« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月26日 (木)

ジュリスト 2008年6月1日

実用法律雑誌・ジュリスト

Jurist

2008年6月1日発行

No.1357

編集人:高橋 均

発行人:江草忠敬

発行所:株式会社 有斐閣

雑  誌:20791-06

ISSN:0448-0791   

CONTENTS

【特 集】

地球温暖化と排出枠取引

 地球温暖化と排出枠取引 ―――特集に当たって ●大塚 直

 2013年以降の地球温暖化の国際的枠組みと市場メカニズム ●高村ゆかり

 国内排出枠取引に関する法的・法政策的課題 ●大塚 直

 排出枠取引制度の設計に関する経済学的視点 ●諸富 徹

 排出枠取引と信託 ●平 康一

 東京都における地球温暖化問題への取組 ―――大規模事業所への削減義務の導入 ●東京都環境局CO2排出量削減制度構築WG

 EUの排出枠取引制度 ●渡邉理絵

 アメリカの連邦・州における国内排出枠取引制度の胎動 ●西村治彦/河村玲央

 アメリカの司法における温暖化関連訴訟の動向 ●平尾禎秀

 クリーン開発メカニズムの過去,現在,将来 ●水野勇史

【視 点】

 「独占禁止法等の改正案に関する意見」について ●舟田正之

 リスク社会下の社会保障行政(下) ●太田匡彦

 不実開示に関する会社の民事責任と倒産法(上)

  ―――投資家の会社に対する損害賠償請求権の倒産手続における劣後化の是非 ●後藤 元

【海外法律情報】

 フランス ―――胎児の存在証明 ●林 瑞枝

 イタリア ―――2008年総選挙選挙法の評価 ●芦田 淳

【連 載】知的財産法の新潮流〈生命工学編(9)〉〔第24回〕

 特許出願明細書における実験データの虚偽記載の抑止に関する一考察 ●上條 肇

【連 載】地方分権改革の位相〔第3回〕

 自治事務とは何か ●薄井一成

【シリーズ】日本民法改正試案提示の準備のために

 [5]フランス ―――民法典から債務法改正草案へ ●ピエール・カタラ/野澤正充(訳)

 [6]中国物権変動制度の立法のあり方 ●渠 涛

  [Comment]中国物権変動法制立法のあり方 ―――渠涛教授の報告に寄せて●横山美夏

【書 評】

 大村敦志著『他者とともに生きる ―――民法から見た外国人法』 ●手塚和彰

受贈図書

2008年度 春季学会予告2

【時の判例】

 マンションの住み込み管理員が所定労働時間の前後の一定の時間に断続的な業務に従事していた場合において,

 上記一定の時間が,管理員室の隣の居室に居て実作業に従事していない時間を含めて労働基準法上の労働時間に

 当たるとされた事例 ほか

  ―――最二小判 平成19・10・19 ●鎌野真敬

 海岸法37条の4の規定に基づく占用の許可の申請があった場合において,当該占用が一般公共海岸区域の用途

 又は目的を妨げないときに,占用の許可をしないことの可否 ほか

  ―――最二小判 平成19・12・7 ●内野俊夫

 心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律33条1項の申立てがあった場合

 に,医療の必要があり,対象行為を行った際の精神障害の改善に伴って同様の行為を行うことなく社会に復帰で

 きるようにすることが必要な対象者について,措置入院等の医療で足りるとして同法による医療を行わない旨の

 決定をすることの可否

  ―――最二小決 平成19・7・25 ●任介辰哉

 刑法105条の2にいう「威迫」の方法

  ―――最三小決 平成19・11・13 ●家令和典

【商事判例研究】

 会計帳簿閲覧の拒絶事由としての「実質的な競争関係」

  ―――競業者の完全子会社が請求者の場合

  ―――東京地判 平成19・9・20 ●弥永 真生

 保険料不払を理由とする保険契約失効の主張の可否

  ―――札幌高判 平成18・9・28 ●橋本 円

【労働判例研究】

 労働組合内の意見集約・調整手続の不公正さと労働協約の効力

  ―――中央建設国民健康保険組合事件

  ―――東京地判 平成19・10・5 ●水町 勇一郎

じゅりさいと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュリスト 2008年6月15日

実用法律雑誌・ジュリスト

Jurist

2008年6月15日発行

No.1358

編集人:高橋 均

発行人:江草忠敬

発行所:株式会社 有斐閣

雑  誌:20793-06

ISSN:0448-0791   

CONTENTS

【特 集】

 アジアにおける法整備支援と日本の役割

 1 法整備支援の現状

 法整備支援事業のいま ●稲葉一生

 日本弁護士連合会と国際司法支援活動 ●矢吹公敏

 名古屋大学と法整備支援事業・研究 ●鮎京正訓

 2 カンボジアにおける法整備支援

 カンボジア民事訴訟法典の成立 ―――起草支援作業を振り返って ●上原敏夫

 カンボジア裁判官・検察官養成支援 ●柴田紀子

【海外法律情報】

 中  国 ―――障害者保障法改正 ●岡村志嘉子

 アメリカ ―――米英防衛貿易協力条約と米豪防衛貿易協力条約 ●等 雄一郎

民営化または法人化の功罪(下) ●山本隆司

不実開示に関する会社の民事責任と倒産法

 ―――投資家の会社に対する損害賠償請求権の倒産手続における劣後化の是非(下) ●後藤 元

フランスにおける相続法改革(2006年6月23日の法律) ●ミシェル・グリマルディ/北村一郎(訳)

弁護士需要の規定要因 ―――「適正な法曹人口」を考える ●棚瀬孝雄

裁判員裁判の審理等について ―――模擬裁判をふりかえって ●村瀬 均/河本雅也

【連 載】不動産法セミナー〔第29回〕

 農地制度の展望と不動産法制(1)

 ●鎌田 薫 ●寺田逸郎 ●松岡久和 ●始関正光

 ●道垣内弘人 ●安永正昭(司会) ●山野目章夫

 ●小宮山秀史(ゲスト) ●原田純孝(ゲスト)

【連 載】これからの犯罪者処遇〔第3回〕

 電子監視 ●川出敏裕

【連 載】地方分権改革の位相〔第4回〕

 自治体の自治運営能力 ●金井利之

【シリーズ】日本民法改正試案提示の準備のために

 [7]オランダにおける民法典の公布 ●アーサー・S・ハートカンプ/平林美紀(訳)

 [8]不履行による損害賠償と過失原理 ●カール・リーゼンフーバー/渡辺達徳(訳)

 [Comment]債務不履行による損害賠償と過失原理

   ―――リーゼンフーバー教授の報告に寄せて●渡辺達徳

【時の判例】

 強制執行を受けた債務者がその請求債権につき強制執行を行う権利の放棄又は不執行の合意があったことを

 主張して裁判所に強制執行の排除を求める場合に執るべき手続

  ―――最二小決 平成18・9・11 ●高橋 譲

 昭和28年に団体の著作名義をもって公表された独創性を有する映画の著作物の著作権の存続期間

  ―――最三小判 平成19・12・18 ●宮坂昌利

 刑法244条1項と内縁の配偶者

  ―――最二小決 平成18・8・30 ●芦澤政治

 家庭裁判所から選任された未成年後見人が未成年被後見人所有の財物を横領した場合と刑法244条1項の準用の有無

  ―――最一小決 平成20・2・18 ●家令和典

【経済法判例研究会】

 著作権侵害情報を告知する行為の違法性

  ―――教文館事件

  ―――東京高判 平成18・9・7 ●青柳由香

【商事判例研究】

 フランチャイザーの情報提供義務違反による責任と精算金請求

  ―――名古屋高金沢支判 平成17・6・20 ●小野寺千世

 役員解任の訴えにおける否決要件の意義と重大な事実の内容

  ―――高松高決 平成18・11・27 ●舩津浩司

【刑事判例研究】

 麻薬特例法5条違反の罪の訴因の特定

  ―――最一小決 平成17・10・12 ●大澤 裕

【労働判例研究】

 顧客先でのIPメッセンジャーの私的利用等を理由とする解雇の有効性

  ―――トラストシステム事件

  ―――東京地判 平成19・6・22 ●成田史子

【租税判例研究】

 固定資産の有姿除却について,法人税法上の損金認定の可否

  ―――東京地判 平成19・1・31 ●平石雄一郎

じゅりさいと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

情報ネットワークローレビュー 7

情報ネットワーク・ローレビュー 第7巻

2008年5月30日発行

編 者:情報ネットワーク法学会

発行者:松澤三男

発行所:株式会社 商事法務

ISBN:978-4-7857-1547-2 C3032

目 次

【論 説】

 違法サイトからの私的録音録画規制の問題点………砂金伸一、田中規久雄

 情報セキュリティと専門家の責任………石井夏生利

 大学図書館が挑む新しい形での法情報発信

  ―――R-Line(アールライン)の開発・運営と今後の課題………石丸湖美、加藤晶子、高橋香奈

                                  中村有利子、平谷明子、吉田妃穂子

 プロバイダの刑事責任

  ―――名古屋高裁 平成19・7・6と東京高裁 平成16・6・23………奥村 徹

 VISION 2020とサイバー法の進展評価について

  ―――マレーシア・サイバー法の立法動向………坂部 望

 OECD8原則にみる個人情報保護の原理とその展開………飛田治則

  ―――社会的公正の個人情報保護を目指して

 ネットいじめに対する教師の対応の教育的・法的問題の解明と課題の検討

  ―――ある公立中学校での事例を手がかりに………長谷川元洋、大嶽達哉、大谷 尚

 中国における電子認証機関に関する法規則とその課題………李 丹丹

【講 演】

 情報ネットワーク社会と刑法………山口 厚

【シンポジウム】

 パネルディスカッション「違法有害情報と匿名性」………吉川誠司、丸橋 透、小倉秀夫

                           石井芳明、池田信夫、町村泰貴、森 亮二

 パネルディスカッション

  「法学教育のIT化 ―――ロースクール完成年度を契機として」………角田篤泰、中島 宏、中村壽宏

                                   深澤良彰、米田憲市、笠原毅彦

【雑 報】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

内藤陽介「近代美術・特殊鳥類の時代」2008年

戦後記念切手の解説シリーズで今回は1979年~85年です。
裸婦が表紙になっていますが、これにエロスを感じるひとはいるんでしょうか…
 ページ数の関係から1~3にでていた人物については参照ページのみになっているのがちょっと不便。

解説・戦後記念切手4
近代美術・特殊鳥類の時代
 切手がアートだった頃 1979-1985
2008年4月20日発行
著 者:内藤 陽介
発行所:株式会社 日本郵趣出版
ISBN:978-4-88963-3 C0021

目 次
はじめに
近代美術シリーズ
検疫制度100年
ふみの日(一九七九年)
第50回都市対抗野球大会
国際児童年
日本の歌シリーズ
国際文通週間(深山大沢図)
国際電気通信連合加盟100年
第34回国民体育大会
第9回国際産科婦人科連合大会
財政監督制度100年
切手趣味週間(春の野遊図)
練習帆船日本丸・海王丸50年
国土緑化運動(一九八〇年)
消防一〇〇年
ふみの日(一九八〇年)
第16回国際昆虫学会議
国際地理学会議・国際地図学会議
世界コンピュータ会議・医療情報科学国際会議
国際文通週間(鶴図)
第35回国民体育大会
国際青年会議所世界会議
議会開設90年
神戸ポートアイランド博覧会
農林水産振興100年
切手趣味週間(見立夕顔)
国土緑化運動(一九八一年)
第12回国際港湾協会総会
砂防100年
第8回国際薬理学会議
ふみの日(一九八一年)
自然公園50年
省エネルギー
近代洋風建築シリーズ
国際障害者年
神経・脳波臨床神経生理・てんかん学国際会議
国際郵便電信電話労働組合連盟世界大会
国際文通週間(双鶴図)
東京国際切手展
第36回国民体育大会
動物園100年
切手趣味週間(待乳山の雪見)
沖縄復帰10年
国土緑化運動(一九八二年)
第16回国際皮膚科学会議
東北新幹線開通
ふみの日(一九八二年)
天正遣欧少年使節400年
日中国交正常化10年
第37回国民体育大会
国際文通週間(遊楽)
中央銀行制度100年
上越新幹線開通
国立歴史民俗博物館開館
切手趣味週間(台所美人)
国土緑化運動(一九八三年)
第50回日本ダービー
日本列島クリーン運動
官報100年
ふみの日(一九八三年)
国立能楽堂開場
特殊鳥類シリーズ
国際文通週間(地久)
第38回国民体育大会
世界コミュニケーション年
国営昭和記念公園開園
第71回世界歯学大会
南極観測船「しらせ」就航
世界人権宣言35年
国際科学技術博覧会募金
第20回全国菓子大博覧会
切手趣味週間(大谷鬼次の江戸兵衛・岩井半四郎の重の井)
国土緑化運動(一九八四年)
天気予報100年
民間ユネスコ運動世界大会
ふみの日(一九八四年)
防 災
高山植物シリーズ
第6回国際ウィルス学会議
国際文通週間(瀞)
第17回国際内科学会議
第39回国民体育大会
伝統的工芸品シリーズ
日本プロ野球50年
産業教育100年
国際科学技術博覧会
あとがき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

判例時報2008年6月1日

判例時報

平成20年6月1日発行

発行通巻1999号

編集人:下平健一

発行人:判例時報社

雑  誌:26331-6/1

ISSN:0438-5888

判例時報細目次

◆判例評論◆

◆判例特報◆

 太平洋戦争後期に沖縄慶良間列島の座間味島及び渡嘉敷島で発生した住民の集団自決について、

 自決命令を発したとされた守備隊長若しくはその親族が、著者及び出版社に対して名誉若しくは

 その親族が、著者及び出版社に対して名誉若しくは敬愛追慕の情を侵害されたとして求めた損害

 賠償請求及び書籍の出版等差止めの請求等がいずれも棄却された事例

  ―――沖縄集団自決出版差止等訴訟第一審判決(大阪地判 20・3・28)

◆判決録◆

=行 政=

▽原告の両下肢の機能障害が国民年金法施行令別表の二級一五号及び同一七号に該当することを

 理由として、障害基礎年金不支給処分が取り消された事例

 (東京地判 19・8・31)

=民 事=

◎一 受遺者から民法一〇四一条一項の規定による価額弁償の意思表示を受けた遺留分権利者が

   受遺者に対し価額弁償を請求する旨の意思表示をした場合において、当該遺留分権利者が

   遺贈の目的物について価額弁償請求権を確定的に取得する時期

   (最一判20・1・24)

○遺留分権利者が慰留分減殺請求権を行使する前提として、遺贈に係る債権について処分禁止の

 仮処分を申請した場合において、遺言執行者が指定されているときは、権利を侵害されるおそ

 れはなく、保全の必要性は認められないとして、その申請が却下された事例

 (広島高決 19・9・21)

○特定不動産について「相続させる」旨の遺言がされた場合、慰留分権利者は、慰留分減殺請求権を

 行使した上、相続人を債務者として処分禁止の仮処分の申立てができるとされた事例

○レンタカーサービス会社から自動車を賃借した者が運転中に人身事故を起こした場合、同会社に

 自賠法三条の責任が認められた事例

 (東京地判 19・7・5)

▽演習場で行われた徒歩行進訓練に参加した自衛隊員が、その離脱後に冠状動脈閉塞症により

 死亡した事故につき、上司である隊長に過失があるとして、遺族の国に対する損害賠償請求

 が認容された事例

 (神戸地判 19・9・26)

▽刑務所の受刑者が刑務作業中に左手指を負傷した場合、刑務所側に安全配慮義務違反があった

 として、国の不法行為責任が認められた事例

 (熊本地判 20・1・15)

=知的財産権=

○二以上の請求項を対象とする訂正審請求における訂正の許否の判断について説示された事例

 (知的財産高判 19・12・28)

○一 二以上の請求項を対象とする訂正審判請求における訂正の許否の判断を請求項ごとに

   すべきものとされた事例 

 二 訂正審判請求に係る複数の請求項のうちの一つにつき訂正要件及び独立特許要件を認めた

   にもかかわらず、他の請求項が独立特許要件を欠くことを理由とした審判請求不成立の審

   決に対する取消訴訟において、訂正要件及び独立特許要件が認められた当該請求項に係る   

   訂正の確定時期について判示された事例

   (知的財産高判 20・2・12)

▽水門開閉装置用の減速機に関する営業秘密の不正開示・不正使用に基づく損害賠償請求が、

 営業秘密性が否定されるか不正開示等行為が否定されて棄却された事例

 (大阪地判 19・5・24)

=商 事=

▽証券業の登録を受けない業者による未公開株の販売が詐欺的商法に当たるとし、その取締役らの

 任務懈怠責任が肯定された事例

 (東京地判 19・11・30)

=労 働=

▽運送会社のトラック運転手の腰痛の発症、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄の後遺障害の

 残存につき、会社側の安全配慮義務違反の損害賠償責任が認められた事例

 (長野地判 19・12・4)

=刑 事=

◎被害者一名の殺人等の事案につき死刑の量刑が維持された事例

  ―――三島女子短大生焼死事件上告審判決(最二判 20・2・29)

◎被殺者二名の強盗殺人等被告事件につき、多数意見では被告人二名を無期懲役に処した第一審

 判決を維持した控訴審判決を破棄しなければ著しく正義に反するとは認められないとされたが、

 一名の被告人について、二裁判官による量刑不当との反対意見が付された事例

 (最一決 20・2・20)

◆最高裁判例要旨(平成二〇年三月分)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

週刊SPA! 2008 6 3

SPA!

週刊スパ

2008年6月3日発行

第57巻 第26号             

通巻3125号

編集人:光明康成

発行人:光明康成

発行所:株式会社 扶桑社

雑 誌:23451-6/3

       

CONTENTS

【PRICE BUSTERS】

 全品300円居酒屋、390円古着、iPod3割引き、一日1300円個室etc.

 良い物を破格の安値で買う裏技を巷の“買い物名人”に聞きまくった

 [今日から得する]

 クチコミ[激安情報]50連発

【STUDIO STEADY】

 (♂)「一戸建」を「いっとけん」と音読、加齢臭を「カレー臭」と認識……

 そこまでバカでも「(♀)次は何をやらかすのかと毎日が楽しい」!?

 [「羞恥心」も大ブレイク!]

   女が語る[私のおバカ彼氏]大自慢★

【PEOPLE】

 今週の顔

  サザンオールスターズ/

  橋下 徹/

  JYONGRI/

  大沢たかお/

 みうらじゅん×リリー・フランキーのグラビアン魂

  安藤成子

 エッジな人々

  綾瀬はるか やっと自分の殻から出られるようになった。

【LIFE STYLE】

 文化堂本舗

 [インタビュー]シルベスター・スタローン/

 トピックス/映画/DVD/ブック&コミック/音楽/ステージ&アート/スポーツ

 SPA! AUTO CLUB 

  ●フェラーリ・フェスティバル

  パレード世界一はフェラーリ490台の大渋滞でした

【TERRIBLE REPORT】

 普通に暮らしていたら家族や隣人に通報され、警察が病院へ……

 それを機に仕事を失い、再就職が困難になった4人が激白!

 ある日突然[精神科に強制入院]の理不尽

【FOOD CRISIS】

 5年以内に米の国内生産激減、穀物・肉・乳製品も輸入ストップ!?

 豚丼もカップ麺も食べられない大飢餓時代がすぐそこに来ている!

 [今すぐ個人自給率をアップせよ!]

  下流のための [世界的食糧危機] サバイバル術

【SPA! RESEARCH】

 ズボンの裾直し、パスポートの申請、病院の診察・会計etc.

 簡単そうに見えるのに、なぜそんなに時間がかかるのか?

 今ドキ [ちょっと待たせすぎ!] の理由

【SPA! BUSINESS PLUS】

 コピー使用禁止、社長宅が風呂なしアパートに……

 過酷なリストラから計画倒産まで、驚愕の事件満載

 [ベンチャーバブル崩壊から2年] [没落ベンチャー企業] 残酷物語

【SPA! EXAMINATION】

 口癖が「最近涙もろくて」、くしゃみの音がデカいetc.は大丈夫か?

 若くてもウッカリやってしまう言動に「性的魅力を感じない」の烙印!

 [OL300人] [これをやったら即オヤジ] 認定基準

【緊急告知 創刊20周年特別企画】

 SPA!が作った [カップ麺・スナック菓子・ラーメン]発売

【NEW MEDIA】

 デジペディア

 TREND/NEW PRODUCTS/GAME

【INVESTMENT】

 マネー(得)捜本部

【COLUMN】

 ニュースバカ一代/勝谷誠彦

 これは事件だ/神足裕司

 にあいこ≒るリアル/江川達也

 板谷番付!/ゲッツ板谷

 内股ピンポンダッシュ★/本谷有希子&瀧波ユカリ

 恋愛の利回り/フェルディナント・ヤマグチ

 ネット炎上観察記/ひろゆき

 心のコスプレ/前田司郎

 どうかと思うが、面白い/平山夢明

 ドン・キホーテのピアス/鴻上尚史

 東京ペログリ日記リターンズ/田中康夫

 インテリジェンス人生相談/佐藤 優 

【COMIC】

 時事[悶絶]ジャーナリズム/須賀原洋行

 だめんず・うぉ~か~/倉田真由美

 GENGO/石原まこちん

【REGULAR】

 ニュースコンビニエンス

 中華人民(毒)報

 タイゾー事務所SPA!支店

 バカはサイレンで泣く

 タイツくん「男のたしなみ通信講座」

 マンガ極道 きわめみち/岩井 道

 これでいいのだ! /坪内祐三&福田和也

 SPA! 初monoステーション

 エーガ界に捧ぐ/中原昌也

 キャバクラ考現学/木村和久 

 美女タレント発掘プロジェクト「どるばこ」

 SPA! MARKET

 SPA! 読者プレゼント

 次号予告

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新・民事執行実務6号

新民事執行実務 No.6

平成20年3月26日発行

ISSN:1346-5422

ISBN:978-4-89628-454-6 C2032

目 次

≪巻頭言≫ さらなるプロフェッショナル集団を目指して

       ―――意識改革では組織は変わらない――― ………日本執行官連盟会長 三上照彦

【論説・解説】

 ・収益執行の申立てと物上代位、競売の利用方法について………弁護士 古賀政治

   ―――債権者の視点から―――

 ・最近の執行妨害をめぐって………弁護士 今井和男

【座談会】担保不動産収益執行の実務上の問題点について

 天野雅裕・安藤信彦・生熊長幸・加藤 彰・壁谷政利・黒木正人・小粥太郎・

 戸田 誠一・原 克也(司会)・久野成實・三上照彦・峰田和実・山田隆夫

 ・担保不動産収益執行と執行官の執務【平成19年度関東支部研修会講演録】

   ………早稲田大学大学院法務研究科教授 山野目章夫

 ・建物収去明渡しの催告による当事者恒定効について………東京地方裁判所民事第21部判事 石橋俊一

 ・収益執行について ―――収益性の観点から――― ………東京地方裁判所評価人候補者 指田 明

【執行手続・運用解説】

 ・特殊物件(温泉・墓地・船舶)の現況調査について………日本執行官連盟東北支部

【最高裁判所民事局情報】

 【資料1】執行官事務に関連する事項を中心とした最近の法改正の概要

 【資料2】執行官事務に関連する最近の通知等の概要

 【資料3】BITによる物件明細書等のインターネットへの公示庁

【部会活動報告】

 ・現況調査部会

 ・執行部会

 ・手数料部会

 ・担保不動産収益執行委員会

●参考資料●平成19年度執行官取扱区域一覧

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »