録

【マネー】カリスマ投資家のマネー術

 他人のもうけた株をうのみにせず、自分の得意分野を生かすのがコツ

【男  心】職場の先輩女性に萌える

 

「クン」付けで呼ばれてビビッとし、ほろ酔い女上司にクラッとする

【総選挙】マニフェスト 一目でわかる政党選び

【プロ野球】星野の「巨人ぶっ壊し」でプロ野球再生

【メディア】自民も秋波 ネットやブログの記者はこんな人

【老  後】有料老人ホーム 入居金失わない選び方

【環  境】学校で卒倒、理科室入れず 有機燐が子蝕む

【マラソン】Qちゃんの復活度 レース仲間が検証

【サッカー】伊東武彦06年W杯報告 海外組の「2学期必修教科」

【表紙の人】堺 雅人 ●俳 優

【松本清張】実録「砂の器」 原作の舞台を歩く

 戦後60年の今、大ベストセラー推理小説の舞台はどんな表情を見せているのか

【映  画】悲恋純愛の描き方

『四月の雪』ホ・ジノ、『春の雪』行定 勲の両監督が語り合う

 クルドの子が見た戦争 『亀も空を飛ぶ』 

 

【大 学】面倒見のいい大学(15)上智大学

 職業指導部を廃止 キャリア教育元年

【芸 能】エンタメFile

 ワイルドの戯曲映画化『理想の女』 87歳の世界的バレエ教師

 蘇るルースターズ奇跡のステージ  平田 満が「読む」山頭火

【現代の肖像】李 鳳宇 ●映画プロデューサー/朝山 実

【OPINION】サポーターズクラブ 私の失敗 テーマ「医者選びの心得」

 feel for

【COMMENTARY】学習ソフト 横山験也 ●学習ソフト開発者

【LETTERS】編集長敬白

【CREATOR】U29 フラワーアーティスト 東 信

【BRAIN】シナプスのつぼ ●辻口博啓/ピーター・フランクルの能力パズル

【BOOK】齋藤 孝のサイトー変換 『フライ、ダディ、フライ』/マガジン百名山

【ENGLISH】パックンの Handy English

【Go! Go! Junkie】カムバック丼

【逸品逸杯】有名ソムリエが家で飲むワイン

【ART BIT】喜多川相説筆『秋草図屏風』など

【世界の遺産】フランス ●フォントネー修道院

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アエラ 2005年9月12日

AERA アエラ

2005年9月12日発行

第18巻 48号

通巻949号

編集長・発行人:宇留間和基

発行所:朝日新聞社

雑  誌:21012-9/12

ISSN:0914-8833

CONTENTS

【韓 流】ペ・ヨンジュンは私の鑑

 彼との「出会い」がファンそれぞれの人生にもたらしたものは

【ビジネス】

[経営者]ヒルズ支配する地方出身力

 

 成功したIT企業経営者には地方出身者が目立つ。「地方出身力」はあるのか

[就 職]新卒派遣で正社員になる

 まず派遣で働いてから正社員になる制度の活用が広がっている

[仕事術]IT経営者の「ネット活用術」

[企業再生]ファンドな人たちの「和風パワー」

 日本経済に欠かせない再生ファンド。様々な業界から注目株が生まれている

【総選挙】オタクと独身女の選挙

 

 アンケートで分かった「アキバ系は岡田支持」「独身女は自民」のなぜ

 民主党天下取りカギ握る元官僚28候補

【子育て】共働き、孤独な子育ての末にがん

【健 康】骨盤体操で健康になる

【買 収】TBS狙う村上ファンドと組む「大物」

【生き方】38歳エリート番町清原の終わり方

【表紙の人】倉本 聰 ●脚本家

【親 子】「引きこもり」防ぐ間取り

 

 子どもの顔を見ていますか? 間取りの意味は想像以上に大きいかもしれない

【大 学】面倒見のいい大学(14)京都産業大学

「札束作戦」で高い就職率実現

【商 品】文房具「デザイン革命」進行中

【音 楽】「黒いパリ」の音楽家 移民コミュニティーの星たち

【芸 能】エンタメFile

 勅使川原三郎、代表作を再演 人間模様縫い込む『クレールの刺繍』

『メタリカ 真実の瞬間』   イスラエルのコンテンポラリーダンス

【現代の肖像】南 智子 ●風俗嬢/速水由紀子

【OPINION】マンスリースコープ 養老孟司・池田清彦・吉岡忍鼎談

 テーマ「911」

【LETTERS】編集長敬白

【CREATOR】U29 茶道家・コーディネーター 木村慎太郎

【BRAIN】シナプスのつぼ ●日野原重明/ピーター・フランクルの能力パズル

【BOOK】齋藤 孝のサイトー変換 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』/マガジン百名山

【ENGLISH】パックンの Handy English

【Go! Go! Junkie】愛妻物語

【逸品逸杯】有名ソムリエが家で飲むワイン

【ART BIT】『Spaceless Spaces-Tokyo』国谷隆志

【世界の遺産】インド ●クリシュナのバターボール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KISS 2005年9月25日

Kiss[キス]18

平成17年9月25日発行

第14巻第18号(通巻293号)

編集人:嘉悦正明

発行人:藤田 力

発行所:株式会社 講談社

雑 誌:22924-9/25

CONTENTS

今もっともホットな干物女(ホタル)!

