« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月29日 (水)

週刊ダイヤモンド2007年6月2日

週刊ダイヤモンド

平成19年6月2日発行 

第95巻 第21号

発行所:株式会社 ダイヤモンド社

雑 誌:20241-6/2

CONTENTS

【特 集】テレビ局崩壊

 60年以上続いた地上アナログ放送は、2011年にデジタル放送に切り替わる。

 それに伴い、各局は多大な設備投資を強いられ、経営構造の転換も迫られる。

 同時に通信、インターネットなど外圧が増す一方、番組捏造に象徴される制作能力の低下により、内からの崩壊さえ予感させる。

 テレビが直面するすべての危機の構造を解き明かす。

 【Part1】視聴者不在の地デジ計画 2011年完全移行の無謀

        Table: 地上デジタル放送の歴史/地上デジタル放送10の難題

        Question: 地上デジタル放送にどんなメリットを期待するか

 【Part2】放送免許に守られた歪んだビジネスモデル

        Chart: テレビ業界市場相関図

  田中角栄が礎を築き上げた「民放55年体制」の功罪

        Chart: 新聞社とテレビ局のネットワーク

        Column:  「正力タワー」計画もあった幻の日テレ本社候補地

        Column: 受信料義務化議論で再接近 NHK再生と政治との距離

 【Part3】番組を作れないテレビ局 捏造量産のあきれた構図

        Column: イラク戦争取材も丸投げ フリー頼みの無責任体制

        Column: ドラマの平均視聴率は3回目を見ればわかる!?

        Interview: ジャーナリスト●田原総一朗

  テレビ局の“迫害”に憤る プロダクションが起こした反乱

        Question: テレビ局への信頼度は変化したか

        Column: この国のオトナが見るべき各局の夜の看板ニュース番組

 【Part4】既得権益をぶち壊す 「通信と放送の融合」の本質

        Question: ここ3年でテレビはおもしろくなったか

 【Part5】地上波の民放127局の経営力ランキングを初試算

        Column: なぜかソフトバンク戦を放映するMXテレビの戦略

        Column: 平均1000万円はザラでも身を削らない高給の実態

        Ranking: 初試算! 民放127局 経営力ランキング

【特 集】 みすず解体で「監査難民」が続出!

 3月決算大パニック

 みすず解体が引き金をひく「監査法人ビッグバン」の内幕

  Column: 厳しい立ち入り検査で青息吐息 重箱の隅をつつく金融庁の大罪

 [覆面座談会]締めつけ強化で過労死寸前 「公認会計士もつらいよ!」

【Close Up】

 ●巨額引き当てでも先が見えない消費者金融のてんやわんや

 ●伸び悩む住宅リフォーム市場 競争激化で優勝劣敗が顕著に

【Inside】

 ●羽田空港の国際化を阻んだ“発着枠満杯説”のまやかし

 ●新興市場の低迷を尻目に英国上場が盛り上がる理由

  ピックアップ1/斎藤信二(キリンビバレッジ社長)

 ●三洋半導体は4陣営の争いに 高値交渉狙う売り手の奥の手

 ●天下の大愚策“ふるさと納税” 自治体の予算編成も大混乱

  人事天命/ケンウッド

 ●“土着化”から“進駐軍”管理へ 失われる日本IBMの独立性

  ピックアップ2/小林 豊(小林製薬社長)

【World Voice】

 メフラン・カムラヴァ(中東問題研究家)

【Market】  

 株式市場: 透視眼鏡/いつ崩壊してもおかしくない中国株式市場のバブル状況………大山 巖

 金融市場: 異論百出/竹中前大臣説も囁かれる次期日銀総裁人事の行方………加藤 出

 ネット世論調査/テレビ番組に期待するもの

【Data Focus】

 ブッシュ政権の対中強硬化は貿易戦争勃発には至らない………呉 軍華

【企業・産業】

 [企業レポート]積水ハウス/不動産開発にひたすらまい進するハウスメーカートップの事情

 [短期集中連載]「電力自由化」の欺瞞 第3回

         電力会社が左右する地域経済 「ファミリー企業」驚きの全貌

 [特別レポート]知恵と熱意で地方が取り組む図書館を核にしたまちづくり

  起・業・人/小方 功(ラクーン社長)

【人 物】

 アマデウスたち/上田泰己(生命科学者) 

【連 載】

 山崎 元のマネー経済の歩き方 

 二宮清純/勝負のバランスシート

 陰山英男/大人の陰山メソッド

 岡村繁雄/ドキュメントTKC全国会

 野口悠紀雄/「超」整理日記

 鈴木棟一/新・永田町の暗闘

 櫻井よしこ/オピニオン縦横無尽 

【コラム】

 プリズム

 This Week/The Day/F氏的日常

 転→展→天職

 3分間ドラッカー 文・上田惇生

 部課長推薦この料理

 BOOK

 This is.(Microsoft)

 特別広告企画(カード最新事情)

 ビジネス掲示板

 懸賞掲示板

 From Readers From Editors

 読者アンケート

【ゴルフ】

 金谷多一郎の“自分流”のススメ

 ハーフターンの愉しみ

| | コメント (0) | トラックバック (4)

世界たばこ紀行

世界たばこ紀行

2007年3月31日発行

著 者:川床邦夫

発行所:株式会社 山愛書院

発売所:株式会社 星雲社

ISBN978-4-434-10524-1 C0026

目 次

はじめに

序 章 たばこの起源とその利用

 一 たばこはアンデス生まれ

 二 コロンブス、たばこと出会う

 三 タバコ層植物の調査

 四 いろいろなたばこの利用

第一章 南アメリカのたばこ

 一 アンデス山地のたばこ誕生の地、ボリビア

 二 南アメリカ各地へのたばこの伝播

 三 “ラペ”のこと

 四 野生種タバコの利用 

 五 たばこの効用のいろいろ

 六 南アメリカ伝統の“縄たばこ”

第二章 カリブ海諸国のたばこ

 一 カリブ海諸国のたばこの利用

 二 葉巻のこと

 三 タイノー族の“コホバ”

 四 たばこという名の由来

第三章 メソアメリカのたばこ

 一 『ポポル・ヴフ』との出会い

 二 マヤとたばこ

 三 アステカとたばこ

 四 ヨーロッパ諸国のたばこ戦争

 五 メキシコの野生種たばこ

第四章 北アメリカのたばこ

 一 ルスティカからタバカムへ

 二 葉たばこ生産国へ向けて

 三 タバコ研究のメッカ、ラーレイ

 四 先住民のたばこ利用

 五 北アメリカの野生種たばこ

 六 野生種をたずねて、カリフォルニア州からアリゾナ州へ

 七 グッドスピード博士を偲ぶ

 八 アレンツたばこ文庫のこと

 九 黄色種とバーレー種の誕生

一〇 世界のたばこ大国、アメリカ合衆国

第五章 オセアニアのタバコ

 一 パプア・ニューギニアを訪ねて

 二 オセアニアの野生種タバコ

 三 アボリジニーの噛みたばこ、“ピトゥリ”

 四 オセアニアの野生種タバコ

 五 オーストラリアのタバコ栽培

第六章 アフリカのたばこ

 一 アフリカ唯一の野生種タバコ

 二 アフリカの葉たばこ王国、ジンバブエ

 三 トランスカイのパイプ

 四 “アース・パイプ”のこと

 五 アフリカのたばこ事情

第七章 ヨーロッパのたばこ

 一 たばこは万能薬

 二 葉巻はスペインから

 三 たばこ伝来当時のイギリス人たちの逸話

 四 フランスの“スナフ”とスウェーデンの“スヌス”

 五 パイプのいろいろ

 六 スペイン帝国とたばこ専売

 七 国際企業のBAT社とPM社

 八 鑑賞用のハナタバコ

第八章 中東とシルクロードのたばこ

 一 ミイラとニコチン

 二 水パイプ(水ギセル)

 三 タバコ栽培のないエジプト

 四 オリエント種タバコ

 五 “マホルカ”のこと

 六 オスマン・パイプ

 七 中央アジアの“ナス”

第九章 アジアのたばこ

 一 タバコのアジア起原説

 二 インド、“ビディ”の国

 三 ミャンマーの“セ・ポ・レイ”

 四 タイ、マレーシア、シンガポール

 五 インドネシアの“クレテック”

 六 メンソールが人気のフィリピン、活気ある香港

 七 世界一のたばこ国、中国

 八 たばことビンロウは別、台湾

 九 伝統の長いキセル、韓国

一〇 独自の細刻みを生んだ日本

あとがき

| | コメント (0) | トラックバック (3)

行政法学と公権力の観念

行政法研究双書 23

行政法学と公権力の観念

平成19年4月30日発行

著 者:岡田雅夫

発行者:鯉渕友南

発行所:株式会社 弘文堂

ISBN:978-4-335-31210-6 C3332

目 次

第一部 行政行為と公権力の概念

 第一章 方法論としての行政行為概念

  一 はじめに

  二 伝統的行政行為論における公権力観

  三 形式的行政行為論とその公権力観

  四 公権力概念の実証化と行政行為の権力性

  五 行政行為概念の技術的理解とその意義

  六 行政行為概念の方法論上の意義  

  七 おわりに

 第二章 抗告訴訟制度と行政行為の無効

  一 はじめに

  二 二つの「行政行為の無効」概念

  三 手続法的視点からの行政行為の瑕疵論

  四 抗告訴訟制度と行政行為の無効確認訴訟

  五 まとめと展望

 第三章 行政行為の無効と取消の区別について

  一 はじめに

  二 無効と取消の区別にかんする学説とその問題点

  三 おわりに

 第四章 公権力の行使と仮処分の排除

  一 はじめに

  二 問題の所在

  三 行政事件訴訟法四四条をめぐる学説の現況

  四 取消訴訟と仮処分

  五 無効確認訴訟と仮処分

  六 公共工事と仮処分

  七 おわりに

第二部 行政主体と公権力の概念

 第一章 行政主体論 ―――行政権、行政権の主体、行政主体

  一 問題の所在

  二 伝統的行政法学における行政主体概念の意義とその問題点

  三 現代行政における行政主体概念の可能性

  四 まとめと展望

 第二章 行政主体概念の両義性 ―――法律の留保論に留意して

  一 はじめに

  二 伝統的行政法学における行政主体概念 ―――国家、行政主体、行政権

  三 行政主体概念の両義性とその問題

  四 法律の留保と行政主体

  五 おわりに

第三部 行政法と公権力の概念

 第一章 わが国行政法学における「公権力」観念についての一考察

  一 はじめに

  二 実体的公権力観(1) ―――原田氏の所説を手がかりに

  三 実体的公権力観(2) ―――兼子氏の所説を手がかりに

  四 手続的公権力観 ―――高柳氏、浜川氏の所説を手がかりに

  五 おわりに

 第二章 公権力の観念と法律の留保

  一 はじめに

  二 侵害留保説の構造

  三 侵害留保説と権力留保説

  四 法律の留保と公権力の観念

  五 おわりに

 第三章 行政法と二つの「行政」法関係

  一 はじめに

  二 行政法と二つの「行政」法関係

  三 行政主体と市民の法関係

  四 行政法関係の特質

  五 おわりに

 第四章 行政法の基礎概念と行政法解釈学  ―――行政主体概念を手がかりに

  一 はじめに

  二 行政主体概念の意義と問題点

  三 行政法とは何か

  四 おわりに

事項索引

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊現代2007年6月9日

弁護士のスキャンダルとしてはわりといやなタイプの記事があります。

週刊現代

2007年6月9日発行

第四十九巻第二十一号

発行人:渡瀬昌彦

編集人:加藤晴之

発行所:株式会社 講談社

雑 誌:20642-6/9

目次 CONTENTS

■角界激震スクープ第12弾

 愛人女性が実名・顔出しで証言

 定的証拠「告白テープ」の驚愕内容をさらに公開

  朝青龍 × 白鵬………武田頼政(ノンフィクションライター)

  「300万円八百長」を宮城野親方に「指示した人物」

■安倍自民党から参院選出馬する「資格」と「資質」を問う

 丸川珠代 元『テレ朝』アナの「不倫」と「強姦AV」

■最強コーチ・谷将貴が徹底分析 “日本ゴルフ界の救世主”

 石川 遼の290ヤードスイングを盗め

■チケット完売、42年ぶり民法生中継……

 勝てば優勝の6・2早慶戦目前 斎藤佑樹のハンカチ日記

■福島・会津若松発 “母親生首出頭”事件の闇に迫る

 校長が明かす「父親からの電話」

■全国1400万円利用者必読! 徹底取材

 「サラ金&カードローンからカネを取り返せ」マニュアル

■The Time出動! 『週刊現代』特捜隊

 (1)「指ツメ」リンチ“冷血”少年少女の「凄惨現場」

 (2)SAMの新恋人は安室奈美恵にソックリだった!

 (3)“浪人中”野茂英雄がこだわる「見果てぬ夢」

 (4)“超豪華”新参議院宿舎には役人が入居する!?

■週刊誌の現場から第32回 裁判所がおかしい(8)

 “ヒラメ裁判官”を生む

 「最高裁事務総局」という官僚システム

■特別対談 森達也 × 内澤旬子

 いまだから考える「屠畜と職位区」

■現役時代の(秘)エピソードも紹介

 あのプロ野球選手に会えてオイシイ店 東西21

■仮想世界で暮らす法 特別対談 池谷裕二 × 内山幸樹

 インターネットで家畜化する人間

■渾身ルポ 第9回 はぐれ記者、福祉崩壊列島を往く

 “天下の悪法”自立支援法の下ではびこる障害者への 

 虐待、暴言、ワイセツ事件………中里憲保(ジャーナリスト)

■安倍内閣の急所を徹底調査

 松岡利勝の「領収書」の研究

■主要8業種16人を徹底分析

 発表! 社長の『鈍感力』グランプリ

 有森 隆 + 本誌特別取材班

【カラーグラビア】

■平家物語を味わい尽くす

 瀬戸内紀行・初夏の巻 5

■初心者でもきれいに撮れる

 「デジタルカメラで動物写真」入門

■堀北真希

 わたしの18歳

■南 明奈

 アッキーナは、一番元気なグラビア娘!

■なんとなく、巨大なクリスタル発見!

【カラー連載】

■名宿、あの部屋

■この娘(コ)の親の顔が見たい!

■絶対! 鉄道主義

■18歳の地図………森 昌子

■ゴハンの目

【小 説】

■東野圭吾 「流星の絆」

■P・コーンウェル 「捜査官ガラーノ」

【マンガ】

■東海林さだお 「サラリーマン専科」

■江川達也 「家庭教師 神宮山美佳」

■原作・七三太朗/漫画・本島幸久

■「担ぎ屋どおも」

【エッセイ】

■五木寛之 「新・風に吹かれて」

■高橋源一郎 「おじさんは白馬に乗って」

■酒井順子 「その人、独身?」

■関口和之 「ホラリスト養成講座」

■福田和也 「旅のあとさき」 第二部

【コラム】

■高橋春男 「ボクの細道」

■夏目幸明 「物は語る」

■A・ビナード 「へそくりヶ丘」

■小関順二 「野球よ、止まれ!」

■町山智治 「アメリカで味噌汁」

■楠木誠一郎 「日本史偉人列伝」

■長谷川櫂 「国民的俳句一〇〇」

■日垣 隆 「通といえば! 販」

■武 豊 「この馬に聞いた」

【連 載】

■国際ニュースのソムリエ

■シネマテイスティング

■美鳳の週間運気予報

■谷 将貴「ちょいプロ スイングで100を切れ!」

■必見★番組ガイド 「テレビの泉」

■桧山珠美 「視聴率のトラウマたち」

■ボクらは「ガチンコ出会い系」

■現代ライブテリー

 ▼インタビュー/北方謙三

 ▼カリスマ書店員のオススメ本

 ▼リレー読書日記/立川談四楼

■ハケンは見た!

■男と女のデカメロン

■♂バツイチVS.♀バツイチ

■美女の「Hファイル」

■リレー連載 佐藤優「新聞の通信簿」

■モバイル現代 今週のケータイ事情

■ネット・トレードの掟

■表紙の表紙

■パズル/音羽の杜から

| | コメント (0) | トラックバック (3)

週刊朝日2007年6月8日

週刊朝日

2007年6月8日発行

第112巻 第27号 

通巻4819号 

編集長・発行人:山口一臣

発行所:朝日新聞社

雑 誌:20082-6/8

目 次

6・2「みどりの愛護」のつどいでサプライズ? 海外公務への布石にも…

 雅子さま 「復帰」への足音

プロゴルフツアー史上最年少V [石川遼クン]

 父と母が語った ハニカミ王子の素顔

大往生した元経団連の名会長

 政治献金のあっせんを廃止した 平岩外四のホンネと素顔

『美しい国へ』に対抗? 『とてつもない日本』を出版

 次を狙う男 麻生太郎 いつ動き出す

タダ同然で“譲渡”された年金施設のなれの果て…

 [破綻]「グリーンピア」で浮上した 

  謎の“別荘”計画と二階俊博議員の存在

[ついに日本上陸]世界のセレブたち御用達

 あのコンシェルジュサービスに無理難題を言ってみた!!

[ベストセラー漫画]「オタリーマン」があなたのそばでも増殖中

翻訳者・蓮池薫さんが原作者・監督と語る

 「私たちの幸せな時間」の充足感

無罪判決出た 大阪地裁所長襲撃事件

 「被疑者ノート」が告発する冤罪のつくられ方

[ベストセラー『女性の品格』の著者が行った衝撃の調査結果]

 松嶋菜々子の“品格”は「雅子さま以上、美智子さま未満」だって

[改憲論者]小林節慶応大学教授が一刀両断

 安倍政権に改憲させてはいけない

大手行の決算が問いかける 銀行は誰のためにあるのか [作家・江上剛]

ヒルズ族のモテ社長 野尻佳孝氏が配った「豪華招待状」

グリーンスパン「劇的に収縮」発言でNY市場も下落、世界同時株安の懸念?

 マジでやばいぞ! 中国株

【News Spirits】

 「NOVA」英講師殺害から2カ月

 “親友”が語った「外人ストリップの夜」”

 “綱獲り”白鵬どうなる!? 親方「告白テープ」の衝撃

 立てこもり犯と「マネーの虎」事件1カ月前の「修羅場」

 タミフル問題で場外乱闘〝天敵〟研究者対決の軍配は…

 社内リンチで逮捕された「よど号」に乗り損ねた男!?

