« 無線と実験 2008年5月 | トップページ | 判例時報 2008年4月21日 »

2008年5月 7日 (水)

サピオ 2008年5月14日

SAPIO

国際情報誌サピオ 5/14

INTERNATIONAL INTELLEGENCE MAGAZINE

2008年5月1日発行

第20巻 第10号 通巻441号

編集人:塩見 健

発行人:秋山修一郎

発行所:株式会社 小学館

雑 誌:23002-5/14

CONTENTS

【SAPIO’S EYE 特別版】

 映画『靖国』論争で思い出すべき10年前の「上映中止要求」事件/井沢元彦

【SIMULATION REPORT】

 コピー&ピンク商法からナショナリズムの暴走まで、遂に史上最悪の五輪が開幕する

 [保存版]「危ない北京」の歩き方

 [大図解]IOC非公認 危ない北京の街歩きマップ

 [大演出]厳戒と虚飾の祭典「五輪開会式」で中国13億人のナショナリズムが炎上する/西村幸祐

 [落とし穴]現役ツアコン覆面座談会 日本人をカモにする有名レストランと中国人ガイド

 [現地調査]「東京の7倍の粉塵」に硬い路面、曲がりくねった道 本誌ノーパン記者が「地獄のマラソンコース」大激走

 [ハニートラップ]公安・軍が経営する高級風俗店も! 日本人を狙い撃つ中国人女性「特別服務」の危険な誘惑/川満衡

 [警 告]封印された「日本人ビジネスマン89人買春一斉逮捕事件」の真相を追う/大島佑介

 [マナー]北京当局が高額懸賞で募集した「痰吐き悪習根絶スローガン」の爆笑入選作/吉村麻奈

 [名 所]ガイドブックには絶対載っていない北京「反日スポット」1日ツアー/本誌編集部

 [コピー商法]高級ブランドから日本製家電まで完全復活! 「偽モノ百貨店」があなたをお待ちしてます/本誌編集部

 [緊急提言]二度と登頂できなくなっても私は訴える チョモランマ「死の聖火リレー」の言語道断/野口 健

 [対日工作]中国大使館が日本政界を籠絡してきた「(秘)接待リスト」をスクープ入手!/山村明義と本誌取材班

【独走第16弾】

 自民党「新5人組」が画策する

  福田辞任→民主分裂の「醜悪な談合」/本誌政界特捜班

【SPECIAL REPORT】

 世界中の企業、富豪がユーロへシフト! 日本はドルと「心中」するのか

  ドル崩壊! 通貨戦争の勝者は?

 [俯 瞰]ドルvsユーロ「アトランティックの戦い」に敗北したアメリカをハイパーインフレが襲う/大前研一

 [中 国]人民元がどこまで高騰しても「世界基軸通貨」になれないこれだけの理由/程暁農

 [大図解]データで読み解く「沈む通貨」「浮上する通貨」/本誌編集部

 [損 害]FXで1000万円が水の泡! 個人投資家まで呑み込んだドル崩壊の大津波/入江一

 [内 幕]バフェットもゲイツもソロスも副大統領チェイニーまでもがドルを見放した/浜田和幸

 [円 高]業績悪化で夏のボーナスもカット確実! 「円高大地震」は1ドル=90円まで進む/森永卓郎

【緊急座談会】

 『メディアを裁く! CJR特約』提携10周年記念特別版

 作られたオバマ・フィーバーと大統領選をミスリードするメディアの偏向

【FOCUS】

 韓国版「新しい歴史教科書」の登場は日韓新時代の嚆矢となるか/滝本伽ヤ

【BOOK IN BOOK スペシャル】

 私が愛した「スパイ映画」BEST50

【刮目連載】

 落合信彦『新世界大戦の時代』 

  無力な国連に替えて「民主主義連盟」結成を訴えるマケインの「平和の強要」構想

【大反響】

 小林よしのり『ゴーマニズム宣言』

  第15章 「パール判決書」の最重点は何か?

【好評連載】

 袁翔鳴『蝕む! 中国黒社会「日本占領」』

  第3部 パスポートも戸籍も偽造! 中国人を日本人に仕立てる「新・蛇頭」の手練手管(その1)

【巨弾新連載】

 工藤美代子『関東大震災「朝鮮人虐殺」の真実』

 第1章 大正十二年九月一日 ―――無間地獄の帝都 第1回

【新時代を読む連載ラインナップ】

佐藤優『SAPIO intelligence database(世界を読むための情報羅針盤)』

  第75回 ブッシュ&プーチンは「最後の首脳会談」で二大帝国の「棲み分け」を合意した

 『「昭和力」検定』 師匠=石原壮一郎 弟子=神田憲行

  第8回 特撮ヒーローの巻

 ウィリー・ラムの『北京探題』

  第30回 チベット弾圧で毛沢東、江沢民の真似をした胡錦濤の「大失敗」

 黒田勝弘の『ソウルの風』

  65回 「済州四・三事件」は虐殺か暴徒鎮圧か 朝日新聞まで“参戦”した「自虐史観」論争

【書闘倶楽部】

 [この映画はこう読め]不振の韓国映画界にそびえ立つ異能の2人の映画監督の新作を市山尚三と読む

 [「時代」の肖像]『サムライ、バリに殉ず インドネシア独立戦争の英雄になった旧日本兵の記録』(坂野徳隆著)

【爆笑連載】

 業田良家『ガラガラポン 日本政治』

【時代を切り拓く強力連載】

『SAPIO語身術』/亀井 肇

 新製品・イベント情報『COSA DE SAPIO』

 『平成百色眼鏡 見たり読んだり』/川本三郎

 「フロム・リーダーズ」

 連載「世界人の一流品」/貫井徳郎

|

« 無線と実験 2008年5月 | トップページ | 判例時報 2008年4月21日 »

コメント

ドル没落が本格化すると日本のドル資産に影響が出ますね。日本が思い切ってドル資産をユーロに切り替えたら、ドルの転落は決定的になるでしょう。ただし副作用も大きいでしょう。米国の経済的衰退が長期になれば、米国は海外に軍事力を展開できず、日米安保も消滅するかもしれません。そうなると大変です。日本は名実共に米国から独立して政治的・経済的・軍事的にたった一国で周辺諸国に立ち向かわなければなりません。日本は巨額の防衛費用を必要とするようになるでしょう。ですから日本は米国以外に価値観を共有できる同盟国が必要になります。チャイナ、コリアや台湾ではないことは言うまでもありません。近場では加・豪・NZなどの英連邦諸国くらいしかないでしょう。また減少する人口を中南米の日系人で補充する必要もあります。さらに大胆に発想転換して日本がEUや英連邦に加盟したりできないですかね。今年はUK-Japan2008といって日英国交150周年、日仏国交150周年でもあります。また先週はヨーロッパ・デーで「あなたの学校にEUがやってくる」といって全国の学校にEU加盟国の外交官が出前講義をしたそうです。そこまでしてEUを日本に宣伝してくれるのは、ひょっとして条件に折り合いがつけば日本をEUに入れてくれるのかなと思っちゃいますね。生徒の中には日本もEUに入れますかと質問した子もいるそうです。

投稿: ツシマ | 2008年5月11日 (日) 19時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120360/41123943

この記事へのトラックバック一覧です: サピオ 2008年5月14日:

» 即日OKなキャッシング [即日OKなキャッシング]
即日OKなキャッシング [続きを読む]

受信: 2008年5月 9日 (金) 18時23分

» 援助少女とロリコン男 [援助少女とロリコン男]
援助少女とロリコン男 [続きを読む]

受信: 2008年5月10日 (土) 13時24分

« 無線と実験 2008年5月 | トップページ | 判例時報 2008年4月21日 »