« 判例時報1896号 平成17年8月21日 | トップページ | 9月1日発売の週刊モーニング »

2005年9月 1日 (木)

飛鳥涼と八島洋子と八島たね

  チャゲ&飛鳥は、1983年から1984年にかけて毎日放送のヤングタウンという深夜ラジオ番組をやっていた。

  1984年3月まではふたりだけでやっていたのだが、1984年4月からアシスタントをいれよう、ということになり、八島洋子さんがはいることになった。八島さんはふたりよりちょっと年上であった。

  この日がはじめての顔合わせなのに、チャゲと飛鳥は羽田から大阪にむこう飛行機が雪のため欠航になり、チャゲと飛鳥は東京、八島さんは大阪で放送ということになった。

  そこでスタッフがいたずら心をだし、八島たね70歳という設定でやろう、ということになり、見事に放送をおえた。

  飛鳥はたねさんを気に入ったようであった。

  次の週大阪で顔合わせがあり、たねさんは?と話題になって、ショートヘアの30少し前の女性が先週はだましてごめんなさい、と挨拶をした。ふたりはあっけにとられていたが、飛鳥はじっと彼女をみつめていたらしい。

  飛鳥と八島さんの結婚はチャゲあすのヤンタン(ヤングタウンを略称)がおわって2年半のちであった。八島たねの年になっても飛鳥は愛しつづけるだろうと、当時のプロデューサーの大鍋さんは著書にかいています(渡邉一雄「ヤンタンの時代」角川書店 2005年)

  八島さんは、当時フリーだったのか、つボイのりおのハイヤング京都で「あー、すごくいい」などの効果音もやっていて、非常に器用なひとだったと当時のリスナーは記憶しております。

  ただ、結婚はそう意外ではありませんでした。相性のよさは感じられました。いまもいい家庭をきずかれているようですね。

|

« 判例時報1896号 平成17年8月21日 | トップページ | 9月1日発売の週刊モーニング »

コメント

アスカが惚れる人か-

そりゃ
気が利いてる人だろぅなぁ

初顔合わせでギャっフンドッキ―ンとさせられて
ジ―っと見つめてしまった!

きゃ―
恋に落ちたのね~

ぃ―な―
未だに仲良しで
アスカはこの先も彼女を愛すのか

素敵☆

わたしもそんな人と出会いたいな

投稿: 木の実 丸 | 2011年5月25日 (水) 18時04分

羨ましい話だわ。洋子さんどんな方なんでしょうか。
憧れの2人です

投稿: ゆき | 2011年9月25日 (日) 19時18分

八島洋子さんは愛知、三重、岐阜の人でCBC(TBS系)のテレビを見ていた人なら良く知っている。ラジオもよく出ていた。一番有名な話はミミズの天ぷらみたいのを出す料理店に八島洋子が行かされ、八島洋子さんがテレビでこれを食う時に、食えなかったか、泣いて食べたとかって話。アスカが覚せい剤で捕まり、中部圏では矢野 きよ実と「JAYWALK」の中村耕一の覚醒剤所持のケースとそっくりになり、なんでまた同じことが、とがっかりしている。八島洋子さんは美人お姉を武器にし始めれそうぐらいに左遷され滋賀だったか、京都に飛ばされ、ミミズの件と言い、一般視聴者からはいじめでもあったのかという思いとともに愛知、三重、岐阜の人たちの記憶から消えた。

投稿: ジョーカタナ | 2014年5月18日 (日) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120360/5731037

この記事へのトラックバック一覧です: 飛鳥涼と八島洋子と八島たね:

« 判例時報1896号 平成17年8月21日 | トップページ | 9月1日発売の週刊モーニング »