 「プロ野球」過ぎ去りし日々“鉄腕”野口二郎氏の偉業

[高須基仁]“映画バカ”今井雅之の野望

[梨元 勝]「堪忍袋の緒が切れた」

【グラビア】

 マツザカの100日 オカジマの100日

 繪本 三国志夜話 安野光雅

 生命のゆりかご 高尾

 インディアンにダンスを教えた鳥

●ドン小西のイケてるファッションチェック[丸川珠代]

●FRONT+[奥菜 恵]

●来栖けいをうならせた今週のひと皿

●山藤章二の似顔絵塾

●“GOODS”Bless You. 趣味は、形から。

●山藤章二のブラック・アングル

【コラム】

 田原 総一朗: ギロン堂

 小倉 千加子: テレビガイド液晶未満

 東海林さだお: あれも食いたいこれも食いたい

 内館  牧子: 暖簾にひじ鉄

 中森  明夫: アタシジャーナル

 倉田 真由美: フリドラ男

 鎌田  實 : がんばらないけどあきらめない

 フェルディナント・ヤマグチ: 最後の審判

 鳳    華: 未来学[丸川珠代]

 岸田  一郎: 中年老け易く、艶成り難し

 嵐山 光三郎: コンセント抜いたか

 松坂  大輔: 直球主義 in REDSOX  

天下無双のよろず相談所………神足裕司

China & Korea………宮崎正弘&李英和

【小 説】

 曽野綾子 アバノの再会

 山本一力 早刷り岩次郎

 週刊 司馬遼太郎

  大村益次郎の時代(6)

【対 談】

 林真理子のゲストコレクション

  アラン・デュカス

 親子のカタチ

  三浦雄一郎×三浦豪太

【週刊図書館】

[書 評]

『現代人のための「チベット死者の書」』玄侑宗久

『ハンニバル・ライジング』上・下 千街晶之

 ひと[なぎら健壱]/

 Books Browsing/

 愛でたい文庫[温水ゆかり]/

 ニュースな本[永江 朗]/

 新書の穴[鶴見太郎]/

 文芸予報[斎藤美奈子]/

 あの本[保阪正康]/

 マガジンの虎[亀和田 武]

「目キキ」&「耳キキ」

 KEY PERSON[チャン・ツィイー]/

 MOVIE PREVIEW[300(スリーハンドレッド)]/

 ハリウッド・噂の先取り/

 PICK UP MOVIE[インビジブル・ウェーブ]/

 渡辺祐のミュージック・サプリメント

【医 療】

 名医の最新治療

 気管支喘息(7)

犬ばか猫ばかペットばか

【まんが】「パパはなんだかわからない」山科けいすけ

今週の囲碁 秋山賢司

達人戦 2回戦・第1局[下]谷川浩司×福崎文吾

パズル DE 脳力測定

お便りクラブ/編集後記

| | コメント (0) | トラックバック (2)

諸君! 2007年7月

文藝春秋のオピニオン雑誌

諸君! 7月号 創刊38周年記念号

平成19年7月1日発行

第39巻 第7号 

雑 誌:04551-7

CONTENTS

激論 「従軍慰安婦」

 置き去りにされた真実

 日米首脳の露骨な政治決着をどうとらえるか。対立する研究者が一堂に会して白熱の討論

 ………秦 郁彦(現代史家)/大沼保昭(東京大学大学院教授)/荒井信一(茨城大学名誉教授・駿河台大学名誉教授)

なぜアメリカに赦しを乞うのか………西尾幹二(評論家)

 二つの世界大戦と日本のつつましい孤独 

 日本は再びABCD包囲陣の只中に置かれている。言葉による戦争はもう始まっているのだ

現政権を悩ます“二つの呪縛”

 だから安倍は小泉になれない………加藤創太(国際大学GLOOM教授)

 総理の個性や人脈では読み解けない政権のゆくえ。安倍政権が陥ったジレンマとは何か

ブッシュ政権 <対北・及び腰外交>が止まらない

 イラク作戦の失敗で方針は百八十度転換。しかし度重なる譲歩の先に待ち受けるのは……

  ………西原 正((財)平和・安全保障研究所理事長・前防衛大学校長)

日本版NSCは半島有事にどこまで対応できるか?………小川和久(軍事アナリスト)

 喫緊の危機に備えるために、応用力のない官僚組織を「使える頭脳集団」に変えよ

新・人材バンク構想に秘められた本音

 お役所人事にも「能力・実績本位」を徹底せよ………立石 徹(政治評論家)

 霞が関の牙城を攻めまくる渡辺喜美行革担当相。その攻防の内幕は新聞・テレビより十倍面白い

米国流投資ビジネスは必ず破綻する

 迷うな日本、

 「ものづくり」の道を突き進め!………箭内 昇(アローコンサルティング事務所代表)

 圧倒的な情報力と政治力で金融を後押しする米国。まともに張り合うのは愚の骨頂だ

徹底検証 アメリカ銃社会と韓国系“一・五世”の苦悩………飯塚真紀子(在米ジャーナリスト)

 ヴァージニア工科大の虐殺は防げなかったのか? チョ容疑者が抱え込んだ心の闇に肉薄する

ニッポン発・民間技術が世界の戦場を席巻する………高貫布士(軍事アナリスト・作家)

 今や戦争も効率化の時代。機能性と安定感に優れた“日本製”は軍事ビジネスの注目の的なのだ

返還10年、「香港屋」が見た本土観光団大長征………山口文憲(エッセイスト)

 人民解放軍なんて見たこともない地元民、迪士尼楽園には中年男ばかりがたむろして……

環境危機と「大きな物語」の復活………橋爪大三郎(東京工業大学大学院教授)

 安倍政権の環境政策に物申す! 社会学者が提唱する「緑の日本構想」とは

<膨張する一神教文明> 

 中国の害毒から日本の山河を守れ………岸田 秀(和光大学名誉教授)/

                   安田喜憲(国際日本文化研究センター教授)/

                   加藤 徹(明治大学准教授)

 現代文明の諸悪の根源は一神教にあり! 自然と共生するアニミズムこそが人類を救う

新連載 作家が読む『古事記』(2) 日本語の父は天武天皇………長部日出雄(作家)

古代大和ことばの八十八音節を忠実に筆録した太安万侶は、果して古事記の「編者」だったか?

[二大新連載スタート]  

 誇り高きろくでなしの時代(1)相模湾・チャンチキ管弦楽団の夏………西木正明(作家)

 この世は落語(1)ガサツ者・熊さんの美徳と愛敬………中野 翠(コラムニスト)

[新大宅賞作家のチャレンジ!]

 いまなぜ蓑田胸喜なのか 封印された昭和思想 

 大川周明と丸山眞男を畏怖させたその男からは、日本思想史の「通奏低音」が響いてくる

 ………佐藤 優(起訴休職外務事務官)/

    竹内 洋(関西大学教授・京都大学名誉教授)

■佐々 淳行: インテリジェンス・アイ(61)

■小手毬るい: NY発エンキョリ通信(10)

■山田  和: 外伝 北大路魯山人 最終回

■樋口  進: 文藝春秋写真館(15)

■草野  徹: 気になるアメリカン・ブックス(24)

■麹町電網(インターネット)測候所: 最終回

■出久根達郎: 言の葉のしずく

■池谷伊佐夫: 古本蟲がゆく(24)

■保阪 正康: ナショナリズムの昭和(25)

■荒川 洋治: 言葉と世界(84)

■荒木 和博: 月報「北朝鮮問題」(25)

■紳士と淑女

[SHOKUN BOOK PLAZA]

 新刊書評 

  下斗米伸夫

  東谷 暁

  三浦小太郎

 本の広場

読者諸君・編集後記

| | コメント (0) | トラックバック (5)

東京人 2007年7月

東京人 7月号

平成19年7月3日発行

第22巻第8号 通巻242号

発行人:高橋栄一

発行所:都市出版株式会社

ISSN:0912-0173

雑  誌:16725-7

CONTENTS

【特 集】

江戸城大奥

将軍が生まれ、育ち、夜ごとに通う女の園

 将軍が、大奥へやってくる!

 徳川宗家と正室・側室の略系図

 六人の烈女、三番勝負………文・鈴木由紀子 

 春日局VS.お江与の方/天英院煕子VS.月光院/天璋院篤姫VS.和宮

 江戸城「大奥」の空間構造………文・松尾美惠子

【対 談】

諸田玲子×山本博文

将軍を操った女たち

 お局さまのお墓めぐり………文・渡辺憲司

 上野「寛永寺」に痕跡を探して………文・浦井正明

 江戸城で花開く、宮廷文化 文芸編………文・鈴木健一

 琴、三味線……。楽の雅び 音曲編………文・鹿倉秀典

 美しく、強く、潔い、

  歌舞伎「大奥」の世界………文・加藤敦子

 「大奥映画」の誕生………文・木全公彦

 「田沼時代」に見る、

  大奥老女の政治力………談・竹内誠

 松本清張の大奥………文・郷原宏

 オスマン帝国の「大奥」

  ハーレムの女たち………文・山内昌之

 大奥細見コラム………文・武田櫂太郎 絵・イソノヨウコ 

  大奥誕生の秘密/

  年中行事/

  大奥をめぐる言葉/

  大奥の一日/

  将軍のお世継ぎづくり/

  食べ物/

  大奥女中になるには/

  大奥女中の給与明細/

  玉の輿物語/

  武家の奥事情/

  事件簿/

  大奥で働く男たち ほか

東京風俗歳時記(1)

 七夕………絵、文・沢野ひとし

【随 筆】名曲喫茶とクラシック………文・佐伯一麦

掴る時間………文・蜂飼耳

隠れた主役「港」………文・応地利明

メディアとともに動いている、六本木ヒルズの一日

 六本木ヒルズ24………案内人・石川次郎 

地球にやさしいエコ・レポート(2)………文・金丸裕子

 走行時のCO2 排出量ゼロ!

 電気自動車が街にやってくる

東京⇔雲南 中国少数民族紀行録

 ハニ族の女優リー・ミンと東京で出会う………文・中上 紀

東京23区(2)………写真、文・横尾忠則

 Y字路徘徊「荒川区」

東京日記(74) みなぎる気力………文・川上弘美 絵・門馬則雄

望郷酒場を行く(35)………文・森まゆみ 写真・中川道夫

 和歌山県 「熊野路」

音楽と建築を訪ねて

 目白へ………文、絵・斉藤理

古いが新しい!?「藤森建築」が

 生れるまで………談・藤森照信

【Close up TOKYO】

 Interview: 資生堂名誉会長 福原義春

 [本] 書評同人

     鹿島 茂/小池昌代/長嶋有/中村彰彦/細馬宏通

     今月の東京本

 [映画]アーキネマ(3) 文・五十嵐太郎

     プレイバック19XX(3) 文・上野昻志

 [美術]展覧会で出会う(3) 文・伴田良輔

     TOKYO ART HOPPER(3) 文・住吉智恵

 [舞台]このことばからはじまる(3) 文・宮沢章夫

     近ごろ落語の聞きどころ(3) 文・長井好弘 

 [音楽]東京クラシック聴き歩き(3) 文・許光俊

     ディープ・リスニングのすすめ(3) 文・嶋護

 [街] ニューオープン レポート(3) 文・河崎文香

     街角レトロモダン探検(2) 文・山崎まどか

     東京ネットワーク 

SHOPS&GOODS/

逸品本舗/

バックナンバー/

編集後記、次号予告

| | コメント (0) | トラックバック (1)

判例時報1962号 2007年6月1日

判例時報

平成19年6月1日号

発行通巻一九六二号

編集人:下平健一

発行人:判例時報社

雑  誌:26331-6/1

ISSN:0438-5888

判例時報細目次

◆判例評論◆

◆判例特報◆

(1)市立小学校の校長が音楽専科の教諭に対し入学式における国家斉唱の際に「君が代」のピアノ伴奏を

   行うよう命じた職務命令が憲法一九条に違反しないとされた事例

   ―――君が代ピアノ伴奏職務命令拒否戒告処分事件上告審判決

  (最三判 19・2・27)

(2)一 住民基本台帳ネットワークシステムの運用は、住民に保障されているプライバシー権を侵害する

     ものであって、憲法一三条に違反するとし、住民の住民票コードの削除請求が認められた事例

     ( (1)事件)

   二 住民基本台帳ネットワークシステムにおいて本人確認情報を取り扱うことは、憲法一三条に違反

     しないし、プライバシー権、氏名権、包括管理権を侵害するものではないとし、住民の本人確認

     情報の提供等の禁止、損害賠償請求が棄却された事例

     ( (2)事件)

     ( (1)大阪高判 18・11・30、(2)名古屋高金沢支判 18・12・11)

◆判決録◆

=行 政=

◎公路に直接接していない無道路地であっても実際に利用している公路への通路が同一の所有者に帰属する

 場合は固定資産課税台帳に登録すべき価格を決定するに当たり固定資産評価基準(昭和三八年自治省告示

 第一五八号)所定の通路開設補正を適用しないとする取扱いと地方税法(平成一一年法律第一六〇号によ

 る改正前のもの)四〇三条一項

 (最二判 19・1・19)

▽法人の事業活動に関する情報につき、それが開示された場合、当該法人と競争関係にある事業者が、当該

 情報を利用して違法な宣伝広告活動を行い、当該法人の公正な競争上の地位を害するおそれがあるから、

 当該情報は不開示事由である法人情報に当たるとの主張を排斥し、情報公開が認められた事例

 (東京地判 18・9・26)

=民 事=

◎一 貸主と借主との間で基本契約が締結されていない場合に第一の貸付けに係る債務の各弁済金のうち

   利息制限法一条一項所定の利息の制限額を超えて利息として支払われた部分を元本に充当すると過

   払金が発生しその後第二の貸付けに係る債務が発生したときにおける第一の貸付けに係る過払金の

   同債務への充当の可否

 二 商行為である貸付けに係る債務の弁済金のうち利息制限法一条一項所定の利息の制限額を超えて

   利息として支払われた部分を元本に充当することにより発生する過払金を不当利得として返還す

   る場合において悪意の受益者が付すべき民法七〇四条前段所定の利息の利率

   (最三判 19・2・13)

○私的な年金制度の受給者が一時金払いでなく年金払いを選択していたところ、年金制度が破綻し、年金を

 受給できなくなった場合、年金制度を運営する組合に説明義務違反による責任はないとされた事例

 (東京高判 18・10・25)

○弁護士法二三条の二所定の照会、民事訴訟法一八六条所定の調査嘱託に対する回答を拒否した銀行の

 不法行為責任が否定された事例

 (大阪高判 19・1・30)

▽依頼者から株券の取戻しの協議等の委任を受けた弁護士が、自ら立替払をする等して株券を取り戻した

 場合について、立替金返還請求権を有効に取得し、株券につき留置権が認められた事例

 (東京地判 18・7・19)

▽債権回収会社と資力の乏しい連帯保証人間の求償債務の弁済交渉において、不動産の売却等により債務の

 一部を弁済し、不動産の売却等により債務の一部を弁済し、その余の債務等について自然債務とする旨の

 合意が成立したと認められた事例

 (東京地判 18・9・7)

▽航空自衛隊の練習機が墜落し高圧送電線を切断したため停電したことにより廃棄物処理施設機会設備に

 損傷が生じた場合に国の損害賠償責任が認められた事例

 (東京地判 18・10・31)

▽弁護士が検察庁の検察官執務室で被疑者と面会接見した際に担当検事及び検察事務官が立会ったことを

 違法として国家賠償請求が認められた事例

 (名古屋地判 18・10・27)

=知的財産権=

▽著作権のライセンス業務を行う会社の取引先に対し第三者が同著作権を有している旨告知したことが不正

 競争防止法二条一項一四号所定の不正競争行為に当たるとされた事例

 (東京地判 18・9・26)

◆最高最判例要旨(平成一九年三月分)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

近代民事訴訟法史・日本

近代民事訴訟法史・日本

The History of modern Civil Procedure・Japan

2004年2月20日発行

著 者:鈴木正裕

発行者:江草忠敬

発行所:株式会社 有斐閣

ISBN:4-641-13353-0 C3032

目 次

はしがき

凡例

初出誌一覧

第一部 目安糺と訴状却下

 第一章 目安糺

  一 目安糺の公認

  二 目安糺の手続

 第二章 目安糺の消滅?

  一 目安糺の廃止 

  二 目安糺の実質の温存

 第三章 外国法(ドイツ法)の訴状却下

  一 普通訴訟法

  二 ラント法

  三 法曹大会での論議

  四 学者の反対

 おわりに

第二部 テヒョー草案

 第一章 テヒョーの登場

 第二章 テヒョー起用の背景

 第三章 訴訟規則取調委員の任命 ―――現行民事訴訟手続

 第四章 テヒョーの教育顧問としての視察旅行 

 第五章 訴訟規則修正原案と三好委員会の審議

 第六章 草案の完成とテヒョーの帰国

 第七章 テヒョー草案への批評

第三部 明治民事訴訟法の成立

 第一章 法律取調委員会の設置

  一 条約改正の予備会議

  二 英独案と法律取調委員会

  三 送付・通知の意義の変質と委員会メンバーの拡充

  四 委員会の外務省から司法省への移管

  五 委員会「略則」と委員たちの新陣容

  六 条約改正交渉のその後

 第二章 法律取調委員会の活動

  一 資 料

  二 民訴法の当初の審議 ―――モッセの起草

  三 議論されたテーマ ―――訴状却下

  四 議論されたテーマ ―――弁護士強制

  五 再調査 ―――第二読会

 第三章 法律取調委員会に残された問題

  一 検事の立会いの復活

  二 優先主義から平等主義への転換

 第四章 元老院と枢密院の審議

  一 法制局の審議

  二 元老院の議定

  三 枢密院の審議

  四 元老院の検視

  五 付随法規の整備

第四部 明治民訴法のその後 ―――大正改正法へ

 第一章 施行後の混乱

 第二章 民訴法調査委員会  

 第三章 法典調査会

 第四章 <第二次> 法律取調委員会

  一 民事訴訟法の改正

  二 審議の順序

  三 採否を見た関連事項

  四 <第二次> 法律取調委員会の消滅

 第五章 民訴法改正調査委員会 ―――大正改正法の成立

  一 省内委員会の設置

  二 審議の継続

  三 議会での審議

  四 公布と施行

  五 オーストラリア法・ハンガリー法

  六 両法に対する評価とその結末

 第六章 大正改正法のその後 ―――昭和期

 第七章 訴状却下と訴え却下の守備範囲

事項索引(巻末)

人名索引(巻末)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近代民事訴訟法史・日本2

近代民事訴訟法史・日本2

The History of modern Civil Procedure・Japan2

2006年8月30日発行

著 者:鈴木正裕

発行者:江草忠敬

発行所:株式会社 有斐閣

ISBN:4-641-13469-3 C3032

目 次

はしがき

凡例

第一部 明治一九年渡独した司法官たち

 一 四つのグループ

  1 第一グループ ―――官費出張者

  2 第ニグループ ―――私費出張者   

  3 第三グループ ―――司法省留学生

  4 第四グループ ―――非職出張者

 二 司法省法学校

  1 正則科

  2 速成科

 三 渡航・滞在・帰国

  1 渡航

  2 滞在

  3 帰国

 四 帰国後の活動 

  1 三つのグループ

  2 平島と高谷

  3 近藤・加太・一瀬・応当(藤堂)・小宮

 五 参加した法制委員会

  1 法制委員会

  2 法律取調委員会

  3 刑法改正審査・民訴法調査・刑訴法調査の各委員会

  4 法典調査会

  5 <第二次> 法律取調委員会

  6 臨時法制審議会

  7 民訴法・破産法・刑訴法各改正調査委員会

 六 教壇と著作

  1 教壇

  2 著作

 七 司法異動と明治一九年渡独組

  1 司法異動の背景

  2 明治三一年の司法異動 ――― 一九年渡独組の画策

  3 大正二年の司法異動 ―――平沼派の台頭

第二部 司法官の定年制

  1 定年制と横田国臣、原敬

  2 帝国議会における審議

  3 定年制をめぐる諸議論

  4 大審院長の交替

第三部 第三高等中学校(高等学校)法学部

  1 はじめに

  2 第三高等中学校

  3 法学部の設置

  4 高等学校へ改称

  5 法学部構想の挫折

| | コメント (0) | トラックバック (0)

will 2007.7

Will

2007年度7月1日発行

通巻31号

責任編集:花田紀凱

雑 誌:18397-07

目次

■金美齢 日本人よ、発言力をつけなさい!

【総力特集: 封殺された言論!】

■朝日新聞「社説21」を嗤う!………西尾幹二

■細木数子番組スポンサーの無責任 [全企業リスト公開]………『WILL』特捜班

■筑紫哲也の[NEWS23]

 妄言、暴言、失言………中宮 崇

■「従軍慰安婦」情報戦の真実………西村幸祐

■選挙違反でっち上げ

 鹿児島県警の卑劣………粟野仁雄

■恐怖のネット・テロリズム………G・ボグダン

■小沢一郎の変節で民主分裂?………山際澄夫

■ヤマハ発動機は売国企業か[スクープ]………加藤 昭

■天地無用

【BOOKS & MAGAZINES】

■石井英夫の今月この一冊

 原口録郎『吾輩のご主人』

■堤堯の今月この一冊

 鳥居民『近衛文麿「黙」して死す』

■編集部の今月この一冊

■「早稲田古本劇場」 第三十一幕 ………向井透史

■著者インタビュー 筒井ともみ

 『着る女』ほか

【CINEMA】  

■秋山 登の今月この一本『主人公は僕だった』

■吉田真由美セレクション 

 「見るんだったらこの映画」

【連 載】

■「シンボルズ」………みうらじゅん

■大衆芸能小僧

 「横山ノック」………高田文夫・佐野文二郎

■「すべてはいつか、笑うため。」………岡 康道

■「イカの筋肉」………髙野ひろし

■「ハイテク“最低線”ガイド」

 「(23)バイオエタノール」………大朏博善

【MEDIA WATCH】

■[ 売文生活日記 第30回]

 どっからでもかかって来い!

