« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

「中国動漫新人類」2008年

1980年以降の日本製マンガ・アニメの普及が中国人の意識をどうかえたのか?マスコミ報道からうかがえない中国人の実感にせまる。



中国動漫新人類

 日本のアニメと漫画が中国を動かす

発行日:二〇〇八年二月一二日

著 者:遠藤 誉

発行者:黒沢正俊

発行所:日経BP社

ISBN:978-4-8222-4627-3 C0095

目 次

まえがき

第1章 中国動漫新人類―――

    日本のアニメ・漫画が中国の若者を変えた!

 1 中国清華大学の「日本アニメ研」が愛される理由

 2 『セーラームーン』で変身願望を実現した中国の少女たち

 3 『スラムダンク』が中国にもたらしたバスケブーム

 4 なぜ日本の動漫が中国の若者を惹きつけるのか

 5 意図せざる“知日派”の誕生 ―――中学3年生から見えてくる日本動漫の影響度

 6 『クレヨンしんちゃん』にハマる中国の母娘

 7 日本にハマってしまった「哈日族(ハールー)」たち

第2章 海賊版がもたらした中国の日本動漫ブームと動漫文化

 1 初めて購入してみた海賊版

 2 「たかが動漫」と、野放しにした中国政府

 3 動漫の消費者は海賊版が育てた

 4 仮説:「タダ同然」のソフトが文化普及のカギ

 5 中国における動漫キャラクターグッズの巨大マーケット

 6 日本動漫の中国海賊版マーケット

 7 進化する海賊版製作方法 ―――DIY方式と偽正規版

 8 中国政府の知財対策と提訴数

 9 日本アニメの字幕をつくる中国エリート大学生たち

第3章 中国政府が動漫事業に乗り出すとき

 1 中国のコスプレ大会は国家事業である

 2 中国の大学・専門学校の75%がアニメ学科を

 3 国家主導のアニメ生産基地の実態

 4 アニメ放映に関する国家管理 ―――許可証制度

 5 『クレヨンしんちゃん』盗作疑惑の背景に見えてくるもの

 6 中国政府は、日本動漫をなぜ「敵対勢力」と位置づけたのか?

 7 ゴールデンタイムにおける外国アニメ放映禁止令が投げかけた波紋

 8 日本アニメ放映禁止に抗議して、地下鉄爆破宣言をした大学生

 9 日本アニメの多くは、実は中国で制作されている?

10 アメリカも崩せない中国ネット監視の壁

第4章 中国の識者たちは、「動漫ブーム」をどう見ているのか

 1 北京大学文化資源研究センター・張頤武教授の見解

 2 『日本動漫』の作者・白暁煌氏の見解

 3 中国美術出版社の林陽氏の経験

 4 ある政府高官の、日本動漫に関する発言 ―――中国はいずれ民主化する

第5章 ダブルスタンダード

     ―――反日と日本動漫の感情のはざまで

 1 清華大学生の日本動漫への意識と対日感情

 2 ネット上での日本動漫と対日感情に関する議論

 3 中国人民大学の「日本動画が中国青年に与える影響」に関する報告書

第6章 愛国主義教育が反日に変わるまで

 1 なぜ愛国主義教育が強化されるようになったのか

 2 「抗日戦争」と世界反ファシズム戦争との一体化

 3 台湾平和統一のために「抗日戦争」協調路線を展開

 4 台湾系アメリカ華僑華人社会と、中国政府の奇妙な関係

 5 華僑華人・人権保護団体が巻き起こした慰安婦問題

 6 ネットで暴れる民族主義集団 ―――憤青(フェンチン)

 7 日中の戦後認識のズレは、どこから来るのか

     ―――アメリカに負けたのであって、中国に負けたとは思っていない日本

第7章 中国動漫新人類はどこに行くのか

 1 日本動漫が開放した「民主主義」

 2 ウェブににじむ若者の苦悩 ―――「親日は売国奴ですか?」

 3 愛国主義教育は中華民族の尊厳のためか、それとも中国共産党の基盤強化のためか

 4 中央電視台が温家宝のために敷いた赤絨毯 ―――「岩松看日本」

 5 精神文化のベクトル、トップダウンとボトムアップ

 6 中国が日本に「動漫」を輸出する日

あとがき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「JPS定期刊行物総索引」

『日本郵趣協会六十年史』別冊

JPS定期刊行物総索引 1946~2006(日本および関連地域)

2007年12月15日発行

発  行:財団法人 日本郵趣協会

編 集:日本郵趣協会六十年史編集委員会

ISBN:978-4-88963-689-5 C0076

目 次

JPS定期刊行物総索引の刊行について

凡 例

 1.日本切手全般

   切手製造関連

   日本全般関連書籍

 2.手彫切手

   手彫切手全般

   竜切手   

   桜切手

   鳥切手

   手彫切手関連書籍

 3.小判切手

   小判切手全般

   旧小判切手

   U小判切手

   新小判切手

   小判切手関連書籍

 4.菊切手

   菊切手関連書籍

 5.大正切手

   大正切手全般

   田沢型切手全般

   大正白紙切手

   旧大正毛紙切手

   新大正毛紙切手

   昭和白紙切手

   富士鹿切手/風景切手

   高額切手

   大正切手関連書籍

 6.震災切手

   震災切手関連書籍

 7.昭和切手

   昭和切手全般

   第1次昭和切手

   第2次昭和切手

   第3次昭和切手

   昭和切手関連書籍

 8.新昭和切手

   新昭和切手全般

   第1次新昭和切手

   第2次新昭和切手

   第3次新昭和切手

   新昭和切手関連切手文献

 9.産業図案切手

10.動植物国宝図案切手

   動植物国宝図案切手以降全般

   第1次動植物国宝図案切手

   第2次動植物国宝図案切手

   第3次動植物国宝図案切手

   新動植物国宝図案切手全般

   1966年シリーズ

   1967年シリーズ

   1972年シリーズ

   1976年シリーズ

   1980年シリーズ

   平成切手

   慶弔切手

   印字式切手

   Pスタンプ類

   電子郵便切手

   その他

   航空切手

   動植物国宝図案切手以降関連書類

11.戦前の記念・特殊切手

   戦前の記念・特殊切手関連書籍

12.戦後の記念・特殊切手

   戦後の記念・特殊切手全般

   各シリーズ・恒例切手

   ふるさと切手

   公園切手

   年賀切手

   戦後の記念・特殊切手関連書籍

13.沖縄切手

   ステーショナリー

   沖縄関連書籍

14.「満州国」

   「満州国」関連書籍

15.南方占領地

   南方占領地全般

   各地域別

   南方占領地関連書籍

16.中国占領地

   中国占領地関連書籍

17.ステーショナリー

   ステーショナリー全般

   普通はがき

   外信はがき

   記念・特殊はがき

   年賀はがき

   季節見舞はがき

   青い鳥はがき

   官製絵はがき類

   広告つきはがき

   選挙はがき

   軍事はがき

   封緘はがき

   航空書簡

   小包はがき

   国際返信切手券

   現金書留封筒類

   貯金台紙

   帯 紙

   その他

   軍事関係

   旧外地等

   ステーショナリー関連書籍

18.郵便印

   郵便印全般

   大型地名入印、不統一印など

   記番印、ボタ印

   二重丸印

   丸一印

   縦書丸一印

   丸二印

   櫛型印

   ナンバリング印、試行印

   丸型印

   インク浸透式印

   機械印

   ローラー印

   未納不足印

   消印もれ消印

   料金収納印

   特殊通信日付印

   小型通信日付印

   風景入通信日付印

   初日印

   年賀印

   鉄郵印

   船舶関係郵便印

   軍事関係郵便印

   臨時局、季節局郵便印

   選挙印

   外国郵便用郵便印

   沖縄の郵便印

   「満州国」の郵便印

   南方占領地の郵便印

   中国関連の郵便印

   台湾関連の郵便印

   朝鮮関連の郵便印

   樺太・千島の郵便印

   誤使用、エラー印

   その他

   非郵便印

   検閲印

   郵便印関連書籍

19.郵便史

   郵便史全般

   在日外国郵便局

   明治期

   大正期

   昭和戦前期

   昭和戦後期

   平成期

   地方郵便史

   在外日本郵便局

   軍事、俘虜郵便史

   占領地関連

   検 閲

   樺太、千島郵便史

   船内郵便

   航空郵趣

   事故郵便

   郵便史関連書籍

20.その他の日本切手関連記事

   貯金切手

   台湾数字切手

   選挙証紙

   電信切手

   飛信逓送切手

   村送り切手

   サザーランド切手

   板東俘虜収容所切手

   不発行切手

   みほん

   穿孔切手

   メータースタンプ類   

   印紙・証紙類

   電 報

   機械化

   ふみカード

   エラー

   試作切手類

   偽 造

   複十字シール

   その他の日本切手関連書籍

附録 郵趣知識

 収集法、アルバム作成、その他

【データ】新切手、ステーショナリー、郵便印、および郵便局の新設・改廃記録  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月28日 (月)

郵趣研究 2008年4月15日

21世紀の収集をリードする

郵趣研究 81

2008年4月15日発行

通巻81号

発行所:財団法人 日本郵趣協会

もくじ

【日 本】

 新連載 記念・講演切手の“ディープな”楽しみ方

  吉野熊野国立公園切手小型シート版の考察………横山裕三

 戦後記念小型シートの製造面 第2弾  

  憲法施行記念小型シートの製造………魚木五夫

 <JAPEX’07> 特別展示「日本の切手の銘版」より・3

  第3次昭和、新昭和切手の銘版………大村公作

 連載・普通切手の額面別データファイル

  洋紙桜(改色)1銭うすい茶………高野昇郎

【外 国】

 連載・イギリス消印収集へのいざない

  スコットランド初期消印

   ~Brunswick Star Cancellations~(上)………池原郁夫

【郵便史】

 『日専』の郵便料金表から外国郵便の種別使用例をさぐる(3)

  3 外信用はがき………行徳国宏

 視点を変えた収集アドバイス

  フィラテリックメール………古家美和

 収集・研究60年(18)

  高い評価を受ける………天野安治

 海外郵趣レポート

  国際郵趣鑑定連盟A.I.E.P.について………松本純一

 郵趣コラム

  私のこだわりマテリアル………水谷行秀

 現行切手情報

  国立印刷局銘版低額切手のバラエティ(5)………桑野 博 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

「日本と中国は理解し合えない」2008年

日本と中国は理解しあえない

著 者:日下公人/石 平

発行者:江口克彦

発売所:PHPパブリッシング

発売元:PHP研究所

ISBN:978-4-569-69938-7 C0030

目 次

第一部 日中の文化文明比較論

 第一章 かくも異なる日本と中国

      ―――権威と権力が分かれている国、集中する国

     一九八〇年当時の北京大学

     現代中国語は、日本語を抜きにして語れない

     独自解釈が許されないのが中国政治の伝統

     胡錦濤主席の施政方針演説は日本語だらけ

     「騙しあいの世界」となって中国

     毛沢東に破壊された「地域信頼社会」 

     中国という国家の根本とは

     近代以前の中国を解くカギとなる「紳士」

     権威と権力が分かれているという叡智

     「伝統が復活する」という日本の底力

     「政治」より「文化」の日本

     孔子の理想を一番実現したのは江戸時代?

     日本の「合わせる力」は世界一

 第二章 「政治の中国」と「文化の日本」

      ―――「皇帝」という存在の意味するものとは

     すべては権力による権力のため

     政治に向く中国語、情のある日本語         

     大陸の立地的宿命、日本の幸運

     現世利益を追う中国、ほどほどの日本

     権力維持のためという諸悪の根源

     中国の宗教、日本の宗教

     宗教観なき現在の中国

     毛沢東が伝統的な宗教観念を破壊した

     なぜ日本は仕上げに優れるのか

     宗教と美術が一体化された世界を実現

     世界に広がる日本の「ZEN(禅)」

     「大和言葉」の効用と深さ

     統治コストの高い中国、安い日本

     日本の統治手段は文化の開発

     芸術までも「政治化」される中国

     まとめ・「政治の中国」と「文化の日本」

第二部 中国問題論と日中関係

 第三章 「中国問題」の行方を読む

      ―――モラルなき経済は自滅の道を歩む

     中国経済の光と影

     環境問題の深刻さ

     モラルなき経済に持続力はあるのか

     キーワードは「自分がやる」かどうか

     もはや「殺鶏取蛋」ニワトリを殺して卵を取る

     ホテル建設を中断した思い出

     日本企業が中国政治に勝てるはずがない

     中国経済は信用失墜で自滅する

     環境問題の本質は「公」の概念のなさ

     共産党の「信用」が支える株バブル

     「法治」のために特権を手放せるか

     やがて「連邦制」へ向かう?

     今は共産党そのものが買弁に

     中国経済の行方につながる台湾問題

 第四章 日中関係はどうあるべきか

      ―――友好よりも距離を保った関係を

     日中、ボタンの掛け違いの始まりは

     日本陸軍が中国共産党を救ってしまった

     「和諧社会」とは何か

     日本は「価値の外交」を貫け

     日中関係の本当の正常化とは

     王朝が崩壊すれば「族滅」

     天安門事件と天皇御訪中

     日本は政府があって外交がない

     靖国神社参拝をやめればどうなるか

     中国が台湾併合に向かわざるをえない理由

     事実上の「日米台同盟」を明確な形で示すべし

 終 章 日中と中国は理解しあえない

     放っておかれるときが日本は一番幸せ

     要するに、日本と中国は理解しあえない

     敬語を使う関係を保ったほうがいい

     「日米離間」策に警戒せよ

     中国の指導者が毎日テレビに出る理由

     北京オリンピックで何が起きるか

     結論は「敬遠せよ」

あとがき●石平

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月24日 (木)

実務労働法講義上 その2

【実務法律講義(4)】

実務 労働法講義〔改訂増補版〕[上巻] -2-

平成18年5月17日発行

著 者:岩出 誠 

発 行:株式会社 民事法研究会

ISBN:4-89628-318-X C3332

目 次

【上 巻】

 [第5章 賃金・退職金に関する問題]

 [本章の問題意識]

  一 賃金の意義

   1 賃金の意義

   2 労基法上の賃金の定義

   3 賃金の種類

   4 平均賃金

   (1)趣 旨

   (2)算定方法

   (3)行政解釈の示す具体的基準

   5 最低限の保障

  二 賃金の支払原則

   1 賃金支払いに関する労基法上の諸原則

   2 通貨払いの原則

   3 直接払いの原則

   4 金額払いの原則

   (1)原 則

   (2)調整的相殺

   5 毎月1回以上定期日払いの原則

   6 非常時払い

   7 出来高払いへの保障

   (1)労基法上の出来高払制の保障給

   (2)保障の目安

   (3)労基法上の保障給請求権はない

   8 休業手当

   (1)趣 旨 

   (2)民法536条2項との関係

   (3)「使用者の責に帰すべき事由」の具体的

  三 賞 与

   1 賞与の意義

   (1)月例賃金と賞与

   (2)労基法上の賃金

   (3)労基法上の取扱いの違い

   2 賞与の支給日在籍要件

   (1)多くの企業で採用されている支給日在籍要件 

   (2)判例も支給日在籍要件の有効性を認めている

   3 サイニングボーナスの違法性

  四 退職金

   [事例研究]慣行による退職金

   1 退職金規程などに基づくのが原則

   (1)退職金制度の意義

   (2)企業年金

   (3)退職金、企業遺族年金の受給者の確定

   2 例外的に慣行による退職金もある

   3 事例研究への対応策

   4 紛争予防策

   5 懲戒解雇または同該当事由ある場合の退職金の不支給ないし減額

   (1)懲戒解雇の場合の退職金の不支給ないし減額

   (2)懲戒解雇該当事由ある場合の退職や普通解雇での退職金の不支給ないし減額

  五 時間外・休日・深夜割増賃金

   1 時間外労働・残業・休日出勤

   2 労基法の求める割増賃金

   3 法定外の休日や法内残業の取扱い

  六 賃金の変更・年俸制

   1 賃金の変更

   2 年俸制

   (1)年俸制の意義

   (2)割増賃金抑制の方法としての利用への誤解

   (3)管理職の場合

   (4)平社員の場合

   (5)事業場外労働・裁量労働の利用

   (6)年俸制導入の要件 ―――就業規則の改正とその改正の合理性の必要

   (7)目標達成度評価に関する合意(年俸合意)不成立の場合 

   (8)年度中途での年俸の改定

  七 倒産と賃金債権の確保 ―――賃金債権保護規定とその限界

   1 労基法上の履行の強制

   2 民法による先取特権の付与

   (1)民法上の一般先取特権

   (2)その他の先取特権

   (3)民法の先取特権の限界

   3 倒産手続における賃金の保護

   (1)破産手続における賃金保護

   (2)会社更生手続における賃金保護

   (3)民事再生手続における賃金保護

   (4)特別清算規定の改正、会社整理の廃止と賃金債権

   (5)任意(私的)整理における賃金保護

   4 賃確法等による未払賃金の立替払制度

   (1)法制定の経緯・沿革

   (2)賃確法の概要

   5 建設業法による賃金立替払いの勧告制度

    [コラム]従業員の給料に対しサラ金などから差押えがあったら

   [演習問題]

 [第6章 人事異動-配転・出向等]

 [本章の問題意識]