表紙&巻頭カラー

「ホタル ノ ヒカリ」  ひうらさとる

「きみはペット」  小川彌生

「キャバママ」  原作/城戸口靜 漫画/山田圭子

「姫松星屑工場」  園川由美

「タケコさんの恋人21」  望月玲子

「ひゃほ~♪ ウニファミリー」  鈴木由美子

「優雅で野蛮な女たち」  松本美緒

[男と女の問題提起]

「こころのオフィスクリニック」  沖野ヨーコ

[フレッシュ読み切り]

「ニッポン製兄妹」  犬山ハリコ

「プールサイドの虹」  岩城かおり

[カラフルショート]

「ネコ様の言うなり」  野中のばら

「おいピータン!!」   伊藤理佐

「3回まわって恋をして」  うつろあきこ

「モーレツ! イタリア家族」  ヤマザキマリ

「はい オアシス」  カイガトモコ

[表 紙]

人気キャラクターシリーズ(204)

蛍&高野部長

[プレゼント]

「ホタル ノ ヒカリ」KC3巻発売直前応援企画!!

あなたも今話題の“干物女”!?

干物度数がわかっちゃうグッズプレゼント★

プレゼントの申し込みかた(アンケート)

Kiss月2回刊No.19のお知らせ

KC Kiss新刊のお知らせ

ネコ雑誌増刊号のお知らせ

Kissシネマパラダイス(映画ページ)

「マンガで考える精神分裂」  大平 健

「のだめ祭」のお知らせ

Kissマンガセミナー結果発表 & 新人マンガ賞作品募集のお知らせ

高層棟25時 (読者ページ)

ビタミンチャージホロスコープ (占い)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月24日 (土)

小前亮「李世民」

唐の二代皇帝李世民の皇帝以前の時代を描いたもの。

ただ、なじみのない登場人物が多過ぎて途中でわかりにくくなる。武具に関する知識はおもしろい。(わたしは時代考証かできるほど詳しくないので、もしかすると「魁!男塾」の民明書房のたぐいなのかもしれないが)

李世民(りせいみん)

二〇〇五年六月二十二日発行

著 者:小前 亮

発行者:野間佐和子

発行所:株式会社 講談社

ISBN:4-06-212927-2 C0093

目次

 一章 太原起義

 二章 反隋の風

 三章 長安入城

 四章 弑 逆 

 五章 天水の虎

 六章 熊耳山

 七章 逆心の果て、野心の果て

 八章 真主のもとへ

 九章 待ち人きたれば

 十章 竜虎の激突

十一章 唐朝の剣

十二章 天高く志をかかげて

十三章 玄武門

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民事執行・保全判例百選

別冊 ジュリスト

民事執行・保全判例百選 ~1~

平成17年八月三〇日発行

四一巻 四号 No.177

編集人:津田憲司

発行人:江草忠敬

発行所:株式会社 有斐閣

雑  誌:65284-78

ISBN:4-641-11477-3 C9432

ISSN:1342-5048

目 次

民事執行・保全判例百選

はしがき………伊藤 眞/上原敏夫/長谷部由起子

【民事執行】

一 民事執行法総論

 1 執行抗告に服する裁判の限定と裁判を受ける権利………中野貞一郎

 2 執行抗告状が原裁判所以外の裁判所に提出された場合の措置………栂 善夫

 3 執行法上の救済手段をとることの懈怠と国家賠償の成否………松本博之

 4 不執行の合意………高見 進

二 強制執行総論

(1)債務名義

 5 執行証書(1) ―――代理人が本人として作成嘱託した場合の効力………安田佳子

 6 執行証書(2) ―――金額の一定性………上原敏夫

 7 外国判決の承認執行………道垣内正人

 8 仲裁判断に対する執行判決………三木浩一

(2)執行力の主観的範囲

 

