« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月29日 (木)

6月28日 こどもの歯がぬけてしまった

6月28日 水曜日

  帰ってみると、2歳の長男の前歯が抜けてしまっで歯医者で治療したと妻の報告があった。

  遊んでてころんだせいで前歯がぬけたらしい。

  くっつくのか、というとわからないが、くっつくこともあるらしい。

  1月たてばくっついたかどうかわかる、ということであった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

判例時報1917号 平成18年3月21日

判例時報

平成18年3月21日号
発行通巻一九一七号
編集人:下平健一
発行人:判例時報社

雑  誌:26333-3/21
ISSN:0438-5888

判例時報細目次

◆記 事◆

法定刑の大幅引上げに関する刑法改正について(下)
  ―――法制審議会刑事法部会の議事録の検討………中山研一

現代型取引をめぐる裁判例(158)………升田 純

海外刑法だより(250)
  執筆二五〇回に寄せて(上)………森下 忠

◆裁決録◆

=行 政=

◎普通地方公共団体の財産の適正な対価によらない譲渡又は貸付けに係る地方自治体二三七条二項の
 議会の議決につき適正な対価によらないものであることを前提としてされることの要否

 (最一判 17・11・17)

=民 事=

○一 最高裁判所の裁判官会議の議事録に対する開示の申出を拒絶した不開示措置の違法を理由とする
   国家賠償請求につき、その一部の違法を認め、請求が一部認容された事例( (1)事件 第一審)

 二 最高裁判所の裁判官会議の議事録に対する開示の申出を拒絶した不開示措置の違法を理由とする
   国会賠償請求につき、その違法を認めず、請求が棄却された事例( (2)事件・控訴審)

   ((1)東京地判 16・6・24、(2)東京高判 17・2・9)

○帝王切開手術によって出生した新生児が、脳性まひにより身体障害一級と認定された場合に、担当医師は
 他の措置を検討しないまま帝王切開手術をして肺機能が未熟なまま出生させ、その後の呼吸管理にも過失
 があったとして、病院側の不法行為に基づく損害賠償責任が認められた事例

 (大阪高判 17・9・13)

▽産院における新生児取り違え事故に関する産院を設置した地方公共団体に対する不法行為に基づく損害賠償
 請求権につき除斥期間の適用が認められ、債務不履行に基づく損害賠償請求権につき消滅時効の適用が認め
 られた事例

 (東京地判 17・5・27)

▽一 交通事故によって頭蓋骨骨折、脳挫傷等の傷害を負った被害者の後遺障害について、診断書の内容、
   日常生活及び介護の状況等を総合し、後遺障害等級一級三号に該当すると認められた事例

 二 損害賠償金の一部の提供及び供託は、債務の本旨に従ったものではなく無効であるとされた事例

   (東京地判 17・3・17)

▽東京の最先端のストリートファッションを紹介する目的で、公道を歩いていた原告の写真を無断で撮影し、
 ウェブサイトに掲載したことが肖像権の侵害にあたるとして、損害賠償請求が認容された事例

 (東京地判 17・9・27)

▽自動車損害賠償保障法三条の運行供用者責任について、民法七一三条は適用されないとされた事例

 (大阪地判 17・2・14)

▽ホテルでの四日間の展示会における商品販売が訪問販売法二条一項一号所定の営業所等に該当し、
 クーリング・オフが認められなかった事例

 (名古屋地判 16・11・19)

▽交通事故の被害者が植物状態になった場合、家裁で成年後見人に選任された弁護士が、加害者に対する
 損害賠償を請求する訴えを提起し、追行したときには、成年後見人報酬についても加害者に賠償請求す
 ることができるとされた事例

 (神戸地判 17・5・31)

▽地方自治体が大学のキャンパス誘致にあたって補助金を交付したからといって、地方自治体と大学との間に
 個々の学生に当該キャンパスで就学する権利を付与する「第三者のためにする契約」が成立したとは認めら
 れないとされた事例

 (大津地判 17・5・23)

=知的財産権=

▽人気ロック歌手である原告が自らの人物絵を無断でパチンコ遊技機に用いられたとして、パブリシティ権に
 基づきその利用の差止めを求めた請求が棄却された事例

 (東京地判 17・6・14)

▽特許発明の技術的範囲に属する製品を当該特許出願前に販売した者は、先使用権を有する製造者の製品を
 販売することが特許侵害とならないことを主張できるにとどまり、自ら当該製品の製造を行うことはでき
 ないとされた事例

 (名古屋地判 17・4・28)

=刑 事=

◎反目状態にあった男の運転する自動車に意図的に衝突されて自車が転覆したため同人とのけんか抗争等に
 備える目的で自車のダッシュボード内に入れておいた刃物を護身用にズボンのポケットに移し替えて自車
 からはい出した後に路上で携帯する行為について違法性が阻却されないとされた事例

 (第三決 17・11・8)

◎定款に株式譲渡制限の定めのある非上場会社の一人株主がその全株式を同社の債務の担保のため譲渡担保に
 供するなどした後に同社の役員の解任及び選任等の株式会社変更登記申請を行い同社の商業登記簿の原本に 
 その旨記載させた行為につき公正証書原本不実記載罪が成立するとされた事例

(最二決 17・11・15)

◆最高裁判例要旨(平成一七年一二月分)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経情報ストラテジー 2006年2月24日

経営革新にITを活かす
日経情報ストラテジー 5月号
NIKKEI INFORMATION STRATEGY

2006年2月24日発行
第15巻 第4号 通巻169号
発行人:古沢美行
編集長:多田和市
発行所:日経BP社

雑 誌:07179-05

CONTENTS

【特集1】
 
 CRMの「見える化」
 優良顧客を見極める

●事 例

 顧客とプロセスの「見える化」へ
 PDCAサイクルのCとAで
 顧客情報はよみがえる

 ●クレディセゾン
 ●フィンランド航空
 ●アートネイチャー

●寄 稿

 顧客別の損益計算書で利益を最大化
 
 優良顧客を見極めて
 企業価値を高める「固定収益マネジメント」

日本企業のCRMに対する投資は依然増加している。
ただし、CRMがブームとなった2000年以来、多くの企業が「投資効果が見えない」という悩みを抱えてきた。
このような状況に陥らないためには、どうすればよいのか―――。
業務プロセスと顧客の「見える化」が、このカギを握る。

【改革の軌跡】 ―――あのプロジェクトの舞台裏

 ケンウッド

 「アジアに勝てる工場を作れ」

 V字回復に地方工場の蘇生あり

 ほんの数年前、ケンウッドは債務超過に陥り、瀕死の際にあった。
 再建を担う新社長が打ち出した戦略は、成長事業からの撤退と成熟事業の再建。
 行き場を失ったかに見えた家庭用オーディオ製品事業を蘇らせる決断に社員は驚いた。
 もの作りを徹底的に見直した同社の改革を追う。


【トップインタビュー】

 福井威夫氏
 [ホンダ代表取締役社長]

 1人ひとりの現場改善がホンダの明日を創る

【主張するCIO】

 二宮 清氏
 [ダイキン工業常務執行役員]

 グローバルSCMで在庫3割減へ
“3つのe”で新規事業創出も


【プロフェッショナルCIOの提言】

 フィリポ・パッセリーニ氏
 [米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)CGSO 兼 CIO]

 3400人以上をベンダ3社に転籍
 P&G流が資産として評価された

【会社を変える】

 佐藤安弘氏
 [キリンビール相談役]
 
 マルチブランドを推進
 ヒットは元気の素

【最新リポート】

 有力8社のCIOに聞く改革の極意(前編)
 企業競争力を高める10カ条

【発見! イノベーション企業】

 ダイニチ工業(石油暖房機器製造)
 松下や三菱も撤退する難市場、「ハイ!ドーゾ生産」で大躍進


【仕事を変えるテクノロジー】

 画素数から失敗しない技術へ 

 ―――次世代デジタルカメラ

【戦略的経営革新のススメ】

 ■石黒不二代のCIOは眠れない/

  システム構築に地殻変動?
  スピード感に大きな格差

 ■碓井 誠のIT経営のツボ/

  ビジネスとITの両目2方向から経営を見る

 
 ■南出健一の経営放談/

  身勝手なジュニアが蔓延この国の行く末は?


 ■3分間キーワード

  行動ターゲティング、ERM、ウインドウズ・ビスタ、DLNA、CSR、MOT

 
 ■海外フラッシュ

  米サウスウエスト航空
  ●携帯電話経由でチェックイン

  米ニューヨーク・タイムズ
  ●2万店での買い物でポイント

  米ウォルマート・ストアーズ 
  ●オンライン写真サービス拡充

  米In-Stat
  ●大企業は音声からデータヘ

【特集2】

 トヨタ流を自社流へ窮めよ
 日本復活の現場改善力

 ■トヨタ流を超える自社流の台頭

  ●イトーヨーカ堂
   トヨタに学んだ基準に「顧客視点」強調

  ●リコー
   可視化で複雑な問題を「因数分解」

  ●キヤノン電子
    ピカ一(イチ)で全員が「考える力」つける

  ●ホンダ
   終業後に「ワイガヤ」で改善

 ■自社固有の課題にトヨタの手法を適用
 
  ●コクヨ
   トヨタに学ぶ会社設立

  ●クボタ
   改善道場出身の師範代

  ●ブラザー
   量販店の厳しさで行動

  ●日野自動車
   営業と整備の連携促す

【業務革新ビフォー・アフター】

 ■顧客をつかむ!

  ●東急ホテルズ
   ―――若手CFTが4ブランドを再構築、1万5000室の稼働が4%アップ
 
  ●SCMで勝つ!
   モスフードサービス
   ―――情報共有で取引先の在庫2割削減、トレーサビリティーで食の安全確保

  ●経営管理を徹底する!
   日清オイリオグループ
   ―――ERPで利益管理力を強化、製品在庫日数3割削減へ

【10分間で学べる業務革新講座】

 ●トヨタの良さに学ぶ 会社変革術 第(5)回

  質の高いチームワーク、仲のいいケンカが必要
  スコラ・コンサルト 柴田昌治

 ●ビジネスシーンで勘所つかむ バランス・スコアカード実践 第(5)回

  システムの投資評価をBSCで作るとき 
  フィリップスエレクトロニクスジャパン 高橋義郎

 ●売れない時代に売るための マーケティング新潮流 第(5)回

  富裕層を対象にしたマーケティングの極意
  ネットマイニング・ジャパン 鶴岡謙吾

 ●イラストで明解! コーチング入門 第(5)回
  
  目標達成の絵を見せよう
  コーチ・トゥエンティワン 桜井一紀

 ■企業改革ヘッドライン

  日本航空、日本旅行、ヤンセンファーマ

 
 ■e-Japan

  自治体版SNS始まる

  交流促し、災害時も活用

【5分で身につくスキルアップ】

 ■部下を育てるコミュニケーション術

  有能な上司ほど聞き役になろう
  話し方研究所 福田 健

 
 ■くぼたつの企画の学校

  勉強の場は日常生活「気づき」を書き留めよ
  イッツ 久保田達也

 ■課題の探索術 

  思考プロセスで医療体制を検討
  ゴール・システム・コンサルティング 村上 悟


 記者の目

 新 刊

 カレンダー

 読者から・編集長から


【広告企画】

 「日本版SOX法で変わる 企業経営と情報システム」

 「ERP/会計・業務パッケージ」

 「ユビキタスオフィスでワークスタイル変革」

 「セキュリティ・ソリューション」

 「システム運用管理」


【特別広報企画】

 「日本版SOX法施行を見据えた、内部統制強化への対策」

| | コメント (0) | トラックバック (2)

特盛!SF翻訳講座

  パソコン通信のはなしとかでてきてなつかしい思いをしました。

   当時は全く意識してませんでしたが、京大の同時期にいたころもあるんですねえ。

特盛! SF翻訳講座
 ―――翻訳のウラ技、業界のウラ語―――

2006年3月30日発行
著 者:大森 望
発行者:関戸雅男
発行所:株式会社 研究社

ISBN:4-327-37696-5 C0098

目 次

■序にかえて ―――本書使用上の注意

一の巻 翻訳入門

 [1] 小説の翻訳「きほんのき」

 [2] 翻訳家になるには ―――または、わたしはいかにしてSF翻訳家になったか

 [3] 名訳博覧会 ―――海外SFの名文たち

 [4] 訳者冥利 ―――パリントン・J・ベイリー 『時間衝突』の愉楽

Intermission 大森 望☆サクセスの秘密

二の巻 実践的SF翻訳講座・裏ワザ編

 [1] 勝手にしやがれ ―――翻訳書ができるまで

 [2] 待っちゃいられぬ成熟するまで ―――意外と役立つ受験英語

 [3] ささやかだけれど、役に立つこと ――― 一時間でできる訳文の磨きかた

 [4] どうでもよくない、どうでもいいこと ―――人称代名詞を減らすには

 [5] バベルの図書館 ―――翻訳に役立つ参考書その1

 [6] 犬も歩けば棒にあたる ―――翻訳に役立つ参考書その2 

 [7] 「それは何ですか?」 ―――『英和商品名辞典』の楽しみ

 [8] 棒犬なる針小 ―――『和英ポルノ用語辞典』の使いかた

 [9] 君の名は ―――カタカナ表記を考える

[10] 「あるかあらぬか、それが疑問だ」 ―――会話の訳しかた

[11] おしゃべり階段 ―――続・会話の訳しかた

[12] ロックンロール・ウィドゥ ―――会話における正しい改行術

[13] 超訳者の時空 ―――シェルダン超訳騒動の真実

[14] 無への跳躍 ―――歴史的“超訳”実例集

[15] 麦わら帽子はもう消えた ―――夏休み翻訳教室・実技篇

[16] I love you からはじめよう ―――なにを訳すか

[17] まちぶせ ―――人脈を大切に

[18] 報道されないY型の彼方へ ―――翻訳語の謎

[19] 訳しきれないろくでなし(アスホール) ―――罵倒語の諸問題

[20] エースをねらえ! ―――「ウケる翻訳」のすすめ

[21] ガラスの仮面 ―――翻訳の演技力

[22] 無縁坂 ―――悪訳とはなにか

[23] 彼は友達 ―――サルでもできる悪訳の見分けかた

[24] 恋人も濡れる街角 ―――ベッドシーンの訳しかた

[25] すーぱーかりふりらじゃりすてぃくすぴありどうしゃす! ―――専門用語の訳しかた

[26] 終わりよければすべてよし ―――訳者あとがきの正しい書きかた

Intermission 私的翻訳環境変遷史

 [1] へたの道具しらべ ―――プロの使う辞書

 [2] 漁師の網にかかった犬 ―――パソコン通信事始

 [3] ゆうわくのうた ―――電子リファレンス事始

 [4] 私が愛したリンゴ ―――マッキントッシュ日記抄

 [5] ぼくらが旅に出る理由 ―――インターネット事始

 [6] シャーロットの贈り物 ―――ウェブがもたらすもの

三の巻 SF翻訳者の生活と意見

 [1] How Many いい顔 ―――素顔のSF翻訳者たち

 [2] 新米の主張 ―――「様変わりする翻訳界」の真実

 [3] カリフォルニアの青いバカ ―――翻訳ファンジンのすすめ

 [4] 愛がなくちゃね ―――小説の読み方と訳しかた

 [5] 秘密の花園 ―――確定申告の傾向と対策

 [6] ハートのエースが出てこない ―――カードの教え

 [7] そうはいってもとぶのはこわい ―――翻訳者が会社を辞めるとき

 [8] 土曜日のタマネギ ―――翻訳の速度

 [9] もしもピアノが弾けたなら ―――翻訳という仕事

[10] 鮮やかな場面 ―――SF翻訳者にいたる道

[11] 悲しい色やね ―――方言の壁

[12] 怪盗ルビィ ―――振り仮名が振れるしあわせ

[13] うれしたのし大好き ―――翻訳者の“正しい資質”(ライト・スタッフ)とは

[14] 走れ 正直者 ―――訳題のつけ方

[15] われら誇りもて歌う ―――黒丸尚氏追悼

[16] 夏ざかりホの字組 ―――世界SF大会レポート

[17] 去りにし日々、今ひとたびの幻 ―――絶版の問題

[18] にくまれそうなNEWフェイス ―――これが正しい翻訳コンテストだ!

[19] そして僕は途方に暮れる ―――なんでも屋の日常

[20] ワイルド・サマー/ビートでゴーゴー ―――締切の問題

[21] バスルームで髪を切る100の方法  ―――編集者に愛されるために

[22] 君を見てるとしょんぼり ―――新しい人よ眼ざめよ

[23] がんばりましょう

■『訳者』あとがき

■大森望★著訳書一覧

| | コメント (1) | トラックバック (0)

週刊文春2006年3月30日

週刊文春

平成18年3月30日発行
第四十八巻 第十三号
編集人:鈴木洋嗣
発行人:立林昭彦
発行所:株式会社 文藝春秋

雑 誌:20405-3・30

目 次


[現地密着取材]

<ヒヤヒヤ世界一>WBC王ジャパン全内幕

 イチロー「自腹」ロス焼肉店決起集会
 
 ▼松坂・上原を支えたアテネ主将の「なんでも相談室」
 ▼韓国ナインがイチローに浴びせた「放送禁止用語」
 ▼イ・スンヨプより美人妻に注目する日本芸能界
 ▼誤審男だけじゃない 初開催で運営が右往左往

「野口怪死」ポケットから新たに発見「謎の遺留品」
 これでも沖縄県警は捜査しないのか

 
現役学生2000人が選んだ「面白い、自慢の講義」
 大学入学前に必読 東大と京大、早慶、どっちがインテリ?


20代女性の憧れ「YOUという生き方」

[熟年夫婦大バトル 2000人アンケート][夫篇]
 「お前のここが許せない!」

伊東美咲新規参入「女性タレント・ブログ」新女王は誰だ?
 

[光市・母子惨殺 少年は死刑か無期か]

 本村洋さん激白90分
 「法廷欠席こそ遺族の人権無視だ!」
 「ありゃー調子づいとるね」少年「遺族侮辱」書簡22通

 麻原裁判もボイコット 「死刑廃止」人権派弁護士の身勝手

[センバツ開幕]八重山商工「日本最南端」からの挑戦

 ウミンチュの孫にゴミ収集バイトの部員たち………神田憲行

浜崎あゆみまで登場? 芸能プロの浅田真央ちゃん争奪戦


USEN宇野社長は二代目ホリエモン!?
 

村主章枝を激怒させたフィギュアの「女帝」 アイスショーに出演強要

サーヤ初地下鉄 新宿伊勢丹で皇太子へのプレゼント選び

[遺族が実名告白]

 [前代未聞]女性患者の「遺産5億円」を「相続」していた慶應大学イケメン医師
 [永作博美とも交際!?]


【THIS WEEK】

 政 治:バラバラ「83会」の再建へ佐藤ゆかりを投入

 社 会:「クローズアップ現代」で情報流出加担の大失態

 映 画:韓国で観客動員一位『王の男』の同性愛的側面

 I T:買わな損や! 大阪日本橋の電脳・家電販売戦争

 流 行:日本最大級ファッションサイトが放送局を作る?

 海 外:ハリウッド・セレブが火を付けた日本酒ブーム

 新聞不信・食味探検隊・今週のお泊まり

【グラビア】

 原色美女図鑑………神田うの

 特別企画………ビートルズのいた青春

 スペシャル企画………コレがホントの高みの見物

夜ふけのなわとび………林真理子

風まかせ赤マント………椎名 誠

すっぴん魂(コン)………室井 滋

お言葉ですが… ………高島俊男

ズバリ、答えましょう………竹内久美子

にこにこ貧乏………山本一力

さすらいの女王………中村うさぎ

ツチヤの口車………土屋賢二

本音を申せば………小林信彦

俺だって子供だ! ………宮藤官九郎

棄霊鳥………内田康夫

バイアウト………幸田真音

腕きき人生相談………中村久瑠美

カーなべ………渡辺敏史

ゴール裏で日向ぼっこ………熊崎 敬

ヤンキー母港(ヨコハマ)で吠える………義家弘介

大リーグファン養成コラム………李啓充

先ちゃんの浮いたり沈んだり………先崎 学

考えるヒット………近田春夫

ホリイのずんずん調査………堀井憲一郎

ニュースの考古学………猪瀬直樹

阿川佐和子のこの人に会いたい………安藤忠雄

【文春図書館】

 著者は語る………夏目房之助

 『ヒストリアン1・2』………諸田玲子

 『宮中賢所物語』………稲田智宏

 『ビートルズとは何だったのか』………大森庸雄

 私の読書日記………米原万里

 文庫本を狙え!………坪内祐三

 ミヤザキ学習帳………宮崎哲弥

 ミステリーレビュー………千街晶之

 マガジンラック
 
 新刊推薦文

この人の一週間………大崎裕史

川柳のらりくらり………柳家喬太郎

この人のスケジュール表 柄本 明、高野 進、ぼんちおさむ

病院情報ファイル2006 外科医不足の危機

ぶらりわが街 大人の散歩

【見もの聞きもの】

 テレビ健康診断………青木るえか

 シネマチャ-ト 
 クローズアップ/インデックス6

 ヨコモレ通信………辛酸なめ子

 ドッキリTV語録………清野 徹


【マンガ】

 タンマ君………東海林さだお
 
 いわゆるひとつのチョーさん主義………高橋春男

 聖主婦ハルコ………しりあがり寿

てこずるパズル

淑女の雑誌から

伊藤理佐のおんなの窓/読者より/表紙はうたう(和田誠)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小倉千賀子・中村うさぎ「幸福論」

幸福論

2006年3月16日発行
著 者:小倉千加子 中村うさぎ
発行者:山口昭男
発行所:株式会社 岩波書店

ISBN:4-00-022861-7 C0095

目 次

一 現代日本の「幸福」とは

  依存症から見た現代の欲望

  「有名な人」になりたい!

  自己実現という物語

  進む階層化の中での結婚

  瞬間入籍→シングル・マザー

  性的自己実現 vs. 社会的自己実現

  ふるえるほどの幸福

  マッタリかドキドキか

二 高度消費社会の闇

  体が感じる幸福

  主婦の心の闇

  消費の限界
  
  欲望のはての <大義>

  インターネットの中の欲望

  階層化の中の <あきらめ>

  ダイエットと他者の視線

  体と自意識のずれ

  体からの解放

  モノサシを単一化する女性誌

  フェミニズムは女性をどう変えたのか

  「イデオロギー」の功罪

  個人主義がゆきつく孤独

  女性偏差値をどう解体するか

三 新しい愛と性の形

  「オンナ」をコスプレする

  女性性とは何か

  カリスマ主婦のつくられ方

  男にとっての他者の視線

  新しい家族へ

  「他者」から「分身」へ

  生の共有か死の共有か

  恋愛と性の交差

  本当に必要な存在とは

あとがき―――小倉千加子

あとがき―――中村うさぎ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刑事事実認定重要判決50選[上]

刑事事実認定重要判決50選[上]

平成17年11月1日
編 者:小林 充・植村立郎
発行者:橘 英明
発行所:立花書房

ISBN:4-8037-2396-6 C3032

目 次

はしがき

凡  例

実践的な刑事事実認定論(概論)………植村立郎

第1 刑法総論関係

 1 因果関係(1)………小坂敏幸

   ○最決平15・7・16 刑集57・7・950

 2 因果関係(2)………小森田恵樹

   ○最決昭42・10・24 刑集21・8・1116

 3 正当防衛(1)――― ………栃木 力

   ○最決昭52・7・21 刑集31・4・747

 4 正当防衛(2)―――防衛の意思………秋山 敬

   ○最判昭50・11・28 刑集29・10・983

 5 正当防衛(3)―――防衛行為の相当性………松井芳明

   ○最判平元・11・13 刑集43・10・823

 6 責任能力(1)―――統合失調症………松藤和博

   ○最決昭59・7・3 刑集38・8・2783

 7 責任能力(2)―――病的酩酊………國井恒志

   ○東京高判昭51・12・23 高刑集29・4・676

 8 責任能力(3)―――薬物中毒………田口直樹

   ○東京高判昭59・11・27 判時1158・249

 9 行政犯の故意………植村立郎

   ○最判平元・7・18 刑集43・7・752

10 租税ほ脱犯における故意………飯田喜信

   ○東京高判昭54・3・19 高刑集32・1・44

11 違法性の意識の可能性………半田靖史

   ○最判昭62・7・16 刑集41・5・237

12 自 首………下津健司

   ○最決平13・2・9 刑集55・1・76

13 不能犯………川田宏一

   ○最判昭51・3・16 刑集30・2・146

14 中止未遂………中桐圭一

   ○福岡高判昭61・3・6 判時1193・152、判タ600・143

15 共 謀(1)―――支配型共謀………村瀬 均

   ○最決平15・5・1 刑集57・5・507

16 共 謀(2)―――対等型共謀………菊池則明

   ○最1小決昭57・7・16 刑集36・6・695

第2 刑法各論関係

17 強姦の成否(1)―――被害者の承諾の有無………遠藤邦彦

   ○東京高判昭43・11・28 東高刑時報19・11・248,判タ233・190

18 強姦の成否(2)―――反抗抑圧の有無………川合昌幸

   ○広島高判昭53・11・20 判タ923・112

19 贈収賄罪(1)―――金品の授受の有無………木口信之

   ○最判 平7・7・17 裁判集266・811

20 贈収賄罪(2)―――賄賂性………木口信之 

   ○最判昭50・4・24 裁判集196・175

21 殺 意………原田保孝

   ○横浜地判平10・4・16 判タ985・300

22 暴行・傷害の有無(1)―――行為の有無………小倉正三

   ○最判昭56・10・29 判時1035・141

23 暴行・傷害の有無(2)―――故意の有無………小倉正三

   ○東京高判昭43・12・19 判タ235・277

24 業務上過失致死傷犯における注意義務の前提となる事実(1)―――予見可能性………林 正彦

   ○最決平16・7・13 刑集58・5・360、判時1877・152,判タ1167・146

25 業務上過失致死傷罪における注意義務の前提となる事実(2)―――回避可能性について………江口和伸

   ○最判平15・1・24 裁判集283・241

編者・執筆者紹介

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオライフ 2006年5月号

ラジオライフ 5月号

2006年4月25日発行
第27巻 第5号
発行所:三才ブックス

雑 誌:09155-05

CONTENTS

【第1特集】

 メーカー非公認の裏ワザを徹底検証
 ケータイ極裏使いこなし術

 ワンセグ放送対応ケータイ他・最先端で遊べ
 
 タダより安いものはない! まだまだ見付かる0円電話

 居場所をごまかせるパラボラアンテナ/感度調整グッズ

 分解&ペイントで自分だけのオリジナルボディを作る

 使い捨ての外付けバッテリーを改造して長持ち化

 どのサービスが一番使える? ケータイ・ナビ対決

 処理速度を極限までスピードアップ他・W-ZERO3の(危)ワザ

 「LOVE定額」をフル活用・盗聴器として使えるマイクは?

 動画をケータイ向けにフリフリ化する最強コピーマシン
 
 各種イタズラに使えてしまうケータイ・アプリ集

 「ケータイ料金を格安にする」他・ケータイの裏ワザ

 あの人に見られたら大変・ケータイメール偽装術

 架空請求サイトをクリック! どんな情報が漏れる?

 気になるあの人の出身地が判明・電話番号割当表

【カラー企画】

 バックステージ無線を聞いてあらゆるゲストをゴボウ抜き
 最速攻略! 東京ディズニーランド・USJ

 日本のあらゆる情報はアメリカに筒抜けだった 
 ジョージ・ブッシュの盗聴プロジェクト

 自分のおサイフケータイが作れてしまう
 FeliCaをギリギリ分解
 
 夢なのに夢じゃなかった! 動画プレーヤーに変身させる
 iPod nanoを変則カスタマイズ

【特別企画】

 360度ミラクルワッチ・最強の電波改造力1-製作に成功!
 快適! モービル受信ガイド
 
 モービル受信機・無線機ベストバイ/

 モービルアンテナレビュー/
 
 車内ローテータ設置実験

【カラー企画】

 速報! 救急無線デジタル化

 パトカー必撮指南塾特別編 ゼロクラPC、インプレッサ

【第2特集】

 あなたのセキュリティ、大丈夫?
 
 この「カギ」が危ない・決定ワースト10/

 5大銀行キャッシュカード(秘)解析/

 対決! Winnyキンタマ・山田ウィルス VS 最新セキュリティソフト/

 Windowsのパスワードが破られる激ヤバソフト

【第3特集】

 春の探偵ガイド

 素人でもあっという間に探偵気分・スパイグッズ/

 名簿図書館は今・住民票は他人でも調べられる?/

 探偵学校カタログ

【連 載】

●ズバコレ! :セキュリティショー2006特集

●口コミ系アキバ新着情報:PSE法直前! ジャンク屋巡り ~アキバは今でも宝の山

●徹底使用リポート:ケンウッド「UBZ-BH47FR」

●長期使用リポート:本誌ライター陣による連載型リポ ~FT-60/IC-R5/IC-R20

●DJインタビュー:東海ラジオ他「mamiのRADIかるコミュニケーション」小森まなみ

●ラジオパラダイス:ラジパラ流あの人に会いたい ~石川よしひろ

●ラジオ受信ガイド:AMステレオ放送対応ラジオ・ソニー「SRF-A300」

●電話よろず活用術:他人の電話帳がメモリーされた新品端末!?

●お得ヘッドライン:話題のドリンク「ポーション」攻略法・開封前に中身を当てる!

●RL犯罪対策委員会:北朝鮮のニセタバコをゲットした!

●ビジュアル編集工房:独立U局の地デジを遠距離受信

●今井亮一の交通裁判ウォッチング:オービスに司法のメスが入る

●工作チャレンジ:事件が起きたらピカピカ光る・警察無線アラーム

●ヨコヤマが行く!

●和歌山ペディション

●モニター募集

●投稿ワールド

●投稿フォトグランプリ

●ラジオライフ消防車名鑑

●投稿虎の穴

●新製品ピックアップ

●イベントガイド

●投稿天国

●魂の雄叫び

●唐沢俊一の古今東西トンデモ事件簿

●新聞スクラップ

●未確認情報!

●モニターリポート

●受信教習所

●受信レッスンABC

●おもしろ無線情報局

●エアーバンドターミナル

●BCLスクエア

●盗聴24時

●盗聴発見日記

●コンサートワッチャーズ

●編集部からのお知らせ

●次号予告&編集後記

●×○リポート

●北朝鮮文化美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸庶民いろいんろ事情 文庫版

大江戸庶民いろいろ事情

2005年1月15日発行
著 者:石川英輔
発行者:野間佐和子
発行所:株式会社 講談社

ISBN:4-06-27498-5 C0195

目 次

江戸という時代

 江戸との出会い

 教科書の江戸時代

 元禄という時代

 香港と江戸
 
 江戸を見る

 外国崇拝大国
 
 江戸の中の近代

江戸の楽しみ

 江戸のファッション

 江戸庶民のおかず

 江戸のうなぎ屋

 遊芸にかけた江戸庶民

 江戸の出版事情

 拳の話

江戸の暮らし

 江戸川柳と結婚

 江戸の農地

 木戸の話

 無から有は生じない

 小判と猫とエネルギー

 昔のつくり酒屋

 『上水記』を読む ―――江戸の飲み水事情

言葉と江戸

 西郷銅像の碑文

 受け身形にこだわる

あとがき

挿絵の出典

文庫版へのあとがき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内田樹「街場のアメリカ論」

街場のアメリカ論

2005年10月31日発行
著 者:内田 樹
発行者:杉本 孝
発行所:NTT出版株式会社

ISBN:4-7571-4119-X C0095

目 次

まえがき―――自立と依存

第1章  歴史学と系譜学―――日米関係の話

第2章  ジャンクで何か問題でも?―――ファースト・フード

第3章  哀しみのスーパースター ―――アメリカン・コミック

第4章  上が変でも大丈夫―――アメリカの統治システム

第5章  成功の蹉跌―――戦争経験の話

第6章  子供嫌いの文化―――児童虐待の話

第7章  コピーキャッツ―――シリアル・キラーの話

第8章  アメリカン・ボディ―――アメリカ人の身体と性

第9章  福音の呪い―――キリスト教の話

第10章 メンバーズ・オンリー ―――社会関係資本の話

第11章 涙の訴訟社会―――裁判の話

あとがき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東野圭吾「あのころぼくらはアホでした」文庫版

あの頃ぼくらはアホでした

2003年6月7日発行
著 者:東野圭吾
発行者:谷山尚義
発行所:株式会社 集英社

ISBN:4-08-74875-7 C1095

目 次

何かが違う

やっぱり門は狭かった

あこがれの慶応ボーイやでぇ

あの頃ぼくらは巨匠だった

残飯製造工場

嗚呼、花の体育会系

芸のない奴、ゲロを出せ

似非理系人間の悲哀

恋に恋する合コン魔

恒例の儀式

アホは果てしなく

[特別対談]怪獣少年の逆襲
      金子修介 vs 東野圭吾

球技大会は命がけ

消えたクラスメイト

『したことある者、手え挙げてみい』

剃り込み入れてイエスタディ

ワルもふつうもそれなりに

油断もスキもない

つぶら屋のゴジラ

「ペギラごっこ」と「ジャミラやぞー」

俺のセブンを返せ

更衣室は秘密がいっぱい

幻の胡蝶蹴り

僕のことではない

読ませる楽しみ 読まされる苦しみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊アスキー 2006年4月4日

週刊アスキー

平成18年4月4日発行
第18巻 通巻582号
発行人:福岡 俊弘
編集人:福岡 俊弘
発行所:株式会社 アスキー

雑 誌:21101-4/4

CONTENTS

【今週のFocus】

 ドイツ・ハノーバーで“CeBIT 2006”が開催

 GeForceシリーズに新たに3チップが登場

 PS3発売は11月へ延期、PSP用PSエミュレーターも発表

[インタビュー]『サウンド・オブ・サンダー』フューチャー・デザイナー シド・ミード
 

【Focus Wide】

 三洋電機の増資に産業再生法を適用/

 USENがライブドアとの提携に名乗り/

 ライブドア株の上場廃止が決定/

 ’05年メーカー別国内PC出荷台数/

 イー・アクセスの携帯設置事案がエリクソンに決定/

 地デジ搭載PCでピクセラがPC市場に参入/

 外付けでHDDを増設できるHDDレコーダー/

 無線LAN搭載の自動販売機/

 クラリオンが企業名との統一ブランドで商品展開/

 任天堂の宮本氏が仏政府の勲章を授与/

 官房長官がWinny利用中止を求める声明/

 ’05年携帯電話シェア、松下が初のトップ/

 USEN、携帯向け無料動画配信を開始/

 モバイルSuicaに関する調査を実施/

 ビンテージ楽器がPSE法から除外される/

 ユニデンが東京ヤクルト公式パートナーに決定/

 女性の55.5%、“ネットはなくてはならないもの”/

 IPA、ウィルス対策緊急連絡網を整備/

 Winny自体を駆除するウィルス対策ソフトが登場/

 ウィルコムがSNS風のブログサービスを開始/

 Flashに脆弱性が発見される

売れ筋

今が旬のデジ・ワード

デジモノ発売日チェック

【連載小説 第9回】第二病棟の魔女/近藤史恵

AVパソコンやDVDレコーダーで撮りためたムービーをもち歩く!!
 超厳選PMPを買う!!

2キロ以下ならモバイルにもメインマシンにも使える!!
 [厳選]パワフルノート9機種

動画見放題! セキュリティーも万全! ブログは3GB!
 プロバイダーサービス活用ガイド

[USB2.0とくらべて速度が3倍!? RAIDもオーケー!]
 激速増設HDDを自作する!!

新世代 小型テレパソ、静音ゲームマシン、完全ファンレスPCも
 デスクトップCore Duo自作!!

新社会人も新入生もお父さんもお母さんも!!
 春らんまんのデジタル一眼レフ

【好評対談企画】

 進藤晶子の「え、それってどういうこと?」 

 第263回 エッセイスト パンツェッタ・ジローラモ

【COLUMN】

 いしかわじゅん       だってサルなんだもん

 スタパ斎藤         物欲番長

 山崎浩一          今週のデジゴト

 歌田明弘          仮想報道 サイトが高く売れる

【REGULAR】

 週アス女子部

 eNOVELS通信

 おたよりコーナー

 占いコーナー

 おカメラ大王
 
 WAM INFO

 パズル王国&次号予告

 
【REGULAR】

 ウィンドウズXP調査団       山田祥平

 花のエクセル学園          羽山 博

 多部未華子でPONG!

 東京トホホ会            金井哲夫&宇佐美月子

 週刊アキバ通信

 松井の辞典             松井英樹

 ランキング帝国

 Idol Site Pinup   原田まり

ロボットが作る未来

週アスバザール

【BEST BUY】

 キャノン IXY DIGITAL 800 IS/

 アップル MacBook Pro MA463J/A/

 ベンキュー FP93GX/

 キャノン PowerShot A430/

 メディアカイト ケロロ軍曹 ケロッとタイピング2であります!
 

【HARDWARE】

 ピクセラ PIX-DPO10-PWO/

 バッファロー GX-X16XT/E256/

 ロジクール V400 Laser Cordless Mouse for Notebooks/

 松下電器 DIGA DMR-EX 150/

 レノボ・ジャパン ThinkCentre A52 Small/

 ベンキュージャパン BenQ DW1650/

 ブリンストンテクノロジー PTFBJE-19/

 LG電子ジャパン LDR-H55/

 松下電器 SC-HT805W/

 プラネックスコミュニケーションズ BLW-H54CW-PK/

 ソニー ICD-U70/

 パソコン工房 Lesance CL515GN-Duo/

 エプソン P-4500

【SOFTWARE】

 富山富士通 検出名人 V1.0 Standard Edition/

 ソースネクスト Power2Go 5/

 イーフロンティア ウィルスキラー2006 北斗の拳/

 アイフォー RadioTracker Platinum for Windows/

 ソースネクスト ロゴット/

 フロントライン バックアップマスター6/

 ベガシス Movie to Portable

 
新着WEBサイト

WAM爆熱GAMES!!

週アス的趣味生活

DPフォトコン

OnlineSoft

WAM DVD

WAM BOOKS

ケータイが好き!

WAM Auto

旅三昧

ネットでお取り寄せ 

【コンピュータ使用レポート】パソコンが好きだ!!

 アドゴニー          VAIO type S VGN-S94PS

 サエキけんぞう        Podcast

 前川 泰之          Nespresso D90

 宮野 友彦          Mamiya ZD

 千葉 和也          VAIO type S VGN-SZ70B/B

   
【COMIC】

 電脳なをさん        唐沢なをき

 女子(秘)パソコン事情   青木光恵

 カオスだもんね       水口幸広

 ゲイツちゃん        桜玉吉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SPA! 2006年4月4日

SPA!
週刊スパ

2006年4月4日発行
第55巻 第16号
通巻2996号
編集人:秋尾弘史
発行人:佐藤俊彦
発行所:株式会社 扶桑社

雑 誌:23451-4/4

CONTENTS

【MONEY UP&DOWN】

 「一流企業→専業トレーダー」を待っていた大損以外の“不幸”とは?
 銭金だけでない、恋愛関係・健康状態etc.が激変した実例に学ぶ教訓

 株で人生“急降下&急上昇”白書

【SPECIAL REPORT】

 仕事に煮詰まり失踪男、寝過ごし遅刻常習犯、入社即二股不倫女……
 ダメ系男女のダメ部屋にカメラが侵入! 精神科医がチェック!!

 実録[ヘタレの部屋&ダメの食卓]を拝見

【PEOPLE】

●今週の顔

 永田寿春/西澤 孝/真木よう子/太田 在

●みうらじゅん×リリー・フランキーのグラビアン魂

 花井美里

●エッジな人々

 高須克弥×西原理恵子 激論「ブスの壁」&美の基準

【LIFE STYLE】

●カルチャー大学批評学部

 [インタビュー]ハリソン・フォード/

 トピックス/映 画/DVD/ブック&コミック/音 楽/ステージ&アート/スポーツ

SPA! AUTO CLUB SPECIAL

SUPER AGURI FORMURA1S
佐藤琢磨 & 井出有治インタビュー

【MEDICAL CHECK】

 アルツハイマー病、ピック病、脳血管性認知症、鬱の仮性痴呆etc.
 「良性/悪性」の見極めポイントから予防法までを徹底調査

 20~30代[若年性もの忘れ]の恐怖

【SPA! BUSINESS PLUS】

 JAL・日経新聞・エイベックス…… 世間を騒がせた
 企業内紛劇の内幕を、社員・関係者がこっそり証言

 これが[社内紛争]の舞台裏だ!!


【ZOOM UP】
 
 六本木ほか意外な場所にも軍事施設を提供のうえ、有事には
 民間施設も転用可 ―――基地移転では莫大な費用負担を求められ……

 米軍再編[メイド国家ニッポン]のトホホな現実


【SPA! RESEARCH】

 トイレで発生した珍事、雑誌コーナーで客がしていたヘンなこと、
 店長が繰り返す秘密の犯罪とは??? 驚愕エピソードが大集合

 [コンビニ劇場]とんでも(秘)報告

【SPECIAL GUIDE】

[超保存版]
 
 この春、モテなかった流れはコレで一変!

 新生活始動
 さらば! [非モテ系]宣言

【SPECIAL】

 株投資入門マンガ外国株編(4)
 「借金200万円、株で完済できるかな」

 カンニング竹山と考える
 大阪人はなぜ[振り込め詐欺]に引っかからないのか?(5)

【NEW MEDIA】

●デジクラ
 TREND/NEW PRODUCTS/GAME/GAME CENTER

【COLUMN】

 ニュースバカ一代/勝谷誠彦

 これは事件だ/神足裕司

 にあいこ≒るリアル/江川達也

 寝言サイズの断末魔/松尾スズキ

 恋愛の利回り/フェルディナント・ヤマグチ

 株[福音]週報/三村雄太

 板谷番付/ゲッツ板谷

 空想科学的“生活向上委員会”/柳田理科雄

 ドン・キホーテのピアス/鴻上尚史

 東京ペログリ日記リターンズ/田中康夫

 
【COMIC】

 うああ心理学入悶/須賀原洋行

 だめんず・うぉ~か~/倉田真由美

 ニッポンの未明/さかもと未明

【REGULAR】

 ニュースコンビニエンス

 タイツくん「男のたしなみ通信講座」

 バカはサイレンで泣く

 マンガ極道きわめみち/岩井 道

 おちまさとプロデュース「社長の腹」

 これでいいのだ!/坪内祐三&福田和也

 SPA! 初mono研究所

 エーガ界に捧ぐ/中原昌也

 美女タレント発掘プロジェクト「どるばこ」

 キャバクラ考現学/木村和久

 SPA! MARKET

 SPA! 読者プレゼント

 次号予告

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(最新)オンラインショップの法律Q&A 

(最新)オンラインショップの法律Q&A (1)

2006年1月10日発行
著 者:影山博英・堀木由紀
発行者:小泉定裕
発行所:株式会社 清文社

ISBN 4-433-25265-4 C2034

●目 次

一 ショッピングサイト構築編

 1 知的財産権による制約と保護

 Q1  著作物の無断掲載

     オンラインショップの画面に版画を掲載したいと思います。
     購入した版画をスキャナーで読み込んで複製する行為は、著作権の侵害になりますか。

 Q2  著作物無断掲載の効果

     他人の著作物を無断でオンラインショップの画面に掲載する行為は、著作権との関係で、
     どのような意味を持つのでしょうか。

 Q3  著作物の一部の使用
  
     小説の中から気に入った部分を抜き出し、オンラインショップの宣伝文句に組み込んで
     使用したいと思いますが、著作権侵害になるのでしょうか。

 Q4  外国写真家の写真の掲載

     外国の写真家が撮影した写真をオンラインショップの画面に掲載すると、著作権の侵害に   
     なりますか。

 Q5  「引用」として許される可能性

     「引用」であれば著作権侵害にならないと聞きました。他人の著作物をオンラインショップの
      画面のごく一部に使うだけであれば「引用」として許されませんか。

 Q6  著作者人格権を侵害する行為

     オンラインショップの画面を作成するにあたって、著作者人格権の侵害となる行為としては、
     どのようなものが考えられますか。

 Q7  著作権・著作者人格権侵害の効果

     著作権・著作者人格権を侵害すると、どのような問題を生じますか。

 Q8  著作権・著作者人格権侵害訴訟の特則

     著作権・著作者人格権侵害を理由とする損害賠償請求訴訟において認められる特則とは、
     どのようなものですか。

  
 Q9  リンクの問題点

     他社のウェブサイトにリンクを張ると、著作権・著作者人格権の侵害になりますか。

 Q10 キャラクターの掲載

     漫画やアニメのキャラクターをオンラインショップの画面に掲載するには著作権者の許諾を
     得る必要がありますか。

 
 Q11 肖像・氏名の使用

     有名人の肖像(写真・似顔絵)や氏名をオンラインショップの広告に無断で使用することは
     許されますか。無名の一般人であればどうですか。

 Q12 録音された演奏の使用

     作詞者・作曲者等、楽曲の著作権者の許諾を得れば、録音された演奏をウェブサイト上で使用
     することができますか。

 Q13 自ら撮影した自然景観・建築物の掲載

     自然景観・建築物を自分で写真撮影し、オンラインショップの画面に掲載することは著作権の
     侵害になりませんか。

 
 Q14 自ら撮影した展示美術品の掲載

     展示されている美術品を自分で写真撮影し、オンラインショップの画面に掲載することは著作権の
     侵害になりませんか。

 Q15 自ら撮影した市販の工業製品の掲載

     市販されている工業製品を自分で撮影し、オンラインショップの画面に掲載することは意匠権の
     侵害になりませんか。

 
 Q16 被写体所有者による掲載許可の要否

     自分で撮影した物の写真をオンラインショップの画面に掲載するためには、被写体である物の
     所有者の承諾を得る必要がありますか。

 Q17 登録商標を含む画像の掲載

     登録商標の表示を含む商品の画像をメーカー(商標権者)に無断で掲載すると商標権の侵害になりますか。

 
 Q18 他人の商標と類似したドメインの使用

     他人の商標と類似したドメイン名を使用しても問題ないでしょうか。

 Q19 外国商標権の侵害を避ける方法

     外国の商標権を知らずに侵害してしまう危険を避ける方法がありますか。

 Q20 オンラインショップのビジネスモデル特許

     オンラインショップのビジネスモデルについて特許を取ることは可能ですか。

 2 広告についての規制

 Q21 特定商取引法の適用の有無

     オンラインショップにおける取引は、特定商取引法の適用を受けますか。

 
 Q22 特定商取引上の表示義務事項

     オンラインショップにおける広告について、特定商取引法上、表示が義務づけられている事項がありますか。

 
 Q23 特定商取引法上の禁止事項

     オンラインショップにおける広告について、特定商取引法上、どのような禁止事項がありますか。

 
 Q24 電子メールで広告するとき

     オンラインショッピングについて電子メールで広告する場合には、どのようなことを表示
     しなければならないのですか。 

 Q25 特定電子メールとは

     特定電子メールとはどのようなものですか。また、どのような法律上の規制を受けるのでしょうか。

 Q26 販売価格の表示

     ホームページや電子メールの広告において、商品の販売価格はどのように表示する必要がありますか。

 
 Q27 返品特約の表示義務

     ホームページ上の広告や電子メールによる広告において、商品の返品に関する特約は表示を義務づけ
     られていますか。また、表示する際、どのような点に気をつけなければなりませんか。

 Q28 表示事項の省略

     オンラインショッピングについてインターネット上や電子メールで広告する場合、法律上定められた
     表示事項の省略が認められることがありますか。

 Q29 未承諾電子メールの送付

     電子メールによる広告は、消費者の承諾なしに送ることが禁止されているのですか。

 
 Q30 景品表示法上の規制

     消費者向けオンラインショッピングについてインターネット上や電子メールで広告する場合、景品表示
     法上どのような規制を受けますか。

 Q31 不当表示の処理手続き

     オンラインショッピングについての広告が景品法上の不当表示にあたるかどうかは、どのような手続きで
     判断され、どのような処分がなされるのでしょうか。

 Q32 商品・サービス内容の不当表示

     インターネット上や電子メールで、商品サービスの内容・取引条件について表示する場合、景品表示法上の
     不当表示とならないためには、具体的にどのような点に留意すればよいでしょうか。

 Q33 表示方法についての留意点

     消費者向けオンラインショッピングにおいてインターネット上や電子メールで広告をする場合、景品表示法上の
     不当表示とならないために、表示方法について、特に留意すべき点がありますか。

 
 Q34 情報提供サービスについての広告

     インターネット上で、情報提供サービスについての広告をする場合、景品表示法上どのような点に留意する
     必要がありますか。

 Q35 接続サービスについての広告

     光ファイバーやADSLなどのインターネット接続サービスについて広告する場合、景品表示法上どのような
     点に留意する必要がありますか。

 Q36 二重価格表示

     オンラインショッピングについて、ウェブページ上で「二重価格表示」をする場合、景品表示法上どのような
     点に留意しなければなりませんか。

 Q37 割引率・割引額の表示

     オンラインショッピングについて、割引率や割引額を表示する場合、景品表示法上どのような点に留意しなければ
     なりませんか。

  
 Q38 景品の提供又は懸賞

     ネット上で、消費者に対して景品を提供し又は懸賞を行う場合、どのような規制を受けるのでしょうか。

 
 Q39 他社の広告を掲載するとき

     自社のホームページ上に他社の広告を掲載する場合、その他社の広告の内容について、真実かどうか調査する
     必要がありますか。

 3 その他画面設定についての規制

 Q40 注文画面の設定に関する注意点

     オンラインショップの画面設定に関し、広告に関する事柄以外で特定商取引法14条に基づく行政処分の
     対象となるのは、どのような場合ですか。

 Q41 画面設定と個人情報

     顧客に申込みやアンケートなどを記入してもらう画面の設定で、個人情報保護法との関係で注意すべきことは
     何でしょうか。

Ⅱ 営業編

 1 オンラインショッピングの契約法

 Q42 契約の成立時期

     オンラインショッピングでは、契約はいつ成立したことになるのでしょうか。

 Q43 電子承諾通知の到達時期

     電子的方法による承諾の通知は、いつ到達したことになるのでしょうか。

 
 Q44 承諾通知の要否

     消費者から注文を受けたオンラインショップは、注文に応じるか否かの通知をしなければなりませんか。

 
 Q45 通知をしない場合の契約の成立時期
   
     通知をしない場合、契約はいつ成立したことになりますか。

 Q46 理由のないキャンセル

     注文を受けた後でキャンセルの通知があった場合、特に理由がなくてもキャンセルに応じなければなりませんか。

 
 Q47 消費者契約法に基づくキャンセル

     オンラインショップの注文を、消費者が消費者契約法に基づいてキャンセルすることができるのはどのような場合ですか。

 Q48 操作ミスを理由とするキャンセル

     消費者がオンラインショップで操作ミスによって注文してしまった場合、その注文をキャンセルすることはできますか。

 Q49 錯誤によるキャンセルの防止策

     消費者の錯誤無効の主張によるキャンセルを防ぐために、オンラインショップはどのような対策をとればよいでしょうか。

 Q50 未成年を理由とするキャンセル

     注文者が未成年であることを理由として、注文が取り消されることがありえますか。

  
 Q51 他人の名義が使われた注文

     注文が他人の名前を無断で使ってされたものであった場合、オンラインショップは顧客(名前を使われた本人)に
     代金を請求することができますか。

 Q52 他人のカード情報が使われた注文

     クレジットカード決済による注文が他人のカード情報を使ってされたものであった場合、オンラインショップは
     信販会社から支払いを受けた立替払金の返還を求められることになりますか。

 2 利用規約の効力とその限界

 Q53 利用規約の必要性

     利用規約を定めることは必要ですか。

 Q54 利用規約の表示方法

     利用規約は、どのようにすれば組み込まれることになりますか。

 
 Q55 利用規約に定めるべき事項

     一般的に利用規約に定めておいた方がよい事項としては、どのようなことがありますか。

 
 Q56 賠償責任の免除・制限(1)

     利用規約で、オンラインショップの債務不履行責任又は不法行為責任を免除し、又は制限することはできますか。

 Q57 賠償責任の免除・制限(2)

     利用規約の定めにより、通信トラブルによる一切の損害について賠償責任を負わないものとすることはできますか。 

  
 Q58 賠償額の予定

     利用規約で、契約が解除されたときや代金の支払が遅滞したときに、顧客が支払う損害賠償額をあらかじめ決めておく
     ことはできますか。

 Q59 瑕疵担保責任の免除・制限

     利用規約で、オンラインショップの瑕疵担保責任を免除し、又は制限することはできますか。

 Q60 一方的不利益条項の無効

     利用規約の条項が消費者契約法10条によって無効とされるのは、どのような場合ですか。

 Q61 管轄裁判所の指定

     利用規約で管轄裁判所を指定することができますか。

 Q62 準拠法・国際裁判管轄の限定

     利用規約で準拠法を日本法に限定し、国際裁判管轄を日本に限定することができますか。

  
 Q63 国際裁判管轄限定の意義

     日本の裁判所に訴えを提起するケースを想定した場合、利用規約で準拠法を日本法とし、国際裁判管轄を日本とする
     規定を設けることには意義がありますか。

 3 業種・業態別の法律問題

 Q64 求人・求職情報の提供

     ホームページ上で求人情報・求職者情報を提供する場合、職業安定法上の規制を受けますか。

 
 Q65 医薬品の販売

     オンラインショップで医薬品を販売することができますか。

 Q66 酒類の販売

     オンラインショップでお酒を販売することができますか。

 Q67 中古品の販売

     オンラインショップで中古品を販売することができますか。

  
 Q68 賃貸マンションの情報提供

     インターネット上で賃貸マンションの情報提供を行うことができますか。

 
 Q69 アダルトサイト

     インターネット上で、アダルトサイトを開設する場合、どのような法律上の規制がありますか。

 Q70 サイバーモールへの出店契約

     サイバーモール運営者と出店者とは、どのような法律関係に立ちますか。

 Q71 サイバーモール運営者への賠償請求

     サイバーモールで購入した商品に欠陥があった場合、サイバーモール運営者に対して、損害賠償請求を
     することができますか。

 Q72 インターネット・オークションとは

     インターネット・オークションとは、どのようなものですか。

 
 Q73 オークションでの契約の成立時期

     インターネット・オークションでは、売買契約はいつ成立するのでしょうか。

 
 Q74 オークションの利用者間トラブル  
 
     インターネット・オークションの利用者間にトラブルが生じた場合、オークション事業者は、何らかの
     責任を負うのでしょうか。

 
 Q75 「ノークレーム・ノーリターン」特約

     インターネット・オークションにおいて、出品者が「ノークレーム・ノーリターンでお願いします。」と
     表示している場合、落札者は一切商品についてクレームを言うことができないのでしょうか。

 Q76 オークションにおける個人販売と特定商取引

     インターネット・オークションを通じて、個人が商品を販売する場合でも、特定商取引法の規制を受ける場合が
     ありますか。

 Q77 オークション事業者と古物営業法

     インターネット・オークション事業者は、オークション運営にあたり、古物商又は古物市場主としての許可を
     受けることが必要でしょうか。

三 紛争の回避と処理編

 1 個人情報の保護

 Q78 個人情報とは

     顧客のメールアドレスやオンラインショップへのアクセスログは、個人情報保護法によって保護される「個人情報」
     に含まれるでしょうか。

 Q79 個人情報取扱事業者とは

     個人情報保護法第4章「個人情報取扱事業者の義務等」の規定が適用されるのは、どのような事業者でしょうか。

 Q80 個人情報取得時の注意点(1)

     個人情報取扱事業者に該当する場合、個人情報保護の取得にあたって、取得方法については、どのような注意が
     必要でしょうか。

 Q81 個人情報取得時の注意点(2)

     個人情報取扱事業者に該当する場合、個人情報の取得にあたって、利用目的については、どのような注意が必要でしょうか。

 Q82 個人情報利用時の注意点(1)

     個人情報取扱事業者に該当する場合、個人情報の利用にあたって、どのような注意が必要でしょうか。

 
 Q83 個人情報利用時の注意点(2)

     本人の同意が必要とされる第三者提供の「第三者」とは、どのような立場の者をいうのでしょうか。

 Q84 個人情報の開示請求

     本人から個人情報の開示を求められたときには、開示に応じなければなりませんか。

 Q85 個人情報の訂正請求

     本人から事実に反するという理由で個人情報の訂正等を求められたときには、訂正等を行わなければなりませんか。

 Q86 違法な個人情報取得・利用による責任

     個人情報の取得や利用にあたって不適切な行為があった場合、どのような責任を問われることになるのでしょうか。

 Q87 個人情報保護法の適用がない場合

     個人情報保護法の適用されない事業者は、個人情報の取扱いに注意をする必要はないのでしょうか。

 2 紛争の処理

 Q88 売買代金の回収方法

     オンラインショッピングに基づく売買代金を買主に請求しましたが、買主が支払ってくれません。
     どのようにして、売買代金を回収すればよいでしょうか。

 
 Q89 売買代金回収の簡易な法的手続き

     オンラインショッピングに基づく売買代金を買主に請求しようと思いますが、簡便な法的手続はありませんか。

 Q90 デジタルデータによる立証の問題点

     オンラインショッピングをめぐる訴訟で、取引の証拠がデジタルデータしかありませんが、取引の事実を
     証明することができるでしょうか。

 
 3 国際紛争とその回避

 Q91 外国で起こされる裁判

     海外からの注文についてトラブルを生じ、外国の裁判所に訴えが提起された場合、裁判所では、どのような
     取扱いがなされますか。

 Q92 日本で起こす裁判

     海外の顧客との間のトラブルについて、どのような場合であれば、日本の裁判所に訴えを提起することができますか。

 Q93 日本法による裁判を受ける方法

     海外の顧客との間のトラブルについて、日本の裁判所で裁判できるときに日本の法律に基づいて裁判をして
     もらえるようにするためには、どのような手当が必要ですか。

 Q94 国際的なトラブルの回避方法

     国際的なトラブルをできる限り回避する手段として、どのようなことが考えられますか。

【資料編】

[資料(1)] 特定商取引に関する法律(抄)

[資料(2)] 特定商取引に関する法律施行令(抄)

[資料(3)] 特定商取引に関する法律施行規則(抄)

[資料(4)] 特定電子メールの送信の適正化等に関する法律

[資料(5)] 不当景品類及び不当表示防止法

[資料(6)] 電子消費契約及び電子承諾通知に関する民法の特例に関する法律 

[資料(7)] 消費者契約法     

[資料(8)] 個人情報の保護に関する法律

[資料(9)] 消費者向け電子商取引における表示についての景品表示法上の問題点と留意事項(公正取引委員会)

[資料(10)]インターネット通販における「意に反して契約の申込みをさせようとする行為」に係るガイドライン(経済産業省)

●索 引

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

6月24日 土曜日 結婚式と法と精神医療研究会

6月24日 土曜日

昼間は結婚式に出席。2歳の長男がはしりまわってまいった。

  晩は第20回岡山・法と精神医療研究会に参加。

テーマは成年後見制度の言及で

1 成年後見制度の運用の現況と課題

  岡山家庭裁判所調査官

2 成年後見制度鑑定書の検討2件

  医師による報告

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

商事留置権消滅請求制度及び基本書の寿命

商事留置権消滅請求制度及び基本書の寿命

                              弁護士 岡本 

1 法律学習法の変遷――基本書は古本でまかなえるか

2 商事留置権消滅請求制度

3 商事留置権と民事留置権

1 法律学習法の変遷――基本書は古本でまかなえるか

哲学の世界だと「100年は最近といいます」というひとがいる。筆者が大学で法律の勉強をはじめた1980年代はじめのころだと刑法の世界では「10年は最近といいます」、というようなことが言われていた。昭和50年代だと税法・経済法などを除くと基本法といえる六法(憲法・民法・商法・刑法・民事訴訟法・刑事訴訟法)について改正はほんとに頻度がすくなく、少々(とはいっても限度はあるが)古い本でも学習用にさしつかえなかった。基本書を古本でそろえる、というのは筆者の世代くらいまではあったと思う。(改訂版がなかなかでない我妻栄「物権法」岩波書店などは昭和50年代ではプレミアがついていた)よく動くという商法の一分野の会社法でも昭和49年改正の次が昭和56年改正であった。昭和50年代の京都大学法学部で教科書指定されたもののなかでもっとも古いものだと大隅健一郎先生の手形法があったが、これは戦前の初版だったと記憶している。商法総則や商行為法は会社法に対比して古い本が使える分野だとされていた。なお、こんな古い本をつかうせいか、京都大学の現代国語の入試問題は擬古文がよくでるという噂もあった。

現在は民事法刑事法とも毎年のように改訂があり、憲法以外は毎年毎年変更している気がしている。商事法分野では会社法改正が頻繁であるが、そのあおりか商法総則もかわった。商行為法はいちおう残っているようである。ただし、条文がのこっていても関係する制度がかわっていてしまい、商法総則や商行為法の分野でも教科書の改訂は必要とされるが、これは平成17年改正がフォローできればいいだろう。会社法とかはもう、年がかわるたびに買い直したほうが無難になってきた。昭和50年代の「リーガルマンドへの挑戦」有斐閣では法律初学者が司法試験挑戦のため古本屋で基本書を買うはなしがでてくる。大学生が教科書をそろえるとして、1年先輩の本の譲り受けは現在でも有効だろうが、卒業する2~3年先輩の本だと時代遅れになりそうだし、古本で基本書をまかなうというのは、よほど新刊がはやく古本屋に出回らない限り、現在では無理があろう。

2 商事留置権消滅請求制度

あまりかわらない商行為法のなかでもほかの法律の改正の影響をうけている例として、商事留置権がある。平成17年改正でも条文の番号は条文の表現等がかわったので教科書は改正に対応したものが望ましいことになる。

平成16年に改正された破産法は、担保権消滅許可制度と商事留置権消滅許可制度(192条)を創設した。商事留置権も担保権の一種なのに、一般の担保権消滅制度とわけて制度がつくられたのは、活用される場面が異なるからである。一般の担保権消滅制度は破産財団に属する財産について担保権が債権者から付されている場合に、任意売却促進のために利用される。対象物件は売却されることが前提となっている。担保権者は消滅請求への対抗として担保権実効の申立あるいは買い受け申立ができる。いずれにしても該当物件は破産財団からなくなっていく。

これに対して商事留置権消滅請求制度は、裁判所の許可のもとで、破産者の事業を継続する場合その他当該財産の回復が破産財団の価値の維持または増加に資する場合に、商事留置権が対抗されてしまうときに、当該商事留置権を消滅させるための制度である。対象物件は破産財団に取り戻すことが前提となっている。

対象物件については財産価値決定以外に有用性等についての配慮をすることが裁判所・破産管財人に求められる。

改正以前は、商事留置権は法定担保物権であり、破産法上は特別の先取特権とみなされ(破産法66条1項)、商事留置権者は別除権者として、そのもとにある担保目的物件について競売権及び優先弁済権を有し、破産手続の制約をうけることなく、担保権本来の実行方法にしたがって換価することができた。日本法上の商事留置権には、代理商の留置権(商法51条)(ただし、平成17年改正でこの条文は削除された)、商人間の留置権(商法521条)、問屋・準問屋の留置権(商法557条・558条)、運送取扱人の留置権(商法562条)、物品運送人の留置権(商法589条・562条、船長の留置権(商法753条2項)、国際海上物品運送における運送人の留置権(国際海運法20条1項、商法589条・562条)がある。物権については所在地法が適用されるので(法例10条――これも平成18年度改正で律令制度以来の伝統ある「法例」という名称がなくなることになった)、日本に所在される物件については日本法が適用される。

従来は清算型の倒産処理が原則とされたため、破産手続の外において手続の円滑な処理を図ろうとしていた。しかし、清算型倒産処理においても、事業の継続がおこなわれる場合があり、その場合に商事留置権の対象物件をうけもどす必要が生じる。

具体的に実務上もっとも問題となったのは倉敷料・保管料債権の担保として倉庫に預けた原材料・未加工品位などである。事業が継続される場合には、これらの原材料や未加工品を完成させて商品化することにより、収益をあげることができ、破産財団の価値の維持または増加がはかられることが可能になる。また、担保目的財産となっている財産を含めて一体として事業を譲渡するほうが破産財団の充実の観点からより好ましい場合もありうる。

ところが、担保割れ状態であっても「担保権の不可分性」により担保権者の債権全額を弁済しなければ担保権は消滅せず、破産管財人としては不利な交渉をせざるをえなかった。商事留置権消滅請求制度の創設により、財産評価額を弁済することにより当該財産上の商事留置権を消滅させることが可能になった。もっとも、商事留置権における不可分性自体も問題としてもよかったのかもしれないが、今回はそこまでの徹底はなかったようである。被担保債権の範囲としておさえている物件の価格の限度しか要求できなくなったのであれば、物件と債権の満足が関連したことになり、民事留置権と似てきたともいえる。

なお、法改正以前の問題として商事留置権と破産との関係について破産によって留置的効力は消滅するのか否かという議論があったが、改正法は留置的効力が存続するという立場になじみやすいようである。消滅説からは、解釈がわかれることを防止し、より強力存続説をも封じ込めたにすぎないとも言える。最高裁平成10年7月14日判決は留置的効力存続説になじみやすいが、この判決は動産不動産はともかくとして、不動産の商事留置権については射程外の判決として理解されている。

ともかく、破産法改正によって、必要がある場合には破産管財人は裁判所の許可のもとで商事留置権の消滅を申し立てることによって当該物件の受戻請求をすることが可能になった。

商行為法・商法総則の教科書は平成16年の破産法改正でも平成17年の商法改正でも修正箇所があることになる。

破産法の教科書は、商法の平成17年改正をうけて書き換えなければならないことにる。

3 商事留置権と民事留置権

商事留置権に対応するものに民事留置権があるが、民事留置権は破産によってその効力を失うものとされている(破産法66条1項)。改正破産法でも特に手当てがされているものではない。立法担当者からすればいろいろと手当てをしたいところであったが、一種の時間切れにおわったらしい。民事留置権については破産法改正で特に影響を受けず、教科書としてはこの点に関しては古いものがそのまま使えることになった。

参考文献 小林秀之編「Q&A倒産法改正と民事法の実務」新日本法規・2005年・131頁以下(執筆者 原強)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高金利引き下げ市民集会 6月24日 大阪

「高金利引下げ市民集会」
日時:6月24日(土)12:30~16:30
場所:クレオ大阪北(大阪市東淀川区淡路一丁目4番21号)
(阪急京都線、千里線淡路駅、東出口から南東徒歩10分)
  http://www.creo-osaka.or.jp/north/index.html
集会内容:
 講演:アイフル対策全国会議事務局長辰巳裕規弁護士が語る「アイフルの違法営業と被害の実態」
 特別講演:金利引下げをめぐる最新情勢報告
 リレー報告: (1) 八尾ヤミ金心中事件3周年
         (2) 自営業者の多重債務被害実態報告
         (3) ホームレス体験者が語る被害実態
         (4) 多重債務者の被害実態と社会問題
         (5) 被害者による多重債務救済報告
         (6) 地方議会請願状況報告・その他

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

6月16日 金曜日

  6月16日 金曜日

  委員会1件 来客3件

夜はネット麻雀2半荘  2位と4位でさえない。

  岡山駅前ラーメン「丈」の特製塩ラーメンをストレートで食べる。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

おかやま経済同友 2006年1月

おかやま経済同友

2006年1月31日発行

発行所:社団法人岡山経済同友会総務・広報委員会

No.425

目 次

新年祝賀互礼会

 あいさつ要約

委員会活動

法務研修会

教育フォーラム

 基調講演要約

 パネルディスカッション要約

鳥取県経済同友会と交流会

随想 わたしの岡山

 監査法人 トーマツ岡山事務所業務執行代表役員・公認会計士 梶浦 和人氏

おかやま経済話題

 社団法人共同通信社 岡山支局長 上野 繁氏

新入会員・交代会員

会活動の記録

編集後記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊朝日2006年3月10日

週刊朝日

2006年3月10日発行

第111巻 第11号 

通巻4737号 

編集長・発行人:青木康晋

発行所:朝日新聞社

雑 誌:20082-3/10

目 次

 

[国会堀江メール騒動]「疑惑口座」を本誌が独自調査

 

 ネタ元フリー記者の情報源と「疑惑口座」と凄腕ハッカー

 皇太子さま46歳の試練 誕生日会見で見せた「たった一人の戦い」

 1996~2006 あれから何が変わったのか

 [「証言」で綴る10年前の事件、出来事、ブーム……]

 ライブドアの前身「オン・ザ・エッヂ」設立当時からあった社員の「不正」 [堀江貴文]/

 ペルー人質事件を解決に導いた妻からの暗号メッセージ [青木盛久]/

 私に引退撤回を決意させた長嶋巨人の「メークドラマ」[川口和久]/

 コギャルが生み出した流行語「チョベリバ」の短かった寿命 [金田一秀穂]/

 健康志向のさきがけココアブームに火をつけた「私の一言」 [泉谷希光]/

 「文藝春秋」が後押しした鳩山由紀夫の「排除の論理」 [武村正義]/

 HIV訴訟の「和解」でも晴れなかった疑惑の行為 [川田龍平]/

 援助交際ブームの後に訪れた女子高生たちの「希薄」 [宮台真司]/

 司馬遼太郎が教えてくれた台湾総統選の李登輝の「本気」 [金 美齢]/

 “過激”な反戦地主が「象の檻」で歌った「祝いの歌」 [知花昌一]/

 戦後初の自衛艦韓国訪問前夜に手渡された30センチの想定問答集 [山田道雄]/

 産廃処分場問題で襲われた岐阜・御嵩町長 [柳川喜郎]/

 初の小選挙区制選挙で困った有名政治評論家 [福岡政行]/

 全斗煥元大統領に死刑判決 韓国の血塗られた歴史と「常識」 [呉 善花]/

 フォード傘下でこだわり続けたマツダのロータリー魂 [宮本喜一]/

 警察、報道被害で口を閉ざした桶川ストーカー事件被害者の父親 [鳥越俊太郎]/

 O-157騒動で品薄 探し回って手に入れたあの「カイワレ大根」 [菅 直人]/

 0年を経て和解した水俣病訴訟が伝えた「教訓」 [宇井 純]/

 DVD発売に生かされたビデオの「規格戦争」 [島津 彰]/

 「日本の構造」を象徴する泉井事件、厚生省汚職事件 [室伏哲郎]/

 

 海洋調査船同乗ルポ 古代からの謎 天然ウナギの産卵場を発見!

[速 報:大学合格者高校ランキング(2)]

 徹底追及 第3弾! [異常匿名社会の「正体」]あの鈴木宗男議員も「悪法」と断罪

 個人情報保護法「改正」で自公が狙う内部告発封じ

 非転向の「北のスパイ」描いた韓国ドキュメンタリー映画

 「送還日記」にあの国際指名手配辛光洙が「影の助演」

【News Browsing】

 クーデター「相打ち決着」でも続くJALの“ダッチロール”/

 学習塾殺人事件の遺族が明かした萩野被告「ストーカー」行為の全貌/

 レイザーラモンHGと互角に戦った小学生ピン芸人「肉球」って誰だ?【News Browsing】

 プログで話題の「実現男」が手掛ける政界ニュービジネス/

 孤高の詩人・茨木のり子が心を寄せた「親友」の名前

 [梨元 勝@芸能界]急浮上した「岩崎宏美再婚説」きっかけは男性タレントの……

[カラー連載]週刊 司馬遼太郎 松陰のこころ

【グラビア】

 焦 点 ―――落語、紙切り、太神楽 写真=橘 蓮二

 

 シャングリ・ラ

 

 カシミールの冬 写真=渋谷敦志

 岩崎元郎が選ぶ 新日本百名山 磐梯山[福島県]

●ドン小西のイケてるファッションチェック

●縁あって父娘

●とりよせ便

●男の時間

●山藤章二の似顔絵塾

●お散歩レストラン

●山藤章二のブラック・アングル

【小 説】

 久間十義    命兆候(バイタル サイン)あり

 平 安寿子   あなたがパラダイス

【インタビュー】

 林真理子    ゲスト 渡辺淳一

 

【エッセー】

 田原 総一朗       ギロン堂

 船橋 洋一        世界ブリーフィング

 東海林さだお       あれも食いたいこれも食いたい

 内館 牧子        暖簾にひじ鉄

 小倉千代子        テレビガイド液晶未満

 長良じゅん・岩切 徹   人生(是)浪花節

 嵐山光三郎        コンセント抜いたか!

 倉田真由美     (ほ)やじ日記

[武部 勤]

【コラム】

 つぼさがし

 犬ばか猫ばかペットばか

 山崎 元のマネー&人生ホンネ相談室

 

【スポーツ】

 セルジオ越後    サッカーの神髄

 栗山 英樹     ベースボール・スタディ

 

週刊図書館

[書 評]

 『どうで死ぬ身の一踊り』………清水良典

 『シェイクスピアのタバコ 紫煙とイギリス・ルネサンス』………小谷野 敦

 

 ひと[群ようこ]/

 Books Browsing/

 愛でたい文庫 [温水ゆかり]/

 ニュースな本 [永江 朗]/

 新書の穴 [青木るえか]/

 文芸予報 [斎藤美奈子]/

 読書日和 [橋本 岳]

パズル DE 脳力測定

【カラー連載】

 ワタナベ・コウ   街角コレクション

 鎌田 實      がんばらないけどあきらめない

 下野康史      通といえばCAR

 

 週刊 築地座

●会見ウオッチinterview [南海キャンディーズ]

●映 画[ブロークバック・マウンテン] 江上 剛

●井筒和幸のイケるんちゃう?

●増井 修のロック不健康診断

夫婦の情景

 百田光雄・保恵 夫妻

【医 療】

 名医の最新治療

 椎間板ヘルニア

【まんが】「パパはなんだかわからない」山科けいすけ

今週の将棋   秋山賢司

表紙番日記/お便りクラブ/編集部発

| | コメント (0) | トラックバック (1)

受験新報2006年3月

受験新報 4月号

二〇〇六年四月一日発行

第五六巻 第四号

通巻六六二号

編集者:田中純子

発行者:北原暁彦

発行所:株式会社 法学書院

雑 誌:05147-04

CONTENTS

 これから司法を志す方へ <巻頭言>  ………高木佳子

 受験新報と私 <一枚の写真から> ………増井清彦

【特集1】

 2006年司法試験・新司法試験択一対策 

 憲法最新判例カード

   判例からの出題が多い憲法において、試験直前期の見直しに役立つ判例をカード形式で掲載。

   出題が予想される最新判例をピックアップし、事案と判旨を簡潔にまとめた。

【特集2】

 2006年択一対策

 択一合格カレンダー

 

   激戦が予想される択一試験を目前にした2ヵ月間(3月14日~5月13日)の学習プランを具体的に提示。

   憲法・民法では受験生があいまいにしている可能性がある分野を中心に、刑法では予想論点をピックアップした。

【特別企画】

 2007年度の受験生へ 志望校のえらび方

   ―――平成18年度LS合格者覆面座談会 

 

   4月入学予定のロースクール合格者が志望校選択のコツ、ステートメントの書き方、適性試験、各受験校法律科目対策を語る。

 独立当事者参加の構造 <プチゼミ民事訴訟法> ………小林秀之

 取消訴訟の訴訟要件:処分性 <ポイントアウト行政法> ………渡井理佳子

 刑事訴訟法 <速習マスター講義 > ………板橋喜彦

■研究者の視点 最新重要判例解説

 農作物共済当然加入性と職業の自由

 (最三小判 平17・4・26) <憲 法> 小山 剛

 会社の絵画購入担当者の特別背任行為につき絵画の売主が共同正犯とされた事例

 (最決 平17・10・7) <刑 法> 十河太朗

 刑事弁護人の誠実義務

 (最三小決 平17・11・29) <刑事訴訟法> 上田信太郎

■誌上答案練習会 ≪3月号≫ 出題問題と解説 

 [Aコース]憲法 民法 刑法

 [Bコース]憲法 民法 商法 刑法 民事訴訟法 刑事訴訟法

 [Cコース]憲法 民法 商法 刑法 民事訴訟法 刑事訴訟法

 中央大学真法会司法試験誌上答案練習会へのご案内………広告ページ

 中央大学真法会司法試験誌上答案練習会 ≪4月号≫ 出題問題

■職場からの便り

 裁判長 <裁判官>

 ライブドア <検察官>

 再 会 <弁護士>

 検察修習 <45期・横浜修習生>

 第5回特別研修 <司法書士>

 集中講義 <弁理士>

 小さな政府へ <国家公務員>

 

 在宅の被告人 <裁判所書記官>

 「会社法施行規則」等について/

 

 掲示板/読者の欄

 試験ニュース/次号予告/編集後記/

| | コメント (0) | トラックバック (2)

刑事法ジャーナル3号 2006年3月

刑事法ジャーナル 第3号(No.3)

2006年3月1日発行

編集・発行人;田中 伸治

発行所:有限会社 イウス出版

発売所:株式会社 成文堂

ISBN:4-7923-8804-X C3032

目 次

【特 集・医療事故と刑事法の対応】

☆医療事故と刑事法をめぐる現状と課題………甲斐克則

☆チーム医療と過失犯論………大塚裕史

☆薬害エイズ事件判決が過失犯論に投げかけたもの………島田聡一郎

☆医療事故と医師の届出義務………小川佳樹

☆医療事故の現状とリスクマネジメント………押田茂實

【論 説】

 憂慮すべき最近の共謀共同正犯実務………西原春夫

  

   ―――最高裁 平成17年11月29日 第一小法廷判決を中心に――― 

【刑事実務の動き】

 平成17年度刑事事件担当裁判官協議会の概要………伊藤雅人

【外国刑事法務事情】

 英国刑事法務事情(1)………清野憲一

【刑事裁判例批評】

 (8)入室管理システムを使用したホテルでの無銭宿泊における2項詐欺罪の成否………橋爪 隆

    

      ―――東京高判 平成15・1・29 判時1838号155頁―――

 (9)危険運転致死罪の成立が否定された事例………西田典之

      ―――千葉地判 平成16・5・7 判夕1159号118頁―――

(10)警察庁A警察署地域課に勤務する警察官が、同庁B警察署刑事課で捜査中の事件に関して現金の

    供与を受けた行為と収賄罪の成否………中森喜彦

      ―――最(一小)決 平17・3・11 刑集59巻2号1項、判時1892号148頁、判夕1177号154頁―――

(11)自首の成否………奥村正雄

      ―――東京高判 平成17・3・31 判時1894号155頁―――

      ―――東京高判 平成17・6・22 判夕1195号299頁―――

(12)恐喝罪と監禁罪の罪数関係………只木 誠

      ―――最(一小)判 平成17・4・14 刑集59巻3号283ページ、判時1897号3頁、判夕1181号156頁―――

(13)救急患者から明示的な承諾なくして行われた採尿・薬物検査、陽性反応が出た場合の医師の警察への通報、ならびに、

    警察官による尿の押収の適法性………伊東研祐

      ―――最(一小)決 平成17・7・19 判時1905号144頁、判夕1188号251頁―――

(14)捜査官が被害者や被疑者に被害・犯行状況を再現させた結果を記録した実況見分の調査書等で、実質上の

    要証事実が再現されたとおりの犯罪事実の存在であると解される書証の証拠能力………渡辺咲子

      ―――最(二小)決 平成17・9・27 裁判所時報1396号9頁、判時1901号155頁、判夕1192号183頁―――

(15)少年保護事件の抗告裁判所による非行事実認定に関する事実の取調べとその裁量………廣瀬健二

      ―――最(一小)決 平成17・3・30 刑集59巻2号79頁、家裁月報57巻11号87頁、

         判時1894号152頁、判夕1177号―――

【書 評】

 照沼亮介著『体系的共犯論と刑事不法論』(2005年、弘文堂)………小林憲太郎

【連 載】

 講座・刑法各論の最新争点(2) 人の「死」とその判定基準………井田 良

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NBL 828号 2006年3月1日

企業法務と理論をつなぐ

NBL 

New Business Law

平成18年3月1日発行

通巻第828号

ISSN:0287-9670

CONTENTS

【論 説】

「審決取消訴訟(特許・実用新案)の進行について」の解説

 岡本 岳 知的財産高等裁判所/宍戸 充 知的財産高等裁判所

 髙野輝久 知的財産高等裁判所/古閑裕二 知的財産高等裁判所 

第一東京弁護士会総合法律研究所

倒産法研究部会主催パネルディスカッション

証券化取引と倒産手続に関する諸論点

後藤 出 弁護士/井上 聡 弁護士

岡本真友 モルガン・スタンレー証券会社

加藤 愼 弁護士/山本克己 京都大学

システム開発委託契約において留意すべき問題

上山 浩 弁護士・弁理士

三井住友銀行に対する勧告審決について

  ――金利スワップの販売にかかる優越的地位の濫用

齋藤隆明 公正取引委員会

京都大学21世紀COEプログラム

『アスベスト訴訟の国際比較』

[4]イギリスにおけるアスベスト補償

 ジェレイント・ハウエル/見平 典 訳

【連 載】

 米国ビジネス法のダイナミクス(3)

 渋谷年史 米国住友商事

 改正独占禁止法

  ―――実務家の観点からの考察

 第4回 調査手続・処分の改正(上)

 独占禁止法実務研究会

 弁護士 渡辺惠理子/弁護士 島田まどか/弁護士 中島菜子

 弁護士 宇野伸太郎/弁護士 中村由紀

 ヒューマン・リソース(HR)と法

   ――労働法最前線(5)労働審判制度始まる

 野田 進 九州大学

 中国ビジネス法実務最前線(9)

 中国における外商投資企業の労働管理

 小林幹雄 弁護士

 今こそコンプライアンスに魂を吹き込め

 森原憲司 弁護士

 包括担保法制の見直しに向けて、法務省が研究会を設置

 編集部

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

6月14日 裁判官の矜持

6月14日 裁判官の矜恃

                弁護士 岡本 哲

日下公人「国家の招待」2004年・KKベストセラーズをみていると感動的なエピソードがあった。

日下氏の父上は、1941年ごろ、42歳で大東亜戦争開始後日本がまだ勝っているときの軍政下の東南アジの陸軍大佐待遇の裁判所所長となってマレー半島におもむいた。現在のマレーシアである。そこで所長として赴任した。なお、日本は大東亜戦争の初期には勝っており、南方占領地には軍政がしかれていた。当時の南方占領地の切手や収入印紙についても熱心なコレクターがいる。ただ、わたしは日下氏の父上の書簡等はみたことはない。

日下氏の父上のこのときの仕事として、抗日ゲリラを裁くものがあった。抗日ゲリラは中国からマレー半島のジャングルに南下してきて、マレー人を煽動する。日本陸軍は討伐にいくが、ホンモノのゲリラも連行するが、ゲリラのほかにあまり関係ない住民までもゲリラ協力者として連行してくる。具体的なゲリラ活動をせず、反日活動しただけの住民を捕まえてくるわけである。見せしめのため、死刑にしろ、と裁判にかけられる。日下氏の父上は、死刑は滅多にしなかった。国際法上ゲリラはただちに死刑と決まっているが、どのようにして死刑をせずにすませたのか。

法諺で「保護なきところに忠誠を求めるいわれなし」という原則がある。陸軍は一月に一回した村にいっていないので、住民が中国側協力者になるのは当然だという判決をかいて、協力者と目された村の人々は無罪となった。

証拠十分の場合はしかたがなく、死刑の判決を書いたが、内心証拠不十分とおもうのは執行しないで監獄にいれておいた。

当時の寺内元帥の方針にも背くことになる。

しかし、天皇陛下の名での裁判であり、また、軍政要領及び国際法にしたがった解釈をつらぬきとおした。出世にはだいぶひびいたらしい。

日本の敗戦が伝えられた1945年8月15日の朝には、監獄にいってカギをあけて扉をあけて抗日ゲリラを逃がしてやった。

そのあとマレーシアに凱旋したイギリスによって裁判官を含め日本人に対する戦犯裁判が始まる。

マレー人・インド人の元部下たちは反英的といわれるのを覚悟で一生懸命有利なように証言してくれたようだ。そのなかに現在の上院議長もいた。

信念に基づいた行動がみずからを救った例として筆者はいたく感動した。

裁判所に判事は6名いたが、1945年の敗戦後、裁く立場が逆転して、判事全員がシンガポールのチャンギー監獄に収容され、戦犯として裁かれることになる。

このとき、5人は死刑になったが、日下氏の父上だけが無罪となる。理由としては、「この人の判決文は、イギリス人が書いても同じだ。日本なるがゆえの偏りはない。ゆえに無罪である」ということであった。

戦後何十年もってのことであるが、マレーシアの上院議長は日下氏にあったときに「あなたのお父さんは、抗日ゲリラを捕えて死刑にすることを嫌がって、死刑には滅多にしなかった」という。日本とマレーシアの友好にも寄与していた。

この結果に対して日下氏の感慨はまた、筆者とは別のものであった。「国家権力に関する仕事に携わるのは怖いものだとしみじみ思った」(同書56頁)。「イギリスは自分の威信を示すために裁判をしたのだと思った。早くいえば不法な裁判だが、負けてしまった日本国家には五人の判事をかばう力がなかった。国家を失ったときの公務員の運命は気の毒である。

国家権力の階段を昇ると大きな力を持つこともあるが、それが逆目に出て、責任を追及されることもある。時代が変わると、誉められたことが叱られる原因になる。良心を通していても処罰されることがある。その覚悟がない人はうかつに権力装置のパーツになってはいけないと思ったものだ。」

司法試験の科目では基本六法として憲法・民法・刑法・商法・刑事訴訟法・民事訴訟法が課される。(2006年現在、司法試験は2系統あるが、いずれもこの六法はある)憲法は条文を読むだけではなく、現行日本国憲法以外に、「国の体質」としての憲法などを勉強する。いまの平和な日本で、実際の裁判や仕事の場で憲法を意識することは10年に1度あるかないかくらいであろう。しかし、それでも、憲法が試験科目にありつづけるのは、この権力を制御する法律家として、その矜持をたもつための基本精神を勉強してほしいからであろう。旧帝国大学法学部に「国法学」の講座がのこっていて、基本憲法を教えているのは、この名残かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月13日 サッカー・ワールドカップのオーストラリア戦敗戦と日本の未来が明るいことについて

6月13日 サッカー・ワールドカップ・オーストラリア戦敗戦と日本の未来があかるいこと

                              弁護士 岡本

ワールドカップ予選のオーストラリア戦の敗戦でしずんでいるが、明るくたのしい話題をひとつ。

新聞の論説やら、学者の本をみると日本は社会問題山積のようであるが、日本は1500年かけて国内問題のほとんどを解決してきた文明国である。いかに文明化されているか、刑務所の収容人数を比べてみよう。日本の刑務所がたりないと、ここ数年話題になっているが、現在の収容人員数は11万人である。これに対してアメリカは人口が日本の倍にもかかわらず50倍ちかい511万人である。同じ人数割合にしてみると25倍刑務所が必要になるわけである。日本の治安がいかにいいかということである。外国人犯罪増加のため刑務所がいっぱいになってきたが、これは外国人については当該外国にて日本で決めた刑期を厳密に収容してもらうということでまかなうことも可能である。(ただし、現行法では無理)

文化やファッション産業では日本はアジア.のリーダーである。ファッション雑貨は日本のものがそのまま売れ、ドラえもんもちびまる子ちゃんもどこでも通用する。名探偵コナンは中国でのほうが売れているくらいだ。

経済成長率がさがってきたことを問題にすることもあろうが、それもあまり心配ない。

イギリスの全盛期であるヴィクトリア女王の治世は1838年からはじまり20世紀はじめまでつづいた。わたしは切手収集家であるから、ヴィクトリア女王の肖像のついた1840年の切手を集めている。写真製版の実に立派な出来であるが、このころのイギリスは文明国であったせいか、切手も封筒もやったら残っており、翌年発行されたもっともありふれた切手であるペニーレッドの貼られた封筒など1500円くらいで投げ売りされている。ここまで値段が日本の切手でさがるのは大正3年くらいにならないといけない。80年程度日本は遅れていたのである。しかし、現在は日本だけでイギリスフランスドイツをあわせたよりGDPは大きい。ヴィクトリア女王治世下のイギリスの平均成長率は1パーセントであった。現在の日本はこれより上である。イギリスの競争相手は内乱やら負ける戦争やらで勝手に消耗していったのである。

  日本は貧富の差が中国やアメリカよりなく、内乱の可能性もない。ここ数年は安泰であり、明るく楽しく、くらしていけそうである。そもそもワールドカップの敗戦が新聞の一面トップになるということが、その国が平和であることの証拠ともいえる。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

判例タイムズ1200号 2006年4月1日

判例タイムズ1200

2006年4月1日発行
第57巻 第9号 通巻1200号
発行人:浦野哲哉
編集人:渡邉真哉
発行所:株式会社 判例タイムズ社

雑  誌:27501-4/1
ISSN:0438-5896

判例紹介細目次

【特 報】

=知的財産=

[1]リサイクルインクタンク特許権侵害事件

 特許発明の実施品であるインクジェットプリンタ用インクタンクの使用済み品にインクを再充填するなどして
 製品化されたいわゆるリサイクル品につき特許権に基づく差止請求権等を行使することが許されるとされた事例

 (知財高裁 平18.1.31判決)

=民事執行法=

[2]不作為を目的とする債務の強制執行として間接強制決定をするために債権者において債務者の不作為義務違反
   の事実を立証することの要否

   (最高裁第二小法廷 平17.12.9決定)

【速 報】

=民 法=

[1]A名義の不動産につきB、Yが順次相続したことを原因として直接Yに対して所有権移転登記がされている場合
   においてAの共同相続人であるXが上記登記の全部抹消を求めることの可否
  
   (最高裁第一小法廷 平17.12.15判決)

[2]1 賃借建物の通常の使用に伴い生ずる損耗について賃借人が原状回復義務を負う場合

   2 賃借建物の通常の使用に伴い生ずる損耗について賃借人が原状回復義務を負う旨の特約が成立していないとされた事例

     (最高裁第二小法廷 平17.12.16判決)

【最高裁】

=行政法一般=

[1]1 病床過剰地域であることを理由としてされた医療法(平成9年法律第125号による改正前のもの)30条の7に
     基づく病院開設中止の勧告に従わずに病院が開設された場合と健康保険法(平成10年法律第109号による改正
     前のもの)43条ノ3第2項にいう「其ノ他保険医療機関若ハ保険薬局トシテ著シク不適当ト認ムルモノナルトキ」

   2 病床過剰地域であることを理由としてされた医療法(平成9年法律第125号による改正前のもの)30条の7に
     基づく病院開設中止の勧告に従わずに開設された病院について健康保険法(平成10年法律第109号による改正
     前のもの)43条ノ3第2項に基づき保険医療機関の指定を許否することと憲法22条1項
 
     (最高裁第一小法廷 平17.9.8判決)

=行政争訟法=

[2]医療法(平成12年法律第141号による改正前のもの)30条の7の規定に基づき都道府県知事が病院を開設しようと
   する者に対して行う病床数削減の勧告と抗告訴訟の対象

  (最高裁第三小法廷 平17.10.25判決)

=地方自治法=

[3]食糧費の支出の日から1年を経過して住民監査請求がされたことについて地方自治法242条2項ただし書にいう正当な
   理由があるとはいえないとされた事例
 
   (最高裁第一小法廷 平17.12.15判決)

[4]市の助役が民間団体の開催する会合に出席した際に支出された市長交際費が会費相当額として社会通念上相当と認められる
   範囲を超えるものとした原審の判断に違法があるとされた事例

   (最高裁第三小法廷 平17.11.15判決)

[5]市が主導して設立した第3セクターに対しその経営破たん後に地方自治法232条の2に定める公益上の必要があるとして
   補助金を支出したことについて、市長の判断に裁量権の逸脱、濫用の違法があるとはいえないとされた事例
  
   (最高裁第一小法廷 平17.11.10判決)

=民事訴訟法=

[6]訴訟の当事者が民訴法209条1項の過料の裁判を求める申立権の有無

   (最高裁第二小法廷 平17.11.18決定)

【行政裁判例】

=行政法一般=

[1]審査請求書を紛失したなどとして審査請求に対する何らの裁決をしないことが違法であるとされた事例

  (東京地裁 平16.10.1判決)

=国家補償法=

[2]市がその第三セクターに対する協力を金融機関等に依頼した際の依頼内容が記載された文書について、同市の情報公開条例に
   基づいてされた公開請求を、当該第三セクターが特定調停手続中であることを理由に非公開とした市長の処分が違法であると
   して、国家賠償が認められた事例

   (大阪地裁 平17.6.27判決)

   
[3]1 養護教諭が障害児に動作訓練を施した際に、児が骨折し、死亡したことについて、養護教諭の過失を認めた事例

   2 重度障害児の逸失利益を認めなかった事例

   3 日本体育・学校健康センター法に基づく災害給付金は、慰謝料、葬儀関係費用、入院雑費等の損害との損益相殺の対象と
     ならないとされた事例
   
     (大分地裁 平16.7.29判決)

=情報公開=

[4]1 中部国際空港の関連事業として埋立造成事業を実施するに当たって作成した「空港近接部埋立造成事業に係る収支計画の
     積算内訳」の一式(以下「本件各文書」という)について、県企業庁がした開示しない旨の決定のうち、年次別収支計画
     表の収入欄の「その他」、同支出欄の年次別「事務費」及び「その他」、「交通施設用地処分先内訳」の「面積」並びに
     「事務費積算の内訳」の年次別の「人件費」、「起債額」、「償還元金」及び「利息」の各部分については、平成14年
     愛知県条例第23号による改正前の愛知県条例7条6号所定の「事業の適正な遂行に支障をおよぼすおそれがあるもの」
     にも、同条5号所定の「率直な意見の交換若しくは意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれがあるもの」にも当たら
     ないと判断した事例

   2 本件各文書のうち、賃貸予定単価等の情報が、同条例7条6号所定の「事業の適正な遂行に支障をおよぼすおそれがある
     もの」に当たると判断した事例
 
     (名古屋地裁 平16.9.2判決)

【労働裁判例】

=個別的労働関係=

[1]モルガン・スタンレー(割増賃金)事件

   外資系証券会社において時間外賃金が基本給に含まれているとされた事例

   (東京地裁 平17.10.19判決)

[2]1 会社の業務と従業員の虚血性心疾患による死亡との相当因果関係を認め、その使用者である会社の損害賠償責任を認めた事例

   2 民法722条2項の類推適用により、損害を25%減額した事例
 
     (東京地裁 平17.5.26判決)
  

【民・商事裁判例】

=民 法=

[1]温泉採取権、鉱泉地所有権又は使用権、給湯設備がそれぞれ別の権利者に帰属する温泉給湯事業において、温泉給湯事業全体の
   現在価値に占める温泉採取権の現在価値の割合を23%と算定した事例

   (大阪地裁 平17.3.29判決)

[2]過払金返還請求訴訟において、貸金業者は、貸金業法43条1項所定の要件を具備すること等、利息制限法1条1項所定の
   利率を超過する利息を受領する法的権原があると信じるについて合理的で相当な特段の事情のない限りは、民法704条に
   いう悪意の受益者であると推認すべきであるとされた事例

   (名古屋高裁金沢支部 平16.10.20判決)

[3]NHKテレビが県内ニュース番組で放送したニュースの内容が、県歯科医師会会員による診療報酬不正請求事件について
   同歯科医師会幹部であった原告らが「隠ぺい」工作をしたかのような印象を与えるものであったとして、原告らが名誉毀
   損に基づきNHKに対して謝罪文の交付と慰謝料の支払を求めた訴えにおいて、ニュースの内容は原告らの社会的評価を
   低下させるものだが、公共性、公益目的が認められるほか真実性の証明もあるとして請求が棄却された事例

   (甲府地裁 平17.7.5判決)

[4]1 冠動脈狭窄病変につき、冠動脈バイパス手術(CABG)ではなく、経皮的冠動脈形成手術(PTCA)を選択したこと
     について、病院側に過失があるとされた事例

   2 PTCAの終了直後に患者に急性冠閉塞が発症した場合、病院側に速やかに経皮的心肺補助装置(PCPS)を装着すべき
     義務を怠った過失があるとされた事例

     (高松高裁 平16.7.20判決)
   

=商 法=

[5]被保険者のアルコール性肝機能障害等による入通院治療等の不告知につき告知義務違反による生命保険契約の解除が
   認められた事例

   (岡山地裁倉敷支部 平17.1.27判決)

=知的財産=

[6]1 既存の品種の育成者権者及びその通常利用権者に品種登録の無効確認を求める訴えの原告適格が肯定された事例

   2 品種登録に重大かつ明白な瑕疵が認められないとされた事例

     (東京地裁 平17.7.5判決)

=諸 法=

[7]サーバー上に開設されたホームページに名誉を毀損する情報が掲載された場合につき、サーバーを所有するプロバイダに対し、
   プロバイダ責任制限法4条1項に基づき、当該ホームページの発信者情報の開示請求が認められた事例

   (東京地裁 平17.8.29判決)

=倒産処理法=

[8]1 再生計画の不認可決定確定後に再度の再生手続の開始申立てをすることの可否(積極)

   2 再生裁判所は、更生手続開始の申立てがあったことを再生手続を開始するかどうかの判断に当たって考慮すべきが(消極)

     (東京高裁 平17.1.13決定)

【刑事裁判例】

=刑 法=

[1]執拗で強烈な暴行等によるいわゆる虐待行為を繰り返した結果、全身衰弱状態に陥っていた6歳の男児を二重のビニール袋に
   入れて、その口を固く二重に結んだ上、大型スポーツバッグ内に押し込んで、約5分間にわたってそのまま放置し、同児を窒
   息死させた事案について、未必の殺意が認められた事例

   (広島高裁 平17.3.17判決)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経パソコン3月27日

日経パソコン
NIKKEI PERSONAL COMPUTING

2006年3月27日発行
第502号
発行所:日経BP社

CONTENTS

日経パソコン オンライン ●グランドオープンのお知らせ

[創刊500号記念]

 豪華プレゼントが1500人に当たる!
 5号連続 マラソンテスト 第3回 ハードウェア編

【特集1】ディスクもプリンターも無線で接続

 さらば! ケーブル

【特集2】仕組みが分かれば得をする

 バッテリー延命術

【実践IT活用最前線】できる企業人の新常識PowerPointのコツを知る

 最終回 サウンドや動画、アニメ効果を利用する

【スペシャルレポート】

 データプロジェクター購入ガイド

【スキルアップ講座】

 作って覚えるWord
 申請書 最終回 チェックボックスやヘルプで入力を簡単に

 作って覚えるExcel  
 株価チャート 第2回 テクニカル指標の折れ線を追加する

 Excel緊急対策室
 file NO.024 レイアウトの魔術師 <ピボット編>

 オフィス文書快適印刷術
 最終回 配布用に仕上げよう

 クリエイティブに使う画像編集ソフト
 最終回 フィルタ機能で宇宙のイメージを描く

 サンダーバードで行こう!
 最終回 便利な追加機能を一挙公開

 お答えします
 メール本文のバックアップをとるには

【ニュース】

●スナップショット

 有楽町に登場した「未来の家」

●トレンド/ニュース
 
 IDF速報 10年後のCPUは100以上のコアを搭載

 マイクロソフトの「Origami」はタッチパネルの小型PC

 40Mbps無線ブロードバンド「WinMAX」の衝撃

 PSEマークでリサイクル市場が大混乱

 日本でも「レノボ」のパソコンがお目見え/米グーグル開発者インタビュー

【製品情報】

●バイヤーズ

 DVDビデオカメラ4機種を徹底比較

 DC40(キヤノン)、DCR-DVD505(ソニー)、
 DZ-GX3300(日立製作所)、VDR-D300(松下電器産業)

●注目の新製品

 3インチ液晶と高感度撮影を備えたIXY
 IXY DIGITAL 80(キヤノン)

 厚さ40.2mmの光学10倍デジカメ
 LUMIX DMC-TZ1(松下電器産業)

 6980円でPDFの編集から作成まで
 いきなりPDF EDIT! (ソースネクスト)

 新製品ハードウエア/ソフトウエア

【コラム】

●あの日あのとき

●森本家のワークシート

●気になるデジタルグッズ

●焦 点

●社長のいまさら“あいてぃ”

●いまどきの数字

●ワカれば楽しいコンピューター

●勝谷誠彦のそれゆけ! 電化男

●森博嗣の半熟セミナ

●注目サイト情報

用語解説

本誌記事のキーワード検索と記事検索

連載講座ファイルのダウンロード方法

編集メモ

読者の広場/BOOKS/イベント

メールマガジンの申し込みについて

広告索引

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊朝日2006年3月31日

週刊朝日 3/31増大号

2006年3月31日発行
第111巻 第16号 
通巻4742号 
編集長・発行人:山口一臣
発行所:朝日新聞社

雑 誌:2008 5-3/31


目 次
 

[ドロ沼化する銀盤]荒川静香、浅田真央、安藤美姫も大迷惑
 
 スケート連盟元会長と「女帝」
 スイートルームの夜

合格者100人調査でわかった「家庭力」の法則を検証

 「東大脳」育てるピアノと専業主婦

地方公立校を躍進させた「教師力」

速報 大学合格者高校ランキング(5)

 東大(科類・現浪別詳報)・東北大・一橋・東工大(前期)

 早稲田・慶應・大阪市立大・私大医学部ほか

上野動物園やディズニーリゾートでのお振る舞いに心配の声が…。

 愛子さまのしつけへの提言

岩国市長が語る住民投票の舞台裏 「米軍が嫌いなわけじゃない」

「大人のふり」して傷ついた元援交少女たちが振り返る

 「最低5万円、最高25万円の私」

スクープ! [耐震偽装事件]ヒューザー小嶋社長に作家宮崎学氏が切り込む

 「公明党区議の娘に2千万円援助した」

コラムニスト 石原壮一郎がおずおずと挑むネット株取引大人の歩き方

第8回 株の厳しさを念入りに思い知らされつつ、あれこれ活路を探る

読売新聞取材源秘匿裁判

 「大本営発表記事を書け」トンデモ決定裁判官の素顔

【News Brwsing】

 連載「デリヘル日記」が単行本化 中村うさぎが加筆した「過激部分」/

 野中広務から“寝返り当選”京都・南丹市長が「接待」で逮捕/

 「全裸野球拳」問題の雲仙市議 議員報酬カットでも「反省なし」/

 民主党がメール問題で泣きついた「ヤメ検」弁護士の手腕と素顔/

 動物園で金メダル級美技連発! “イナバウアー”カワウソ4姉妹/

 結婚発表しても「疑惑の女」続出 タイゾー先生に早くも離婚説?/

 [梨元 勝@芸能界]殴り込み騒動を起こしたボビーが禅寺修行で語った再出発への誓い

[カラー連載]週刊 司遼馬太郎 松蔭のこころ4

【グラビア】

 ミャオ娘。貴州省@中国 写真・文=竹田武史

 Who am I? Jang Dong Gun 写真=キッチンミノル

 悪魔たちの宴 ボリビア・オルーロのカーニバル 写真・文=戸井十月

 新日本百名山 黒髪山[佐賀県]

●ドン小西のイケてるファッションチェック[渡部恒三]

●縁あって母娘

●とりよせ便

●男の時間

●山藤章二の似顔絵塾

●お散歩レストラン

●山藤章二のブラック・アングル

【小 説】

 久間十義    生命兆候(バイタル サイン)あり

 平 安寿子   あなたがパラダイス

【インタビュー】

 林 真理子    ゲスト 佐伯チズ

 
【エッセー】

 田原総一朗        ギロン堂

 船橋 洋一        世界ブリーフィング

 東海林さだお       あれも食いたいこれも食いたい

 内館 牧子        暖簾にひじ鉄

 嵐山光三郎        コンセント抜いたか!
 
 長良じゅん・岩切 徹   人生(是)浪花節

 小倉千代子        テレビガイド液晶未満

  
 倉田真由美       (ほ)やじ日記
[松下幸之助]

【コラム】
 
 犬ばか猫ばかペットばか

 つぼさがし
 
 山崎 元のマネー&人生ホンネ相談室

【スポーツ】

 セルジオ越前   サッカーの真髄

 栗山 英樹    ベースボール・スタディ

週刊図書館

[書 評]

『おじさんはなぜ時代小説が好きか』 高橋源一郎

『クローズド・ノート』 イッセー尾形

 ひと[姜尚中]/

 Books Browsing/

 愛でたい文庫[温水ゆかり]/

 ニュースな本[永江 朗]/

 新書の穴[鶴見太郎]/

 文芸予報[斎藤美奈子]/

 読書日和[岡崎武志]

 パズル DE 脳力測定

【カラー連載】

 ワタナベ・コウ   街角コレクション

 鎌田 實      がんばらないけどあきらめない

 下野康史      通といえば CAR
 

 週刊 築地座

●会見ウオッチinterview [江尻エリカ]

●映 画[寝ずの番] おすぎ

●井筒和幸のイケるんちゃう?

●増井 修のロック不健康診断

夫婦の情景
  野口 健・靖子 夫妻

【医 療】

 名医の最新治療
 脊柱側彎症

[まんが]「パパはなんだかわからない」山科けいすけ

 今週の囲碁 東 公平

 表紙番日記/お便りクラブ/編集後記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊ダイヤモンド 2006年4月1日

週刊ダイヤモンド

平成18年4月1日発行 
第94巻 第13号
発行所:株式会社 ダイヤモンド社

雑 誌:20241-4/1

CONTENTS

【特 集】Special Feature C O N T E N T S

丸ごと一冊
営業入門

ビジネスにおける主役は、なんといっても営業。
お客様に買ってもらって初めて、企業活動が成り立つからです。
新年度に入り、新社会人として、あるいは人事異動により営業部門に配属される方は多いでしょう。
本特集では、営業のイロハから、販売テクニック、心理学アプローチ、チーム営業、新しい顧客獲得法までさまざまな視点から
「優れた営業マン、営業ウーマン」になる方法を紹介します。

[カバーストーリー]

 「大変だが、日々充実!」 最前線に見る営業の醍醐味
  近畿日本ツーリスト・橋本幸恵/キリンビール・茨城統括支社・営業チーム

[初級編]

 プロに学ぶ「営業の基本」マナーから顧客フォローまで
  
  第1時限 営業力レベル診断テスト 講師:高城幸司
  第2時限 アポ取りから契約まで  講師:花田 敬

  [Interview]営業マンも見た目が9割 「話す力」以外の能力も磨け 著述家・竹内一郎

  第3時限 営業マナーの基本と応用 講師:河野壮典
  第4時限 プレゼンテーション   講師:大槻裕志
  第5時限 礼状の書きかた     講師:朝日心月
 
  [Interview]1通の手紙が取り持った仏アクサとの資本提携 アクサ生命保険会長・松戸 猛

[中級編1]個人営業

 「営業の達人」11人が明かす売る技術 信頼関係を築く法

  石渡 薫(三井不動産販売)/田中 博(日産プリンス福岡販売)

  深澤 亨(高島屋)/宮部洋文(大塚家具)

  附田仙胤(コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド)/藤山暁彦(大和証券)
 
  河村昭代(AIGエジソン生命保険)/西村聖志郎(ヤマト運輸)

  嶋村英彦(カワサキ プレシジョン マシナリ)
  
  [Interview]心理学の説得術を活用するには まず自分向きの技法を見つける 内藤誼人

[中級編2]チーム営業

 ソリューション営業を成功に導く「チーム営業」 ボストン・コンサルティング・グループ・今村英明
 
  三井住友銀行/富士通
  
  [Interview]ここが変だよ、日本の営業 プロセス管理で“カイゼン”可能 ソフトブレーン会長・宋 文洲

[中級編3]

 「物語力」営業の威力で顧客の心を確実につかむ エイレックス・ヴァイスプレジデント・平野日出木

  [BOOK GUIDE]営業マンも座学が必要 ―――初級編・中級編の講義を復習するための8冊

【シリーズ 日本の針路(2)第1回】

 新企業統治論

 矢内裕幸・日本取締役協会専務理事
  企業統治の主役は株主ではない 6つの責任果たす取締役会を

 
【Close up】

●デフレ脱却見え賃上げ復活も“一律引き上げ”の春闘は終焉

●国会での“虚偽”報告が発覚 問われるNHK経営陣の責任

 
【Diamond Eyes】

[Inside]

●PS3発売延期で透けるソニーの“久夛良木頼み”

●救世主USENが頭を悩ますライブドアの「社名変更」問題
 
 ピックアップ1/浜口友一・NTTデータ社長
 
●日デ売却でもルノー・日産に残る中国事業利害調整の難題

●“継子イジメ”の行政指導に株式会社立大学が募らす不満

 人事天命/三井住友銀行
 
●定期の金利一斉引き上げに隠された銀行の“真の狙い”

 ピックアップ2/鯛 洋三・ダイヤモンドシティ社長
 
World Voice/マイケル・ジェンセン・ハーバード大学名誉教授
 

[Market]

株式市場:透視眼鏡/調整局面の銘柄選びで注意 「PERとガバナンス評価」 吉野貴晶

金融市場:異論百出/透明性優先か自由な議論か 日銀「議事要旨」発表のジレンマ 加藤 出

ネット世論調査/USENのライブドア支援

[Data Focus] 

樋口美雄/フリーターから正社員への再挑戦の道を拡大すべし
 

【企業・産業】Company & Industry

[特別レポート]

 福岡市と東京都の一騎打ち 五輪招致合戦の真の狙いと舞台裏
 

[企業レポート]

 松下電工/松下電器産業の子会社化から2年 住宅リフォーム市場で反撃の狼煙
 

起・業・人/廣田雄二(麦の穂代表取締役)
 

【人 物】People

 光明/水越浩士(神戸製鋼所会長)

 大震災の1年前から準備してきた発電所計画が会社の窮地を救った
 

【連 載】Regular

 山崎 元/マネー経済の歩き方

 二宮清純/勝負のバランスシート

 齋藤 孝の仕事脳の鍛え方

 高杉 良/小説巨大生保 王国の崩壊

 野口悠紀雄/「超」整理日記

 鈴木棟一/新・永田町の暗闘

 櫻井よしこ/オピニオン縦横無尽

 多川俊映/東洋の風韻

【コラム】Column

 プリズム

 This Week/The Day/F氏的日常

 転→展→天職
  
 3分間ドラッカー 文・上田惇生

 部課長推薦この料理 GOURMAND

 Book

 This is.(J.M.WESTON)

 ビジネス掲示板

 From Readers From Editors

 読者アンケート

 AD INDEX

【ゴルフ】Golf 

 横島由一の“夢のシングル”指南
 
 ゴルフ残照 文・早瀬利之

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サピオ2006年4月12日

SAPIO
国際情報誌サピオ
INTERNATIONAL INTELLEGENCE MAGAZINE

2006年4月12日発行
第18巻 第8号 通巻387号
編集人:塩見 健
発行人:秋山修一郎
発行所:株式会社 小学館

雑 誌:23002-4/12

CONTENTS

引き出し大図解

 世界を覆う「核拡散」の波/惠谷 治

[PART1]空爆か制裁か! 「イラン核開発施設を丸裸にする」[PART2]新たなステージに突入した核開発競争


【SIMULATION REPORT】 

 売春島から労働改造所までこんなにある無法地帯! これで北京五輪などできるわけがない

 世界を揺るがす 中国「犯罪黒書」

[人権抑圧]40万人が「監獄」と「工場」が表裏一体の「労働改造所」で強制労働させられている/古森義久

[因  習]共産党政権でも一掃できなかった 農村部を侵食する「迷信犯罪」の凄絶/鷹木ガナンシア敦

[潜 入 撮]農村部から出稼ぎにやってくる3000人の売春婦が集う島/石黒隆

[諜  報]アメリカも頭を抱える「中国スパイ網」が仕掛ける「罠」/ジョシュア・アイゼンマン

[知的所有権]ますます巧妙、悪質化! ホンモノを駆逐する中国「ニセモノ展示館」の仰天コピー商品/本誌編集部

[刑  法]全世界の死刑の9割が中国! 厳罰主義刑法が象徴する「法治より統治」/小口彦太

[公  害]いまだ有毒物質タレ流し、CO2出し放題の中国は「世界の工場」ならぬ「世界の汚染源」だ/原 剛

[インターネット]巨大市場の力で米IT企業を跪かせた中国ネット検閲の実態/池原麻里子

[上  陸]胡錦濤・中国の「走出去」政策で日本全国に「新中華街」が続々誕生する/山村明義

【FOCUS】

 井沢元彦『逆説の靖國問題』
 拝啓 大橋巨泉様「大バカヤロー」はどちらでしょうか?

【SPECIAL REPORT】

 スーパーバブルシティ=ドバイから中国の「天下第一村」、東京バブルまで
 ワールド・バブルウォッチング


[ド バ イ]世界ナンバーワンと世界最先端が蝟集する中東のスーパーバブルシティのサプライズ/槇原 公

[改革開放]これも中国バブルの徒花か 「天下第一村」の明と暗/本誌編集部

[幻  想]「北京五輪バブル」を囃す中国政府の粉飾操作を見抜け/筧 武雄

[アメリカ]ついに危険水域を超えた 米住宅バブルの「崩壊カウントダウン」/中岡 望

[東  京]空から見れば一目瞭然! 東京〈一極集中バブル〉の恩恵は一般庶民には回ってこない/森永卓郎

【PHOTO & REPORT】

 緊迫のイスラエル「対テロ兵士養成学校」に潜入/笹川英夫

【SAPIO ECONOMY】

 大前研一『最強のビジネスマン講座』

 第70回 自爆・民主党に4点セットの正しい攻め方を指摘する

 『NEVER GIVE UP』前屋 毅
 小田急電鉄 法務・環境統括室 誓約書への署名が変えた受け身のコンプライアンスからの脱却

【絶好調】

 小林よしのり『新・ゴーマニズム宣言』
 第229章 格差社会とは何か?

【渾身の連載】

 「正義の罠」リクルート事件と自民党 ―――18年目の真実/田原総一朗
 第5回 当事者も県警も証券業界も予想外だった「未公開株譲渡」の犯罪性

【深 層】

 落合信彦『新世界大戦の時代』
 日本発の国連を目指すならメジャーリーグ国家による「新国連創設」を提唱せよ

【刮 目】新時代を読む連載ラインナップ

 佐藤 優『SAPIO intelligence database』(世界を読むための情報羅針盤)
 第30回 だから日本はナメられる ロシア「対日宣伝工作」3連弾

 金民聲『北朝鮮通信』
 第43話 テレビ1台で贖われる交通事故死の「命の値段」

 黒田勝弘の『ソウルの風』
 第27回 中国や北朝鮮に向けてこそ主張してもらいたい「人類普遍の良心」

 ウィリー・ラムの『北京探題』
 第12回 黄菊副首相を病気療養に追い込んだ胡錦濤の対「上海閥」攻勢

【爆笑連載】

 業田良家『ガラガラポン 日本政治』

【大人気連載】

 杉山隆男『兵士に告ぐ』 ~素顔の平成自衛隊 第58回

【書闘倶楽部】

[この本はこう読め]佐藤 優(起訴休職外務事務官)と読む『ウルトラ・ダラー』(手嶋龍一著)

[立体書評]土田美登世評『スローフードな日本!』(島村菜津著)

      門倉貴史評『食がわかれば世界経済がわかる』(榊原英資著)

【時代を切り拓く強力連載】

 『SAPIO’S EYE』

 『SAPIO語身術』/亀井 肇

 新製品・イベント情報『COSA DE SAPIO』

 『平成百色眼鏡 見たり読んだり』/川本三郎

 「メディアを裁く!」/CJR特約

 「フロム・リーダーズ」

 「ワールドグルメがはまるニッポンの味」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレジデント2006年4月17日

PRESIDENT

2006年4月17日発行 
第四四巻 第九号
発行人:藤原昭広
編集人:長坂嘉昭
発行所:プレジデント社

雑誌コード:27653-4/17

CONTENTS

【特 集】
      
仕事、株・マネー、人生……読み間違いは命取りになる
ゴーン流「予測する」技術

未来は最善のシナリオと最悪のシナリオの2つで描く
カルロス・ゴーン直伝! 「3年先を確実に見通す法」

▼成功率50%のとき、どう勝負するか
▼コミットメントで将来の成果を確定する
▼予測が外れたときは、どうすべきか
▼カオスから問題の本質をいかに見抜くか……

耐震偽装、BSE、ライブドア…… なぜ我々は兆しに気づかなかったのか
畑村洋太郎「失敗学は事態を予見していた」

物事は螺旋的に進化する! 弁証法で見通す「次の主戦場」
「見えなかった商機が見える」ただ一つの法則 ●田坂広志

期待値基準、ベイズ推定、事例ベース意思決定……仕事に活きる統計学
リスクを軽減する「確率のテクニック」とは ●小島寛之

変化は「技術、人口、貯蓄率」の動きに表れる
「キチン、ジュグラー+α」で景気の風向きを読む ●櫨 浩一

株式市場の栄枯盛衰を知り尽くしたエキスパートが語る
株投資「出世する会社、失速する会社」の識別法 ●山本 伸

▼85~05年の「MVP銘柄」と06年の注目銘柄一覧


澤田貴司、森永卓郎、橋爪紳也、樋口武久、内藤 忍……達人の未来感知力に学ぶ
「ビジネスの10大潮流」をどう予測するか

▼団塊市場 オタク市場 進化するロボット ワークスタイル
▼インターネット 新リッチ層 フードの主役 再生ビジネス
▼流行る街、廃れる街 個人マネー

ダブルワーク、ジョブ・ヒッピー、マルチふるさと……これを知らなきゃ乗り遅れる
10年後の仕事・生活スタイル図鑑 ●吉川昌孝

▼2100年までのビジュアル未来年表


政治が変わった! 企業も変わった! 少子化はむしろチャンスだ!
ビル・エモット「人口減社会でも日はまた昇る」理由

不確実性の時代は、所有するだけでは損をする
イマドキ「金のなる土地」はこう育てる ●岩沙弘道

【経営時論(6)】

 無意味な組織改革がなぜ横行するのか ●加護野忠男

【ビジネススクール流知的武装講座(146)】

 「三つ子の赤字」でアメリカ経済が沈没する日 ●小川英治 


【ハーバード式仕事の道具箱(96)】

 「怒りの感情」をコントロールする法 ●スーザン・ハックレー 

【河合 薫のストレス予報(37)】

 偽メール事件の反面教師

【注目の連載】

 J・ウェルチの「ビジネス問答」 第六回 昇格したのにボーナスが上がりません

 連載 第六回
 第三の買収 機密調査書 ●牛島 信
 

【スペシャル・レポート】

 短期集中連載 前篇 日本人の10人に1人は痛みに苦しんでいる、とも
 「腰痛治療」最前線 注目のレーザー治療は万能か ●長谷川 学

【情報スクランブル】

[ニュースファイル]

●日本郵政「西川開放路線」で得する会社は

●住友信託、三井トラスト統合説再浮上

【クローズアップニッポン(47)】

 志村けん
 「一生喜劇人」初座長に挑む 文●小山唯史/撮影●中村嘉昭

【職場の心理学(144)】
 
 リーダーシップ研修に「演劇」を採り入れる理由 ●梶山寿子

【仕事に使える技術の話(48)】

 竹の壁材 ●中野不二男

【元気なカラダ入門(47)】

 帯状疱疹 ●松井宏夫

連載 ○第69回 ―――WBCとヤンキース
 挑戦! 松井秀喜の「大リーグ日記」 ●松下茂典

【マーケットの読み方(44)】 ボーダフォン買収

 通信再編で携帯電話料金は下がるのか ●松崎隆司

【永田町インサイド(42)】

 小泉大誤算、「山拓冷遇人事」の大きなツケ

 地球百景(57)「ツァパラン残照」 撮影・文●野町和嘉

 人間邂逅 ○「首相官邸の出会い」 ●神津カンナ/秋山咲恵


 男の逸品[紳士のこだわり](117)松崎しげる

 レフティーモデルの「ビートルズのギター」

 人に教えたくない店(338)紫吹 淳

 本の時間 著者インタビュー ○『女友だちの賞味期限』
      ●ジェニー・オフィル&エリッサ・シャッペル

 新刊書評 ○金子雅臣 著『壊れる男たち』

 世の中の読み方 ○今の学校教育に疑問を感じたときに読むべき本 ●岡本 薫


プレジデント言行録

エディターズノート 

【特別企画】

 百年大計/大京グループ・田代正明CEOの決断

 ファッション特集/ブルーを着る「基本の基本にして、着巧者の色」

 ゴルフ特集/ルール適合でも飛ぶ! 「最新ドライバーの構造&機能チェック」

 プレジデント INFORMATION&EXPRESS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュリスト1309号2006年4月1日

実用法律雑誌・ジュリスト
Jurist 

2006年4月1日発行
No.1309
編集人:高橋 均
発行人:江草忠敬
発行所:株式会社 有斐閣
雑  誌:20791-04
ISSN:0448-0791

CONTENTS
 

【特 集】

 新たな労働法制への課題
   ―――2つの研究会報告書を読んで

 労働法の将来 ●土田道夫
   ―――労働契約法制・労働時間制度報告書を素材として

 「今後の労働契約法制の在り方に関する研究会」報告書及び ●厚生労働省労働基準局監督課
 「今後の労働時間制度に関する研究会」報告書について

 研究会報告書を読んで ―――労働側の立場から ●水口洋介

 新たな労働法制に対する使用者側からの若干の意見 ●和田一郎

【連 載】探究・労働法の現代的課題(第7回)

 有期労働契約の更新拒絶(雇止め)

   ●奥田香子 ●山西克彦 ●中村和雄

【連 載】不動産法セミナー(第13回)

 分譲マンションをめぐる諸問題(上)

   ●鎌田 薫(司会) ●始関正光 ●寺田逸郎 ●道垣内弘人
   ●松岡久和 ●安永正昭 ●戎 正晴(ゲスト) 新納清栄(ゲスト)

民営化(privatization)と契約(5) ―――制度的契約論の試み ●内田 貴

企業年金給付減額・打切りの法理 ●花見 忠

ICCは今 ―――国際刑事裁判所の現状と加盟問題に関する一考察 ●野口元郎

銀行間資金決済におけるファイナリティの意義
  ―――UCC Article 4Aを中心に ●嶋 拓哉

【時の判例】

122 商標登録出願についての拒絶をすべき旨の審決に対する訴えが裁判所に係属している場合に 
    分割出願がされもとの商標登録出願について指定商品等を削除する補正がされたときにおけ
    る補正の効果が生ずる時期

    ―――最一小判 平成17・7・14 ●森 義之

125 町が公の施設を存続させるためその管理及び運営を委託している権利能力のない社団の赤字を
    補てんするのに必要な補助金を交付したことが地方自治法232条の2に定める公益上の必要
    を欠くとはいえないとされた事例 ほか
 
    ―――最二小判 平成17・10・28 ●長屋文裕

127 重篤な患者の親族から患者に対する「シャクティ治療」(判文参照)を依頼された者が入院中の
    患者を病院から運び出させた上必要な医療措置を受けさせないまま放置して死亡させた場合につ
    き未必的殺意に基づく不作為による殺人罪が成立するとされた事例

    ―――最二小決 平成17・7・4 ●藤井敏明

130 特定の候補者のために将来選挙運動を行う意思を有する者と公職選挙法2255条1号及び3号
    にいう「選挙運動者」

    ―――最三小決 平成17・7・6 ●藤井敏明

【海外法律情報】

 イタリア ―――比例代表制の復活 ●芦田 淳

 英  国 ―――2005年公共サービスオンブズマン(ウェールズ)法 ●田中嘉彦

【商事判例研究】

 脅迫に畏怖し会社に損害を与えた取締役の責任を否定した事例 ●宮廻美明
  
   ―――東京高判 平成15・3・27 

 独占禁止法上の課徴金軽減率の適用対象 ●大塚 誠

   ―――最二小判 平成15・3・14 

【労働判例研究】

 労働協約の一部解約に伴う,管理職の組合加入否認と不当労働行為 ●佐瀬裕史

   ―――東京地労委(日本アイ・ビー・エム〔組合員資格〕)事件
   ―――東京地判 平成15・10・1 

【渉外判例研究】

 船舶事故とホンジュラス法人の法人格否認 ●神前 禎

   ―――東京地判 平成13・9・28 

じゅりさいと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

判例時報1923号 2006年5月21日

判例時報

平成18年5月21日号

発行通巻一九二三号

編集人:下平健一

発行人:判例時報社

雑  誌:26333-5/21

ISSN:0438-5888

判例時報細目次

◆記 事◆

現代型取引をめぐる裁判例(162)………升田 純

海外刑法だより(252)

 ドン・キホーテにおける罪と罰(上)………森下 忠

◆判例特報◆

一 市町村が行う国民健康保険の保険料と憲法八四条

二 国民健康保険の保険料率の算定基準を定めた上でその決定及び告示を市長に委任している

  旭川市国民健康保険条例(昭和三四年旭川市条例第五号)八条(平成六年旭川市条例第二

  九号による改正前のもの及び平成一〇年旭川市条例第四一号による改正前のもの)、一二

  条三項と国民保険法八一条及び憲法四条

三 旭川市長が平成六年度から同八年度までの各年度の国民健康保険料率を各年度の賦課期日後

  に告示したことと憲法八四条

四 恒常的に生活が困窮している状態にある者を国民健康保険の保険料の免除の対象としていない

  旭川市条例第五号)一九条一項と国民健康保険法七七条及び憲法二五条、一四条

  ―――旭川市国民健康保険条例事件最高裁大法廷判決(最大判 18・3・1)

◆判決録◆

=行 政=

◎親会社が子会社に新株の有利発行をさせて親会社の保有する子会社株式に表章された資産価値を

 上記発行を受けた関連会社に移転させたことが親会社の益金の額の計算において法人税法二二条

 二項にいう取引に当たるとされた事例

 ―――オウブンシャ追徴課税更正処分等取消請求事件上告審判決(最三判 18・1・24)

=民 事=

◎拘置所に勾留中の者が脳こうそくを発症し重大な後遺症が残った場合について速やかに外部の

 医療機関へ転送されていたならば重大な後遺症が残らなかった相当程度の可能性の存在が証明

 されていたとはいえないとして国家賠償責任が認められなかった事例

 (最一判 17・12・8)

◎一 破産者が破産手続中に自由財産の中から破産債権に対して任意の弁済をすることの可否

 二 地方公務員共済組合の破産手続中に自由財産である退職手当の中から組合の破産債権に

   対して地方公務員等共済組合法一一五条二項所定の方法によりされた弁済が組合員によ

   る任意の弁済であるというための要件

   (最二判 18・1・23)

◎差押えがされている動産引渡請求権を更に差し押さえた債権者が先行する差押事件で実施される

 配当手続に参加するために執行裁判所に対して競合差押債権者の存在を認識される措置を執るべ

 き義務の有無

 (最一判 18・1・19)

○交通事故により頚椎捻挫の傷害を追った被害者の精神障害について、PTSDであるとした一審

 判決を変更し、PTSDが発症したとは認められないとされた事例

 (大阪高判 16・5・26)

▽DNA鑑定検査の取次事業に関する営業譲渡に際し、譲渡する資産内容につき虚偽の説明があったとし、

 譲渡人の不法行為責任が認められた事例

 (東京地判 17・5・30)

▽外国為替証拠金取引において、商品取引業者の営業担当従業員の断定的判断の提供、不実告知、説明

 義務違反等の違法があったとし、業者と従業員の不法行為責任が認められた事例

 (東京地判 17・2・18)

▽私立高校の生徒の同級生に対するいじめ行為や女性講師に対するセクハラ行為等を理由とする退学処分

 について、裁量権を逸脱濫用したものといえず、適法であるとされた事例

 (大阪地判 17・3・29)

▽抜歯の際に麻酔注射針の刺入部位の組織が硬かったにもかかわらず細い注射針を使用したため、これが

 破折し、折れた針が患者の右上顎部組織内に迷入、残存し、後遺症が発生した場合に、歯科医師に不法

 行為に基づく損害賠償義務があるとして一七一七万円余りの賠償が命じられた事例

 (札幌地判 17・11・2)

▽強制わいせつの虚偽の被害申告に基づき、警察が逮捕状の請求をし、逮捕後、検察官が勾留及びその延長を

 請求し、裁判官がこれに基づき逮捕状を発付、勾留及び同延長の決定をしたのは違法であるとして、国及び

 県に対して求めた国賠請求について、いずれも違法とは認められないとして棄却された事例

 (福島地判 17・6・14)

=知的財産権=

▽一 商標登録後五年以上経過した商標登録に基づく侵害訴訟において、不正競争の目的の有無にかかわらず、

   商標法四条一項一〇号の無効理由の存否につき判断された事例

 二 商標法三八条一項に基づく損害が算定された事例

   (東京地判 17・10・11)

=商 事=

▽会社が一〇年間の備置期間経過後に保存している取締役会議事録については、閲覧及び謄写の許可の対象と  

 ならないとされた事例

 (東京地決 18・2・10)

▽破産した会社に計算書類の虚偽記載や粉飾決算の事実があると認めたが、右虚偽記載等と取引先の損害との

 間に因果関係が認められないとして、取締役及び監査役の損害賠償責任が否定された事例

 (東京地判 17・6・27)

=労 働=

▽組合員であることを理由とする不当な配転及び賃金減額であり不当労働行為に該当するとして、減額による

 差額賃金支払、将来にわたる減額前の賃金の判決確定までの支払及び慰謝料の支払が肯定された事例

 (東京地判 18・1・20)

=刑 事=

◎児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律二条三項各号のいずれかに揚げる

 姿態を児童にとらせ電磁的記録に係る記録媒体に記録した者が当該電磁的記録を別の記録媒体に記録させて

 児童ポルノを製造する行為と同法七条三項の児童ポルノ製造罪の成否

 (最三決 18・2・20)

○犯人が既に死亡していた場合であっても、捜査機関に誰が犯人か分かっていない段階で、自己が犯人である旨

 虚偽の事実を警察官に述べる行為は、犯人隠匿罪を構成するとされた事例

 (札幌高判 17・8・18)

◆最高裁判例要旨(平成一八年二月分)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経情報ストラテジー 2006年6月24日

経営革新にITを活かす

日経情報ストラテジー

2006年6月24日発行

第15巻 第6号 通巻171号

発行人:藤田俊一

編集長:多田和市

発行所:日経BP社

雑 誌:07179-07

CONTENTS

【特集1】 

 IT投資で成果出す賢い組織

 ●事 例

  賢い組織を作る3つの条件

  ・スタッフサービス・ホールディングス

  ・カゴメ

  ・リコー

 ●寄 稿 組織IQがIT投資の効果を向上

  IT(情報技術)投資の成果が出ないのはなぜか。

  機能が足りない、利用者の能力が低い、といったところに目が行きがちだが、真の理由はそこにはない。

  情報システムを導入する以前に、組織として情報を集約し、解釈し、素早く行動に移せるような能力を持っていなければならない。

  IT投資で成果を出すための「賢い組織」像を解き明かす

■改革の軌跡 あのプロジェクトの舞台裏

 東京全日空ホテル

 逆風に立ち向かうホテルを救え

 3年越しの改革で悲願を果たす

 外資系ホテルが次々と日本に上陸。インターネットの普及で価格競争も激化。

 同時多発テロとSARS騒動などホテル業界には試練が続いた。

 100億円弱を投じた大改修工事により美しくよみがえった東京全日空ホテル。

 華やかな改修の陰では、もう1つの改革があった。

 価値営業でトップシェアを奪還せよ

【トップインタビュー】

 増田 宗昭氏

 [カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCO)代表取締役社長]

 これからが本番! 世界一の企画会社目指す

【主張するCIO】

 隅 修三氏[東京海上日動火災保険専務取締役]

 経営陣がITを深く議論できる土壌構築

 “常識”変え、真のお客様本位を目指す

【プロフェッショナルCIOの提言】

 ラルフ・シゲンダ氏[米ゼネラル・モーターズ(GM)上級副社長兼全社CIO]

  ITベンダーと5年で1兆7500億円の契約7000種類あったシステムを全世界共通に

【会社を変える】

 飯田 亮氏[セコム取締役最高顧問]

 変化を起こす側に回れ

 「安全はタダ」を覆す

【発見! イノベーション企業】

 池内タオル(タオルの企画、製造)

 あわや連鎖倒産の危機から復活、コンセプトで顧客の支持得る

【海外フラッシュ】

 米ウォルマート・ストアーズ

 ●6月末でICタグを新規格に 

 米ゼネラル・エレクトリック(GE)

 ●電力線通信計画に出資

 米ディズニーABCテレビジョン・グループ

 ●人気番組を広告付きで配信

 米ガートナー 

 ●金額も期間も縮小する外部委託

【戦略的経営革新のススメ】

 石黒不二代のCIOは眠れない

  競合のソフトであっても良ければ使う文化築こう

 森岡謙仁のCIOチェックシート[NEW]

  情報システムの企画立案時に必要な知識と経験とは

 碓井 誠の業務プロセス・デザイン力 

  業務プロセスこそ財産 ITが実行力を高める

 南出健一の経営放談

  株式公開がもたらすもの 社内は殺伐とした状態に

【3分間キーワード】

 内部統制支援ツール、CLO、RoHS指令、排出権取引、売上計上基準、EAP

【特集2】

 検証 松下電器産業のIT経営革新

 IT経営革新、本丸へ

  「Nextセル」で真価問う

 ケース1 ●テレビ(栃木・宇都宮工場)

  1000機種の司令塔を設置

 ケース2 ●冷蔵庫(松下冷機の滋賀・草津工場)

  「工場在庫1日」への挑戦

 業務を見える化し、トヨタ流も取り込む

  IT経営革新の風土づくりに挑む

 CIOに聞く

  ROIに出ない効果が組織を強くする

  6年間でIT投資に2100億円。前代未聞の大型投資「IT革新全社プロジェクト」に取り組んでいる松下電器産業。

  中村邦夫社長自らが本部長となって改革を先導し、既に投資額を上回る効果を出し始めた。

  現場はどう変わったのかを検証する

【業務革新ビフォー・アフター】

 顧客をつかむ!

 デンセイ・ラムダ

 ―――頓挫しかけたSFAに再挑戦、新規商談数が6割増

 SCMで勝つ!

 富士ゼロックス

 ―――トヨタ流で中国に勝つ、生産性倍増し、在庫は半減

 経営管理を徹底する!

 トヨタファイナンス 

 ―――急拡大した組織に羅針盤、カイゼンで企業風土を築く

■10分間で学べる業務革新講座

 トヨタの良さに学ぶ会社変革術(実践編)(第(1)回)[NEW]

  遠心力と求心力の両立、「ゆらぎ」を超えて進化

  スコラ・コンサルト 柴田昌治

 現場を活性化する人材育成術(第(1)回)[NEW]

  思いや主観の共有が現場を動かす

  フライシュマン ヒラード ジャパン 徳岡晃一郎

 日本版SOX法に備えた内部統制マネジメント(第(1)回)[NEW]

  思い込みの排除が内部統制への第1歩 

  トーマツ コンサルティング 樋渡雅幸

 こんなニーズにも対応 コーチングの企業導入(第(1)回)[NEW]

  新入社員研修で活用し、アイデアを引き出す

  コーチ・エィ 熊澤 真

■5分で身につくスキルアップ

 部下を育てるコミュニケーション術

  好感を持たれることの大切さ

   話し方研究所 福田 健

 ビジネス力を鍛えるパワーノート術

  アイデアマラソンのすすめ

  IMS研究所 樋口健夫

【企業改革ヘッドライン】 

 九九プラス、キヤノンマーケティングジャパン、ギガスケーズデンキ

【e-Japan】

 民間から専門家を招へい IT新改革戦略の布陣を強化

記者の目

新 刊

カレンダー

読者から・編集長から

| | コメント (0) | トラックバック (1)

週刊朝日2006年6月2日

週刊朝日

2006年6月2日発行

第111巻 第25号 

通巻4751号 

編集長・発行人:山口一臣

発行所:朝日新聞社

雑 誌:20081-6/2

目 次

[秋田連続児童「殺人」]同じ団地に住む女児と男児の死の裏に何があった

 県警が疑った犯人の「正体」

フィリピン人ママと愛人マスターの二人三脚

[千葉]保険金殺人疑惑 全情報

「TVのチカラ」が29万人を動かした

 心臓移植成功 本田裕美さんが語る「それから」

熟年に広がるHIV感染

 妊娠しない安心が感染を拡大する

スクープ! [現役職員、OBが告発]門外不出の不祥事リストを入手

 社会保険庁の巨額裏ガネ

国内販売不振の責任問われ、ナンバー2はつらいよ

 日産ゴーン「後継者[志賀俊之COO]」の憂鬱

二階俊博経済産業大臣インタビュー

 「私を『媚中派』と呼ぶ方々に言いたい」

ホリエモン元側近・宮内亮治被告が画策する!?

 「第2ライブドア構想」にわかに表面化

【北朝鮮の闇】

[核開発疑惑]2002年から昨年まで訪朝4回

 公安がマークする日本人

[覚せい剤密輸事件]闇組織のメンバー+元北朝鮮工作員激白

 東京―ソウル―平壌コネクション

【News Browsing】

 耐震偽装事件 逮捕直前、宮崎学氏に残した小嶋容疑者「最後のメッセージ」

 救急車内でパンチラ撮影した警官が逮捕されなかった理由

 アパートに猫の死骸百数十匹 管理会社に住民大激怒!

 ヤギ被告が初公判で披露した 「私と神様と悪魔の世界」

 [梨元 勝@芸能界]稲垣吾郎と菅野美穂、結婚間近?

【グラビア】

 懐かしき姿のブータン 文=森まゆみ 写真=大西暢夫

 ジョン・健・ヌッツォ 世界震わす美声 写真・文=森口水翔

 ポンペイ、快楽と繁栄の軌跡

 新日本百名山 三瓶山[島根県]

 ●ドン小西のイケてるファッションチェック[中田英寿]

 ●縁あって父娘

 ●男の時間

 ●山藤章二の似顔絵塾

 ●お散歩レストラン

 ●山藤章二のブラック・アングル

【カラー連載】

 週刊 司馬遼太郎 永遠の竜馬(6)

 ワタナベ・コウ 街角コレクション <最終回>

 鎌田 實 がんばらないけどあきらめない

 下野康史 通といえばCAR

 週刊 築地座 <最終回>

 ●会見ウオッチinterview[インリン・オブ・ジョイトイ]

 ●映 画[インサイド・マン]おすぎ

 ●井筒和幸のイケるんちゃう?

 ●増井修のロック不健康診断

【小 説】

 久間 十義:生命兆候(バイタル サイン)あり

 平 安寿子:あなたがパラダイス

【コラム】

 田原 総一朗:ギロン堂

 船橋  洋一:世界ブリーフィング

 東海林さだお:あれも食いたいこれも食いたい

 内館  牧子:暖簾にひじ鉄

 太田 サトル:つぼさがし <最終回>

 松坂  大輔:直球主義

 倉田 真由美:(ほ)やじ日記[加藤浩次]

 嵐山 光三郎:コンセント抜いたか!

 長良じゅん・岩切 徹:人生(是)浪花節 <最終回>

 小倉 千加子:テレビガイド液晶未満

 セルジオ越後:サッカーの神髄

 栗山  英樹:ベースボール・スタディ <最終回>

 山崎  元 :マネー&人生ホンネ相談室

【対 談】

 林 真理子:ゲスト吉行和子

 夫婦の情景

   浜田光夫・恭美子 夫妻

週刊図書館

 『墓の話』蜂飼 耳

 『シェイクスピアの男と女』小谷野 敦

 ひと[こうの史代]/

 Books Browsing/

 愛でたい文庫[温水ゆかり]/

 ニュースな本[永江 朗]/

 新書の穴[鶴見太郎]/

 文芸予報[斎藤美奈子]/

 読書日和[松田忠徳]

【医 療】  

 名医の最新治療

 子宮筋腫

達人戦 青野照市 vs 中村 修(下)

[まんが]「パパはなんだかわからない」山科けいすけ

 犬ばか猫ばかペットばか

 今週の将棋 東 公平

 パズル DE 脳力測定

 表紙番日記/お便りクラブ/編集後記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオライフ 2006年7月

ラジオライフ 7月号

2006年6月25日発行

第27巻 第7号

発行所:三才ブックス

雑 誌:09155-07

CONTENTS

【第1特集】

 「私はコレでゴマかしました!?」

 交通取り締まり対策マニュアル

 6月1日迫る! 駐禁取り締まり民間委託で何が変わるのか

 警察レッカー無線ウォッチング&帰ってきた『駐禁ウォーズ』パート2      

 仰天告白・取り締まりに対抗する&捕まった時の言い訳他(危)裏ワザ集

 交通バカ実験 ~アルミホイルの桜吹雪でレーダー波はジャミングできる?

 不正な取り締まりに勝つための裏グッズレビュー

 コレで翌朝は息スッキリ!? 飲酒検問対策グッズレビュー

 オービスって本当に動いているの? 首都高オービス稼動状況調査

 捕まった… その時どうする? ケース別交通裁判Q&A

 ナンバープレートカバーをつけても許される都道府県を紹介

 覆面パトカーはこうして取り締まりを行う&覆面パトカーの見分け方

 これはオービスじゃない ~自動速度取り締まり機の基礎知識

 パトカーからの電波を聞くだけで居場所がわかる ~カーロケ受信のすすめ

 日本全国スピード取り締まりの名所はココだ! ドライバーのための傾向と対策

【カラー企画】

 裏ツール最前線・盗聴発見業者が開発した盗聴器検知の最終兵器

  盗聴波を探し出す最新パソコンソフト

 高い金をかけて設置したのに捕えられたクルマはたったこれだけ…

  採算度ゼロ・オービス設置の激裏事情

 オービス神話ついに崩壊!? 「オカルト計測機器」に裁判所も疑惑の目を向けた

  新事実・オービス測定は間違っている!

 2波同時受信&ダイバーシティ機能を搭載した最新パソコンコントロール機

  アイコムIC-PCR2500リポート

 道案内のためのマシンに日本全国オービス情報を登録できる

  カーナビをGPSレーダー探知機化

 ついに完成! 地下に潜む巨大トンネルに潜入取材

 「首都圏外郭放水路」を直撃

 内部資料から読み解く救急波リニューアルの裏側

  東京消防庁デジタル化速報第2弾

【特別付録】

 オービスハンドブック2006-2007

 今買うべきレーダー探知機のベストバイを選出/

 日本全国の高速道路・有料道路の自動速度取り締まり機を全掲載! 最新版オービスマップ

【第2特集】ファースト受信機だけじゃ物足りない!

 2台目の受信機を選ぶ

 受信機を2台以上持つメリット・1台目と相性の良い2台目を選ぼう/

 ジャンル別の2台目受信機ベストバイ/

 本誌ライター陣による「私の2台目」

【第3特集】「ワールドカップ全部丸見え」企画第2弾

 パソコンでCATV(裏)録画

 パソコンでCATVがタダ見できてしまう/

 デジタル放送対応テレビキャプチャカードでコピーワンス回避ワザ/

 ワールドカップのストリーミング動画を永久保存

【連 載】

●ズバコレ! 魅惑の秘密基地グッズ特集

●口コミ系アキバ新着情報 メイドに萌えながら眼鏡が買える珍スポット

●徹底使用リポート アイコムIC-PCR2500

●長期使用リポート 本誌ライター陣による連載型リポ ~ID-91/IC-R1500/MV-2MC

●DJインタビュー STVラジオ『喜瀬ひろしのときめきワイド 午後もトコトン』みのや雅彦

●ラジオパラダイス あなたの質問に答えます~ラジオに関するQ&A集

●ラジオ受信ガイド ANDO「ER-330S」使用リポート

●電話よろず活用術 ウィルコムの新国際電話サービス VS 国際電話カード

●お得ヘッドライン JR定期券の落とし穴

●RL犯罪対策委員会 架空口座を買った人間がダマされる

●ビジュアル編集工房 ホテル有料放送のセキュリティ検証

●今井亮一の交通裁判ウォッチング 執行猶予期間中にスピード違反

●工作チャレンジ 無線カメラ搭載ラジコンカー

●ヨコヤマが行く!

●栃木ペディション

●モニター募集

●投稿ワールド

●投稿フォトグランプリ

●パトカー必撮指南塾

●ラジオライフ消防車名鑑

●投稿虎の穴

●新製品ピックアップ

●イベントガイド

●投稿天国

●魂の雄叫び

●唐沢俊一の古今東西トンデモ事件簿

●新聞スクラップ

●未確認情報!

●モニターリポート

●受信教習所

●受信レッスンABC

●おもしろ無線情報局

●エアーバンドターミナル

●BCLスクエア

●盗聴24時

●盗聴発見日記

●コンサートワッチャーズ

●編集部からのお知らせ

●次号予告&編集後記

●×○リポート

●北朝鮮文化美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビジネス法務 2006年7月

ビジネス法務 7月号

平成18年7月21日発行

Vol.6 No.7

発行所:株式会社 中央経済社

編集兼発行人:山本時男

雑 誌:17689-07

CONTENTS

[地平線]

 金融商品取引法のファンド・ビジネスへの影響………野村資本市場研究所研究主幹 大崎貞和

[TREND EYE]

 日本版SOX法に向けた実質的内部統制制度………監査法人トーマツ シニアマネジャー 公認会計士 杉山雅彦

【特 集】第164回通常国会提出

 重要ビジネス法案をチェック! 企業実務の変更点

[信託法案]

 抜本改正で多様化した活用手段………小木曽良忠

[意匠法等の一部を改正する法律案]

 画面デザインの保護対象拡大・意匠の類似判断の明確化………青木博通

[意匠法等の一部を改正する法律案]

 小売マーク保護制度の導入………青木博通

[意匠法等の一部を改正する法律案]

 分割制度の拡充と補正制度の見直し………高橋 淳

[消費者契約等の一部を改正する法律案]

 「差止請求権」・「和解等概要の公表」制度の新設………遠山浩之 

【連 載】 

[新連載]ビジネス・シーンで活きる 「知財の発想」「知財のセンス」 

 第1回 「知的財産」と「知的財産権」を区別せよ!………土生哲也

*内部通報システムをつくろう! 第2回 「設計編」………中原健夫/結城大輔

*企業法務部を訪問しよう! 第12回川崎汽船株式会社

*中小会社のための会社法講座 最終回 「株主代表訴訟・設立・事業承継」………吉田良夫

*対・行政の戦略法務 第11回「改正行政事件訴訟法(1)」………阿部泰隆

*新会社法 「まさか!?」の解釈と「やはり!」の解釈………金子登志雄 

*闘う法務課長 国際取引法修行3 新人教育編(3)………北島敬之

[NEWS EXPRESS]企業年金連合会が議決権行使基準を発表 他

【特別インタビュー】

■元米国商務省長官 セオドア・カッシンガー弁護士に聞く 

 「ポスト9.11時代の対米投資」

【特別企画】

 会社法が可能にした

 新・ファイナンス実務

■機動的な資金調達を可能にする 種類株式[徹底]活用スキーム………渡邉弘志

■多様なSPCの設立が可能に

 会社法施行後の不動産流動化………小杉恵美/島田康弘

【実務記事】   

■法務担当者必見! 18年度税制改正の実務ポイント………佐藤正樹

■ウィニー・リスクを回避する情報管理セキュリティの留意点………藤谷護人

■改正貸金業法施行規則対応 新・契約書面モデルの記載実務………滝川佳代

■国際的潮流をふまえた 輸出規制の重点解説 [後編]………米谷三以

■新任労務担当管理者にための労使交渉対応マニュアル………河本 毅

【試験関係】第19回試験対策

 ビジネス実務法務検定試験 2級演習問題

■受験ガイド ■2級演習問題・解答と解説

【Q&Aその時どうする? 

●労働法分野 社員が児童買春で逮捕! 懲戒解雇したいが… ………石井絵梨子/森田恒平/横田真一朗

【OTHER ISSUE】編集後記・次号のお知らせ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

サピオ2006年6月14日

SAPIO

国際情報誌サピオ

INTERNATIONAL INTELLEGENCE MAGAZINE

2006年6月14日発行

第18巻 第13号 通巻392号

編集人:塩見 健

発行人:秋山修一郎

発行所:株式会社 小学館

雑 誌:23002-6/14

CONTENTS

【引き出し大図解】

 北朝鮮拉致事件の新たな「点と線」/惠谷 治

[PART1]阪急六甲駅エリアでクロスする拉致被害者と工作組織

[PART2]横田めぐみさん「幽閉生活」29年を徹底追跡

【SIMULATION REPORT】

 米ハリウッドの映画ビジネスでも、韓国、台湾、そして中国でも、もう「反日包囲網」は怖くない

 世界で激震! 「親日」VS「反日」戦争

[戦  略]日本はなぜ「世界の親日家」を育むことができないのか/櫻井よしこ

[ワシントン発]アメリカの「親日」「親中」専門家が激突! 「靖国問題」代理戦争の喧々諤々/歳川隆雄

[米メディア]チャイナロビーの暗躍で米高級紙の日本叩きが再燃する/浜田和幸

[攻 防 戦]在米華僑が仕掛けた「ワシントン従軍慰安婦訴訟」も「中国版ホロコースト博物館計画」も頓挫した/堀田佳男

[映  画]空前のハリウッド「ニッポンブーム」に楔を打ち込む中国「南京映画」の策動/高濱賛

[韓  国]「世界最大の反日国家」と「親日国家」が同居する国/黒田勝弘

[ソウル発]韓国同胞に大真面目に訴える! 今こそ現代版「日韓併合」が必要だ/崔基鎬

[映像入手]クォン・サンウ、リュ・シウォンからBoAまで! 韓流スター「日本人に内緒の反日パフォーマンス」/本誌編集部

[台  湾]たとえ国民党が政権を取っても親日国家・台湾は揺るぎない/酒井亨

【特別寄稿】拉致被害者家族に同行した米弁護士の手記

 ブッシュ大統領と米国民の心を揺さぶった「愛するものへの思い」/スーザン・コモリ

【「竹島」新史料発掘レポート(3)】

 「独島を日本に認めさせた韓国の英雄」の真っ赤な嘘を暴く/山本皓一

【SPECIAL REPORT】

 ファンドマネジャーから傭兵まで

 世界の「1億円サラリーマン」総登場

 [方法論]複業で「年収10倍アップ」も! サラリーマン長者へのノウハウ公開/吉江 勝

 [インド]「新卒初任給2000万円」「年俸2億7000万円でCEO公募」世界企業で稼ぐスーパーサラリーマンが急増中/山下柚実

 [軍事ビジネス]“イラク・バブル”が生んだ年収80万ドル BMWに乗り高級スーツを着る超高給傭兵/笹川英夫

 [超格差]年収格差1000倍時代の到来で拓けた「1億円サラリーマンへの道」/森永卓郎

【騒動内幕を独占手記】

 私が「新しい歴史教科書をつくる会」を去った理由/西尾幹二

【PHOTO&REPORT】カトマンズ発

 毛沢東主義武装勢力マオイストが仕掛ける ネパール動乱は国王打倒まで止まらない/八木澤高明

【FOCUS】元CIA分析官が警告

 核開発か空爆か! イランvsアメリカのチキンレースは崖っ縁にきた/ケネス・ポラック

【SAPIO ECONOMY】

 大前研一『最強のビジネスマン講座』

 第74回 ヘッジファンドが虎視眈々と狙う「第2次アジア経済危機」に備えよ

【絶好調】

 小林よしのり『新・ゴーマニズム宣言』

 第233章 朝日・読売に告ぐ 東京裁判も人民裁判も完全否定せよ!

【大人気連載】

 杉山隆男『兵士に告ぐ』~素顔の平成自衛隊 第62回

【渾身の連載】

「正義の罠」リクルート事件と自民党-18年目の真実/田原総一朗

 第9回 江副を不動産にのめり込ませる転機となった「本社建設」

【深 層】

 落合信彦『新世界大戦の時代』

 サンクトペテルブルク・サミットでブッシュは独裁資源国家との訣別を表明せよ

【新時代を読む連載ラインナップ】

 佐藤 優『SAPIO intelligence database』(世界を読むための情報羅針盤)

  第34回 陸軍中野学校がインテリジェンス哲学の根本にすえた「南朝イデオロギー」

 金民聲『北朝鮮通信』

  第46話 北朝鮮最後の輸出品「偽バイアグラと麻薬解毒剤」の末路

 ウィリー・ラムの『北京探題』 

  第14回 本誌も標的に! 胡錦濤政権が五輪対策で乗り出した海外メディア批判

【爆笑連載】

 業田良家『ガラガラポン 日本政治』

【書闘倶楽部】

 [著者と語る肖像]田草川弘著『黒澤 明 vs.ハリウッド-『トラ・トラ・トラ!』その謎のすべて』

 [立体書評]島村菜津評『完本 大江戸料理帖』(福田 浩、松藤庄平著)

       浜田真理子評『宮部みゆきの江戸レシピ』(福田浩著、小沢忠恭写真)

【時代を切り拓く強力連載】

 『SAPIO’S EYE』特別版

 『SAPIO語身術』/亀井肇

 新製品・イベント情報 『COSA DE SAPIO』

 『平成百色眼鏡 見たり読んだり』/川本三郎

 「メディアを裁く!」/CJR特約

 「フロム・リーダーズ」

 「世界人の一流品」/鳥越俊太郎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊アスキー 2006年6月6日

週刊アスキー

平成18年6月6日発行

第18巻 通巻590号

発行人:福岡 俊弘

編集人:福岡 俊弘

発行所:株式会社 アスキー

雑 誌:21101-6/6

CONTENTS

【超ニュース!】

 ソニー、激小ウィンドウズマシンと世界初のBDドライブ搭載ノートを発表

【特集1】

 地上・衛星放送を観まくって録りまくって焼きまくれ!!

 W杯対応TVPC徹底ガイド

 [W杯録画の基礎知識]

 [W杯対応テレパソはココで選ぶ!!]

 [各メーカーのTVPCの“W杯対応度”をチェック]

  富士通:FMV-DESKPOWER TX TX90S/D、FMV-BIBLO NX NX95S/D

      FMV-DESKPOWER LX LX90S/D、FMV-DESKPOWER CE CE65SW/D

  NEC:VALUESTAR L VL970/FG、VALUESTAR W VW 970/FG

      VALUESTAR W VW770/FG、VALUESTAR X VX780/FD

  ソニー:VAIO type R VGC-RC72DPL9、VAIO type A VGN-AR70B

      VAIO type H VGC-H73DB2R、VAIO type V VGC-VA202DB

  日 立:Prius One type W AW35W1R、Prius Air type R AR35R1R

  東 芝:Qosmio G30/596LS、Qosmio F30/695LS

  シャープ:インターネットAQUOS 37-Dタイプ 

【特集2】

 新type Uは超コンパクトボディーにスライド式キーボードを搭載!!

 UX完全レビュー!!

 2年ぶりにVAIO type U最新モデルが登場した。

 コンパクトさはそのままに、スライド式キーボードを新搭載。

 持ち歩かずにはいられないミニパソの大体命機の魅力を徹底紹介する!!

【特集3】[週アス厳選 梅雨前線どんどん来い!]HAGLOFS、Timbuk2など海外ザックが大集合!

 雨の日に使いたいノートPC用ザック

【特集4】ウェブ、ローカルPC、地図、スケジュール etc.あらゆる情報にすばやくアクセス!

 Google新サービス超使いこなし!

【特集5】ヘビーユーザーが自慢の品々を大集結!

 超モバイラー大決戦!!

■進藤晶子の「えっ、それってどういうこと?」

 第271回 お笑いタレント パックンマックン

■BESTBUY

 東芝 Qosmio G30/697HS

 アップル MacBook(MA472J/A)

■HARDWARE

 ソニー VAIO type A VGN-AR70B/

 アイ・ジーエス LAN SERVER/

 東芝 Qosmio G30/695LS/

 デル Dell 1200MP/

 ユニティ ASUTeK PhysX P1 GRAW Edition/

 ロジテック NetPocket LHD-LAN250GE/

 ソニー VAIO type R VGC-RC72DP9/

 コレガ CG-SP100W/

 ベンキュージャパン BenQ DW1670/

 デジタルカウボーイ WATER COWBOY DC-WCPW450/

 アップル MacBook MA472J/A /

 コレガ CG-L19DGWZV2/

 ゲートウェイ Gateway MX1020j

【SOFTWARE】

 ソニック・ソリューションズ RecoedNow 8/

 メディアカイト 機動戦士ガンダム SEED DESTINY PCアセサリー集/

 トリスター SkinStudio Pro/

 アクト・ツー インターネットセキュリティバリア X4バックアップエディション/

 アーク情報システム HD革命/

 BackUp Ver.7 Pro/

 ソースネクスト iPod selection 英会話 ビジネス/

 アメリカ出張編/

 ライフボート カスペルスキー インターネットセキュリティ 5

■7TOPICS

 東京・表参道でお手軽海外旅行。バーチャル空港を地元ぐるみで開港/

 DS“オトナ”計画第2弾!? メールソフトも開催中!!/

 ついに民放も番組の無料配信へ、まずはサッカーだ!!/

 新名称はそのまんま“ソフトバンクモバイル”/

 ポップカルチャーでノーベル賞を目指せ!?/

 ヤフーとグーグルがケータイでも検索戦争/

 アップル+インテルは財布にやさしい仰天価格

■ランキング&ニュース [ハード&ソフトニュース デジタル総合ニュース]

 ぐるなびが選ぶ『ベストセレクト10・新宿で合コンにオススメの店』

 All Aboutガイドが選ぶ『男の料理』

 Yahoo! サウンドステーション『人気番組10』

 Yahoo! オークション『人気のサッカーユニフォーム』

 楽天市場『売れてる防犯グッズ』

 パソコン本体/

 ノートPC/

 パソコンソフト/

 周辺機器(デジカメ、DVD、HDDレコーダー)/

 大画面テレビ/

 HDD/Google検索ワード/

 ネットプライス 話題の商品/

 goo ブログトレンドランキング/

 Yahoo! 掲示板で読む株/

 本/

 CD/

 DVD

【ウォークマン型や強力ワンセグ機が登場!!】

 auとボーダフォンの夏モデル12

Willの全ぼうが分かった!! 

 E3詳細レポート

緊急企画 RMT問題を真剣に考える!!

【WAM Depart】

 [BOOKS]ポピュラーサイエンスの時代/

        Design Anthology of Kazuo Kawasaki/

        眼の誕生 カンブリア紀大進化の謎を解く/

        英語でブログを書いてみよう

 [GAMES]宇宙刑事魂/

        ボクサーズロード2 ザ・リアル/

        ファイヤーキャプテン2 ~緊急!! 消防最前線24時~

 [D V D]ウォーク・ザ・ライン 君につづく道/

      キング・コング/

      フライトプラン/

      白い家の少女/

      ジャン=リュック・ゴタール/

      マイプライベート・アイダホ

      空中庭園/

      六神合体ゴットマーズ

 [AUTO]試乗レポート 日産 ウィングロード

 [A  V]ヤマハ ポータブルキーボードPRS-403

 [AKIBA]萌えを食べた

 [PHOTO]ソニー Cyber-shot DSC-H5

 [MOBILEPHONE]ドコモ N902iX HIGH-SPEED

 [INFO]ウルトラマン40周年記念コイン、ほか

■連載小説 第5回 筋肉少女帯物語 大槻ケンヂ

■なんでも使用レポート パソコンが好きだ!!

 マーティ・フリードマン:iMac

 ギュウゾウ(電撃ネットワーク):AUDIO BONE

 優木まおみ:Vodafone904SH

 福岡俊弘:Mac mini MA206J/A

 山口ひろ美:E-330レンズキ

 宮内裕行:EasyCube 59HD

 鈴木亮久:Qosmio G30/596LS

 小林直樹:MacBook Pro MA46J/A

■連 載

 クロスレビュー

 ASCII365

 週アス女子部

 無料ソフトの殿堂

 デジモノ発売日チェック

 今が旬のデジ・ワード

 占い&おたよりコーナー

 DPフォトコン

 COUNT DOWN 2006年W杯

 ネットエクスプレス

 パズル王国&次号予告

 旅三昧

 ネットでお取り寄せ

 仮想報道 web2.0時代の動画配信 歌田明弘

 松井の解答 松井英樹

 だってサルなんだもん いしかわじゅん

 物欲番長 スタパ斎藤

 ロボットが作る未来 浅野純也

 今週のデジゴト 山崎浩一

 電脳なをさん 唐沢なをき

 カオスだもんね! 水口幸広

 東京トホホ会 金井哲夫&宇佐美月子

■Column complex

 Scene2006 神足裕司

 シネマ英語通信 上野陽子

 ゲイツちゃん 桜玉吉

 ハッコウ人のおしごと F岡俊弘

 今宮純のF1週記 今宮 純

 決断のとき 吉井妙子

 Idol Site Pinup あゆみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュリスト1312号 平成18年6月1日

実用法律雑誌・ジュリスト

Jurist 

2006年6月1日発行

No.1312

編集人:高橋 均

発行人:江草忠敬

発行所:株式会社 有斐閣

雑  誌:20791-06

ISSN:0448-0791

CONTENTS

【特 集】法令外国語訳整備の推進

 法令外国語訳整備の推進に関する到達点と今後の課題 ●柏木 昇

 法令外国語訳推進のための基盤整備に関する政府の取組 ●山本 拓

 資料 最終報告/翻訳整備計画/法令外国語訳・実施推進検討会議の最終報告を受けて

 外から日本法はどうみえているか ―――特定領域研究「日本法の透明化」第1回シンポジウムの概要 ●河野俊行

 中国における法令英語訳整備の現状 ●松浦好治/宇田川幸則 

 諸外国における外国語訳法令の発信状況 ●吉村典晃/藤田正人/柴原美奈

[医療保険改革と先端生殖医療 ―――ドイツにおける法的課題]

 公的医療保険システム ―――ドイツにおける諸原則と実践 ●フォルカー・ノイマン/太田匡彦(訳)/島崎謙治(コメント)

 ドイツにおける生殖補助医療 ―――法的状況と実務●クリスティアーネ・ヴェンデホルスト/橋本陽子(訳)/野村豊弘(コメント)

[連載 探究・労働法の現代的課題〔第9回〕]

 採用拒否と不当労働行為 ●村中孝史 ●富田美栄子 ●福田 護

[研究会 新破産法の基本構造と実務〔第14回〕]

 各種債権の優先順位(つづき) ●沖野眞已(ゲスト) ●伊藤 眞 ●小川秀樹

                ●田原睦夫 ●花村良一 ●松下淳一(司会) ●山本和彦

[時の判例]

 固定資産課税台帳に登録された土地の価格についての固定資産評価審査委員会の決定の取消訴訟において同委員会の認定した

 価格が裁判所の認定した適正な時価等を上回っていることを理由として同決定を取り消す場合における取消しの範囲

 ―――最二小判 平成17・7・11 ●増田 稔

 衆議院小選挙区選出議員の選挙において当選人となった議員が辞職したことにより選挙訴訟の訴えの利益が失われる場合

 ―――最三小判 平成17・7・19 ●増田 稔

 甲が乙を欺いて金員を交付させるに当たり甲及び乙が別途丙を欺いて丙から甲に上記金員を交付させた場合と甲の乙に対する

 詐欺罪の成否

 ―――最二小決 平成15・12・9 ●多和田隆史

 裁判官が公訴棄却の判決をし又はその判決に至る手続に関与したことと再起訴後の審理における刑訴法20条7号本文所定の除斥原因

 ―――最一小決 平成17・8・30 ●松田俊哉

裁判員裁判と保釈の運用について ●松本芳希

[海外法律情報]

 スウェーデン ―――親休暇法改正案 ●木下淑恵

[商事判例研究]

 無担保社債の販売における金融商品販売法所定の説明義務 ●清水忠之

 ―――東京地判 平成15・4・9 

 既知事項質問に対する取締役の説明義務と議長の議事運営 ●得津 晶

 ―――東京スタイル決議取消訴訟事件

 ―――東京地判 平成16・5・13 

[労働判例研究]

 家族の看護・介護を行っている労働者への配転命令における手続と配慮

 ―――ネスレジャパンホールディング(配転本訴)事件

 ―――神戸地姫路支判 平成17・5・9 ●水町勇一郎

じゅりさいと

2006年度 春季学会予告2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法律のひろば 2006年5月

法律のひろば

平成一八年五月一日発行

第五十九巻 第五号

雑 誌:08029-05

CONTENTS

◆特 集◆

 改正行政事件訴訟法施行後1年の動向

 ◇改正行政事件訴訟法施行後1年の回顧と今後の展望/大門 匡

 ◇処分性をめぐる最近の最高裁判決の動向/越智敏裕

 ◇原告適格 ―――小田急事件大法廷判決について/岩渕正紀

 ◇在外邦人選挙最高裁大法廷判決 ―――公選法の当事者訴訟/西村淑子

 ◇改正行政事件訴訟法の実務上の諸問題/永谷典雄

◆連 載◆ 

 <新連載> 法テラスの設立に向けて 第1回

       日本司法支援センターの設立にあたって/金子輝子

 ・民事判例研究 第11回/(財)日本法律家協会 民事法判例研究会

  専用実施権を設定した特許権者がその特許権に基づく差止請求をすることの可否/吉田和彦

 ・司法制度改革インフォメーション 第3回

  法務省における裁判員制度の広報啓発活動について/大山邦士

 ・英米法研究 第38回

  州の課税権と部族主権との衝突の有無/井上 聡

 ・ザ・税務訴訟

  宗教法人が行うペット葬祭事業が収益事業に該当するとした事案/林 仲宣

 ・ひろば時論

  「お弁当はでますか?」 中核事務官研修(仮称)

訟務情報

前号目次

次号予告

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダ・ヴィンチ 2006年6月

ダ・ヴィンチ

平成18年6月6日発行

通巻146号

発行人:芳原世幸

編集人:横里 隆

発行/発売:メディアファクトリー

雑 誌:05947-6

CONTENTS

【特集1】

 特集ターシャ・テューダー

 「楽しみは創り出せるものよ」

 わたしたちの胸に、じんわりしみこむ

  ターシャ・テューダ―のことば

  おおたうにインタビュー

 わたしたちのこれからを聞いてみました

  ターシャ・テューダー

  本誌オリジナル・インタビュー

 まず手に取りたい

  ターシャを知るための本

 ひとりで、お金をかけずに―――

  ターシャみたいに楽しみたい

  お茶、お花、お洒落

  内田真美、中川敦子、香川真希枝

 物語の中に見つけたおばあちゃんの言葉

【特集2】

 お待たせしました!

 「第1回 ダ・ヴィンチ文学賞」

  受賞者発表!!

  入賞者インタビュー

 今号より公募スタート!!

 「第2回 ダ・ヴィンチ文学賞」

 締め切り間近!!

 「第1回 『幽』怪談文学賞」

【別冊付録】すべて新作描き下ろし!

 コミックエッセイマガジン 『別ダ』volume4

発売後間もなく30万部突破! その中身に迫る

 『陰日向に咲く』(劇団ひとり)映画版は

 このキャスティングで観てみたい!

 特別版『陰日向に咲く』百人書評

スタジオ・インタビュー

 伊勢谷友介

気になるあの人の気になる一冊

 坂本美雨

 YUI

ヒットの予感 EX

 『チョコレートコスモス』恩田 陸

 『銀河のワールドカップ』川端裕人

 『美肌の花道 佐伯チズでございます!』佐伯チズ

ヒットの秘密 EX

 『子育てハッピーアドバイス』明橋大二

ヒットの予感

 『きみの歌が聞きたい』野中 柊

 『愛の流刑地』渡辺淳一 

 『私という病』中村うさぎ

 『栄光なき凱旋』真保裕一

ダ・ヴィンチほりだし本

 本田美奈子・メッセージブック 『天国からのアンコール』

【BOOK REVIEW】

 今月の「絶対はずさない! プラチナ本」

 本屋さんがおすすめするレコメン本

 ダ・ヴィンチ Book Watcherの絶対読んでトクする20冊

 今月の注目本130

 担当編集者イチオシ本

 この本にひとめ惚れ

 出版 ニュースCLIP

 マギーさんの読書占い

 プレゼント付き読者アンケート&今月のしあわせ者 

 WEBダ・ヴィンチのお知らせ

 バック・ナンバーのご案内

 ダ・ヴィンチコードの活用方法

 次号予告

 ドイツ流の暮らし方が大人気

  沖 幸子インタビュー

 新刊クローズアップインタビュー

  『もしも、私があなただったら』白石一文

 子育てのお悩み別!

  読んですぐ効く心の処方箋

 締め切り迫る!

  コミックエッセイ プチ大賞募集!

 『NGO、常在戦場』

  鈴木敏夫 × 大西健丞 対談

 「小説宝石」今月はコレが読みたい!

 「あなたに会いたくて」不知火京介

 ヘルシー&ビューティー 最新情報

  希少価値でおいしい! 「青大豆」ってなあに?

 諸星大二郎の作品世界を忠実に再現

  映画『奇談』DVDがいよいよ登場

 新風舎の注目本

【好評連載中】

 アラーキー「裸ノ顔」筒井康隆

 「ふむふむのヒトトキ」

  一青 窈(ひととよう) × 山本良一[後 編] 

 北尾トロ「出動! トロ・リサーチ」

 岡野宏文 × 豊崎由美

  「百年の誤読 舶来編」

 爆笑問題の日本史原論

 山岸涼子 「テレプシコーラ」

 益田ミリ 「わたし恋をしている。」

 竹内佐千子 「ハニー&ハニー」

 森下えみこ 「独りでできるもん」

 宮台真司 「オン・ザ・ブリッジ」 

 河井克夫 「猫と負け犬」

 大田垣晴子 「わたしって……!」

 旬の本棚

  『ダ・ヴィンチ・コード』を読み解く31冊

 5月病にサヨナラ!

  元気を取り戻すための自己啓発本30冊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月イチ こち亀 極上チョイス!2006年4月29日

月イチ こち亀 極上チョイス!

発行日:2006年4月29日

著 者:秋本 治

発行人:堀内 丸恵

発行所:株式会社 集英社

ISBN:4-08-109172-2 C9479

雑  誌:65332-72

CONTENTS

本官は勤務中! の巻

オマワリクン! の巻

スペシャル編Part1 S.S.チーム(スペシャル・セキュリティ・チーム)誕生の巻

両さんの漫画修業の巻

日本酒密造計画!! の巻

あなたのフィギア作ります! の巻

シルバー雇用おまかせ!! の巻

コンビニエンスな警察官!! の巻

聖橋白線流しの巻

【MINIATURE COMIC】

 『ミニ亀』巨大アスレチック大会!! の巻

【COLUMN】

 突撃取材レポート!! ガレージキット編

 「こち亀ゲームぱ~く」探検記

 こち亀30年史 5月編

 1976年5月 あの日あの時

【INFORMATION】

 「秋本 治」コミックスのお知らせ

 ジャンプコミックス「こち亀」のお知らせ

 週刊少年ジャンプのお知らせ

 月刊少年ジャンプのお知らせ

 Vジャンプのお知らせ

 JF-AT版アニメコミックス

  「銀魂 ――ぎんたま――」のお知らせ

 集英社JUMP系コミックス4月期新刊のお知らせ

 集英社S-MANGA.NETのお知らせ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラーマーク収集ガイドブック 2005年

切手のまわりについている余分な紙をパンの耳になぞられえて「耳紙」といいます。

その耳紙み30年くらい前からカラーチャートが印刷されるようになりました。

そのチャートを「カラーマーク」といいますが、それを分類したものです。

珍しい組み合わせだとカラーマークつきの切手1枚が20万円を超えることもあります。

版・色調違い・バラエティ

カラーマーク 収集ガイドブック

2005年4月1日発行

著 者:桑野 博

発行所:株式会社 日本郵趣出版

ISBN:4-88963-655-2 C2665

もくじ

はしがき

解 説

凡 例

カラーマーク図版とその解説

動植物園宝図案切手(円位)

[第2次動植物国宝図案切手]

 2円 秋田犬

[第3次動植物国宝図案切手]

 4円 ベニオキナエビス

新動植物国宝図案切手

[1967年シリーズ]

 1円   前島 密

 3円   ホトトギス

 5円   コバハクチョウ

 7円   金魚

 12円  カブトムシ

 15円  キク

 30円  中尊寺金色堂

 40円  日光東照宮陽明門

 70円  能面「増女」

 80円  ヤマドリ

 100円 タンチョウヅル

[1972年シリーズ]

 10円  ニホンジカ

 20円  マ ツ(1)

      マツ(2)

 25円  アジサイ

 90円  イヌワシ

 120円 迦稜頻伽

 300円 仏 頭

 400円 天燈鬼

 500円 伐折羅大将(1)

      伐折羅大将(2)

[1976年シリーズ]

 50円  弥勒菩薩像

 60円  スイセン

 140円 能面翁

 150円 棟飾りの鳳凰

 200円 はにわの兵士

 250円 狛 犬

 350円 観音菩薩立像

[1980年シリーズ]

 10円  フクジュソウ

 20円  テッポウユリ

 30円  ツバキ

 40円  アブラナとモンシロチョウ

 40円  バ イ

 50円  ソメイヨシノ

 60円  梵 鐘

 60円  リンボウガイ

 70円  笛吹飛天

 70円  シ カ

 80円  人物画像鏡

 90円  ハート形土偶

 100円 銀 鶴

 170円 弥勒菩薩像

 260円 一字金輪蔵

 300円 恵喜童子像

 310円 広目天像

 410円 色絵藤花文茶壺

 600円 弥勒菩薩像

[1989年シリーズ]

 2円   秋田犬

 41円  ヒオウギガイ

 62円  オオイトカケガイ

 72円  シ カ

 175円 弥勒菩薩像

 210円 はにわの兵士

 360円 観音菩薩立像

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレジデント 2006年5月29日

PRESIDENT

2006年5月29日発行 

第四四巻 第一二号

発行人:綿引好人

編集人:長坂嘉昭

発行所:プレジデント社

雑誌コード:27655-5/29

CONTENTS

【特 集】

「書き方」のコツ

 「書けない人」が決まって陥る7つの躓きポイントを一挙解決

 読まれる文章に「文才」は必要ない ●後藤禎典

  ▼「テーマ」がきちんとわかっていますか?

  ▼「事実」と「意見」がごっちゃになっていませんか?……

 アサヒビールの池田会長が顧客と社員の心をつかんだ秘訣を公開

  営業の鬼が直伝!「自分を売り込む」文書術 ●池田弘一

 件名、書き出し、引用、署名、追伸……7つの技法を覚えよう

 一日レッスン「メール苦手男」がみるみる変身! ●本誌編集部

 達人が添削! 「落第文書」ビフォー&アフター

 (1)上司から認められる!

     続きが読みたい企画書 ―――二〇文字で説明し、読み手に楽をさせろ  ●安達元一

     話が弾むプレゼン資料 ―――資料は筋書き。プレゼンは筋書きのあるドラマ ●佐々木直彦

     自己アピールの営業日報 ―――多忙な上司が知って得するニュースな仕掛け ●藤田 晋

     距離が縮まる調査報告書 ―――情報を知的に集約し、「半加工」で心をつかむ ●渋井真帆

 (2)顧客の目を釘づけにする!

    両思いの商品提案書 ―――ラブレターのつもりで下調べの手間を惜しむな ●経沢香保子

    語りかけるダイレクトメール ―――「顔」が見えればレスポンス率はぐんと上がる ●藤村正宏

    気遣いがにじむお礼状 ―――その日のうちに、「とりわけ」で印象を残す ●逢坂ユリ

 (3)言いにくいことを伝える!

    チャンスに転じるお詫び状 ―――改善点を教えてもらった感謝状の気持ちで ●江澤博己

    重要取引先へのクレーム状 ―――解決策の「進言」とイメージしてもらう ●石原 明

    得心の値上げ依頼状 ―――これは値上げではなく、新商品の提案である ●高城幸司

    長年の顧客への断り状 ―――断るときほど、迅速にはっきりと礼儀正しく ●朝倉千恵子

 パソコン全盛時代だからこそ、「手書き」が戦略的ツールになる

  「直筆」の手紙力、「縦書き」の効果 ●阿刀田 高

 「とても難しいです」「資料を配ってございます」「会長からご挨拶をいただきます」……

  知らずに恥かく!「敬語」の落とし穴  ●萩野貞樹

 浅田次郎、重松 清、リリー・フランキー、小川洋子…… どんな人もホロリとさせる秘密とは

  名人からちょっと盗む「泣かせる」6つのツボ ●枝川公一

【ビジネススクール流知的武装講座(149)】

 「生存の臨界」に向かう日本の消費財企業 ●石井淳蔵 

【ハーバード式仕事の道具箱(99)】

 年代別、ニーズ別「人材流出防止策」 ●エリック・J・マクナルティ 

【職場の心理学(147)】

 会社を救う「百番目のサル」とは何か ●吉田新一郎  

大前研一の「日本のカラクリ」(5)

 日本の大病院を脅かす「黒船」外資

J・ウェルチの「ビジネス問答」(9)

 父に会社の継承プランがないのが心配です

経営時論(9)

 名経営者の顔つきにみる三つの特徴 ●伊丹敬之

第三の買収 連載第九回 社長の弁護士 ●牛島 信  

【スペシャル・レポート】

 政界きっての剛腕は、いかに自公体制を攻略するか

 「ニュー小沢一郎」政権奪取の最終戦争 ●塩田 潮

【情報スクランブル】 

 [ニュースファイル]

 ●竹島問題で官邸激怒。「外務省は戦犯だ」

 ●政界への弱腰に見切り? 検事の退官続々

 永田町インサイド(43)

 ●「小泉劇場」の終幕で、総裁選に波乱

【クローズアップニッポン(50)】

 渡辺 謙 俳優兼プロデューサー

 問題作『明日の記憶』を世界に残したい 撮影●鷹野 晃/文●西野雅子

ジーコ監督の「Wカップ日記」 第五回 日本代表の選び方 

【残したい言葉(5)】行不由徑 ●武田國男/婁 正綱

【仕事に使える技術の話(51)】

 イオン性液体 ●中野不二男

【元気なカラダ入門(50)】

 アルコール依存症 ●松井宏夫

【マーケットの読み方(47)】ウィニー

 誰でもできる情報流出を防ぐ方法 ●田中義厚

地球百景(60)「五体投地」 撮影・文●野町和嘉

人間邂逅 ○「下町の人情」 ●竹内俊夫/原 順子

「裸の付き合い」 ●住谷栄之資/服部真二

人に教えたくない店(341)伊藤洋一

本の時間

 著者インタビュー ○『オンリーワン ずっと宇宙に行きたかった』 ●野口聡一

新刊書評 ○山下裕子ほか 著『ブランディング・イン・チャイナ』

世の中の読み方 ○「団塊大量退職」は行き詰まる地方自治の光明となるか ●樺嶋秀吉

経営者の一冊 ○土光敏夫 著『経営の行動指針』

 ●トリンプ・インターナショナル・ジャパン・吉越浩一郎社長

プレジデント言行録

エディターズノート

【特別企画】

 健康特集/

  生活習慣の改善をサポートする「快適ライフスタイル」

プレジデント INFORMATION&EXPRESS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高橋宏志「重点講義 民事訴訟法 下」

重点講義

民事訴訟法[下]

Fundamentals of Civil Procendure

2006年4月10日発行

著 者:高橋 宏志

発行者:江草忠敬

発行所:株式会社 有斐閣

ISBN:4-641-13461-8 C1032

目次

第1講 訴訟要件

 一 定 義

 二 種 類

 三 職権調査

 四 訴訟要件の審理の順序

 五 訴訟要件の効果

 六 訴権の濫用

第2講 証拠調べ

 一 証拠法の理念・用語

  1 証拠法の理念・意味

  2 証拠法における諸概念

  3 証明の対象

  4 証明と疎明

  5 厳格な証明、自由な証明

 二 自由心証主義

  1 意義と限界

  2 証明度

  3 証拠調べの結果

  4 弁論の全趣旨

  5 損害額の認定(二四八条)

 三 証拠契約

 四 情報収集の手段

  1 当事者照会

  2 弁護士会照会

  3 模索的証明論

 五 証拠調べ各論

  1 証拠の申出と採否

  2 証人尋問

  3 当事者尋問

  4 鑑 定

  5 書 証

  6 検 証

  7 新種証拠

  8 証拠保全

第3講 共同訴訟

 一 共同訴訟の意義と種類

 二 必要的共同訴訟

  1 必要的共同訴訟の手続規律

  2 固有必要的共同訴訟

  3 類似必要的共同訴訟

  4 準必要的共同訴訟

 三 通常共同訴訟

 四 共同訴訟全体の構造

第4講 主観的予備的併合 ―――同時審判の申出がある共同訴訟

 一 主観的予備的併合

  1 問題状況

  2 統一審判の保障

  3 予備的被告の不利益

 二 同時審判の申出のある共同訴訟

  1 主観的予備的併合との異同

  2 違反の効果

第5講 選定当事者

 一 選定当事者

 二 クラス・アクション

 三 訴外第三者からの選定

第6講 補助参加

 一 補助参加人の権限

  1 従属性と独立性

  2 従属性の内容

  3 独立性

  4 独立性を強化した解釈論

 二 補助参加の利益

  1 補助参加の利益の定式・類型

  2 公証人参加申出の事件

  3 争点毎の補助参加(被参加人を固定しない争点限りの補助参加)

  4 相手方への補助参加

  5 当然の補助参加(申出不要説)

 三 補助参加と判決効

 四 共同訴訟的補助参加

 五 訴訟告知

  1 意義と効果

  2 判 例

  3 訴訟告知の実際と不都合

第7講 独立当事者参加

 一 独立当事者参加の意義

 二 独立当事者参加の要件

  1 詐害防止参加

  2 権利主張参加

  3 上告審での参加

 三 片面参加

 四 独立当事者参加の審判の規律

  1 請求なき当事者

  2 審判の規律

  3 敗訴者の一部による上訴

 五 訴訟脱退

  1 訴え取下げ

  2 訴訟脱退

 六 参加類型相互の関係

  1 諸参加類型の相互関係

  2 債権者代位訴訟と独立当事者参加

 七 当事者引込みの理論

第8講 訴訟承継

 一 訴訟承継の意味・種類

  1 訴訟承継の意味

  2 訴訟承継の種類

 二 参加承継

 三 引受承継

  1 引受承継と参加承継の異同

  2 承継人の範囲

  3 訴訟状態の引継ぎ

  4 譲渡人からの引受承継の申立て

 四 訴訟承継主義の限界とその対策

第9講 控 訴

 一 意義・手続

 二 控訴の利益

 三 控訴権放棄、不控訴の合意

 四 附帯控訴

 五 控訴審の構造

 六 控訴審の審判

  1 不利益変更禁止

  2 予備的併合の控訴と不服

  3 争点限定の上訴

 七 控訴審判決の形

第10講 再 審

 一 再審の意義・構造

  1 意 義

  2 再審の訴訟物

  3 再審事由と訴訟物

  4 再審の補充性  

 二 再審事由

  1 再審事由

  2 二項の有罪判決等

  3 再審事由と立法論

 三 再審の訴えの提起

  1 管轄裁判所

  2 出訴期間

  3 正当な当時者(当時者適格)

  4 第三者自身にかかわる再審事由

 四 再審の審判

第11講 民事訴訟法の平成一五年改正

 一 平成一五年改正

 二 証拠法 ―――提起前の証拠収集、鑑定その他

 三 専門家の関与 ―――専門委員制度の総説

 四 計画審理

 五 特許事件管轄の専属化

 六 人事訴訟手続法の改正

事項索引

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民事要件事実講座1

民事要件事実講座1  総論1 ~1~

2005年3月18日発行

統括編集者:伊藤滋夫

発行者:逸見慎一

発行所:株式会社 青林書院

ISBN:4-417-01382-9 C3332

目 次

1 要件事実論の現状と課題………伊藤滋夫

 1 本稿の趣旨

 2 序 説

 (1)要件事実論の定義

 (2)要件事実の法律的性質

 (3)民事訴訟における要件事実論の機能

 3 要件事実論の現状

 (1)若干の回顧

 (2)現 状

 (3)要件事実論批判説への若干の反論

  (a)はじめに

  (b)松本論文における見解について

   (ア)裁判規範としての民法を適用して裁判することは違法ではないかとの批判について

   (イ)要件事実論(特に私見)が訴訟法学の発展の方向に反するとの批判について

   (ウ)その他の批判について

 4 要件事実論と事実認定論

 5 要件事実論の課題

 (1)はじめに

 (2)民事紛争解決手続に関する法規・プラクティスの改革との関係における課題

  (a)民事訴訟における計画審理に関係して

  (b)和解手続に関係して

 (3)新たな実体法の動きとの関係における課題

  (a)はじめに

  (b)新たな権利の生成に関する問題 

   (ア)受動喫煙を受けない権利

   (イ)著作権に関する問題

  (c)財産法の改正に伴う問題

  (d)財団法の改正が予想されることに伴う問題

  (e)まとめ

 (4)その他の分野における問題

  (a)はじめに

  (b)コンプライアンスに関連して

  (c)高齢化社会における紛争予防に関連して

 (5)法科大学院における要件事実教育

 (6)要件事実論と民法学

  (a)はじめに

  (b)要件事実論が民法学から学ぶべきこと

  (c)要件事実論からみた民法学への問題提起

   (ア)第3の要件の考え方の可能性

   (イ)裁判規範としての民法の要件をそのまま従来の民法学にいう要件としてもよいかもしれない場合

   (ウ)要件を具体的に厳密に考えるというメリット

 6 おわりに ―――司法への市民の参加にも触れて

2 要件事実の機能 ―――裁判官の視点から………原田和德

 1 はじめに

  (1)裁判所の役割

  (2)新民訴法等の制定、施行

  (3)法科大学院の設置

  (4)本稿の趣旨

 2 要件事実とのかかわり

  (1)司法修習生として

  (2)裁判官として

   (a)新任判事補時代

    (ア)交通部において

    (イ)保全部において

   (b)その後の裁判官生活

    (ア)函館地裁等において

    (イ)東京高裁において

  (3)民事裁判教官として

   (a)司法修習生に対する講義

   (b)教官室における合議

   (c)教材等の作成

  (4)基本的な考え方

 3 要件事実教育の変遷等

  (1)第1期―――発祥期

  (2)第2期―――発展期

  (3)第3期―――完成期

  (4)第4期―――変動期

 4 要件事実

  (1)民事訴訟における判断の構造

  (2)要件事実の意義

  (3)要件事実と主張主義

  (4)要件事実と立証責任(証明責任)

   (a)立証責任の概念

   (b)立証責任の分配

  (5)主張責任と立証責任との関係

 5 攻撃防御方法の体系

  (1)攻撃防御方法の意義

   (a)請求原因

   (b)抗 弁

   (c)再抗弁

   (d)再々抗弁

  (2)攻撃防御方法の体系の具体的検討

 6 要件事実論

  (1)要件事実論の意義

  (2)裁判規範としての民法という考え方

  (3)要件事実論の在り方

  (4)民法等の実体法の解釈学と要件事実論との関係

  (5)要件事実論に対する批判又は懐疑的見解

 7 要件事実の機能

  (1)要件事実の重要性

  (2)適切な訴訟物の選択

  (3)争点整理

  (4)真の争点の早期把握

   (a)訴 状

   (b)答弁書

   (c)準備書面の記載

  (5)争点整理の在り方

   (a)当事者の役割

   (b)裁判所の役割

   (c)当時者と裁判所との間の信頼関係

   (d)間接事実の重要性

   (e)計画審理の実施

   (f)釈明権の行使

  (6)必要最小限の審理 ―――無駄のない審理

  (7)充実した証拠調べの実施

  (8)不意打ちの防止

  (9)要件事実論と事件の筋

 (10)現代型訴訟と要件事実

 (11)和解手続と要件事実

 (12)判決書の作成

 (13)判例の正確な理解

 (14)民事紛争の予防

 (15)要件事実の限界

 8 判決書の作成

  (1)在来様式判決書

  (2)新様式判決書

  (3)よりよい判決書を目指して

 9 おわりに

  (1)優れた法曹の養成

   (a)法科大学院における要件事実教育

   (b)司法研修所における要件事実教育

  (2)要件事実の活用

  (3)民事訴訟の適正迅速な解決を目指して

3 当事者からみた要件事実 ―――当事者代理人に必要な要件事実の基礎知識………永石一郎

 本稿の趣旨

 1 要件事実に入る前に(とくに弁論主義について)

  (1)弁論主義

  (2)主張主義

   (a)主要事実(直接事実とも言う)

   (b)事 情

    (ア)間接事実

    (イ)補助事実

    (ウ)本来の事情

  (3)立証責任(証明責任、挙証責任とも言う)

   (a)立証責任とは

   (b)立証責任の分配により主張責任の分配も決まる

   (c)立証責任分配に関する諸説

    (ア)法律要件分類説

    (イ)修正法律要件分類説

   (d)主張・立証責任論の新たな流れ

 2 要件事実について

  (1)要件事実とは何か

   (a)要件事実とは

   (b)要件事実論とは

   (c)請求原因における要件事実(請求原因事実)

   (d)要件事実は訴訟物と訴訟の形式により決まる

   (e)要件事実と判例

   (f)要件事実論で難しいのは評価と事実の区別である

   (g)非典型契約の要件事実の考え方

   (h)要件事実を核にした訴訟の推移

   (i)要件事実の効用

   (j)要件事実における注意点

   (k)要件事実(ひいては法解釈)の思考順序

    (ア)法的問題の発見から解決の検証まで  

    (イ)分析して考える

    (ウ)これらの能力の修習の仕方

    (エ)「筋」「落ち着き」(バランス感覚・リーガルマインド・常識)の習得方法

 3 司法研修所の要件事実

  (1)司法研修所の要件事実論の特色

   (a)旧訴訟物理論を採用

   (b)修正法律要件分類説を採用

   (c)証明責任規範は不要

   (d)主張責任と立証責任の分配基準の一致

   (e)要件事実と主要事実は同じ

    (ア)要件事実の意味

    (イ)債務不存在確認の訴えにおける「訴えの利益」等に関する事実の主張は要件事実といえるか

    (ウ)具体的事実(主要事実)の記載方法

    (エ)要件事実は相手方の争い方により逐次具体化する

   (f)規範的要件という概念を創設

   (g)条件・期限は付款として抗弁と考える

   (h)契約を売買型と貸借権に分類

   (i)同一の法律要件から複数の法律効果が生じても要件事実は同一

   (j)不存在の主張立証はさせない

   (k)合意より任意規定優先

   (l)時的要素・時的因子という概念を考案

   (m)黙示の意思表示のとらえ方

   (n)占有は事実概念

   (o)択一的認定をしない

  (2)司法研修所の要件事実論に対する批判

 4 ブロック・ダイアグラムについて

  (1)ブロック・ダイアグラムとは

  (2)ブロックの前提としての法律効果の持続

  (3)攻撃防御方法の一覧

  (4)抗弁・再抗弁の判断のメルクマーク

  (5)ブロックに記載されるもの

  (6)仮定抗弁、予備的抗弁、選択的抗弁

  (7)ブロックの記号

  (8)ブロック作成の意義、符号の振り方

  (9)ブロック作成における注意事項

 (10)規範的要件における評価根拠事実と評価障害事実はワンセットではない

 (11)一つの事実はブロックにおいてただ一回しか使われるものとは限らない

 (12)ブロックでは要件事実を表示しない場合がある

 (13)ブロックの同一系列では既出の事実主張は改めて主張不要

 (14)被告が複数(Y1、Y2)の場合でも請求原因事実は1つのブロックにまとめられる

 (15)当事者関係図、時系列表、ブロックの実際

   (a)事 案

   (b)当事者関係図

   (c)時系列表

   (d)ブロック

4 主張責任と立証責任………難波孝一

 1 本稿の趣旨 

 2 裁判規範としての民法と要件事実

  (1)民法(実体法)は裁判規範か

  (2)裁判規範としての民法

   (a)必要性

   (b)裁判規範としての民法の構成原理等

   (c)裁判規範としての民法と要件事実、主張立証責任との関係

 3 立証責任

  (1)立証責任の意義

  (2)立証責任の分配をめぐる考え方の検討

   (a)はじめに

   (b)規範説

   (c)利益衡量説

   (d)修正法律要件分類説

   (e)裁判規範としての民法説

   (f)証明責任規範説

   (g)小 括

 4 主張責任

  (1)主張責任の意義

  (2)主張責任の分配

 5 立証責任と主張責任との関係

  (1)立証責任と主張責任との一致

  (2)立証責任と主張責任とは一致する必要はないとの考え方について

   (a)はじめに

   (b)中野論文について

   (c)前田論文について

   (d)松本論文について

  (3)小 括 ―――立証責任と主張責任との一致について―――

  (4)立証責任と主張責任の所在の決定の先後関係

 6 最後に

5 規範的要件・評価的要件………難波孝一

 1 本稿の趣旨

 2 実体法上の法律要件の種類、区別の実益等

  (1)事実的概念、価値的概念、評価的概念

  (2)区別の実益

 3 評価的用件・規範的要件の意義、種類

  (1)意 義

   (a)評価的要件の特徴

   (b)評価的要件が立法されている理由

   (c)規範的要件と一般条項との関係

  (2)評価的要件の限界等について

   (a)評価的要件か否かの区別の基準

   (b)評価的用件か否かが問題となる法律要件

    (ア)欠 陥

    (イ)瑕 疵

    (ウ)占 有

   (c)黙示の意思表示

 4 評価的要件の要件事実

  (1)はじめに

  (2)各説の紹介

   (a)間接事実説

   (b)主要事実説

   (c)準主要事実説

  (3)各説の長所、短所

   (a)間接事実説

    (ア)長 所

    (イ)短 所

   (b)主要事実説

    (ア)長 所

    (イ)短 所

  (4)両説の検討

 5 評価障害事実について

  (1)評価障害事実の意義

  (2)評価障害事実の攻撃防御方法としての位置づけ

   (a)間接事実説

   (b)否認説

   (c)間接反証類推説

   (d)抗弁説

 6 評価的要件における判断の構造

 7 最後に

6 攻撃防御方法としての要件事実―契約の履行請求権を例として………大江 忠

 1 はじめに

 2 契約に基づく履行請求権の要件事実

  (1)冒頭規定説

  (2)部分合意説(返還約束説)  

  (3)条件・期限一体合意説

  (4)全部合意説

 3 契約無効に基づく不当利得返還請求権

  (1)不当利得返還請求権の要件事実

  (2)予備的請求

7 公証業務と要件事実………小倉 顕

 1 はじめに

  (1)本稿の趣旨

  (2)公証制度の意義について

  (3)要件事実の意義についての理解

  (4)公証業務と要件事実とのかかわりについて

 2 公証制度の紛争予防機能について

 3 公証業務において要件事実論を取り入れる場合の問題点について

 4 公正証書作成と手続的要件について

 5 公正証書作成と実体的要件について

 6 類型別の公正証書における要件事実とのかかわりについて

  (1)金銭消費貸借契約に関する公正証書

  (2)準消費貸借契約に関する公正証書

  (3)債務承認弁済契約に関する公正証書

  (4)求償債務履行に関する公正証書

  (5)売買契約(割賦販売)に関する公正証書

  (6)一般定期借地権設定契約に関する公正証書

  (7)事業用借地権設定契約に関する公正証書

  (8)定期建物賃貸借契約に関する公正証書

  (9)死因贈与契約に関する公正証書

 (10)離婚に関する公正証書

 (11)任意後見契約に関する公正証書

 (12)死後事務委任契約に関する公正証書

 (13)遺言に関する公正証書

 7 むすび

8 司法書士と要件事実―司法書士業務における要件事実論の有用性………関根誠一郎

 1 本稿の趣旨

 2 筆者が受けた4つの相談事例

 3 要件事実論の有用性 ―――4つの相談事例について

  (1)【相談事例1】(添付書面例)について

  (2)【相談事例2】(登記原因例)について

  (3)【相談事例3】(判決例)について

  (4)【相談事例4】(和解例)について

 4 要件事実論の有用性 ―――添付書面を例にして

  (1)はじめに

  (2)相談事例

  (3)利益相反取引の規制

  (4)取締役会の承認を要する取引

  (5)取締役会の承認を要しない行為

  (6)取締役会の承認を受けない直接取引の効力と追認

  (7)取締役会の決議と決議の瑕疵

  (8)特別利害関係人

  (9)兼任取締役会社間の取引と取締役会決議における特別利害関係人

 (10)所有権移転登記と取締役会議事録添付の要否

 (11)下級審判例の事案

   (a)原告の主張(1)「訴状」

   (b)被告の主張(2)「答弁書」   

   (c)原告の主張(2)「準備書面」 ―――答弁書の被告の主張に対する反論―――

   (d)被告の主張(2)「準備書面」 ―――原告への再反論―――

   (e)東京地裁の判断

   (f)控訴人(被告)の主張「準備書面」

   (g)被控訴人(原告)の主張「準備書面」

   (h)東京高裁の判断

   (i)学説・判例の状況

 (12)まとめ

 5 裁判規範としての民法

  (1)裁判規範としての民法(実体法)と行為規範としての民法(実体法)

  (2)裁判規範としての民法の構成 ―――特別利害関係のある取締役が取締役会の議長を務めた場合

  (3)行為規範としての民法の要件の定め方

  (4)行為規範としての民法からの裁判規範としての民法の構成

 6 おわりに

  (1)要件事実論と実体法

  (2)まとめ

9 弁理士業務と要件事実………光石俊郎

 1 はじめに

 2 証明責任の意義

 3 民事訴訟における証明責任の分配

 4 行政訴訟(抗告訴訟)における証明責任の分配

 5 審査における証明責任

  (1)審 査

  (2)証明責任

  (3)証明責任の分配

    (a)特許法36条4項1号

     (ア)実施可能要件 

     (イ)委任省令要件

     (ウ)証明責任の分配

    (b)特許法36条6項

    (c)新規性・進歩性

     (ア)先行技術文献開示制度

     (イ)証明責任の分配

 6 審判における証明責任

  (1)審 判

  (2)証明責任

  (3)証明責任の分配

   (a)査定系審判

   (b)当事者系審判

 7 審決取消訴訟における証明責任

  (1)実務の審理方式及びその判決書の構成の問題

  (2)証明責任の分配

   (a)拒絶審決取消訴訟

   (b)無効審決取消訴訟

   (c)無効不成立審決取消訴訟

 8 まとめ

10 法学・法曹教育における要件事実論………田尾桃二

 1 はしがき

  (1)概 説

  (2)司法制度改革と要件事実教育、要件事実論

  (3)本稿の内容

 2 要件事実論:要件事実教育のはじまり

  (1)本稿の趣旨

  (2)法曹養成における判決起案 ―――司法官試補の教育と司法修習の比較

  (3)司法官試教育の改革の動き

    (a)島方判事の研究

    (b)村松判事の研究

  (4)司法修習制度発足直後の要件事実教育

  (5)要件事実教育の発足に影響した諸理論

  (6)その後の司研における要件事実論

 3 要件事実論の現況寸猫

  (1)本稿の趣旨

  (2)司研民裁教官室刊行の編著

  (3)伊藤滋夫教授(元司研教官、判事、弁護士)の諸著

  (4)大江忠弁護士(元司研教官、慶應義塾大学大学院教授)の諸著

  (5)加藤新太郎司研教官・細野敦判事の共著

  (6)升田純教授(元判事、弁護士)の諸著

  (7)倉田卓次弁護士(元判事)等の諸著

  (8)並木茂教授(元司研教官、判事)の著書

  (9)松本博之教授の著書

 (10)その他の単行本

 (11)最近の雑誌論文

 4 要件事実論の特徴、内容

 (1)本稿の趣旨  

 (2)要件事実論の特徴

  (a)実務家による理論

  (b)実務的技術性

  (c)総合的な考察方法

  (d)汎用的通用性

  (e)動態的考察、ダイアログ的考察

  (f)事実の重視

  (g)各論の重視

  (h)法規の文言、体裁の重視

 (3)要件事実論の内容

  (a)要件事実の定義について

  (b)法律要件分類説

  (c)法規不適用説か証明責任規範(BEWEIS LAST NORM)説か

  (d)「裁判規範としての民法」という考え

  (e)主張責任と立証責任の関係

  (f)停止条件付契約についての抗弁説と否認説

  (g)無権代理人の責任追及訴訟における要件事実

  (h)所有権訴訟における要件事実

  (i)その他の諸論点

 5 法学教育、法曹教育における要件事実論

 (1)本稿の趣旨

 (2)要件事実論の法学学習上の(ひいて法曹育成上)効用

  (a)本質的な事柄を選別する能力、習性の涵養

  (b)法律の読み方、考え方の厳密化

  (c)法律の立体的・動態的・総合的把握

  (d)事実の重視による効用

  (e)主張・立証責任を絶えずに念頭に置くことによる効用

 (3)要件事実論の学習、教育について

  (a)大学法学部における学習、教育

   (ア)概 説

   (イ)要件事実論学習における基礎的一般的法学教育の意義、重要性

   (ウ)民法の学習、教育において

   (エ)その他の実体法学習、教育において

   (オ)民法民事訴訟法の学習、教育において

   (カ)演習・ゼミナールにおいて

  (b)法科大学院における要件事実論の学習、教育

   (ア)概 説

   (イ)法科大学院における要件事実教育の問題点と対策 ―――司研のそれとの対比において

  (c)新司法修習と要件事実教育

   (ア)概 説

   (イ)問題点

事項索引

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本の窓 2006年5月

月刊 本の窓 5月号

2006年5月1日発行

第29巻第4号(通巻255号)

雑 誌:08201-5

目 次

特 集/天才の仕事

対 談/時代も国境も超えて愛されるモーツァルト/海老澤 敏・久元祐子

ザルツブルク-祝祭都市の顔/池内 紀

音楽の女神に愛された天才、モーツァルトとミック・ジャガー/山川健一

私の書評/『八十四歳。英語、イギリス、ひとり旅』を読む/尾島恵子

■新連載■

 金子みすゞ ―――この悲しみはどこからくるのか(1)/今野 勉

■連 載■

 沈丁花の迷宮(22)/深田祐介

 ミステリーとの半世紀(31)/佐野 洋

 夢に酔い、花と散り(31)/北原亞以子

 僕らが愛した手塚治虫(29)/二階堂黎人

 こぶ平改め正蔵流「多芸で楽しむ」(31)(最終回)/林家正蔵

 詩の木蔭で(14)/井坂洋子

 八〇年代生まれ(ジ・エイティーンズボーン)とミステリーを読む(9)/佳多山大地

 白土三平と私(6)/毛利甚八

 イヌの放課後(21)/森 詠

 大江戸恐龍伝(38)/夢枕 獏

■コラム 本の学校■

 ミステリー古典名作/小森 収

 ミステリー&冒険小説オススメの新作/土屋文平

 時代小説の愉しみ/菊池 仁

 おいしい本箱/たにわきさちこ

 こんな本みつけた/崎 愛作

 「英語」千夜一夜/尾島恵子

 読者フォーラム/情報ランド

 次号のお知らせ

 編集後記・奥付

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法と実務 2006年4月15日

法と実務[5]

2006年4月15日発行

編 者:日弁連法務研究財団

発行者:松澤三男

発行所:株式会社 商事法務

ISBN:4-7857-1322-4 C3032

目次

犯則調査制度の独占禁止法への導入にあたっての課題等

(鈴木恭蔵・御器谷修・山本裕子・梅津有紀)

序………鈴木恭蔵・御器谷修・山本裕子・梅津有紀

第1章 税法における犯則調査制度………御器谷修・梅津有紀

 1 制度の概要

 2 制度導入の経緯

 3 運用の実態

 4 制度に関する判例

 5 問題点と考察

第2章 証券取引法における犯則調査制度………山本裕子

 1 制度の概要

 2 制度導入の経緯

 3 運用の実態

第3章 独占禁止法への犯則調査制度の導入………山本裕子

 1 制度導入の経緯

 2 犯則調査権限の導入に関する諸見解

 3 犯則調査権限導入後の課題

第4章 行政調査と犯則調査制度の位置づけ………鈴木恭蔵

 はじめに

 1 行政調査

 2 税法における行政調査(質問調査権)と犯則調査

 3 証券取引法における犯則調査手続

 4 行政調査と犯則調査との関係と問題点等

 おわりに

高等教育機関における司法書士養成の課題と展望

(森本敦司・辻本勲男・齋藤隆夫・塩谷弘康・吉井啓子)

一 研究課題の所在 ―――高等教育機関と司法書士の養成

二 司法書士の認知度

三 法学系学部・学科と司法書士

四 司法書士業務の展望 ―――企業法務との関連において

五 法科大学院と司法書士

わが国の法律事務所におけるパラリーガルの育成と有効活用のための研修および検定内容の策定

(森本敦司・小川義龍・岡田好弘・Keiko Harman・佐藤まゆみ・高橋真澄・津田富士夫・横店恵美)

はじめに ―――2004年報告書の概要と今回の報告書の展望

一 研修等に関する実態報告

二 検定試験に関する調査報告

三 アメリカにおけるパラリーガルの資格制度

むすび ―――わが国におけるパラリーガルの専門職の確立に向けて

資料一 國學院大學法学部「パラリーガル実務講座」

資料二 日弁連法務研究財団実験講座

資料三 パラリーガル検定・講座のための項目一覧

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別冊正論2006年4月19日

別冊 正 論

発行日:2006年4月19日

発行人:斎藤 勉

編集人:上島嘉郎

発行所:産経新聞社

発売所:扶桑社

雑  誌:67692-17

ISBN:4-594-60443-9 C9436

目 次

別冊正論Extra.02 日韓・日朝歴史の真実

【INTRODUCTION】隣人よ! 

 歴史は政治に従属するものではない。いまこそ事実に向き合おう………渡部昇一

汝、ふたたび中華帝国の属領と化すか………中西輝政

 反日・反米で共鳴する韓国・北朝鮮の行く末

拉致問題の風化は亡国に至る道………平沼赳夫

 解決への情熱を梃子に日本を変える

対北朝鮮外交のプランを立てよと命じられたら………佐藤 優

状況は打開できる!

【対 談】増大する中朝の核脅威 ―――「核武装」という日本の選択………伊藤 貫/東谷 暁

大韓民国はどこへ行く「次期」政権のさらなる左傾化を保守派は巻き返せるか………黒田勝弘

私が「在日」をやめた理由 外国人であることこそが「変則」なのだ。「帰化」について率直に語ろう………浅川晃広

歴史の嘘に呪縛される不幸を断つために 強制連行、従軍慰安婦、竹島…いかにNOと言うか………八木秀次

日本人の知らない韓国「独立戦争」史観の奇天烈 無視される歴史の大局………八木秀次

「冬ソナ」に胸ときめかす前に 韓国の「身内正義」主義の身勝手さ………呉 善花

勝者は誰か! 朝鮮半島をめぐる経済戦争の内幕 日米中露韓が組んず解れつ… ………宮崎正弘

【真相と本質に迫る 四つの対話】

日韓友好を阻害する“歪んだ符号”安易な謝罪と無茶な非難………呉 善花/金 完燮

元朝鮮総督府幹部が語る(1)「強制連行」はなかった………坪井幸生/大師堂経慰/石川水穂

元朝鮮総督府幹部が語る(2)「創氏改名」の真相………坪井幸生/大師堂経慰/杉本幹夫/石川水穂

北朝鮮に「対話」は通じない! 北朝鮮で虐げられている人々も、拉致被害者も日本の決断を待っている………横田 滋・早紀江・N・フォラツェン

朝日新聞は日韓・日朝問題をどう報じてきたか………片岡正巳

北朝鮮に憑かれた人々の鉄面皮 政治家・学者・ジャーナリスト… なぜかくも反省がないのか………稲垣 武

シミュレーション緊迫の200X年 テポドンが飛来する日 朝鮮半島に吹いた「暴風」そのとき日本は………潮 匡人

【発掘対談】「在日」と「日本人」の間で… 「役に立つ人間になれ」と語った祖父の教え………前田日明/福田和也

1965年の韓国 若き大学院生の“率直”見聞録………吹浦忠正

北朝鮮を呑みこむ中国 勢力圏拡大を阻止するために………湯浅 博

韓国ホラーに見る「反日」の深層………佐藤健志

「在日」永続化としての「在日」映画………浅川晃広

「嫌韓流現象」を読み解く………鵜野光博

大日本帝国に生きた韓国系軍人………牧野弘道

執筆者略歴・操舵室から

| | コメント (0) | トラックバック (0)

判例時報2006年4月11日 1919号

判例時報

平成18年4月11日号

発行通巻一九一九号

編集人:下平健一

発行人:判例時報社

雑  誌:26332-4/11

ISSN:0438-5888

判例時報細目次

◆記 事◆

 精神的ストレスと傷害罪………林 幹人

 現代型取引をめぐる裁判例(159)………升田 純

◆判例特報◆

 一般廃棄物処理施設建設事業に係る事業認定処分取消請求及び事業用地に係る

 権利取得裁決取消請求がいずれも棄却された事例

   ―――日の出町廃棄物処分訴訟第一審判決(東京地判 17・11・25)

◆判 決 録◆

=行 政=

◎一 町が公の施設を存続させるためその管理及び運営を委託している権利能力のない社団の赤字を補てんするのに

   必要な補助金を交付したことが地方自治法二三二条の二に定める公益上の必要を欠くとはいえないとされた事例

 二 地方自治法(平成一四年法律第四号による改正前のもの)二四二条の二第一項四号に基づく住民訴訟における

   請求の放棄の可否

     ―――「陣屋の村」補助金住民訴訟上告審判決(最二判 17・10・28)

=民 事=

◎根抵当権者が競売の申立ての際に提出した当該抵当権の登記のほかに譲渡担保を原因とする同人への所有権移転登記が

 記載されている登記簿謄本とみなされる登記事項証明書と民事執行法(平成一六年法律第一二四号による改正前のもの)

 一八一条一項三号の文書(最二決 17・11・11)

○夫の精子を用いてされた代理懐胎により分娩された子と妻の間には法律上の母子関係は認めることができないとし、

 出生届を不受理とした市長の処分が相当とされた事例(大阪高決 17・5・20)

▽脱税の証拠隠滅工作資金と称して金員を騙取したものに対する損害賠償請求が許されないとされた事例

 (東京地判 17・10・4)

▽閉塞性動脈硬化症に対する治療として、動脈内の硬化症病変を直接削り取るアテレクトミーを施行したところ、

 血管壁の内膜を超えて外膜まで切除し、これにより患者の血管の穿孔を生じさせ、出血性ショックで死亡させた

 場合に、医師に過失が認められた事例(名古屋地判 17・1・27)

▽追突事故により頚椎捻挫等の傷害を負った被害者が、事故により低髄液圧症候群を発症したとして、同症に基づく

 損害賠償請求が認容された事例(福岡地行橋支判 17・2・22)

▽レンタルの携帯電話を使った架空請求詐欺の被害者が、右電話のレンタル会社に対して求めた損害賠償が認容された事例

 (京都地判 17・10・26)

=知的財産権=

○有効成分をA及びBとする医薬品につき薬事法の製造承認を受けたことを理由とする特許の存続期間延長登録の出願が、

 先に有効成分をAとする医薬品につき有効成分をBとする医薬品と併用することを条件に同法の製造承認を受けている

 ことから、特許法(平成一一年法律第四一号による改正前のもの)六七条の三第一項一号の「その特許発明の実施に第

 六七条第二項[存続期間の延長]の政令で定める処分を受けることが必要であったことは認められないとき。」に該当

 するとされた事例(知的財産高判 17・5・30)

▽職務発明にかかる特許を受ける権利の譲渡対価請求権の消滅時効完成後に会社が発明者に対して行った功績表彰とその

 副賞としての金員の授与は、債務承認にならないとされた事例(大阪地判 17・4・28)

=商 事=

◎船舶の衝突によって生じた損害賠償請求権の消滅時効の起算点(最二判 17・11・21)

=労 働=

▽外資系証券会社において時間外賃金が基本給に含まれているとされた事例

   ―――モルガン・スタンレー(割増賃金)事件第一審判決(東京地判 17・10・19)

=刑 事=

◎新株の引受人が会社から第三者を通じて間接的に融資を受けた資金によってした新株の払い込みが無効であるとして

 商業登記簿の原本である電磁的記録に増資の記録をさせた行為につき電磁的な公正証書原本不実記録罪の成立が認め

 られた事例(最一決 17・12・13)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経パソコン2006年4月24日

日経パソコン

NIKKEI PERSONAL COMPUTING

2006年4月24日発行

第504号

発行所:日経BP社

CONTENTS

【創刊500号記念】

 豪華プレゼントが1500人に当たる!

 5号連続 マラソンテスト 最終回 パソコンとネットの常識編

【特集1】

 情報流出ウイルスで日本中が大混乱

 ザ・Winnyパニック!

【特集2】

 無料、簡単、とっても便利

 たまった画像を整理しよう

【ITスキルアップセミナー】

 インターネットを流れる標準文書XML

 第2回 XMLの構造を理解する

【スキルアップ講座】

●作って覚えるWord

 通知書 第2回 文字にメリハリを付ける

●作って覚えるExcel

 工程管理図 第2回 グラフの見栄えを細かく整える

●Excel緊急対策室

 file NO.026 アッと驚く男女別人口ピラミッド

●フォントにまつわるエトセトラ

 第1回 文字を自在に拡大縮小する

●新生活ネットで解決

 第1回 毎日のニュースを手早く把握する

●PowerPointで作る“通る”企画書

 第1回 ニーズとウォンツを探る

●お答えします

 出先でもインターネットを使うには?

【ニュース】

●日経パソコン PC online ニュース

 インテルマックでWindowsを動かすソフト

 次世代DVDが注目の夏商戦向けパソコン

 インテル、クアッドコアCPUや医療向けPCを紹介ほか

【トレンド/ラボ/ルポ】

 次世代DVD、ついに登場  

 米国発、有料のメール配達保証サービス

 実は社内で活躍、企業に入り始めたSNS

【編集長インタビュー】

 パソコンは永遠に未完成で未熟な製品

 NECパーソナルプロダクツ執行役員 社長 高須英世氏

【製品情報】

●速 報

 2006年夏商戦モデル速報

 NEC、ソーテック、ソニー、東芝、富士通

●注目の新製品

 スマートなデザインの19インチ液晶一体型

  VAIO type L VGC-LA50(ソニー)

 NEC初のFelicaポート搭載ノート

  Lavie L LL770/FG(NEC)

 ワンセグ放送を視聴できるLOOX

  FMV-BIBLO LOOX T70S/V(富士通)

 20万円を切る地デジ対応デスクトップ

  PIX-DPO10-PWO(ピクセラ)

 新製品ハードウエア/ソフトウエア

【コラム】

●森本家のワークシート

●気になるデジタルグッズ

●焦 点

●社長のいまさら“あいてぃ”

●いまどきの数字

●ワカれば楽しいコンピューター

●新着サイト情報

●勝谷誠彦のそれゆけ! 電化男

●森博嗣の半熟セミナ

用語解説

メールマガジンの申し込みについて

連載講座ファイルのダウンロード方法

編集メモ

読者の広場/BOOKS/イベント

記事検索

広告索引

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペイン七千夜一夜

スペイン七千夜一夜

2005年9月25日発行

著 者:堀越千秋

発行者:谷山尚義

発行所:株式会社 集英社

ISBN:4-08-747861-0 C0195

目 次

スペインは赤い

スペイン人はねじれる人

 「光と影」の国

 同業者/多忙

 タクシー・ドライバー

 アリとカマル

 春の贈りもの

 愛は惜しみなく奪う

 アイ! セビージャ

 デッサン

 砂漠の水害

 赤いキモノ/義兄弟

 月と六ペセタ

 家庭的/娘の教育

 たまには絵の話

 お家芸/地獄草子

 何でもない!

 三分の理

 ヘレスの物語

 ねじれる人

日本人はあせる人

 あせる人

 真の国際人

 日本の匂い

 歌舞伎見物

 アゴの問題

 お水取り

 さくら/青蛙記(あおがえるき)

 従順の理由

 見捨てる

ねてもさめても

 上の空の話/憂国

 ウロコの取りかた

 いまだに

 失神/野蛮

 多少のずれ

 富士うどん  

 せきとめてはいけない

 立場/白い壁

 屋上にて

 他人のものさし

あとがき

文庫版あとがき

解説 中沢新一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春と読書 2006年5月

青春と読書 5月号

平成18年5月1日発行

第四一巻 第五号(通巻三五七号)

編集人:東田英樹

発行人:大谷和之

発行所:株式会社 集英社

雑 誌:05665-05

目 次

巻頭エッセイ●鴻上尚史 初めての小説   

小特集●コバルト文庫創刊30周年

    対 談/唯川 恵 × 大岡 玲 日本文学史の中の“コバルト” 

    エッセイ/桑原水菜/今野緒雪/倉世春

    花村萬月 三十枚の小宇宙 

対 談●昭和十二年生まれの青春 東海林さだお×安部譲二 

読切小説●本多孝好 STORIES ――もう一つの「MOMENT」

【エッセイ】

 小川洋子:忘れ物について考える

 星野智幸:四年ごとの懊悩 

 川端裕人:ワールドカップへの道  

 河辺一郎:日本外交を問わなかったツケ  

【本を読む】

 藤田香織:冨士本由紀『圏外同士』  

 大滝浩太郎:マーティン・ラン『ダ・ヴィンチ・コード・デコーデッド』

【新連載】

 中島京子:トロッポ・タルディ

【連 載:読物エッセイ】

 石田衣良:前方不注意 

 茂木健一郎:欲望する脳

  鈴木道彦:越境の時 一九六〇年代私記(13)

 豊島ミホ:となりの席の男子図鑑 

 植島啓司:処女神 

【連載小説】     

 佐藤正午:アンダーリポート 

 池永 陽:似たものの冬(最終回)

 森  詠:はるか青春(15)

第15回読書指導体験記コンクール

書評再録

新刊のお知らせ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

将棋世界 2006年5月号

将棋世界

平成18年5月1日発行

第70巻第5号

ISBN:04439-5

CONTENTS

【第64期順位戦最終局特集】

 話題の将棋、本音で語ろう! ホスト・渡辺 明竜王

 「A級最終局を見る」ゲスト・深浦康市八段 文/構成・青島たつひこ

[A級プレーオフ]「谷川、5年ぶりの名人戦へ」

[B球1組]「幻の逆転劇」 記・高野秀行五段

新・対局日誌 記・河口俊彦 [B級2組]「59歳の昇給」

              [C級2組]「3人目は橋本に」

[C級1組]「予測不能のドラマ」 記・野月浩貴七段

昇給者喜びの声

第31期棋王戦五番勝負(羽生善治棋王 × 森内俊之名人)

 [第4局]「持ち味の出た将棋」自戦解説・森内俊之

 [第3局]「羽生、受けきり勝ちで連敗ストップ」

第55期王将戦七番勝負(羽生善治王将 × 佐藤康光棋聖)

 [第5・6局]「妥協しない闘い」 解説・棋聖 佐藤康光

第55回NHK杯テレビ将棋トーナメント決勝「久しぶりの優勝」自戦解説・丸山忠久九段

●カラーグラビア連戦『みんなの街へ 若手棋士参上!』

 [第4回]「素直な気持ちで…」千葉幸生五段 千葉県東金市「東金田間こども将棋教室」

勝又教授の「これならわかる! 最新戦法講義」講師・勝又清和五段 構成・浅川 浩

【好評連載】

 将棋論考………真部一男

 『感想戦後の感想』[第11回]田丸 昇八段 記・高橋呉郎

 毎日がオフタイム 四段 片上大輔

誌上子どもスクール[初級]藤倉勇樹四段 [中級]中倉宏美女流初段 [上級]高田尚平六段

【アマ棋界情報NOW】第18回将棋団体日本選手権 レポート・野山知敬

●カラー

 北原義治銘駒コレクション

 第64期A級順位戦プレーオフ

          最終局 

 第31期棋王戦第3・4局

 第55期王将戦第5・6局

 第32期女流名人位表彰式

 新四段

 私の時間割[5時間目] 中村真梨花女流初段

 第55回NHK杯テレビ将棋トーナメント決勝

 第18回アマチュア将棋団体日本選手権

●Challenge

 【懸賞詰将棋】出題・内藤國雄

 【懸賞次の一手】出題・安西勝一

 【懸賞必至】出題・佐藤大五郎

 【昇段コース】本誌限定、六段コース/四・五段コース/初~三段コース

 【詰将棋サロン】選者・浦野真彦

 タカミチの実戦コーナー

 あっという間の3手詰

 実戦に役立つ5手7手詰

 将棋カウンセリング

 昇段コース卒業者氏名

 1ページ講座(真田圭一一七段)「飛車香落ち裏定跡」

 アマ竜王 VS 激指

 第19期竜王ランキング戦

 公式棋戦の動き

 奨励会三段リーグ表

 奨励会成績表

 研修会だより

 女流育成会

 支部のページ

 詰将棋解答(3・5・7手)

 懸賞問題・解答と解説

 インフォメーション

 棋友ニュース

 瀬川四段、レースクイーンに将棋指南

 免状授与者氏名

 と金の将ちゃん

 月刊バトルロイヤル

 と金パーク

 将世三昧

 編集後記

【別冊付録】続・内藤國雄の一手必至

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊文春2006年4月20日

週刊文春

平成十八年四月二十日発行

第四十八巻 第十六号

編集人:鈴木洋嗣

発行人:立林昭彦

発行所:株式会社 文藝春秋

雑 誌:20403-4・20

目 次

【独占スクープ「韓国人夫」の全情報】

 横田めぐみさん「もう一人の息子」

 めぐみさんの夫は拉致された韓国人「金英男」だった。

 14年前、韓国情報機関はその家族に「彼は、いま北朝鮮で工作員の教官をしている。

 結婚して息子一人、娘一人がいます」と伝えていた。

 キム・ヘギョンちゃんには兄弟がいたのだ――

 ▼「金欠」金正日の肉声「日本が金融制裁すればわが国は破滅する!」

小沢一郎大研究「壊し屋」は本当に変われるか?

 ●田中真紀子・小池百合子をたぐる「強面の笑顔」

 ●野中広務が語る「小沢の弱点」

 ●昼寝2時間に愛妻弁当

 ●小沢登場でサプライズ「小泉続投」

鈴木宗男TV生放送で飛び出した「強姦」「人殺し」発言

ロシア女に気をつけろ「シャラポワ詐欺」って何だ?

松井秀喜「開幕バクハツ 昨年とはここが違う」

【ワイド ベタじゃないドラマ】

お引越し 柴咲コウのお隣さんは元モー娘。の辻ちゃん

ベッカムが真剣に悩む「偶数への超こだわり」

将棋「名人戦」が朝日へ 毎日に三行半を突きつけた中原誠

菅直人長男 「不登校児」源太郎は33歳大学一年生

「高速船衝突」日本の海がクジラに「封鎖」される!

みのもんた「空港ムダ遣い報道」 おもいッきりアンフェア

病気のねだん(上) 一家に一冊「治療費早見表」

「シンガポール空手一家」

青森の旅「完全密着」

佐山 聡  <対談>  前田日明

「20年ぶりの遺恨試合」

BSE調査辞任委員6人を直撃 「米国産牛肉に責任はもてない」

雅子さま「愛子さま最優先」の入園式 重要公務をドタキャンされた

【感動ドキュメント 視聴率1位】

TBS「大家族!」

感動できない青木家「秘話」

「長女は17歳未婚の母」「母親は失踪」どころじゃない真相 ―――TBSはなぜオンエアしない

【THIS WEEK】

■政  治:負けっぷりのよさが評判「イラ菅」のホンネ

■経  済:小泉・竹中に脅されトヨタに泣きつくNHK

■野  球:バットも森伊蔵も放さない金本「鉄人伝説」

■I  T:サラリーマンの副業として注目の新ネット商売

■スポーツ:男子トリノ代表交替にもフィギュア女帝の影

■文  学:35カ国で翻訳。村上春樹は次のノーベル賞か

■新聞不信・食味探検隊・今週のお泊まり

【グラビア】

原色美女図鑑:浅田真央

スクープ撮:番長・清原 中州で「美女と車中キス」

ピカソ・コクトー・ダリ 3人の「奇」なる天才

夜ふけのなわとび………林真理子

風まかせ赤マント………椎名 誠

すっぴん魂(コン)………室井 滋

お言葉ですが… ………高島俊男

ズバリ、答えましょう………竹内久美子

にこにこ貧乏………山本一力

さすらいの女王………中村うさぎ

ツチヤの口車………土屋賢二

本音を申せば………小林信彦

俺だって子供だ! ………宮藤官九郎

バイアウト………幸田真音

腕きき人生相談………海老名香葉子

カーなべ………渡辺敏史

ゴール裏で日向ぼっこ………熊崎 敬

ヤンキー母港(ヨコハマ)で吠える………義家弘介

大リーグファン養成コラム………李啓充

先ちゃんの浮いたり沈んだり………先崎 学

考えるヒット………近田春夫

ホリイのずんずん調査………堀井憲一郎

ニュースの考古学………猪瀬直樹

阿川佐和子のこの人に会いたい………森 稔 

【文春図書館】

著者は語る:伊坂幸太郎

『今夜は心だけ抱いて』:香山二三郎

『表参道のヤッコさん』:高橋章子

『黒い太陽』:杉江松恋

私の読書日記:鹿島 茂

文庫本を狙え!:坪内祐三

ミヤザキ学習帳:宮崎哲弥

ミステリーレビュー:池上冬樹

マガジンラック

新刊推薦文

この人の一週間………江本孟紀

川柳のらりくらり………柳家喬太郎

この人のスケジュール表:中村高寛、峰岸 達、藤岡加賀夫

病院情報ファイル2006(仮面高血圧)

ぶらりわが街 大人の散歩

【見もの聞きもの】

テレビ健康診断………亀和田武

シネマチャ-ト/クローズアップ/インデックス6

ヨコモレ通信………辛酸なめ子

ドッキリTV語録………清野 徹

【マンガ】

タンマ君………東海林さだお

いわゆるひとつのチョーさん主義………高橋春男

聖主婦ハルコ………しりあがり寿

てこずるパズル

淑女の雑誌から

伊藤理佐のおんなの窓/読者より/表紙はうたう(和田誠)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊朝日2006年4月28日

週刊朝日

2006年4月28日発行

第111巻 第21号 

通巻4747号 

編集長・発行人:山口一臣

発行所:朝日新聞社

雑 誌:20084-4/28

目 次

【小泉政権5年の内幕】

小沢一郎宣戦布告

 「バカ言うな、総理なんてなれたさ」

小泉に切り捨てられた人々

 田中眞紀子から竹中平蔵、武部勤まで

15人の証言

 やっぱりヘンだよ小泉首相

田中眞紀子:一緒に「自民党ぶっ壊す」はずだったのに…

鈴木 宗男:外相更迭直後にかかってきた“興奮”電話

辻元 清美:「変人」というより「軍人」当初から悪い予感

飯島  愛:「とんぼの交尾」話でも紳士的でした

林 真理子:オペラで会う小泉さん「やっぱり、いいわぁ」

山崎  拓:鉄の結束「YKK」の連携が切れた瞬間

猪瀬 直樹:官僚がのけぞったワンフレーズな「決断」

高村  薫:国民がレトリックに騙され続けた5年間

綿貫 民輔:ルール無視、これではホリエモンと同じ

加藤  寛:鼻歌まじりの学生時代 こんなに偉くなるとは

堀  紘一:総会すっぽかして参上 財界大物に好かれるワケ

田中 一昭:道路公団改革失敗が郵政民営化につながった

塩川正十郎:福田元首相が予言していた「小泉の未来」

松野 頼三:名を惜しみ猪突猛進 彼の姿に鬼を見た

早野  透:配役のうまいハリウッド映画だ

アエラ記者が書いたヒルズ族の核心本

金馬師匠が綴った「わが噺家人生65年」

「切り札」のはずが「85%見落とし」と報じられた

PETがん検診ホントの実力

『食品の裏側』安部司さんが語る

「食品添加物大国ニッポンのカラクリ」

【栃木リンチ殺人 勝訴判決】「警察の怠慢」が少年を殺した!

日産からトヨタへ 還暦SONYの「変心」

連続904試合フル出場 アニキ金本の驚異の肉体

【速報大学合格者高校ランキング】(9)

 理系受験に強いSSHスーパーサイエンスハイスクール全82校一発早見表

【1900全店業務停止命令】元トップセールスマンが手口を激白

 「どうする? アイフル!」取り立ては計画的に

当代屈指の人気女優

 篠原涼子&黒木瞳を丸裸にする

【News Browsing】

 民主前議員の妻が自殺 選挙で夫と実家の“板挟み”

 京大アメフト部強姦魔 新聞が書けない“獣”の陵辱ぶり

 ウィニーで情報漏洩バレバレでも警察庁は「捜査上の秘密」

 ネット界の“ピッキング” SQLインジェクションって何だ?

 佐藤ゆかり 政治資金パーティー「初体験」現場を中継

 横浜「伝説の娼婦」メリーがドキュメンタリー映画で復活

[梨元 勝@芸能界]2次会で大ブーイング 「玉の輿」チノパンの前途は…

【グラビア】

 ブルー・ロータス 写真・文=内藤忠行

 尾道への旅 写真=ヴィム&ドナータ・ヴェンダース

 新日本百名山 大日ケ岳[岐阜県]

 ●ドン小西のイケてるファッションチェック [小沢一郎]

 ●とりよせ便〈最終回〉