  一 人事権の意義

  二 配 転

   1 配転の意義と配転命令権

   2 配転命令権の根拠

   3 配転命令権の範囲

   (1)労働契約による職種の制限と配転

   (2)長期同一業務従事

   (3)勤務地の限定合意が認められる場合

   (4)勤務地限定の合意が認められない場合

   (5)例外的に勤務地限定特約が認められる場合

   4 権利濫用法理による制限

   (1)共稼ぎ夫婦への配慮の程度 

   (2)労働者の家族に対する療養・看護等の必要性

   (3)育児介護休業法などでの家庭的責任を有する労働者への保護・配慮規定の影響

   5 配転拒否と懲戒解雇の適否 

  三 出向・転籍

   1 出向の現状・種類

   2 出向命令の有効要件等

   (1)出向命令の有効要件としての同意 

   (2)出向への受容の必要等

   (3)密接なグループ企業間の出向

   (4)出向命令の権利濫用としての無効 

   3 復帰命令

   (1)復帰命令の可否 

   (2)転籍出向の場合

   (3)在籍出向の場合

   4 転籍の有効要件

   5 出向・転籍後の労働関係 ―――出向協定による

   (1)在籍出向

   (2)転籍出向

   6 会社分割における労働契約承継法による自動転籍

   7 労働契約法制研究会の最終報告との関係

  四 昇格・昇進

   1 「昇進」の意義

   2 昇進の法規制

   3 資格制度と「昇格」、「昇給」

   4 通常有利な労働条件の変更としての昇進

   5 企業の裁量としての昇進

  五 降格・降級

   1 降格・降級の意義・態様 

   2 懲戒処分としての降格

   3 人事権による役職・職位の降格

   4 厚労省最終報告の提言

  六 休 職

   1 休職命令

   2 休職命令と賃金

   3 復職可否の判断

   (1)復職に関する従前の下級審判例

   (2)最高裁の復職可否の判断基準

   (3)復職基準に関する新たな胎動

   4 会社指定医の受診命令

   (1)受診命令の必要性

   (2)受診命令の有効要件

   5 厚労省最終報告

  七 自宅待機

   1 自宅待機等の必要性

   2 自宅待機等の根拠

  八 海外出張

   1 臨時性という出張の特性

   2 海外出張とは

   3 海外出張義務

  [演習問題]

 [第7章 その他の労働契約履行に関する問題]

 [本章の問題意識]

  一 私生活上の行為への規制

   1 私生活上の行為に対する懲戒処分について判例は慎重

   2 不倫者の地位や会社の業種に応じた対応の必要

   3 具体的処分等の対応策

   4 使用者に影響ある私的訴訟提訴への規制の当否

  二 引き抜き・競業行為・兼職禁止

   1 競業避止義務を認めるにjは

   (1)裁判所の動向

   (2)厚労省最終報告

   2 第三者の引き抜きへの制限

   3 従業員による他社への引き抜きの制限

   (1)特約がある場合

   (2)特約がない場合

   (3)退職金の返還が認められることもある

   (4)制限が許されない場合

  三 守秘義務・内部告発

   1 労働契約上の誠実義務の一環としての守秘義務の概要

   (1)営業秘密以外の企業秘密保護の必要性

   (2)守秘義務の根拠

   (3)守秘義務発生の要件

   (4)守秘義務違反免責事由としての内部告発と公益通報者保護法

    (ア)従前からの内部告発者の保護

    (イ)公益通報者保護法

   2 守秘義務の効果

   (1)人事権行使以外の効果

   (2)人事権行使上の効果

   3 コンプライアンスの観点等からの通報義務等

   (1)いわゆるコンプライアンス経営の要請 

   (2)労働者によるコンプライアンス違反への通報義務

   (3)他の労働者等のコンプライアンス違反への企業に対する通報義務

  四 労働者のプライバシーの保護と企業との利益調整

     ―――個人情報保護をめぐる人事・労務管理上の諸問題

   1 個人情報保護法をめぐる人事労務管理上の諸問題

   (1)はじめに

   (2)個人情報保護法の趣旨・概要と労働法上の問題の所在

   (3)個人情報保護法施行に伴う従業員等の人事情報への対応上の留意点

    (ア)厚労省の各指針と他省庁の指針との関係 

    (イ)各指針の拘束力の程度・内容・法的意義

    (ウ)法規制および雇用管理指針の対象となる「個人情報」

    (エ)法規制および雇用管理指針の対象となる事業者と労働者等

    (オ)法適用事業者における人事情報を管理する際の留意点

   (4)個人情報取扱事業者以外の事業者による雇用管理に関する個人情報の取扱い 

   (5)法施行前の個人情報の取扱い

   (6)個人情報保護法上の各種義務違反者への制裁等

   (7)個人情報保護法上の各種義務違反者への損害賠償をめぐる諸問題 

   (8)個人情報保護態勢整備と労働者のプライバシーとの調整上の諸問題

   (9)その他の実務上の諸問題

  (10)実務対応の留意点 

  (11)厚労省最終報告

   2 e-mail等の私的利用制限とモニタリング

   (1)企業内コンピュータ・ネットワーク化の急速な進展・普及

   (2)問題の所在

   (3)モニタリングが許される場合は ―――裁判例で示された基準

   (4)労働者の個人情報保護に関する行動指針とその解説への留意の必要

   (5)社内ネットの私的利用の違法性

   (6)紛争予防策

   3 所持品検査その他

   (1)身体検査には判例は厳しい条件を設定 

   (2)条件を満たした所持品検査拒否には懲戒解雇も可

   (3)その他の裁判例

   (4)検査や懲戒処分に慎重な裁判例 

  五 研修・留学費用等の返還義務

   1 人材開発投資回収をめぐる問題の概要

   (1)企業における人材開発投資の必要性

   (2)人材開発投資に関するリスクヘッジに関する問題の多発

   2 違約金などは決められない

   3 合理的な範囲の実費の返還請求は可能

   4 一般的新入社員研修や業務性を有する研修費用の返還は求められない

   5 研修費用等の返還範囲に関する一般的基準に関する試論

   6 一般的な研修費用等の返還拒否者への基本的対応策

   7 紛争予防策

   8 厚労省最終報告

  六 業務遂行過程において生じた損害の労使間における負担割合

   1 信義則による損害額の調整

   2 示談・和解等の合意への制限 ―――入社直後の退職への損害賠償

   3 厚労省最終報告

  七 コンプライアンスに関する諸問題

   1 コンプライアンスとは

   2 コンプライアンスと労働者の関係

   (1)いわゆるコンプライアンス経営の要請 ―――会社法による内部統制の一環

   (2)労働者によるコンプライアンス違反への通報義務

   3 コンプライアンス誓約者の提出義務

  八 従業員持株制度

   1 買戻し価格の問題

   2 従業員持株等における買戻し特約の有効性に関する判例

  九 ストック・オプション

   1 ストック・オプションとは

   2 ストック・オプションの労基法上の位置付け

  [演習問題]

 [第8章 企業の知的財産権と労働者の権利の調整]

 [本章の問題意識]

  一 営業秘密の保護

   1 ネットワーク社会における企業情報管理の必要性の高度化に伴う守秘義務の役割の増大

   2 不競法による営業秘密保護強化の推移

   3 不競法による営業秘密の保護に関する法規制の概要

   (1)保護される営業秘密

   (2)不正利用とは

   (3)一般的な職務経験の場合

   4 営業秘密に関する刑事罰の概要

   (1)一般的刑事罰対象行為の概要

   (2)親告罪

   (3)国外犯への拡大

   (4)営業秘密侵害罪への両罰規定の拡大 

  二 職務発明等の知的財産権をめぐる労使間の権利の調整に関する法的規整

   1 人事労務管理における知的財産権をめぐる諸問題の緊急性

   2 知的財産権に関する企業と従業員の権利の調整等の必要

   3 特許法、実用新案法、意匠法等による権利の調整

   (1)特許法、実用新案法、意匠法等による法的調整

   (2)職務発明の要件

   (3)職務発明の効果

    [表6]発明対価をめぐる主な判決

   (4)職務発明に関する改正法と判例法理の意義

   4 職務著作をめぐる労使間の権利の調整に関する法規制

   (1)職務著作の例外性をめぐる論議 

   (2)職務著作の要件

   (3)職務著作の効果

  [演習問題]

 [第9章 育児・介護休業に関する問題 ―――少子高齢社会への対応]

 [本章の問題意識]

  一 育児・介護休業法の立法経緯と変遷推移

  二 育児休業制度の概要

   1 育児休業制度

   (1)育児休業の申し出による育児休業制度 

   (2)不利益取扱いの禁止

   (3)育児休業期間中の休業給付

   (4)労働者による休業期間の変更

   2 勤務時間短縮等の措置、看護休暇等

   (1)3歳までの措置義務

   (2)学齢年齢までの努力義務

   (3)看護休暇付与の義務化

   (4)労働者の配置に関する配慮義務

  三 介護休業制度の概要

   1 介護休業の申し出による介護休業制度

   (1)適用対象

   (2)適用除外と一定期間雇用者への適用

   (3)介護休業の内容

   (4)不利益取扱いの禁止

   (5)介護休業期間中の休業給付

   2 勤務時間短縮等の措置

  四 男女共に家族的責任を有する者の深夜勤務や一定時間異常の残業の免除請求権等

   1 男女共に家族的責任を有する労働者には深夜勤務や一定時間異常の残業の免除請求権がある

   2 家族的責任を有する労働者の深夜業の制限

   (1)概 要

   (2)深夜業の制限の対象となる労働者と事業主の義務 

   (3)深夜業制限の請求方法

   3 家族的責任を有する労働者の時間外労働の制限

   (1)時間制限

   (2)適用除外

   (3)時間外労働時間制限の請求方法

   4 不利益取扱いの禁止

  五 再雇用特別措置等の努力義務

  [演習問題]

●事項索引

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年4月23日 (水)

実務労働法講義 上 その1

【実務法律講義(4)】 

実務 労働法講義〔改訂増補版〕[上巻]-1-

平成18年5月17日発行

著 者:岩出 誠 

発 行:株式会社 民事法研究会

ISBN:4-89628-318-X C3332

目 次

【上 巻】

【第1編 労働法総論】

 [第1章 労働法とは何か] 

 [本章の問題意識]

  一 労働法の意義

  二 労働法における市民法理の修正

  三 我が国の労働法立法の潮流

  四 戦後労働立法の展開 ―――最近の再編

 [第2章 労働法の法源・類型]

 [本章の問題意識]

  一 憲法の労働基本権

   1 勤労の権利

   2 勤労条件の法定

   3 団結権、団体交渉権、団体行動権

   4 その他の憲法規定と憲法規定の法的性格

  二 実定法

   1 狭義の労働法

   2 広義の労働法

  三 その他の法源

   1 労働市場の法

   2 個別的労働関係法

   3 集団的労働関係法

   4 労働紛争処理法

   5 4類型の関係

 [第3章 労働法上の基礎概念]

 [本章の問題意識]

  一 各概念の相対性

  二 労働契約の意義

  三 労働者概念

   1 労働基準法上の労働者

    [事例研究]覇権労働者から個人事業主への変更

    (1)派遣法による3年継続使用後の直接雇用義務等による問題の拡大

    (2)労基法上の労働者

      [表1]労働契約と実務的対応策

    (3)事例研究への実務的対応策

    (4)役員と労働者(使用人兼務役員)

    (5)執行役と執行役員

   2 労働組合法上の労働者

  四 使用者概念

   1 労基法上の使用者

    (1)労基法10条の定義規定

    (2)定義規定設置の趣旨

    (3)使用者の意義

   2 出向・派遣労働関係における使用者

   3 事業場と使用者

【第2編 企業内での労使紛争類型とその処理に関する諸問題】

 [第1章 労基法上の基本原則と就業規則等をめぐる諸問題]

 [本章の問題意識]

  一 労働関係の基本原則

   1 労働条件のあり方

   2 労働条件の労使対等決定とその遵守

   3 均等待遇の原則

   4 不当な人身拘束の禁止

   (1)強制労働の禁止

   (2)契約期間の制限

   (3)賠償予定の禁止

   (4)前借金相殺の禁止

   (5)強制貯金の禁止・任意的社内預金への管理

   5 中間搾取の排除

   6 公民権行使の保護

   7 寄宿舎への規制

  二 労基法の適用範囲

  三 労基法の実効性の確保

   1 労基法の効力

   (1)強行的・直律的効力

   (2)労働契約が無効な場合の処理

   (3)付加金

   2 労働基準監督行政と刑事罰

   (1)監督機関の組織

   (2)監督機関の権限

   (3)監督機関への申告

   (4)罰 則

  四 就業規則作成の必要性

   1 労基法上の就業規則作成義務

   2 就業規則の性格とその作成の趣旨

   3 近時の就業規則作成の必要性

  五 就業規則の作成・改正手続

   1 労基法上の作成・改正手続

   (1)手続の概要

   (2)一括届出制度

   2 意見聴取の意味

   3 周知方法

   4 社内LANでの閲覧

  六 就業規則の記載事項

   1 絶対的必要記載事項と相対的必要記載事項の区別

   2 絶対的必要記載事項

   3 相対的必要記載事項

  七 就業規則の有効要件

  八 就業規則の不利益変更の効力 ―――賃金の切り下げを中心として

   1 合理性の存否による判断

   (1)不利益変更の合理性の存否が決め手

   (2)役職定年制による高年齢層の賃金の引き下げ

   (3)完全週休2日制の導入に伴って延長された労働時間による残業手当ての減額

   (4)最高裁判例の整合的解釈の可否

   (5)職能資格・等級や成果主義賃金制度等の導入等の見直しによる引き下げ

   (6)全従業員についての賃金原資を一定割合での一律減額

   (7)旅費規定等の内規の改正による切り下げ

   (8)不利益な変更遡及の不能

   (9)労働契約法制研究会との合意による引き下げ

   2 労働協約または組合との合意による引き下げ

   3 労使慣行の不利益変更

   (1)労使慣行

   (2)労使慣行の認定について

   (3)慣行廃棄の方法

  九 労働契約・就業規則・労働協約の3者の関係

  十 就業規則、労使協定と労働協約の意義と関係

   1 労使協定制度の拡大

   2 労働協約と労使協定の相違

  [演習問題]

 [第2章 採用・就職(労働関係の成立)に関する問題]]

 [本章の問題意識]

  一 求人・募集への職業安定法等による規制

   1 求人方法についての職業安定法の規制

   2 職業紹介に関する規制

   (1)職業紹介の意義

   (2)法文の定義

   (3)求人・休職の申込み

   (4)雇用関係

   (5)あっ旋 

   (6)その他

   3 労働者の「募集」の意義

   (1)労働者の募集の概念

   (2)労働者募集の態様

   (3)親企業を冠した企業グループ

   4 従業員による募集への規制

   5 差別的取扱いの制限・禁止等

   6 採用時の調査への行政指導

   7 労働条件の明示義務

   (1)意 義

   (2)趣旨・目的

   (3)明示すべき労働条件

   (4)制 裁 

   8 虚偽広告への罰則

   (1)意 義

   (2)「虚偽」の意義

   (3)非事業的募集行為等への適用 

   9 違法労働条件の事業場への募集の禁止

   (1)意 義

   (2)趣旨・目的

   (3)違法労働条件の意義 

  10 有害業務への募集等の意義

   (1)意 義

   (2)趣旨・目的

   (3)「有害」業務の意義

   (4)「有害業務に就業させる目的」の意義

   (5)非事業的募集行為への適用

  二 採用に関する法規整

   1 「採用の自由」

   (1)採用の自由

   (2)採用の自由の限界

   (3)採用基準としての健康障害 ―――HIV感染、ウィルス肝炎、精神障害などへの対応問題 

   2 内 定

   (1)就職協定廃止の影響などによる内定期間の長期化

   (2)内定とは

   3 試用期間と本採用

   (1)一般的な本採用への経過

   (2)試用期間

   (3)試用期間の長さ・延長

   4 内定取消し・本採用拒否への法的規制

   (1)合理的理由が必要

   (2)内定取消し

   (3)本採用拒否 

   (4)試用のために労働契約に付した期間に関する判例法理 

   5 身元保証・採用時の誓約書等

   (1)身元保証の意味

   (2)責任の制限

   (3)諸事情の考慮 

   (4)企業の従業員に対する求償権の制限 

   (5)誓約書等をめぐる問題

   6 インターンシップ

   (1)インターンシップの意義と普及

   (2)インターンシップの「労働者」性

   7 労働契約の締結

   (1)書面化は義務付けられていない

   (2)労働条件の明示義務

   (3)見込み賃金と労働条件の明示との関係 

   (4)契約の成否

   [演習問題]    

 [第3章 非典型雇用に関する問題]

 [本章の問題意識]

  一 期間雇用契約に関する法的諸問題

   [事例研究]パートタイマー等の有期雇用契約労働者の雇止め

   1 期間雇用労働者

   (1)期間雇用労働者の意義と類型 

    [有期労働契約の4タイプ]

   (2)期間雇用に関する法律の対応

    [有期労働契約の締結、更新及び雇止めに関する基準]

   (3)期間雇用の打ち切り(雇止め)に関する法律・判例の対応

    [有期労働契約の6項目の判断要素] 

   [事例研究]学生アルバイトの雇止め

   2 期間の定めある労働契約の中途解約に関する問題

   (1)民法628条の「やむを得ない事由」 

   (2)期間の定めある労働契約の中途解約と解雇予告

  二 パートタイマー等への処遇上の対応

   [事例研究]パートタイム労働等のへの処遇上の対応

   1 パートタイム労働者への労働法の適用関係

   (1)パートなどにも労基法は適用される

   (2)新パートタイム労働指針による労働関係法規の適用関係

      [労働条件通知書(雇入通知書)]