 9 債務名義成立後の承継人………新堂幸司

10 債務名義の騙取と執行力………小島武司

11 法人格否認と執行力の拡張………高橋宏史

(3)執行文と執行開始の要件

12 過怠約款と執行文………坂田 宏

13 引換え給付判決の執行と相殺………梅本吉彦

(4)執行関係訴訟

14 執行文付与の訴え ―――請求異義事由の抗弁の適否………川嶋四郎

15 執行文付与に対する異義の訴え ―――請求異義の訴えとの関係………上北武男

16 請求異義の訴え(1) ―――適用範囲………上野泰男

17 請求異義の訴え(2) ―――詐害判決の取得・権利濫用………松浦 馨

18 請求異義の訴え(3) ―――限定承認………竹下守夫

19 請求異義の訴え(4) ―――債務名義の成立についての異議………山本 弘

20 第三者異義の訴え(1) ―――譲渡担保と第三者異義の訴え………栗田 隆

21 第三者異義の訴え(2) ―――先取特権の実行と集合物譲渡担保の優劣………伊藤 眞

22 第三者異義の訴え(3) ―――誤振込み………滝沢昌彦

23 第三者異義の訴え(4) ―――詐害行為取消しの反訴………松村和徳

24 執行の停止・取消し………佐藤裕子

三 金銭執行

(1)不動産執行

25 差押えの効力と差押不動産の使用・収益………福永有利

26 差押えの効力の及ぶ目的物の範囲………萩澤達彦

27 交付要求の終期………山口幸雄

28 債権の届出と時効中断………塩崎 勤

29 売却のための保全処分 ―――著しい価格減少行為………松丸伸一郎

30 現況調査にあたっての執行官の注意義務………森田浩美

31 売却条件(1) ―――滞納処分としての差押えに後れる賃借権………村野裕二

32 売却条件(2) ―――消滅した権利と後順位抵当権の不当利得………内田 龍

33 瑕疵ある不動産評価に基づく最低売却価額決定………小川 浩

34 一括売却の要件………佐藤道明

35 物件明細書の記載の程度・内容………福永浩之

36 無剰余取消しと優先債権の範囲………目黒大輔

37 基本たる担保権の不存在を理由とする売却許可決定に対する執行抗告の許可………三谷忠之

38 売却決定後の執行債権の弁済と執行抗告………岩木 宰

39 不動産の損傷と売却不許可の申出………坂本 寛

40 買受人のための保全処分………村上正敏

41 債務名義の瑕疵と強制競売の効果………青山善充

42 建物の競売と敷地利用権の不存在の場合の担保責任………春日偉知郎

43 土地と建物の両方が共有である場合と法定地上権の成否………山野目章夫

44 引渡命令の合憲性………金子宏直

コラム 引受命令の相手方についての法改正………石渡 哲

45 引受命令の相手方(1) ―――滞納処分と民事執行との中間の賃借権………原 克也

46 引受命令の相手方(2) ―――最先順位の抵当権に対抗できる賃借権………黒野功久

47 引受命令に対する請求異義の訴え………三上威彦

48 配当表の作成と弁済充当の特約………佐村浩之

49 配当後の不当利得返還請求と配当異義の要否………田原睦夫

50 不動産競売の申立債権者に対する配当異義の訴え………黒田 豊

51 配当異義訴訟の判決………目黒大輔

52 強制管理開始決定と収益を生ずる見込み………慶田康男

(2)船舶執行・自動車執行

53 船舶差押えと船舶航行仮処分の許される場合………浦野雄幸

54 軽自動車に対する強制執行の方法 ―――債務者占有の動産動について

     第三者の所有権留保を証する書面が提出された場合の扱い………林 道晴

(3)動産執行

55 未登記立木に対する強制執行の方法………齋藤 哲

56 動産執行の申立てと消滅時効の中断………勅使川原和彦

57 動産差押えと債務者の占有………出口雅久

58 差押物を占有する第三者に対する引渡命令………日比野泰久

59 規則111条1項による「高価な動産」の意義と評価人による評価の要否………山口信恭

(4)債権・財産権執行

60 差し押さえるべき債権の特定………高田昌宏

61 差押命令(1) ―――医師の将来の診療報酬債権………佐藤鉄男

62 差押命令(2) ―――給料債権………長谷部由起子

63 差押命令(3) ―――賃料債権の差押えの効力………河崎祐子

64 第三債務者の陳述の法的性質………佐上善和

65 差押えと相殺………河野正憲

66 差押禁止債権(1) ―――意義………高田賢治

67 差押禁止債権(2) ―――給料債権の差押禁止の範囲の拡張………上田正俊

68 差押えの競合(1) ―――第三債務者の供託後の差押えに基づく配当要求………松原弘信

69 差押えの競合(2) ―――第三債務者の供託機能………徳田和幸

70 取立権の行使 ―――保険契約の解約権………青木 哲

71 取立訴訟(1) ―――代位訴訟との競合………池田辰夫

72 取立訴訟(2) ―――執行債権の存否………森 勇

73 転付命令(1) ―――譲渡禁止特約のある債権………我妻 学

74 転付命令(2) ―――自動車損害賠償責任保険金請求権………三輪和雄

75 転付命令(3) ―――質権の目的たる債権………遠藤 功

76 転付命令(4) ―――不法行為の加害者による転付命令取得………中島弘雅

77 転付命令(5) ―――執行抗告提出期限後の執行停止決定の提出………甲斐哲彦

78 転付命令(6) ―――転付債権者の相殺と第三債権者の相殺………菱田雄郷

79 評価額を0円とする譲渡命令の可否………中 直也

80 動産引渡請求権に対する執行 ―――貸金庫の内容物に対する強制執行………北村賢哲

81 その他の財産権に対する執行(1) ―――信用金庫会員持分………原村憲司

82 その他の財産権に対する執行(2) ―――ゴルフ会員権………石井利幸

四 非金銭執行

83 夫に対する債務名義に基づく妻の占有の排除………富川照雄

84 子の引渡請求の執行方法………本間義信

85 抽象的不作為判決と強制執行………田頭章一

86 不作為を命じる仮処分の間接強制における違反行為の存在と執行開始の要件………大濱しのぶ

87 謝罪広告の執行方法………超山和広

88 代替執行における執行官の地位………廣尾勝彰

89 抹消登記請求と意思表示の執行………林 伸太郎

五 担保権実行

(1)担保不動産競売

90 担保権証明文書

     ―――抵当証券による競売申立てにおける弁済期の到来………和田吉弘

91 売却許可決定に対する執行抗告の理由………名津井吉裕

92 抵当権実行における抵当権の不存在と弁済金についての不当利得の成否………生熊長幸

93 競売手続における救済手続の懈怠と184条の適用………田邊 誠

94 根抵当権設定者(不動産所有者)による滌除手続および増価競売手続の差止めを求める仮処分………松谷佳樹

95 抵当権実行手続における請求債権額の拡張の可否………宮崎 謙

(2)動産競売

コラム 動産売買先取特権の実行方法………野村秀敏

(3)債権に対する担保権の実行

 96 動産売買先取特権に基づく物上代位(1) ―――担保権証明文書………菱田雄郷

 97 動産売買先取特権に基づく物上代位(2) 

      ―――差押命令に対する執行抗告における実体上の事由の主張………中西 正

 98 動産売買先取特権に基づく物上代位(3)

      ―――転売代金債権の取立等の禁止を求める仮処分………山本克己

 

 99 動産売買先取特権に基づく物上代位(4) ―――差押えの競合………高田裕成

100 抵当権に基づく物上代位(1) ―――差押えの競合………原 強

101 抵当権に基づく物上代位(2) ―――転付命令との優劣………松下淳一

102 抵当権に基づく物上代位(3) ―――配当要求………杉山悦子

(4)非典型担保の実行

103 清算金支払債務の弁済前の参加差押えと仮登記担保権者の本登記請求の可否………角 紀代恵

六 形式競売

104 留置権による競売についての配当要求………貝阿彌千絵子

【民事保全】

105 本案訴訟提起前の民事保全事件の管轄裁判所………本間靖規

106 保全の必要性………山本和彦

107 保全命令の担保 ―――不服申立て………浦上薫史

108 仮差押解放金 ―――第三者による供託の可否………八田卓也

109 仮の地位を求める仮処分(1) ―――被保全権利………小林秀之

110 仮の地位を求める仮処分(2) ―――審尋の要否………笠井正俊

111 仮の地位を求める仮処分(3) ―――満足的仮処分と本案訴訟………加藤哲夫

112 仮の地位を求める仮処分(4) 

      ―――満足的仮処分の取消しと現状回復義務………山田 文

113 起訴命令………大橋眞弓

114 事情の変更による保全取消し………佐野裕志

115 特別の事情による保全取消し………村上正子

116 高等裁判所のした保全抗告についての決定と許可抗告の対象………水元宏典

117 保全執行の着手時期………片山 信

118 仮差押えの効力(1) ―――時効中断………松久三四彦

119 仮差押えの効力(2) ―――給付訴訟の可否………坂原正夫

120 仮差押えの効力(3) ―――本執行への移行後の仮差押えの取下げ………宇野 聡

121 処分禁止の仮処分の効力(1) ―――禁止される行為の範囲………菅原邦夫

122 処分禁止の仮処分の効力(2) ―――被保全権利とされる範囲………古賀政治

123 占有移転禁止の仮処分の効力………畑 瑞穂

124 違法な保全命令による損害賠償責任(1) ―――過失………小粥太郎

125 違法な保全命令による損害賠償責任(2) ―――損害の範囲………下村眞美

判例と事件記録の符号

本書略語例

民事執行・保全判例百選年月日別総索引

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法律時報 平成17年9月

末弘厳太郎=創刊

法律時報 9月号

二〇〇五年九月一日発行

第七七巻・第10号 

通巻九六一号

編集者:串崎 浩

発行所:(株)日本評論社

ISSN:0387-3420

雑  誌:08027-09

目  次

【法律時評】

「新会社法」について………片木晴彦

【特 集=憲法調査会報告書を検証する

≪座談会≫ 憲法調査会報告書の検討とこれからの課題 

      ――改憲動向を注視しつつ………浦部法穂・戸波江二・愛敬浩二・山内敏弘(司会)

 

憲法調査会報告書の意味………奥平康弘

現代改憲動向の中の憲法調査会報告書………渡辺 治

憲法調査会における政党の対応………上脇博之

憲法調査会は憲法第九条をどう扱ったか………水島朝穂

報告書における集団的自衛権問題………浦田一郎

憲法制定過程をめぐる問題………古関彰一

象徴天皇制………植野妙実子

国会・内閣・裁判所 ――「政治主導」とどう向き合うか………只野雅人

憲法裁判所………市川正人

人権保障と国民の義務………西原博史

「新しい人権」………石村 修

憲法調査会の後に来るもの ――憲法改正手続法案に関連して………松田 浩

  

小特集=ロースクール時代の法学研究・教育を問う

    ――基礎法学の主張 ≪その2≫

 

第二部 ――「基礎法学は役立つか」という問いをめぐって

 基礎法学は企業法務に役に立つ! ――企業法実務の経験から………柏木 昇

 法哲学の価値………大塚 滋

 

第三部  ――基礎法学のあり方の反省と展望

「法史学の黄昏」から「法史学のルネッサンス」へ………大平祐一

 法はジェンダーをどうしたらよいのか ――法社会学の視点………神長百合子

 

【論説等】

 ≪連載(1)≫ 国家論の時代の終焉?

         ――戦後ドイツ憲法学史に関する若干の覚え書き………林 知更

 民科法律部会憲法問題特別委員会(12)

   家族法における家族像とその変容………立石直子

 

【B&Aレビュー】

 高畑順子『フランス法における契約規範と法規範』 ●民法学のあゆみ………森山浩江

 松原英世「連邦量刑ガイドラインと量刑思想の変化」 ●刑事法学の動き………吉岡一男

【労働判例研究】

 操縦士の勤務時間を延長する就業規則の不利益変更の合理性

   ――日本航空(操縦士)事件………柳澤 武

【史料の窓】

 続・軍人恩給制度の解纜 「海軍退隠令」とその後………岸本昌也

 

●新法令解説

●文献月報・判例評釈

●メモランダム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「法律のひろば」 平成17年9月

法律のひろば

平成17年9月1日発行

Vol.58 No.9

雑 誌:08029-09

CONTENTS

◆特 集◆

   

外国人労働者受入れへの対応

□第3次出入国管理基本計画における外国人労働者の受入れ方針について………山中政法

□外国人受入れをめぐって………紀陸 

 

□外国人労働者問題に関する当面の考え方………須賀恭孝

  

□外国人住民とともにつくる活力ある地域社会をめざして………四日市市市民文化部国際課

□外国人労働者受入れに伴う経済的影響………片岡剛志

  

□外国人労働者受入れ拡大への課題 ――欧州の経験から何を学ぶべきか―― ………内藤正典

  