 へっぴり腰の謝罪がそんなに偉いのか の巻………日垣隆

■絶対安全Dランキング………高橋春男

■あっぱれ! 築地をどり………勝谷誠彦

■三面記事リンク集 「野球特待制度」………蛭”芸子 

■折込チラシも新聞ばなれ My News Japan………渡邉正裕

■テレビ特捜班 無惨、三大新聞論説委員長!………水島 総

■今月の朝日新聞………本郷美則

■なんくるないさー 沖縄・アジア放浪日記【第三十一回】………岡留安則 

【HEADLINE】 

■繁栄のヒント………日下公人

■永田町コンフィデンシャル………九段靖之介

■常識のためのサプリ………屋山太郎

■しょせんヒトゴト………オバタカズユキ 

■判決!………いしかわじゅん 

■世界の常識を疑え………G.ボグダン 

■ヒットの予感………秋元 康 

【ENERGY】

■日本のエネルギー政策の根幹

 「新しくなった『エネルギー基本計画』の要点と特徴」

■爆笑問題 大好評連載 日本原論」

■戦後史この一枚 [番外編]「芸能界、三人寄れば……」

■なぜ参院選に立候補するのか ………東條由布子

■口座凍結解除を巡る北朝鮮の誤算………[新連載 朝鮮半島通信]重村智計 

■憲法九条は賞味期限切れだ! [蒟蒻問答]………堤 堯・久保紘之

■渡部昇一の戦後史公開講座 6 天皇1

【連載】三島由紀夫「僕を殺す唯一の男」(15) ある編集者のオデッセイ 第70回………堤 堯

【読者から】

【編集部から、編集長から】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊アスキー 2007年6月12日

週刊アスキー

平成19年6月12日発行

第19巻 通巻640号

発行人:福岡 俊弘

編集人:福岡 俊弘

発行所:株式会社 アスキー

雑 誌:21102-6/12

CONTENTS

【今週のイチオシ!】ソニー VAIO type VGN-TZ50B

【特集1】アキバが認めるパーツがわかった!

マニアックパーツ自作

 これがマニアが認定する究極のハイエンドPCだ!/

 フルHD時代の最強ゲームPC/

 “最強”と“お得”で最適オーバークロックPCをゲット/

 完全ファンレス・モーターレスの究極清音マシン ほか

【特集2】今、知っておきたい

最新 無料地図サイト11

 お気に入りの場所をみんなで共有 ワイワイマップ/

 他人のオススメルートを楽しむ! ALPSLAB route/

 消費者カロリーや土地面積まで測れる! キョリ測β ほか

【特集3】画質のよさから価格、仕上がり時間まで

デジカメプリントサービス徹底比較

【特集4】次世代ポータルサービス

 [Netvibes][iGoogle][Webwag]を使いこなす!

【特集5】ノイズキャンセリング付きからペアリング機能搭載機まで厳選5機種

超軽量オーディオプレーヤー

【特集6】ワイド液晶乗り換え時に余った液晶を有効活用!

デュアルディスプレー導入完全ガイド

【特集7】PCを謎の液体で高速化!? オーラ力を発見!?

不思議アイテム実験室

【特集8】自作マシンでホームシアター

オススメショップ+パーツ21

【特集9】気になるパソコン&パーツの本音を訊く

大阪PCショップマップ

【BEST BUY】

 アスク: RADEON HD 2900XT

 日本サムソン: YP-U3

 マウスコンピューター: LuvBook TW700S

 プロトン: Acronis Treu Image 10 Home

【HARDWARE】 

 レノボ・ジャパン ThinkPad T61 765811J/

 エスケイネット MonsterTV 1DR/

 パイオニア BDP-LX70/

 アイリバージャパン Iriver T60 4GB/

 三菱電機 Diamondcrysta WIDE RDT202WM-S/

 NECアクセステクニカ AtermWR8400Nワイヤレスカードセット/

 レノボ・ジャパン Lenovo 3000 N200 0769C4J/

 ベンキュージャパン BenQ FP95G/

 アイ・オー・データ SEG CLIP GV-SC200/

 バッファロー HD-PSG40U2-WH/

 ナナオ EIZO FlexScan HD2451W/

 デジタルカウボーイ CA-K7/

 ゲート DViCO TViX HD M5100SH

【SOFTWARE】

 テクノクラフト ロボワードV8.2 デイリーコンサイス仏独辞書セット/

 インターチャネル・ホロン 名誉あらすじ高速ヒアリング/

 AHS Free Motion 2/

 ジャングル AcroSoft TotalMedia Extreme/

 ジャングル ArcSoft DigitalDarkroom/

 シマンテック ノートン・セーブ&リストア 2.0/

 アドビシステムズ Adobe Acrobat 3D Version 8 

【7TOPICS】

 最新のIT医療機器はどんどん小型化/

 ドラゴンボールのスカウターが現実に/

 命を守るAEDを大手量販店で買おう/

 厚労省がセカンドライフに熱い視線/

 自動車でもヘッドアップディスプレー/

 声から感情を判定するDS用ゲーム/

 マイスペースがケータイ向けに始動

 [ワールドTOPICS]

  hpの宣伝でシュレックのキャラが活躍/

  リアルサイズのクジラを画面で楽しむ/

  パックマンの骨格を著名学者が再現/

  中国の新幹線が次々と剥ぎ取られる?

 [タウンTOPICS]

  世界一お酢に詳しいロボットとは?/

  森を守り樹を守るヒロインが登場/

  福岡の消防キャラ“まもるくん”

  自宅にも風力発電機を設置へ

【ランキング&ニュース】[ハード&ソフトニュース デジタル総合ニュース]/

 So-netテレビ王国 『予約録画数 深夜番組編』/

 All Aboutガイドが選ぶ 『芸能人に学ぶ夏のモテ髪 5』/

 Yahoo! ミュージックサウンドステーション 『人気チャンネル10』/

 モバイル版 Yahoo! JAPAN 『検索ランキング』/

 Amazon.co.jp 『売れ筋フィギュア 10』/

 パソコン本体、ノートPC/

 パソコンソフト/

 周辺機器(デジカメ、DVD/HDDレコーダー)/

 大画面テレビ/

 秋葉原パーツ(マザーボード)/

 Google検索ワード/

 goo Wikipedia検索ワードランキング/

 goo ブログトレンドランキング/

 Yahoo! ショッピング『ハーブティーレビュー』/

 本/

 CD/

 DVD

 ついにウィンドウズ モバイル6搭載端末も登場

 ソフトバンク、auが夏モデルを発表

【WAM Depart】

 [BOOKS]探テク/

        クリエイターのための著作権入門講座/

        朝時間.jp わくわく朝ごはん

       [私のハマった3冊]北尾トロ

 [DVD]武士の一分/

      新作映画 あるスキャンダルの覚え書き/

      アマゾン・トップセラーランキング

 [MUSIC]高田 漣

 [GAMES]ステート・オブ・エマージェンシー リベンジ/

        ニュージーランドストーリーDS/

        [私が選ぶこの一本]カラテカ 入江慎也

[SPORTS]アメフトW杯日本代表候補 vs 関東学生選抜

[AUTO]シトロエン C4ピカソ

[AKIBA]SAS接続HDDが浸透中

[PHOTO]オリンパス E-410 レンズキット

[MOBILE PHONE]ドコモ SH904i

[INFO]ビーズ L.I.D.INTERIOR LAMP SERIAS ほか

■連載小説 ガーディアン  <第12回> 石持浅海

■なんでも使用レポート パソコンが好きだ!!

 高橋みなみ: PLAYSTATION 3 60GB

 保阪 尚希: DN-BTO5AH

 優木まおみ: インタースキャン50

 山本 謙治: E-410

 松村  敦: m-Book GX570S

【連 載】

 クロスレビュー

 週アス的マネーライフ入門

 無料ソフトの殿堂

 ASCII365

 WEB0.2

 占い&おたよりコーナー

 DPフォトコン

 ハッカーの食卓

 ネットエクスプレス

 パズル王国&次号予告

 旅三昧

 ネットでお取り寄せ

 Scene2007………神足裕司

 今週のデジゴト………山崎浩一

 キュン死に寸前!………北別府ニカ&八雲あゆ

 物欲番長………スタパ齋藤

 だってサルなんだもん………いしかわじゅん

 松井のおもしろゼミナール………松井英樹

 2045年の週刊アスキーをつくる………東浩紀&桜坂洋&清水亮

 仮想報道 日本のネットと匿名………歌田明弘

 女の道………青木光恵

 電脳なをさん………唐沢なをき

 カオスだもんね!………水口幸広

 東京トホホ会………金井哲夫&宇佐美月子

 Column complex

  暮しの手帖………樋口真嗣&あさりよしとお

  週アス漫研………田中哲弥/わかつきひかる/森永卓郎/秋元 康

  シネマ英語通信………上野陽子

  日常の量り売り………寺島玲子

  ゲイツちゃん………桜玉吉

  ハッコウ人のおしごと………F岡俊弘&永野のりこ

  今宮純のF1週記………今宮 純

  決断のとき 吉井妙子

 Vistaへの道………塩田紳二

 Idol Site Pinup………中村静香

| | コメント (0) | トラックバック (20)

2007年8月27日 (月)

本の窓 2007年6月

月刊 本の窓 6月号

2007年6月1日発行

第30巻第5号(通巻266号)

雑 誌:08201-6

目 次

特集/日本語を愛する

特集 人間関係を豊かにするために 日本語を愛する

   日本語力を鍛え優しさを身につける/山川健一

   新しい共同体のために必要な日本語教育/平田オリザ

   日本語について考える本

『あしたへ贈る歌』著者インタビュー

 今こそ伝えたい歌の数々/由紀さおり・安田祥子

『そこのバカ親! あんたの子供じゃ受からない』著者インタビュー

 バカ親、ダメ教師に喝!/吉野敬介

私の編集した本インタビュー/『白川義員作品集 世界百名瀑』

私の編集した本/『定年出家』『文学の花しおり』他

■新連載■

 寂しい写楽(1)/宇江佐真理

 僕の雑学散歩(1) ―――『ロング・グッドバイ』を読む―――/室矢憲治

■連 載■

 開国 ―――私のナショナリズム(4)ユタ/佐藤 優

 キュレーターズ・ルーム(4)/門井慶喜

 いなかに家をつくろうと思った。(8)/中沢けい・鈴木隆之

 ミステリーとの半世紀(42)/佐野 洋

 僕らが愛した手塚治虫(40)/二階堂黎人

 八〇年代生まれとミステリーを読む(20)/佳多山大地

 詩の木蔭で(25)/井坂洋子

 大江戸恐龍伝(49)/夢枕 獏

 読者フォーラム・情報ランド

 次号のお知らせ

 編集後記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

判例時報1961号 2007年5月21日

判例時報

平成19年5月21日号

発行通巻一九六一号

編集人:下平健一

発行人:判例時報社

雑  誌:26333-5/21

ISSN:0438-5888

判例時報細目次

◆記 事◆

東京地裁における最近の人身保護請求事件の処理状況

事件の処理状況………東京地方裁判所民事第九部人身保護研究会

現代型取引をめぐる裁判例(185)………升田 純

海外刑法だより(264)

 国際刑事訴訟法の論点(3)

  ―――補完性の原則。ICCと国内裁判所………森下 忠

◆判決録◆

=行 政=

◎被相続人の居住の用に供されていたが土地区画整理事業における仮換地の指定に伴い相続開始の直前には

 更地となっていた土地につき租税特別措置法(平成一一年法律第九号による改正前のもの)六九条の三所

 定の小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例の適用があるとされた事例

 (最三判 19・1・23)

○一 河川区域が廃川敷地となったと認定され、河川管理権限に基づいて行われた工事請負契約等が違法と

   された事例

 二 先行する原因行為に違法事由があっても当該原因行為を前提にしてされた当該職員の行為自体は違法な

   ものとはいえないとして、当該職員に対して賠償命令をすることを求める請求が棄却された事例

   (東京高判 18・9・27)

=民 事=

◎一 破産管財人が破産者の締結していた建物賃貸借契約を合意解除した際に賃貸人との間で破産宣告後の

   未払賃料等に敷金を充当する旨の合意をして質権の設定された敷金返還請求権の発生を阻害したこと

   が質権設定者に対する目的債権の担保価値を維持すべき義務に違反するとされた事例

   ( (1)事件)

 二 破産管財人が破産者の締結していた建物賃貸借契約を合意解除した際に賃借人との間で破産宣告後の

   未払賃料等に敷金を充当する旨の合意をして質権の設定された敷金返還請求権の発生を阻害しても質

   権者に対して善管注意義務違反の責任を負うとはいえないとされた事例

   ( (1)事件)

 三 破産管財人が破産者の締結していた建物賃貸借契約を合意解除した際に賃貸人との間で破産宣告後の

   未払賃料等に敷金を充当する旨の合意をして上記賃料等の現実の支払を免れた場合において破産管財

   人は敷金返還請求権の質権者に対して不当利得返還義務を負うとされた事件

   ( (1)事件)

 四 破産管財人が破産者の締結していた建物賃貸借契約を合意解除した際に破産宣告後の未払賃料等に敷

   金を充当する旨の合意をして上記賃料等の現実の支払を免れたことにより敷金返還請求権の質権者に

   対し不当利得返還義務を負う場合において破産管財人が悪意の受益者であるとはいえないとされた事例

   ( (2)事件)

   ( (1)最一判 18・12・21、(2)最一判 18・12・21)

▽区分所有者の管理費等の滞納を理由とする区分所有権等の競売請求が棄却された事例

 (東京地判 18・6・27)

▽土地賃借権の無断譲受人が、譲受け後に地上建物の押入れ・サッシ・土間の変更等の工事を施した場合、

 右建物について買取請求権を行使することができないとされた事例

 (東京地判 18・7・18)

▽過去に出演した元AV女優のアダルトビデオの内容を描写した記事や写真を週刊誌の記事として掲載した

 ことが、プライバシー権、肖像権侵害の不法行為に当たるとされた事例

 (東京地判 18・5・23)

▽胸部大動脈瘤の治療のため、胸部ステントグラフト内挿術受けた患者が、左外腸骨動脈の破損により

 出血性ショックを起こし、敗血症等により死亡した場合、担当医師に手技上の過失があったとして、

 病院側の不法行為責任が認められた事例

 (名古屋地判 18・3・30)

▽用船契約の対象船舶の持分所有者が用船及び積荷契約の相手方より取得した用船及び積荷保証書に

 基づき求めた債務不履行による損害賠償請求が棄却された事例

 (横浜地判 18・8・25)

▽胃がんの摘出手術を受けた患者が敗血症を発症して死亡した場合、点滴用カテーテルが細菌に汚染されて

 いたための院内感染によるものであるとして病院側の不法行為による損害賠償責任が認められた事例

 (新潟地判 18・3・27)

▽急性動脈閉塞症に対する手術を受けた患者が死亡した場合、経皮的血管形成術(PTA)及びステント

 留置術が失敗した時点、外科的処置のために血管外科を有する病院に患者を転送させるべき義務を怠っ

 たとして医師の過失を認め、病院側と医師の損害賠償責任が認められた事例

 (岐阜地判 18・3・30)

▽産業廃棄物処理業者が市の同人に対する産業廃棄物収集運搬業等の事業停止処分・許可証返納指導を

 違法として求めた国賠請求が認容された事例

 (岡山地判 18・6・21)

=知的財産権=

○一 種苗法に基づく品種登録が同法三条一項、同法四条二項、同法五条三項、同法九条一項又は同法

   同法一〇条の規定に違反してされたものであり、取り消されるべきものであることが明らかな場

   合には、その育成者権に基づく差止め又は損害賠償等の権利行使(補償金請求を含む。)は、権

   利の濫用に当たり許されないとされた事例

 二 ある品種の種苗が守秘義務を負わない者の手に渡ったときは、当該品種は秘密の状態を脱し、公然

   知られたものとなるとされた事例 

 三 種苗法三条一項一号にいう「他の品種」とは、出願品種と対比すべき既存の品種を意味し、出願

   品種が、公然知られた既存の品種と客観的に同一の品種である場合を含め、右既存の品種と特性

   の全部又は一部によって明確に区別されるものではないときは、同号所定の品種登録要件を欠く

   ものであるが、出願品種と対比すべき既存の品種が出願品種そのものである場合には、同法三条

   一項一号所定の品種登録要件を欠くことにはならず、専ら同法四条二項において規律されるとさ

   れた事例

 四 出願品種が既存の品種と客観的に同一の品種である場合において、種苗法三条一項一号の要件を備えているというためには、出願者又は育成権者において、当該公然知られた既存の品種が出願品種そのものであることを立証すべきであるとされた事例

   ―――エリンギ・ホクト2号事件控訴審判決

   (知的財産高判 18・12・21)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経情報ストラテジー 2007年7月

経営革新にITを活かす

日経情報ストラテジー 7月号

2007年6月24日発行

発行人:藤田俊一

編集長:多田和市

発行所:日経BP社

第16巻 第6号 通巻183号

雑 誌:07179-07

CONTENTS

■特集1  

「人財」の見える化

組織力を向上させる人材活用

 ・「やる気」の見える化

 社内SNSで改革に

 前向きな人材を発掘

 東京海上日動あんしん生命保険

・「成功体験」の見える化

 営業プロセスの生情報を共有し、現場底上げ

 日本土地建物

・「能力・スキル」の見える化

 全世界30万人の評価を一元的に管理

 米ゼネラル・エレクトリック(GE)

・提言編

 改革をリードする「人財」発掘の秘けつ

 見える化を実現する3つの方策

■改革の軌跡 ―――あのプロジェクトの舞台裏

雪印乳業

チーズに賭けるブランド再生

「縮み経営」の陰で大胆な改革が

 2度の品質問題で企業解体の危機に瀕(ひん)した雪印乳業が、再生の一歩を踏み出した。

 国内産原料を100%使用した、6年ぶりのチーズ新ブランドに社運を賭ける。 

 宣伝広告も自粛する「縮み経営」の陰で、大胆な業務改革を断行。

 生販管理の徹底や顧客の声に耳を傾ける企業風土を武器に、再び業界をけん引する。

【トップインタビュー 】

 塚本 勲氏

 加賀電子 代表取締役会長

  誰にも「ノー」と言わない

  挑戦を歓迎し、失敗を許す

【主張するCIO】

 朝田照男氏

 丸紅

 代表取締役専務執行役員 CIO

  「中抜き」の脅威感じたネットバブル

  企業の存在価値を見極める好機に

 プロフェッショナルCIOの提言

 デビッド・E・ケプラー氏

 米ダウ・ケミカル

 上級副社長、CIO、CSO兼シェアードサービス担当

  創業110年の巨大化学メーカー初のCIO

  社内を知り尽くし、グローバル改革を牽引

 会社を変える

 大浦 溥氏

 アドバンテスト 取締役相談役

  景気減速に早く対処

  次世代機を開発へ

【発見!イノベーション企業】

 エイジス(小売店の棚卸し代行)

 大手小売りの棚卸しを“独占”、ITで作業精度と人員を最適化

【海外フラッシュ】

 米UPS

 ・ネットで宅配便を「インターセプト」

 米マスターカード、米USAテクノロジーズ

 ・カード対応自販機を導入

 米サーキットシティ、米ナップスター

 ・音楽配信サービスで提携

 米クリーブランド・メトロパークス動物園

 ・無線ビデオカートで動物を撮影

■戦略的経営革新のススメ

CIO倶楽部通信

 「業務を変えられる!」

 J-SOXに楽しく取り組む

石黒不二代のCIOは眠れない

 ものづくりの精神を

 システムにも取り入れる

小西一有のCIO次の一手はコレだ! <NEW!>

 「企業力」の向上が

 CIOの重要な役割に

碓井誠の企業のITが危ない【対策編】 <NEW!>

 「価値社会」の到来に備えよ

 生活者主権へ枠組みを変える

南出健一の経営放談

 甘い考えの学生さん

 安易に起業なんかするな

企業改革ヘッドライン

  セブン&アイ・ホールディングス、カルソニックカンセイ、セリア、フジクラ

3分間キーワード

 SMO、WFM、タイポスクワッティング、

 アプリシアティブ・インクワイアリー、

 業務継続計画(BCP)、技術KI計画

■特集2

 人手不足はシステム支援で乗り切れ

 営業現場を強化するIT手法

・LSP

 人時売上高の上昇で9期連続増収増益

 サミット

・リコメンド

 粗利益率上昇の裏に推奨機能あり

 ライトオン

・アウトバウンド

 喜ばれる「攻め」の電話で成約率70%

 ジュピターテレコム(J:COM)

・ナレッジGIS

 チラシ30%減らして売上高20%増

 ストロベリーコーンズ(ナポリの窯)

・営業JIT

 大福帳で瞬時に該当顧客だけ抜き出し

 神奈川トヨタ自動車

■成果出す業務革新の現場

収益を拡大する!

 大日本住友製薬

 ―――トップ営業の「振り返り」をIT化

    若手底上げで販促効率10%向上

コスト競争力を高める!

 ソニーマーケティング

 ―――コールセンターをKPIで管理

    顧客対応の効率化で人員を削減

経営管理を徹底する!

 三菱電機

 ―――製造状況を細かく「見える化」

    常に目を光らせて品質ロス半減へ

■10分間で学べる業務革新講座

トヨタの良さに学ぶ日本的経営 第7回

 各論を作り込む大切さ、現場での応用力を磨く

 スコラ・コンサルト 柴田昌治

経験者が指南! 内部統制の落とし穴 第1回 <NEW!>

 SOX法が適用目前、落とし穴はここだ!

 新日本監査法人 森本親治

実践! ビジネスリーダーのためのファシリテーション 第1回 <NEW!>

 先進企業は既に活用、「行動の変化」促せ

 チェンジ・マネジメント・コンサルティング 森 時彦

変化する顧客とバーチャルチャネル再構築 第1回 <NEW!>

 「富裕層」が変わった、プチリッチに着目せよ

 アクセンチュア 秦 純子

改革ヘッドライン

 セブン&アイ・ホールディングス、

 カルソニックカンセイ、セリア、フジクラ

■5分で身につくスキルアップ

 部下を育てるコミュニケーション術

 力の抜き方を教えよう

 話し方研究所 福田 健

新刊

カレンダー

記者の目

読者から・編集長から

| | コメント (0) | トラックバック (3)

日経パソコン 2007年5月28日

日経パソコン

NIKKEI PERSONAL COMPUTING

2007年5月28日発行

第530号

発行所:日経BP社

CONTENTS

【特 集】

[特集1]ユーザーの「常識」を調査して分かった

 メールの作法2007

[特集2]知らぬ間に感染、被害が拡大

 ウイルス最新事情

[特集3]Skype、iPodからセカンドライフまでIT総動員 <もっと!パソコン新体験>

 オンラインで英会話に再挑戦

[ビジネススキルアップ]マイクロソフト認定Officeスペシャリストになろう

 第1回まずは受験科目を絞る

【スキルアップ講座】

●作って覚えるWord

 企画書 第4回 表作りの基本を押さえる

●作って覚えるExcel

 携帯電話料金 第4回 グラフを見やすく改良する

●作って覚えるExcel 2007入門  

 第4回 デザインを変えて印刷する

●Internet Explorer 7再入門

 第4回 役に立つWebページは手元に残しておこう

●インクジェットプリンターお手軽レシピ

 第4回 Word三つ折りパンフレットを作ろう

●絶対知っ得! オンラインソフト

 第4回 Webブラウズを楽にしてくれるツール

●お答えします

 高速なGigabit Ethernetには何が必要?

【日経パソコン オンライン ニュース】

 インテルの「ターボ・メモリー」を検証 ―――LAB

 「プロバイダーは解約を渋る」は本当か ―――REPORT

 WinHECでマイクロソフトが描いた「夢」 ―――TREND 

 富士通、世界最小モバイルノートを発表

 東芝ノート、都内で発火事故

 AMD、新ブランド「Phenom(フェノム)」を発表ほか

【製品情報】

●注目の新製品

 「ターボ・メモリー」対応の13.3型ノート

 厚さが4cmの一体型デスクトップ     

 新製品ハードウエア/ソフトウエア

【コラム】

●森本家のワークシート  

●気になるデジタルグッズ  

●焦点  

●社長のいまさら“あいてぃ”  

●いまどきの数字  

●ワカれば楽しいコンピューター  

●新着サイト情報  

●勝谷誠彦のそれゆけ!電化男  

●森博嗣の半熟セミナ

用語解説

連載講座ファイルのダウンロード方法

編集メモ

読者の広場/BOOKS/イベント/次号予告

本誌記事のキーワード検索と記事検索

広告索引

| | コメント (0) | トラックバック (1)

旧制中学入試問題集

旧制中学入試問題集

2007年5月10日発行

著 者:武藤康史(むとう・やすし)

発行者:菊池明郎

発行所:株式会社 筑摩書房

ISBN:978-4-480-42317-7 C0137

目 次

[国 語 「婦人は厨房を治るを習ふべし」に読み仮名を付け解釈せよ]

明治三十五年

三十六年

三十七年

三十八年

三十九年

四十年

四十一年

四十二年

四十三年

四十四年

四十五年

大正二年

三年

四年

六年

九年

十一年

十二年

十三年

十四年

十五年

昭和五年

六年

七年

八年

九年

十年

十一年

十二年

[算術 軍艦松島ノ長サハ89・9米ナリト云フ、何間何尺ナルカ。]

明治三十六年

三十八年

三十九年

四十三年

大正二年

六年

七年

十一年

十二年

十三年

十四年

昭和二年

七年

十年

[歴史・地理 よい日本人となるにはどんな心得を守つたらよいか。]

大正十四年

昭和五年

六年

七年

八年

九年

十年

十四年

[理科 着物についたあぶらあかを取除くにはどうしたらよいか。]

大正十四年

昭和五年

六年

七年

[あの人が受けた入試問題 ゐもりトやもりハ如何ニシテ区別スルヤ。

宮澤賢治

岸 信介

宇野千代

宮本百合子

草野心平・神西清・竹山道雄・吉川幸次郎・中野好夫

井深 大・山村 聰

丸山眞男

堀田善衛

安岡章太郎

鶴見俊輔

瀬戸内寂聴

中村 稔

新旧校名一覧

あとがき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春と読書 2007年6月

青春と読書 6月号

平成19年6月1日発行

第四二巻 第六号(通巻三七一号)

編集人:東田英樹

発行人:馬締尚久

発行所:株式会社 集英社

雑 誌:05665-06

もくじ

【特集(1)】 『こち亀』ノベライズ!

インタビュー/大沢在昌 連載30周年への尊敬の念

ノベライズを終えて/石田衣良/今野 敏/柴田よしき/

          京極夏彦/逢坂 剛/東野圭吾

原作者より/秋本 治 『小説こち亀』を読んで

【特集(2)】雨によせるエッセイ

 安達千夏: 五軒長屋  

 神尾葉子: 雨と犬とヤンキーと  

 青山七恵: サファリの傘

 野中 柊: クリストファー・ロビンになる ジーン・ケリーになる

 栗田有起: あめあめふれふれ  

 蜂飼 耳: ぬれねずみ

【新連載】

 米山公啓: 超老年学 

 小路幸也: オーヴァー・ザ・レインボゥ 

【インタビュー】

 島田雅彦: 島田雅彦の初ミステリーは、   

       ゾクゾクするほどスリリング! 

【講演会抄録】姜尚中講演会 ―――この国で生き残るために

【話題作の舞台裏】奥田英朗著『家日和』

【エッセイ】

 清水義範: 片翼だけの世界史でなく 

 望月哲男: ドストエフスキーの現代性について 

 井上荒野: とん先問題

 柴田鉄治: 南極と年賀状

【本を読む】

 北上次郎: 小路幸也著『シー・ラブズ・ユー』 

 杉江松恋: 半村良著『石の血脈』 

 髙賛 侑: J・Mバーダマン著 『黒人差別とアメリカ公民権運動』 

 目黒考二: 宮本昌孝の明朗時代小説 

【読切連載】

 宮本昌孝: 金色の涙 色をめぐる読切短篇 シリーズCOLORS5

【連  載】

 花村萬月: ロック・ステディ(2)

 東 直子: ゆずゆずり(2)

 三好 徹: 文壇ゴルフ覚え書(6)

 植島啓司: 処女神(20)(最終回)

さくらももこさんに聞く ようこそ『さくら横丁』へ! パート1 

カラー口絵 ようこそ『さくら横丁』へ! パート2  

書評再録

新刊のお知らせ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなに役立つ数学入門

こんなに役立つ数学入門

 ―――高校数学で解く社会問題

2007年4月10日発行

編 者:広田照幸(ひろた・てるゆき)/川西琢也(かわにし・たくや)

発行者:菊池明郎

発行所:株式会社 筑摩書房

ISBN:978-4-480-06358-8 C0241

目 次

はじめに ―――高校数学が社会問題を解く………広田照幸

 1 私の失敗

 2 高校数学と研究と社会問題

 3 高校数学と市民

第1章 学歴社会の収入格差を考える………佐藤 香

 1 「いい仕事」って何?

 2 私が感じた「なぜ?」

 3 学歴による収入格差はどれくらい?

 4 働き方と収入の違い

第2章 選挙における得票と議席………田辺国昭

 1 数学という経験?

 2 選挙という仕組み

 3 小選挙区と二大政党制

 4 日本の国政選挙はどうなっているか?

第3章 格差社会を生むもの………上島康弘

 1 経済学って何だろう?

 2 給料の格差を調べる

 3 “格差の決定式”を導く

 4 技術革新と格差

 5 格差社会を防ぐには

 6 学校教育、もう一つの効果

第4章 松枯れとい闘う高校数学………鎌田直人

 1 季節はずれの紅葉

 2 松くい虫の予防法

 3 成虫の発生時期を予測する

 4 桜の開花予測

 5 有効積算温量の使い道

第5章 高校数学でわかる地震………平松良治

 1 地震学との出会い

 2 地震の大きさとは何か

 3 地震の大きさと断層の関係

 4 来るべき大地震に備えて

第6章 環境問題を解く高校数学………川西琢也

 1 私の仕事と数学

 2 コンピュータ時代に数学を学ぶということ

 3 非数学者の数学の「愉しみ」

 4 数学の学び方

 5 環境問題と科学リテラシー

あとがき

付録1 エクセルによる賃金方程式の求めかた

付録2 エクセルをつかった定積分の計算

執筆者一覧

| | コメント (0) | トラックバック (2)

週刊朝日2007年6月1日

週刊朝日

2007年6月1日発行

第112巻 第26号 

通巻4818号 

編集長・発行人:山口一臣

発行所:朝日新聞社

雑 誌:20081-6/1

目 次

[会津若松]「うちの子とは違う」と誰が言えるのか[全情報]

 母の首と腕を斬った 「孤高の17歳」

[奈良・医師宅放火事件から1年]供述調書3000枚が明かした

 エリート息子「地獄の日々」

[2007参院選]浮動票をめぐる仁義なき戦い。あの弁護士や俳優も?

 丸川珠代元アナの「楽勝」阻む包囲網

社外役員を6社で兼務。「片手間で民営化?」の声も

 拝啓[日本郵政公社]西川善文様 総裁職はアルバイトですか?

女子中高生の駆け込み寺 赤枝恒雄医師が激白

 「赤ちゃんポストを許せないこれだけの理由」

 [慈恵病院・蓮田理事長が反論]「『赤ちゃんポスト』とは言っていません」

厚労省「メタボ」副大臣 武見敬三のダイエット秘話

 「冷蔵庫を開けると妻と娘から罵声が飛んできた…」

カルテ情報を勝手に流出、マスコミは「マスゴミ」、遺族に「賠償金がほしいのか?」

 患者、遺族を攻撃する 「医師限定サイト」の暴走

[追悼・藤原伊織さん]最後に書こうとしていた「団塊の恋愛小説」

皇太子ご夫妻への「苦言」?

 天皇陛下発言の衝撃

セレブな美女は「お暑い」のが好き?

 そろそろアフリカ旅行に行きませんか

キャンパスで[はしか]大流行の謎

 原因は80年代の薬害? 次は地方大学で猛威?

潜む拳銃「5万丁」いつでも起こりうる隣家の立てこもり

 [徹底ルポ]住宅街を襲った恐怖の29時間

本誌お泊まり記者が徹底追及!!

 東国原[知事]100問100答 女性問題から県政改革まで

【News Spirits】

大阪・ステーキ店の「拉致強姦事件」

 鬼畜店長が妄想した“完全なる飼育”

神戸市沖に「美人」妊婦を投げ捨てた元夫の「殺意」

“負け犬”バブル青田 「実は結婚経験あり」

筑紫哲也後継は「夜ズバッ!」? 強まる“みのもんたの存在感”

“暴行”愛染恭子がキレた姪の態度と「猥褻メール」

逮捕の社保庁技官の“抜き打ち検査”

[高須基仁]成年喫煙騒動の“元祖”

[梨元 勝]<in America> 石原真理子とKAT-TUN赤西を追う

【グラビア】

BONSAI UNIVERSE

繪本 三国志夜話 安野光雅

北方領土の温泉

普段使いの万年筆

●ドン小西のイケてるファッションチェック[宇多田ヒカル]

●FRONT+[杏]

●来栖けいをうならせた今週のひと皿

●山藤章二の似顔絵塾

●“GOODS”Bless You. 趣味は、形から。

●山藤章二のブラック・アングル

【コラム】

 田原 総一朗: ギロン堂

 小倉 千加子: テレビガイド液晶未満

 東海林さだお: あれも食いたいこれも食いたい

 内館  牧子: 暖簾にひじ鉄

 中森  明夫: アタシジャーナル

 倉田 真由美: プリドラ男

 鎌田  實 : がんばらないけどあきらめない

 フェルディナント・ヤマグチ: 最後の審判

 鳳    華: 未来学[孫 正義]

 岸田  一郎: 中年老け易く、艶成り難し

 嵐山 光三郎: コンセント抜いたか

 松坂  大輔: 直球主義 in REDSOX  

天下無双のよろず相談所………日野原重明

China & Korea………宮崎正弘&李英和

【小 説】

 曽野綾子 アバノの再会

 山本一力 早刷り岩次郎

 週刊 司馬遼太郎

  大村益次郎の時代(5)

【対 談】

 林真理子のゲストコレクション

  玉木 宏

 親子のカタチ

  林家木久蔵×林家きくお

【週刊図書館】

[書 評]

 『太宰と井伏 ふたつの戦後』高橋源一郎

 『イラク占領 戦争と抵抗』上野昂志

 ひと[坂手洋二]/

 Books Browsing/

 愛でたい文庫[温水ゆかり]/

 ニュースな本[永江 朗]/

 新書の穴[青木るえか]/

 文芸予報[斎藤美奈子]/

 あの本[嶽本野ばら]/

 マガジンの虎[亀和田 武]

「目キキ」&「耳キキ」

 KEY PERSON[レナード衛藤]/

 MOVIE PREVIEW[毛皮のエロス]/

 ハリウッド・噂の先取り/

 PICK UP MOVIE[ボラット]/

 渡辺祐のミュージック・サプリメント

【医 療】

 名医の最新治療

 気管支喘息(6)

犬ばか猫ばかペットばか

【まんが】「パパはなんだかわからない」山科けいすけ

達人戦 2回戦・第1局[上]谷川浩司×福崎文吾

パズル DE 脳力測定

お便りクラブ/編集後記

| | コメント (0) | トラックバック (10)

自由と正義 2007年5月

自由と正義 5月号

LIBERY & JUSTICE

2007年5月1日発行

第五十八巻 第五号(通巻七〇〇号)

発行所:日本弁護士連合会

ISSN:0447-7480

CONTENTS

【特 集】

◎企業内弁護士

◎回顧と展望 ■日弁連2006年度

=ひと筆

 旧態依然とした市政の改革にチャレンジ! ―――弁護士と市長の違いは?………山下 真

 武道空手の世界から ―――試合を拒否する空手に武人としての生き方を思う………松江仁美

=【特集1】企業内弁護士

 企業で働く弁護士の実像………梅田康宏

 企業内弁護士の現状と将来(座談会)

=【特集2】回顧と展望 ■日弁連2006年度

 2006年度を振り返って ―――「市民への責任、歴史への責任」を果たせたか………明賀英樹

 2006年度副会長からの「ひと言」

 吉岡桂輔/奈良道博/飯田 隆/杉崎 茂/久保田嘉信/

 小寺一矢/高野嘉雄/山田靖典/松本光寿/川副正敏/

 松坂英明/伊藤誠一/木村清志

 年表■日弁連2006年【2006年1月~2006年12月】

=連 載 海外法曹だより(第19回)

 アメリカにおけるプロボノ事情 ―――移民・難民を中心に………鈴木雅子

=連 載 リレーエッセイ・公設事務所だより「津々浦々にひまわりの花を」

 亀岡ひまわり基金法律事務所………平井宏俊

=寄 稿

 戸籍法・住民基本台帳法改正問題 ―――戸籍等の謄抄本等の職務上請求に及ぼす請求………石川知明

=弁護士のための新法令紹介(298)

 消費者契約法の一部を改正する法律(平成18年法律第56号)………衆議院法制局

=高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(平成18年法律第91号)………衆議院法制局

=BOOK REVIEW

 安藤高行 著 『現代の行政活動と市民 ―――情報公開・地方オンブズマン・センサス方の研究』………齋藤義浩

=資 料

 日本弁護士連合会臨時総会報告

 夜間及び休日の未決拘禁者と弁護人等との面会等、未決拘禁者と弁護人等との電話による

 外部交通及び未決拘禁者と弁護士とのファクシミリによる通信に関する法務省と日本弁護士

 連合会との申合せについて

倫理研修カレンダー『2007年度弁護士会等倫理研修(日弁連みなし倫理研修)一覧』

研修カレンダー

弁護士研修情報

懲戒処分公告

弁護士名簿登録・登録換・登録取消・弁護士法人名簿等

次号案内・編集後記

| | コメント (0) | トラックバック (1)

子供の科学 2007年6月

未来をつくる、地球をつくる!

子供の科学[KOKA]

2007年6月1日発行

通巻854号

ISSN:1345-8825

雑  誌:03703-06

目 次

【特 集】 

沖縄海底遺跡の正体に迫る

「遺跡が語る過去と未来」

協力:琉球大学名誉教授 木村政昭

【連 載】

KOKA TOPICS コカ・トピ!

地球の未来を考えよう

 エコロジー・ジャパン………戸村悦子

なぜなぜどうして………戸山 九、白鳥 敬、滝沢美絵

街かど虫ムシ小宇宙

 ニホンカナヘビ………糸崎公朗

読者の写真コンテスト こんなの撮れた!

地球家族の生活植物 韓国 湯浅浩史

♪鳥くんの 野鳥と遊ぼ! 「コアジサシ」………♪鳥くん

ぼくとわたしの誕生石 ムーンストーン………青木正博

やってみちゃおう! お手軽実験

 超低温液でなんでも凍る!………佐倉美穂

星座を見つけよう 「てんびん座」………藤井 旭

顕微鏡で人体を見ちゃおう!

 自分の細胞を見る!………朝未 修

南極だより………宮岡 宏

Dr.イワン コンピューターサイエンス研究所

 「ロケットとコンピューター」イワン・プピレフ………ナカオケイコ

作ってあそぼう!”

 10連発ゴム鉄砲………長谷川伸二

楽しいぞ! アマチュア無線

 災害時にも活躍するアマチュア無線

 JH1ZNI 子供の科学ハムクラブオペレーターチーム

科学のお仕事

 なりたい! 博物館の学芸員………塩野祐樹

科学のチカラ

 電気のブレーカーが落ちる!………滝川洋二

作って飛ばそうSPOONとんぼ

 羽根のヒミツ(3)『表面の加工が決め手!』………かざまりんぺい/えびなみつる

宇宙へのスウィングバイ

 ドライアイスと一緒に運ばれた衛星「ようこう」………的川泰宣

ぼくの発明きみの工夫………平井 工

GoGo! ミルボ

 ミツバチの生態に注目!………はやのん

よく飛ぶ紙飛行機N-1181

 超音速巡航のできる最新戦闘機………二宮康明

電力館

 スプリングフェスティバル2007

 科学の?はてな………戸村悦子

愛鳥週間スペシャル 野鳥のいたみ

 ♪鳥くん

知りたい! ムラタセイサク君

国立科学博物館「花展」に行ったぞ!