   (3)6ヵ月勤続後の年休

   2 パートタイム労働者と就業規則

   (1)原則的には別規程が望ましい

   (2)パートなどへの就業規則がない場合

   3 パートタイム労働者と就業規則

   (1)パートなどへの就業規則等による格差の是認

   (2)準社員的なパートなどと正社員との格差の合理的範囲

   4 シフトの一方的減少、増加、時間帯の変更等に関する問題

   (1)使用者の人事権とその限界

   (2)雇用契約上の制限の有無・内容

   5 シフトの変更拒否の場合の効果

   (1)更新拒絶の効力 

   (2)懲戒処分

   (3)賃金差額請求の可否 

  三 派遣労働者・事業内下請労働者等

   1 労働者派遣法の概要

   (1)概 説

    【図1】労働者供給と請負の関係図

    【図2】他企業労働者の利用の関係図

   (2)適用対象業務への制限の原則廃止 ―――平成15年改正派遣法

    (ア)26専門的業務以外の派遣期間の延長

    (イ)「26専門業務」の3年の期間制限の指導の廃止等

    (ウ)短期間の雇用契約の反覆更新への指導

    (エ)派遣期間に制限がない業務の追加

    (オ)物の製造の業務等への労働者派遣事業の拡大 

   (3)禁止業務の違法派遣の場合の派遣契約の効力

   (4)派遣事業の種類による許可または届出

   (5)派遣元事業主および派遣先が講じなければならない一定の措置 

   (6)労基法等の適用関係

   (7)労働保険、社会保険関係の適用関係

   (8)二重派遣と派遣のあっ旋 

   (9)紹介予定派遣

   2 事業場内下請労働者等をめぐる法的諸問題

    [事例研究]業務請負と派遣労働との差異

   (1)業務委託等と区分基準の関係 

   (2)区分基準違反の場合の法律関係

   (3)事例研究への対応策

   (4)紛争予防策

   3 派遣と業務的出向の関係 ―――労働者派遣と在籍型出向との差異

    【図3】労働者派遣と在籍型出向との差異の図解

   4 派遣労働・事業内下請労働者等をめぐる実務的諸問題

   (1)派遣労働・事業内下請労働者等の不法行為と企業責任

    [事例研究]派遣労働者の不始末への派遣元責任

   (2)派遣労働者・事業内下請労働者等へのセクシュアル・ハラスメント責任

   (3)派遣労働者・事業内下請労働者等の労災への企業責任  

    [事例研究]下請労働者の労災への元請責任

   (4)派遣労働者・事業内下請労働者等と知的財産権の権利調整

   5 派遣労働者・事業内下請労働者等から個人事業主(個人請負・フリーランサー等)への変更

    [事例研究]個人請負への変更

   (1)改正派遣法による直接雇用義務等による問題の拡大 

   (2)事例研究への対応策

   [演習問題]

 [第4章 労働時間に関する問題] 

 [本章の問題意識]

  一 週40時間制 ―――労働時間に関する法律の規制とは

   1 労働時間規制の推移

   2 規制の原則

   3 労働時間の算定単位

   4 労働時間管理義務・責任

   5 労働時間はどうやって算出されるのか

   (1)労働時間の定義

   (2)具体的な労働時間算出

  二 変形労働時間制

   1 変形労働時間制とは

   2 変形制種類

   (1)1ヵ月単位の変形性 

   (2)1年単位の変形制

   (3)労働時間の特定

   (4)変形制と時間外労働等 

   (5)変形制の適用制限

  三 フレックスタイム制

   1 フレックスタイム制とは

    【図1】フレックスタイムの図解

   2 フレックスタイム制の要件

   3 フレックスタイム制の効果

   (1)基本的効果

   (2)時間外労働となる時間

   (3)清算期間中の実労働となる時間

   4 フレックスタイム制におけるその他の法律問題

   (1)深夜労働・休憩

   (2)コアタイムと遅刻・早退・欠勤

   (3)年休における出勤率算定上の問題

   (4)フレックスタイム制の臨時解除の可否 ―――フレックスタイム制と業務命令 

   (5)組合活動とフレックスタイム制

   (6)フレックスタイム制の要件等への違反の交換

   5 フレックスタイム制の適用制限等

   6 その他の残された諸問題

  四 みなし労働時間制 ―――法定外みなし制と事業場外労働

   1 みなし労働時間制の意義

   2 法定外みなし制

   3 事業場外労働・裁量労働の場合

  五 裁量労働制

   1 裁量労働制の2類型

   2 専門業務型裁量労働制

   (1)対象専門業務

   (2)適用要件

   (3)裁量労働制の効果

   3 企画業務裁量労働制

   (1)対象業務

   (2)企画業務型裁量労働制導入の条件

   (3)規制の緩和

   (4)裁量労働以外の労使委員会の決議要件の緩和 

   (5)対象労働者の同意

   (6)実務への影響

  六 休 憩

   [事例研究]休憩時間の電話番

   1 休憩時間付与義務

   2 休憩時間とは   

   3 休憩時間の自由利用の原則

   4 一斉取得の原則と労使協定による免除

   5 事例研究への対応策 

   6 紛争予防策

  七 週休制の原則

   1 労基法の求める週休制

   2 法定外休日

   3 休日の単位・曜日等

   4 振替休日と代休

   (1)労基法の求める週休制と休日振替え

   (2)2つの振替え

   (3)「事前の振替え」と振替休日

   (4)「事後の振替え」と代休 

   (5)法定外休日の振替え

  八 時間外・休日労働・深夜労働

   1 時間外労働・残業・休日出勤

   2 36協定と時間外労働の基準等

   (1)時間外労働・休日労働させるには36協定が必要

   (2)時間外労働の限度に関する基準

     [表2]時間外労働の限度に関する基準

     [表3]変形労働時間制対象者の延長時間の限度

   (3)労働者過半数代表者選出手続

   3 早出・残業の命令には従わなければならないのか

   (1)始業・就業時刻の繰上げ・繰下げとの関係

   (2)時間外労働・残業させるには36協定が必要

   (3)36協定だけでは残業させられない

   (4)就業規則に基づく残業命令違反には懲戒解雇もあり得る

   (5)1回の残業拒否が直ちに懲戒解雇ではない

   4 深夜労働にはどういう規制があるのか

   (1)原始的規制は割増賃金支払義務意外にはない

   (2)年少者の深夜労働の禁止

   (3)妊産婦の深夜労働拒否権

   (4)家族的責任を有する労働者の深夜労働の制限

   (5)労基法の労働時間制適用除外者への深夜割増

   (6)管理監督者、裁量労働制や深夜業務に就労する者への深夜割増賃金の算出方法

  九 休 暇

   1 法定休暇と法定外休暇

   (1)法定休暇と法定外休暇とは

   (2)法定外年休の取扱い

   (3)明確な区分なき場合の法定年休規定の適用

   2 年次有給休暇

   (1)年次有給休暇の取得要件と付与日数

     [表4]一般の労働者に対する付与日数

     [表5]所定労働日数の少ない労働者に対する比例付与日数

   (2)「継続勤務」の意味

   (3)年休に関する労基法の規制

   3 長期の年休(連続休暇)と時季変更権

   (1)年休に対する時季変更権とは

   (2)「事業の正常な運営を妨げる場合」とは

   (3)年休付与とには配慮義務

   (4)長期休暇の場合には事前調整が必要 

   4 不利益取扱い禁止の意義

   (1)行政当局の見解

   (2)判例とその問題点

  十 事業・業務の特殊性による労働時間規制の緩和

   1 事業・業務の特殊性による労働時間、休憩、休日規定の適用除外

   2 管理監督者

    [事例研究]管理職への労働時間規則

   (1)労基法上の管理・監督者に当たるか

   (2)管理・監督者の判断基準

   (3)裁判所での判断基準

   (4)スタッフ職の取扱い

   (5)裁判例の具体的判断基準と現実に即した判断の必要性

   (6)管理職のタイム・カード利用の意味

   (7)深夜勤務手当の取扱い 

   (8)みなし手当としての解決

   (9)事例研究への対応策

  (10)紛争予防策

    [演習問題]

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年4月22日 (火)

月刊現代 2008年5月

月刊現代

2008年5月1日発行

第四十二巻 第五号

発行人:渡瀬昌彦

編集人:加藤晴之

発行所:株式会社 講談社

雑 誌:03423-05

CONTENTS

【特 集】危機の平成皇室

[新家族論]父と子「宿命の相克」………保阪正康(ノンフィクション作家)

  ――皇太子が「天皇」を自覚する日――

 宮中祭祀の廃止も検討すべき時が来た

  注目論考 皇太子一家「新しい神話づくり」の始まり………原 武史(明治学院大学教授)

ヤメ検 ―――司法に巣喰う生態系の研究[特別版]

 収監直前インタビュー! 田中森一「ヤメ検が堕落するとき」………構成/森 功(ノンフィクションライター)

立花 隆「私の護憲論」[第2弾]たった一人の証言者

【球春到来】

 長嶋イズムなき巨人に未来はあるか………柏英樹(ジャーナリスト)

 日本ハムファイターズ 社長 

  藤井純一の球団再生術………柳川悠二(ノンフィクションライター)

【巻頭言】辺見 庸 潜思録 底光り 

【大学サバイバル最前線ルポ】教職員には転職組がズラリ、公立校をM&A………これが大学か!?

  「株式会社 立命館」の挑戦 <前編> 早慶を追撃する金融資産拡大の論理………井上久男(ジャ-ナリスト)

【政界ディープスロート】

 誰が「福田倒閣」を仕掛けたか………国平修身(政治ジャーナリスト)

【スポーツ・ラジカル派宣言(184)】

 大失速・高橋奈緒子「Qの悲劇」の真相………二宮清純(スポーツライター)

【ポジティブな大人になる! ジーンズフィフティ】

 「銀河」[3.14廃止]に群がる“撮り鉄”たちにため息ひとつ

  ぶらり鉄道「昭和の旅」東海編………関川奈央(作家)

 ひょっとすると会社に騙されているかもしれません

  「給与明細」徹底解読講座 第1回 勤怠欄………北村庄吾(総合事務所ブレイン代表・社会保険労務士)

 あなたの「常識」間違ってます!

  中高年こそスローセックス………アダム徳永(セックス・セラピスト)

 [体当たりレポート]まだまだ間に合うアンチエイジング

  ED・ハゲ・老眼を克服せよ………藤倉慎也(ライター)

 割に合いません

  それでも「シニア保険」に入りますか?………稲毛由佳(社会保険労務士)

 日本医師会「解体新書」 

  辰濃哲郎(ノンフィクション作家)と「医薬経済」特別取材班

  第3回 医療を歪める「利権」と「プライド」

【山口・光市母子殺害事件】面会15回「元少年」の素顔と肉声………綿井健陽(ジャーナリスト)

名門校ライバル物語 第9回 仙台第一高等学校 vs. 仙台第二高等学校………宮島英紀(ルポライター)

国家の嘘 第8回 ベルリン墜落………佐藤 優(作家・起訴休職外務事務官)

室井 滋のほろ酔い美女対談 BARシゲルへようこそ

 [第16回ゲスト]小池栄子

ウォーク・ドント・ラン

 急がば回れ[4]岡林信康 山村で唄う………平野 肇(作家)

「せめて昼メシ」講座 

 最終回 思い出と妄想(?)いっぱいの愛情弁当………江上 剛(作家) 

シモネッタの

 「本能三昧」イタリア紀行………田丸公美子(イタリア語通訳・エッセイスト)

長谷川滋利のメジャー通! 最終回

抱腹舌倒 永六輔 vs. 矢崎泰久 人生道中膝栗毛[37]

 モテてモテて困ってしまったあのころの話

グラフ

 ●50歳からのスローセックス

 ●受け継がれる志[42] 私立福岡女学院高等学校

 ●MY BEST SONG[12] 黒鉄ヒロシ  

 ●絶景鉄道の旅[65] 高山本線

 ●BARシゲルへようこそ[16]小池栄子

本のエッセンス 278

 ●書 評/亀井洋志、田岡俊次、海老沢泰久

 ●受賞作を読む/関口苑生

 ●ちょっと古い本の店/池内 紀

 ●ほんのおツマミ/南 伸坊

第42回吉川英治文学賞、第29回吉川英治文学新人賞、第42回吉川英治文化賞発表

早耳・空耳・地獄耳

Top Secret 音羽人事観測所

山藤章二のぼけせん町内会

中高年のためのやり直し算数道場/歌丸優一・花摘香里

教養としての漢詩/林田慎之介

父さんはおかんむり 秋月りす 

No-rio 世界ブーイング………山井井教雄

将棋/島 朗

囲碁/大竹英雄

ビジネスINFORMATION

ロビー

| | コメント (0) | トラックバック (1)

菅野「労働法」第8版 2008年

労働法 第八版

平成20年4月15日発行

著 者:菅野 和夫

発行者:鯉渕 友南

発行所:株式会社 弘文堂

ISBN:978-4-335-30241-1 C1332

目 次

第1編 総 論

 第1章 労働法の意義と沿革

  1.「労働法」の意義

  2.労働関係における市民法の原理とその修正

  3.わが国労働法の沿革

  4.戦後労働法の発展と再編成

  5.労働法の普遍性と専門性

 第2章 憲法上の基本規定

  1.憲法27条・28条の基本的性格

  2.勤労の権利(憲法27条1項)

  3.勤労条件の基準の法定(憲法27条2項・3項)

  4.団結権・団体交渉権・団体行動権(憲法28条)

   (1)総 説 

   (2)団結権

   (3)団体交渉権

   (4)団体行動権

第2編 労働市場の法

 第1章 総 説

  1.法規整の基本原則

  2.法規整の変遷

 第2章 各 説

  1.雇用対策の基本 ―――雇用対策法

  2.求人休職の媒介 ―――職業安定法

  3.職業能力の開発 ―――職業能力開発促進法

  4.失業者・雇用中断者等に対する保険給付 ―――雇用保険法

  5.雇用の促進と失業の予防

第3編 個別的労働関係法

 第1章 個別的労働関係法総説

  第1節 労働契約の意義と特色

   1.労働契約の意義

   2.労働契約の基本原則

   3.労働契約の権利義務の体系

  第2節 個別的労働関係法の構造・適用範囲・効力

   1.個別的労働関係法の構造

   2.労働契約法・労働基準法の適用範囲

   3.労働契約法・労働基準法の適用対象である「労働者」

   4.使用者

   5.労働基準法の効力

   6.労働基準監督の行政

  第3節 就業規則の意義と効力

   1.就業規則の意義

   2.就業規則の作成・変更に関する労働基準法の規制

   3.就業規則の労働契約に対する効力 ―――判例法理

   4.就業規則の労働契約に対する効力 ―――労働契約法による明確化

 第2章 労働関係の成立に関する法規整

  第1節 採用の自由

   1.採用の自由の根拠と限界

   2.採用の自由の内容

  第2節 労働条件の明示

   1.労働契約法の理念規定

   2.労働基準法による労働条件の明示義務

  第3節 採用内定

   1.問題の所在

   2.始期付解約権留保付労働契約成立説の確立

   3.採用内定取消しの適法性

   4.採用内定関係

 第3章 労働関係の展開に関する法規整

  第1節 基本的法規制

   第1款 労働者の人権の擁護

    1.均等待遇の原則

    2.不当な人身拘束の防止

    3.中間搾取の排除

    4.公民権行使の保障

    5.寄宿舎 ―――生活の自由・安全衛生

    6.労働者の人格敵利益の保護

    7.労働関係における個人情報の保護

   第2款 雇用における男女の平等

    1.労基法の男女同一賃金原則

    2.男女平等取扱いの公序法理

    3.男女雇用機会均等法

  第2節 過渡的労働関係 ―――試用

   1.典型的制度とその法的構成

   2.留保解約権行使の適法性

   3.期間雇用的な過度的労働関係への試用法理の拡張

   4.試用期間の長さ・延長・中断

  第3節 非典型の労働関係

   第1款 期間雇用労働者

    1.期間雇用の意義と種類

    2.期間雇用の立法規制

    3.期間雇用の満了による雇止めに関する判例法理

    4.期間雇用労働者の期間途中の解雇

   第2款 パートタイム労働者

    1.緒説 ―――平成19年パートタイム労働法改正

    2.パートタイム労働者と一般労働者

    3.パートタイム労働法

   第3款 他企業労働者の利用

    1.他企業労働者の利用の類型

    2.業務処理請負

    3.労働者派遣

  第4節 賃  金

   第1款 賃金の意義と体系

    1.「賃金」の意義

    2.賃金に関する民法の諸原則

    3.賃金に関する労働法の規制

    4.賃金の制度と額をめぐる諸問題

   第2款 労基法による賃金の保護

    1.賃金の未払に関する諸原則

    2.休業手当

    3.出来高払の保障給

   第3款 最低賃金法

    1.最低賃金制度の変遷

    2.最低賃金法の内容

   第4款 賃金債権の履行の確保

    1.労基法上の履行の強制

    2.民法による先取特権の付与

    3.倒産手続における賃金債権の保護

    4.賃確法

  第5節 労働時間・休暇

   第1款 労働時間・休日の原則

    1.労働時間の原則

    2.休憩時間の原則

    3.週休制の原則

    4.労働時間・休憩・休日原則の適用除外

    5.労働時間の概念

   第2款 時間外・休日労働

    1.時間外・休日労働の規制のあり方

    2.非常事由による時間外・休日労働

    3.三六協定による時間外・休日労働

    4.時間外・休日・深夜労働の割増賃金

   第3款 法定労働時間の弾力化 ―――変形労働時間制

    1.1ヵ月以内の期間の変形労働時間制

    2.1年以内の期間の変形労働時間制

    3.1週間単位の非定型的変形労働時間制

    4.変形労働時間制の適用の制限

   第4款 主体的で柔軟な労働時間制度

    1.フレックスタイム制

    2.裁量労働制

   第5款 年次有給休暇

    1.年休制度の概要と法改正

    2.年休権の発生

    3.年休の時期の特定

    4.年休の使途

    5.未消化年休の処理

    6.年休取得と不利益取扱い  

    7.法定外年休

  第6節 安全衛生

   1.労働安全衛生法

   2.労安衛法の関連法

  第7節 女性・年少者の保護

   第1款 年少者の保護

    1.未成年者との労働契約締結に関する特別規制

    2.年少者の労働時間

    3.深夜業の禁止

    4.年少者の安全・衛生に関する特別規制

   第2款 女性の母性保護

    1.労基法上の女性保護規定の変遷

    2.女性の一般的保護規定の撤廃

    3.母性機能に有害な業務への就業禁止

    4.産前産後の保護

    5.育児時間

    6.生理日の就業が困難な場合の休暇

  第8節 高齢・少子社会の就業援助

   1.緒 説

   2.育児休業

   3.介護休業

  第9節 労働災害の補償

   第1款 序 説

    1.労災補償制度の基本的性格と特徴

    2.わが国の労災補償制度の発展

   第2款 労災保険法の概要

    1.労災保険制度の仕組み

    2.業務災害に関する保険給付

    3.通勤災害に関する保険給付

   第3款 法定外補償

    1.民法上の損害賠償請求

    2.労災上積み補償制度

  第10節 企業秩序と懲戒

   第1款 企業秩序

    1.服務規律

    2.企業秩序

    3.労働者の内部告発の保護

   第2款 懲 戒 

    1.懲戒処分の意義

    2.懲戒権の根拠と限界

    3.懲戒の手段

    4.懲戒の事由

    5.懲戒処分の有効要件

  第11節 人  事

   第1款 教育訓練

    1.企業における教育訓練

    2.教育訓練を命ずる権利・受ける義務

   第2款 昇進・昇格・降格

    1.昇 進

    2.昇 格

    3.降 格

   第3款 配転・出向

    1.配 転

    2.出向・転籍

   第4款 休 職

    1.休職の意義と種類

    2.法規制

 第4章 労働関係の終了に関する法規整

  第1節 解雇以外の終了事由

   1.期間の定めある労働契約における期間の満了

   2.合意解約

   3.辞 職

   4.定年制

   5.当事者の消滅

   6.企業再編成と労働契約

  第2節 解  雇

   1.概 説

   2.労基法による解雇の予告義務

   3.労働契約法上の解雇権濫用規制

   4.特別の事由による解雇制限

   5.変更解約告知

第4編 団体的労使関係法

 第1章 労働組合の結成と運営

  第1節 序  説

   1.労働組合に関する法律政策

   2.従業員代表制

   3.労働組合に関する現行法の概観

   4.労働組合の形態・種類

  第2節 労働組合の概念と要件

   1.現行法上の労働組合の概念

   2.法適合組合の要件

   3.資格審査

  第3節 労働組合の組織と運営

   1.労働組合の自治とその法規制

   2.組合員資格の得喪

   3.ユニオン・ショップ

   4.労働組合の機関

   5.労働組合に対する使用者の便宜供与

   6.労働組合の財政

   7.労働組合の統制

  第4節 労働組合の組織の変動

   1.解 散

   2.組織変更

   3.分 裂

   4.合 同

 第2章 団体交渉

  第1節 総  説

   1.団体交渉の意義

   2.団体交渉の法的取扱い

   3.団体交渉の諸形態

   4.労使協議制

  第2節 団体交渉の主体・対象事項・手続

   1.団体交渉の主体

   2.団体交渉の対象事項

   3.団体交渉の手続・態様

  第3節 団体交渉拒否の救済

   1.労働委員会による救済

   2.裁判所による救済

 第3章 労働協約

  第1節 総  説 ―――労働協約の法的取扱い

   1.労働協約の意義・機能・法的取扱い

   2.労働協約の法的性質

  第2節 労働協約の成立要件

   1.当事者

   2.内 容

   3.要 式 

  第3節 労働協約の効力

   1.労働協約の効力の体系

   2.規範的効力

   3.債務的効力

  第4節 労働協約の効力拡張(一般的拘束力)

   1.事業場単位の一般的拘束力

   2.地域的な一般的拘束力

  第5節 労働協約の終了

   1.労働協約の終了事由

   2.労働協約終了後の労使関係

 第4章 団体行動

  第1節 団体行動の法的保護の内容

   1.団体行動の法的保護・序説

   2.争議行為の法的保護

   3.組合活動の法的保護

  第2節 団体行動の正当性

   1.「正当性」の意義

   2.争議行為の正当性

   3.争議行為以外の団体行動(組合活動)の正当性

  第3節 正当性のない争議行為と法的責任

   1.損害賠償責任

   2.懲戒処分

  第4節 争議行為と賃金

   1.争議行為参加者の賃金

   2.争議行為不参加者の賃金

  第5節 使用者の争議対抗行為

   1.操業の継続

   2.ロックアウト

 第5章 不当労働行為の禁止

  第1節 不当労働行為救済制度

   1.不当労働行為救済制度の意義

   2.不当労働行為救済制度の目的

   3.不当労働行為救済制度の特色

  第2節 不当労働行為の成立要件

   1.概 説

   2.不利益取扱い

   3.団体交渉拒否

   4.支配介入

   5.共通の不当労働行為

  第3節 不当労働行為の私法上の救済(司法救済)

   1.不当労働行為禁止の私法上の効果

   2.私法上の救済(私法救済)の内容

第5編 労働関係紛争の解決手続

 第1章 労働関係紛争解決手続の全体像

  第1節 労働関係紛争の概念と解決手続

   1.労働関係紛争の概念

   2.労働関係紛争の種類と解決手続

   3.労働関係紛争の変化

   4.労働関係紛争の特色と解決手続のあり方

  第2節 労働関係紛争の解決システムの全体像

   1.企業内における紛争防止・解決システム

   2.労働関係紛争の公的解決手続

 第2章 行政による労働関係紛争解決手続

  第1節 労働局による個別労働紛争の相談・あっせん手続

   1.個別労働関係紛争解決促進法

   2.労働局による相談・助言指導

   3.紛争調整委員会によるあっせん

  第2節 労働委員会による労働関係紛争の解決手続

   第1款 労働委員会

    1.総 説

    2.労働委員会の種類

    3.労働委員会の構成

    4.労働委員会の権限

    5.労働委員会制度の特色

   第2款 労働委員会による労働関係紛争の調整手続

    1.争議調整総説

    2.労働関係調整法による調整手続

    3.個別労働関係紛争の調整手続

   第3款 不当労働行為の行政救済手続

    1.総 説

    2.初審手続

    3.再審査手続

    4.取消訴訟

 第3章 裁判所による労働関係紛争の解決手続

  第1節 労働審判制度

    1.労働審判手続の成立

    2.労働審判手続の特色

    3.労働審判手続のの内容

  第2節 民事通常訴訟

    1.管 轄

    2.訴えの提起

    3.争点整理手続

    4.証拠調手続

    5.判 決

    6.控訴手続

    7.上告手続

  第3節 保全訴訟

    1.保全訴訟の概要

    2.仮処分の申立て

    3.仮処分事件の審理

    4.仮処分の決定

    5.仮処分異議手続・取消手続

    6.仮処分決定に対する抗告

  第4節 少額訴訟

    1.少額訴訟制度の概要

    2.少額訴訟の手続

  第5節 民事調停

    1.民事調停制度の概要

    2.民事調停の手続

索引[事項・判例索引・労働委員会命令一覧]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ダ・ヴィンチ」2008年5月

「テレプシコーラ」はぜんぜんおどりにはいりませんねえ。

ダ・ヴィンチ 5月号
平成20年5月6日発行
リニューアル第1号
発行人:芳原世幸
編集人:横里 隆
発行/発売:メディアファクトリー
雑 誌:05947-5

CONTENTS
●特集1
 三ツ星☆☆☆
 ワンコイン文庫
 U-500(アンダー)、ワンコインでこんなに美味しい!
 (得)ブックガイド&文庫あれこれコラム
 エド・はるみのレッツレッスンワンコイン文庫講座
 あの人の三ツ星☆☆☆文庫 お買い物企画
 半田健人/多部未華子
●特集2
 マンガ大賞2008決定!!
 マンガ大賞2008決定!
 大賞作品『岳』大解剖
 “マンガ読み”が手弁当で作った賞
 実行委員が語る“まんたい”
 たった1票!! だからこそ面白い偏愛マンガ
●特集3
 夜通し、話したいことがある。
 文化系トークラジオLife
●STUDIO INTERVIEW 蒼井 優
●あの人と本の話
  谷村美月
  フルカワミキ
  水谷 豊
●今月のBOOKMARK EX
 『風花』川上弘美
 『はたらきたい。』糸井重里
 『叱り叱られ』山口 隆(サンボマスター)
 『新世界より』『孤火の家』貴志祐介
●今月のBOOKMARK
 『鼓笛隊いの襲来』三崎亜記
 『くまとやまねこ』湯本香樹実
 『Every Breath』瀬名秀明
 『主題歌』柴崎友香
 『プロトコル』平山瑞穂
 『百年の誤読 海外文学編』
   豊崎由美×岡野宏文
【ブンゲイ・ ダ・ヴィンチ】
 山本 幸久[山本くんには友達がいない]最終回
 関口 尚 [ムーン・ショット]最終回
 村崎 友 [修学旅行は終わらない]
 橋本 紡 [図書館近くの鍋焼き屋]最終回
【ブンコ ダ・ヴィンチ】
 あさのあつこ インタビュー
【コミック ダ・ヴィンチ】
 イエスとブッダが立川でルームシェア!>
 聖☆おにいさんのドタバタデイズ
【幽・怪談之怪】  
  第2回 『幽』怪談文学賞短編部門優秀賞受賞
  長島 槇子 インタビュー
 シネマ ダ・ヴィンチ
 ゲーム ダ・ヴィンチ
 ミュージック ダ・ヴィンチ 
●好評連載中
 アラーキー「裸ノ顔」 塩谷 瞬
 北尾トロ「走れ!トロイカ学習帳」
 愛と怒りの中間点
 本谷有希子 新連載「みんなごめん」
 山岸涼子
  「テレプシコーラ/舞姫 <第2部>」
 マギーさんの読書占い
 宮台真司 「オン・ザ・ブリッジ」最終回
 おおたうに 「和の色 洒落色」
 小栗左多里&トニーラズロ
  「ダーリンの頭ン中」
 呉 智英のマンガ狂につける薬
 穂村 弘 新連載「短歌ください」
 しりあがり寿 
  新連載「ほーい★メメントモリ」
 佐藤 優×さとう珠緒
  新連載「インテリジェンスの秘密の授業」
 爆笑問題の日本史原論
 名越康文×橋口いくよ
  新連載 「東京西遊記」
 岡野宏文 × 豊崎由美 
  「先生、ここがわかりません! 中3国語再入門」
 加藤七海のお祓い暮らし[砂]
 根本きこ「おかあさんの読書時間」
 大田垣晴子 「箱暮らし」 
●コラム新連載
 川上未映子/キリンジ
 多部未華子/徳井義実(チュートリアル)
 東村アキコ/万城目 学
 飛田和緒/前川知大
●PUBLISHER NEWS&BOOK REVIEW
 今月の「絶対はずさない! プラチナ本」
 出版 ニュース CLIP
  新進放送作家インタビュー/瀬川 深
 担当編集者イチオシ本
 編集者の手前みそ
 本屋さんの時間
 ダ・ヴィンチ Book Watcherの絶対読んでトクする20冊
 今月の注目本130
 復活 百人書評『女性の品格』
 [旬の本棚]
  地球を感じる写真集
  いまどきのママとパパの本
 厳選!! 注目の新刊コミック
 読者なんでもランキング・リターンズ
 この本にひとめ惚れ
●davinci pickup
 『Someday ちいさなあなたへ』を贈りたい!
 『星に降る雪/修道院』池澤夏樹
 『別冊 図書館戦争1』有川 浩
 コミックスに、文庫も刊行!!
  さらにひろがる! 森見ワールド
 あなたを元気にしてくれる本、きっとみつかる。
  ポプラ文庫、創刊。
 「感動ノンフィクション大賞」発表
 近代文學探訪 第六回
  著名作家が語る、私の好きな近代文学
 吉田修一が語る、
  芥川龍之介『トロッコ』
 アニメ脚本家への登竜門
  第7回アニマックス大賞募集!
 毎月の新刊やイベント&フェア情報をお届けします
  BOOKS KOBUNSHA <光文社書店>
 高感度の人々の間で静かに話題のギャグマンガ
  黄島天心『くままごと』ブレイク寸前!
 今月の新刊文庫・新書情報
 今月の新刊コミック情報
 プレゼント付き読者アンケート&今月のしあわせ者
 バックナンバーのご案内
 WEBダ・ヴィンチのお知らせ
 次号予告
●TOPICS
 第3回 ダ・ヴィンチ文学賞最終候補発表&第3回『幽』怪談文学賞募集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊ダイヤモンド 2008年4月12日

週刊ダイヤモンド

平成20年4月12日発行 

第96巻 第15号

発行所:株式会社 ダイヤモンド社

雑 誌:20242-4/12

C O N T E N T S

【特 集】

 後悔しない 「老後」

 知らないと損する老後の全情報

 充実したセカンドライフを送りたい。

 50代になれば、誰しも考えることだろう。

 女性(妻)の意識も大きく変わった。

 思いどおりの老後になるとは限らない。

 本特集は7分野にわたって楽しく生き抜くための知恵と工夫をできるだけ探ってみた。

[Part1]暮らし

       早いうちから始めよう 会社とは別のネットワークづくり

       <Interview> 東京大学大学院教授●上野千鶴子

       <Interview> 東京大学名誉教授●養老孟司

[Part2]住まい

       あなたに最適な住まいは? 理想的な“終の棲家”の選び方

       <田舎暮らし> 便利さと引き換えの至福 “夢の生活”への覚悟と準備

       <海外移住>  まずはロングステイから それから判断しても遅くない

       気の合う仲間と暮らす老後: “脱・家族”の新しい住まい

[Part3]仕事・起業

       <再就職> 大企業の出身者は要注意! 決め手は相手の気持ちを読む力

       <起 業> 定年後にするなら好きな仕事で 入念な準備と低リスクが条件

       <ボランティア> 森づくりから介護まで 多彩な分野を支えるシニア層

[Part4]おカネ

       最低必要な貯蓄は3000万円 多くが1000万円以上不足

       <年 金> 老後の収入の柱は公的年金 もらえる額を計算してみよう

       <運 用> 虎の子の“退職金”はリスクを取らないほうが無難

       <保険の見直し> 大型の死亡保障は不要 割高で制約多い医療保険に注意

[Part5]介護・医療

       介護保険の制約に風穴を開ける厳選“使える在宅サービス”

       <アンチエイジング> いまや美容だけにとどまらない “不老長寿”を目指す究極の医療

[Part6]相 続

       節税よりも“争族”対策が大切 子どもの争いはあなたの責任

       遺言作成から執行まで支援: この5年で倍増した「遺言信託」

[Part7]死に方

       50~60代が最も危険 増え続ける孤独死の悲惨な実態

       <旅立ちへの準備> 危篤状態からでは手遅れ 今から始めたい9つの備え

       <葬 儀> 東京近郊の平均で305万円 葬儀社を選べばさらにお安く

       <お 墓> タバコ型からゴルフ型まで 変貌を遂げる本当の“終の棲家”

【Deep Focus】25円のポピュリズム

<News&Analysis>

【Close Up】ベビーパウダーも危ない!

          アスベスト被害急増の恐怖

【Inside】●メタボ健診で“ゼロ戦争”過熱 量の壁を破る救世主となるか

        ●スタンド淘汰を加速させる列島ガソリン値下げ競争

        ●格安航空に参入するANAが日本を“パッシング”するとき

         <短答直入> 村田恒夫(村田製作所社長)

        ●東証に上場するタタ自動車 早くも流れる業界内の脅威論

        ●ひっそりと古紙の定義見直した製紙連の変わらぬ隠蔽体質

         <人事天命> 富士通  

        ●タバコ自販機がなくなる? 「タスポ」導入の思わぬ余波

         <早耳聞耳> 吉田淑則(よしだ・よしのり)(JSR社長)

【World Voice】ジョン・C・レックライター(イーライリリー社長兼最高経営責任者)

【Market】<為替市場 透視眼鏡> 吉野貴晶  

        <金融市場 異論百出> 加藤 出

        <ネット世論調査> 北京オリンピック

【Data Focus】樋口美雄

【企業特集】

 三洋電機

 業績V字回復の裏側で進む

 経営失策と士気低下の深刻

【企業・産業】

 <特別レポート> 会長の脱税事件で露呈したドイツ郵政民営化の躓き

【人 物】  

 <インタビュー> 西田厚聰(東芝社長)

          DVD規格戦争はもう終わったこと テレビ黒字化のメドはついた  

 <編集長インタビュー> 佐伯弘文(神鋼電機会長)

             ムダ撲滅で絶望の淵から生還 

             社員の顔つきが変わり、見違えるような会社になった

 <アマデウスたち> 石川 遼(プロゴルファー)

【連 載】 

 山崎 元のマネー経済の歩き方

 二宮清純/勝負のバランスシート

 陰山英男/大人の陰山メソッド

 野口悠紀雄/「超」整理日記

 鈴木棟一/新・永田町の暗闘

 櫻井よしこ/オピニオン縦横無尽

【コラム】

 This Week/The Day/F氏的日常

 3分間ドラッカー/文・上田惇生

 Book Review

 読者アンケート

 巻頭対談(プルデンシャル生命)

 Diamond Style

 懸賞掲示板

 From Readers From Editors

【ゴルフ】

 北野正之の“即効! GOLFエイド”

 コース探訪/岩井康博

| | コメント (0) | トラックバック (1)

サピオ 2008年4月24日

SAPIO

国際情報誌サピオ 4/23

INTERNATIONAL INTELLEGENCE MAGAZINE

2008年4月23日発行

第20巻 第9号 通巻440号

編集人:塩見 健

発行人:秋山修一郎

発行所:株式会社 小学館

雑 誌:23004-4/23

CONTENTS

【SIMULATION REPORT】

 台湾新総統、韓国の新大統領で東アジアのパワー・ポリティクスは激変する

 台湾陥落! 激突する「対中」「対日」包囲網

 [緊 急対 談]北京五輪・開会式は親中国「独裁国家」のオンパレードになる/井沢元彦×浜田和幸

 [大 図 解]親日から親中へ乗り換えるアジア/本誌編集部

 [包 囲 網]チベット弾圧、台湾陥落の「中華帝国の暴走」に世界の華僑から「共産党独裁反対」の大合唱/王進忠

 [踏 み 絵]胡錦濤来日で中国が迫る「台湾独立反対」共同文書を福田首相は峻拒できるか/東郷和彦

 [対 米関 係]馬英九台湾新総統の対米・対中「両天秤外交」の鍵は米国製兵器購入問題/秋山 元

 [米国の戦略]外交協力を欲しがるブッシュ政権に中国が仕掛けた「台湾共同管理」という謀略情報/ジョン・K・タシク

 [韓   国]最新鋭戦闘機、イージス艦に揚陸艇「独島」まで「仮想敵国・日本」韓国軍のハイテク軍拡が止まらない/井上和彦

 [海底 資 源]自国に不利な領土問題を棚上げして資源を手中にする「日中共同ガス油田開発」の詐術/山田吉彦

 [貿   易]カネも人も技術も「台湾経済」を丸ごと呑み込む「中国というブラックホール」/黄文雄

 [団   結]開会式ボイコットだけでは生ぬるい! 各国分担開催で中国から五輪を剥奪せよ/櫻井よしこ

【SPECIAL REPORT】

 天皇と皇太子の「溝」、雅子妃療養問題、宮中祭祀、皇室外交 「開かれすぎた平成皇室」の亀裂

 [公  務]政府・宮内庁は中国に政治利用された「天皇訪中」の轍を再び歩み始めている/大原康男

 [皇室改革]天皇と皇太子「祭祀の継承」をめぐる深く広い溝/本誌政界特捜班

 [ソウル発]日本以上に沸騰中! 韓国メディア「王世子(皇太子)妃問題」のトンデモ言説/本誌編集部

 [戦後秘史]英国「チャーチルへの機密報告」に書かれていた“開かれすぎた日本皇室”の危機/徳本栄一郎

 [儀  式]天皇「9時-5時勤務制」まで飛び出した宮中祭祀廃止論の大いなる誤り/八木秀次

 [皇室外交]英チャールズ皇太子の「ボイコット」でも消えなかった皇太子ご夫妻「北京五輪開会式ご出席」の策謀/歳川隆雄

【混迷!】

 米大統領選を占う「ジョン・マケインという男」

 <1> 中露を警戒し日米同盟を最重要視する「レーガン路線」は日本に福音をもたらすか/古森義久

 <2> 私が1年も前からマケインを本命視していた理由を話そう/落合信彦

【緊急発言】

 これが間違いだらけの集団自決をめぐる

  「沖縄ノート」判決の正体だ/小林よしのり

【大好評連載】

 大前研一『「最強国家ニッポン」の設計図』

  第10回 「投資部隊」と「発展部隊」を世界中に派遣する外交大国を目指せ

【大反響】

 小林よしのり『ゴーマニズム宣言』

  第14章 「パール判決書」は偽善を憎む恐るべき書なり

【注目連載】

 袁翔鳴『蝕む! 中国黒社会「日本占領」』

  第2部 日本の裏社会で“開業”する「中国地下銀行」の巨大資産(その5)

【新時代を読む連載ラインナップ】

 佐藤優『SAPIO intelligence database(世界を読むための情報羅針盤)』

  第74回 中国に「スパイ」と認定された日本人外交官の「ある失敗」(後編)

 田中森一の『反転攻勢』

  第6回 悪質な「地上げ行為」を弁護士法違反で摘発する理由

 『「昭和力」検定』 師匠=石原壮一郎 弟子=神田憲行

  第7回 プロ野球の巻

 黒田勝弘の『ソウルの風』

  第64回 ハンナラ党“内紛”で韓国版「ねじれ国会」は4・9総選挙後も続く!?

【書闘倶楽部】

 [この本はこう読め]『愛国者の流儀』(ビル・トッテン著)、『最高指導者の条件』(李登輝著)

           『日本人の背中』(井形慶子著)

 [「時代」の肖像] 『評伝 菊田一夫』(小幡欣治著)

【爆笑連載】

 業田良家『ガラガラポン日本政治』

【時代を切り拓く強力連載】

 『SAPIO’S EYE』特別版

 『SAPIO語身術』/亀井 肇

 『平成百色眼鏡 見たり読んだり』/川本三郎

 「メディアを裁く!」/CJR特約

 連載「世界人の一流品」/東信

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩野七生「ルネサンスとは何であったのか」文庫版

ルネサンスとは何であったのか

平成二十年四月一日発行

著 者:塩野 七生

発行者:佐藤 隆信

発行所:株式会社 新潮社

ISBN:978-4-10-118131-8 C0122

目 次

読者に

第一部 フィレンツェで考える

第二部 ローマで考える

第三部 キアンティ地方のグレーヴェにて

第四部 ヴェネツィアで考える

対 談 塩野 七生/三浦雅士

参考史料

一.ルネサンス人一覧 口絵2

二.イタリア半島住民数の推移 口絵4

三.帝政ローマ時代からの中世、ルネサンス期までの貨幣の変遷 口絵5

四.イタリアの勢力分布(十四世紀、十五世紀、十六世紀) 口絵6

五.主役たちの略歴一覧

図版出典一覧

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊アスキー 2008年4月22日

岡田斗司夫「ま、金ならあるし」という連載はせこい金持ちぶりがおもしろいですね。



週刊アスキー 

平成20年4月22日発行

第20巻 通巻683号 

発行人:鈴木 則道

編集人:福岡 俊弘

発行所:株式会社 アスキー

雑 誌:24764-4/22

CONTENTS

【今週のイチオシ!】キヤノン IXY DIGITAL 820 IS

【特集1】今買うべきはコレ

 コストパフォーマンスで選ぶ自作パーツガイド

  CPU、マザーボード、メモリー、HDD、グラフィックボードについて、

  週アスオススメの“買い”製品、注目キーワードを詳しく紹介!!

【特集2】便利ガジェット追加、レイアウトも自由自在!

 iGoogle

  徹底活用ガイド

【特集3】少ない投資でオークション写真を美しく

 格安で買える小型撮影スタジオ!!

【特集4】初音ミクも全面協力!!

 神動画のワザをまるわかり解説

【特集5】6000円のセレロンで2万円オーバーのコア2デュオに勝つ!

 激安オーバークロック術

【特集6】電子辞書、ポッドキャスト、携帯電話も来たっ

 デジタルで語学学習

【BEST BUY】

 三洋電機: Xacti DMX-CG9

 マイクロソフト: Wireless Laser Mouse 7000

 玄人志向: GF9800GTX-E512HW

 AHS: Web Editor

【HARDWARE】

 フェイス INSPIRE Extreme Q95500SLI3/DVD-Premium/

 松下電器 SDR-S7/

 グリーンハウス GH-TIG243SH-LB/

 ロジクール Cordless Desktop MX5500 Revolution/

 松下電器 BL-PA300KT/

 オンキヨー SE-200PCI LTD/

 アイ・オー・データ RHD4-UXE1.0/

 コレガ CG-WLBARGNM-U/PFU ScanSnap for Mac S300M/

 フォーカルポイントコンピュータ EyeTV 250 Plus/

 エプソンダイレクト Endevor NA801/

 ドスパラ Prime Galleria XX SLIモデル/

 ソニー HANDYCAM HDR-TG1 

【SOFTWARE】

 ピーアンドエー Tunebite 5 Platium/

 AOSテクノロジーズ ネットワークマジック4.0/

 ネットジャパン Xara Xteme 2.0/

 シマンテック ノートン・アンチウイルス For Mac Dual Protection/

 ジャングル 変換!+書ける! PDF2 Premium/

 AOSテクノロジーズ GENIE BACKUP プラットフォーム PRO8.0/

 ソースネクスト ぴったり ホームページ印刷 Pro

【7TOPICS】

 DVD化の予定もないのに幻のガンダム『グリーンダイバーズ』とは?/

 20周年の桃鉄にiPod Touch用アプリ、高橋名人ともどもハドソンが元気/

 超一流声優陣が勢ぞろいした政府製作の無料アニメが配信開始/

 ニワンゴとJASRACが契約締結、“歌ってみた”動画のアップが可能に

  番組保存数51万本を誇るNHKが有料動画配信サービスを12月に開始/

  キャラ強化の前にまず自分から!?/

  ゲーマー向けのサプリ登場/

  総務省発の萌えキャラ登場

 [ワールドTOPICS]

  まさに才能の無駄遣い!? 麻薬密輸のために半潜水艦を自作/ 

  世界初の機内携帯電話サービス、日本への導入はいつ?/

  ハッキングコンテストでMacOSとVistaが浸入を許してしまう/

  世界一の座を賭けたバトル!? 高さ1600メートルのビル

 [タウンTOPICS]

  持ち時間約20秒の機械式駐輪場、最寄の駅にも導入してほしい!/

  アキバの名物どうしがコラボ メイド喫茶のメニューが缶詰になった/

  もう“陸の孤島”とは言わせない!「日暮里・舎人ライナー開通/

  

?00">栃木県
?00">日光市
は東照宮とハリポタの街

【ランキング&ニュース】[ハード&ソフトニュース デジタル総合ニュース]

 gooリサーチ『1ヵ月にPC、インターネット関連にかける金額はいくら?』/

 All Aboutガイドが選ぶ 『オフィスでシャキ!! 大人の眠気覚ましソフトドリンク5』/ 

 Yahoo! 動画 『週間ランキング』/

 楽天市場 『おすすめ日本酒ランキング』/

 Infoseek 『エンタメ検索ランキング』

  パソコン本体/

  ノートPC/

  パソコンソフト/

  周辺機器(デジカメ、DVD/HDDレコーダー)/

  大画面テレビ/

  秋葉原パーツ(マウス)/

  Google検索ワード/

  無料ブログサービス アクティブユーザー数/

  Yahoo! 着メロ「着メロ月間ダウンロードランキング」/

  Yahoo! 掲示板で読む株 『丸紅』/

  本/

  CD/

  DVD

週刊アスキーと電撃PlayStationが本気でオススメするゲーム22本

 電撃アスキー

【速 報】

 モバイルインターネット端末市場向けの新プロセッサー

 インテル 『Atom』シリーズ発表!

え、それってどういうこと <第26回>  ゲスト 和田秀樹

【WAM Depart】

 [HOBBY] dNano Complete Chassis Set

 [GAME]  TUROK

 [PHOTO] オリンパス μ1030SW

 [MOBILE PHONE]ソフトバンク 922SH

 [SPORTS]なでしこリーグ2008

 [AUTO]  フィアット Fiat 500

 [BOOK]  私のハマった3冊/藤代裕之 

 [MUSIC] DEPAPEPE

 [DVD]   ベオウルフ 呪われし勇者

 [INFO]  透明なスピード ~BMWアート・カー展~

■なんでも使用レポート パソコンが好きだ!!

 松永 玲子: Office 2008 for Mac

 神足 裕司: アーキテック1095

 海保 知里: iPhone  

 伊藤  有: Time Capsule 1TBモデル

 富野 友彦: DP1

【連 載】

 クロスレビュー

 WAM AKIBA改

 ネットエクスプレス

 無料ソフトの殿堂

 ASCII365

 WEB0.2

 占い&おたよりコーナー

 モアPCプロジェクト

 DPフォトコン

 パズル王国&次号予告

 旅三昧

 ネットでお取り寄せ

 Scene2008………神足裕司

 今週のデジゴト………山崎浩一

 聖ビスタ学園………塩田紳二&池田利夫

 物欲番長………スタパ齋藤

 だってサルなんだもん………いしかわじゅん

 ハニカム………柱明日香

 テレビを観た松井………松井英樹

 パーッのぱ………藤堂あきと

 キュン死に寸前!………北別府ニカ&八雲あゆ

 R40!………大槻ケンヂ

 女の道………青木光恵

 電脳なをさん………唐沢なをき

 カオスだもんね!………水口幸広

 東京トホホ会………金井哲夫&宇佐美月子

 仮想報道 ネットと名誉毀損………歌田明弘

 Column complex

  暮しの手帖………樋口真嗣&あさりよしとお

  恋のDJナイト………速水健朗

  シネマ英語通信………上野陽子

  ゲイツちゃん………桜玉吉

  ハッコウ人のおしごと………F岡俊弘&永野のりこ

  今宮純のF1週記………今宮 純

  画柳の花………雨宮慶太

  アメリカンOTAKU伝説………パトリック・マシアス 

 Idol Site Pinup………鈴木千絵里

 ま,金ならあるし………岡田斗司夫

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年4月21日 (月)

NBL 2008 4 1

企業法務と理論をつなぐ

NBL 

New Business Law

平成20年4月1日発行

通巻第878号

ISSN:0287-9670

CONTENTS

HOT/COOL Player 

 不動産流通業者の説明責任などに関する一考察………東急リバブル(株) お客様相談室長 橋本明浩

これからの消費者問題………国際高等研究所副所長・京都大学名誉教授 北川善太郎

費消済みインクタンクにインクを再充填する行為と特許権侵害の成否(下)

 ―――インクカートリッジ最高裁判決の意義

    (最一判 平成19・11・8 平成18年(受)826号特許権侵害差止請求事件)

 ………北海道大学法学研究科教授 田村善之

NBL-Square

 【NBL-Times】 

 (1)経済産業分野の個人情報保護ガイドラインの改正について

    経済産業省商務情報政策局情報経済課課長補佐 井川 良

 (2)盗難通帳およびインターネット・バンキングによる預金の不正払戻しに対する自主的な取組み

    全国銀行協会 企画部長 岩本秀治/全国銀行協会 業務部長 辻 松雄

 (3)「衆議」にみる日米司法制度 ―――『衆議のかたち』の刊行に寄せて

    中央大学法科大学院教授 柏木 昇

【NBL情報】

【お知らせ】

 競争法フォーラム 国際競争法カンファレンス

 事業再生研究機構2008年度シンポジウム 『事業再生・再編と利益相反』

中国における抜け駆け登録(冒認出願)商標への対応(上)

 ―――ニフコ全面勝訴の事件を題材として〔法律対策編〕………中国弁護士 張 和伏

                              日本弁護士 遠藤 誠

【連 載】

 重要判例に学ぶ中国ビジネス最前線

 [9]証券をめぐる裁判例………岡山大学法学部教授 張 紅

 ヒューマン・リソース(HR)と法 ―――労働法最前線

 [30]就業規則の変更………一橋大学教授 中窪裕也

| | コメント (0) | トラックバック (1)

キス 2008年4月25日

ホタルノヒカリのほたるの恋敵が子持ちの未亡人がでてきましたねえ。読者は未亡人側に感情移入しているんでしょうか。


Kiss[キス]08

平成20年4月25日発行

第17巻 第9号(通巻363号)

編集人:嘉悦正明

発行人:藤田 力

発行所:株式会社 講談社

雑 誌:22924-4/25

CONTENTS

【巻頭カラー】

 「ホタルノヒカリ」………ひうらさとる

【強力連載陣】

 「1/2の林檎」………こやまゆかり

 「本屋の森のあかり」………磯谷友紀

 「キャバママ」………原作/城戸口靜 漫画/山田圭子

 「30婚(miso-com)」………米沢りか

 「IS」………六花チヨ

 「青春上等!!]………松本美緒

 「れんと。」………軽部潤子

【フレッシュ読み切り】

 「ハナゾノオトメ」………楠田夏子

【カラフルショート】

 「おいピータン!!」………伊藤理佐

 「ひゃほ~♪ ウニファミリー」………鈴木由美子

 「あかちゃんのドレイ。」………大久保ヒロミ

 「ネコ様の言うなり」………野中のばら

 「ワンルームより愛をこめて」………カイガトモコ

 「ワンダフルライフ?」………ケイケイ

 「それではさっそくBuonappetito!」………ヤマザキマリ

【プレゼント】

 Thank you 16th プレゼント

 プレゼントの申し込みかた(アンケート)

【読みもの】

 柴門ふみの男女論

 きすぷり(読者ページ)

 カウチポテト指定席(映像ページ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アエラ 2008年4月14日

AERA アエラ

2008年4月14日発行

第21巻 16号

通巻1101号

編集長・発行人:尾木和晴

発行所:朝日新聞社

雑  誌:21012-4/14

ISSN:0914-8833

CONTENTS

【学 校】

[女 子]

 女子校と男性教師 

 若い教師は親より話せる相談相手、「センセイ遊びに行こうよ」

[家 庭]

 母娘そろって一貫校に「上京入学」

[ 親 ]

 「いい親」がいちばん怖い

 進学実績の情報公開要求、花壇の花まで口出し

[受 験]

 有名私大は付属小中増やして「生徒囲い込み」

[就 職]

 東京・大阪で教師不足 東北・九州から「出稼ぎ採用」

[宗 教]

 神よ怒れ◆キリスト教会の「性犯罪」 

  牧師が教会内で女子にわいせつ行為,「救済」と特

[犯 罪]

 早大生振り込め詐欺と超高級時計

[中 国]

 中国人観光客が今度は花見で上野公園を「占拠」 

[映 画]

 ドキュメンタリー『靖国』その中身と評判

[台 湾]

 馬英九 女性迷わす総統の誕生

[女 性]

 しなびた姿がたまらない「枯れ専」な私たち

[ 車 ]

 インド「タタ」、ジャガー買収の世界戦略

[マスコミ]

 NHK経営委員長の不見識

[アイドル]

 「微笑みがえし」で出棺 全キャン連元幹部の死

[表紙の人]

 川上未映子●作家

[Words]

 ウィークリー発言録

[大市民講座]

 内田 樹●「匿名の悪意」との付き合い方

[動 物]

 愛犬クロ終末看取り日記

 悪戦苦闘109日間の介護生活

[流 行]

 ゴルフもモテの時代です

[バレエ]

 「バレエ献身愛」を貫く女子たち

[コソボ]

 コソボ独立の裏 祖国ユーゴを思うサッカーコーチ

【新連載】

[eye][環境]

 報道写真家の仕事/桃井和馬

[現代の肖像]

 畠山鈴香●秋田連続児童殺害事件被告/橘 由歩

[対 談]

 山本モナのあなたを知りたい

 ゲスト 藤田 晋●サイバーエージェント代表取締役社長

[AERA-net]

 創刊20周年イベント紹介(1)/編集長軽薄

【特別広告企画(中央綴じ込み)】

 Aera Style

 2008年 春・夏

 ビジネスパーソンのためのカジュアル・スタイル

【AERIAL】

 FIGURE: 世界のナベアツ

 SHOW BIZ: 鈴木おさむ◆ザ・私聴率

 LOVE: 内藤みか◆ラブログ、なのかも

 COMIC: 大橋ツヨシ◆サブ&お軽の道行

 JUNKIE GO! GO! JUNKIE

 CARE&CURE Dr.大野◆こころの読みグスリ

 REPORT: 松本佳子◆業界コンフィデンシャル

 MONEY: ぐっちーさん◆ここだけの話

 EXPRESS: 山田厚史◆特ダネ記者魂

 FILM: 藤原帰一◆映画の記憶『フィクサー』

 TV: 山崎浩一◆テレビのカタチ『連続テレビ小説「ちりとてちん」』

 BOOK: 工藤キキ◆読まずにはいられない

            『勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド』

 STAGE: 中島かずき◆電人N

 FAVORITE: 押切もえ◆日々、萌え。

 MAGAZINE: 中沢明子◆マガジン百名山  

[平成雑記帳]

 高村 薫 

 桜と青年たちの事件

[愛の作法]

 姜 尚中

 ヒラリーとオバマの死闘

[ガイシナオンナ]

 柳川悦子◆エア タヒチ ヌイ

[ART BIT]

 『子供の椅子』中村好文

[シネマ食堂]

 「クレイマー、クレイマー」

 フレンチトースト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

多重債務貧困対策ニュース 2008年4月20日

多重債務・貧困対策NEWSNo.15  2008.4.20  
発行 全国クレジット・サラ金問題対策協議会
(代表幹事 弁護士 木村達也)
☆実証なき偏向報道に疑問 上限金利引下げ阻止の亡霊復活?
 貸金業規制の強化により借り手の中小企業が大量倒産する?--最近こうした実証なき偏向報道がなされていることに対し、疑問の声が上がっている。中小企業倒産の要因は、公共事業削減、個人消費の伸び悩み、原料高などによる収益環境悪化(コストアップ分の価格転嫁不能)、大手企業との競争力格差の拡大などであるとされている。一方、貸金業規制の強化と中小企業の倒産増との因果関係を示す資料はない。こうした偏向報道の背景には、ほぼ2年後に迫った貸金業法の完全施行によって上限金利が引下げられることを阻止しようとする、貸金業界の意向が働いているのではないか、との見方がある。
 日経新聞は、16日朝刊1面の「漂流ニッポン」という企画記事で、貸金業法規制により「健全業者の経営も揺らぎ、借り手の中小企業が大量倒産」したと報じ、その根拠が帝国データバンクの調査にあるとした。貸金業法の改正と中小企業の倒産増を結び付けようとする報道は他紙にも散見される。
 しかしながら、帝国データバンクの「全国企業倒産集計2008年3月報」は、倒産の主因別には「不況型倒産」の件数が集計対象変更の2005年4月以降で最高となったこと、規模別には「中小・零細企業の倒産が大幅増加、中堅クラスの倒産も散発」していることなどを示し、その要因・背景として「原料高騰分を価格転嫁できない中小・零細企業が増加」していることを指摘、公共工事削減、個人消費の伸び悩み、大手企業との価格競争が激化し力尽きる中小小売業者が増加していることなども挙げているが、日経の記事にあるような貸金業法規制と中小企業倒産の因果関係については何ら示していない。
  そもそも貸金業法が改正されたのは、高金利・過剰貸付・苛酷な取立てという「貸金業3K」を認容してきたことによって、大量の多重債務者が生まれ、自殺、破産、家庭崩壊といった悲劇が頻発しているという社会的事実に基づく。これまで貸金業界は、政治家やマスコミへの活発なロビー活動と運動資金注入により、貸金業3Kを長年維持してきた。そして、平成18年12月の貸金業法改正により一旦は力を失ったかと見られていた貸金業界は、改正法の完全施行を約2年後に控え、上限金利引き下げ阻止に向けて再び活発に蠢き出したようだ。
☆多重債務問題対策議員連盟が発足 超党派で24日
 超党派による多重債務問題対策議員連盟(仮称)が発足、24日午前10時30分から衆議院議員会館で設立総会を開催する。与謝野馨議員、渡辺喜美金融担当大臣らの挨拶が予定されている。
☆新消費者行政実現会議主催 院内集会 22日
 22日午後5時から衆議院第2議員会館で。消費者庁実現のための集会。
☆公開学習会 金融商品と消費者庁の在り方について 
  24日午後6時30分から東京国際フォーラムG棟4階409号室で。講師は、石戸谷豊弁護士、津谷裕貴弁護士、桜井健夫弁護士、坂勇一郎弁護士、原早苗氏(金融オンブズネット代表)、丹野美絵子氏(全国消費生活相談員協会)。
 多重債務・貧困対策のニュースをマスコミ、国会議員の方々にお知らせしています。お問い合わせ、ご取材の申込などは下記までお願いいたします。
〒271-0091 千葉県松戸市本町5-9 浅野ビル3階 市民の法律事務所
               電話047(362)5578 FAX047(362)7038  メールshimin.lo@nifty.com
      全国クレジット・サラ金問題対策協議会 マスコミ広報部会 事務局長 弁護士 及川智志

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

「お金のために死なないで」2008年

お金のために死なないで

――多重債務による自死をなくす

2008年3月18日発行

著 者:弘中照美

発行者:山口昭男

発行所:株式会社 岩波書店

ISBN:978-4-00-022393-5 C0036

目 次

はじめに

第一部 借金と自死 ―――二つのタブーを超えて

 多重債務という地獄

  クリスマス・イブ/

  多重債務者となるまで/

  バブル経済とバブルハウス/

  税務調査/

  新しい家族/

  怖い夢/

  税務調査/

  阪神淡路大地震/

  転落/

  調停/

  こころの声/

  崩壊/

  別居/

  飲酒・未成年・信号無視………そして/

  進路/

  幸せの後に

 母がいた証

  「お母ちゃん」/

  溺愛/

  父の発病/

  スモン病/

  出会い/

  自殺未遂/

  父の涙/

  再会/

  父との別れ/

  再チャレンジ………そして/

  母のなみだ/

  父の夢と帰る場所/

  兄の死/

  母への想い

 母の自死

  母からの電話/

  無言/

  二〇〇四年八月三一日のこと/

  通夜・葬儀

 「命を担保」に

  最後に会いにきた母/

  フラッシュバック/

  自責/

  コスモスゆれて………/

  再婚/

  巣立ち/

  しあわせ/

  一通の封書/

  変わらない笑顔/

  消費者信用団体生命保険/

  提訴/

  「なにも悪いことなんてしてない」/

  取材/

  命日/

  代表幹事!?/

  「多重債務による自死をなくす会」/

  今の大人として

第二部 生きづらさを変えていくために

 自死遺族のこころのケアについて

  止まったままの時間、閉じたままのこころ/

  トラウマ/

  こころの動き/

  私の中に生きる母/

  癒し ―――二人の宝物/

  「闘い」から「ホットライン」へ/

  ホットラインから/

  つながり ―――ライフリンクとの出会い/

  日本司法書士会連合会の決議/

  全国キャラバンの開始/

  生きここちのいい社会をめざして

これだけは知っていてほしい多重債務Q&A

母への手紙

あとがき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊ヤングサンデー 2008年4月18日

週刊ヤングサンデー

2008年4月18日号

第22巻 第18号 

通巻1146号

編集人:三上信一

発行人:都築伸一郎

発行所:小学館発行

雑 誌:27033-4/17

CONTENTS

[(Q)入学シーズン到来! ご自分の母校自慢をお願いします。]

映画『クロサギ』満員御礼巻頭カラー!!

 御木本が仕掛けるM&A詐欺の巧妙な手口とはいったい―――!?

[クロサギ]黒丸/夏原 武

●小学校の敷地内で、ホンモノの古墳が出土した。(黒丸)

◆仮想“暴走”新連載第2回!! 大反響22P!!

[ドライブ・ア・ライブ]中井邦彦

●購買部のハンバーガーが激ウマ! 

[魔Qケン]喜国雅彦

●高校は女子が男子の倍近くいた。

◆大人気御礼カラー!! 俊一のデビュー戦、その行方は―――!?

[あんころ。~船場橋若松1丁目は馬優先~]万乗大智

●自分達が卒業してする共学になりやがって!! 青春返せ!!

◆大人気御礼大増22P!! 玲二、ついに童貞を捨てる時が!?

[土竜(モグラ)の唄]高橋のぼる

●修学旅行に行ってケンカ負けなし。

[新 青春くん]とがしやすたか

●小学校の校歌日本一短いらしいです。

◆ケータイ配信中のブログ小説漫画版、大反響にて2週連続登場!!

[ぼくたちと駐在さんの700日戦争]オオイシヒロト/原作・ママチャリ

●中学の同級生が芸能人になってた。単行本もよろしくお願いします。(オオイシ)

[さくらんぼシンドローム クピドの悪戯2]北崎 拓

●有名アスリートが何人も出ているらしいですよ。

[都立水商!]室積光/猪熊しのぶ

●母校の小・中学校ともに、給食費の不払い0(ゼロ)だそうです。今時、すごい?(猪熊)

[ビーチスターズ]森尾正博

●僕の通っていた高校は船を使って通学するんですよーっ。

[逃亡弁護士 成田 誠]高田 優/剛 英城

●美術デザイン科の先生達は変わり者ばかりで楽しいです。(高田)

[GO-ON!]秋重 学

●中学一年のときの女子はみんなエロかった。

[おやすみプンプン]浅野いにお

●高校の校則は『制服を着ること』だけだった。

[美晴★ライジング] 大谷じろう

●日大出身なのですが、とにかく同窓生が多いコトです。

[スシ王子! 劇画版]佐藤周一郎/原案 堤幸彦

●TV番組でスピードワゴンが「魚部(ぎょぶ)」を紹介してくれた。(佐藤)

◆単行本第2巻大ヒット御礼22P!! 古道の出口を目前に、レンが動く!?

[まつろはぬもの ~鬼の渡る古道~]木根ヲサム/恒川光太郎

●留年が「普通」と言われる気楽な大学でしたね~(笑)。(木根)

[ほしのふるまち]原 秀則

●いろいろあり過ぎて………(大人の返答)

[Odds -オッズ-] 石渡 治

●ホントに楽しい高校でした! でもオレ幹事ムリだから…

[絶望に効くクスリ]山田玲司

●『変わり者ほど生きやすい』という多摩美大は僕には最高の学校でした。

[暁のイージス 闇のイージス完結偏]七月鏡一/藤原芳秀

●キャンパスで温泉掘っても何も出なかったらしい…(七月)

■3号連続、3枚封入紗綾トレカ第2弾!!

 紗綾トレカ Saaya Trading Card

■YSNo.1アイドル、水着全開ピンナップ★

 山本 梓 

■ピンナップ&巻頭巻末ブチ抜きグラビア!! 日本一の乙女は誰だ!?

 ミス乙女学院 ’08 撮影/西條彰仁

■最先端サウンドのかっとびミクスチャーポップ見参!

 音魂LIVE ET-KING

■日本映画を牽引する異能の映画監督が登場!!

 音魂 三池崇史

【SPECIAL COLUMN】

 ミス乙女学院直筆色紙プレゼント

 YS21周年記念 アイドルテレカ応募者全員サービス

 映画 『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』のお知らせ

【WEEKLY COLUMN】

 あいタイ。

 アンケート大感謝プレゼント

 YSバックアッパーズ

【INFORMATION】

 ヤングサンデー 19号のお知らせ

 YSコミックスのお知らせ

 3・4月期YS賞募集

 YSビジュアルWEBのお知らせ

 第63回新人コミック大賞募集

 『Dr.コトー診療所 第一部・豪華愛蔵版』のお知らせ

 YS12号プレゼント当選者発表

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊朝日 2008年4月4日

週刊朝日

2008年4月4日発行

第113巻 第15号

通巻4872号 

編集長・発行人:山口一臣

発行所:朝日新聞社

雑 誌:20081-4/4

目 次

[日本共産党宣言]

 志位和夫共産党委員長資本主義を叱る

[追及! ガソリン税]道路特定財源“建設的極言”[ただし2年間で]

 「59兆円分、全部つくってしまえ」………元長野県知事特別秘書 杉原佳尭

「逆風」なんて、そんなの関係ねえ?

 ネット住民が熱く「萌え~」な人々

 [石破茂防衛相][志位和夫共産党委員長][元「オウム」上祐史浩氏]

【52歳、子ども3人、主婦、地方在住】それでも音楽デビューの秘話

 花の命はけっこう長くて楽しいことも多かりき

【田原総一朗 ギロン堂スペシャル対談】鳩山由紀夫民主党幹事長

 日銀総裁人事「ドタバタ」の内幕全部話します!

日本テレビ・氏家齊一郎議長が明かす【交友録】

 我が友カストロがくれた「世界的スクープ」

【東大、早大、慶大教授が嘆く…】

 「大学は幼稚園じゃない!」

【ワイド特集】踊り場景気

 男児放置死「元カレ」が初告白 資産家令嬢の「酒と男と家庭」

 無期懲役判決の鈴香被告 退廷直前の土下座の“真意”/

 財布泥棒をお縄につかせた お手柄小学生落としの術/

 「チベット大虐殺」でバレた 胡錦濤の「思惑」と「誤算」/

 賛否両論、上映中止で話題 映画「靖国」の気になる中身/

 チェチェンの外科医が語る 悪夢の48時間と紛争の悲劇/

 超円高「1ドル=80円」説も ドル買いにはまだ早い?/

 無免許で“オカマ”掘った東証1部 外資代表の名前/

 上村愛子のW杯快挙支えた 北野建設創業者追放の泥沼/

 長官狙撃犯と名指しされた 東大中退被告のハッタリ度/

 [梨元 勝]ここまで書いて恐縮です! 「二大破局の共通項」

【2008入試最前線(6)】

 [超速詳報]東大、京大

  [前後期合計 前年比・科類・学部・現浪別]

  北大・東北大・名大・阪大・九大

【グラビア】

 チベット弾圧の真相  

 繪本 三国志夜話 安野光雅

 アンデスの奇跡 原種ジャガイモ

 エチオピア 現存する太古

 ●ドン小西のイケてるファッションチェック[北大路欣也]

 ●FRONT+[平山あや]

 ●美食の王様 来栖けいをうならせた今週のひと皿

 ●山藤章二の似顔絵塾

 ●“GOODS”Bless You. 趣味は、形から。

 ●山藤章二のブラック・アングル

【コラム】

 西城  秀樹: 秀樹とヒデキ

 東海林さだお: あれも食いたいこれも食いたい

 内館  牧子: 暖簾にひじ鉄

 小倉 千加子: お代は見てのお帰りに

 倉田 真由美: フリドラ男

 嵐山 光三郎: コンセント抜いたか

 中森  明夫: アタシジャーナル

 鳳    華: 未来学[広末涼子]

 フェルナント・ヤマグチ: 最後の審判

【新・名医の最新治療】

 心筋梗塞

【特別広告企画】

 「定年マネー手帖」………中央綴じ込み

【小 説】

 貫井徳郎 乱反射

 海堂 尊 極北クレイマー

【対 談】

 林真理子 ゲストセレクション

  和田秀樹

 親子のカタチ

  佐藤安太×佐藤慶太

【週刊図書館】

[書 評]

 『ダンシング・ヴァニティ』長薗安浩/

 『遺稿集』高橋源一郎/  

 ひと[斎藤由香]/

 Books Browsing/

 愛でたい文庫[温水ゆかり]/

 ニュースな本[永江 朗]/

 新書の穴[海野 弘]/

 文芸予報[斎藤美奈子]/

 あの本[井上荒野]/

 マガジンの虎[亀和田 武]

 「目キキ」&「耳キキ」

 KEY PERSON [麻生久美子]/

 MOVIE PREVIEW [つぐない]/

 ハリウッド・噂の先取り/

 TELEVISION 柿崎こうこの「テレビななめ読み」[いいはなシーサー]/

 渡辺 祐のミュージック・サプリメント

今週の囲碁………秋山賢司

犬ばか猫ばかペットばか

[まんが]「パパはなんだかわからない」山科けいすけ

パズル DE 脳力測定

お便りクラブ/編集後記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊朝日 2008年4月11日

週刊朝日

2008年4月11日発行

第113巻 第17号

通巻4874号 

編集長・発行人:山口一臣

発行所:朝日新聞社

雑 誌:20082-4/11

目 次

【政権末期!? 4月に命運決まる 新提案はパフォーマンスかカラ手形か】

 福田 もはや 限界

【鼎談】鈴木宗男(衆院議員)×藤本順一(政治ジャーナリスト)×上杉 隆(『官邸崩壊』著者)

 「官邸崩壊」 (福田編) 政権末期の「不協和音」から「ポスト福田」まで

【日米中が息をひそめる】馬英九「圧勝」で台湾はどっちに向くのか………評論家 宮崎正弘

【娘のために】お受験パパ記者が本音で迫った

 中高一貫校 「本当の値打ち」と「落とし穴」

【夫を「長持ち」させるための】いまさらながら始める  

 メタボリックシンドロームを防ぐ 鉄則10カ条

都築響一(編集者・写真家)×金益見(『ラブホテル進化論』著者)

 「怪しい」から「楽しい」スポットへ

 ラブホテルここまできた!

【漢方治療の第一人者】丁宗鐵医師が直言

 メタボ、認知症、インフルエンザ…

 今こそ、見直される漢方

第2のエディソン・チャンにならないための

 【いまさら聞けない】情報漏洩を防ぐ鉄則10カ条

【増殖中…】モンスター患者 ペイシェントが医療を破壊する

【徹底解剖】「殺すのは誰でもよかった」症候群   

 [土浦・無差別殺傷]

 [岡山・突き落とし] 

  息子はどう育ったのか?

新連載【昭和からの遺言(1)】長嶋茂雄 読売巨人軍終身名誉監督

 天覧試合が僕の野球人生のスタートだった。

【ネットで話題】ゾンビどもをぶっ殺します!

 鈴木史朗アナは激しきゲーマー

予約はガラガラ、発売から4カ月、つぶれた店も…

 あのミシュラン狂想曲はどこいった

【2008入試最前線(7)】

 [完全保存版]主要大学合格者数

 全国1800高校の実力

【News Spirits】

 電撃結婚のゴジラ松井に

 思わぬ“ブーイング”の嵐

 400億円もらってニヤリ 石原知事の厚顔に付薬ナシ

 裁判員制度のテレビCM なぜか電通が“また”落札

 元巨人投手の小川邦和さん 高校教師で“再登板”の理由

 平成電電詐欺事件初公判で暴かれた決算書の“ズサン”

 [梨元 勝]本当に夫婦円満なのか?

【グラビア】

 編集長の温泉宿 ラグジュアリー4誌が推薦

 繪本 三国志夜話  安野光雅

 司馬遼太郎「菜の花の沖」

 ●ドン小西のイケてるファッションチェック[滝川クリステル]

 ●FRONT+[谷 亮子]

 ●美食の王様 来栖けいをうならせた今週のひと皿

 ●山藤章二の似顔絵塾

 ●“GOODS”Bless You. 趣味は、形から。

 ●山藤章二のブラック・アングル

【コラム】

 田原 総一郎: ギロン堂

 西城  秀樹: 秀樹とヒデキ

 東海林さだお: あれも食いたいこれも食いたい

 内館  牧子: 暖簾にひじ鉄

 小倉 千加子: お代は見てのお帰りに

 倉田 真由美: フリドラ男

 鳳    華: 未来学[仲間由紀恵]

 嵐山 光三郎: コンセント抜いたか

 中森  明夫: アタシジャーナル

 フェルナント・ヤマグチ: 最後の審判

【新・名医の最新治療】

 心臓弁膜症

【小 説】

 貫井徳郎 乱反射

 海堂 尊 極北クレイマー

 週刊 司馬遼太郎

 高田屋嘉兵衛の海(1)

【対 談】

 林真理子 ゲストセレクション

  山村美智

 親子のカタチ

  Mr.マリック×LUNA

【週刊図書館】

[書 評]

 新たな旅立ちに贈るこの3冊

  荒川洋治/雨宮処凛/池内 紀/姜 信子

  高橋源一郎/小池昌代/亀和田武/温水ゆかり

  永江 朗/松永美穂/吉岡 忍

 「目キキ」&「耳キキ」

 KEY PERSON [古田新太]/

 MOVIE PREVIEW [フィクサー]/

 ハリウッド・噂の先取り/

 ツウの一見!PICK UP MOVIE[ランジェ公爵夫人]/

 渡辺 祐のミュージック・サプリメント

今週の将棋………東 公平

犬ばか猫ばかペットばか

[まんが]「パパはなんだかわからない」山科けいすけ

パズル DE 脳力測定

お便りクラブ/編集後記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

松田奈緒子「少女漫画」

少女漫画
二〇〇八年二月二四日発行
著 者:松田奈緒子
編 集:株式会社 創美社
発行人:礒田憲治
発行所:株式会社 集英社
ISBN:978-4-08-865458-4 C9979

目 次
第一夜 ベルサイユのばら
第二夜 ガラスの仮面
第三夜 パタリロ!
第四夜 あさきゆめみし
第五夜 おしゃべり階段
最終夜 少女漫画家たち

連作短編集・少女マンガの名作とにたテーマをあつかいながら、最後は少女漫画への愛がうたわれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消費者契約法実務マニュアル 2008年

〔新版〕Q&A消費者契約法の実務マニュアル

平成20年3月21日発行

編 集:名古屋消費者問題研究会

発行者:新日本法規出版株式会社

ISBN:978-4-7882-7047-3 C3032

目 次

1 はじめに

 1 消費者契約法制定の目的と内容、問題点

 2 消費者団体訴訟

2 契約類型別の事例紹介

(1)教養・教育関係

 3 入学時納付金

 4 受験予備校

 5 資格取得学校

 6 家庭教師派遣

 7 学習教材

 8 留学等あっせんサービス

 9 資格商法

10 新聞購読

11 絵画の購入

12 自己啓発セミナー

(2)美容・保健・福祉・医療関係

13 美顔器

14 育毛サービス

15 エステティック

16 包茎手術被害

17 介護・福祉(施設内事故)

(3)旅行・レジャー・会員権関係

18 パーティー会場の予約

19 パック旅行

20 リゾートクラブ入会契約

21 会員制スポーツクラブ

(4)金融サービス

22 商品先物取引

23 海外先物オプション取引

24 外国為替証拠金取引

25 ロコ・ロンドン貴金属取引

26 証券取引(投資信託)

27 投資顧問

28 個人年金保険

29 保険契約(生命保険の転換)

(5)消費者信用関係

30 消費者金融(サラ金)

31 過払金返還請求

32 ローン・クレジット

33 保 証

34 電話機リース

35 パソコンリース

(6)通信サービス関係

36 インターネット予約

37 インターネットでの登録料請求

38 インターネットショッピング

39 出会い系サイト

40 インターネット広告

(7)不動産関係

41 マンションの購入

42 投資型分譲マンション購入

43 土地取引(建築制限)

44 マンションの賃貸借

45 敷 引

46 建売住宅の不同沈下

47 別荘地の転売約束と測量費(原野商法の二次被害)

(8)工事・建築関係

48 建物建築請負契約の解約

49 リフォーム

(9)住居品関係

50 家具・布団類

51 浄水器・消火器

(10)飲食料品関係

52 ダイエット食品

53 健康食品

(11)被服・装飾品関係

54 呉服次々販売(展示会商法)

55 呉服次々販売(退去妨害)

56 クリーニング

57 女性下着

58 アクセサリー・宝石類

(12)自動車・カー用品関係

59 新車購入

60 中古車購入

61 レンタカー

(13)副業・内職商法関係

62 貨物宅配

(14)マルチ商法・ねずみ講関係

63 マルチ商法

64 ねずみ講

(15)その他

65 ペットの売買

66 パチンコ攻略情報

67 デート商法

68 結婚式場

70 引越し・運送サービス

71 興信所

72 専門職(弁護士)

73 紳士録商法

74 霊感・霊視商法

75 印 鑑

3 消費者団体訴権

76 消費者団体訴訟制度

○判例年次索引

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

鈴木伸一「アニメが世界をつなぐ」2008年

オバケのQ太郎の小池さんのモデルがアニメの歴史についてかかれた本です。岩波からでているというのがちょっと意外です。

アニメが世界をつなぐ 岩波ジュニア新書 591
2008年3月27日発行
著 者:鈴木伸一
発行者:山口昭男
発行所:株式会社 岩波書店
ISBN:978-4-00-500591-8 C0274

目 次
1 アニメを発信しつづける、いま
2 アニメと漫画を夢見て
3 トキワ荘とおとぎプロの青春
4 テレビアニメ奮闘記
5 アニメの世界を歩きつづける
あとがき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

判例時報 2008年4月1日

判例時報

平成20年4月1日発行

発行通巻1993号

編集人:下平健一

発行人:判例時報社

雑  誌:26331-4/1

ISSN:0438-5888

判例時報細目次

◆判例評論◆

◆判決録◆

=行 政=

◎医療法(平成一八年法律第八四号による改正前のもの)七条に基づく病院の開設許可の取消訴訟と

 同病院の開設地の付近において医療施設を開設し医療行為をする医療法人等の原告適格

 (最二判 19・10・19)

=民 事=

◎一 金融機関が民事訴訟において訴訟外の第三者として開示を求められた顧客情報について、当該

   顧客自身が当該民事訴訟の当事者として開示義務を負う場合に、同情報は、民訴法一九七条一

   項三号にいう職業の秘密として保護されるか

 二 金融機関と顧客との取引履歴が記載された明細表が、民訴法一九七条一項三号にいう職業の秘密

   として保護されるべき情報が記載された文書とはいえないとして、同法二二〇条四号ハ所定の文

   書に該当しないとされた事例

   (最三決19・12・11)

○患者の訴えにより季肋部の突出を改善する手術を行った医師について、手技上の過失、説明義務違反が

 なかったとして、同医師と病院側の損害賠償責任が否定された事例

 (東京高判 19・7・26)

○法廷以外の部屋でなされた弁論終結が違法とされた事例

 (東京高判 19・5・30)

▽新聞社の経営に係るモデル小説につき、元経営者であると特定することは容易に可能であるとしたうえ、

 元経営者らに対する名誉毀損の成立を認め、慰謝料請求が認容された事例

 (東京地判 19・4・11)

▽ドッグラン内の中央付近を突っ切ろうとした者が犬と衝突した事故につき、飼主は民法七一八条一項但書の

 「相当の注意」を尽くしたとされた事例

 (東京地判 19・3・30)

▽拘置所に勾留されていた被告人が、自費による朝日新聞の定期購読申請を拘置所長に拒絶されたことを

 違法として求めた国会賠償請求が棄却された事例

 (大阪地判 19・9.28)

▽千葉市内の病院から福岡市内の病院へ転送を受けた患者が、心停止に陥り重篤な後遺障害が残った場合、

 転送可能と判断したことに過失があり、かつ、呼吸状態を把握できる医療機器を携行しなかったことに

 過失があったとして、病院側の損害賠償責任が認められた事例

 (福岡地判 19・2・1)

▽山林を維持管理する団体が、協同組合の建設残土処分場施設の建設計画に合意しながら一方的に破棄した

 としても、協同組合に対して債務不履行の責任を負わないとされた事例

 (高松地丸亀支判 18・9・20)

▽シンポジウムにパネリストとして参加した学者の意見発表を批判する座長のホームページ上の記事について、

 学者の名誉を毀損するほどに社会的評価を低下させるものではないとして名誉毀損の成立が否定された事例

 (横浜地判 19・3・30)

▽外国籍を理由に国民年金制度の対象外とされ老齢年金を受給できないのは、国際人権規約及び憲法に違反する

 として求めた国家賠償請求が棄却された事例

 (京都地判 19・2・23)

=知的財産権=

○一 りんどうの品種登録処分の無効確認を求める訴えにつき、既存品種について育成者権等を有する者らの

   原告適格が肯定された事例

 二 品種登録処分に無効事由があるとはいえないとされた事例

   (知的財産高判 18・12・25)

▽間取図作成用ソフトの間取りパーツの選択について著作権法一二条一項が規定する編集者作物であることが

 否定された事例

 (名古屋地判 19・6・28)

=商 事=

▽会社法三〇五条一項にいう「議案の要領」とは、株主総会の議題に関し、当該株主が提案する解決案の

 基本的内容について、会社及び一般株主が理解できる程度の記載をいうとされた事例

 (東京地判 19・6・13)

=労 働=

○事業所内に併存する労働組合の一方の組合には組合事務所等を貸与しながら他方の組合に対してその貸与を

 拒否する使用者の行為が労働組合法七条三号の不当労働行為に当たるとされた事例

 (東京地判 19・9・27)

=刑 事=

◎刑法一〇五条の二のいう「威迫」の方法

 (最三決 19・11・13)

◆最高裁判例要旨(平成二〇年一月分)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

「法律のひろば」2008年4月

法律のひろば 4月号

平成20年4月1日発行

第六十一巻 第四号

雑 誌:08029-04

CONTENTS

【特 集】

 暴力団対策の現状と課題

 ●近年の暴力団をめぐる情勢と対策………河合 潔

 ●公共事業からの暴力団排除………尾形広義

 ●企業活動からの暴力団排除………堀主邦

 ●鉄砲刀剣類所持等取締法及び武器等製造法の一部を改正する法律の概要………小澤孝文

 ●暴力団被害に対する民事訴訟支援活動………菅原英博

 ●組織犯罪対策の法制的課題………櫻井敬子

 ●保険判例研究 第12回

   自動車賠償保険と遅延損害金の担保………加瀬幸喜

 ●近未来の弁護士論

   弁護士業務の将来から見えてくる弁護士会の活動と役割 第2回………佐瀬正俊

 ●民事判例研究 第29回

   将来の給付の訴えを提起することのできる請求権としての適格を有しないものとされた事例

    ―――横田基地騒音公害訴訟上告審判決――― ………我妻 学

 ●ひろば時論

   第61期司法修習の状況  

   南の島のスタッフ弁護士

 訟務情報

 書籍紹介

 次号予告

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「法学教室」2008年4月号

 法学部の新入生よりもロースクールの院生向けになってきていますねえ。

法学教室 HOGAKU KYOSHITSU

平成20年4月1日発行

通巻331号

ISSN:0389-2220

雑  誌:03505-04

CONTENTS

【巻頭言】

 急がば回れ………高橋宏志

【KEY WORD】

 PFI刑務所………河合幹雄

◆特集 法律学の学び方 ―――法学部入門

 1 先生・先輩からのメッセージ

  〔座談会〕法律学の学び方・楽しみ方………宍戸善一(司会)/久保野恵美子/杉山翔一

                      中島 惠/花田裕介/北山 昇

 2 実務家からのメッセージ

   裁判官という仕事と法学部生の頃………井戸俊一

   検察官という仕事と法学部生の頃………丸山嘉代

   弁護士という仕事と法学部生の頃………岸本史子

【法科大学院を歩く】

 (30)横浜国立大学法科大学院

【海外Topics&Report】

 実効的権利保護論の現代的展開

  ―――仮の権利救済を中心として………笹田栄司

【時の問題】

 新司法試験の結果(3)

  ―――公法系・刑事系科目のヒアリング概要………山口久枝

【国会概観】

 第168回国会主要成立法律………伊藤和子

◆基礎講座

 【家族法 ―――民法を学ぶ】(1)

  これから学ぶこと ―――家族法の意味と歴史など………窪田充見

 【ゼロからスタート☆刑法“超”入門講義】(1)

  刑法を学ぶということ………井田 良

◆論点講座

 【憲法の解釈】(13)

  小休止 ―――連載1年を振り返って………石川健治/駒村圭吾/亘理 格

◆判例講座

 【憲法基本判例を読み直す】(18)

  国家公務員の政治活動の自由

   ―――猿払事件判決(最大判 昭和49年11月6日刑集28巻9号393頁)………野坂泰司

 【判例から探究する行政法】(1)

  (【1】最一小判 平成15年9月4日判時1841号89頁)………山本隆司

 【Live! Labor Law】(1)

  会社の「採用の自由」はどこまであるの?