◆最近の判例から◆

投票を電話により依頼する要員を確保・派遣する者等は公職選挙法221条1項2号にいう選挙運動者に当たるとし、

労働者派遣事業等会社の支店に対し選挙運動の報酬として金員を支払う旨の意思表示をしたことについて利害誘導罪の

成立を認めた最高裁決定

  最高裁(3小)平成16年12月21日決定     江見健一

◆連 載◆

 

司法制度改革の成果と今後の展望 第6回

  司法制度改革の着実な実現に向けて(1)………竹下守夫

保険判例研究 第3回

  人身傷害補償保険における「極めて重大な過失」の意義………山野嘉朗

 

  大阪高裁 平成14年12月26日判決 

英米法研究 第33回

  インターネット上の未成年者に対する有害情報を規制する法律と連邦憲法修正1条………田中 豊

ひろば時論

  理論的教育と実務的教育との架橋をめざして

  

  国有財産における地方分権の推進

  

訟務情報

次号予告

| | コメント (0) | トラックバック (0)

判例時報1897号 平成17年9月1日

判例時報

平成17年9月1日号

発行通巻一八九七号

編集人:下平健一

発行人:判例時報社

雑  誌:26331-9/1

ISSN:0438-5888

判例時報細目次

◆判例評論◆

◆判例特報◆

恐喝の手段として監禁が行われた場合の罪数関係

(最一判 17・4・14)

◆判決録◆

=行 政=

◎一 過大に登録免許税を納付して登記等を受けた者が登録免許税法(平成一四年法律第一五二号による

   改正前のもの)三一条二項所定の請求の手続によらないで過誤納金の還付を請求することの可否

 二 登録等を受けた者が登録免許税法(平成一四年法律第一五二号による改正前のもの)三一条二項に

   基づいてした請求に対する登記機関の拒否通知と抗告訴訟の対象

(最一判 17・4・14)

=民 事=

◎権利能力のない社団である県営住宅の自治会の会員がいつでも当該自治会に対する一方的意思表示により

 退会することができるとされた事例

(最三判 17・4・26)

○土地の共有持分権を有する者が、民法九四条二項の類推適用により、右共有者に無断でなされた共有持分

 移転登記を前提として根抵当権設定登記を経た善意の根抵当権者に対して、右共有持分移転登記が不実の

 登記であることを主張できないとされた事例

(大阪高判 16・11・17)

▽隣人と共有共用の配水管および浄化槽が地中に埋没されていた土地の売買において、瑕疵担保責任を限定

 する特約を排除して売主の瑕疵担保責任が肯定された事例

(東京地判 16・10・28)

▽新聞及び情報誌に掲載された広告を見て抵当証券を購入したところ、広告主が破綻したことにより損害を

 被ったとして新聞社に対してした損害賠償請求が棄却された事例

(名古屋地判 16・12・9)

▽小学生が公園でキャッチボール中、誤って付近にいた被害児の心臓部にボールを当て、同人が心臓震盪に

 より死亡したと認定して、小学生らの両親の監督者責任に基づく損害賠償義務が認められた事例

(仙台地判 17・2・17)

▽無認可保育所で乳幼児が園長の虐待行為により死亡したことにつき、園長の不法行為に基づく損害賠償責任と、

 県知事の右保育所に対する指導監督権限の不行使に基づく県の賠償責任が認められた事例

(高松地判 17・4・20)

▽競売土地・建物の買受人において、建物の一部が件外土地にはみ出して存立していて、件外土地の所有権を

 取得したという第三者が競売建物の所有者に対して建物収去土地明渡請求訴訟を提起していることが民事執

 行法七五条一項にいう「損傷」に当たるとして、売却許可決定の取消しを申し立てた場合に、当該第三者が

 執行妨害を企図したものにほかならないなどして、買受人の申立てが却下された事例

(千葉地決 17・4・19)

▽福祉事務所長が栄養失調男性の退院直後に生活保護を打ち切ったことを違法として、市に対して国賠責任が

 認められた事例

(京都地判 17・4・28)

=知的財産権=

▽薬局の仕入れ、在庫管理等に使用する薬品リストの営業秘密性が争われた事案において、当該薬品リストは、

 もともと薬局に近隣する医院からその処方する薬品リストの交付を受けて作成したものであり、また、これ

 にアクセスする者が当該薬品リストが営業秘密であることを認識し得るような措置が講じられていたとはい

 えないとして営業秘密性が否定された事例

(東京地判 17・2・25)

▽一 商品形態が周知性を取得していないとしてその模倣等の行為は不正競争防止法二条一項一号に該当しない

   とされた事例

 二 商品形態が類似ないし酷似した製品を製造販売した行為が民法七〇九条の不法行為に該当するとされた事例

(大阪地判 16・11・9)

=労 働=

▽一 ゼミの学生に対しセクハラをしたとして大学院教授に対し停職三か月を命じた懲戒処分に手続的・実体的に

   違法はないとされた事例

 二 セクハラをした大学院教授に対し、懲戒処分とは別に、約三年間にわたってすべての教員活動の停止、大学

   運営への参加停止措置をとることは、約二年を経過した時点で違法になるとされた事例

(東京地判 17・6・27)

=刑 事=

◎道路を走行中の普通乗用自動車内におけるけん銃発射行為が銃砲刀剣類所持等取締法三条の一三、三一条のけん銃

 等発射罪に当たるとされた事例

(最一決 17・4・18)

▽一 上空で旅客機の機首の上下動の衝撃により乗員乗客らが死傷した事故につき、同機の機長の過失が認められ

   なかった事例

 二 航空事故調査報告書を証拠から排除せず、準鑑定書として証拠能力が認められた事例

   ―――志摩半島上空日航機機体乱高下事件第一審判決

(名古屋地判 16・7・30)

◆最高裁判例要旨(平成一七年六月分)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月21日 (水)

「ドラゴン桜」最終回視聴率20パーセント超

 「ドラゴン桜」最終回視聴率が20パーセントを超えたということであった。

 後ろのほうが視聴率がいい、ということはほんとうに内容をみて視聴者がふえていったということであるから、いい内容であったということであろう。

 ただ、最終回も桜木は法律事務所をひとりでやっているが、20億規模の倒産処理事件を1年専念だと着手金は数千万にはなるはずで、事務員数名規模の事務所が維持できるはずである。あの段階でビンボーなのはちょっと不思議だ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

東京人 2005年10月3日

東京人

平成17年10月3日発行

第20巻第10号 通巻219号

発行人:高橋栄一

発行所:都市出版株式会社

ISSN:0912-0173

雑  誌:16725-10

CONTENTS

【特 集】

「お雇い外国人」を知っていますか?

 明治ニッポンの家庭教師たち

【対 談】

 鹿島 茂 × 芳賀 徹

「二人三脚」での近代化

失われた文明化建築 文・鈴木博之

 建築家のお雇い仕事コレクション

ベアト、スティルフリート、バートン、モーゼル

 異人さんが撮った明治東京 文・高橋則英

銀座の老舗「天皇堂」物語 文・網倉俊旨

 お雇い外国人教師から日本のレコード史ははじまった

ザンギリ頭もびっくり! 文・石村博子

 東京はじめて物語

花、くめ、玉、セツ 文・近藤富枝

 青い目に嫁いだ大和なでしこ

三面記事で読む、

明治のお騒がせ外国人 文・林 丈二

フランス人造船技師ヴェルニーと若き日本人技術者たち

 お雇い外国人からの自立 文・前間孝則

【小特集】生誕一〇〇年

 

 成瀬巳嘉男の世界

 商店から広がる東京風景 文・川本三郎

撮影所の思い出 聞き手、文・木全公彦 写真・鈴木理策

 小林桂樹 成瀬映画は、「過ぎたるは及ばざるよりも悪い」んだね。

 草笛光子 遠くでヒソヒソ声で話していても、聞こえてるの。ホントに地獄耳。(笑)

 長岡輝子 わたくしを気に入って使ってくださった理由は………。

 成瀬のことば感覚 文・武藤康史 絵・近藤みわ子

 成瀬映画を見よう!

季語 奇語 綺語(17)十月

 蓑虫 文・小沢昭一 絵・矢吹申彦

【随 筆】

耳ある者は聴くべし 文・新保裕司/

走るモラトリアムとしての新幹線 文・津村記久子/

先輩とお寿司と牢獄コント 文・岸本加世子

【座談会】

佐久間良子 × 山崎洋子 × 渡辺憲司

自由でチャーミングな「好色一代女」像

都心の小中学校跡から生まれる、ビジネスとカルチャー 文・金丸裕子

ミステリーと東京(10)文・川本三郎 写真・中里和人 

 小杉健治 「土俵を走る殺意」集団就職で上京した少年少女たちの行方

この人に聞く東京(18)大場 満 東京メトロ 鉄道本部 安全・技術部長

 テロ、災害時対策にはお客様の協力が欠かせません

今も生き、明日へと響く江戸の音

 儀治さんのガラス風鈴 文・川田晴雄

東京日記(53) くだんのおしいれ 文・川上弘美 絵・門馬則雄

望郷酒場を行く(16)文・森まゆみ 写真・中川道夫

 山形県 「もー吉」

出光美術館で過ごすひととき

 江戸時代の京の都を、知ること 文・内藤正人 絵・牧野伊三夫

電力故郷紀行(13) 最終回 文・北野広大

 塩尻 長興寺と釜井案に菅江真澄の影を追う

街[ニューオープン、ニューサイト] 川上典李子

本[書評同人]青山 南、猪口邦子、鹿島 茂

       川本三郎、黒岩 徹、五味文彦、松岡和子、結城信孝

インフォメーション/SHOPS&GOODS

バックナンバー/編集後記、次号予告

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月20日 (火)

「対談 中国を考える」

対談 中国を考える

2005年1月26日発行

著 者:司馬遼太郎 陳 舜臣

発行者:庄野音比古

発行所:株式会社 文藝春秋

ISBN:4-16-710551-9 C0195

目 次

談天半…………陳舜臣

第一章 東夷北狄と中国の二千年

第二章 近代における中国と日本の明暗

第三章 日本の侵略と大陸の荒廃

第四章 シルクロード、その歴史と魅力

数千年の重み………司馬遼太郎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春と読書 2005年9月

青春と読書 9月号

平成17年6月1日発行

第40巻 第9号(通巻349号)

編集人:東田英樹

発行人:大谷和之

発行所:株式会社 集英社

雑 誌:05665-09

目 次

 

詩  ●谷川俊太郎  詩の擁護又は何故小説はつまらないか 

           インタビュー/谷川俊太郎さんへの七つの質問 

 

対談 ●児玉 清 × 小川洋子  偶然が織りなすそれぞれのドラマ

    花村萬月 × 池永 陽  沖縄を書くことの楽しさ、むずかしさ

読切小説 ●豊島ミホ  夜の朝顔 

 

エッセイ ●清水義範  私はいかにしてトルコ料理にはまったか

  

      池澤夏樹  『星の王子さま』を訳すという幸運   

      柴田元幸  父と娘

      米山公啓  サプリメントの時代 

 

       横山宏章  100年前の中国は? 

本を読む ●高橋千劔破  花家圭太郎『八丁堀春秋』

   

      魚住 昭   日本ビジュアル・ジャーナリスト協会『フォトジャーナリスト13人の眼』

 

       菊池 仁   本を読む 宮本昌孝『夏雲あがれ』 

 

連載読物 ●鈴木道彦   越境の時 一九六〇年代私記(5)

      内澤旬子   こんな珍本みつけました(8)

      茂木健一郎  欲望する脳(5)

      森 達也   新お伽草紙(11)

       関川夏央   有吉佐和子的人生(9)

      高橋 治    つばき恋恋(13)

連載小説 ●川上健一   渾身(3)

      池永 陽   似たものの冬(14)

      上岡伸雄   ぼくらの先生はラグビー怪獣(3)

       森 詠    小説 はるか青春(7)

 

書評再録

新刊のお知らせ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図書 2005年9月

図書 9月号

2005年9月1日発行

第六七七号

編集者:入谷芳孝

発行者:宮部信明

発行所:株式会社 岩波書店

雑 誌:06615-09

目 次   

少しだけの日本語文法………中井久夫

紫よ、永遠なれ………水原紫苑

ものぐさ自然観照家の記………佐伯一麦

ラ・トゥール展始末記………高橋明也

戦争の記憶………渡辺 淳

ニールス・ボーア先生のこと(三)………亀淵 迪

エウリピデスからばななまで………A・ジェレヴィーニ

夏休みが終わって………鶴見俊輔

クォーターバックの内部告発………A・ビナード

魔女のことば………堀江敏幸

新訳 ダンテ 神曲〈地獄篇〉第四歌………河島英昭 訳

『流れる』………佐藤正午

相撲・野球………小沢昭一

       〔聞き手〕神崎宣武

「スローウエア」「ファストウエア」………筑紫哲也

少年デザイナー子規………平出 隆

こぼればなし 

九月の新刊案内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊朝日2005年9月9日

週刊誌は反小泉がおおいですねえ。

週刊朝日

2005年9月9日発行

第110巻 第42号 

通巻4706号 

編集長・発行人:青木康晋

発行所:朝日新聞社

雑 誌:20082-9/9

目 次

【総選挙】「争点は郵政民営化」のまやかし

 「米国かぶれ」な刺客たち

佐藤ゆかり 人生の3分の1はかの地で「自分探し」/

片山さつき ファッションの「構造改革」は道半ば?/

高市早苗  連邦議会仕込みディベート術の切れ味/

阿部俊子  夫も看護学博士も米国でゲットしました/

ホリエモン 尾道の街角で説く「IT資本主義」の中身/

米山隆一  ハーバード医師の好物は魚沼産コシヒカリ/

小池百合子・小野次郎・猪口邦子 対米追従でいいの? それぞれの遍歴

「ブッシュのポチ」でいいのか

 森永卓郎、霍見芳浩、寺島実郎が喝破する「小泉構造改革」の正体

【独占手記】細川護熙元首相が沈黙を破った!

 小泉流「見世物小屋政治」に物申す

有識者会議は「男系」と両論併記…

 「女性天皇」は悩める皇室を救うか

ネタ元「彼」が正体を明かした『下山事件』

性風俗の驚くべき実態 コンドーム使用は15%以下

モンシロチョウのサナギ→がん細胞を殺す/ヤママユの蚕→がん細胞を眠らす

 驚異の昆虫パワーを研究せよ!

【薬物疑惑 第3弾】ここがヘンだよ!? ジャパンタイムズ

 「週刊朝日のロッテ叩きは人種差別だ」報道を嗤う

【News Browsing】

 宮城・登米市発 警官刺傷の中3男子が友人に明かした「リボルバーへの愛着」/

 犯行から3年、ついに逮捕! 岡崎女子大生メッタ刺し事件容疑者は「先生」を目指していた/

 整形逃亡、そして… 獄死直前、福田和子受刑者が刑務所仲間に明かした夢/

 暑苦しい! 都会の珍現象? 最近、夜中にセミが鳴くのはどうして?/

 三重・津市発 小5女児を1時間半も弄んだ“ロリコンPTA会長”の素顔/

 スゴすぎます… 危険なエピソードを引っさげて南米の「エメラルド王」が来日!/

[梨元 勝@芸能界]「重病説? まだまだ死ねないよ」山城新伍が堂々の復活宣言

【カラー特集】遊んでボケ防止 数独/塗り絵/ガーデニング

【グラビア】

尾道、古い港町の知恵深さ………文・大林宣彦

野茂 不滅

出たがる社長

将棋で生きたい 瀬川晶司 文・大崎善生

岩崎元郎氏が選ぶ 新日本百名山 ドンデン山[新潟県]

●ドン小西のイケてるファッションチェック

●とりよせ便

●縁あって父娘

●バブルの肖像

●男の時間

●わたしの理想の家

●山藤章二の似顔絵塾

●お散歩レストラン

●山藤章二のブラック・アングル

【小 説】

 高樹のぶ子   せつないカモメたち

 幸田真音    タックス・シェルター

【インタビュー】

 林 真理子    ゲスト 堺屋太一

【エッセー】

 田原 総一朗       ギロン堂

 船橋 洋一        世界ブリーフィング

 東海林さだお       あれも食いたいこれも食いたい

 内館 牧子        暖簾にひじ鉄

 小倉千代子        テレビガイド液晶未満

 長良じゅん・岩切 徹   人生(是)浪花節

 嵐山光三郎     コンセント抜いたか!

 

 

 倉田真由美     (ほ)やじ日記

[高知東生]

【コラム】

 つぼさがし

 犬ばか猫ばかペットばか

 山崎 元のマネー&人生ホンネ相談室

【スポーツ】

 栗山 英樹     ベースボール・スタディ

 セルジオ越後    サッカーの神髄

週刊図書館

[書 評]

『絶海にあらず』上・下………末國善巳

『アリラン坂のシネマ通り 韓国映画史を歩く』………川本三郎

『夜明けの森、夕暮れの谷』………長田渚佐

ひと[藤原伊織]/

文芸予報[斎藤美奈子]/

ニュースな本[永江 朗]/

新書の穴[青木るえか]/

POPな文庫[朝山 実]/

読書日和[阿部珠樹]

パズル DE 能力測定

【カラー連載】

 ワタナベ・コウ   街角コレクション

 鎌田 實      がんばらないけどあきらめない

 下野康史      通といえばCAR

 

 週刊 築地座

●会見ウオッチinterview [高岡早紀]

●映 画[理想の女(ひと)]おすぎ

●井筒和幸のイケるんちゃう?

●増井 修のロック不健康診断

夫婦の情景

 小曽根 真・神野三鈴 夫妻

【医 療】

 名医の最新治療

  直腸がん

【まんが】「パパはなんだかわからない」山科けいすけ

 

達人戦     中原 誠 vs 高橋道雄(下)

今週の囲碁   秋山賢司

表紙番日記/お便りクラブ/編集部発

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名門高校人脈

 わが母校は残念ながらはいっておりません。

 先週くらいの週刊朝日の書評では無理やりな有名人をのせていておもしろい、と揶揄したようなものがのっていました。

 高校出身者をまとめたホームページもなんかありましたね。しかし、高校よりは大学のほうが人格形成には影響を与えるように思います。高校でまとめる理由はあるのかなあ。

名門高校人脈

2005年8月20日発行

著 者:鈴木隆祐

発行者:古谷俊勝

発行所:株式会社 光文社

ISBN:4-334-03317-2 C0236

目 次

都道府県別高校の索引

プロローグ

1章 名門高校人脈

   北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城

   福島 茨城 栃木 群馬 千葉 埼玉

   東京 神奈川 新潟 富山 石川 福井

   山梨 静岡 長野 愛知 岐阜 三重

   滋賀 京都 奈良 大阪 和歌山 兵庫

   鳥取 島根 岡山 広島 山口 香川

   徳島 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎

   大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

2章 名門私立高校人脈

   男子校

   女子高

   共学校

3章 名門国立高校人脈

あとがき

主要参考文献

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年9月18日 (日)

前原誠司民主党 新代表のこと

民主党の新代表に前原誠司氏が選ばれた。

私は、京大法学部は同じ年に卒業しているが、個人的な面識があるわけではない。

すこし前に塩野七生「悪名高き皇帝たち」の新潮文庫版についてティベリウスが高坂教授にささげられていることをこのブログで話題にした。前原氏は高坂ゼミ出身者である。どっかでつながるものだなあ、ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月17日 (土)

木谷明「刑事裁判の心(新版)」

刑事裁判の心[新版]

 ―――事実認定適正化の方策―――

2004年8月20日発行

著 者:木谷 明

発行者:岡村 勉

発行所:株式会社 法律文化社

ISBN:4-589-02764-X C3032

目 次

新版はしがき

はしがき

序 章 刑事裁判の心

  一 N地裁A判事

  二 ある取込み詐欺事件

  三 審理が進むにつれて

  四 最終判断にいたるまで

第一章 事実認定の適正化

 第一節 裁判官生活を振り返って

  一 はじめに

  二 私の裁判官としての略歴

  三 刑事裁判との出会い

  四 生涯の師故樋口勝判事との出会い

  五 事実認定適正化の方策(パート2)

  六 おわりに

 第二節 事実認定適正化の方策

  一 はじめに

  二 関与した主要な裁判例の概要

  三 事件処理の過程で痛感したこと

  四 物的証拠に関する捜査官の作為の問題について

  五 自白の任意性について

  六 別件逮捕・勾留及び余罪取調べに関する規制の仕方について

  七 自白の信用性について

  八 おわりに

 第三節 事実認定における検証(とくに夜間検証)の重要性について

  一 はじめに

  二 事実認定における検証(とくに夜間検証)の重要性

  三 夜間検証の重要性を示唆する最高裁の判例について

  四 下級審の裁判例について

  五 先例から学びとるべき点について

  六 おわりに

第二章 裁判官からみた弁護人活動 ―――とくに否認事件の争い方を中心として―――

  一 はじめに

  二 弁護人活動の難しさと重要性

  三 弁護人活動をいっそう困難にしている主たる要因

  四 弁護人の意見陳述のあり方について

  五 弁護人の冒頭陳述について

  六 書証に対する同意・不同意

  七 客観的証拠の早期保全と証拠の客観化の努力

  八 物的証拠に対する取組み方

  

  九 捜査書類の記載や捜査経過に関する捜査官の証言の信頼性

 一〇 情況証拠の評価について

 一一 検証の重要性

 一二 鑑定に対する取組み方

 一三 犯人識別供述の信用性

 一四 自白の任意性について

 一五 別件逮捕ないし余罪取調べの限界の問題に関する実務の新たな展開

 一六 取調べ状況と自白の信頼性との関係 ―――鹿児島事件に関する最高裁判決の説示

 一七 自白の信用性判断のための注意則について

 一八 「供述の経過」という立証趣旨により、証拠能力のない供述調書を取り調べることの可否について

 一九 最終弁論のあり方

 二〇 おわりに

第三章 犯人の特定

  一 はじめに

  二 「犯行と被告人との結びつき」の認定に関する基本的態度

  三 目撃供述、犯人識別供述による認定

</