未来をつくる、キミたちへ

 森 博嗣 養老孟司

第2回全日本学生室内

 飛行ロボットコンテスト………塩野祐樹

乗ったぞ、燃料電池車!

 FCXコンセプト………小倉茂徳

フォトイメージングエキスポ2007………青柳敏史

月刊イベント新聞

子供の科学コレクション………コカ・コレ

KOKA的オススメ本

KOKAひろば

次号予告

すこぶるクイズ………日高大介

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現代社会における国家と法 阿部喜寿

現代社会における国家と法

 阿部照哉先生喜寿記念論文集

2007年5月21日発行

編集委員:佐藤幸治・平松 毅・初宿正典・服部高宏

発行者:阿部耕一

発行所:株式会社 成文堂

ISBN:978-4-7923-0424-9 C3032

目 次

第1部 人権の現代的展開

 「人格的自律権」に関する補論………佐藤幸治

 憲法上のプライヴァシーの権利と最高裁判所………竹中 勲

 個人情報保護法施行一年の検証………平松 毅

  ―――ドイツ連邦個人情報保護法と比較して―――

 平等原則の<適用>問題としての非嫡出子相続分差別………初宿正典

 労働関係における均等法理の展開可能性………水島郁子

 学生無年金障害者問題と憲法一四条・二五条………長尾英彦

 「戦争損害論」と日本国憲法………永田秀樹  

  ―――最高裁判例の批判的検証―――

 「郵便受けの民主主義」………長岡 徹

  ―――憲法解釈論の可能性―――

 明確性の原則について………木下智史

 教師の自由………米沢広一

 私人間効力論の考察………斎藤芳浩

第2部 比較の中の憲法

 英国情報公開法施行準備過程についての覚書………山口和秀

 憲法の「イギリス・モデル」とイギリス「憲法改革」………松井幸夫

 「ポピュリスト的立憲主義」をめぐって………松井茂記

 K・シュテルンにおける「コントロール」概念………吉田栄司

 ドイツ近代立憲主義と緊急権………長 利一

  ―――十九世紀的法治国家としての「合囲状態」の法と理論―――

 ドイツ「連邦参議院」の展開についての一考察………高田 篤

 連邦と州の立法権限の再編………服部高宏

  ―――ドイツの連邦制改革の一側面―――

 ドイツにおける労働者の良心の自由………倉田原志

  ―――良心を理由とする労働拒否を中心に―――

 フランスの団体法制と結社の自由………大石 眞

 フランス憲法第一条と民族的マイノリティの権利保護………光信一宏

  ―――平等原則の問題を中心に―――

 ロシアのレファレンダム法制………宮地芳範

 オーストラリアにおける差別禁止立法と憲法………藤井樹也 

  ―――人権差別禁止法を中心に―――

第3部 統治原理の変動と国家

 「皇位の世襲」の意味と「女系天皇」への疑問………百地 章

 議員内閣制と解散制度………時本義昭

 憲法の制定と改正………井口文男

 渡辺洪基と国家学会………瀧井一博

 『青踏』論争から人と法へ………松田恵美子

 法の失敗………樺島博志

  ―――水俣病発見五〇周年に寄せて――― 

 阿部照哉先生 略歴・著作目録

 あとがき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊ヤングサンデー 2007年6月7日

週刊ヤングサンデー

2007年6月7日号

第21巻第23号 

編集人:三上信一

発行人:都築伸一郎

発行所:小学館発行

雑 誌:27031-6/7

CONTENTS

日本中が注目! 今一番スリリングな恋物語

大人気御礼の2号連続巻頭カラー!!

◆麻生とれなのオンナの戦い、ついに決着!!

 何も知らない阿川の前で、麻生が出した“条件”とは?

[さくらんぼシンドローム クピドの悪戯2]

 北崎 拓

 ●作中の風景を写真に頼っているので、たまには取材したい。

◆ワンルーム・マンションで密着!

 先週に続いて表紙・巻頭で登場!!

 杉本有美

 撮影/松田忠雄

◆こまっちゃんのキュートな笑顔全開グラビア!

 小松彩夏

 撮影/今村敏彦

◆ハツラツSEXYのあずあずと、爽やかスマイルのこまっちゃんが豪華競演!!

 ピンナップ

 山本 梓 × 小松彩夏

[音魂]◆HIPでPOPな人気上々!! ユニット、初登場!

 mihimaru GT

[クロサギ]黒丸/夏原 武

 ●ニューカレドニアの海、今はただ写真を眺めるばかり…(涙)。(黒丸)

[都立水商!]室積光/猪熊しのぶ

 ●ダービー。(猪熊)

[審 青春くん]とがしやすたか

 ●メジャーリーグ、マスターズ、長澤まさみ、沢尻エリカ

◆孤独と絶望の法律運用ドラマ、新章突入カラー!! 

 2浪中の予備校生・山本が陥ってしまったか“逆ストーカー”の罠とは…!?

[逃亡弁護士 成田 誠]

 高田 優/剛 英城

 ●「オーラの泉」。一度でいいからスタジオ観覧してみたい。(高田)

[バカ丸式!受験必勝ガイド]ニシムラマコジ

 ●高校野球で長野県勢が優勝する瞬間。

[土竜(モグラ)の唄]高橋のぼる

 ●ベビーリーフの栽培!

[日本一の男の魂]喜国雅彦

 ●スピリチュアルな人の心の裏側。

[とめはねっ! ―鈴里高校書道部―]河合克敏

 ●落語。

[ビーチスターズ]森尾正博

 ●ラーメンズのライブが観たいです。

[おやすみプンプン]浅野いにお

 ●部屋でだらだらしてるほうがいいです。

[花蓮女学院高校男子剣道部]盛田賢司

 ●世界遺産

[タナトス ~むしけらの拳~]竹原慎二/落合裕介

 ●日本ではなかなか観られない、ボクシングのヘビー級の試合。(落合)

[超無気力観戦 ジャパファイブ]佐藤まさき

 ●東京オリンピック。

[Odds -オッズ-]石渡 治

 ●ツール・ド・フランスにキマっているだろ!!

[花の都]近藤隆史

 ●タテツノマルバネクワガタ。

[ひかりの空]かざま鋭二

 ●スーパークロス。最近日本で開催しなくなったなぁ。

[小田原ドラゴンくえすと!]小田原ドラゴン

 ●特になし

[鉄腕バーディー]ゆうきまさみ

 ●あれもこれも…でもそれほど見たいわけでもなさそうで…

◆タランティーノ級の(怪)新連載!! 鬼才が描く仰天奇天烈コメディー!!

[遊星ベイビー]

 青旗のぼる

 ●他の先生方の仕事現場。よろしくお願いします。

[絶望に効くクスリ]山田玲司

 ●恐竜、ビートルズ、ジミヘン、アノマノカリス、地球。

[BUGS 捕食者たちの夏]七月鏡一/藤原芳秀

 ●藤原芳秀さんのペン入れ。(七月)

【SPECIAL COLUMN】

 ブラックマヨネーズのニュースプロファイリング「時事マヨ」

 YS乙女学院 吉野ももみ

【WEEKLY COLUMN】

 あいタイ。

 YSバックアッパーズ

 アンケート大感謝プレゼント

【INFORMATION】

 ヤングサンデー26号のお知らせ

 5月期YS賞募集

 YSコミックスのお知らせ

 第60回新人コミック大賞第1次・第2次審査結果発表

 第61回新人コミック当選者発表

 YS19号プレゼント当選者発表

 YSビジュアルWEBのお知らせ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

モーニング 2007年6月7日

モーニング 6月7日号

平成19年6月7日号発行

第25巻 第25号 通巻399号

雑 誌:22221-6/7

CONTENTS

黒博物館 スプリングガルド………藤田和日郎

【新連載第3回】闇が生んだ怪人

 バネ足ジャックが狂い咲く!!

専務 島耕作………弘兼憲史

OL進化論………秋月りす

バガボンド………井上雄彦 

        原作/吉川英治「宮本武蔵」より

クッキングパパ………うえやまとち

ひまわりっ………東村アキコ

GIANT KILLING………作/綱本将也

                漫画/ツジトモ

[カラー付き23P!!]

 パパは去った。残された姉妹は……。

 華和家の四姉妹………柴門ふみ

チーズスイートホーム………こなみかなた

ディアス ポリス………漫画/すぎむらしんいち

 ―――異邦警察――― 画/リチャード・ウー

神の雫………作/亜樹直

      画/オキモト・ショウ

[巻中カラー4P付き、大幅24P!!]

 「大和」と「みらい」、ついに対峙す!

 ジパング………かわぐちかいじ

はるか17………山崎さやか

ドラゴン桜………三田紀房

エレキング………大橋ツヨシ

かぶく者(もん)………作/デビッド・宮原

           漫画/たなか亜希夫

誰も寝てはならぬ………サラ イネス

イカロスの山………塀内夏子

TOKYO妖怪図鑑………ゴトウマサフミ

Ns’<ナース>あおい………こしのりょう

ピアノの森………一色まこと

ムーたち………榎本俊二

もう俺、ハエでいいや………大ハシ正ヤ

実録! 関東昭和軍………田中 誠

モダンタイムス………伊坂幸太郎

          イラスト/花沢健吾

<モーニンフォーラム>

悶々ホルモン………佐藤和歌子

モーニング落語研究会

[PRESENT]

 エクストラプレゼント

 映画【アドレナリン】【河童のクゥと夏休み】

 試写会招待券をプレゼント!!

 アンケートプレゼント

 【掃除機】【ステーキ肉】などプレゼント!!

モーニング・ヨロズ屋本舗

(懸賞当選者発表/募集一覧/モーニング編集部からのお知らせ)

<お知らせ>

モーニング出版物のお知らせ

第52回ちばてつや賞のお知らせ

モーニング2のお知らせ

第22回MANGA OPENのお知らせ

モーニング25周年キャンペーンのお知らせ

モーニング次号予告

[下欄外]さいとうおさむのGOGOドラナビ

そこもまた魅力………切り絵 by 梅 吉(UMEKICHI)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ビジネス法務 2007年7月

ビジネス法務 7月号

平成19年7月21日発行

Vol.7 No.7

発行所:株式会社 中央経済社

編集兼発行人:山本時男

雑 誌:17689-07

CONTENTS

【地平線】

 憲法学から見た商事法………大阪大学大学院高等司法研究科教授 棟居快行

【TREND EYE】

 知財専門職大学院との共同研究で追求する知財プロフェッショナルの要件………中尾・伊藤特許事務所弁理士 伊藤高英

【インタビュー】

 いちごアセットマネジメント vs 東京鋼鐵

 ~委任状争奪戦の現場~ 寺田昌弘 弁護士

【特 集】

 第166回通常国会提出 重要ビジネス法案

 [新法・改正法]企業実務への影響

「労働契約法・労働基準法・パート労働法」………石嵜信憲

 労働者保護を目的とした新法・改正法

「電子記録債権法」新制度の利用可能性と実務上の課題………岡谷茂樹

「産業活力再生特別措置法」技術革新型M&A知的財産権の活用促進………十市 崇

「中小企業信用保険法」「在庫」を活用した中小企業者向け融資を促進する担保保険の拡充………小野隆一

「犯罪収益移転防止法」本人確認等の義務を負う事業者範囲が拡大………手塚崇史

【新連載】独禁法実務の羅針盤

     第1回 競争事業者に市場参入のための便宜を図らなくてはならない場合とは………棚村友博

【連 載】

 改正史から読み解く 会社法の問題点

  第5回 非公開会社における経営管理機構の見直しと残された課題………中村信男

 内部統制の「評価・報告」対策

  第2回 外部委任業務と外部監査の内部統制評価・報告………長谷川俊明

 企業法務部を訪問しよう!/第21回………株式会社 サイバーエージェント

 危機管理のための最新・社内規程

  第5回 独占禁止法違反反対策規程………荻原 勝

 民法法人規定の改廃と非営利法人3法の検討(9)………西村峯裕

【NEWS EXPRESS】生保の不払いは約359億円と判明、年金改革法案国会提出 他

【対 談】MBO・非公開化取引の法律問題[後]………清原 健 弁護士 × 田中 亘 准教授

【特別企画】株主総会終了後の実務対応

 会社法規定で行う 総会終了後の実務確認事項………川井信之

 登記実務の留意点………鈴木龍介/熱田久人

【実務記事】

 株式交換における税務の取扱い………佐藤信裕

 会社法における株主総会検査役の機能………山田剛志

 保険販売における契約概要・注意喚起情報の記載内容………木下孝治

 [どこまでOK?]Q&A企業活動のための著作物利用

【試験関係】第21回試験対策  

 ビジネス実務法務検定試験(1級・2級・3級)演習問題

<今さら聞けない> 企業法務の基本 

 ●知的財産分野法………高石秀樹

 ●労働法分野………尾畑亜紀子

【OTHER ISSUE】編集後記・次号のお知らせ

| | コメント (0) | トラックバック (4)

バンドマップ

ハムバンドのすべてがわかる

バンドマップ

CQ ham radio2007年6月号別冊付録

CQ ham radio編集部編

CONTENS

アマチュア局が動作することを許される周波数帯

4630KHz(非常通信連絡周波数)

アマチュアバンド使用区分図

周波数使用区分図の用語説明

1.8/1.9MHz(160m)バンド

3.5/3.8MHz(80/75m)バンド

7MHz(40m)バンド

10MHz(30m)バンド

18MHz(17m)バンド

21MHz(15m)バンド

24MHz(12m)バンド

28MHz(10m)バンド

50MHz(6m)バンド

144MHz(2m)バンド

430MHz(70cm)バンド

ベテラン430MHzマンによる、このバンドを楽しむ秘訣

1200MHzバンド

2400MHzバンド

HF帯のDX交信における

 デジタル・モードの運用周波数

5600MHzバンド

パラボラとカセグレン

10.4GHzバンド

SSTVの運用周波数

24GHzバンド

マイクロ波用連絡周波数

47GHz,77GHzバンド

135GHz,249GHzバンド

世界のアマチュア無線バンド

アナログ・レピータ局リスト

D-STARレピータ局リスト

WiRESノード局周波数リスト

おもなアマチュア衛星の運用周波数

IBPビーコン

JARLビーコン局/登録ビーコン局

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KISS 2007.6.10

Kiss[キス]11

平成19年6月10日発行

第16巻 第14号(通巻338号)

編集人:嘉悦正明

発行人:藤田 力

発行所:株式会社 講談社

雑 誌:22922-6/10

CONTENTS

【巻頭カラー】

 「後宮」………海野つなみ 

【強力連載陣】

 「キス&ネバークライ」………小川彌生

 「ホタル ノ ヒカリ」………ひうらさとる

 「のだめカンタービレ」………二ノ宮知子 

 「1/2の林檎」………こやまゆかり

 「IS」………六花チヨ

 「ひゃほ~♪ ウニファミリー」………鈴木由美子

 「30婚(miso―com)………米沢りか

 「青春上等!!」………松本美緒

【大人気シリーズ】

 「苺田さんの話」………小沢真理

 「ななこハウス」………篠 有紀子

【カラフルショート】

 「ワンルームより愛を込めて」………カイガトモコ

 「ネコ様の言うなり」………野中のばら

 「あかちゃんのドレイ。」………大久保ヒロミ

 「おいピータン!!」………伊藤理佐

【プレゼント】

 宮中生活あったらいいな

 こんなモノ☆プレゼント

 プレゼントの申し込みかた(アンケート)

【読みもの】

 カウチポテト指定席(映像ページ)

 きすぷり(読者ページ)

 ハッピーをかなえるためのAstrogy(占い)

【お知らせ】

 One more kiss7月号予告

 Kiss次号予告

 KC Kiss新刊のお知らせ

 のだめINFORMATION

 Kissマンガセミナー結果発表&新人マンガ賞作品募集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モノマガジン 2007年6月2日

mono

モノ・マガジン

平成19年6月2日発行

第26巻第10号(通巻562号)

編集人:帆足泰子

発行人:今井今朝春

発行所:株式会社 ワールドフォトプレス

雑 誌:28751-6/2

CONTENTS

[特 集]モノが学べる、“monoマンガ”が熱い! 

 「コミックが先生!!」

 思わずよだれが滴ってしまう、グルメ系から、ファッション・ホビーの分野まで、読むことでモノについて

 詳しくなれる、また自分自身で極めてみたくなったりする、そんなコミックが一挙集結!

まずは、ウンチク漫画を俯瞰する!

  夏目房之介さん × 南信長さん対談

 ウンチク漫画は、料理に始まり、果ては格闘技に至るまでその内容は幅広い。 

 はたしてウンチク漫画とは何なのだろうか。そのヒストリーから

 エポックメイキング的な漫画まで、二人の漫画評論家が語り尽くす!

おいしい漫画いらっしゃ~い

  グルメ系

  ウンチク漫画ミーティング

 ウンチク漫画のテーマに多いのがグルメ・料理・酒。今回はウンチク漫画に詳しいヤマダトモコ氏と

 芝田隆広氏を迎え、料理系ウンチク漫画の名作・珍作・新作を問わずその魅力を語ってもらった。

 今読むべき料理系ウンチク漫画とは?

舞台裏が知りたい!

 『もやしもん』のかもし方

モノを通して漫画をみると………

 漫画とモノがたり

 一杯のワインをドラマに変える『神の雫』原作者インタビュー&ワインセラー拝見から、

 大ヒット鉄道漫画『鉄子の旅』の案内人・横見浩彦氏の旅グッズ紹介。

 そして、安土桃山時代を生きた『へうげもの』古田織部の姿に、織部焼から迫る!!

『王様の仕立て屋』『ギャラリーフェイク』のベスト7シーン!

 教えて! 先生コミック

いまこの漫画に学びたい

  厳選! 漫画カタログ

 コミックは知識の宝石箱だ。気軽に読めば知識がついて賢くなった気になれる。

 ここではそんなちょっとオトクなウンチク漫画たちを紹介する。

新型『チンクエチェント』ついに本国発表へ!

NEW FIAT 500

 TREND EYES

 MONO ナビアイズ

 CMアイドル

 モノ・マガジン25周年企画START!(告知)

 モノの大捜査線

 家はパーツで出来ている 第9回 キッチン

 焼酎道楽

  新製品情報

 薀蓄の箪笥(うんちくのたんす)

 工場見学「靴クリームができるまで」

 連載:喜多俊之の日本発世界基準 第12回

【第2特集:地球儀入門】

男のロマンを薫る地球儀の世界。種類の解説から歴史、製造工場探訪、

マスターピース紹介、地球デザイン論などの奥深いその魅力に迫る。

 フィルムカメラ★クロニクル(ガンダーラ井上)

 特別企画:体当たりレポート

  青年よ、タイヤを学べ

  タイヤにまったく興味がなかった本誌編集者が、「ブリジストンタイヤ 

  ドライビングセーフティレッスン」に潜入取材、タイヤ野郎に変身!

  タイヤ学のイロハを紹介。

 ゲームマエストロ

 メーカーズファイル(最終回)

 実戦主義道具学(ホーボージュン)

 サーフサイドダイアリー(富山英輔)

 みうらじゅんの今月の宝物ベスト2

 石黒賢吾のダジャレ製品開発プロジェクトX+Y2

 読者プレゼント&インフォメーション

 モノSHOP

 モノ・インタビュー

  映画『しゃべれども しゃべれども』に出演しているクールビューティー・香里奈さんと、

  ソロ・アルバムがリリースされるアックス・リヴァーボーイが登場!

 バックナンバーリスト

 次号予告

 週末DVD計画

 アーススマート

| | コメント (0) | トラックバック (6)

NBL 2007.5.15

企業法務と理論をつなぐ

NBL 

New Business Law

平成19年5月15日発行

通巻第857号

ISSN:0287-9670

CONTENTS

HOT/COOL Player 

“パラダイムシフトによる犠牲者” を減らせ………弁護士 川合弘造

平成18年における倒産事件申立ての概況

  最高裁判所事務総局民事局第三課倒産手続係長 佐藤雅人

  最高裁判所事務総局民事局第三課調査員 岩間正起

 本稿は、平成18年の倒産事件の新受件数の速報値を取り急ぎ報告し、

 併せて過去の新受件数等の推移について性質の異なる手続の利用状況を

 相互に比較して動向を把握しやすいよう清算型に分けて紹介するもので

 ある。

同じ過労自殺事件についての異なる2つの判決

  ―――東京地判 平成19・3・14、東京地判 平成19・3・29

  外井法律事務所/弁護士 外井浩志

 同一事案に対し、労災の業務上外認定事件では業務上として労働基準監督署長の

 労災保険の遺族補償の不支給決定を取り消し、他方で雇用主に対する損害補償請

 求事件では雇用主の安全配慮義務違反には認められないとして損害補償請求を否

 定した2つの判決が出た。本稿では両判決を題材に、労災の業務上外認定事件と

 雇用主に対する損害賠償請求事件との差異を検討しつつ、両事件における結論の

 整合性を探る。

NBL-Square

 【NBL-Times】

 (1)企業買収と従業員 ヤマハ発動機株式会社 法務・知財部法務戦略グループ主査………小野誠次

 (2)高年齢者の継続雇用の実態に関する調査………労働政策研究・研修機構調査・解析部 荒川創太

 【NBL情報】

中国における新しい物権法の概要と仮訳

  東北大学法学研究科教授 河上正二

  東北大学法学研究科博士後期課程・中国弁護士 王 冷然

 中国市場では、日本を含む数多くの外資系企業が参入して盛んに企業活動を行っている。

 それゆえ、企業用地についての権利や、融資に伴って設定された担保物権の効力など、

 2007年3月16日に成立した新物権法がもたらすであろう影響は測り知れないと思われる。

 同法は、2007年10月に施行されるが、本稿は、その重要性に鑑み、いち早く全容を紹介

 することを目的するものである。

<金融取引課税の論点整理 Vol.4>

 ハイブリッド証券の税務上の取扱いについて………弁護士 北村 豊

  ―――U.S.Bancorpによる最近の発行例を素材として

 本稿は、米国における開発競争の中で誕生したハイブリッド証券の1つとして、U.S.Bancorpによる

 最近の発行例を紹介し、その上で日本におけるハイブリッド証券の税務上の取扱いについて検討するものである。

【連 載】

 ある社内弁護士の取組みに学ぶ

 (7)事務フロー運用へのかかわり………アフラック統括法律顧問代行・上席部長・法務部長/弁護士 芦原一郎

 ビジネス&ロー

 (24)新しい不動産登記制度………早稲田大学大学院法務研究科教授 山野目章夫

 判例に学ぶ[421]………弁護士 野口恵三

  ―――(1)最三判 平成19・4・17

  ―――(2)最一判 平成19・4・23

 (1)家庭用総合自動車保険において、被保険自動車が盗難により損害を生じたとして保険金の支払いを請求する者は、

    被保険者以外の者が、その自動車をその占有場所から持ち去ったという外形的な事実だけでなく、その自動車の  

    持ち去りが被保険者の意思に基づかないものであることまで主張立証する必要があるか。また、

 (2)一般自動車総合保険において、被保険自動車の盗難を理由に車両保険金を請求する際に、被保険者が主張立証す

    べき「盗難の外形的な事実」とは何か

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イブニング 2007年6月12日

イブニング

2007年6月12日発行

第7巻第12号 通巻125号

編集人:梶原和哉

発行人:工富 保

発行所:株式会社 講談社

雑 誌:21342-6/12

CONTENTS

[新連載スタート!!]

■GOLD DASH………もりやまつる

 はじめまして。もりやまつると申します。

 母の日、父の日の贈り物に他社ではございますが、

 「おかん」全1巻、「親父」全3巻をお薦めいたします。

TVドラマ化決定

■山おんな壁おんな………高倉あつこ

■警視正椎名啓介………やぶうちゆうき/原案・たかもちげん

■片岡さんちのクリコちゃん………地下沢中也

新シリーズスタート!!

■ヘルプマン!………くさか里樹

■K2………真船一雄/原案協力・中原とほる

■がんばれみどりちゃん………唐沢なをき

■勇午 ―横浜・横須賀編― ………作・真刈信二/画・赤名 修

ドラマ『喰いタン2』絶賛放映中!!

■喰いタン………寺沢大介

■極悪がんぼ………作・田島 隆/画・東風孝広

■おせん………きくち正太

■もやしもん………石川雅之

■少女ファイト………日本橋ヨヲコ

■餓狼伝………原作・夢枕獏/漫画・板垣恵介

■(犬)ロッキー………杉 作

■ビビリメガネ………門辺美沙

■サラリーマンブラザーズ………中川いさみ

■ZOOKEEPER………青木幸子

■描き逃げやんわり………風間やんわり

■せごどん………道明

■夢幻の軍艦 大和………本そういち

■米吐き娘………古林海月

■イブニングパブのこりび………いとう耐

【COLUMN&INFORMATION】

■表紙 画/もりやまつる

■ウナレンがゆく

 [下欄外]シ川逍遥の極楽温泉行き

 [下欄外]マンプク通信365日スーパー国民食

■単行本のお知らせ

■イブニング新人賞のお知らせ

■マガジン―――予告

■懸賞当選者発表

■イブニング次号予告

■モーニング予告

■アフタヌーン予告

【PRESENT】

■イブニングインフォメーション

■アンケートプレゼント

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ローマ人の物語 スペシャルガイドブック

塩野七生『ローマ人の物語』

スペシャル・ガイドブック

発行:2007年5月20日

編者:新潮社出版企画部

発行所:株式会社 新潮社

ISBN:978-4-10-304651-6 C0095

目 次

[グラフ(1)]塩野七生の散歩道 さあ、ローマ人世界へ出発だ!

[グラフ(2)]皇帝たちの愛した街 ティヴォリ、ラヴェンナ、コンスタンティノープル

[ビジュアル:全巻のハイライトシーンを再現。『ローマ人』シリーズが、100倍楽しくなる!]

『ローマ人の物語』を訪ねる

1~5   第1部 <なぜローマ人だけが、あれほどの大を成すことができたのか>

          王政から共和制を経て帝政まで。「興隆期」ならではの激動を追う

6~10  第2部 カエサルが考え、アウグストゥスが実現させた「帝政」のもと、

          平和と繁栄を謳歌するローマ。「安定成長期」継続の真相とは?

11~15 第3部 蛮族浸入、内乱……… 次から次へと降りかかる危機。だがその

          「衰退期」にも、自らの誇りをかけ、孤軍奮闘する男達がいた―――

[コラム]ローマの不思議・謎に迫る

1~5   「リキニウス法」のスゴさ

       ハンニバルのアルプス越え

       出されたら終わり「元老院最終勧告」

       「アレシアの戦い」

       稀代の弁論家キケロ

6~10  「ユリウス姦通罪・婚外交渉罪法」

      ローマの大火

      交流の場コロッセウム

      旅する皇帝ハドリアヌス

      『ローマ人の物語』執筆の裏側

11~15 共同皇帝制「マルクスの密かなる理想」

      宿敵ペルシア王シャプール一世

      なぜ、キリスト教を公認したのか?

      四世紀末の最新蛮族事情

      勝者蛮族と敗者ローマ人の共生

[特別対談:「この本には読者に提起している最大の問題があると思う。それをお聞きしたい」(粕谷)]

 「神々」のご加護で、書き続けられた ―――粕谷一希*塩野七生

[ロング・インタビュー:カエサルの美学から、執筆スタイルまで、語りつくした200分]

 なぜ、ローマ人は「寛容」だったのか?………塩野七生 聞き手・編集部

すべてのドラマは、ローマから始まる!

 ローマ人劇場 ベスト5

 読者が選んだ「私の好きな登場人物」

もっと“ローマ人”になるための

 初級ラテン語講座

名コピーライター揃い!?

 ローマ人の普通の生活

[コラム]ポンペイ遺跡に見る

 ローマ人の普通の生活

[グラフ(3)]帝国の属州を歩く

 「ハドリアヌスの防壁バスツアー」、「灼熱のリビア」「中近東の真珠パルミラ」、「スペイン属州」。

 ローマ帝国の最大版図を紹介。

 その気候風土のあまりの違いに改めて驚かされる―――。

[グラフ(4)]“ローマ人”と友達になるための美術館巡り

 カビトリーノ美術館、アラ・パチス、マッシモ宮、ローマ文明博物館、ヴァティカン博物館、大英博物館、他

●年表

●ローマ地図

●索引 巻末1

●カバー写真/フォロ・ロマーノ・鈴木美和

●本扉写真/トライアヌス円柱・青木登(新潮社写真部)

●装画・瀬戸照、装幀・新潮社装幀室 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17歳のための読書案内

17歳のための読書案内

二〇〇七年五月十日

編 者:筑摩書房編集部

発行者:菊池明郎

発行所:株式会社 筑摩書房

ISBN:978-4-480-42332-0 C0100

目 次

読者の皆様へ

●やめられない本………この快楽は蜜の味

楽しくなければ読書じゃない………阿刀田高

本気で惚れた相手を口説くのは難しい………米原万里

セルフ・ラーニングのすすめ………森まゆみ

読み出したらとまらない………海部宣男

ついていった本、ついてくる本………武田雅哉

ユーモリストの本………種村季弘

本物は古びない………有馬朗人

取り返しがつかなくならないために………岩井克人

小説の勧め………養老孟司

推薦でもなく案内でもなく………村上陽一郎

共感からの出発………山口二郎

若いときにはぜひ大長編を………加賀乙彦

答えのすぐ出ないような問い………猪木武徳

栄養と断片………加藤典洋

ことばの力………川崎 洋

役に立てなくたっていいじゃないか………木田 元

●歴史を尋ねるとはどういうことか

小ぶりの歴史書再読のすすめ………山内昌之

「日本」の対象化………鹿野政直

文明の形………姜 尚中

ただのひとつの原理………子安宣邦

「力こそ正義」への挑戦………高橋哲哉

他者との応答的交通へ………小森陽一

未来の自己像………栗原 彬

平和への祈り………日高六郎

ヒトは創造し想像する動物である………河合雅雄

公と私の問題………吉田直哉

「信ずること」より「疑うこと」………佐高 信

自分の視点で考える………柳澤桂子

真の喜びは苦悩のどん底に溢れる………高史 明

『論語』のすすめ………加藤周一

●人生に正解はない。それでも読まずにいられない

若い人にすすめる『源氏物語』と乱読………瀬戸内寂聴

自由をもとめて………鎌田 慧

今こそ、友情物語を………佐木隆三

頭をガツンと一撃されたかのように………木原武一

楽に働くこと、楽しく働くこと………小関智弘

秘密結社員みんたいに、こっそり………中井久夫

本物を読む………森 浩一

三人の預言者が遺したもの………隈研吾

手放せない本は自分で………串田孫一

人に教えたくない本………山田太一

詩人になるのは断念したが………池田清彦

はじまりの言葉………立松和平

世界を掴むことば………熊野純彦

神がいぬ間の退屈しのぎ………橋爪大三郎

人生は理不尽だ………中島義道

女に希望はない………若桑みどり

論理的な言葉のもつ力………奥泉 光

すすめられた本、えらんだ本………鶴見俊輔

私も本を読むことを薦める………南伸坊

執筆者紹介

書誌一覧

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

多重債務対策ニュース33号 2007年8月24日

多重債務対策NEWSNo.33 2007.8.24  
発行 全国クレジット・サラ金問題対策協議会(代表幹事 弁護士 木村達也)
☆クレジット被害根絶へ 仙台シンポ大盛況 議員ら決意表明
  25日午後1時から仙台弁護士会館で開かれた割賦販売法改正シンポジウムには、定員いっぱいの150人が詰め掛けた。クレジット利用によって、とうてい支払いが困難な商品を次々と売りつけられた被害者などが被害実態を切実に訴えた。
 シンポには、土井亨衆議院議員(自民)、牧原秀樹衆議院議員(自民)、岡崎トミ子参議院議員(民主)、郡和子衆議院議員(民主)、大門実紀史参議院議員(共産)が参加、消費者のための割賦販売法改正に全力を挙げるとの決意を各自表明した。
 同様のシンポは、9月に名古屋と東京、10月に千葉と東京で予定されている。11月にも予想される割販法改正の政府案作成に向けて、運動がますます盛り上がりそうだ。
☆共同責任、過剰与信違反の民事効を 福岡県弁護士会が声明
 福岡県弁護士会は、8日、不適正与信による被害の予防・救済のためにクレジット会社の無過失の共同責任を定めること、過剰与信による被害を防止するためにクレジット会社の明確な過剰与信基準を定め、これに違反した場合に請求権制限等の民事的効果を定めることを求める会長声明を発表した。
 同声明では、6月19日の産業構造審議会小委員会の中間整理案を評価しつつ、同案では不適正与信の防止、過剰与信防止の2つの論点では両論併記に止まっていることから、今回声明を出すことにしたとしている。また、声明が求めるような割賦販売法の改正が実現されて初めてクレジット被害が根絶され、消費者が真に保護される安全なクレジット社会を構築できるなどとした。
☆キャラバン快走 九州入り 多重債務と貧困からの解放を
 多重債務と貧困からの解放を目指し、啓発活動などを続けるキャラバンカーが快走している。18日には西日本回りの部隊が九州入りした。
 九州には福岡から入り、18日から10月13日までの間に、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、鹿児島、沖縄、宮崎と回る。
☆自治体の多重債務相談を考えるシンポ 9月4日佐賀で
 9月4日午後2時30分から佐賀市の「マリトピア」(同市新栄東3-7-8)で、シンポジウム「自治体に求められる多重債務相談のあり方を考える」が開かれる。
 佐賀県と同県弁護士会からの基調報告、宇都宮健児弁護士の基調講演、パネルディスカッションなどがある。
☆第1回自殺対策シンポジウム 9月8日東京・秋葉原で
 自殺は防ぐことのできる死~社会的な取組で自殺を防ぐ~内閣府主催の「第1回自殺対策シンポジウム」が、9月8日午後1時30分から東京の「秋葉原コンベンションホール」(千代田区外神田1-18-13秋葉原ダイビル)で開かれる。参加は無料(事前登録制)。
 当日は、午前10時から午後4時まで、多重債務、働く人の悩み・過労死・過労自殺、うつ病など心の健康についての無料相談も実施される。午前10時から午後6時までの無料託児サービス(要予約)もある。
☆利息制限法の金利引下へ 第2回シンポ 9月8日八戸で
 利息制限法の金利でも高すぎる~貸付金利のさらなる引下げを求める「利息制限法金利引下実現全国会議」の第2回シンポジウムが、9月8日午後1時30分から「東奥はちのへホール」(八戸市北白山台5-2-5)で開かれる。
 東北地方の多重債務問題の現状と課題、東北で高い自殺率についての医学的見解、被害事例、地元悪質貸金業者対策などについての報告がある。
 当協議会では、多重債務関連のニュースをマスコミ、国会議員の方々にお知らせしています。お問い合わせ、ご取材の申込などは下記までお願いいたします。
〒271-0091 千葉県松戸市本町5-9 浅野ビル3階 市民の法律事務所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

日経パソコン2007年8月13日

日経パソコン

NIKKEI PERSONAL COMPUTING

2007年8月13日発行

第535号

発行所:日経BP社

CONTENTS

=特 集

【特集1】消した画像、壊れたOffice、読めないディスクを復旧

 データは救える!

【特集2】シーンモードをフル活用

 お手軽撮影テクニック

【ビジネススキルアップ】

 仕事がはかどるPDF活用術

 第3回 メールもPDFで安全・確実

【特別講座】Office 2002/2003ユーザーのための

 Excel 2007新機能のツボ

【スキルアップ講座】

 ●作って覚えるWord

 ニューズレター 第3回 テキストボックスでコラムを作る

 ●作って覚えるExcel

 サイクル図と組織図 第3回 組織図の書式を整える  

 ●作って覚えるWord 2007入門

 第3回 文章を手直しして読みやすくする  

 ●はじめてのiPod&iTunes  

 第3回 音楽を外に持ち出そう

 ●インクジェットプリンターお手軽レシピ  

 第9回 カンタン、楽しい、使いやすい。マグネット予定表を作ろう

 ●教えて! 動画の疑問

 第3回 これで納得、MPEG-1/2/4のすべて

 ●お答えします

 Cドライブにある正体不明のフォルダーは?

【日経パソコン オンライン ニュース 】

 高速化した11nの速度は2倍になるか ―――LAB 

 有名なサイトにも潜むウイルスの罠 ―――TREND 

 ヤマダ電機の都心部進出で業界騒然  ―――TREND  

 インテル、ノート用クアッドコアCPUを来年投入

 「PDFスパム」が急増、目的は株価操作

 NECが携帯ノートを無償修理、異常発熱の恐れ ほか

【製品情報】

●注目の新製品

 auの通信機能を内蔵したThinkPad

  ThinkPad X61 76755BJ(レノボ・ジャパン)

 受信文書をメールで送れるファクシミリ     

  SP-NA540(LS)(NECアクセステクニカ)

 新製品ハードウエア/ソフトウエア

【コラム】

●森本家のワークシート  

●涙が出るほど役立つピリ辛ソフト  

●焦 点  

●社長のいまさら“あいてぃ”  

●いまどきの数字  

●ワカれば楽しいコンピューター  

●注目&新着サイト情報  

●森永卓郎のひと言いわせて!  

●勝谷誠彦のそれゆけ! 電化男  

●森博嗣の半熟セミナ

用語解説

PCオンライン活用ガイド

日経PC縮刷版 活用ガイド

連載講座ファイルのダウンロード方法

編集メモ

読者の広場/BOOKS/イベント/次号予告

本誌記事のキーワード検索と記事検索

広告索引

| | コメント (0) | トラックバック (2)

敵対的買収防衛策の規制

敵対的買収防衛策をめぐる法規制

2007年7月31日発行

著 者:矢崎淳司

発行者:多賀省次

発行所:多賀出版株式会社

ISBN978-4-8115-7281-9 C1032

目 次

はじめに

第一編 アメリカにおける敵対的買収防衛策をめぐる法規制

 第一章 アメリカにおける企業買収規制の特色

  第一節 連邦および州による二元的規制

  第二節 連邦による規制

  第三節 州による規制

 第二章 敵対的買収における取締役の行為規制

  第一節 問題の所在

  第二節 取締役の行為規制に関する基準

 第三章 デラウェア州判例法の展開

  第一節 序 説

  第二節 中間的基準の形式

   一 基本的な判断枠組み

   二 代表的判例

    1 ユノカル事件判決

    2 レブロン事件判決

    3 タイム事件判決

   三 若干の検討

  第三節 QVC事件判決およびテクニカラー事件判決の意義

   一 QVC事件判決

   二 テクニカラー事件判決

   三 統一的基準の模索

    1 序 説  

    2 QVC事件判決の意義

    3 テクニカラー事件判決の意義

 第四章 アメリカ法律協会『コーポレート・ガバナンスの原理』のルール

  第一節 序 説

  第二節 支配取引における取締役および株主の役割

  第三節 敵対的な公開買付けを阻止する効果を有する取締役の行為

 第五章 株主保護の観点からみた問題点

  第一節 序 説

  第二節 株主の利益

  第三節 株主の利益と取締役の利益が衝突する場面

  第四節 株主の利益と株主でない者の利益が衝突する場面

   1 株主の利益の希釈化  

   2 取締役の行為基準の曖昧さ

 第六章 ポイズンピルをめぐる規制

  第一節 序 説

  第二節 アメリカにおけるポイズンピルの展開

   一 ポイズンピルの基本類型と機能

   二 ポイズンピルの有効性に関する法的基準

   三 デッドハンド・ポイズンピルの登場

    1 背 景

    2 類 型

    3 問題点

  第三節 デッドハンド・ポイズンピルに関する判例

   一 ニューヨーク州

   二 ジョージア州

   三 デラウェア州

    1 トール・ブラザーズ事件判決

    2 クイックターン事件判決

   四 ペンシルバニア州

  第四節 デッドハンド・ポイズンピルの方向性

   一 各州における判例の影響

    1 デラウェア州およびニューヨーク州

    2 ジョージア州およびペンシルバニア州

   二 他の買収防衛策との関係

  第五節 ポイズンピルの実効性

   一 ポイズンピルに関する従来の実証研究に対する批判的検討

   二 シャドウピルの概念

   三 ポイズンピルの経済的効果に関する分析

    1 敵対的な買付けを阻止する効果

    2 ポイズンピルのシグナル効果 

   四 ポイズンピルを有する会社の特色に関する分析

   五 ポイズンピルとシャーク・リペラントとの関係

    1 シャーク・リペラントに関する従来の実証研究に対する批判的検討

    2 シャドウピルとシャーク・リペラント

    3 ポイズンピルがシャーク・リペラントに及ぼす影響

第二編 EUおよびイギリスにおける敵対的買収防衛策をめぐる法規制

 第一章 EUにおける敵対的買収防衛策をめぐる法規制

  第一節 EUにおける企業買収規制の特色

   一 企業買収規制の多様性

   二 公開買付規制の統一化への模索

  第二節 企業買収指令

   一 採択されるまでの経緯

   二 一般原則

   三 買収防衛策の制限

    1 対象会社の取締役の中立義務

    2 ブレークスルー・ルール

    3 選択的適用と相互主義

  第三節 加盟国における企業買収指令の施行

 第二章 イギリスにおける敵対的買収防衛策をめぐる法規制

  第一節 イギリスにおける企業買収規制の特色

   一 パネルによる企業買収指令

   二 買収防衛策に関するシティコードの規定

   三 アメリカにおける買収防衛策との対比

  第二節 有事導入型の買収防衛策をめぐる規制

   一 取締役会による反対意見の表明

   二 ホワイトナイトの勧誘

   三 その他の買収防衛策

   四 買付けが競合する場合における取締役の義務

    1 へロン事件判決

    2 リ・カンパニー事件判決およびドーソン事件判決

    3 両者の整合性

  第三節 平時導入型の買収防衛策をめぐる規制

   一 種類株式等の発行

   二 友好的な第三者に対する新株発行

    1 新株発行に関する会社法およびUKLA上場規制の規制

    2 新株発行に関する判例理論

   三 防衛的な自己株式取得

第三編 日本における敵対的買収防衛策をめぐる法規制

 第一章 序 説

 第二章 平成一三年商法改正と買収防衛策

  第一節 序 説

  第二節 平成一三年商法改正前から可能であった買収防衛策

  第三節 平成一三年商法改正により可能となった買収防衛策

 第三章 買収防衛策に関する法理論

  第一節 第三者割当と主要目的ルール

   一 問題の所在

   二 学 説

    1 資金調達の側面から問題を捉える立場

    2 組織法的な側面から問題を捉える立場

   三 判 例

    1 基本的立場

    2 秀和事件の判断基準

    3 秀和事件以降の判例

   四 主要目的ルールの意義と問題点

    1 主要目的ルールに内在する限界

    2 理論的整合性を欠く判例の存在

    3 主要目的ルールの適用上の問題

   五 主要目的ルールを修正するアプローチ

  第二節 ニッポン放送新株予約権発行差止仮処分申立事件

   一 事件の概要

   二 本件新株予約権発行の不公正発行該当性の検討

  第三節 ニレコ新株予約権発行差止仮処分申立事件

   一 事件の概要

   二 本件新株予約権発行の不公正発行該当性の検討

  第四節 日本技術開発分割差止仮処分申立事件

   一 事件の概要

   二 買収防衛策としての株式分割の意味

   三 本件株式分割の差止の可否

 第四章 企業価値報告書および買収防衛策に関する指針

  第一節 序 説  

  第二節 企業価値報告書

   一 企業価値基準

    1 脅威の範囲

    2 過剰性の判断基準

    3 慎重かつ中立的な判断プロセス

   二 買収防衛策の合理性を高め、市場から支持を得るための工夫

  第三節 企業価値報告書二〇〇六

  第四節 買収防衛策に関する指針

   一 企業価値・株主共同の利益の確保・向上の原則

   二 事前開示・株主意思の原則

   三 必要性・相当性確保の原則

 第五章 買収防衛策をめぐる法規制のあり方

  第一節 序 説

  第二節 基本的指針

   一 主要目的ルールの妥当性

   二 企業価値基準

   三 取締役の行為規制の観点の必要性

  第三節 私 見

おわりに

あとがき

初出一覧 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

文藝春秋 2007年9月特別号

文藝春秋 九月特別号

平成十九年八月一日発行

第八十五巻 第十一号

雑 誌:07701-9

目 次

侍従日記閑話・その一 葭の髄から(125)………阿川弘之

両陛下バルト三国御訪問………川島 裕

命、守れるか、小さな二棟………永井路子

途中経過の人生論………秋元 康

竜馬、歌舞伎になる………市川染五郎

我が家の“元祖・気象予報士”………半井小絵

トキワ荘+おとぎ=識字アニメ………鈴木伸一

名医の条件………富家 孝

パリで年金を………松浦茂長

安倍首相擁護論 日本人へ(52)………塩野七生

【◎緊急特集 総理の失墜】

 安倍君、亡国大臣を一掃せよ

  お仲間人事と小泉政治のものまねをやめよ………平沼赳夫

 ドキュメント 「美しい国」内閣の瓦解

  衝撃の大惨敗。政権はレイムダック化した………赤坂太郎

 年金官僚の逆襲を許すな………長妻 昭/岩瀬達哉

 “日共のドン”宮本顕治の闇………立花 隆

 風変わりな父・宮澤喜一………ラフルアー・宮澤啓子

 東京裁判 パル判決の謎を解く………牛村 圭

【鉄は国家なり 新日鉄VSミッタル買収戦争】

 大買収時代の天王山――― 「ニッポン製造業」存亡のときだ………町田 徹

 我々は「ものづくり日本」を守る 

 [新日鉄社長 独占インタビュー]………三村明夫

竹島密約 日韓極秘メモを暴く………ロー・ダニエル

中国「一人っ子暴動」現地ルポ………加藤隆則

日本大好きインドネシアの凋落[アジア・ビジネス最前線(7)]………江上 剛

【証言 父と母の戦争[山本五十六・息子から岸信介・娘まで語り継ぐ昭和史]】

 中国共産党に投じて父帰らず ………林真理子

 父・山本五十六との最後の食卓………山本義正

 ホンダ社長の父は海軍技術少佐………福井威夫

 岸信介が巣鴨で作ったミカンの小箱………安倍洋子

 「沖縄決戦」父・大田実中将の覚悟………落合たおさ

 聖将・今村均 鮮かな晩節………今村和男

 ノモンハンの異常体験が父を変えた………大前研一

 「硫黄島玉砕」父・バロン西の優しさ………西 泰徳

 「田辺写真館」焼失 母は強し………田辺聖子

 終戦の論説「一億相哭の秋」を書く………佐々淳行

 特攻隊教官の父が感じた「恥」………高樹のぶ子

 「戦艦大和ノ最期」吉田満の戦後……………吉田 望

 臨月でハノイから出港した母………櫻井よしこ

 駆逐艦「雪風」艦長の海軍精神………寺内正義

 芦田総理秘書官・父の新憲法批判………榊原英資

 部下の特攻を断った「ゼロ戦の英雄」………志賀元次

 船大工の親父が教えた戦場の死………吉本隆明

 父・井上日召が語った南京と原爆………井上 凉

 奉天から一家六人引き揚げ………ちばてつや

 白洲次郎・正子の奇妙な戦争………牧山桂子

 パパ森繁の満州家族記………和久昭子

 佐藤優の母 十四歳の沖縄戦………佐藤安枝

「千の風になって」誕生秘話………新井 満

世界一の美女に選ばれて………森 理世

吉本興業がテレビを駄目にした………井原高忠/小林信彦

老いること、死ぬこと [特別対談]………石原慎太郎/瀬戸内寂聴

[早慶学長対談]福澤と大隈が日本を作った………安西祐一郎/白井克彦

早慶「大学力」を診断する………増田晶文

第137回 芥川賞 発表

 小川洋子、川上弘美新選考委員が絶賛――

 アサッテの人………諏訪哲史 

 [選評]小川洋子、川上弘美、池澤夏樹、石原慎太郎、

     高樹のぶ子、村上 龍、黒井千次、宮本 輝、山田詠美

インテリジェンス交渉術

 ―――私が体験したハニートラップ………佐藤 優

新・がん50人の勇気

 ―――五味康祐からいかりや長介まで………柳田邦男

▼BOOK倶楽部………加藤陽子、穂村 弘、麻木久仁子、佐藤 優

▼新書一点賭け………日垣 隆

▼本屋探訪………佐久間文子

▼今月買った本………恩田 陸

▼丸の内コンフィデンシャル

▼霞が関コンフィデンシャル

▼新聞エンマ帖

▼ゴルフ

▼目・耳・口

▼広告情報館

▼マガジンラック

▼考えるパズル  ▼スターは楽し・芝山幹郎

▼昭和のことば・鴨下信一

▼新・養生訓・東嶋和子

▼悠々山歩き・岩崎元郎

▼三人の卓子

▼詰将棋・詰碁

▼蓋棺録

昭和天皇(27) 新婚の日々………福田和也

三国志(76)………宮城谷昌光

おとなの絵本館(5)………あさのあつこ

人声天語(52)………坪内祐三

【グラビア】

モノクロ

 ▼日本の顔(川上弘美)

 ▼同級生交歓

■カラー

 ▼日本美のかたち(45)橋

 ▼世界遺産の宿(北米編(1))

 ▼太田和彦が選ぶ日本の名バー

 ▼もう一人の家族(ガッツ石松)

 ▼わが街・私の味(57)………中標津(佐々木譲)

 ▼小さな大物(木村晋介)

 ▼文春LOUNGE(会員制リゾート最新事情/NEWS SENSOR)

短歌………河野美砂子

俳句………辻 恵美子

詩 ………相沢正一郎

| | コメント (0) | トラックバック (2)

法律のひろば 2007年8月

法律のひろば 8月号

平成19年八月1日発行

第六十巻 第八号

雑 誌:08029-08

CONTENTS

【特 集】

これからの更正保護 ―――更正保護法の成立―――

■更正保護法成立の意義………藤本哲也

■更正保護法成立の経過………吉田雅之

■更正保護法の概要………小新井友厚

■保護観察の充実強化 ―――保護観察対象者の改善更正と再犯防止の実現 ………岡田和也

■更正保護法における犯罪被害者等施策………河原誉子

■これからの更正保護 ―――更正保護における改革施策

【連 載】

●交通事故賠償の現在 第10回 21世紀賠償研究会

 脳脊髄液減少症の法的検討………羽成 守

●民事訴訟における誘導尋問の研究 ―――実務と研究の架け橋をめざして――― 第9回

 法廷における誘導尋問についてのその他の問題点………渡辺直樹

●ザ・税務訴訟 ―――判例から学ぶ税法―――

 申告納税制度における税理士の役割………林 仲宣

【ひろば時論】

 裁判員制度と鑑定

 IT化社会における商業・法人登記

訟務情報

次号予告

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中央公論2007年9月

中央公論 9月号

平成19年8月1日発行

第百二十二年第九号 一四八一号 

雑 誌:06101-09

 

目 次

【特集●】

「親」が壊れている

 親が子を殺し、子が親を殺す時代が到来した。

 もはや親子という絆は幻想なのか?

 家庭崩壊の陰に社会の急激な変化がある―

日本の家族を蝕む“第二の敗戦”

 「今は平和なようで実は乱世なんです」(吉本)………対談 吉本隆明/内田 樹

〈無償の愛は幻想に……〉

 親と子を鬱屈させる家庭内パワーゲーム………春日武彦

〈ルポ●〝赤ちゃんポスト〟は虐待を減らせるか〉 

 実の親には子育てを任せられない時代………杉山 春

〈親殺しの現場から〉

 危うい、お受験ファミリー ………草薙厚子

【発掘 第百一師団長 日誌】

 戦場の指揮官が綴った生々しい記録の価値………古川隆久

〈予期せぬ戦地の実情、重なる不利な条件……〉

 ある陸軍中将が見た 

 日中戦争の誤算……… 座談会 古川隆久・鈴木 淳・劉傑

【特集●】

自民惨敗

 参院選で三七議席にとどまり、第一党の座を民主党に譲った

 安倍自民党。参議院での与野党逆転は日本政治の今後を

 混沌とさせている。先にあるのは政権交代か、それとも?

小沢一郎に首相の覚悟はあるのか

 「一気に解散総選挙に持っていく腹づもりでしょう?」(田原)………座談会 船田 元/枝野幸男/田原総一朗

〈言論を封じられた自民党の没落〉

 政策中心に党内“再編”を「このままでは野党に転落する」………加藤紘一

民主党は消費税選挙後の社会党の轍を踏むか………櫻田 淳

〈円安・財政赤字・超低金利にどっぷり浸かった日本経済の「選挙後」〉

 迫り来る景気と財政の隘路………伊藤元重

【時評2007】

 ニュー自民党の継承に躓いた安倍政権………中西 寬

 ジャパニメーションとNHK………佐藤俊樹  

 英語圏ネット空間に集まる圧倒的な知………梅田望夫

【歴史認識の岐路に立つ日本】

 〈歴史論争が主題となる時代〉

  「外交革命」に日本はどう立ち向かうか………北岡伸一

 右からの原爆批判がもたらす日米同盟の危機………長谷川 毅

 〈「面子」と「実益」の間で〉

  米国から見た日中和解への道………F・S・ジャヌージ

 〈「豊かな国」のなだらかな衰退〉

  慎ましやかに生きよう………江副浩正

 〈僧侶も、老人も、仕事中の勤め人も夢中〉

  熱狂! 株バブル、中国大陸を覆う………加藤隆則

【特集●この夏読みたい傑作ミステリー】

 決定! 二〇〇七年上半期

  国内ミステリーベスト15………本誌編集部

  ミステリーの達人たちが選出/香山二三郎/日下三蔵/千街晶之/西上心太/吉野 仁

 みんなハードボイルドに夢中だった………対談 小鷹信光/池上冬樹

 海外ミステリー注目の五冊

  乾いた笑いの物語から底知れぬ絶望を描く作品まで………杉江松恋

 〈ルポ●北海道・ミートホープ事件〉

  豚の心臓を牛肉に変えた男………葉上太郎

 〈ルポ●中国、その繁栄の裏に〉

  毛沢東の子どもたち………八木澤高明

 プーチンのロシアが突き進む新たなるソ連の誕生………丹波 實

 少子・超高齢化を前提に日本の設計思想の変更を………大武健一郎

 連載再開 はぐれ者の在処 ―――『残照』第2章

  治療跡に浮かぶ白いリング状の影、医師の意見は分かれた………柳原和子

 <連載小説> 錦 (17) 正倉院の琵琶袋………宮尾登美子

 <連載小説> 夢のなかへ(5)………町田 康

 募集! 読者投稿企画 私の人生を変えた『世界の名著』

【グラビア】

 時代を創った顔………赤塚不二夫

  撮影・文・井上和博

 Stage………文・大笹吉雄

 Film………文・岡田秀則

 Art………文・住友文彦

 私の仕事場――ひびのこづえ

 毛沢東の子どもたち

  撮影・文・八木澤高明

 Photosynthesis

  撮影・文・薈田純一

 弘兼憲史のエネルギーを考える(24)

【連載/コラム】

 人物交差点………松井今朝子/河瀬直美

 知的な者ほどよく笑う………早坂 隆

 高座舌鼓………林家正蔵

 新・森の生活………茂木健一郎

 足の向くままいちにち散歩………池内 紀

 恋愛書簡術………中条省平

 臨床政治学………伊藤惇夫

 新聞の論点………長山靖生

 さすらいの佛教語………玄侑宗久

 ブックレビュー

  佐藤卓己/宇月原晴明/細谷正充/鈴木謙介/北川正恭/鷲田清一

 著者に聞く………森村誠一

 古典再読………中島岳志

 ベストセラー温故知新………岡崎武志

 遺書、拝読 長薗安浩

 説苑

 特別企画

  「感覚環境の街作り」を訪ねて

  (3)松本

 最前線ウォッチング

| | コメント (0) | トラックバック (5)

季刊 管球王国 2007年8月

季刊 管球王国

別冊ステレオサウンド

2007年8月28日発行

第10巻第3号 通巻45号

発行人:原田 勲

編集人:高橋和彦

発行所:株式会社ステレオサウンド

ISSN:1345-6148

ISBN:978-4-88073-168-1 C9473

雑誌コード::67968-33

CONTENTS

カラー口絵: 自作派大集合 特別篇/MY HANDICRAFT/ALTEC Amplifier

2007夏の注目新製品試聴………小原由夫/高津 修/和田博巳

JBLエベレストを弩級管球アンプで鳴らす

 Preamplifer+PowerAmplifer 9models………篠田寛一/和田博巳

MY HANDICRAFT マイ・ハンディクラフト

 上杉佳郎◎CR型フォノイコライザーアンプ TAE4の製作

 是枝重治◎プリアンプ KSP45/パワーアンプKSM45の製作

甦る少年時代の「思い出」 1-V-1ラヂオ MODEL/2007-4-1………上杉佳郎

ウェスタン・エレクトリック系列のヴィンテージアンプ聴き比べ(2)

 ALTEC LANSING篇………新 忠篤/篠田寛一/土井雄三

Vintage Analogue

 1980年代以降に登場した日本製ハイエンド・プレーヤーシステム

 日本製ハイエンド・プレーヤーの試聴………海老澤 徹/新 忠篤/池田 勇

実験工房 特別篇 マルチアンプシステムへの挑戦 第5回

 JBL/TAD/ALTEC系/GIP 現行スピーカーユニット試聴………新 忠篤/篠田寛一/常盤 清

実験工房 クリーン電源の効果を検証する

     アイソレーショントランスとレギュレーター電源………新 忠篤/岡田 章/篠田寛一

いま再びアナログワールドへ

 アナログ再生の基本とクラシックレーベルの魅力を語る………新 忠篤/常盤 清

第21回 小原由夫のあなろぐ狂想曲「テクニクスSP10Mk 2 導入記」

管球アンプ自作派大集合………堀川浩道氏/武田善徳氏 聞き手=新 忠篤

Information/売りたし・買いたし・交換希望

自作派のためのメインテナンス&パーツショップ紹介………中山 純

| | コメント (0) | トラックバック (3)

受験新報 2007年9月

受験新報 9月号

リーガルフロンティア

2007年8月1日発行

第五十七巻 第九号 通巻六七九号

編集者:田中純子

発行者:北原暁彦

発行所:株式会社 法学書院

雑 誌:05147-09

目 次

【特 集】

 新司法試験 論文問題の分析[公法系科目・刑事系科目]    

  憲法・大石和彦/行政法・野呂 充/刑法・刑事訴訟法・亀井源太郎

 ロースクール生がすすめる基本書・参考書

  〈付〉ランキング表  

 平成19年度旧司法試験論文式出題問題

民訴法を軸とした横断的学習の勧め <巻頭言> ………小林 秀之

「法律」と格闘せよ! <実務家教員大いに語る!>………山崎雄一郎

出口と入口─―─中編 <小説で読む訴訟法 ―――民事訴訟法編(14)>………木山 泰嗣

公の施設の目的外使用と裁量統制 <事例で考える行政法>………加藤 幸嗣

会員急増! 福井県の至るところに弁護士があふれる時代がやってくる? <弁護士 北から南から>………後藤 正邦

■研究者の視点 最新重要判例解説

 ■代替性ある物に関する不当利得返還義務の内容………武川 幸嗣

  (最一小判 平19・3・8)<民 法> 

 ■終末期医療における治療中止の許容性 ―――川崎協同病院事件控訴審判決――― ………谷  直之

  (東京高判 平19・2・28)<刑 法>

 ■代表取締役の兼任関係がある会社間の支払証書発行と株主全員の合意………菊地 雄介

  (東京地判 平18・5・29)<商 法>

■誌上答案練習会 ≪8月号≫ 出題問題と解説 

 [Basicコース]

  憲法/民法/商法/刑法/民事訴訟法/刑事訴訟法

 [Advanceコース]

  憲法/民法/商法/刑法/民事訴訟法/刑事訴訟法

 中央大学真法会新旧司法試験・LS入試誌上答案練習会へのご案内………広告ページ

 中央大学真法会新旧司法試験・LS入試誌上答案練習会 ≪9月号≫ ………出題問題

■合格者体験記 私のとった論文勉強法 ―――刑事系………S・M

■職場からの便り 

 情状証人 <裁判官>

 選 挙 <検察官> 

 利益相反 <弁護士>

 都市修習と地方修習 <司法修習生>

 相続登記 <司法書士>

 マグライト立体商標事件の落とし穴 <弁理士>

 国を引っ張るという自負 <公務員>  

 どちらを信じる? <裁判所書記官>

■ロースクールたより

 法律の面白いところ・一橋大学法科大学院

 法曹の共通項・中央大学法科大学院

判例トピックス

掲示板/読者の欄/

試験ニュース/次号予告/編集後記/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

サピオ 2007年8月22日 9月5日号

SAPIO

国際情報誌サピオ 8/22・9/5合併号

INTERNATIONAL INTELLEGENCE MAGAZINE

2007年9月5日発行

第19巻 第19号 通巻424号

編集人:塩見 健

発行人:秋山修一郎

発行所:株式会社 小学館

雑 誌:23001-9/5

CONTENTS

【引き出し大図解】

 これが「武断&無法国家」中国の実相だ

 [第1弾]非公式マップ「危ない北京の歩き方」

 [第2弾]収容所大陸「労改」=収容所全リスト

【SIMULATION REPORT】

 この人権蹂躙、情報統制、環境&安全問題国家に世紀の「平和の祭典」はできるのか

 「北京五輪をボイコットせよ」

 [米国発]井沢元彦がワシントンで「北京五輪反対」の急先鋒を連続直撃!

 [食品汚染]「殺虫剤入り上海ガニ」から「硫酸ライチ」まで これが食べてはいけない「(毒)満漢全席」だ/水間政憲

 [人 権]安倍首相はなぜ「北京五輪ボイコット」という外交カードを早々に放棄してしまったのか/古森義久

 [摘 出]少年、身障者まで過重過密低賃金労働! 北京五輪を支えているのは「現代の奴隷工場」だ/山村明義

 [メディア]「記者は鉱夫や警察官の次に危険な職業」とまで呼ばれる血塗られた言論封鎖の現場/河口 望

 [建設ラッシュ]脅迫、占有、兵糧攻めetc.五輪バブルで登場した「武装地上げ団」の強腕/吉田 剛

 [環 境]真夏の北京の殺人的大気汚染でマラソン競技は「死のロードレース」となる/宮下洋一

 [覇権戦略]聖火をエベレストまで押し上げ台湾を通過させる「プロパガンダ五輪」に隠された野心/浜田和幸

【SPECIAL REPORT[PART1]】

 学校、電車、街角から家庭まで、「礼節」はどこへ消えた

 ここまできた!「日本人のモラルハザード」

 [学 校]教育現場に乱入!「モンスター親」の暴走を止めるには「道徳教育」の復活しかない/八木秀次

 [美 徳]いま思い出すべきは「MOTTAINAI」ならぬ「みっともない」の“羞恥の精神”だ/マークス寿子

 [怒りの直言ワイド]この無礼者たちが許せない![発言者]屋山太郎、石堂淑朗、麻生千晶、倉田真由美、勝谷誠彦、中島義道、深川峻太郎、辛酸なめ子

【SPECIAL REPORT[PART2]】

 歴史的役割は終わったのか!?

 共産党の寿命

 [提 言]共産党よ、「たしかな野党」の安楽椅子から降りて「左翼の公明党」として政権を狙え/山口二郎

 [告 発]私が受けた「監禁査問」21日間の壮絶/宮地健一

 [勢力図]「共産党宣言」から160年 マルクスも予想できなかった「世界の共産党」のいま/本誌編集部

 [墓碑銘]スパイ査問事件、火炎瓶闘争、そして中ソ論争-怨念と粛清のミヤケン「愛と幻想のマルキシズム」/兵本達吉

【緊急シミュレーション】

 これから始まる「政界再編」最後の大暗闘を完全図解/本誌政界特捜班

【スクープ!】

 旧満州「大連本願寺」の地下に遺棄された 日本人遺骨3万柱を「帰国」させよ/武冨薫

【激論120分! 前編】

 歴史を敵に売り渡す政治家に告ぐ/富岡幸一郎×小林よしのり

  「戦後レジームからの脱却」の前に「学級民主主義」から卒業したらどうだ

【刮目連載】

 落合信彦『新世界大戦の時代』

  歴史に名を残すか、晩節を汚すか 政権末期にこそ「宰相の器」が問われる

【大反響】

小林よしのり『ゴー宣・暫』

  第六幕第六場 原爆投下について、政治家も知識人も無知である。

【SAPIO ECONOMY】

 大前研一『最強のビジネスマン講座』

  第97回 大前流日本改造計画「ザ・ブレイン・ジャパン」構想を建白する

【ビジネスマン必読】

 岸宣仁『「デジタル匠」の時代』第2部

  第10回 「女デジタル匠」の可能性

【新時代を読む連載ラインナップ】

 ウィリー・ラムの『北京探題』

  第23回 秋の党大会で「若手登用」を狙う胡錦濤の前に立ち塞がる新・上海閥の壁

 佐藤優『SAPIO intelligence database』

  第61回 ロシアのコソボ独立拒否でまたも燻り始めた「欧州の火薬庫」

 黒田勝弘の『ソウルの風』

  第53回 アフガン「大量人質事件」を生んだ韓国人の宗教への異常な情熱

【爆笑連載】

 業田良家『ガラガラポン 日本政治』

【書闘倶楽部】

 [著者と語る肖像]猪瀬直樹著『空気と戦争』

 [監督と語る肖像]ジャ・ジャンクー監督『長江哀歌』

【時代を切り拓く強力連載】

 『SAPIO’S EYE』

 『SAPIO語身術』/亀井 肇

 『平成百色眼鏡 見たり読んだり』/川本三郎

 「メディアを裁く!」/CJR特約

 「フロム・リーダーズ」

 連載「世界人の一流品」/シルヴィオ・ピエルサンティ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

多重債務対策ニュース32号 2007年8月19日

 多重債務対策NEWSNo.32 2007.8.19  
発行 全国クレジット・サラ金問題対策協議会
   (代表幹事 弁護士 木村達也)

☆全国一斉多重債務相談ウィーク 12月に実施
 政府の多重債務者対策本部は15日、多重債務者救済に向けた全国一斉の無料相談会を12月中旬に行うことを決めた。同本部、日本弁護士連合会、日本司法書士会連合会が主催する。全国各地の弁護士、司法書士と都道府県職員らが多重債務者から相談を受け、債務整理を進める。詳細は都道府県ごとに決め、12月10~16日の1週間のうちいずれかの日に実施する。
 多重債務者は全国で230万人を超えると見られ、多重債務が自殺や破産の原因となるなど、多重債務問題は深刻化している。この問題を抜本的に解決するため、政府の対策本部は、4月に「多重債務問題改善プログラム」を決定し、直ちに取り組むべき網羅的な施策をとりまとめていた。同プログラムでは、住民から最も身近な地方自治体が、多重債務に陥っている市民に対し債務整理や生活再建のための相談などを行うように求めている。 今回の「全国一斉多重債務者相談ウィーク」は、全国地方自治体で相談窓口の整備を一層促進し、各地の多重債務者が相談窓口を訪れやすくすることが狙い。
 相談にかかる費用は弁護士会、司法書士会が負担する。また、債務整理を実際に実施する場合、弁護士費用や司法書士費用は実情に応じて極力低廉にし、分割での支払いを基本にするとしている。

☆市民の力で貧困を絶つ 生活保護問題 東京集会  26日
 深刻化している多重債務問題の背景には貧困の拡大がある。また、労働分野における規制緩和の流れは止まらず、生活保護制度では、「水際作戦」と呼ばれる窓口規制など違法な運用が蔓延し、餓死、自殺などの悲惨な事態が頻発し、さらに、保護基準そのものの見直しなど、生活保護制度の土台が切り崩されようとしている。
 こうした現状を踏まえ、労働、福祉、消費者など個別の問題の枠を超えて連携し、貧困に抗する力を広げていくため、生活保護問題対策全国会議は、26日午後0時30分から法政大学市ヶ谷キャンパス外濠校舎204教室で、集会を開く(全国クレジット・サラ金問題対策協議会共催)。
 詳細は別紙のとおり。

☆クレジット被害の根絶に向けて シンポ 25日仙台で
  25日午後1時から仙台弁護士会館で。被害体験報告、鹿野菜穂子慶応大学大学院法務研究科教授の講演、日弁連からの情勢報告などがある。

 当協議会では、多重債務関連のニュースをマスコミ、国会議員の方々にお知らせしています。お問い合わせ、ご取材の申込などは下記までお願いいたします。
〒271-0091 千葉県松戸市本町5-9 浅野ビル3階 市民の法律事務所
               電話047(362)5578 FAX047(362)7038  メールshimin.lo@nifty.com
      全国クレジット・サラ金問題対策協議会 マスコミ広報部会 事務局長 弁護士 及川智志

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2007年8月10日 (金)

ジュリスハ1331 平成19年4月1日

実用法律雑誌・ジュリスト

Jurist

平成19年4月1日発行

No.1331

編集人:高橋 均

発行人:江草忠敬

発行所:株式会社 有斐閣

雑  誌:20791-04

ISSN:0448-0791

CONTENTS

【特 集】

 労働審判制度 1年

〔座談会〕

 労働審判制度1年 ―――実績と今後の課題

 ●菅野和夫(司会) ●徳住堅治 ●中町 誠 ●難波孝一 

 労働審判制度の施行状況と裁判所における取組 ●大竹昭彦

 労働審判制度と労働契約法 ―――労働実体法の見地から ●野田 進

〔審判実務の経験からみた実績と今後の課題〕

 大阪地方裁判所における労働審判事件の処理の実情 ●山田陽三

 福岡地方裁判所における労働審判事件の処理の実情 ●木村元昭

 労働審判1年を振り返って ●逢見直人

 労働審判を経験して ●村上陽子

 審判実務の経験からみた実績と今後の課題 ●御舩正廣

 審判実務の経験からみた実績と今後の課題 ●渡邉義広

【視 点】

 ウィーン売買条約への加入に向けて ―――世界の現状と今後の展望 ●曽野和明

 オランダにおける重度障害胎児および新生児に関する生命終結の決定

 ●ペーター・タック/●ウィルマ・デュイースト/●甲斐克則(訳)

【法典調査会に学ぶ ―――債権法改正によせて(1)】

 法典調査規程と民法典の編纂 ―――透明性の高い立法プロセス ●金山直樹

 「法典調査の方針」について  ●小柳春一郎

 法典調査会の構成メンバー ―――その人選に関する「政策評価」 ●七戸克彦

【共同研究 市場支配力のコントロール〔第5回〕】

  ―――独占禁止法上の問題と電力市場についての具体的検討]

 ドイツ競争制限禁止法における市場支配力のコントロール ●山部俊文

【連 載】不動産法セミナー〔第21回〕

 不動産とは何か(1)

  ●鎌田 薫 ●始関正光 ●寺田逸郎 ●道垣内弘人

  ●松岡久和 ●安永正昭(司会) ●山野目章夫 ●金井克行(ゲスト)

  ●國吉正和(ゲスト) ●横山 亘(ゲスト)

【連 載】探究・労働法の現代的課題〔第16回・ 完〕

 企業年金(受給者減額)

 ●森戸英幸 ●君和田伸仁 ●大澤英雄

鈴木祿彌君 ―――追悼の辞 ●小田 滋

【海外法律情報】

 中 国 ―――就業促進法案,審議始まる ●岡村志嘉子 

 フランス ―――モデル企業に「平等マーク」 ●神尾真知子

【商事判例研究】

 投資信託委託業者の投資信託財産運用上の「受託者責任」 ●小出 篤

  ―――大阪地判 平成16・8・26

 ゴルフクラブ内ロッカーからの盗難と場屋主人の責任 ●高橋美加

  ―――東京高判 平成16・12・22

【労働判例研究】 

 会社の所有建物を占有した労働組合に対する損害賠償請求が ●野崎薫子

 権利の濫用として許されないとされた事例

  ―――株式会社三一書房事件

  ―――東京地判 平成15・12・26

じゅりさいと

| | コメント (0) | トラックバック (5)

要件事実論と民法学との対話

要件事実論と民法学との[対話]

2005年9月13日発行

編著者:大塚 直/後藤巻則/山野目章夫

発行者:松澤三男

発行所:株式会社 商事法務

ISBN:4-7857-1255-4 C3032

<目 次>

第1章 要件事実論の民法学への示唆

 要件事実論の民法学への示唆(1)………山野目章夫

   ―――民法学の思考様式と要件事実論

   序/問題提起

   一 要件事実論と民法学との基本的関係

   二 要件事実論と民法学との役割分担

   結/要件事実論と民法学が対話することの意義

   閑話と休題1[民法177条の「第三者」]

 要件事実論の民法学への示唆(2)………後藤巻則

   ―――契約法と要件事実論

   一 はじめに

   二 契約に基づく請求権の要件事実に関する諸見解

   三 典型契約と要件事実

   四 非典型契約と要件事実

   五 むすびに代えて

 要件事実論の民法学への示唆(3)………大塚 直

   ―――不法行為法と要件事実論

   一 序

   二 規範的要件と要件事実論 ―――不法行為法に焦点をあてつつ

   三 不法行為の分野での規範的要件の具体例の検討

   四 結びに代えて ―――不法行為法における要件事実を決める要素への示唆

   閑話と休題2[労働基準法18条の2]

 要件事実論の民法学への示唆(4)………林 陽子

   ―――雇用などにおける差別と要件事実論

   一 規範的要件と訴訟実務

   二 憲法的価値と民法

   三 国際人権法と民法

   四 公序法理と規範的要件

   五 解雇と要件事実

   六 要件事実論の未来

第2章 民法上の諸問題と要件事実論

 民法上の一般条項と要件事実論………小粥太郎

   ―――裁判官の法的思考

   一 はじめに

   二 裁判官による解決案の模索

   三 裁判官による解決案の対外的説明

   四 むすびにかえて

 典型契約冒頭規定と要件事実論………石川博康

   一 はじめに

   二 契約に基づく請求に関する要件事実をめぐる議論状況

   三 典型契約冒頭規定と契約の本質的要素

   四 おわりに

 

 善意・悪意を要件とする民法の規定の要件事実的分析………田髙寛貴

   一 はじめに

   二 94条2項における「善意」の主張・立証責任

   三 権利外観法理の諸規定における「善意」の主張・立証責任

   四 結 語 ―――94条2項の直接適用と類推適用の関係も含めて

 閑話と休題3[我妻先生の『民法案内』を読む]

 条件および期限について………沖野眞巳

   はじめに

   一 「抗弁説」と「否認説」

  

   二 民法典の理解

   三 履行期限

   四 貸借型の契約における期限

   おわりに

 物権的請求権………松岡久和

   一 問題の所在と限定

   二 従来の議論

   三 手がかりとなるいくつかの議論

   四 結 論

 対抗要件を定める民法の規定の要件事実論的分析………松尾 弘

   一 対抗要件論の混迷と要件事実論のプリズム効果

   二 対抗の法理と要件事実

   三 無権利の法理と要件事実

   四 第三者権利保護資格の法理と要件事実

   五 「対抗することができない」規定をめぐる実体要件論と要件事実論

 閑話と休題4[売買契約の要件事実]

 債務不履行の構造と要件事実論………潮見佳男

   ―――債務不履行を理由とする損害賠償請求における要件事実論と民法学

  

   一 緒 論

   二 要件事実論からの議論

   三 伝統的債務不履行理論からの議論

   四 債務不履行学説の新たな潮流と要件事実論への展開

   五 履行補助者責任の処理

   六 要件事実論と民法学との対話に向けて

 閑話と休題5[登記原因証明情報]

 履行遅滞による損害賠償請求と要件事実………道垣内弘人

   一 はじめに

   二 売主の履行遅滞を理由とする、買主による損害賠償請求に際しての損害の立証

   三 金銭債務の履行遅滞と損害賠償請求

   四 まとめと考察

 

 売買契約に基づく目的物引渡請求権と代金額の確定………野澤正充

   ―――売買契約の成立をめぐる要件事実論と民法学の対話

   一 問題の所在

   二 売買契約における代金支払義務 ―――要件事実の不可分性

   三 売買契約における代金額の確定(1) ―――要件事実論

   四 売買契約における代金額の確定(2) ―――民法学

   五 総 括 ―――代金額の確定に関する民法学と要件事実論の対話

 消費賃借をめぐる民法学説と要件事実論との対話のために………鎌野邦樹

   一 はじめに

   二 金銭消費賃借契約における賃金返還請求

   三 金銭消費賃借契約に基づく賃金交付請求

       ―――諸成的消費賃借・消費賃借の予約をめぐる学説と要件事実

   四 結びに代えて

 不動産の賃貸借を要件事実論で考える………滝沢昌彦

   一 はじめに

   二 賃貸借の成立要件

   三 民法理論の側から

  

 要件事実論と消費者契約法………執行秀幸

   一 はじめに

   二 消費者契約法における要件事実論の意義

   三 消費者契約法9条1号規定の「平均的な損害の額」の主張立証責任

 

 閑話と休題6[大家は事業者か]

 

 要件事実から考える安全配慮義務の法的性質………窪田充見

   一 検討の対象と出発点となる問題意識

   二 判例の示す安全配慮義務の性質と問題点

   三 安全配慮義務違反による損害賠償責任と不法行為責任の要件事実

   四 安全配慮義務の法的性質に関する若干の考察

   五 安全配慮義務と不法行為に関する要件事実の課題

 請求権競合と要件事実論………前田陽一

   ―――不法行為と債務不履行の要件事実を中心に

   一 序

   二 不法行為責任と要件事実

   三 債務不履行責任と要件事実

   四 結びに代えて

 閑話と休題7[落語の時蕎麦ではないけれど]

第3章 新しい法曹の養成と要件事実論

 「要件事実論と民法学との対話」への期待………笠井正俊

   一 はじめに

   二 法科大学院での要件事実教育の経験から

   三 要件事実論と実体法

  

   四 民事訴訟法上の若干の問題について

   五 おわりに

 簡裁訴訟代理関係業務と要件事実………八神 聖

   ―――被告の抗弁と認定司法書士の簡裁訴訟代理権及び相談業務の範囲

   一 はじめに

   二 認定司法書士の訴訟代理権の範囲等

   三 抗弁の提出と認定司法書士の代理権

   四 結 語

 閑話と休題8[二重効と要件事実論 その1]

 法曹養成と要件事実論………村上正敏

   一 要件事実論の果たす役割

   二 教育上の有用性

   三 要件事実論に関する誤解

   四 法科大学院教育への期待

 法科大学院における法曹養成教育と要件事実論………松森 宏

   ―――弁護士の立場からの期待と提言

   一 はじめに

   二 要件事実論教育と司法研修所

   三 要件事実論と新民訴法(平成15年改正を含む)の定着

   四 その他の要件事実論の実践

   五 法科大学院における要件事実教育を中心とする民事系科目に対する期待と提言

   六 民事模擬裁判のすすめ

   七 おわりに

 閑話と休題9[二重効と要件事実論 その2]

| | コメント (0) | トラックバック (1)

文藝春秋 平成17年11月臨時増刊

文藝春秋 特別版[11月臨時増刊号]

平成十七年一一月一五日発行

第八十三巻 第十四号

雑 誌:07702-11

目 次

一冊の本が人生を変える

【巻頭エッセイ】

田辺聖子………わが生涯の一書

大岡 信………「誰が鬼に食われたのか」印度童話の魅惑

中井久夫………これらの切れ端を私は廃墟に対抗させた

【書棚拝見】

櫻井よしこ………政治家は歴史書を読みなさい

藤原正彦………読書文化の復興こそが国を救う

鳥居 民………図書館に通い、書斎に籠もる日々

和田 誠………一冊まるごとに愛情をこめて

【特別読物消えた文学全集】

池内 紀………幼い者たちの書斎〈少年少女世界名作全集〉

出久根達郎………文学全集の愛称