   ―――三菱樹脂事件(最大判 昭和48年12月12日民集27巻11号1536頁)………大内伸哉

◆展開講座

 【現代契約法講義】(1)

  現代契約法の諸問題 ―――講義を始めるに当たって………山本 豊

 【さみしがりやの信託法】(1)

  いろんな問題,あるんだな………道垣内弘人

 【金融と法】(1)

  現在価値とリスクの概念を中心に………大垣尚司

 【入門講義 少年法】(1)

  少年法の概要と基本理念………川出敏裕

 【ロースクール国際法】(1)

  国内法曹も国際法を知っておこう………中谷和弘

◆演 習

 憲   法………松井茂記

 行 政 法………北村和生

 民   法………石田 剛

 商   法………松井秀征

 民事訴訟法………中島弘雅

 刑   法………上嶌一高

 刑事訴訟法………古江頼隆

 労 働 法………両角道代

 最近のおもな判決

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「法律時報」2008年4月号

法曹養成に関する特集があります。

 ノキ弁あるいはソクドク弁が今後はあたりまえになるのではないか、という指摘がありました。

イソ弁になるのは弁護士のなかでもエリート層ということになるのでしょうか。

 数年前まではイソ弁の売り手市場だったものが、変われば変わるものです。


末弘厳太郎=創 刊

法律時報

2008年4月1日発行

編集者:串崎 浩

発行所:(株)日本評論社

80巻4号 通巻994号

雑  誌:08027-04

ISSN:0387-3420

目 次

【法律時評】

 美しい星は可能か? ―――暖かい空気を感じられる国へ………下村英嗣

■特集=法曹養成改革の現状と課題

≪座談会≫    

 法曹養成制度の現状と課題

   ―――国民が求める法曹人口・法曹養成制度とは

   ………阿部泰久・後藤 昭・高木 剛・兵頭美代子・藤井伊久雄・四宮 啓(司会)

 外からみた日本の法曹人口・法曹養成

  ―――司法へのアクセスは本当に向上するか………ダニエル・H・フット

 法曹人口問題

  ―――新規参入規制を正当化する根拠を問う………伊藤 眞

 法曹人口問題について思うこと………古口 章

 法科大学院における教育の現状と課題………市川正人

 法曹の継続法学教育と法曹養成制度改革

  ―――早稲田大学法務教育研究センターの試み………浅古 弘

 韓国の司法制度改革と法学専門大学院………韓 勝憲・大久保史郎

 中国における法曹養成制度の改革

  ―――弁護士を中心に………胡 光輝

 外国から見た日本の法曹養成制度改革とその現状………松井茂記

■小特集=中国人戦後補償裁判

  ―――国際人道法と個人請求権

 西松建設最高裁判決をめぐる「日中法律家シンポジウム」の概要………南 典男

 国際人道法と個人請求権………藤田久一

 国内裁判所における請求権放棄論の系譜と最高裁四月二七日判決………泉澤 章

 サンフランシスコ条約と中国

  ―――最高裁判決の「サンフランシスコ条約枠組み論」………五十嵐正博

 主権免除と戦後補償………古谷修一

 日中共同声明第5項のウィーン条約法条約の原則による司法解釈

  ―――西松建設・中国人強制連行強制労働事件の最高裁(第二小法廷)判決(二〇〇七年四月二七日)について………高木喜孝

 日中国交正常化の交渉過程は、まだ「公知の事実」とは言えない

  ―――最高裁西松判決批判………高橋 融

 西松建設会社事件に関する最高裁判決の枠組み論について………辛 崇陽

 最高裁四・二七判決における解釈の一貫性問題について………張 新軍

 国際人道法違反の被害者救済をめぐる理論動向と展望 申………ヘボン

 日中間の「戦争補償」問題の解決へ向けての提言(私案)………山田勝彦

【論 説】

 自由と安全の比較衡量 ―――「テロとの戦い」の場合………小泉良幸

 司法省刑事局参考記録 考 ―――ギロチン社事件記録を通して………廣畑研二

【取引法研究会レポート】

 一般社団・財団法人法および会社法の成立と団体法体系の変容………後藤元伸

【刑事訴訟法判例研究】

 被告人の訴訟能力を肯定し、控訴趣意書の提出の遅延につき

 刑訴規則238条にいう「やむを得ない事情」がないなどとされた事例………石田倫識

【労働判例研究】

 原告らの同意なくされた年俸額の減額を有効とした例

  ―――中山書店事件………皆川宏之

【史料の窓】

 戦犯移管問題 日暮吉延

●新法令解説

●文献月報・判例評釈

●メモランダム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「最強ロマン派 毎月父さん」1巻

 格闘技ギャグマンガ。ヒラマツミノルがあのタッチで最強をめざす格闘家のマイホームパパぶりを描いています。

ビッグコミックス

書名 最強ロマン派 毎月父さん[1]

2007年9月4日発行

著 者:ヒラマツ・ミノル

発行者:片寄 聰

発行所:株式会社 小学館

ISBN:978-4-09-181476-0 C9979

CONTENTS

第一回戦 vs.ぞうさん

第二回戦 vs.ピアノ塾講師

第三回戦 vs.バザーの値札

第四回戦 vs.バカップル

第五回戦 vs.昔の男

第六回戦 vs.おさるさん

第七回戦 vs.カエルの王様

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

「理解されないビジネスモデル 消費者金融」の欺瞞

貸金業協会側からの貸金業法改正への批判の書です。

 自殺者を年平均数1000人増加させたところへの反省点、自殺によって保険金がはいるビジネスモデルをつくった点への反省点はまったくありません。

マクロ経済は人命については扱わないとしても、日本国憲法は公共の福祉を重んじて人権の制限をおこなう以上、営業の自由・財産権を人命のうえにおくような立論がなりたつわけはありません。日本人の人命軽視をみのがすわけにはいかないでしょう。

理解されないビジネスモデル 消費者金融

2008年4月1日発行

編著者:藤沢久美,片野佐保,真水美佳,川島直子

発行者:北村 徹

発行所:株式会社 時事通信出版局

ISBN:978-4-7887-0858-7 C0033

目 次

第1章 黎明期の消費者金融

     黎明期のビジネスにいま再び学ぶ

 1 時代の要請から生まれた消費者金融………アコム株式会社 代表取締役社長 木下恭輔

 2 サラリーマンの活力を応援する金融………元・株式会社レイク 代表取締役社長 谷口龍彦

 3 地方都市の消費者金融市場………ユニワード株式会社 代表取締役社長 饗庭耕夫

第2章 消費者金融というビジネスモデル

     規制のない世界から生まれる力強いイノベーション

 1 近代産業への脱皮………アコム株式会社 代表取締役社長 木下恭輔

 2 独自の店頭対応技術の開発………元・株式会社レイク 代表取締役社長 谷口龍彦

 3 “日本型”個人信用情報機関の設立と理念………前・全国信用情報センター連合会会長 平野征人

第3章 市場拡大の光と陰

     社会的認知の獲得が進まない理由

 1 多くの試練を乗り越えて………アコム株式会社 代表取締役社長 木下恭輔

 2 多店舗展開と過当競争………ユニワード株式会社 代表取締役社長 饗庭耕夫

 3 地方都市へも波及した貸出競走………ユニワード株式会社 代表取締役社長 饗庭耕夫

 4 外資系消費者金融会社の日本上陸………………元・アイク株式会社 代表取締役社長 ウィルフレッド Y・ホリエ

第4章 何を学び、どう変わるか

     消費者金融業界が未来に向けて担うべき責務

 1 賃金業法改正の教訓………アコム株式会社 代表取締役社長 木下恭輔

 2 何を学び,どう変わるか………プロミス株式会社 代表取締役社長 神内博喜

 3 最後発ネット系金融会社の戦略………SBIイコール・クレジット株式会社 代表取締役COO 石井一君

 4 日本の消費者金融会社の課題………………元・アイク株式会社 代表取締役社長 ウィルフレッド Y・ホリエ

第5章 私がみた「貸金業法」改正

 1 民主政治が機能しなかった弊害………慶應義塾大学 法学部教授・弁護士 小林 節

 2 借り手保護に結びつかない法改正………政策研究大学院大学教授 福井秀夫

 3 行動経済学からみる上限金利規制の効果………大阪大学 社会経済研究所教授 大竹文雄

 4 なぜ賃金業法改正が行われたのか?………金融庁 前・総務企画局信用制度参事官 大森泰人

第6章 どこへ向かう?消費者金融

     ―――消費者金融のレゾンデートル―――

 <対 談> 金子 勝(慶應義塾大学経済学部教授) VS 藤沢久美(シンクタンク・ソフィアバンク副代表)

貸金業界及び周辺環境の変遷

| | コメント (2) | トラックバック (0)

判例時報 2008年3月21日

判例時報

平成20年3月21日発行

発行通巻1992号

編集人:下平健一

発行人:判例時報社

雑  誌:26333-3/21

ISSN:0438-5888

判例時報細目次

◆記  事◆

 医療観察法による「医療の必要性」について

  ―――最高裁 平成19年7月25日決定の検討………中山研一

 騒音・低周波音被害をめぐる受忍限度・因果関係に関する一考察(下)

  ―――要件事実論にも言及して………河村 浩/森田 淳

 先輩から聞いた話(二)  

  ―――近藤完爾さん………渋川 満

 現代型判例をめぐる裁判例(203)………升田 純

 海外刑法だより(274)

  ぺドフィリア(子ども性的搾取)の罪………森下 忠

◆判決録◆

=行 政=

◎一 海岸法三七条の四の規定に基づく占有の許可の申請があった場合において,当該占有が一般公共海岸区域の

   用途又は目的を防げないときに,占有の許可をしないことの可否

 二 採石業等を目的とする会社が,岩石の採取計画の認可を受けた採石場に近隣する一般公共海岸区域に岩石

   搬出用の桟橋を設けるため,海岸法三七条の四の規定に基づいて上記一般公共海岸区域の占有の許可の申

   請をした場合において,上記占有の許可をしない旨の処分が裁量権の範囲を超え又はその濫用があったも  

   のとして違法となるとされた事例

 (最二判 19・12・7)

○都知事が,広報テレビ番組の担当プロデューサーと番組製作方針について意見交換を行う目的で,夜間,銀座の

 割烹・小料理店で会合を開催し,飲食代金を支出したことについて,同支出は違法であるとし,知事に対し,出

 席者に対して飲食代金を支払うよう請求することが命じられた事例

 (東京高判 19・9・26)

=民 事=

◎一 企業実体のない会社の金融機関からの借入れについて,金融機関の依頼に基づき保証契約を締結した信用保証

   協会の意思表示に要素の錯誤があり,その錯誤について重大な過失があったとはいえないとされた事例

 二 第三者の詐欺により意思表示に要素の錯誤が生じた場合と民法九六条二項,三項の類推適用(消極)

   (東京高判 19・12・13)

○赤い羽根共同募金などを自治会費に上乗せして強制的に徴収するとした決議は,思想信条の自由を侵害し,

 公序良俗に反し無効であるとされた事例

 (大阪高判 19・8・24)

▽一 株式会社とその従業員持株会につき法人格の否認が認められなかった事例

 二 従業員持株会への参加を勧誘した株式会社の説明義務・告知義務違反が肯定された事例

   (東京地判 19・7・3)

▽大手電機メーカーから注文を受けた液晶パネルの欠陥検査を自動で行う装置の共同開発を行った会社の一方が,

 自己の分担する部分を製作することができず,注文者から注文を取り消された場合について,同会社の債務不

 履行責任を認め,同会社に対する営業上の逸失利益等の損害賠償請求が認められた事例

 (東京地判 19・5・22)

▽被告が当時者能力の欠ケツを理由に訴えの却下を求めている場合において,訴えの取下げについての被告の同意が

 不要とされた事例

 (東京地判 19・7・11)

▽強直性脊椎増殖症の患者に頸椎骨切除手術を実施したところ,手術部位の出血が凝血塊となり反回神経を圧迫・

 麻痺させ,呼吸困難となって患者が死亡した場合に,医師には,手術後の呼吸管理を怠った過失があるとして,

 病院側の損害賠償責任が認められた事例

 (名古屋地判 19・1・31)

▽交通事故の補償交渉を手伝って保険金を受け取ったという名目で,被害者が暴力団員より保険金等を脅し取られた

 として,その暴力団より保険金等を脅し取られたとして,その暴力団の上部団体の組長に対する民法七一五条に基

 づく損害賠償請求が認容された事例

 (京都地判 19・4・19)

=知的財産権=

○富山県氷見市において製造されていないうどんについて「氷見うどん」等の表示を付するなどして販売した業者に

 対し,同販売行為が不正競走防止法二条一項一三号所定の原産地誤認惹起行為に当たるとして,損害賠償が命じら

 れたが,その損害額の算定に際して,右業者の周知性の寄与度が考慮された事例

  ―――氷見うどん事件控訴審判決(名古屋高金沢支判 19・10・24)

▽一 醤油だれを餅生地で包み込んだ和菓子について使用されている二つの商標が類似しないとされた事例

 二 醤油だれを餅生地で包み込んだ和菓子に「元祖」の表示を使用する行為,品質誤認表示行為及び営業

   誹謗行為及のいずれにも該当しないとされた事例

   (大阪地判 19・3・22)

=商 事=

▽株式移転により完全親会社の株主となった者が,完全子会社の取締役等役員の責任を株主代表訴訟で追及する

 ことができるか

 (東京地判 19・9・27)

=労 働=

○就業規則の変更について,従業員に対し実質的に周知されたとは認められないとして,無効であると判断された事例

 (東京高判 19・10・30)

=刑 事=

◎第一審裁判所で犯罪の証明がないとして無罪判決を受けた被告人を控訴裁判所が勾留する場合と刑訴法六〇条

 一項にいう「被告人が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由」の有無の判断

 (最三決 19・12・13)

○いわゆる個室ビデオ店が,風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律二条六項三号,同法施行令二条一号

 の定める「専ら,性的好奇心をそそるため衣服を脱いだ人の姿態の映像を見せる興行の用に供する興行場」に当た

 るとされた事例

 (東京高判 19・8・29)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年4月 5日 (土)

井形慶子「日本人の背中」

日本人の背中

 欧米人はどこに惹かれ、何に驚くのか 

2008年3月5日発行

著 者:井形慶子

発行人:植木宣隆

発行所:株式会社 サンマーク出版

ISBN:978-4-7631-9821-1 C0030 

目 次

はじめに

第1章 欧米人のうらやむ日本

 欧米人が絶賛する日本の風呂

 日本食は究極のヘルシーフード

 なぜ彼らは居酒屋にハマるのか?

 「わび・さび」文化に魅せられる欧米人

 「オタク」と「マンガ」に世界が注目

 日本人も知らない神秘の日本

第2章 欧米人の不思議がる日本

 働き者なのにビジネスができない

 男性天国に見えて、じつはかかあ天下

 マスクの下の素顔が見えない

 長いものに巻かれると急に強くなる

 アジア人なのに気分は欧米人

 金持ちなのにブランドに弱い 

第3章 自信のもてない日本人

 英語ができなくても国際人になれる

 言葉に出さずに心を読む「和」の会話 

 個性を根絶やしにする社会

 なぜ国際社会のマナーに慣れないのか

 海外文化の憧れからなかなか抜け出せない

第4章 日本人が尊敬されるために

 対等に意見を言える人が尊敬される

 評価が高まった日本人の旅行マナー

 「恥じらい」「遠慮」は美徳にはならない

 語学力よりユーモアのセンスを磨く

 日本人のサークルに閉じこもらない

 自国の文化と歴史を知る

第5章 これからどうなる日本人

 お金より大切なサムライ文化の心意気

 命を粗末にせず、確固たる生き甲斐をもとう 

 お金だけが幸せでないことを再確認する

 友人づきあいのような親子関係を築く

 金と人だけを出す「便利な国」にならない

 外国に住む日本人はどう考えているか

あとがき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

ジュリスト 2008年4月1日

実用法律雑誌・ジュリスト

Jurist

2008年4月1日発行

No.1353

編集人:高橋 均

発行人:江草忠敬

発行所:株式会社 有斐閣

雑  誌:20791-04

ISSN:0448-0791   

CONTENTS

【特集1】加速する法教育

◇法務省における法教育推進の現状と展望 ●佐々木宗啓/大谷 太

◇司法制度改革と法教育 ●松尾邦弘

◇学習指導要領の改訂に関する中央教育審議会答申について ●神山 弘

◇としょかんライオン考 ―――子どもとともに法を考える ●大村敦志

◇法教育に期待されていること ―――道徳教育・公民教育への組み込みに当たって ●田中成明

◇学校教育から見た法教育の課題と展望 ●大杉昭英

【海外法律情報】

◇韓 国―――社会的企業育成法 ―――格差是正の切り札となるか? ●白井 京

◇英 国―――気候変動法案 ―――温室効果ガスの排出削減 ●田中嘉彦

【特集2】

第168回国会主要成立法律(2)

◇銃砲刀剣類所持等取締法及び武器等製造法の一部を改正する法律 ●小澤孝文

◇テロ対策海上阻止活動に対する補給支援活動の実施に関する特別措置法 ●岡本慎一郎

◇特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第4因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための

 給付金の支給に関する特別措置法 ●笠松珠美

◇放送法等の一部を改正する法律について

 ●総務省情報通信政策局放送政策課/同総合通信基盤局電波政策課

  同総合通信基盤局データ通信課

【特別座談会】第7回日仏法学共同研究集会

 憲法・行政法・民法における一般利益=公益(アンテレ・ジェネラル)

 ●大村敦志(司会) ●金山直樹 ●木村琢麿 ●辻村みよ子 ●中田裕康

 ●樋口陽一 ●星野英一 ●山元 一 ●亘理 格 ●吉田克己

【連 載】国際私法の経済分析〔第12回・完〕

 国際私法の経済分析 ―――方法論序説 ●太田勝造

【新連載】これからの犯罪者処遇

 犯罪者に社会奉仕を義務付ける制度について ●今井猛嘉

【シリーズ】日本民法改正試案提示の準備のために

 (1)日本民法改正試案提示の準備のために● 加藤雅信

【時の判例】

◇資金前渡を受けた職員のする普通地方公共団体に債務を負担させる行為及び

 債権者に対する支払と住民訴訟の対象となる「公金の支出」

 ―――最二小判 平成18・12・1 ●長屋文裕

◇従業員と使用者との間でされた従業員に対し特定の労働組合から脱退する権利を行使しないことを

 義務付ける合意と公序良俗違反

 ―――最二小判 平成19・2・2 ●長屋文裕

【商事判例研究】

◇確約書での「言い値」と売買契約の成立の可否

 ―――東京地判 平成17・2・23 ●石田清彦

◇株式売買契約における表明・保証条項違反と損害の補償

 ―――東京地判 平成18・1・17 ●高橋美加

【労働判例研究】

 同一グループ企業内における事業廃止と事業開設の際の労働契約の承継

 ―――魚沼中央自動車学校(湘南ドライビングスクール)事件

 ―――横浜地判 平成19・3・20 ●大内伸哉

【渉外判例研究】

 国際訴訟競合となる内国での債務不存在確認請求訴訟提起が認められた事例

 ―――東京地中間判 平成19・3・20 ●森下哲朗

じゅりさいと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

4月1日 パートタイム労働法施行

パートタイム労働法が本日(4月1日)施行された。パートタイム労働の多様化に対応しつつ、適正な処遇を確保しようとするものである。
 主なポイントは5つある。
(1)労働基準法の規定に加え、昇給の有無・退職手当の有無・賞与の有無についても文書等で明示することが義務化された。
(2)事業主がパートタイム労働者から求められた場合に、待遇決定考慮事由を説明する義務が課された。
(3)職務の内容、成果、意欲、能力、経験などを勘案して賃金を決定するように努力義務が課された。職務内容・人材活用の仕組み・運用が同じであれば、賃金も同一の方法で決定するよう努力しなければならない。そのほか、職務の内容、人材活用の仕組みや運用、契約期間の観点から、教育訓練、福利厚生施設について、正社員との均衡を図ることとされた。
(4)事業主は、通常の労働者への転換を推進するための措置をとることが義務化された。
(5)パートタイム労働者から苦情の申出があった場合、事業主は事業所内で自主的な解決を図ることが努力義務とされたほか、紛争解決援助の仕組みとして、都道府県労働局長による助言、指導、勧告と均衡待遇調停会議による調停が設けられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »