« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

第1回多重債務対策国際会議 11月17日 鹿児島

第1回多重債務対策国際会議

テーマ:高金利からアジアを見つめる


日 時:2006年11月17日(金)

 午後1時~午後5時30分(受付 12時30分から)


場 所:鹿児島サンロイヤルホテル

    鹿児島市与次郎1-8-10

    電話 099-253-2020

    FAX 099-255―0186

   (JR鹿児島中央駅からタクシー約12分、鹿児島空港からシャトルバス約68
分バス停より徒歩1分)


参加費:2,000円


1 各国の多重債務被害状況と対応、問題点の報告

  日本 報告者 新里宏二 氏

   韓国 報告者 権正順 氏

   台湾 報告者 黄馨慧 氏

   日本 報告者 大山小夜 氏


2 意見交換会

 ① 各国の多重債務問題に関する意見交換 

② 今後、各国とネットワークを構築して情報交換等をしていく上で、どのようなこ
とが求められるのか
 コーディネーター 近藤伸生 氏 (弁護士)

   パネリスト 韓国 権 正順 氏 (弁護士) 

韓国 宋 太京 氏 (民主労働党)

      韓国 権 美煕 氏 (弁護士) 

韓国 郭 恩情 氏 (被害者)

台湾 黄 馨慧 氏 (弁護士)

台湾 廬 信昌 氏 (台湾大学経済系教授)

台湾 林 國彬 氏 (台北大学法律系教授)

日本 木村達也 氏 (弁護士)

          日本 新里宏二 氏 (弁護士)

日本 大山小夜 氏 (金城大学助教授)

(パネリストの変更可能性あり)


※    その他のスケジュール

午後6時~8時 懇親会(約7,500円)

翌11月18日(土)~19日(日)第26回全国クレサラ商工ローンヤミ金被害者
交流集会IN鹿児島


主催:全国クレジット・サラ金問題対策協議会 国際交流部会


問合せ先 

〒920-0364 金沢市松島2―6

皆川司法書士事務所 司法書士 皆川容徳

電 話 076-240―7733

FAX  076―240―7734

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年10月30日 (月)

文藝春秋2006年9月

文藝春秋

平成十八年九月一日発行

第八十四巻 第十三号

雑 誌:07701-10

目 次

「お言葉」は終わりましたが 葭の髄から(114)………阿川弘之

ついに会わなかった恋人たち………曾野綾子

お父さんはつらいよ………鎌田 靖

私のウルトラマン………朱川湊人

マイクの前に再び………齋藤安弘

『収容所群島』復刊………木村弘子

アフリカを救おう………丹羽宇一郎

親孝行と愛国心………岡本道雄

ファミ通二十年………浜村弘一

葡萄酒三昧 日本人へ(41)………塩野七生

【総力特集】紀子ご出産と皇室の運命

 平成皇室の危機は去ったのか………櫻井よしこ/篠沢秀夫/高橋 紘

                 保阪正康/松崎敏彌/江森敬治

 (1)皇位継承はどうなる

 (2)秋篠宮の決断と覚悟

 (3)雅子妃「オランダ静養」の衝撃

 (4)皇太子一家の未来はどこに

 緊迫の愛育病院医療チーム[ドキュメント皇孫誕生]………奥野修司

 雅子妃「はじける笑顔」の裏側で[オランダ静養の全真相]………友納尚子

ワーキング・プアの時代………後藤正治

 [三百日労働、年収二百万円の絶望]

「希望格差」から「希望平等社会」へ………山田昌弘

阿川佐和子 自民党総裁候補連続インタビュー

 安倍さんは気の毒だった………麻生太郎

 平時より有事向きの性格。逆風には負けない

最高権力者は酷薄さが必要だ

 人事に情は禁物。祖父・岸信介もそうだった………安倍晋三

●谷垣禎一氏は小社と係争中を理由に取材を拒否しました

◎この男は日本に何をもたらしたのか?

[さらば、小泉純一郎]

 ▼初の米国型CEO総理………出井伸之

 ▼高支持率退陣こそ問題………中西輝政

 ▼女にはわかる変人の強み………中野 翠

 ▼偉大なるイエスマンとして………武部 勤

 ▼ポピュリズムではない………田中秀征

 ▼ポスト安倍はまた小泉………立花 隆

坂東眞砂子「子猫殺し」を論ず………呉智英

呆けないための脳の鍛え方………川島隆太

受験が子どもをバカにする………陰山英男

【追 悼】

 「お別れの会挨拶」全文

   ―――吉村昭氏の最期[独占掲載]    

 私は目の前で、彼が“自決”するのを見てしまった………津村節子

 昭和二年生まれの戦友へ………城山三郎

日の丸半導体はサムスンに勝つ………西田厚聰

格差社会が歪める十代の性………高倉正樹

【特別手記】  

 私が受けた感動のがん手術

 元日赤外科部長75歳を二度目のがんが襲ったとき………竹中文良

イラク派遣兵士は歴史を変えた………番匠幸一郎/斎藤 剛/清田安志/石破 茂

金正日を震え上がらせた男………高世 仁

中国の歴史教科書はおかしい………李大同

テレビの品格を問う………永 六輔/黒柳徹子/久米 宏

 [みのもんたから亀田兄弟まで]

中国人が脅える三峡ダムの呪い………富坂 聰

顔筋マッサージで男を磨け………田中宥久子

▼BOOK倶楽部

 佐藤 優、猪木武徳、

 穂村 弘、麻木久仁子

▼新書一点賭け………日垣 隆

▼本屋探訪………佐久間文子

▼今月買った本………斎藤 環

▼赤坂太郎

▼丸の内コンフィデンシャル

▼霞が関コンフィデンシャル

▼棋士済々

▼新・養生訓

▼悠々山歩き

▼広告情報館

▼マガジンラック

▼考えるパズル

▼スターは楽し・芝山幹郎

▼オヤジとおふくろ

▼新聞エンマ帖

▼ゴルフ

▼目・耳・口

▼三人の卓子

▼詰将棋・詰碁

▼蓋棺録

▼運命の人(22)………山崎豊子[花形記者の証言]

▼昭和天皇(16)戦禍に学ぶ………福田和也

▼三国志(65)………宮城谷昌光

▼古事記を旅する(24)………三浦佑之

▼人声天語(41)………坪内祐三

【グラビア】

 ▼日本の顔………藤原正彦

 ▼中高生のカリスマ作家

 ▼同級生交歓

■カラー

 ▼日本美のかたち(34)柿

 ▼大富豪が作った街ニューヨーク

 ▼わが街・私の味(46)京都(後藤正治)

 ▼小さな大物(加藤登紀子)

 ▼文春LOUNGE(ゆったり愉しむリゾートゴルフの魅力/

  My Favorite route/名品の実力/NEWS SENSOR)

短 歌………大島史洋

俳 句………小川軽舟

 詩 ………木坂 涼

| | コメント (0) | トラックバック (1)

判例タイムズ1214 平成18年9月15日

判例タイムズ1214

2006年9月15日発行

第57巻 第23号 通巻1214号)

発行人:浦野哲哉

編集人:渡邉真哉

発行所:株式会社 判例タイムズ社

雑  誌:27503-9/15

ISSN:0438-5896

判例紹介細目次

【特 報】

=商 法=

[1]蛇の目ミシン株主代表訴訟(最高裁判決)

 1 いわゆる仕手筋として知られるAが大量に取得したB社の株式を暴力団の関連会社に売却するなどと

   B社の取締役であるYらを脅迫した場合においてAの要求に応じて巨額の金員を交付することを提案

   し又はこれに同意したYらの忠実義務,善管注意義務違反が問われた行為について過失を否定するこ

   とができないとされた事例

 2 会社から見て好ましくないと判断される株主が議決権等の株主の権利を行使することを回避する目的

   で当該株主から株式を譲り受けるための対価を何人かに供与する行為と商法(平成12年法律第90

   号による改正前のもの)294条ノ2第1項にいう「株主ノ権利ノ行使ニ関シ」利益を供与する行為

   (最高裁第二小法廷 平18..10判決)

【速 報】

=民 法=

[1]アイドル訴訟控訴審判決

 1 芸能人の容貌や姿態を撮影した写真や実家の所在地等に関する写真を公表した行為につき,肖像及び

   情報プライバシー権侵害が認められた事例

 2 芸能人の写真等を雑誌に掲載した行為につき,パブリシティ権侵害が認められた事例

   (東京高裁 平18..26判決)

=商 法=

[2]ダスキン株主代表訴訟事件

 1 食品販売会社において,食品衛生法上使用が認められていない添加物を使用した商品が販売されていた

   ことを後から認識した取締役らに,その事実を公表すべき義務があると認められた事例

 2 上記の場合に,会社に生じた損害額のうち一定割合についてのみ因果関係があるとされた事例

 3 株主代表訴訟において,1審での主張とは異なり,提訴請求においても触れられていない新たな取締役の

   過失の主張が許されないとされた事例

   (大阪高裁 平18..9判決)

【行政裁判例】

=行政法一般=

[1]公園で生活する者の行った,同公園内を住所とする転居届の不受理処分が取り消された事案

   (大阪地裁 平18..27判決)

[2]被爆者健康手帳の交付を受けた後に出国した在韓被爆者についてされた,日本国内に居住していないことを

   理由とする,原子爆弾被爆者援護に関する法律所定の葬祭料支給申請却下処分が取り消された事例

   (福岡高裁 平17..26判決)

=国家補償法=

[3]奥入瀬渓流の遊歩道において観光客がブナの枯れ枝の落下により負傷した事故について,国と青森県の

   損害賠償責任が認められた事例

   (東京地裁 平18..7判決)

=情報公開=

[4]1 国立療養所の再編成に関する厚生労働省と地元関係者との協議会の議事録が,行政機関の保有する

     情報の公開に関する法律5条5号所定の不開示情報に該当するとされた事例

   2 国立療養所の再編成に関する厚生労働省と地元関係者との協議会の議事録が,行政機関の保有する

     情報の公開に関する法律5条6号所定の不開示情報に該当するとされた事例

     (高松高裁 平17..25判決)

【労働裁判例】

=個別的労働関係=

[1]県教職員につき地方公務員法に違反する態様での有給休暇の取得があるとして過払給与の返還義務が

   認められたが,かかる休暇取得を是正しなかった学校長等の過失があるとして過払給与額と同額の国

   賠請求権による相殺が認められた事例

   (広島地裁 平17..31判決)

[2]NTTに勤務する社員が,2か月間の宿泊研修終了後に急性心筋虚血で死亡した場合,会社に安全配慮

   義務違反があったとして,その不法行為による損害賠償責任が認められた事例

   (札幌地裁 平17..9判決)

【民・商事裁判例】

=民 法=

[1]オーバーローンの状況にある共有建物を現在そこに居住する被告の単独所有とするとともに,被告が原告に

   支払うべき全面的価格賠償の金額については,原告が右建物について有する潜在的利益を考慮して100万

   円(被告主張に沿う金額)とした事例

   (東京地裁 平18..15判決)

[2]1 販売代理店による債務不履行,信頼関係破壊を理由としてされた継続的供給契約解除の効力が認められた事例

   2 仮処分命令申立てが不法行為を構成するとされた事例

     (東京地裁 平17..6判決)

[3]弁護士が,競売申立債権者と交渉し,競売申立てを取下げさせる等の委任事務処理を遂行した場合の報酬額算定の

   一事例

   (東京地裁 平17..28判決)

[4]区立小学校の第2学年に在学していた原告(女子児童)が,同小学校の昼休みの休憩時間中に一輪車に

   乗っていた同小学校の男子児童に後方から衝突され,傷害を負ったことにつき,同小学校校長の安全配

   慮義務違反が認められた事例

   (東京地裁 平17..28判決)

=知的財産=

[5]1 被告の製造する「クレンジングパッド」が本件意匠権に係る物品である「化粧用パフ」と物品として類似し,

     意匠も類似するとして意匠権侵害が認められた事例

   2 民訴法224条3項を適用して,被告製品の販売数量に関する原告の主張を真実と認めた事例

   3 被告製品の一部の意匠が部分意匠を登録意匠とする意匠権を侵害する場合に,その損害と推定される被告の

     受けた利益の額は,被告製品全体の利益に対する当該部分の寄与度を考慮して定めるべきであるとされた事例

     (大阪地裁 平17.12.15判決)

[6]特許公報中の発明者欄に記載されている者が特許法35条所定の発明者に当たらないとされた事例

   (東京地裁 平17..13判決)

=諸 法=

[7]行政書士が自己の職務上請求書を冒用して,住民票,戸籍謄本等の交付を受けたとして過料に処せられた事例

   ((1)名古屋簡裁 平17.11.7決定)

   ((2)名古屋簡裁 平18..21決定) 

=民事訴訟法=

[8]1 宗教法人である寺院の代表役員選任手続が無効であるとされた事例

   2 宗教法人である寺院の代表役員たる地位の不存在の確認を求める訴えについて,檀徒総代は原告適格を有するが,

     檀徒はこれを有しないとされた事例

     (東京高裁 平17..27判決)

【刑事裁判例】

=刑 法=

[1]4人を死亡させ,4人を負傷させた危険運転致死傷等の事案について,飲酒量及び事故直前の運転状態等から,

   アルコールの影響により正常な運転が困難な状態であったものと認定し,懲役20年の刑を言い渡した事例

   (千葉地裁 平18.2.14判決)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

月刊旬なテーマ 2006年10月

月刊 旬なテーマ 10月号

平成一八年十月一日発行

第二巻第十号

通巻第十三号

発行所:中経出版

雑 誌:004441-10

CONTENTS

【総力特集】

 一流の「男」は何がちがいますか? ………安西水丸、土井善晴、森永卓郎、義田貴士

 天才たちの名語録

藤原新也:創刊1周年特別ロングインタビュー

行ってきた! 見てきた! イマドキの旬 11連発

麹町三丁目映画館 創刊1周年記念特別企画 白石美帆 初主演映画「ベルナのしっぽ」公開特別インタビュー

資本主義の最終楽園・渋谷から見た「ニッポンのいま」

海を渡って人生を再出発したオトコたち 第4回 ハノイでカフェを開業………下川裕治

昭和の快男児が往く! 第3回 白洲次郎 その3

今だから笑って話そう 私のドン底時代 第4回 飯塚克美 バイ・デザイン株式会社社長

【グラビア】

 創刊1周年記念ビッグ対談

 鳥越俊太郎×えなりかずき

 「旬」な広告! ダイソン株式会社

 「旬」の魚をいただく さんま

 旬な「吾輩」

【創刊1周年記念ダブルビック対談1】

 鳥越俊太郎×えなりかずき

「会社を辞めたい!」は下流層への第1歩

 40歳からの………富田 充

「転職再考」指南

大人の「男」の快読百冊 秋の夜長は読書三昧!

公安警察の知られざる実態………真田左近

テレビマンの知られざる日常………鈴木洋行

溜池山王の30代OLが選ぶ!

 「昭和20年代生まれオヤジ有名人」ランキング

これぞ男の美学 第5回

 河村たかし 衆議院議員

感動初体験! 人生やったモン勝ち!

 第4回 防災に備えるアウトドアランキング

【創刊1周年記念ダブルビック対談2】

ビル・トッテン×ベンジャミン・フルフォード

【旬なワイド特集】重大ニュース! そういえば、あれからどうなった?

 森田 実氏が小泉政権を総括

 秋田県が11年連続で自殺率ワースト1

【業界旬なテーマ】

 テレビ

 映 画

 注目企業

 BS・CS

 ブログ

 ギャンブル

【連 載】

 男の生きる道 女の生きる道………小川義男/

 本当は知りたい! あの会社の給料明細………小沼啓二+ビジネスリサーチ・ジャパン/

 夫婦でダイエット! 闘うレシピ………荒牧麻子/

 脳が超変する生活術………米山公啓/

 今月の迷画劇場………クレーン謙/

  クラシック音楽が好き………近藤憲一 /

  ジャズよ、死ぬな! ………後藤雅洋/

  千夜一夜の閨物語………浅野美和/子 

  祝!日中(?)交 モテル中国語………金井秀文/

  旬な本………北上次郎・安藤哲也/

 映画のように生きたくて………おすぎ/ 

 テレビスター百面相………小松 巖/

  ダジャリエ 石黒謙吾の正しくも雅なダジャレ………石黒謙吾/

  激安で超ウマい店とっておきガイド………田沢竜次/

  旬な商品特急便/    

  旬なキーワード5連発/    

  ハマるパズル/    

  読者の「旬なテーマ」/   

  休刊のお知らせ    

  編集後記

| | コメント (0) | トラックバック (1)

週刊朝日2006年9月22日

週刊朝日

2006年9月22日発行

第111巻 第46号 

通巻4772号 

編集長・発行人:山口一臣

発行所:朝日新聞社

雑 誌:20084-9/22

目 次

【祝! 男児ご誕生】

 皇室取材20年の岩井克己朝日新聞編集委員が語る

  秋篠宮ご夫妻の「思い定めたご出産」

 「次の次の世代」の天皇は愛子内親王か、新親王か

  男児誕生で深まる「皇統の危機」………成城大学専任講師 森 暢平

 <ご祝賀ワイド おぎゃー!! 30>

 秋篠宮さまはそのとき 「純情きらり」を凝視したワケ/

 ご夫妻は「どんな子でも」と言ったが 医師団が男児と知った時期/

 皇室典範改正論議は先送り 安倍晋三氏が見せた“弱腰”/

 巨大ネズミに巨大ひょうたん 親王を待ち受ける生き物たち/

 笑顔が戻った雅子さま 第2子出産計画はある?/

 男児を取り上げた「名医」中林院長に診てもらう方法/

 オバケからゴーストへ テレ東が番組“怪”変/

 ネット上でお名前予想合戦 「紀仁」さま? 「鯰仁」さま?/

 こんなところにも便乗商法 新聞号外が10万円!?/

 外電が伝えたご誕生 親王は「男の子を授かる」!?/

 「皇嗣御降誕」と報じた73年前の週刊朝日

 親王さまが生まれて私はこう思う

 林 真理子: 男子誕生で解放された雅子妃/

 篠沢 秀夫: 眞子さまが「跡継ぎ」のときも/

 猪瀬 直樹: 綱渡り自体が万世一系の天皇制/

 辛酸なめ子: スピリチュアルパワーを磨いていただきたい

食のご意見番小野員裕が伝授する

 「おいひぃ~!」お店の探し方

[「SEXカルト教団」研究 第6弾]

 「不法集団」が日韓で犯した罪

発電せず電気を消費

 回らない風車がいっぱい

[灰色金利問題]後藤田政務官 緊急インタビュー

 業界配慮の弱腰 金融庁と米国の影

[9・11から5年]

 「いまこそ日米同盟を再建すべきだ」

斎藤佑樹クン追っかけ日記 [in USA]

 「王子」が「青いハンカチ」を使わなかった理由

裏ガネ17億円の岐阜県庁

 ウソの言い訳次々露呈のお粗末

[ホリエモン初公判!]「闘い続ける理由」を弁護人が伝える

 「検察の主張はすでに破綻している」

【News Spiririts】

 高専学生殺害事件の遺族を苦しめた県警の「ご都合」/

 90歳夫を殺害した86歳妻のあまりに悲しい動機と供述/

 不祥事発覚からわずか2年 NHK「カラ出張」幹部が昇進/

 秋田県警再び「不遜な態度」に豪憲君の父が怒りの激白!/

 女子中学生を自宅に泊め逮捕 家出少女が誘いに乗った理由/

 2万5千人が絶句 人気モデルが夭折/

 審査拒否されたアダルトグッズ/

 山田洋次監督が東大相撲部顧問に

 [高須基仁]我が友人・三浦和義

 [梨元勝]獅童の復帰に異議あり!

【グラビア】

 家族の肖像 文=島田雅彦

 次世代に受け継がれる最古の「家」の伝統

 ハンカチ王子アメリカへ

 新日本百名山 志賀山[長野県]

 ●ドン小西のイケてるファッションチェック[釈 由美子]

 ●縁あって父娘

 ●男の時間

 ●山藤章二の似顔絵塾

 ●お散歩レストラン

 ●山藤章二のブラック・アングル

【対 談】

 林真理子 ゲストコレクション

  野際陽子

 親子のカタチ

  宮本亮祐×宮本亜門

 週刊 司馬遼太郎

  戦国夫婦「出世の階段」(5)

【小 説】

 久間 十義:命兆候(バイタル サイン)あり

 松谷みよ子:[自伝]じょうちゃん

【コラム】

 田原 総一朗:ギロン堂

 船橋  洋一:世界ブリーフィング

 倉田 真由美:(ほ)やじ日記[おすぎ] 

 岸田  一郎:中年老け易く、艶成り難し

 東海林さだお:あれも食いたいこれも食いたい

 内館  牧子:暖簾にひじ鉄

 鎌田  實 :がんばらないけどあきらめない

 嵐山 光三郎:コンセント抜いたか

 木村  和久:先端流行研究所 

 小倉 千加子:テレビガイド液晶未満

 セルジオ越後:サッカーの神髄 

 松坂  大輔:直球主義   

【特別広告企画】

 ファッション特集「服飾手帖」………中央綴じ込み

【週刊図書館】

[書 評]

 『サザエさんの〈昭和〉』重金敦之

 『ナンバーワン・コンストラクション』斎藤 環

 ひと[小山薫堂]/

 Books Browsing/

 愛でたい文庫[温水ゆかり]/ 

 ニュースな本[永江 朗]/

 新書の穴[青木るえか]/

 文芸予報[斎藤美奈子]/

 あの本[町山広美]/

 マガジンの虎[亀和田武] 

【「目キキ」&「耳キキ」】

 KEY PERSON[今村ねずみ]/

 MOVIE PREVIEW[記憶の棘]/

 ハリウッド・噂の先取り/

 PICK UP MOVIE[ルイーズに訪れた恋は…]/

 渡辺祐のミュージック・サプリメント/

【瞠きマネー】

 のんびり投資指南[澤上篤人]/

 株価歳時記[吉野貴晶]/

 お皿の上のエコノミー[J.C.オカザワ]

【医 療】

 名医の最新治療

 性感染症

天下無双のよろず相談所 瀬戸内寂聴

今週の囲碁 秋山賢司

犬ばか猫ばかペットばか

【まんが】「パパはなんだかわからない」山科けいすけ

 パズルDE脳力測定

 お便りクラブ/編集部発

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀行法務21 2006年9月増刊号

銀行法務21 2006年/9月増刊号

取引の相手方と金融実務

平成18年9月1日発行

第50巻第11号

通巻665号

赤羽 貴 永井和明 編

発行所:経済法令研究会

ISSN:1341-1179

雑  誌:02914-9

CONTENTS   

取引の相手方と金融実務 

 ~新会社法制・公益法人制度改正をふまえて~

[第1章 自然人]

(一)権利能力、意思能力および行為能力

 1 権利能力

 2 意思能力

 3 行為能力

(二)制限行為能力者

 1 行為能力制度の意義

 2 未成年者

 3 成年被後見人(後見制度利用者)

 4 被保佐人(保佐制度利用者)

 5 被補助人(補助制度利用者)

 6 禁治産者と準禁治産者の取扱い

 7 行為能力制度の効果

 8 相手方の保護

 9 任意後見契約制度

(三)外国人

 1 外国人の権利能力

 2 外国人の行為能力

 3 準拠法

[第2章 法 人]

(一)法人の種類と権利能力

 1 法人の意義

 2 法人の種類

 3 法人の権利能力

(二)非営利法人制度の改革

 1 総 説

 2 一般法人法

 3 認定法

 4 法人整備法

(三)非営利法人

 1 民法上の社団法人

 2 民法上の財団法人

 3 中間法人法上の中間法人

 4 一般社団法人

 5 一般財団法人

 6 公益社団法人

 7 公益財団法人

 8 学校法人

 9 宗教法人

10 医療法人

11 社会福祉法人

12 中小企業等協同組合

13 農業協同組合

14 水産業協同組合

15 消費者生活協同組合

16 労働組合

17 特定非営利活動法人

(四)営利法人

 1 会社法の概要

 2 株式会社

 3 特例有限会社

 4 合名会社

 5 合資会社

 6 合同会社

 7 外国会社

 8 相互会社

(五)公法人

 1 公法人の意義および種類

 2 代表者

(六)独立行政法人

 1 独立行政法人の意義

 2 独立行政法人の設立

 3 代表者

[第3章 法人格のない団体等]

(一)総 説

(二)権利能力なき社団・財団

 1 権利能力なき社団・財団の意義

 2 権利義務の帰属

(三)民法上の組合

 1 組合の意義

 2 権利義務の帰属

(四)匿名組合

 1 匿名組合の意義

 2 権利義務の帰属

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レクシス2006年9月11日

Lexis 判例速報

平成18年9月10日発行

第2巻第9号 通巻第11号 

発行所:レクシスネクシス・ジャパン株式会社

雑 誌:09661-09

Contents

【注目判決動向】

 2006年7月14日→2006年8月24日

【連 載】[裁判例総覧]第11回

 第2 ゴルフ場の営業譲渡をめぐる裁判例(3)   

 升田 純

【連 載】[US Case Studies] ―――最新アメリカ判例・裁判情報 第2回

 製造物責任訴訟において、アメリカ合衆国における会社規模や販売実績や経営戦略から、

 当該州の裁判所の一般的管轄権が及ぶのに必要な「継続的かつ組織的な接触」が存在する

 と判断されたロングアーム法と裁判管轄に関する事例

  ―――Henry.v.Bridegstone Corp.,No.05-cv02605-WYD-BNB,

     2006 U.S.Dist.LEXIS 47471(2006)―

 関西学院大学米国判例情報研究会

 (監修)丸田 隆

【米国注目訴訟】

 コーポレート・ガバナンス関連/檀 柔正・安達 理

 知的財産関連/岩瀬吉和

 クラスアクション関連/中野雄介

【判例解説】

[民・商事]

 升田 純

 ○衝突、接触、墜落、転覆、物の飛来、物の落下、火災、爆発、盗難、台風、洪水、高潮その他偶然な事故によって

  被保険自動車に生じた損害に対して被保険者に保険金を支払う旨の約款のある自家用自動車総合保険契約に基づく

  車両保険金が請求された場合における保険金を請求する者の事故が偶然のものであることの主張・立証責任

  (最高裁 平成18年6月1日 第一小法廷判決)

 ○衝突、接触、墜落、転覆、物の飛来、物の落下、火災、爆発、盗難、台風、洪水、高潮その他偶然な事故によって

  被保険自動車に生じた損害に対して被保険者に保険金を支払う旨の条項、保険契約者、被保険者等の故意によって

  生じた損害に対しては保険金を支払わない旨の条項のある自動車保険契約に基づく車両保険金が請求された場合に

  おける保険金を請求する者の事故が偶然のものであることの主張・立証責任

  (最高裁平成18年6月6日第三小法廷判決)

 ○1 集団予防接種等を受けた者がB型肝炎ウイルスに感染したことにつき因果関係が認められた事例

  2 前記の事故において、B型肝炎ウイルスの感染によりB型肝炎が発症したことによる損害賠償請求については、

    損害の発生の時である発症の時が民法724条後段所定の除斥期間の起算点であるとされた事例

    (最高裁 平成18年6月16日 第二小法廷判決)

 ○保育園の園舎の屋上に設置された駐車場から自動車が落下し、園児が死亡した事故について、保育園を経営する

  法人の代表者、園長の不法行為が肯定された事例

  (名古屋高裁 平成18年2月15日判決)

 ○イモビライザー等の盗難防止装置が装着された自動車の消失が盗難によるものと認められた事例

  (名古屋地裁 平成18年2月3日判決)

 ○顧客の貸金業者に対する過払金の不当利得返還請求における民法704条所定の利息の利率

  (鹿児島地裁名瀬支部 平成18年2月28日判決) 

 ○回転寿司店において寿司ネタの不当表示がある旨の週刊誌の記事が特定の回転寿司の事業者を特定するものでは

  ないとし、信用毀損が否定された事例 

  (大阪地裁 平成18年4月11日判決)

 ○大型トレーラーのハブに強度不足の欠陥があり、走行中脱輪し、歩行者に衝突し、死亡した事故によるトレーラーの

  製造業者の損害賠償責任について、歩行者の母であり、相続人でない者に500万円の慰謝料は認められたものの、

  制裁的慰謝料が否定された事例 

  (横浜地裁 平成18年4月18日判決)

 ○雑誌が北朝鮮の工作員、スパイ、朝鮮労働党統一戦線部部長代理と表現する記事を掲載したことにつき、事実を摘示する

  ものであり、違法性、責任の阻却事由が認められないとし、名誉毀損が肯定された事例

  (東京地裁 平成18年5月15日判決)

 [民事手続]

 慶應義塾大学民事手続判例研究会

(監修)三木浩一

 ○戸籍上の父母とその嫡出子として記載されている者との間の実親子関係について父母の子が不存在確認請求をすることが

  権利の濫用に当たらないとした原審の判断に違法があるとされた事例 

  (最高裁 平成18年7月7日 第二小法廷判決)

 ○戸籍上自己の嫡出子として記載されている者との間の実親子関係について不存在確認請求をすることが権利の濫用に当たら

  ないとした原審の判断に違法があるとされた事例 

  (最高裁 平成18年7月7日 第二小法廷判決)

[行 政]

 橋本 勇

○1 国会議員の立法行為又は立法不作為が国家賠償法1条1項の適用上、違法の評価を受ける場合

 2 平成12年6月に施行された衆議院議員総選挙までに国会が精神的原因によって投票所に行くことが困難な者の

   選挙権行使の機会を確保するための立法措置を執らなかったことは国家賠償法上違法とはいえない

   (最高裁 平成18年7月13日 第一小法廷判決)

○1 水道料金を定める条例の制定は行政処分に該当しない

 2 住民に準ずる地位にある者にも差別的取扱いの禁止を定めた地方自治法244条3項が適用される

 3 住民と住民以外の別荘居住者との水道料金の格差が許容範囲を超えているとされた事例

   (最高裁 平成18年7月14日第二小法廷判決)

 越智敏裕

○川の下流域の水田地域を施行地域とし、その農業用水を確保するために、川の上流にダムを新設することを主な内容とする

 土地改良事業計画の決定に対する異議申立てについての決定の取消請求が認容された事例(永源寺第2ダム訴訟控訴審判決) 

 (大阪高裁 平成17年12月8日判決)

[税 法]

 立命館大学税法判例研究会

  伊川正樹

 ○和解調書に記載されていない内容につき当事者の意思を合理的に解釈することによって、和解により取得した土地の

  購入価額と時価との差額を本来取得すべきであった和解金であると認定した事例

  (最高裁 平成18年6月8日 第一小法廷決定)

 浪花健三

○ガイアックス(炭化水素化合物を主成分としないとされる自動車用燃料)が、軽油引取税の課税対象となるとされた事例

 (最高裁 平成18年6月19日 第二小法廷判決)

 奥谷 健

○固定資産税の課税標準である「適正な時価」とは「客観的な交換価値」であり、それを超える評価額を違法と判断した事例

 (最高裁 平成18年7月7日 第二小法廷判決)

[知的財産権]…審決取消訴訟

  古谷栄男

○引用発明との複数の相違点を関連付けることなく判断して進歩性がないとした審決を取り消した事例

 (知財高裁 平成18年6月29日判決)

[知的財産権]…著作権等

  小倉秀夫

○昭和28年に公表された映画の著作物の保護期間は平成15年12月31日の満了をもって終了するとされた事例

 (東京地裁 平成18年7月11日決定)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラピュタ2006年10月

Lapita 絶滅危機乗り物大図鑑 10月号 No.130

2006年10月1日発行

第12巻第10号 通巻135号

編集人:斎藤 好一

発行人:熊谷 玄典

発行所:小学館

雑 誌:19125-10

CONTENTS

【大特集】

 ボンネット型特急電車から、ホバークラフト、YS-11まで

 (陸)(海)(空)絶滅危機乗り物、今しか乗れない!!

【小特集】

 上質&持つ悦び

 世界ブランドの鞄と革小物新作コレクション

【特別企画(1)】

 空冷エンジンのビートに痺れて!

 我ら、クラシック・ポルシェ党

【特別企画(2)】

 Lapita厳選この4軒

 一生に一度は泊まりたい 1日1組限定の宿

【特別企画(3)】

 「衣食同源」のキーワードは“品質”と“ファミリー”

 イタリア・ファッションブランドのワイナリー巡り

【PCな人(1)】マーカス・サミュエルソン

【PCな人(2)】ジェイソン・エイムスベリー

【PCな人(3)】ハル・ベリー

つまらない手みやげですが ―――葉月二十一 

 最終回 福臨門酒家 地鶏の蒸し饅頭

Lapita Premium Selection SPECIAL

西村雅彦×Lapita 旬のCOOLコーディネーション

 第12回 この秋冬新作バッグから。

 「僕は“これ”が欲しい」

Lapita Premium Over-sea Report(1)

 デザイン王国・スウェーデンの原点

 海と親しむ、ライフスタイル

逆PCな人 ―――吉村喜彦

 最終回 「まあ、いいじゃないですか症候群」

年間予約購読のお知らせ

Lapita Interview『趣味論』 ―――滝田誠一郎

 第6回 古川 享

Readers’Room

オーディオ◎オーディオ世界遺産 ―――森 芳久

 最終回 ガイ・R・ファウンテンの直筆署名

カメラ◎カメラ進化論 ―――山縣基与志

 最終回 デジタル時代に生き続ける中判カメラのよき伝統

鉄道模型◎懐かしの鉄道模型LIFE ―――いのうえ・こーいち

 最終回 「軽便鉄道」は模型心の原点…

屋根裏読書倶楽部

ラピタ レントゲン クイズ

加瀬邦彦&ザ・ワイルドワンズIn武道館 チケットプレゼント

Lapita’s Pole Position

Good Goods BAR News

 大自然に囲まれた当店で、楽しい休日を過ごそう!!

Lapita Premium Over-sea Report(2)

 西村雅彦のレースカーの祭典『グッドウッド』報告 

Lapita Premium Over-sea Report(3)

 大英博物館秘蔵!

 「河童のミイラ」の謎を探る旅

今月の注目時計

 セイコー、シチズン

輸入車の愛し方 最終回 ―――小沢コージ

 遅咲きのロータスバカになった司法書士の石原さん

ガレーヂ・カバタ 最終回

 DAIHATSU/SONICA RS LIMITED

X級グルメ ~おいしいものだけを世界から~

 僕だけの食楽園 ―――田中長徳

 最終回 まる3年間、六本木ヒルズクラブでランチを食べて感心したこと

上等服飾品定番進化論 ―――片瀬平太

 最終回 2つボタンは今…

information express 旬な情報の夢特急

Lapita Premium Selection 通信販売のページ

鉄なべおじさんの(R)絵日記 ―――菊池仁志

 第73回 「今のトレンドに背を向けることが鍵」のカシミア・セーター作りが始まった!

見た! 撮った!! 乗った!!!

 フォトライター・杉崎行恭のビークル漂流記

 最終回 鉄路の横綱・電気機関車を操る“1000トンを運ぶ男”に学ぶ、貨物列車運転の極意

森博嗣のオモチャイング・ライフ

 Vol.28(最終回)「実はハムでした」

ラピタ・ネットのお知らせ&次号予告

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊ダイヤモンド 2006年9月16日

週刊ダイヤモンド

平成18年9月16日発行 

第94巻 第35号

発行所:株式会社 ダイヤモンド社

雑 誌:20243-9/16

CONTENTS

【特 集】

 <最新調査> 職種別・会社別・年齢別・国内外別

 給料全比較

 景気は回復しているのに、肝心の給料は上がらない。

 そう実感している人も多いはず。はたして、自分だけがそうなのか。 ほかの人もそうなのか。

 「他人の給料」は気になるもので、職業選びの重要な判断材料でもある。

 最新情報を使い、あらゆる角度から給料を比較してみた。

【Part1】人気職種が勢揃い! 給料の実態と拡がる格差

 ●同じ仕事でも官民で差は歴然 100職種「年収ランキング」

 高校教師: 偏差値が低い私立はリストラも ノルマで塾への営業に精を出す

 一級建築士: 5年で年収は2割もダウン 生き残り策は社員と給料の削減

 新聞記者: 朝日・読売・日経は30代前半で1000万円突破

     [Column]若手が語る「警察官」の仕事 転職するなら今がチャンス

 ●歳とともに給料がよく上がる職業は?

  外資系投資銀行: 経験と成績で決まる年収は30代前半で4000万円前後

 ●高校生が就きたい仕事と待遇

  保育士: 官と民で天国と地獄の待遇 勝ち組の公務員は超狭き門

  公務員: 就職人気に異変あり 景気回復で受験者数は激減

  開業医: 勝ち組の眼科・整形外科に逆風 コンビニより多い歯科医も大変

 ●この職業の意外な勤務形態と稼ぎ

  トラック運転手: 休みが少なく社会保険もなし “罰金”だけ多い下請けの悲惨

  エステティシャン: 社員でも有給や賞与は実質なし 低い定着率を生む過酷なノルマ

【Part2】上場会社編 あの会社はいくらもらっている?

 従業員の給料: 上位はテレビ局とファンド会社 アップ率では“重厚長大”が復活

       [Ranking]給料が高い上場会社ベスト50/給料が上がった上場会社ベスト50

 [Ranking]上場978社・業種別 「従業員の平均年収」ランキング

 役員の報酬: 5割の賛成票でも無視 個別開示をめぐる株主との攻防

      [Ranking]上場主要190社 「役員1人当たりの平均年収」ランキング

 米国の経営者編: 10億円の大台は軽く突破 高騰する報酬と不正に株主の怒り

      [Table]米国主要60社のCEO(最高経営責任者)の報酬

【特 集】

 企業サイトの事業貢献度測定

 ウェブサイト

 価値ランキング2006  

 企業のウェブサイトは、「売り上げ効果」と「情報発信」という、大きく分けて2つの面での事業貢献が期待されている。

 その貢献度を金額換算した恒例のランキング。ウェブ戦略の費用対効果を判断する参考にしてほしい。

【Close Up】

●高度化するヤミ金の手口 「レンタル時計店」の恐怖

●国の安値発注を野放しにする建築士制度改革の死角

【Inside】

●家電リサイクル法見直しで透けて見える環境省の“思惑”

●本命「LS」いよいよ投入で問われるレクサス“真の実力”

       ピックアップ1/広瀬正典(新キャタピラー三菱社長)

●スーパーで大ヒット飛ばしたカネボウ化粧品の面目躍如

●好調の非鉄金属業界に冷や水 資源大手BHPの仰天要求

       人事天命/ボーダフォン

●後藤田政務官辞任で大混乱 上限金利特例措置の無意味

       ピックアップ2/森泉知行(ジュピターテレコム社長)

【World Voice】

■ジェームス・ハウエル(スタンフォード大学ビジネススクール名誉教授)

【Market】

■株式市場: 透視眼鏡/「ラマダーン」の影響で9月の株式相場は弱含み………山独活継二 

■金融市場: 異論百出/経済見通しの鍵握る米国景気 気になる新型ローンの悪影響………加藤 出

■ネット世論調査/次期総理”の支持率

【Data Focus】 

■好況時の歳出削減と増税こそ財政再建達成には不可欠だ………井堀利宏

【企業・産業】

[産業レポート]高額品絶好調でも“ジリ貧” 白物家電メーカーの再編必至

 起・業・人/鈴木多賀雄(デバイスタイルホールディングス代表取締役)

【人 物】

■新社長/松枝寛祐(大陽日酸) 

■光 明/田中順一郎(三井不動産会長)

【連 載】

 山崎 元のマネー経済の歩き方

 二宮清純/勝負のバランスシート

 齋藤 孝の仕事脳の鍛え方

 スティグリッツ教授の真説・グローバル経済

 野口悠紀雄/「超」整理日記

 鈴木棟一/新・永田町の暗闘

 櫻井よしこ/オピニオン縦横無尽

 多川俊映/東洋の風韻

【コラム】  

 プリズム

 This Week/The Day/F氏的日常

 転→展→天職

 3分間ドラッカー 文・上田惇生

 部課長推薦この料理

 BOOK

 ビジネス掲示板

 特別広告企画(マネー&ライフプラン)

 特別広告企画(オリジナル・リゾート)

 From Readers From Editors

 読者アンケート

 AD Index

【ゴルフ】

 横島由一の“夢のシングル”指南

 ゴルフ残照 文・早瀬利之

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレジデント 2006年8月2日

PRESIDENT

2006年10月2日発行 

第四四巻 第二〇号

発行人:綿引好人

編集人:長坂嘉昭

発行所:プレジデント社

雑誌コード:27651-10/2

CONTENTS

【特 集】

 「上司と部下」の新常識

 ここがカン違い! あなたの「働き方」診断

 専門知識、経験、言葉力は決め手にならない ●田坂広志

 ▼自問自答シートで「空回り」危険度を測定!

 社長の本音分析「新型 vs 旧型、ここが違う」

  武田薬品工業・長谷川閑史―――――――――「公正・正直」を行動と言葉で表現できる人

  グーグル・村上憲郎――――――――――――論じるよりやってみる「明るい天才」が世界を変える

  アサヒビール・荻田 伍――――――――――現状不満足、スピード、現場第一主義

  三菱地所・木村惠司――――――――――――個人の力を組織の強みに変える「システム構築力」

  積水ハウス・和田 勇―――――――――――「いまどきの若者は」が口癖の上司はいらない

  味の素・山口範雄―――――――――――――「複数のシナリオ」をつくれる人が成長の鍵を握る

  松下電器産業・大坪文雄――――――――――全体最適を考えられる「専門+αのπ型人間」たれ

  リコー・桜井正光―――――――――――――「How to」から「What」思考に切り替えよ

  JFEホールディングス・數土文夫―――――「インテリジェンス」を身につければ打つ手が見える

 あなたが知らない「評価のモノサシ」の中身

 人事部の証言「報われる努力の仕方、教えます」 ●溝上憲文

 ▼成果に差がつく「自律タイプ」と「受け身タイプ」

 ▼野心家、エリート、凡人の働き方の違いとは……

 管理職の新流儀5 できる人のスキルはこう変わった ●伊藤博之

 ▼やり抜く力 → やり過ごす力――――――――優先順位づけで部下を徒労感から救う

 ▼リード → サポート――――――――――――トップから安心して大きな仕事を任せてもらうには

 ▼質問上手 → まとめ上手――――――――――ファシリテーションで納得感を高める

 ▼コンピテンシー → 行動の意味づけ―――――できる社員のコピーを簡単に作る法

 ▼ほめる → ねぎらう――――――――――――どんな部下にでもやる気を出させる目配りと気配り

 部下の新心得6 伸びる人のスキルはこう変わった ●大熊文子

 ▼バランス → 強みの掘り下げ力――――――――「試してみたい奴」と思われるには

 ▼論理力 → 常識力―――――――――――――あたまでっかちより分別の才を磨く

 ▼柔軟性 → 世界観・歴史観―――――――――ぶれない軸こそ最大の武器になる

 ▼努力 → 見切り力―――――――――――――がむしゃらな頑張りより、撤退+反省

 ▼受注力 → 発注力―――――――――――――ボスマネジメントができるしたたかさ

 ▼ヘッドワーク → フットワーク―――――――IT万能時代だからこそ足を使って動け

 内定コレクター続出! それでもなぜか苦戦する学生たちの誤算

 「売り手市場は本当か」採用戦線異状あり ●大宮冬洋

【ビジネススクール流知的武装講座(157)】

 市場に揉まれて強くなる「ロバストデザイン」とは ●石井淳蔵

【職場の心理学(155)】

 「SMAP式」マスマーケット攻略の勘所 ●須藤実和

【大前研一の「日本のカラクリ」(8)】

 地価高騰、住宅難を解消する切り札

【J・ウェルチの「ビジネス問答」(177)】

 野心に燃える若者へ「早く勝者になる秘訣」

【経営時論(17)】

 企業内「日中摩擦」を解消せよ ●伊丹敬之

第三の買収 連載第一七回 株主vs.社員 ●牛島 信

落語、即興劇、大喜利のメソッドから学ぶ

実証! 仕事脳を鍛える「笑い」の効用 ●伊藤博之・梶山寿子 

【スペシャル・レポート】

 M&A暗躍する米系アドバイザー。買収額三〇〇億以下は無視

 日本企業を次々狙撃する投資銀行の手口 ●黒木 亮

【ニュースファイル】

 イオンか、ウォルマートか。提携争いの最中、日本一の流通グループ・トップの本音は?

 鈴木敏文直撃! ダイエー再建は成功するか 

【情報スクランブル】

[ニュースファイル]

 ●王子TOBの陰に三菱系の「買収防衛」

 ●神崎公明代表の交代促す「健康不安」

 マーケットの読み方(55)

 大学との提携が活発化する就職支援ビジネス

【スペシャル・レポート】

 ドライバーは混乱、警察は責任回避、受託企業にはダークな存在も

 ルポ!「駐禁民間委託」中小企業の悲鳴 ●中島みなみ

【クローズアップニッポン(58)】

 世界一の前衛サーカス団に咲く大和撫子

 高橋典子 撮影・文●田中克佳

連 載○第78回 ―――復帰後、爆発の予感

挑戦! 松井秀喜の「大リーグ日記」 ●松下茂典

【ハーバード式仕事の道具箱(107)】

 形骸化した実績主義にかわる評価の仕組み

【残したい言葉(9)】

 勇気 ●古森重隆/婁 正綱

【仕事に使える技術の話(59)】

 高放熱性プラスチック ●中野不二男

【元気なカラダ入門(58)】

 乾癬 ●松井宏夫

地球百景(65)「ケチュア族の娘たち」 撮影・文●野町和嘉

人間邂逅 「渇望感」 ●入江 観/大橋光夫

人に教えたくない店 (349)先崎 学

本の時間 ○著者インタビュー

『経済政策を歴史に学ぶ』 ●田中秀臣

新刊書評 ○鶴岡秀子 著『10歳から起業すると決めていた』

世の中の読み方 ○原油高にどう対応すべきかがわかる本 ●武末高裕

経営者の一冊 『ヤバい経済学』 ●インテリジェンス・鎌田和彦社長

ランキング ○漂着ゴミ

エディターズノート

プレジデント言行録

【特別広告企画】

 秋・冬ファッション特集/本物を極める成熟した男の装い「男のカシミア」

 プレジデント INFORMATION & EXPRESS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法律のひろば 2006年8月

法律のひろば 8月号

平成18年7月1日発行

第五十九巻 第八号

雑 誌:08029-8

CONTENTS

【特 集】

 日本法制度のグローバリゼーションへの対応

 ◇司法制度改革におけるグローバリゼーションへの対応………吉村典晃

 ◇法令外国語訳推進のための基盤整備に関する政府の取組について……… 中川明子

 ◇日本法令の外国語訳整備の到達点と今後の課題………大谷美紀子

 ◇日本法の翻訳と日本の法制度 ―――英米法との対比において――― ………福田守利

 ◇対日資本から見た法整備の透明化………Wilfred C.Wakely

 ◇法整備支援活動による法制度の国際発信

  ―――名古屋大学法政国際教育協力研究センター(CALE)設立5周年によせて………鮎京正訓

 ◇国際仲裁における日本の法制度の活用………早川吉尚

【読み切り】

 更生保護のあり方を考える有識者会議報告書 

  「更生保護制度改革の提言――安全・安心の国づくり、地域づくりを目指して」について………法務省保護局総務課

【最近の判例から】

 国立マンション撤去等請求事件判決

   最高裁(1小)平成18年3月30日判決………上野 暁

【連 載】

 法テラスの設立に向けて 第4回

  司法過疎の解消に向けて………阿部昌樹

 民事判例研究 第13回

  自賠法72条1項に後段による損害の填補額支払義務の履行期及び

  填補額算定における葬祭費支給額控除と過失相殺の先後関係………中村 肇

 民事訴訟における誘導尋問の研究 ―――実務と研究の架け橋をめざして―――  第6回

  主尋問で誘導尋問が許される場合 その3 自己矛盾供述………渡辺直樹

 司法制度改革インフォメーション 第4回

  裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律の施行に向けて………内堀宏達

ひろば時論

 裁判員の不安解消策

 民間事業者が実施する戸籍謄本等の交付の請求の受付及び引渡し

訟務情報

前号目次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正論 2006年9月

正 論

平成18年9月1日発行

通巻414号

発行所:産経新聞社

発行所:扶桑社

雑 誌:05531-09

目 次 

もっと理論武装したい人のための靖国特集11編

<「今月の自問自答」特別版>

 (1)靖国問題の誤解を解く………ノンフィクション作家 上坂 冬子

 (2)中国を沈黙させよ………外交評論家 澤 英武

 (3)魂の存在が理解できない胡錦涛世代の世界観………評論家 石 平

 (4)中国の靖国攻撃を封じる最良の方法………人権問題研究家 安東 幹

 (5)靖国をめぐる韓国の誤解と反発………産経新聞ソウル支局長 黒田勝弘

 (6)朝日の“英字紙”がやったこと………帝京大学教授 高山 正之

 (7)節だけは曲げなかった小泉首相の5年間………産経新聞政治部記者 阿比留瑠比

 (8)「富田元宮内庁長官メモ」の政治利用は許されない………日本会議専任研究員 江崎道朗

 (9)蛇足なし最高裁判決を祝す………元横浜地裁判事 井上 薫

(10)沖縄集団自決冤罪訴訟が光を当てた日本人の真実………弁護士 徳永信一

(11)発見! 世界唯一の日本軍との友情記念館………『平和の為の財団』理事 武田浩一

靖国批判に反論するための歴史検証2編

 (1)ロシア革命から現代まで日本を呪縛し続ける「悪夢」………京都大学教授 中西輝政

 (2)東京裁判史観を崩壊させる満州国境紛争の最新研究………国際問題研究家 瀧澤一郎

【編集長インタビュー】

 北のテポドン、中国潜水艦の脅威を米太平洋艦隊司令官に問う

  ―――アメリカの“連合艦隊司令長官”ともいうべきVIPにテポドン発射の翌日、単独会見!

  ………米海軍太平洋艦隊司令官・海軍大将 ゲリー・ラフェッド

     聞き手/本誌編集長 大島信三

 テポドン発射のウラ側にあるもの………………ジャーナリスト ウラジミール

 英語版「他策ナカリシヲ信ゼムト欲ス」序文原稿初公開………元京都産業大学教授 若泉 敬

【エッセー特集】

 「夏がくれば思い出す」

 京都御所と米国青年(平沼赳夫)/

 母のこと(吉田知子)/

 “鬼”の居ぬ間の“命の洗濯”(渡辺 格)/

 秩序立った夏休みなら(奥谷禮子)/

 焼けた能楽堂の装束蔵(佐野 萌)/

 ごま塩まぶした二個の握り飯(小林三世治)/

 30年ぶりの故郷で(岸本周平)

「セイコの朝ナマ」を気にしながら20年………評論家・ジャーナリスト 田原総一朗

 人生を1年契約の気持ちで生きています

<中 国>

 中国“遺棄化学兵器”問題スクープ第4弾

 (1)中国の嘘にとどめを刺す関東軍の秘密文書………ジャーナリスト 水間政憲

 (2)<インタビュー> 中国の武装解除は整然と行われた………軍事史研究家 柿谷勲夫 

                               聞き手/本誌 喜多由浩

 (3)政府が二年前に入手していた化学兵器引渡し文書………本誌 喜多由浩

<再考> 皇室典範改正 議論すべき五つの論点………大月短大教授 小山常実

 ―――天皇制廃止のもくろみを打ち砕くために何をすべきか

≪好評連載≫

 告白 わが痛恨の半生………明治大学教授 入江隆則

  第3回 ピアノと神経症

 福田恆存と三島由紀夫の「戦後」………評論家・拓殖大学客員教授 遠藤浩一

  第5回 「遊戯」の苦しみ

 大韓民国よ………ジャーナリスト・『月刊朝鮮』編集委員 趙甲済

  第5回 ミサイル発射と金正日の海外秘密資金

 世はこともなし?………石井英夫

  第15回 日本人より日本人的な… 

 足下(そっか)を掘る………倫理研究所理事長 丸山敏秋

  第11回 謙譲の美徳

 マッカーサー米議会証言禄………訳・解説/本誌 牛田久美

  第34回 メディアを信じてはいけない

BOOK LESSON

読書の時間

トップセールスマンが耳うちする保険の裏側………古川 徹

韓流を知るページ

入船亭扇橋の俳句横丁

本日は仰天なり 第149回………西村晃一

セイコの「朝ナマ」を見た朝は

主婦の眼・ママの声

西村宗のステージ64

「わたしの正論」入選者発表

表紙の人から… ………本誌・永井優子

言ったもん勝ち

編集者へ/編集者から

ハイ、せいろん調査室です

これを見逃すな!

編集室で

●グラビア●   

 カラー絵物語 熊田千佳慕「ふんのそうじ屋」

 「私の写真館・アルバムの中に」

 中川志郎(日本動物愛護協会理事長)

 「フォトギャラリー」ああ、モンテンルパ

 「あの日の現場」日本の対北無策、ここでも

【cross line】

 不敬を承知で申し上げる………高崎経済大学助教授 八木秀次

 「らしさ」の意義………漫画家・さかもと未明

 理性を捨てた戦後日本の滑稽………評論家 潮 匡人

 蘇峰は乱臣賊子を悪まずや?………軍学者 兵頭二十八

【好評連載】

 あQ巷談 昭和二桁晩節日記 第42回………阿久 悠

 マスコミ照魔鏡 第123回………稲垣 武

 NHKウオッチング 第111回………中村 粲

 祖国よ! 第68回………福島泰樹

 寸鉄一閃………東谷 暁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

諸君! 2006年9月

文藝春秋のオピニオン雑誌

諸君! 9月号

平成18年9月1日発行

第38巻 第9号 

雑 誌:04551-9

CONTENTS

【渾身の総力特集】

 [中国の靖国攻撃][北のミサイル]

 “双子”の危機に備える

[1] 金正日の「戦略的射程」を見極めよ………中西輝政(京都大学教授)

    なぜこの時期にテポドンと「富田メモ」?

    ともあれ8・15参拝が実現するか否かで日本の進路が決まる

   [見透かされていたアメリカの弱腰]

   [人民解放軍「公認」のミサイル発射]

   [標的にされた「ポスト小泉」総裁選挙]

   [日米中「正三角形論」提唱の愚]

   [「8・15」参拝せずば冊封体制への道]

   [昭和天皇とA級戦犯]

[2] 靖国カードで「小泉孤立化」に失敗した中国………上村幸治(独協大学教授)

    外交の手の内を見透かされ、小泉首相の“タフ路線”に翻弄され続けたのは中国だった

[3] 昭和天皇の「A級戦犯」批判を持て囃す愚………徳岡孝夫(ジャーナリスト)

    三国同盟推進派の松岡を毛嫌いした昭和天皇だが、すべてのA級戦犯を忌避したのか

[4] カトリック大司教、「靖国」と「中国」を語る………ヨゼフ・ピタウ(元上智大学学長/バチカン法王庁元教育省事務次官) 

                            細川珠生(ジャーナリスト)

    追悼の場で「信仰の自由」と「政教分離」が衝突する時、大事なのは肩書きではなく心です

[5] 財務省が削減した「ミサイル迎撃」予算のツケ………佐々淳行(初代内閣安全保障室長)

    安全は只ではない。北朝鮮が仕掛ける「七分間戦争」に勝つための兵器購入をケチるな

[6] 核・ミサイル開発を援助した在日「ミスターX」とは何者か………野村旗守(ジャーナリスト)

    「テポドン」は技術も部品も日本製。北の軍拡を支えているのは在日科学者の工作員だった

[7] テポドン、核実験 恐るるに足らず………宮田敦司(ジャーナリスト)

    「筋金入りのならず者国家」ぶる北朝鮮だが、その内実は四面楚歌で、もはや崩壊寸前

[8] 「拉致」で追いつめられて逃走した北朝鮮国連大使………横田 滋(北朝鮮による拉致被害者家族連絡会代表)/

                              横田早紀江/

                              櫻井よしこ(ジャーナリスト)/

                              島田洋一(福井県立大学教授)

    拉致を許さない毅然たる国際世論の前には、ミサイルも居丈高な妄言も通用しないのだ

[9] 「脱北帰国者」をどう迎え入れるべきか………三浦小太郎(評論家)

    「北朝鮮人権法」を活用し彼らの定住を支援すれば北の独裁に風穴を開けることにもなる

[10]ココが変だよ 日本のコリア論(韓国/北朝鮮/在日)………鄭大均(首都大学東京教授)

    北を支援し南は貶めるということに自己欺瞞を感じない知識人の「遺産」がまだ至る所に?

【特 集】

 [歴史「修正主義」の是非を問う]

  今こそ「あの戦争」と「戦後」の超克を………遠藤浩一(評論家・拓殖大学客員教授)/

                       富岡幸一郎(関東学院大学教授)/

                       福田 逸(明治大学教授・現代演劇協会理事長)

 “近代化イコール西洋化”の呪縛を解き放ち、日本人本来の自画像を再構築すべき秋(とき)だ

 [『暗闘』(「読売・吉野作造賞」受賞作)に異議あり]

  「原爆投下」より「ソ連参戦」を日本降伏の主因と見なすとは――― ………麻田貞雄(同志社大学名誉教授)

  史料の誤読、自家撞着、古い神話の反復に満ちあふれたこの本の何処が「重要作」なのか?

 [また出た!歴史捏造]  

  今度は「日本軍による中国人児童数千人拉致」だって?………斎藤道彦(中央大学教授)

  無責任な歴史偽造デマに基づく「日本軍の罪状」キャンペーンを座視するわけにはいかない

【特 集】

 [儲ける「人と企業」の盲点]

  福井[日銀]・宮内[オリックス]に見る「規範の弛緩」………東谷 暁(ジャーナリスト)

   「村上ファンド」を支援した経済人が「規制緩和の旗振り」をした背景にどんな思惑が…… 

 [詐欺師も唖然?]

  大手金融機関 会社ぐるみの不祥事の手口………浪川 攻(東洋経済新報社記者)

   経営者のお詫び場面が続く金融業界。消費者無視の驕りはバブル時も今も変わっていない

  NTTよ、松下幸之助の「水道哲学」を学びなさい………嶋 聡(ソフトバンク株式会社社長室長)

   光ファイバーの時代になっても「独占」を死守しようとする貴社の態度はゴーマンすぎる

  レクサスは何故「イマイチ」なのか………花岡淳三(ジャーナリスト)

   「軽薄短小」をかなぐり捨てたトヨタの戦略は日本の消費者ニーズを満たすものではなかった

自殺志望者に ―――救うのは当人だけ………曽野綾子(作家)

 自殺対策基本法で、一人でも自殺しようとする人を救えればそれに越したことはないが……

日本のオトナ教育には「落語」がよろしいようで…… ………中野 翠(コラムニスト)/京須偕充(落語プロデューサー)

 落語に出てくる大金持ちの旦那とホリエモンらヒルズ族と、どこが違うんでしょうか

自衛隊も愛用する電動ガンの威力と魅力………中嶋博行(作家・弁護士)

 相次ぐ改造エアガン事件は逆風だが、安全かつユニークな「おもちゃ文化」として育てたい

山本五十六 昭和海軍とその悲劇(8)………福田和也(文芸評論家・慶応大学教授)

 ロンドン軍縮予備交渉の後、山本はベルリンへ向かう。山本とドイツを結びつけたものは

■山田 和:外伝 北大路魯山人(35)

■樋口 進:文藝春秋写真館(5)

■草野 徹:気になるアメリカン・ブックス(14)

■軽手思庵:一読惨憺(16)

■荒木和博:月報「北朝鮮問題」(16)

■麹町電網(インターネット)測候所

■出久根達郎:言の葉のしずく

■荒川洋治:言葉と世界(74)

■池谷伊佐夫:古本蟲がゆく(14)

■紳士と淑女

[SHOKUN BOOK PLAZA]

 新刊書評:保阪正康・東谷暁・三浦小太郎

 本の広場

読者諸君・編集後記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊朝日2006年8月11日

週刊朝日

2006年8月11日発行

第111巻 第38号 

通巻4764号 

編集長・発行人:山口一臣

発行所:朝日新聞社

雑 誌:20082-8/11

目 次

鈴香と警察官の不適切な関係

[臨界点の秋田県警不信]豪憲君の父が心情を吐露

 「捜査怠慢でなく悪質な犯罪の隠蔽だ!!」

初動捜査をなぜ怠ったのか 鈴香容疑者と警察官の不適切な関係

[愛媛県警ウィニー騒動]容疑者と捜査取引疑惑

 「拳銃を提出し、覚醒剤事件をもみ消してもらった…」

谷垣禎一財務相総裁選出馬を語る 聞き手 作家・大下英治 

 「なぜ安倍晋三ではいけないのか」

[短期集中連載 ]不動産バブル“復活”の現場(1)[ルポ]「一流」神話の街で火を噴く物件争奪戦

 銀座の地価「1年で2倍」の大暴騰

夢のような? 生活してみました

 フランスの古城で一人暮らし

映画批評界の「亀田3姉妹」が鬼の鼎談

 「夏休み、この映画だけは絶対見るな!」

「医療界のゴーン」が唱える

 「病院はキャバレー」論

横浜・八景島の人気者シロイルカ4を

 本家レイザーラモンが直撃フォ~!

開会直前! 甲子園トリビア40連発 高校野球が「なまら」好きになる

LEON岸田一郎編集長「突然退社してしまいます」は「ちょい謎」

雅子さま 「終わらないご静養」不安な行方

「戦略的外交」に右往左往する大臣たちの“思惑”

飯島勲秘書官「安倍政権でも官邸に残留」の受けとめられ方

救済弁護士が問題点を検証 第1弾

 韓国生まれ「SEXカルト教団」が日本を蹂躙

【News Spirits】

 相次ぐパロマCO中毒事故 警察の捜査ミスでも被害拡大

 岩手・母娘殺害事件の現場とソープランドを結ぶ「点と線」

 長野・放火娘「くまぇり」の自宅が“水没”していた!

 在日父娘を通じて描かれた思想を超える「家族の形」

 園田天光光さんが人形展に込めた「世界平和」の思い

 母親を切りつけた元大物弁護士の孫/

 金正日の「新妻」金玉氏って誰?/

 ドイツ往復喫煙便 来年春にも復活か

 [高須基仁]「極楽とんぼ」山本へ

 [梨元 勝]RIKACO「新恋人説」を追う

【グラビア】

夏、灯ともし頃 写真・文=鷹野 晃

ヒマラヤの東 写真=中村 保 文=川名真理

新日本百名山 岩湧山[大阪府]

●ドン小西のイケてるファッションチェック[渡辺捷昭]

●縁あって父娘

●男の時間

●山藤章二の似顔絵塾

●お散歩レストラン

●山藤章二のブラック・アングル

【小 説】

 久間 十義:命兆候(バイタル サイン)あり

【対 談】

 林真理子 ゲストコレクション

  浅田美代子

 親子のカタチ

  扇 千景×中村翫雀

【コラム】

 田原 総一朗:ギロン堂

 船橋  洋一:世界ブリーフィング

 木村  和久:先端流行研究所

 東海林さだお:あれも食いたいこれも食いたい

 内館  牧子:暖簾にひじ鉄

 鎌田  實 :がんばらないけどあきらめない

 嵐山 光三郎:コンセント抜いたか!

 宮川  彬良:気まぐれ音楽会

 倉田 真由美:(ほ)やじ日記[木村祐一] 

 小倉 千加子:テレビガイド液晶未満

 セルジオ越後:サッカーの神髄

 松坂  大輔:直球主義  

天下無双のよろず相談所 瀬戸内寂聴

瞠きマネー

 のんびり投資指南[澤上篤人]/

 株価歳時記[吉野貴晶]/

 お皿の上のエコノミー[J.C.オカザワ]

週刊図書館

[書 評]

『わたしを離さないで』 駒沢敏器

『ホスピス その理念と運動』 芹沢俊介

ひと[磯田道史]/

Books Browsing/

愛でたい文庫[温水ゆかり]/

ニュースな本[永江 朗]/

新書の穴[鶴見太郎]/

文芸予報[斎藤美奈子]/

あの本[大月隆寛]/

マガジンの虎[亀和田武]

「目キキ」&「耳キキ」

KEY PERSON[小瀬村真美]/

MOVIE PREVIEW[ユナイテッド93]/

ハリウッド・噂の先取り/

PICK UP MOVIE[ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男]/

渡辺祐のミュージック・サプリメント

【医 療】

名医の最新治療

冷え性

犬ばか猫ばかペットばか

達人戦 谷川浩司 vs 南 芳一(下)

【まんが】「パパはなんだかわからない」山科けいすけ

Front Face/お便りクラブ/編集部発

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀行法務21 2006年8月号

銀行法務21 8月号

平成18年8月1日発行

第50巻 第9号

通巻663号

発行所:経済法令研究会

ISSN:1341-1179

雑  誌:02913-8

CONTENTS

【ファイナンス 法務・実務研究会 Report(6)】

 老舗旅館の私的再生事例に関する一考察

 日本政策投資銀行企業ファイナンス部調査役松木 大

【ファイナンス 法務・実務研究会 Legal Comment】

 旅館の私的再生スキームについての法的検討

 弁護士 藤原総一郎

【解説等】

 [判例解説]

  不動産担保融資取引における銀行による業者の紹介責任と説明義務を導く「特段の事情」

   ―――最一判 平成18・6・12 金融・商事判例1245号16頁―――

   新潟大学実務法学研究科助教授 山田剛志

 [再生実務と法]  

  抽選弁済を定めるゴルフ場事業の再生計画と債権者平等の原則再考

   ―――大阪高裁 平成18年4月26日決定を契機として

   弁護士 服部弘志

 [岡山金融取引研究会(10)]

  内部統制システムと監査役制度

  岡山大学大学院法務研究科教授 芳賀 良

 [民法判例研究会]   

  数個の債権のうちの一個についての保証人による代位弁済と債権者との関係

  中央大学教授 古積健三郎

【連 載】

 [実践 私的再生手続(6)]

  事業再生における経営者責任と株主責任

   弁護士 住田昌弘

 [基本から考える(12)]

  同一事故に係る不法行為債権相互間の相殺の許否

   千葉地方裁判所判事 滝澤孝臣

 [シンジケート・ローンの理論と実務 ]

  わが国契約法の新たな形成(5)

   ―――シンジケート・ローン契約などにみる市民的取引法の要素―――

   弁護士・東洋大学法科大学院教授 國生一彦

 [信託法講座(20)]

  受託者の義務(3)

   ―――共同受託

   三菱UFJ信託銀行受託財産企画部 佐藤 勤

 [営業店からの質疑応答(10)]

  (根)抵当権と法定地上権

   経済法令研究会顧問 高橋恒夫

【OPINION・コラム】

 [法務時評]

  在庫・動産流通市場の創設への期待

   日本政策投資銀行金融企画部課長 小山潔人

 [弁護士が考える理想の金融マンとは(12)]

  取引先の救済

   弁護士 萬年浩雄

 [BOOK REVIEW]  

  小林秀之編「法学講義 民事訴訟法」

   上智大学教授 原 強

 [Current Topics]  

【小 説】  

 金融ビジネス小説

 隠された動機(5)(完)  

 「不毛な告訴」

  真船龍太郎

【判例紹介】  

 金融商事実務判例紹介

 生保険契約の地位譲渡に対する保険会社の同意拒否と権利濫用(東京高判 平成18・3・22)/

 前払費用返還請求権と転付命令(最二判 平成18・4・14)/

 差押債権の特定性(高松高決 平成18・4・11)/

 収益還元法のみによる更生担保権目的物の価額決定(東京高決 平成17・9・14)/

 M&Aと基本合意書破棄の責任(東京地判 平成17・7・20)/

 共有と登記の全部抹消(最一判 平成17・12・15)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

週刊ダイヤモンド 2006年8月5日号

週刊ダイヤモンド

平成18年8月5日発行 

第94巻 第30号

発行所:株式会社 ダイヤモンド社

雑 誌:20241-8/5

CONTENTS

【特 集】

危険な食卓

あなたは、メディアの流す「食」情報を鵜呑みにしてはいないだろうか。

消費者が「食」情報に踊らされている陰では、“食料安保”などの「食」に関する本質的な議論が置き去りにされている。

矛盾や誤解に満ちた食事情に迫り、資源貧国ニッポンの課題を浮き彫りにした。

 [Part1]溢れる食情報に踊らされる 歪んだ「食への関心」

        Interview: 群馬大学教育学部教授 ●高橋久仁子

        Column: あえて行間を読ませる健康飲料の広告の“手口”

        Column: エセ科学にだまされない 食報道の正しい読み取り方

        Column:科学的根拠はあるのか? 悪役食品の“冤罪”を晴らす

[Part2]食卓を覆う「矛盾と誤解」 間違いだらけの食のリスク

       【残留農薬規制】ポジティブリスト制で大騒動 ターゲットは中国産輸入野菜

       Column:もてはやされた化学肥料 時代が変われば安全も変わる?

      【遺伝子組換え】じつは知らずに口にしている 「不使用表示」のまやかし

      【有機野菜】広がらない農家の生産メリット 広がる消費者の無理解

      【BSE】根強い“国産信仰”が露呈した米国産牛肉の輸入「再」再開問題

      【地域ブランド】黒大豆の本場は京都、兵庫? 中国産まで「丹波」を名乗れる訳

      【養殖魚】世界の水産物の4割は養殖魚! 天然サケよりも高い養殖サケ

      【トクホ】売るための手段となっている“厚労省のお墨付き”マーク

[Part3]激化する食料資源の争奪戦 日本の食料安保問題の深刻

       Interview: 吉野家ディー・アンド・シー社長 ●安部修二

【特 集】

色褪せた規制改革の旗手

宮内オリックス商法を解剖する

政府の規制改革・民間開放推進会議議長を務める宮内義彦氏と、同氏率いるオリックスグループが批判の矢面に立たされている。

村上世彰氏、福井俊彦・日銀総裁とのかかわりや規制改革をめぐる疑念。

宮内氏はこれらを拭うことができるか。

【Close UP】

●船頭を丸紅に代えたダイエー 待ち受ける“3つのシナリオ”

●カジノ合法化が最大の追い風 パチンコホール上場は実現するか

【Inside】 

●“外堀”を埋められた北越製紙 王子が描くTOB成功シナリオ

●日の丸通信機器にトドメ刺す? 中国製携帯基地局採用の衝撃

 ■ピックアップ1/長島 徹(帝人社長) 

●出口の見えない損保不信 今度は医療保険の不当不払い

●株の夜間取引に乗り出すネット証券の野望と限界

 ■人事天命/住友不動産   

●市場の約半分が公募価格割れ お荷物REITの“打開策”

 ■ピックアップ2/松本南海雄(マツモトキヨシ社長)

【World Voice】

 シャーリーン・バーシェフスキー 元米通商代表部(USTR)代表

【Market】

 株式市場: 透視眼鏡/北朝鮮のミサイル発射が中東の戦雲を呼び起こす危惧………藤戸則弘 

 金融市場: 異論百出/市場の混乱はなぜ起きたか? バーナンキFRB議長の教訓………加藤 出 

 ネット世論調査/靖国神社参拝と「富田メモ」

【Data Focus】

 本格的な外需主導型成長の兆しが見えてきた中国経済………呉 軍華

【企業・産業】  

 [企業レポート]■りそなホールディングス

          公的資金返済が視野に入るもまだ見えぬ細谷改革のゴール

 [企業レポート]■エーザイ/孤高の道を歩む自前主義 規模を否定する独創経営の“成算”

 ■起・業・人/冨安徳久(ティア社長)

【人 物】 

 ■新社長/清野 智(東日本旅客鉄道)   

 ■光 明/椎名武雄(日本IBM最高顧問)

【連 載】

 山崎 元のマネー経済の歩き方

 二宮清純/勝負のバランスシート

 齋藤 孝の仕事脳の鍛え方

 高杉 良/小説巨大生保 王国の崩壊

 野口悠紀雄/「超」整理日記

 鈴木棟一/新・永田町の暗闘

 櫻井よしこ/オピニオン縦横無尽

 多川俊映/東洋の風韻

【コラム】

 プリズム

 This Week/The Day/F氏的日常

 転→展→天職

 3分間ドラッカー 文・上田惇生

 部課長推薦この料理

 BOOK

 特別広告企画(セキュリティ対策)

 ビジネス掲示板

 From Readers From Editors

 読者アンケート

 AD Index

【ゴルフ】

 横島由一の“夢のシングル”指南

 ゴルフ残照 文・早瀬利之

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊アスキー 2006年8月15日

週刊アスキー

平成18年8月15日発行

通巻600号

発行人:福岡 俊弘

編集人:福岡 俊弘

発行所:株式会社 アスキー

雑 誌:21103-8/15

CONTENTS

【特集1】搭載PC、自作、ベアボーンに換装まで

 何がなんでも『コア2デュオ』を手に入れる!!

 ・やっぱりすごい!! コア2デュオ超ベンチマーク

 ・2万円台でコア2デュオをゲットする!!

 ・メイドさんにおねがい!! コア2デュオPCゲット大作戦

 ・2.67GHz → 3.66GHzにオーバークロック!

 ・ウチのPCにコア2デュオを載せる!!

 ・登場直前! コア2デュオ緊急座談会

【特集2】

'08年に引退宣言!

 ビル・ゲイツとマイクロソフトの30年を振り返る

 ・ソフト業界の帝王ビル・ゲイツとマイクロソフトの勝利の歴史

 ・家族、年収、女性関係……ビル・ゲイツのそこが知りたい

 ・ぼくらの知っているゲイツについての2、3の事柄

【特集3】

 どこまで危険か編集部が実地検証

 情報漏えいウィルス感染レポート

【特集4】

 ESATA、NAS、大容量タイプがそろいぶみ!!

 外付けHDD買いの本命はコレだ!!

【特集5】

 ケータイ替えても番号は同じ!

 ナンバーポータビリティのすべて

■進藤晶子の「え、それってどういうこと?」

 第281回 俳優・歌手/元カリスマホスト 城咲 仁

■BEST BUY

 NEC Lavie L LL590/CG

 デル 3110cn

 アーク情報システム BOOT革命/USB Memory Ver.1

■HARDWARE

 ソニー AVCHD HDD ハンディカム HDR-SR1/

 ゲートウェイ eMachines J4438/

 松下電器 LF-P967C/

 レノボ・ジャパン Lenovo 3000 C100 Notebook 0761-FHJ/

 松下電器 VIERA TH-50PZ600/

 アイ・オー・データ HDPG-SU120/

 ロジテック TERAGATE LHD-LAN1000QG/

 NECディスプレーソリューションズ MultiSync LCD1990FXp/

 プラネックス CS-TX02F/

 アスク Leadtek WinFast A7600 GT TDH/

 ロジクール G3 Laser Mouse G-3LS/

 レノボ・ジャパン ThinkCentre A52 Small/

 パソコン工房 LEASANCE AS520AW-DUO

■SOFTWARE

 AOSテクノロジーズ ターミネータ2006 特別抹消セット版/

 プロトン Steganos Internet Anonym 2006/

 インターネット Sound it! 5.0 for Windows/

 アスク iPodではじめるやさしい中国語/

 サイバーリンク トランスデジタル PowerDVD 7 Deluxe モバイルシアター/

 ソースネクスト Corel Paint Shop Pro Album パーソナル/

 ソースネクスト 「モバイル動画 プラスDVD」for PSP

■7TOPICS

・MSのiPod対抗機が登場、その名は『zune』

・感染したら憂鬱? 涼宮ハルヒのウィルス出現

・ついに王者ヤフーもSNSに参入

・ファイル交換ソフトのユーザーはいまだ微増中

・つくばエクスプレスの無線LANが正式スタート

・ケータイのバイブ機能でアクション度倍増

・BBサービスの広告塔は名物広報のあの人

■ランキング&ニュース【ハード&ソフトニュース デジタル総合ニュース】

・All Aboutスタイルストア『夏の旅行にもっていきたいアイテム』

・All Aboutガイドが選ぶ『懐かしのボードゲーム5』

・Yahoo!トラベル『お盆に人気の国内観光地』

・Yahoo!オークション『男性向け浴衣』

・楽天市場『男性向けダイエット食品』

・パソコン本体/

 ノートPC/

 パソコンソフト/

 周辺機器(デジカメ、DVD/HDDレコーダー)/

 大画面テレビ/

 秋葉原パーツ(HDD)/

 Google検索ワード/

 ネットプライス共同購入売れ筋アイテム/

 gooブログトレンドニュース/

 Yahoo!掲示板で読む株『アセット・マネジャーズ』/

 本/CD/DVD

■8月25日発売! 新LUMIXは"ブレ"に強い!!

■WAM Depart

[BOOKS]2ちゃんねるで学ぶ著作権 /

       Web2.0でビジネスが変わる/

       仏像のひみつ/

       東スポ黄金伝説。

[GAMES]スターフォックスコマンド/

       トップスピン2/D&Dオンラインストームリーチ

[DVD]  LOST シーズン1/

       エスパー魔美/

       RIZE/

       男たちの大和/YAMATO/

       力道山

[SPORTS]全英女子オープンゴルフ

[AUTO]スズキ SX4

[A V]ユニデン TL32WRJ

[AKIBA]強気っ娘攻略アドベンチャー

[PHOTO]LUMIX DMC-L1

[MOBILE PHONE]ウィルコム W-ZERO3[es]

[INFO]DENKI-GUYグッズ新製品 ほか

■連載小説 地獄八景探偵戯 第1回 田中啓文

■なんでも使用レポート パソコンが好きだ!!

・ファンキー末吉 dopod 838

・前川泰之 Everio GZ-MG505

・山本謙治 W-ZERO3[es]

・松永玲子 Everio GZ-MG505

・宮野友彦 α100

・南田剛志 Colorio PM-A950

・千葉和也 Core Duo 自作PC

・桑野朋子 KHR-2HV

■連 載

・クロスレビュー

・無料ソフトの殿堂

・eNOVELS通信

・WEBO.2

・こどもホームページコンテスト

・ASCII365

・占い&おたよりコーナー

・DPフォトコン

・Sports

・ネットエクスプレス

・パズル王国&次号予告

・旅三昧

・ネットでお取り寄せ

・仮想報道 ネットの競争ルール: 歌田明弘

・松井のおもしろゼミナール: 松井英樹

・だってサルなんだもん: いしかわじゅん

・週アス女子部: 浅野安由&長谷川まき

・物欲番長: スタパ齋藤

・今週のデジゴト: 山崎浩一

・ロボットが作る未来: 浅野純也

・電脳なをさん: 唐沢なをき

・カオスだもんね!: 水口幸広

・東京トホホ会 金井哲夫&宇佐美月子

・女の道: 青木光恵

■Column complex

・Scene 2006 神足裕司

・シネマ英語通信 上野陽子

・日常の量り売り 寺島令子

・ハッコウ人のおしごと F岡俊弘&永野のりこ

・今宮純のF1週記 今宮 純

・決断のとき 吉井妙子

・Idol Site Pinup: 仲里依紗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

NBL 2006年7月1日

NBL 

New Business Law

平成18年7月1日発行

通巻第836号

ISSN:0287-9670

CONTENTS

【論 説】

 費消済みインクタンクにインクを再充填する行為と特許権侵害の成否(上)

  ―――知財高判 平成18・1・31 

  田村善之 北海道大学教授 

 債権譲渡担保は「いつまで」担保権か

  ―――東京高決 平成16・4・9

  三村藤明 弁護士 

 自動継続定期預金の消滅時効の起算点

  ―――東京高判 平成17・1・19が錯覚した「満期到来」の意味に関する問答

  菅原胞治 弁護士

 UCC第9編の対抗力制度と取引実態

  ―――棚卸資産の価値を利用した資金調達取引類型(いわゆるフロア・プラン)に限定して

  青木則幸 早稲田大学

【連 載】

 ヒューマン・リソース(HR)と法

  ―――労働法最前線

 [9]営業譲渡と労働契約

  野田 進 九州大学

 中国ビジネス法実務最前線

 [13]中国進出の際の税務問題

  ―――恒久的施設(P/E)問題を中心として

  水野真澄 M&C South China Ltd. M&C Shanghai Ltd.

日本司法支援センター(法テラス)の業務開始に向けて

 岩井重一 日本司法支援センター

個人情報保護法施行から1年

 ―――施行後に気が付いた〝法の穴"

 川上恵美子 ニフティ

下請法遵守のために

 粕渕 功 公正取引委員会 

ABL研究会報告書について 

 林 揚哲 経済産業省/新井竜作 経済産業省

「特許権信託における特許法102条1項、2項の適用に関する考え方」について

 ―――産業構造審議会知的財産政策部会流通・流動化小委員会資料

 波田野晴朗 経済産業省/戸崎豊 経済産業省 

法令英訳における標準対訳辞書について

 外山勝彦 名古屋大学 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレジデント 2006年7月17日

PRESIDENT

2006年7月17日発行 

第四四巻 第一五号

発行人:綿引好人

編集人:長坂嘉昭

発行所:プレジデント社

雑誌コード:27653-7/17

CONTENTS

【特 集】

脱出! 組織の歯車感

脳科学が実証!行動を起こせば、意識は変えられる

 最新理論! 仕事意識が変わる「簡単な仕かけ」 ●池谷裕二

仕事に前向きな社員はわずか2%しかいない!

 衝撃データ! 日本人の「働く意欲」は世界最低 ●岡田恵子・中村健太郎

自分のタイプがわかれば別人のように働き方が変わる

 「日常会話分析」あなたは当事者型か、傍観者型か ●吉田典生

 ▼チャート式7分類診断 破壊者タイプ、協働者タイプ、従属者タイプ……

 仕かけ(1) 「組織の歯車感」払拭 → オンリーワン&リンク効果 ●勝呂 彰 

 仕かけ(2) 「貧乏くじ意識」脱却 → WISDOMモデル ●本間正人 

 仕かけ(3) 「達成感不在」解決 → バンデューラ理論 ●高木晴夫 

 仕かけ(4) 「マンネリ感」決別 → オーナーシップ ●四方ゆかり 

 仕かけ(5) 「掛け声倒れ」解決 → DMAIC問題解決法 ●眞木和俊 

組織を蝕む「ことなかれ病」の特効薬

 「足の引っ張り合い、前例固執」を一掃する法 ●上山信一

三菱自動車「ユニットリーダー制」、セイコーエプソン「マイスター制度」、マクドナルド「ハンバーガー大学」

 改革派列伝! いかに社員の士気に火をつけたか ●石田純子

1日レッスンで、ネガティブ男がみるみる変わった!

 最強の自己暗示「アファメーション」の効用 ●田中義厚

「柔にして剛の心」があなたの仕事力を磨く

 アフター5武道で伸びる「分析力、決断力」 ●宇城憲治

【ビジネススクール流知的武装講座(152)】

 米国流「モジュラー経営学」とは何か ●藤本隆宏 

【ハーバード式仕事の道具箱(102)】

 「合意の握手」でしくじらない五つの原則 ●マイケル・ウィーラー 

【職場の心理学(150)】

 フラット型組織では「真のリーダー」は育たない ●石原 明

【河合 薫のストレス予報(40)】

 とことん悔しがる効用

【J・ウェルチの「ビジネス問答」(12)】

 有名経営者から仕事のアドバイスを受けるには?

【経営時論(12)】

 企業価値を損なう長期運用ファンドの愚行 ●加護野忠男

第三の買収 連載第一二回 記者会見 ●牛島 信

特別対談 話題作「不撓不屈」の見所について二人の当事者の証言を聞く 

 高杉 良 vs 飯塚真玄 「信念を貫いた仕事人が伝えたかったこと」

【スペシャル・レポート】

村上ファンドが犯した6つの失敗とアクティビズムの大潮流

 「世界のモノ言う株主」が見た村上逮捕 ●黒木 亮

個人がメディアになる! ウソは必ずバレる! 肩書は無意味になる!

 「ウェブ2.0」身近な革命 事始め ●蝶々 × 萩原雅之 × 上原 仁

 ▼誰もがコンテンツ化する時代がやってきた ●糸井重里

 ▼グーグル、アマゾンだけじゃない! 注目の「国産2.0企業 ●佐々木俊尚

【情報スクランブル】

[ニュースファイル]

 ●逮捕でも安泰? 村上容疑者の資産管理

 ●武部幹事長が福井総裁を擁護する理屈

【企業の活路(10)】

「街づくりの職人」は都市開発ウォーズに勝ち残れるか

 森ビル 直面する「後継者と負債」の隘路 ●小沼啓二

【クローズアップニッポン(53)】

 海に一攫千金を求めた商人たち 

 江戸時代の起業家魂「北前船」の夢の名残り 文●加藤貞仁/撮影●横山正次

連載 ○第73回 ―――復帰までのスケジュール

 挑戦! 松井秀喜の「大リーグ日記」 ●松下茂典

【仕事に使える技術の話(54)】

 環状糖 ●中野不二男

【元気なカラダ入門(53)】

 閉塞性動脈硬化症 ●松井宏夫

【マーケットの読み方(50)ポイント】

 JALとANAが狙う“基軸通貨”の座 ●礒部道生

人間邂逅 ○「諏訪発」 ●草間三郎/原田泰治

人に教えたくない店(344)とよた真帆

本の時間

 著者インタビュー ○『「おなかのすく人」はなぜ病気にならないのか』 ●石原結實

 新刊書評 ○横山 渉 著『ニッポンの暴言』

 世の中の読み方 ○真に「人間中心のまちづくり」を見つめ直す本 ●高橋儀平

 経営者の一冊 ○ジャレド・ダイアモンド 著『文明崩壊』 ●富士ゼロックス・有馬利男社長

プレジデント言行録

エディターズノート 

【特別広告企画】

マネー特集/

 景気転換期こその必勝メソッド「アセットアロケーション活用法」

時計特集/

 「BEST BUY」の為の事前情報・新作腕時計2006(バーゼル&ジュネーブ現地取材)

プレジデント INFORMATION&EXPRESS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレジデント 2006年7月31日

PRESIDENT

2006年7月31日発行 

第四四巻 第一六号

発行人:綿引好人

編集人:長坂嘉昭

発行所:プレジデント社

雑誌コード:27655-7/31

CONTENTS

【特 集】   

 激変! 出世の法則

詳細図解! ヒラ社員、部課長、取締役まで、どのように昇進・昇給していくのか

 初公開! ビジネスマン「地位と年収」の全・見取り図 ●渡邉正裕

 ▼日産自動車・40代課長で1000万円の大台へ

 ▼シャープ・部長クラスで900万~1200万円

 ▼三井物産・ライン部長は40代半ばで2000万円

 ▼みずほ銀行・30代後半の管理職で1200万円超

 ▼GS証券・30代後半の稼ぎ頭は1億円突破

 ▼ダイエー・50代店長800万円で頭打ち……

▼「ポストの近道、遠回り」ビジネス行路の賢い歩き方

業績、能力、プロセス……あなたの人事評価はどう決まるのか

 「人事考課表」実物公開! ここが評価のツボだ ●伊藤博之

 ▼積水化学工業の営業マンは売り上げ数字のほか、工場見学会への集客数も目標になる

 ▼東京ガスでは「重大な操業トラブルを未然に防いだ」など付加業績が2割のウエート

 ▼SAPジャパンでは評価の5割が売り上げ、最高評価と最低評価では報酬は倍差がつく……

「ポスト難民」は当たり前! もはや年功による「約束の地」はない

 激増! 「ヒラ社員で終わる人」の思考と働き方 ●白潟敏朗

役員は「一国一城の主」。マネジングから財務までのマルチ能力が問われる

「部課長どまり」と「役員コース」の分岐点 ●溝上憲文

自動車、電機、流通、通信……社長への道はどう変わったか

 業界・企業別「花形コース」20年の変遷

のべ7000人調査から見えた「エリートの階段」の新常識

 変貌10年! 「ヒラ取の経歴」全上場企業データ ●面澤淳市

 ▼一橋大、阪大、名古屋大、同志社、青学大が躍進

 ▼子会社経験者が有利に

 ▼新しいエリートコース「法務部門」

 ▼支店長出身が減る一方、生産・製造出身が激増……

第5回・定点観測調査 ―――上場企業326社の取締役アンケート

 「転機・決断・夢」40代勝ち組の本音 ●西山昭彦

【ビジネススクール流知的武装講座(153)】

 好調! 松下PC事業の「三つの秘密」 ●石井淳蔵 

【ハーバード式仕事の道具箱(103)】

 顧客満足度を知る「ただ一つの質問」とは ●フレッド・ライクヘルド 

【職場の心理学(151)】

 「組織と個人の底力」を引き出す法 ●荻野進介

大前研一の「日本のカラクリ」(7)

 「電子政府」最大の障害は官公庁

J・ウェルチの「ビジネス問答」(13)

 元経営者ですが、転職活動がうまくいきません、ほか

経営時論(13)

 「投機家の暴走を止める」フランス・ドイツの工夫 ●伊丹敬之 

第三の買収 連載 第一三回 布石 ●牛島 信

【特別インタビュー】

 未来学者が直言!教育改革が「知識経済」の扉を開く

 アルビン・トフラー  日本人が「本当の富」を掴むカギ

【特別提言】

 市場の圧力、利益至上主義、株主偏重、短期思考をいかに乗り越えるか

「理念と品格」新日本型経営へ舵をきれ!

 ▼本当の企業価値を高めるために心にとめること ●小林陽太郎

 ▼今こそ企業の存在意義を問い直せ ●野中郁次郎

【情報スクランブル】

[ニュースファイル]

 ●“村上=オリックス別動隊”と地検が見る理由

【クローズアップニッポン(54)】

 エネルギー地下施設の現場を覗く 

 日本経済の「結界」 文●黒木 亮/撮影●内山英明

ジーコ監督の「Wカップ日記」 最終回

 ジーコが残したものとは 

連 載 ○第74回 ―――「骨折」の余波、番記者の泣き笑い

 挑戦! 松井秀喜の「大リーグ日記」 ●松下茂典

【マーケットの読み方(51)サザエさんと株価】

 個人消費の立ち上がりで相場も好転へ ●本誌編集部

【残したい言葉(7)】

 敬天愛人 ●山元峯生/婁 正綱

【仕事に使える技術の話(55)】

 光に反応するゼリー ●中野不二男

【元気なカラダ入門(54)】

 胆石症 ●松井宏夫

地球百景(62) 「仏教経典の版木」 撮影・文●野町和嘉

人間邂逅 ○普及活動 ●梅沢由香里/堀 義人

男の逸品[紳士のこだわり](120)駒田徳広 ―――長男の先生の手作りの「楯」

人に教えたくない店(345)豊田泰光

本の時間 著者インタビュー ○『企画書は1行』●野地秩嘉

新刊書評 ○三浦 展 著『「自由な時代」の「不安な自分」』

世の中の読み方 ○資格も登場! 世界遺産をまじめに考える本 ●小林 光

経営者の一冊 ○稲盛和夫 著『生き方』 ●武田薬品工業・長谷川閑史社長

ランキング ○ツバキ油生産量

プレジデント言行録

エディターズノート   

【特別広告企画】

 不動産活性化特集/リスク分散時代の賢い不動産投資・活用法

プレジデント INFORMATION&EXPRESS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サライ2006年7月

サライ

SUPER PREMIUM MAGAGINE SERAI

2006年7月20日発行

第18巻第14号通巻420号

編集兼発行人:東 直子

発行所:小学館

雑 誌:23333-7/20

索 引

【特 集】

この世に生きる意味を問う

『般若心経』入門 262文字の教え

 「私たちは皆、般若心経の世界を生きているのです」………立松和平

 『般若心経』全文と和訳

【第1部】「色即是空」の真理を繙く

 ●そもそも、仏教とは何か

  苦しみから脱するための道しるべ

 ●『般若心経』とは何か

  仏教の根本をなす「空」の教えを凝縮

 ○私と般若心経 その(1)山折哲雄

 ●一言一句を丁寧に繙く

  観音菩薩が呼びかける

 従来の仏教を根本から否定

 わだかまりを捨て、心の平安へ 

 高らかに響く真言

 ○私と般若心経その(2)柳澤桂子

【第2部】書く、読む、唱える、学ぶ

 五体で悟る「生」の境地

 ●写経の心得

  泉涌寺別院 雲龍院 京都市東山区

 ●自宅での写経の手順

  写経に必要な基本の道具

 写経の手順

 基本の文字の書き方

 ○私と般若心経 その(3)塩川正十郎

 ●自宅での読経の手順

 読経の際の読み方・唱え方

 ○私と般若心経 その(4)長澤和俊

【第3部】名刹で写経・読経を学ぶ

 「空」を体感する旅

 瑞巌寺 宮城県松島

 成田山新勝寺 千葉県成田市

 圓満院門跡 滋賀県大津市

 比叡山延暦寺 滋賀県大津市

 全国 講座・法話案内

 ○私と般若心経 その(5) 新井 満

 『般若心経』副読本

【とじ込み付録】

 般若心経写経見本

 般若絵心経

【別冊付録】

 「大人の逸品」通販カタログ

 天然素材で涼しく過ごす

【特 集】卓越した美意識と自然観に倣う

 文士・画家の「庭」作り

 子規庵 

  東京都台東区

 横山大観記念館

  東京都台東区

 林芙美子記念館 

  東京都新宿区

 鏑木清方記念美術館

  神奈川県鎌倉市

 白沙村荘 橋本関雪記念館 

  京都市左京区

 司馬遼太郎記念館

  大阪府東大阪市

 室生犀星記念館 

  石川県金沢市

【アート】

 竹内敏信の「風景写真講座」三百六十五の季節

 巨木を撮る

 サライ美術館

 三鷹市美術ギャラリー

  「高島野十郎展」

 孤高の輝き

 命といふもの 画と文 堀文子

  「緊急事態」

【インタビュー】

 小島信夫(作家・91歳)

【旅】

 第18回日本列島「一筆書き」

 鉄道旅 原口隆行

【車】

 名車を利く 石川真禧照

 レクサス/GS 450h

【道具】

 「これはラクダ」商店

 アナログ・レコードプレーヤー

 ハンディトラックス/ベスタクス

【読み物】

 「徒然」庭仕事 さとうち藍

 トウモロコシ

 ことばの知恵の輪

  難航 十字語判断

【食】

 定番・朝めし自慢

 鈴木登紀子(料理研究家・81歳)

【レビュー】

 本:鈴木理生

 CD:黒田恭一

【お知らせ】

 第5回「サライ大賞」告知

 定期購読のお知らせ

【予定】

 インフォメーション

 催しもの、商品情報ほか

 次号予告

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊ダイヤモンド 2006年7月8日

週刊ダイヤモンド

平成18年7月8日発行 

第94巻 第26号

発行所:株式会社 ダイヤモンド社

雑 誌:20242-7/8

CONTENTS

【特 集】Special Feature   

<最新> 1部・2部・新興市場3079社の株価診断

 調整相場が続いている。投資家は模様眺めの状態にある。

 今こそ求められるのは、確かな銘柄選別眼だ。

 その会社の実力をきちんと反映した試算株価はいくらか? 

 現在の株価は割安かどうか? 

 本誌が1部・2部上場2122社、新興市場957社、合計3079社の株価診断を試みた。

 冷静な投資判断のための参考材料としていただきたい。

【Part 1/調整相場の裏側】

 不安定な値動きに翻弄されない 広がり見せる「アルゴリズム取引」

【Part 2/調整相場に負けない投資術】

 先人たちの経験と知恵に学ぶ 「相場の格言」の実用度 大検証

【Part 3/1部・2部市場「割安度」大診断】

 2122社の試算株価を算出 3割以上の割安圏に590銘柄

  Ranking 1部・2部上場「割安」判定銘柄の割安度トップ30

  Ranking 割安判定銘柄の「配当金増加率」ランキング

  Ranking 割安判定銘柄の「上方修正率」ランキング

  総力分析! 1部・2部上場2122社試算株価一覧

【Part 4/新興市場「割安度」大診断】

 長い低迷が続く新興市場 268銘柄が3割以上割安

  Ranking 新興市場「割安」判定銘柄の割安度トップ20/新興市場低迷のあおりを食った増益銘柄25

 総力分析! 新興市場957社試算株価一覧

 Basis 「試算株価」の算出法

【Close up】

●平成バブル期の戦犯が大変身! 商社不動産ビジネス復活の真相

●民間が先駆けた教員養成大学院 “就職力”を武器に、見切り発車

【Inside】

●アイフルへの融資が4割増! 親密過ぎる住友信託との関係

●合併合意でひと息つくも意外に近いミタルの日本侵攻

ピックアップ1/舟橋裕道・オーエムシーカード社長

●進退窮まった福井・日銀総裁 市場で駆け巡る辞任時期

●新日石・JOMO業務提携に隠されたもう1つの“意図”

人事天命/郵便貯金銀行

●重工とディーゼル共同開発 消えない三自“孤立”の不安

ピックアップ2/鈴木幸一・インターネットイニシアティブ社長

World Voice/ジョセフ・ナイ ハーバード大学教授(元米国防次官補)

【Market】

 株式市場:透視眼鏡/波乱局面で注目できる「医療機器」関連銘柄の新味 藤戸則弘

 金融市場:異論百出/ゼロ金利解除のカギ握るのは7月3日発表「6月短観」の中身 加藤 出

 ネット世論調査/阪急・阪神の経営統合効果

【Data Focus】

 北野 一/円安と日本の輸出依存度上昇で高まる「ドル大幅下落」の懸念

【特 集】Special Feature

 行財政改革は待ったなし!

 15政令指定都市の内憂外患

 政令指定都市制度がつくられて半世紀が経過し、15市にまで増加した。

 指定待ちの市も多く、全国各地に誕生する傾向にある。

 「まちの格が上がる」と政令市昇格を望む住民が多いが、現実はそう甘くない。

 難題を抱えて苦悩する各政令市の現状をレポートする。

 【福岡】賛否渦巻く夏季五輪招致 ライバル・東京にも大きな弱点

 【広島】カネもなければプランもない 市が抱える跡地利用問題

 【大阪】職員厚遇に同和利権事件…… 染みついた税ムダづかい体質

 【神戸】“陰の市長”逮捕で市政は自浄能力を取り戻せるか

【企業・産業】Company&Industry

 [産業レポート]

 日本は世界の魚争奪戦から脱落! 国内水産業が抱える内憂外患

 [企業レポート]

  資生堂/4メガブランドでトップシェア奪回 原動力となった構造改革の中身

 起・業・人/山崎伸治(シニアコミュニケーション会長兼CEO)

【人 物】People

 光 明/池田弘一(アサヒビール会長)

 新社長/篠田和久(王子製紙)

【連 載】Regular

 山崎 元のマネー経済の歩き方

 二宮清純/勝負のバランスシート

 齋藤 孝の仕事脳の鍛え方

 高杉 良/小説巨大生保 王国の崩壊

 野口悠紀雄/「超」整理日記

 鈴木棟一/新・永田町の暗闘

 櫻井よしこ/オピニオン縦横無尽

 多川俊映/東洋の風韻 

【コラム】Column

 プリズム

 This Week/The Day/F氏的日常

 転→展→天職

 3分間ドラッカー 文・上田惇生

 部課長推薦この料理 GOURMAND  

 Book

 特別広告企画(女と男の腕時計2006)

 ビジネス掲示板

 From Readers From Editors

 読者アンケート

 AD Index

【ゴルフ】Golf

 横島由一の“夢のシングル”指南

 ゴルフ残照 文・早瀬利之

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊ダイヤモンド 2006年7月15日

週刊ダイヤモンド

平成18年7月15発行 

第94巻 第27号

発行所:株式会社 ダイヤモンド社

雑 誌:20243-7/15

CONTENTS

【特 集】Special Feature   

マンション底値買い

 都心ではマンションの価格がジワリジワリと上昇。

 その動きは、大阪や名古屋の中心部にも波及している。

 本特集では、土地代から今後の分譲価格をエリアごとに予測し、将来の価値と比較して現在割安度の高い物件のランキングも作成した。

 物件選びに使える独自データである。

価格・金利の先高感強まり強気に転じるマンション大手

 [Column]都心では2度と出てこない住友不動産の超割安物件

 [Map]   金利上昇で「買える駅」首都圏版/Map 首都圏主要マンション計画

【首都圏】

土地代から売り値を大胆予測 秋以降、都心は2割上がる

 [Map]エリア別マンション坪単価予測

将来の値上がりは必至!今買える「お買い得マンション」

 [Ranking]今買える「割安マンション」首都圏版

【近畿圏】

大阪市内で解かれた呪縛 坪単価が200万円を突破

 [Ranking]今買える「割安マンション」近畿圏版

 [Map]    金利上昇で「買える駅」近畿圏版

【名古屋】

秋以降は売り値1割上昇 主戦場は名古屋から東海へ

【特 集】Special Feature

日本のベストホテル 2006

 昨年のコンラッド、マンダリン オリエンタルに続いて来年はザ・リッツ・カールトン、ザ・ペニンシュラが東京でオープン。

 外資系高級ホテルの進出が続き、利用者の選択肢は拡大する。

 帝国ホテルやホテルオークラなど国内大手は設備投資を近年増大させ、外資迎撃の準備はすでに十分整っている。

 戦争か市場拡大か ―――活況のホテル業界を追う。

【Close up】

●トヨタ独走に待ったをかけた GM・日産・ルノー提携交渉の真相

●医療制度改革の荒波が現場を襲う 急激な病床削減で始まる “姥捨て”

【Inside】

●“非常識”な追徴課税処分に武田薬品が怒りの反論

●東ハトが山崎製パンの傘下へ“上場計画”白紙撤回の裏事情

ピックアップ1/中鉢良治・ソニー社長

●米国の武力行使を抑止する 北朝鮮“ミサイル外交”の効果

●第一生命でも配当支払い漏れ 問われる業界の情報開示姿勢

人事天命/新日本石油

●銅価格20年ぶりの急騰でエアコン、電線関連に足かせ

ピックアップ2/八剱洋一郎・ウィルコム社長

World Voice/クライド・プレストウィッツ アメリカ経済戦略研究所所長

【Market】

 株式市場:透視眼鏡/歴代内閣の株価動向から小泉政権末期の相場を占う 山独活継二

 金融市場:異論百出/7月14日ゼロ金利解除へ 難しい市場への情報発信法 加藤 出

 ネット世論調査/今夏のクールビズ実践状況

【Data Focus】

 高山憲之/誰もやりたくない仕事ゆえに起きた年金保険料の不正免除

【企業・産業】Company&Industry

[産業レポート]

 セガサミー VS バンダイナムコ シナジーのカギ握る「人」の育成

[特別レポート]

 世界一目前のトヨタ自動車がつまずいた 北米「セクハラ訴訟」最新事情と本当の教訓

起・業・人/中村 勝(クオール社長)

【人 物】People

 新社長/三田敏雄(中部電力)

 光 明/大橋光夫(昭和電工会長)

【連 載】Regular

 山崎 元のマネー経済の歩き方

 二宮清純/勝負のバランスシート

 齋藤 孝の仕事脳の鍛え方

 高杉 良/小説巨大生保 王国の崩壊

 スティグリッツ教授の真説・グローバルの経済

 野口悠紀雄/「超」整理日記

 鈴木棟一/新・永田町の暗闘

 櫻井よしこ/オピニオン縦横無尽

 多川俊映/東洋の風韻 

【コラム】Column

 プリズム

 This Week/The Day/F氏的日常

 転→展→天職

 3分間ドラッカー 文・上田惇生

 部課長推薦この料理 GOURMAND  

 Book

 特別広告企画(リゾートゴルフを愉しもう)

 ビジネス掲示板

 From Readers From Editors

 読者アンケート

 AD Index

【ゴルフ】Golf

 横島由一の“夢のシングル”指南

 ゴルフ残照 文・早瀬利之

| | コメント (0) | トラックバック (0)

非公開会社のための会社法実務ガイドブック

非公開会社のための

会社法実務ガイドブック

2006年6月20日発行

編 者:第一東京弁護士会総合法律研究所 会社法研究部会

発行者:松澤三男

発行所:株式会社 商事法務

ISBN:4-7857-1337-2 C3032

目 次

第1 会社法制の現代化

 1 現代化の必要性

 2 形式面の改正点

 3 実質面の改正点

 4 整備法による商法改正等 

 5 新商法の概要

 6 有限会社法の廃止

 7 非公開会社に対する規律

第2 株式会社関係 

(一)総 論

(二)設立等関係

 1 最低資本金制度の廃止

 2 設立時の定款記載事項

 3 払込取扱機関

 4 現物出資・財産引受け

 5 事後設立

 6 設立無効

(三)機関関係

 1 株式会社の機関設計

 2 株式譲渡制限会社の株主・株主総会

 3 非公開会社における取締役・取締役会

 (1)取締役

 (2)取締役会

 (3)取締役の責任等

 4 監査役

 (1)監査役の権限

 (2)監査役の責任等

 5 会計参与

 (1)会計参与の設置

 (2)会計参与の責任等

 (3)会計参与の解任

 6 会計監査人

 (1)会計監査人の設置

 (2)会計監査人の責任等

 7 委員会設置会社

 8 その他

 (1)特別取締役による議決制度(従来の重要財産委員会制度)

 (2)補欠役員

(四)株式関係

 1 株式の譲渡制限制度

 2 自己株式の取得

 3 新株発行等

 (1)非公開会社の第三者に対する新株発行手続の改正点

 (2)非公開会社の株主割当てによる新株発行手続の改正点

 (3)払込期間等

 (4)第三者に対する割当手続の改正点

 4 種類株主

 5 株 主

 (1)少数株主権

 (2)単独株主権

 (3)その他

 6 株 券

 7 株式買取請求権

 8 端株・単元株

 9 新株予約権

10 子会社等

(五)社債関係

 1 総 則

 2 社債管理者

 3 社債権者集会

 4 社債の譲渡

 5 銘柄統合

(六)計算関係

 1 財源規制を課す剰余金の分配の範囲

 2 剰余金分配手続

 3 財源規制における分配可能額の算定方法

 4 剰余金分配にかかる取締役の責任

 5 資本の部の計数

 6 その他

 (1)計算書類

 (2)定時株主総会

 (3)役員賞与

 (4)決算公告

(七)組織再編行為関係

 1 対価柔軟化

 (1)吸収合併等の対価柔軟化規定の導入

 (2)新設合併等および組織変更の対価柔軟化の導入

 2 組織再編行為の手続

 (1)組織再編行為の手続

 (2)三角合併

 3 簡易組織再編行為

 (1)簡易組織再編行為の要件

 (2)事業の譲渡

 (3)簡易組織再編行為に対する反対株主の異議の要件

 (4)非公開会社の簡易組織再編行為

 4 略式組織再編行為

 (1)略式組織再編行為の手続等

 (2)子会社の少数株主の保護

 5 組織再編行為に伴う新株予約権の承継

 6 株式交換・株式移転関係

 (1)債権者保護手続

 (2)資本等の増加限度額の計算方法

 (3)株式交換無効の訴え

 7 組織再編行為に関する会計処理

 8 組織再編行為に際して差損が生じる場合

 9 効力の発生

10 合併等の無効の訴え

(八)清算関係

 1 清 算

 (1)会社法における清算手続の概略

 (2)清算中の株式会社の機関について

 (3)清算中の株式会社がすべき公告

 (4)清算中の株式会社の債務の弁済

 (5)清算中の会社の残余財産の分配

 (6)帳簿資料の保存

 2 特別清算

 (1)管 轄

 (2)記録の閲覧

 (3)申立て

 (4)特別清算開始前の処分

 (5)清算人

 (6)監査委員

 (7)調査委員

 (8)特別清算開始後の処分

 (9)債務の弁済

(10)相殺の制限

(11)裁判所が行う処分等

(12)債権者集会

(13)協 定

(14)開始された特別清算の終了

第3 合同会社・合資会社・合名会社関係

(一)総 論

 1 新しい会社類型

 2 規律の一体化

(二)合同会社関係

 1 定款変更

 2 社員・業務の執行

 3 合同会社の計算

 4 社員の退社

 5 その他

(三)合資会社関係

 1 法人無限責任社員

 2 合資会社の有限責任社員

(四)合名会社関係

(五)会社類型相互の関係

 1 社員の変動または責任の変更

 2 組織変更

第4 その他

(一)商号・登記等

 1 会社の商号

 2 登記事項

 3 事業の譲渡

(二)外国会社

 1 類似外国会社

 2 外国会社の日本における代表者

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季刊刑事弁護47

季刊 刑事弁護

2006年7月10日発行

第47号(秋季号)No.47

編集・発行人:成澤壽信

発行所:(株)現代人文社

ISBN:4-87798-286-8 C3032

          

CONTENTS

【特集】未決拘禁制度の改革

 未決拘禁法の改正が与えるインパクト!? ………中川孝博

 「改正受刑者等処遇法」(未決拘禁法)の制定経緯と概要………小池振一郎

 未決拘禁法の改革をめぐる歴史と「受刑者等処遇法/改正受刑者等処遇法」………福井 厚

【座談会】

 改正受刑者等処遇法(未決拘禁法)によって何が変わるのか………村井敏邦・海渡雄一・秋田真志・水谷規男

 代用監獄の存続と取調べの「適正化」 渕野貴生

 接見交通・外部交通の改革

【理論編】

  無罪推定の原則はどのように具体化されるか………葛野尋之

【実践編・大都市の場合】

  大規模留置施設設置と未決拘禁法成立の影響………前田裕司・坂根真也

【実践編・地方の場合】

  弁護活動の現場と電話による外部交通権………川上 有

 未決被拘禁者に対する人道的取扱いをいかに保障するか

【理論編】

  「処遇」概念の変化と未決処遇の争点………赤池一将

【実践編】

  弁護士として未決被拘禁者の処遇にどう関わるか………田鎖麻衣子

【資料】両議院における附帯決議

[事件の風土記]

鹿児島選挙違反事件 その5

 突然、裁判長が定年を待たずに退官………毛利甚八

2006年少年法「改正」法案の問題点とこれからの課題………斎藤義房

訴訟能力と精神鑑定 

 ―――オウム事件を素材として………秋元波留夫・北潟谷 仁

弁護人のマスコミ対応

 ―――広島女児殺害事件を題材に………武井康年

恵庭OL殺人事件

 ―――弱い情況証拠と苛酷な「任意取調べ」………白取祐司

訴訟能力に関する刑事裁判例研究………金岡繁裕

[刑事弁護レポート]

検察官の共犯者供述操作による冤罪………寺崎昭義

西武新宿線・痴漢えん罪事件逆転無罪………加藤健次

法曹三者によって作られた冤罪事件………田辺美紀

[付添人レポート]

少年審判における事実否認と内省………唐崎浩司

[Q&A刑事弁護]

外国人の覚せい剤事犯………木原万樹子

事例から学ぶ証人尋問のテクニック!(12)

 証人の言い逃れを許すな!

 弁解を封ずる高等テクニック(その2)

 大阪弁護士会刑事弁護委員会

 ダイヤモンドルール研究会ワーキンググループ

交通事故弁護請負い講座(13)

 高速道「暫定対面通行」の正面衝突………和田清二

もう一歩踏み込んだ薬物事件の弁護術(9)

 尿の押収手続………小森 榮

桜丘だより(17)

 愚 直………櫻井光政

アメリカ合衆国のロースクール教育(5)

 臨床法学教育における協働

 ―――アメリカ・ロースクール協会主催の臨床法学教育に関する大会報告………村岡啓一

[世界の刑事司法]

イングランド・ウェールズにおける弁護人の記者発表と倫理問題………幡新大実

[Cinema Guide]

モンスター

 第4回季刊刑事弁護新人賞

 刑事弁護活動レポート募集のお知らせ

[刑事弁護日誌]

片道4~5時間………吉田隆宏

[新人弁護士日記]

少年の夢のため………久保田恭章

[ロー・スクール通信]

思いだした、法律を勉強する楽しさ………伊与部なつこ

[判例レビュー]

東京高判 平17・2・16

東京高判 平18・3・18

中島 宏

当番弁護士制度運用状況集計表

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行政判例百選2(第5版)

別冊ジュリスト182号

行政判例百選2[第5版]

2006年6月20日発行

編集人:津田憲司

発行人:江草忠敬

ISBN:4-641-11482-X C9432

雑  誌:65284-83

[第5版]

 八 行政上の不服申立て

136 不服申立書と陳情書………尹 龍澤

137 処分の告示と不服申立期間の起算点………比山節男

138 不服申立人適格………岡村周一

139 地方議会のする議員資格決定と不服申立権者の範囲………岡村周一

140 行政上の不服申立てと職権探知………寺田友子

141 固定資産評価審査委員会の口頭審理………斎藤 誠

142 行政処分の包摂関係と審判の対象………由喜門眞治

143 懲戒処分と人事院の修正裁決………人見 剛

144 審査決定と理由附記………藤原静雄

145 壁面線指定と不服申立ての教示………佐伯彰洋

 九

 (1)裁判所の権限

146 法令に対する司法審査………村松 勲

147 最高裁判所規則と司法審査 ………室井敬司

148 条約と司法審査………今村哲也

149 国家試験と司法審査………大橋真由美

150 地方議会議員の懲罰と司法審査………安念潤司

151 国立大学における単位授与と司法審査………野口貴公美

152 衆議院の解散と司法審査………赤坂正浩

153 国会の議事手続と司法審査………大石 眞

 (2)行政訴訟と民事訴訟

154 普通財産の売払い………晴山一穂

155 供託金取戻請求の却下………細川俊彦

156 ごみ焼却場の設置………北原 仁

157 国営空港の供用差止め………深澤龍一郎

158 航空基地の供用差止め………須藤陽子

 (3)取消・無効確認訴訟の対象

159 土地区画整理事業計画………山下竜一

160 第二種市街地再開発事業計画………山下竜一

161 用途地域の指定………草薙真一

162 開発許可に係る公共施設管理者の同意………北村喜宣

163 建築基準法42条2項の道路指定………洞澤秀雄

164 海難原因解明裁決………徳本広孝

165 輸入禁制品該当の通知………川内 劦

166 労災就学援護費の支給に関する決定………太田匡彦

167 病院開設中の中止勧告………角松生史

168 反則金の通告………古城 誠

 (4)原告適格

169 公有水面埋立免許と第三者の原告適格………勢一智子

170 定期航空運送事業免許と第三者の原告適格………古城 誠

171 特急料金認可と第三者の原告適格………横田光平

172 史跡指定解除処分と第三者の原告適格………平田和一

173 原子炉設置許可と第三者の原告適格………大西有二

174 林地開発許可と第三者の原告適格………鈴木 光

175 風俗営業許可と第三者の原告適格………田中 謙

176 都市計画事業認可と第三者の原告適格………横山信二

177 総合設計許可と第三者の原告適格………仲野武志

 (5)訴えの利益

178 放送局免許拒否処分と訴えの利益………安達和志

179 運転免許停止処分と訴えの利益………栗本雅和

180 保安林指定解除と訴えの利益………折登美紀

181 建築確認と訴えの利益………寺 洋平

182 土地改良事業と訴えの利益………荏原明則

183 再入国不許可と訴えの利益………磯部 哲

184 換地処分無効確認訴訟の訴えの利益………柳 憲一郎

185 民事差止訴訟の可能性と抗告訴訟の訴えの利益………高橋信隆

 (6)出訴期間

186 出訴期間の起算日………鈴木庸夫

187 異議申立てに対する決定と出訴期間………西田幸介

188 訴えの変更と出訴期間………大橋寛明

 (7)行政不服審査との関係

189 不服審査前置の意義………金子昇平

190 原処分の違法を理由とする裁決取消判決の効果………正木宏長

 (8)審 理

191 組合申立てに係る救済命令の取消訴訟と組合員の参加………薄井一成

192 産廃処分場不許可処分の取消訴訟と住民の補助参加………塩入みほも

193 処分理由の差換え(1) ―――課税処分………藤谷武史

194 処分理由の差換え(2) ―――情報公開………池田直樹

195 審決取消訴訟における審理範囲の制限………森田寛二

196 労働組合資格審査と行政法10条1項………松戸 浩

197 職権証拠調べ………米田雅宏

198 実質的証拠法則………趙 元済

199 無効確認訴訟における主張・立証責任………佐伯祐二

200 違法判断の基準時………多賀谷一照

 (9)執行停止

201 退去強制令書の執行と裁判を受ける権利………杉原丈史

202 執行停止の効力………野呂 充

203 内閣総理大臣の異議………紙野健二

 (10)判 決

204 事情判決………阿部泰隆

205 借地権者に対する処分の取消しと所有者への効果………石崎誠也

206 無効確認確認判決の第三者効………西川知一郎

 (11)取消・無効確認訴訟以外の抗告訴訟・当事者訴訟

207 行政処分を求める訴え………萩野 聡

208 義務不存在確認を求める訴え………浜川 清

209 在外邦人の選挙権に関する確認訴訟………越智敏裕

210 損失の補償に関する訴え………村上裕章

211 国家賠償請求への損失補償請求の併合………神橋一彦

 (12)民衆訴訟・機関訴訟

212 市議会議員としての資格において提起する訴訟………礒崎初仁

213 選挙告示の取消しを求める訴訟………村上 順

214 議員定数訴訟の許容性………高作正博

 (13)行政訴訟の訴額

215 多数者による取消訴訟と訴額………六車 明

216 住民訴訟と訴額………竹田光広

 十 国家補償

 (1)公権力の行使に係る国家賠償責任

 (a)各種の行政活動と国家賠償責任

217 学校事故と国家賠償責任………倉島安司

218 パトカー追跡による第三者の損害………稲葉 馨

219 予防接種と国家賠償責任………小幡純子

220 申請処理の遅延による精神的損害の賠償………久保茂樹

221 所得税更正処分と国家賠償責任………北村和生

222 法令解釈の誤りと過失………梶 哲教

 (b)権限の不行使と国家賠償責任 

223 宅建業者の監督と国家賠償責任………宇賀克也

224 薬害と権限の不行使………西埜 章

225 労働安全規制と国家賠償責任………中原茂樹

226 公害規制とい国家賠償責任………島村 健

 (c)特殊な国家活動と国家賠償責任

227 立法活動と国家賠償責任………長谷部恭男

228 裁判官の職務行為と国家賠償責任………常岡孝好

229 検察官の公訴提起と国家賠償責任………北村和生

 (d)その他

230 「職務を行うについて」の意義………秋山義昭

231 加害行為者・加害行為の特定………三橋良士明

232 交通犯罪捜査事務の帰属………晴山一穂

233 賠償請求の前提としての無効確認請求と訴えの利益………磯部 力

234 公務員の個人的責任………猪股弘貴

 (2)公の営造物に係る国家賠償責任

235 道路管理の瑕疵(1) ―――落石………藤原淳一郎

236 道路管理の瑕疵(2) ―――故障車の放置………藤原淳一郎

237 河川管理の瑕疵(1) ―――大東水害訴訟………橋本博之

238 河川管理の瑕疵(2) ―――多摩川水害訴訟………橋本博之

239 点字ブロックの不存在と駅ホームの設置管理の瑕疵………安本典夫

240 校庭開放中の事故………田村泰俊

241 空港騒音と供用関連瑕疵………磯村篤範

 (3)費用負担者の責任

242 国庫補助事業と費用負担者の責任………木村琢麿

 (4)民法その他の法律の適用

243 国家賠償法と失火責任法………小幡純子

244 郵便法による責任制限の合憲性………棟居快行

 (5)行政上の損失補償

245 破壊消防に伴う損失補償の要件………宇賀克也

246 地下道新設に伴う石油貯蔵タンクの移転と補償………小澤道一

247 正当な補償………内野正幸

248 補償金支払時期………佐藤美由紀

249 建築制限付土地の収用と補償の価額………國井義郎

250 ため池の堤とうの使用禁止と損失補償………大橋洋一

251 憲法に直接基づく補償請求………野村武司

252 長期にわたる都市計画制限と補償の要否

253 在外資産喪失と国に対する補償請求………武田真一郎

 (6)国家補償と社会保障

254 原爆医療法の適用と居住関係………又坂常人

資料(1)行政訴訟制度見直しのための考え方

資料(2)行政事件訴訟法新旧対照分(抜粋)

資料(3)行政執行法/訴願法/行政裁判法/明治23年法律第106号/行政事件訴訟特例法

本書略語例

行政判例百選1・2[第5版]総索引

| | コメント (0) | トラックバック (1)

事例から学ぶ税法

[研修叢書46]

事例から学ぶ税法

 ―――所得税・法人税・相続税等――

2006年5月17日発行

編 著:東京弁護士会

    弁護士研修センター

    運営委員会

発行者:松澤三男

発行所:株式会社 商事法務

ISBN:4-7857-1320-8 C2032

目 次

はしがき 箕輪正美

一 事例から学ぶ所得税………弁護士・公認会計士 関根 稔

 第1  所得税の基本構造

 第2  所得は12分類

 第3  所得の区分の具体的な事例

 第4  収入計算の特例

 第5  費用計算の特例

 第6  所得計算の特例

 第7  損益通算

 第8  税額計算と更正の請求

 第9  最後に

 レジュメ

二 事例から学ぶ法人税………弁護士・公認会計士 石田惠美

はじめに

 第1  法人税法と会計

 第2  法人税法上の所得金額

 第3  法人税法の益金

   1 益金の内容(法22条2項)

   2 無償による資産の譲渡で生ずる利益

   3 無償による役務の提供で生ずる収益

 第4 法人税法の損金

   1 損金の内容(法22条3項)

   2 貸倒損失と貸倒引当金

 第5  資本等取引

 第6  企業組織再編税制

 第7  収益事業課税の税務

 第8  節税防止税法

 第9  税額計算

 第10 終わりに

 レジュメ

三 事例から学ぶ相続税・贈与税………弁護士 河村信男

 第1  相続税の基本構造

   1 相続税と贈与税の課税方式

   2 相続税と贈与税の関係

   3 贈与税の課税方式

   4 相続税法の課税方式の変遷

   5 相続税の計算方法

 第2  相続時精算課税制度は弁護士に便利な制度

   1 相続時精算課税制度の概要

   2 相続時清算課税制度の弁護士業務への活用

 第3  所得税・相続税・贈与税・法人税の関係

   1 所得概念

   2 所得税・相続税・贈与税・法人税の関係

   3 個人・法人の無償取引と課税関係

   4 キャピタルゲイン課税(シャウプ勧告とその変遷)

   5 譲渡所得課税に関する判例

   6 時価譲渡・無償譲渡・低額譲渡の課税関係

 第4  贈与税は危険な税法

 第5  相続税評価額と相続税額

   1 相続税評価額と相続税額の関係

   2 換価分類

   3 代償分割

 第6  遺産分割が未分割の場合

   1 遺産が未分割の場合の相続税申告手続

   2 相続分の譲渡

 第7  遺産分割と更正の請求

   1 申告納税制度と更正の請求

   2 事例における民法論

   3 事例における税法理論

 第8  まとめ

 レジュメ

あとがき 本井克樹 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自由と正義 2006年7月

自由と正義 7月号

LIBERY & JUSTICE

2006年7月1日発行

第五十七巻 第七号(通巻六九〇号)

発行所:日本弁護士連合会

ISSN:0447-7480

CONTENTS

【特 集】

◎人種差別撤廃のために何をすべきか

◎国連の刑事司法と日弁連

=ひと筆

 サリュ! 法人化、萩からの挑戦………谷 清司

 坐禅と超越瞑想………青山 學

=【特集1】人種差別撤廃のために何をすべきか

 多分化主義社会の到来と人種差別の変容………関根政美

 人種差別損害賠償請求訴訟の動向………湯原裕子

 「正義の株主」がやって来る………市川隆太

 なぜ日本国籍がないと調停委員になれないのか………吉井正明

 人種差別撤廃法制度実現のために………師岡康子

=連 載 法廷弁護の技術(第2回)

 裁判員制度と反対尋問技術………秋田真志

=連 載 海外法曹だより(第9回)

 欧州弁護士会評議会………宮家俊治

=【特集2】国連の刑事司法と日弁連

 刑事司法分野における国連ウィーン本部の活動と日弁連………吉峯康博

 国連の基準・規則設定の歴史と現状………近藤 真

 国連の刑事司法の現状 松井 仁/山下幸夫/宮家俊治

=連 載 リレーエッセイ・公設事務所だより「津々浦々にひまわりの花を」

 室蘭ひまわり基金法律事務所………高村真人

=寄 稿

 共謀罪法案反対………中国でも講演………松野信夫

=第56回“社会を明るくする運動”に寄せて

 更正保護と犯罪予防活動………宍戸基幸

=弁護士のための新法令紹介(288)

 執行猶予者に対する保護観察制度の充実

 執行猶予保護観察法の一部を改正する法律案(平成18・3・31公布 

 法律第15号公布の日から起算して6月を超えない範囲内において政令

 で定める日から施行)………衆議院法制局

=BOOK REVIEW

 楠本くに代 著 『日本版金融サービス・市場法』石戸谷 豊

 日本弁護士連合会高齢者・障害者の権利に関する委員会 編『Q&A 高齢者・障害者の法律問題』渡辺英一

2006年度日弁連夏期研修一覧

2006年度日弁連・弁護士会連合会主催倫理研修一覧

倫理研修カレンダー『2006年度弁護士会等倫理研修(日弁連みなし倫理研修)一覧』

ライブ研修カレンダー

弁護士研修情報

懲戒処分公告

弁護士名簿登録・登録換・登録取消・弁護士法人名簿等

次号案内・編集後記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊朝日2006年7月21日

週刊朝日

2006年7月21日発行

第111巻 第35号 

通巻4761号 

編集長・発行人:山口一臣

発行所:朝日新聞社

雑 誌:20083-7/21

目 次

【ミサイル乱射で見えた真実】

 高まる「軍部のクーデター」説と「金正日亡命」の可能性

 北朝鮮で起きている王国崩壊の危機

 「金庫番」が語る北朝鮮の財政逼迫

 「植民地」北朝鮮を支える中国の非道を許すな………櫻井よしこ

 実は四面楚歌も計算済み 瀬戸際の瀬戸際外交

 7月4日発射に込めた北朝鮮もうひとつの狙い

 もしノドンが日本襲えば迎撃不能のお寒い防衛力

 「しっかりしろ!」 小泉首相が秘書に怒った

 「めめしい」「遊び人」 後継者不在が最大の悩み

団塊世代「移住」で地価上昇中

 軽井沢の別荘地が買い漁られる日

9月末、「リハビリ難民」があふれ出す 半年で保険打ち切り…

子供を犯罪者にしない

 「親と子の勉強法」

フィリップ・シーモア・ホフマン

 「ギャラってそんな簡単には上がらないよ」

憑依する役者 50歳の坂東三津五郎

[2006年上半期]毒出し批評Special 話題のあのヒトこのヒトを100人斬り(下)今井 舞

疑惑のベストセラー 遺族も首を傾げる『世田谷一家殺人事件』

[W杯夢の跡]

 テレビでは絶対わからない!

 スーパースター「ここだけの話」

 元日本代表監督加茂周が語る「初めて中田ヒデが来たとき」

対論[踊る大総裁選の行方]蒲島郁夫 VS 御厨貴

「参院選で敗北したら小泉首相の再登板もありうる」

【News Spirits】

[梨元 勝スペシャル]

 元カリスマ節約主婦が激白「菊地直子に間違えられた私」

 俳優・伊原剛志が副業のお好み焼き屋で“大ヤケド”

 「最後の訪米」小泉首相の英語ジョークがウケた理由

 あのニセ「有栖川宮妃」が小菅で綴った「殿下」への想い

 傷害容疑の「顕正会」会員と“反目”創価学会との因縁

 オリラジ落下に職員不祥事 “ご難続き”皇宮警察の困惑

 本誌グラビア登場から2年 「りんご娘.」が今秋中国進出

 東大阪市長選の共産勝利を元最高幹部・筆坂氏が斬る

 「環境にやさしい兵器」を講演した小池大臣の真意

 半世紀前のストリップ嬢がはいていた“お宝”パンツ

 [高須基仁]蘇るT-BACKS

【グラビア】

 アフリカ・ミュージシャンの肖像

 太陽と大地 精霊たちが刻む鼓動 写真・文=高桑常寿

 性被害者たちの素顔

 許せる日が来るまで 写真=大藪順子

 新日本百名山 大朝日岳[山形県]

 ●ドン小西のイケてるファッションチェック [オシム]

 ●縁あって父娘

 ●男の時間

 ●山藤章二の似顔絵塾

 ●お散歩レストラン

 ●山藤章二のブラック・アングル

【対 談】

 林真理子 ゲストコレクション

  朝丘 雪路

 親子のカタチ

  北 杜夫 × 斎藤由香

 週刊 司馬遼太郎 

  士方歳三血風録(7)

【小 説】

 久間 十義:命兆候(バイタル サイン)あり

【コラム】

 田原 総一朗:ギロン堂

 船橋  洋一:世界ブリーフィング

 木村  和久:先端流行研究所

 小倉 千加子:テレビガイド液晶未満

 東海林さだお:あれも食いたいこれも食いたい

 内館  牧子:暖簾にひじ鉄

 倉田 真由美:(ほ)やじ日記[鈴木おさむ] 

 鎌田  實 :がんばらないけどあきらめない

 嵐山 光三郎:コンセント抜いたか!

 宮川  彬良:気まぐれ音楽会

 松坂  大輔:直球主義

 セルジオ越後:サッカーの神髄

 達人戦 中原 誠 VS 中村 修(上)

 今週の囲碁 秋山賢司

週刊図書館

[書 評]

 『贄の夜会』縄田一男

『花はさくら木』佐藤忠男

 ひと[石原まこちん]/

 Books Browsing/

 愛でたい文庫[温水ゆかり]/

 ニュースな本[永江 朗]/

 新書の穴[青木るえか]/

 文芸予報[斎藤美奈子]/

 あの本[三浦しをん]/

 マガジンの虎[亀和田 武]

「目キキ」&「耳キキ」

KEY PERSON[小松原庸子]/

 MOVIE PREVIEW[胡同のひまわり]/

 ハリウッド・噂の先取り/

 PICK UP MOVIE[幸せのポートレート]/

 渡辺祐のミュージック・サプリメント

 瞠きマネー斜線

 のんびり投資指南[澤上篤人]/

 株価歳時記[吉野貴男]/

 お皿の上のエコノミー[J.C.オカザワ]

【医 療】 

 名医の最新治療

 多嚢胞性卵巣症候群

犬ばか猫ばかペットばか

パズルDE脳力測定

【まんが】「パパはなんだかわからない」山科けいすけ

Front Face/お便りクラブ/編集部発

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「なるほど!笑う大天使」

メロディ8月増刊号

なるほど! 笑う大天使(ミカエル)

2006年8月25日発行

編集人:高木靖文

発行人:宮本周造

発行所:株式会社 白泉社

雑 誌:08632-08

もくじ

★不朽の名作320P一挙掲載★

笑う大天使………川原 泉

[ショート・コミック]

 マーシャル・プラン

 マメ星人

[記 事]

 映画「笑う大天使」公開直前独占情報

 川原 泉、文庫を語る?

 映画化記念★電撃直筆インタビュー

 映画「笑う大天使」なるほど豆知識

 なるほど! 川原泉

 「笑う大天使」のルーツを探る

[おしらせ]

 メロディ8月号のおしらせ

 川原泉新作情報

 『映画「笑う大天使」オフィシャルフォトブック』のおしらせ

 書籍・コミックスのおしらせ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「性愛格差論」 2006年

「性愛」格差論

萌えとモテの間で

2006年5月10日発行 

著 者:斎藤 環+酒井順子

発行者:早川準一

発行所:中央公論新社

ISBN 4-12-150214 C1236

目 次

はじめに ―――性愛、この平等に不平等なもの………斎藤 環

[1章]「負け犬」 ―――非婚は不幸なのか

 負け犬と引きこもり/

 強い女はなぜモテない/

 集団を楽しむ女と一人で満足な男/

 孤独なニート/

 「勝ち犬」が幸せか?/

 「おばさん」の力/

 少子化対策の難しさ/

 母娘の関係/

 韓国との共通点/

 母親の結婚観が影響する/

 通い婚のすすめ/

 言い訳ができない時代/

 ケータイの罪

[2章]「おたく」 ―――萌える男たちの心理とは?

 「萌え」とは何か/

 『電車男』は母性愛/

 『電車男』と『電波男』/

 バブルのルサンチマン/

 負け犬のおたく蔑視/

 性的弱者としてのおたく

[3章]「ヤンキー」 ―――語られざる一大文化

 ヤンキーは一大文化/

 女医と看護師/

 私たちの「内なるヤンキー性」/

 ヤンキーの美意識/

 ヤンキーとファンシー/

 ヤンキーの底力

[4章]「腐女子」 ―――異性と番(つが)うよりも同性で

 乙女カフェ/

 女子高生という「価値」/

 「おたく」の誕生/

 やおいは何でもあり/

 腐女子の性生活/

 女性二人は「向かうところ敵なし」/

 カップル文化がない理由/

 恋愛は異文化交流

[終 章]「負け」を生き抜く ―――九〇年代以降の流れの中で

 「ちやほや病」/

 趣味と格差/

 世間の微妙さ/

 「負け」を認める感性/

 女性たちが「処女宣言」する日/

 不景気になってほっとした/

 カミングアウトという作法/

 終末論すらない/

 あえて、近視眼になってみる/

 女子はどうする?

注 釈

おわりに ―――“離島”に暮らす私たち………酒井順子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経情報ストラテジー 2006年8月

経営革新にITを活かす

日経情報ストラテジー 8月号

2006年7月24日発行

発行人:藤田俊一

編集長:多田和市

発行所:日経BP社

第15巻 第7号 通巻172号

雑 誌:07179-08

CONTENTS

■特集1

 失敗を生かす経営

 ●クリエーティブ企業は失敗を生かす

  挑戦意欲を引き出せ

  ゲーム感と信頼が決め手

  ●三洋化成工業

 ●失敗を生かすマネジメントの仕組み

  問われるトップの姿勢

  失敗の基準作りも大事 

  ●キャノン電子 ●サイバーエージェント

 ●失敗を生かす風土作り

  負け組にしない信頼感

  挑戦を認める教育を

  ●サントリー ●ブラザー工業

  ●日本ペイント ●日本郵政公社

 ●アンケート調査

  8割弱が「失敗を生かす経営はできていない」

 失敗を前向きに評価する経営者は、社員が主体的に目標に向かっていると信頼し、挑戦によって得られた進歩と

 ノウハウを高く認める。経営者がこういった価値観を打ち出し、マネジメントと風土を粘り強く変えていけば、

 失敗を生かす経営は実現できる。

■改革の軌跡 ―――あのプロジェクトの舞台裏

 日本ハム

 不祥事で屈辱をバネに風土改革

 「日本で一番誠実な会社」に挑戦

 食肉偽装事件で消費者の信頼を失い、市場からの「退場」を覚悟。

 この時の悔しさを改革の原動力として、競争に勝つ組織から、法令順守を重視した「正しい組織」への転換を図る。

 不正を「しない」ための風土改革と、「させない」ための内部統制に取り組む。

■トップインタビュー

 酒巻 久 氏

 キャノン電子 代表取締役社長

 ひたすら褒め

 失敗を奨励して高収益に

■主張するCIO

 中村 昭彦 氏

 野村ホールディングス

 IT統括責任者(CIO)常務執行役

 300億円かけて2つの基盤を刷新

 “違い”を理解して全体最適を促進

■プロフェッショナルCIOの提言

 マーク・ポポラノ 氏

 米AIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)

 上級副社長 兼 グローバルCIO

 CIOはビジョナリーでなければならない

 仮想化世界の到来見すえ、技術開発を進行中

■会社を変える

 飯田 亮 氏 

 セコム 取締役最高顧問

 膨張と成長は違う

 不満の種から着想

■発見! イノベーション企業

 アズワン(科学機器・備品の卸売り)

 カタログ販売の元祖は“反効率”、ロングテール戦略で堅実成長

■海外フラッシュ

 米GAP(ギャップ)

 ●オンライン靴市場に参入

  米モトローラ

 ●シンガポールにSCMハブ構築

  米ジェットブルー航空

 ●機内システムを伊社に供与

  米ガートナー

 ●無目的なLAN高速化投資を警告

■戦略的経営革新のススメ

 石黒不二代のCIOは眠れない

  みずほ銀CIOがつかんだ

  全員参加のリスク管理

 森岡謙仁のCIOチェックシート

  ITが内部統制を破壊!?

  リスクを認識し統制する

 碓井誠の業務プロセス・デザイン力

  戦略を実務に落とす

  3層構造で組み立てる

 南出健一の経営放談

  取り残された地方で奮起

  歴史が育んだ「逞しさ」 

 3分間キーワード

  CMO、リスク・コントロール・マトリクス、

  COBIT for Sox、電力線通信、ファシリテーション、減損会計

■特集2 

 ホワイトカラーのための

 トヨタ流講座

 製造現場の知恵をすべての職場に

 ●序 論

  2人の先生にトヨタ流を学ぶ

 ●無駄の定義

  動きと働きは違います!

 ●全員参加 

  各自の仕事を分かりやすくしなさい!

 ●多能工化

  作業に人を付けるようにしなさい!

 ●平準化

  短い単位で考える癖を付けなさい!

 ●標準作業

  トヨタは最初に標準作業を決めます!

■業務革新ビフォー・アフター

 顧客をつかむ!

  ルミネ

  ―――顧客動向を基に店舗を改善、システム刷新で分析は現場で

  SCMで勝つ!

  クボタ

  ―――4工場の業務プロセスを統一、7年越しで在庫半減へ

  経営管理を徹底する! 

  ワタミ

  ―――毎週火曜、本社で改善指導、店長業務を4分の1に削減

■10分間で学べる業務革新講座

 トヨタの良さに学ぶ会社変革術(実践編)第(2)回

  社長と社員の対話会、事前の準備が不可欠

  スコラ・コンサルト 柴田昌治

 現場を活性化させる人材育成術 第(2)回

  成果主義の弊害から脱却する仕掛けとは

  フライシュマン ヒラード ジャパン 徳岡晃一郎

 日本版SOX法に備えた内部統制マネジメント 第(2)回

  統制プロセスの確立で改善を持続させる

  トーマツ コンサルティング 樋渡雅幸

 こんなニーズにも対応 コーチングの企業導入 第(2)回

  ビジョンの構築が若手の定着率を伸ばす

  コーチ・エィ 鈴木大樹

 企業改革ヘッドライン

  ファミリーマート、ファンケル、法制度

 e-Japan

  大学の競争力強化にCIO必要

  学部最適から学校最適へ

 記者の目

 新 刊

 カレンダー

 読者から・編集長から

■5分で身につくスキルアップ

 部下を育てるコミュニケーション術

  粘り強く指導し、目をかけよ

  話し方研究所 福田 健

 ビジネス力を鍛えるパワーノート術

  アイデアマラソンをチームで実行する

  IMS研究所 樋口健夫

ITで強化する内部統制

 「セキュリティ再点検の機運高まる」

特別広報企画 

 「Microsoft Management Summit Japan レビュー」

広告企画

 「BI/CPMフォーラム」

 「SOAフォーラムレビュー」

本号で紹介している企業事例

▼▼特集1

 三洋化成工業

 キャノン電子

 サイバーエージェント

 サントリー

 ブラザー工業

 日本ペイント

 日本郵政公社

▼▼特集2 

 イトーヨーカ堂

 クボタ

 シャープ

 仙台小林製薬

 コクヨ

 ニッセン

 日産自動車

 ダイハツ工業

 コクヨロジテム

▼▼改革の軌跡 ――あのプロジェクトの舞台裏

 日本ハム

▼▼業務革新ビフォー・アフター

 ルミネ

 クボタ

 ワタミ

▼▼企業改革ヘッドライン

 ファミリーマート

 ファンケル

▼▼発見! イノベーション企業

 アズワン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

判例時報1926号 平成18年6月11日

判例時報

平成18年6月11日号

発行通巻一九二六号

編集人:下平健一

発行人:判例時報社

雑  誌:26332-6/11

ISSN:0438-5888

判例時報細目次

◆記 事◆

e管財

 ―――小規模庁で個人破産手続が一変………大分地方裁判所民事第一部破産係

現代型取引をめぐる裁判例(163)………升田 純

◆判例特報◆

(1)一 賃金業の規制等に関する法律施行規則一五条二項の法適合性((1)事件)

   二 債務者が利息制限法所定の制限を超える約定利息の支払を遅滞したときには

     当然に期限の利益を喪失する旨の特約の効力((1)事件、(2)事件)

   三 債務者が利息制限法所定の制限を超える約定利息の支払を遅滞したときには

     当然に期限の利益を喪失する旨の特約の下での制限超過部分の支払の任意性

     の有無((1)事件、(2)事件)

     ―――シティズ賃金訴訟上告審判決

     ((1)最二判18・1・13、(2)最一判 18・1・19判決)

(2)一 日賦賃金業者の貸付けについて借用証書の記載内容が賃金業の規制等に関する    

     法律一七条一項に規定する書面の記載事項である「各回の返済期日」の記載と

     して正確性又は明確性を欠き借主に交付された上記借用証書の写しは上記書面

     に該当しないとされた事例

   二 日賦賃金業者の貸付けについて賃金業の規制等に関する法律四三条一項の規定が

     適用されるために平成一二年法律第一一二号による改正前の出資の受入れ、預り

     金及び金利等の取締りに関する法律の一部を改正する法律(昭和五八年法律第三

     三号)附則九条所定の各要件が実際の貸付けにおいて現実に充足されていること

     の要否   

   三 日賦賃金業者の貸付けについて平成一二年法律第一一二号による改正前の出資の

     受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律の一部を改正する法律(昭和五

     八年法律第三三号)附則九条二号所定の要件が実際の貸付けにおいて現実に充足

     されているとはいえず賃金業の規制等に関する法律四三条一項の規定が適用され

     ていないとされた事例

   四 平成一二年法律第一一二号による改正前の出資の受入れ、預り金及び金利等の取

     締りに関する法律の一部を改正する法律(昭和五八年法律第三三号)附則九条三

     号所定の「返済期間の一〇〇分の七〇以上の日数」に日賦賃金業者が集金する方

     法により金銭を取り立てたにもかかわらず返済のされなかった日を含めることの

     可否  

     ((1)事件)

   五 債務者が利息制限法所定の制限を超える約定利息の支払を遅滞したときには当然に

     期限の利益を喪失する旨の特約の効力((2)事件)

   六 債務者が利息制限法所定の制限を超える約定利息の支払を遅滞したときには当然に

     期限の利益を喪失する旨の特約の下での制限超過部分の支払の任意性の有無

     ((2)事件)

     ―――日賦金融金過払い訴訟上告審判決

     ((1)、(2)最三判 18・1・24)

(3)米国アリゾナ州連邦地方裁判所の嘱託により実施された、税務調査等につき取材し新聞

   記事を執筆した新聞記者に対する証人尋問において、刑罰法令に違反したことが疑われ

   る取材源についての質問は、その開示を求めるのもやむを得ない特段の事情がある場合

   に当たるとして、取材源に関する証言拒絶権が否定された事例

   ―――読売新聞記者証言拒絶事件決定(東京地決 18・3・14)

◆判決録◆

=行 政=

◎外国税額控除の余裕枠を利用して利益を得ようとする取引に基づいて生じた所得に対して課

 された外国法人税を法人税法(平成一〇年法律第二四号による改正前のもの)六九条の定め

 る外国税額控除の対象とすることができないとされた事例(最一判 18・2・23)

=民 事=

◎買戻特約付売買契約の形式を採りながら目的不動産の占有の移転を伴わない契約の性質

 (最三判 18・2・7)

◎一 特許庁の担当職員の過失により特許権を目的とする質権を取得することができなかった

   ことによる損害の額

 二 特許庁の担当職員の過失により特許権を目的とする質権を取得することができなかった

   ことを理由とする国家賠償請求事件において損害の発生を認めるべきであって損害額の

   立証が困難であったとしても民訴法二四八条により相当な額が認定されなければならな

   いとされた事例(最三判 18・1・24)

▽一 景観利益、圧迫感のない生活利益、日照権及びプライバシー権の侵害を理由とする高層

   マンション群の一部撤去請求及び損害賠償請求が認められなかった事例

 二 同高層マンション群の近隣住民が、その建築工事に伴う騒音により受けた被害が社会生活

   上受忍すべき限度を超えるとして、慰謝料請求が一部認容された事例

   (東京地判 17・11・28)

▽競艇選手の後遺障害による逸失利益について、症状固定時の四五歳から四八歳までは事故前

 三年間の平均年収二二〇四万九八七八円を四八歳から五五歳までは競艇選手の平均年収より

 五〇パーセント高額の一六四二万円を、五五歳から六七歳までは賃金センサス男子労働者の

 対応年齢の平均年収をそれぞれ基礎として算定された事例

 (広島地判 17・9・20)

▽夫から妻への不動産の贈与が、財産分与に準じるものとし、かつ、過大な財産の移転とは

 いえないとして、詐害行為の対象になり得ないとされた事例 

 (神戸地尼崎支判 17・10・5)

=知的財産権=

▽仲裁合意の成立を認めて特許実施料請求が却下された事例

 (東京地判 17・10・21)

▽登録商標と同一の標章を、「for」や「用」などの文字列を付さずに、その製品に適合する

 部品の商標として使用することにつき、商標権侵害が認められた事例

 (大阪地判 17・7・25)

=商 事=

▽タクシーの乗客が停車した際に負傷したとする事故につき、タクシー運転手の安全配慮義務違反

 による会社側の債務不履行が否定された事例

 (東京地判 17・10・11)

=労 働=

▽マンショの住込み管理員の時間外労働について、時間外の作業の指示が認められないとして、

 不活動時間の労働時間性が否定された事例

 (東京地判 18・2・3)

=刑 事=

◎工場から排出された産業廃棄物を同工場敷地内に掘られた穴に投入して埋め立てることを前提に

 その穴のわきに野積みした行為が廃棄物の処理及び清掃に関する法律一六条違反の罪に当たると

 された事例

 (最二決 18・2・20)

◎一般廃棄物収集運搬業の許可を受けた業者が一般廃棄物たるし尿を飲む汚泥と産業廃棄物たる

 汚泥を混合させた廃棄物を市のし尿処理施設の受入口から投入する行為が廃棄物の処理及び清

 掃に関する法律一六条違反の罪に当たるとされた事例

 (最三決 18・2・28)

◆最高裁判例要旨(平成一八年三月分)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

判例時報1927号 平成18年6月21日

判例時報

平成18年6月21日号

発行通巻一九二七号

編集人:下平健一

発行人:判例時報社

雑  誌:26333-6/21

ISSN:0438-5888

判例時報細目次

◆記 事◆

現代型家事調停事件の性格と家事調停の課題(上)

 ―――家裁調査官による「実践的家事調停論」………飯田邦男

共同発明者の用件

 ―――東京地裁 平成一六年(ワ)第一四三一号特許譲渡代金請求事件………布井要太郎

現代型取引をめぐる裁判例(164)………升田 純

海外刑法だより(253)

 ドン・キホーテにおける罪と罰(下)………森下 忠

◆判決録◆

=行 政=

○高層マンションの建築、販売を阻止、妨害しようとした国立市の行為には、社会通念上許容される

 限度を逸脱した違法があるとし、国立市の国家賠償責任が認められた事例

  ―――国立市建築物高さ制限条例無効確認等請求事件控訴審判決

    (東京高判 17・12・19)

=民 事=

◎入院患者がメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)に感染した後に死亡した場合につき担当医師が

 早期に抗生剤バンコマイシンを投与しなかったことに過失があるとはいえないとした原審の判断に経験

 則又は採証法則に反する違法があるとされた事例

 (最二判 18・1・27)

◎未成年者が強盗傷人事件を犯した場合において親権者に同事件に結びつく監督義務違反があったとは

 いえないとされた事例

 (最二判 18・2・24)

○契約者貸付制度に基づいて代理人と称する者の申込みによる貸付を実行した場合において、代理人届の

 印鑑と保険証券上の印鑑の同一性によって代理人と認定したときは、保険会社は、民法四七八条の類推

 適用により、右貸付の効力を主張することができるとされた事例

 (札幌高半 17・12・9)

▽週刊誌が新聞社会長の自宅居室内のガウン姿の写真を掲載したことがプライバシーの侵害に当たるとして

 二〇〇万円の慰謝料の支払が命じられた事例

 (東京地判 17・10・27)

▽仲裁契約に基づき仲裁人の選定を請求する場合において、裁判所が、仲裁契約の存否について判断した上、

 仲裁人の選定が行われた事例

 (東京地判 17・2・9)

▽肺がんの疑いにより入院していた循環器呼吸器専門病院の医師が、患者のC型肝炎ウィルスの感染を看過し、

 患者が転医先病院で肝がんの悪化によって死亡した場合、専門病院への転医勧告義務違反があったとして、

 病院側の債務不履行責任が認められた事例

 (横浜地判 17・9.14)

▽勤務中にクモ膜下出血で倒れた夫の労災申請のため労働基準監督署の窓口を訪れた妻に対し、担当官が申請を

 拒絶する言辞及び侮辱的言辞を浴せて、うつ病状態に陥らせたとして、国に対して損害賠償責任が認められた

 事例

 (和歌山地判 17・9・20)

▽宅地造成工事に伴い市より求められた上水道連結工事負担金を納入した開発業者が、同負担金を負担する法的

 根拠がないものとして、市に対して求めた不当利得返還請求が認容された事例

 (鹿児島地判 17・7・19)

=知的財産権=

▽職務発明としてYに承継された医薬品に関する特許を受ける権利の対価請求について、医薬品の物質発明に

 関する対価請求権は、時効により消滅しており、用途発明に関する対価請求権については、同発明によりY

 が受けるべき利益を認めることができないとして、X請求が棄却された事例

 (東京地判 17・11・16)

▽一 原告商品の形態は、不正競争防止法二条一項三号にいう同種の商品が通常有する形態にあたるとは

   いえないとされた事例

 二 被告商品の質感は本件商品の質感とは異なるから、両商品の形態は実質的に同一であるとはいえない

   とされた事例

   (大阪地判 17・9・8)

=商 事=

◎自家用自動車総合保険契約の記名被保険者の子が胎児であった時に発生した交通事故により出生後に傷害を

 生じその結果後遺障害が残存した場合における同契約の無保険傷害条項に基づく保険金請求の可否

 (最三判 18・3・28)

▽外国為替証拠取引の勧誘について、顧客に対して虚偽の説明などして顧客を欺罔し、証拠金名下により金員を

 詐取したとして、会社と取締役の顧客に対する損害賠償責任が認められた事例

 (大阪地判 17・11・18)

=刑 事=

◎母の監護下にある二歳の子を別居中の共同親権者である父が有形力を用いて連れ去った略取行為につき

 違法性が阻却されないとされた事例

 (最二決 17・12・6)

◎公園内の公衆便所の外壁にラッカースプレーでペンキを吹き付け「反戦」等と大書した行為が刑法二六〇条

 前段にいう建造物の「損壊」に当たるとされた事例

 (最三決 18・1・17)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

判例時報1929号 平成18年7月11日

判例時報

平成18年7月11日号

発行通巻一九二九号

編集人:下平健一

発行人:判例時報社

雑  誌:26332-7/11

ISSN:0438-5888

判例時報細目次

◆記 事◆

現代型家事調停事件の性格と家事調停の課題(中)

 ―――家裁調査官による「実践的家事調停論」………飯田邦男

現代型取引をめぐる裁判例(165)………升田 純

◆判決録◆

=行 政=

◎映画に投資を行う名目で結成された民法上の組合が購入したとされる映画が同組合の組合員である

 法人の法人税の計算において法人税法(平成一三年法律第六号による改正前のもの)三一条一項所

 定の減価償却資産に当たらないとされた事例

 (最三判 18・1・24)

○市が第三セクターの会社に派遣した職員の人件費相当額を右会社に支出したことにつき、同市民が

 右支出は違法であるとして市長に対し損害賠償請求を、第三セクター会社に対し不当利得返還請求

 を、市に代位して求めた住民訴訟が棄却された事例

 (大阪高判 15・2・18)

=民 事=

◎一 監獄法四六条二項と憲法二一条、一四条一項

 二 刑務所長が受刑者の新聞社あての信書の発信を不許可としたことが国家賠償法一条一項の適用

   上違法となるとされた事例

   (最一判 18・3・23)

◎高等学校の生徒が課外のクラブ活動としてのサッカーの試合中に落雷により負傷した事故について

 引率者兼監督の教諭に落雷事故発生の危険が迫っていることを予見すべき注意義務の違反があると

 された事例

 (最二判 18・3・13)

○一 逮捕状の請求について、被疑者の請求によるアリバイに関する証拠保全手続がされた後であっても、

   国家賠償法上の違法がないとされた事例

 二 逮捕状の発付について、被疑者の請求によるアリバイに関する証拠保全手続がされた後であっても、

   国家賠償法上の違法がないとされた事例

   (東京高判 17・10・27)

○盗難通帳と印鑑による預金の不正払戻しについて、金融機関の払戻担当者に過失があったとして、

 債権の準占有者に対する弁済としての効力が認められなかった事例

 (大阪高判 17・11・29)

▽祖父が孫娘に対して長年にわたり性的虐待を加えたことにより、孫娘が外傷後ストレス障害等に罹患

 したと認め、後遺障害による逸失利益等の損害が認められた事例

 (東京地判 17・10・14)

▽建物の解体作業に従事中の作業員が、二階から転落して重傷を負った事案につき、転落防止のための

 措置を怠ったとして、使用者の不法行為責任が認められなかった事例

 (東京地判 17・11・30)

▽隣接建物による日照被害を理由とする損害賠償請求につき、その被害が受忍限度を超えるものではないとし、

 右請求が棄却された事例

 (大阪地判 17・9・29)

▽インターネットオークションにより詐欺被害を被ったとして、インターネットオークションを運営する

 会社に対し求めた損害賠償請求について、同会社に、出品者の信用度を調査したり、IDを削除するな

 どの義務はないとして、その請求が棄却された事例

 (神戸地姫路支判 17・8・9)

=知的財産権=

○一 肉眼によって認識することができない微小な意匠について意匠登録が認められる場合

 二 意匠に係る物品を「コネクター接続端子」とする意匠につき、肉眼によって認識することができない

   微小な意匠であるとして、意匠登録を受けることができないとされた事例

   (知的財産高判 18・3・31)

▽具体的な実験をすることによって初めて一定の有用性を有する組合せを特定することができる発明について、

 着想を示したとしても発明者とはいえないとされた事例

 (東京地判 18・1・31)

=商 事=

▽海外の投資ファンドが、ベンチャー企業である会社の代表取締役らの勧誘により新株を引き受けて投資した

 ところ、債務超過によって株式が無価値になったことにつき、会社の監査役につき虚偽の説明はなかったと

 して、会社の不法行為、取締役らの不法行為等が否定された事例

 (東京地判 17・1・27)

▽ゴルフ預託金の返還請求につき、ゴルフ場会社より業務委託を受けた受託会社が、商法二六条一項の類推

 適用によりその返還義務を負うとされた事例

 (大阪地判 17・9・9)

=労 働=

▽国家公務員の非常勤職員の任用更新について、拒絶できない「特別の事情」があるとして、その地位の

 確認が認められた事例

 (東京地判 18・3・24)

=刑 事=

◎一 座席の一部が取り外されて現実に存する席が一〇人分以下となったが乗車定員の変更につき自動車

   検査証の記入を受けていない自動車と道路交通法上の大型自動車

 二 座席の一部が取り外されて現実に存する席が一〇人分以下となった大型自動車を普通自動車免許で

   運転することが許されると思い込んで運転した者に無免許運転の故意が認められた事例

   (最三決 18・2・27)

▽外務省の主任分析官であった被告人が、共犯者と共に、国際機関であった被告人が、共犯者と共に、

 国際機関である委員会の資金を不正に支出させたという背任の事案、及び、共犯者らと共に、同委

 員会発注に係る工事の一般競争入札に関し、特定の業者に落札させるため、競争意思のある業者の

 入札参加を断念させるなどして、同委員会をして適正な入札に基づく業者選定等を不能ならしめた

 という偽計業務妨害の事案について、被告人側の主張が排斥されて、有罪と認められた事例

 (東京地判 17・2・17)

◆最高裁判例要旨(平成一八年四月分)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法律のひろば 2006年7月

法律のひろば 7月号

平成18年7月1日発行

第五十九巻 第七号

雑 誌:08029-7

CONTENTS

【特 集】

 労働審判制度への期待

  ◇労働審判制度の手続と仕組み………森岡礼子

  ◇労働紛争の新たな解決手段として ―――使用者の立場から………渡邉義広

  ◇使用者側代理人からみた労働審判制度………石嵜信憲

  ◇労働審判制度 ―――労働紛争の新たな解決手段………長谷川裕子

  ◇スタートした労働審判制度 ―――労働側弁護士の視点から………鵜飼良昭

  ◇地方裁判所における制度への対応 ―――東京………中西 茂

  ◇地方裁判所における制度への対応 ―――大阪………川畑正文

  ◇諸外国との比較からみた労働審判制度………山川隆一

【読み切り】

 第56回 “社会を明るくする運動”に寄せて

  非行少年の社会復帰と更生保護制度………千條 武

【最近の判例から】

 国民健康保険料賦課処分取消等請求事件判決

  最高裁 平成18年3月1日大法廷判決………鈴木敦士

【連 載】

 法テラスの設立に向けて 第3回

   法テラスにおける民事法律扶助業務………佐川孝志

 ひろば時論

   ソーシャル・インクルージョンと更生保護

   性犯罪者の実態と再犯に関する分析について

訟務情報

前号目次

次号予告