« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月28日 (月)

接見交通権マニュアル 第10版 2008年

岡本法律事務所蔵書

岡本法律事務所 700-0811 岡山市番町2-3-2 浦上ビル3階

トマト銀行本店となり

電話086-235-2260 法律相談30分5250円(要予約)

2件めのサラ金いくより弁護士へ


接見交通権マニュアル 第10版

発行日:2008年5月1日(第10版)

編集発行者:日本弁護士連合会・接見交通権確立実行委員会

目 次

はじめに

第10版はしがき

[第1部 基本的姿勢]

[第2部 接見の実務Q&A]

 接見の際の心構え

 Q&A 

  Q1  接見の留意点

  Q2  弁護人選任権者と接見

  Q3  逮捕直後から勾留決定前の段階の接見

  Q4  特に初回接見の場合の対応

  Q5  検察官との対応 (1)検察官が不在の場合

  Q6  検察官との対応 (2)取調べ中と即時接見

  Q7  検察官との対応 (3)一括指定と接見

  Q8  検察官との対応 (4)接見禁止決定と手紙の宅下げ

  Q9  検察官との対応 (5)接見時間

  Q10 検察官との対応 (6)指定権を行使せずに放置した場合

  Q11 検察官との対応 (7)検察官から事前連絡を求められた場合

  Q12 接見制限に対する準抗告

  Q13 執務時間外の接見

  Q14 休日の接見

  Q15 電話による外部交通

  Q16 検察庁における接見

  Q17 裁判所構内における接見

  Q18 信書の授受

  Q19 接見禁止 

[第3部 資 料]

 1 接見交通権関連法令

 2 法務省との協議

 3 判 決

 4 接見妨害国賠訴訟全国一覧表

 5 国際法

 6 接見交通確立実行委員会報告書

 付録1 弁護人の立場からの連絡事項

      ―――美和国賠控訴審判決において評価された被疑者向けアドバイス書面―――

 付録2 九州弁護士連合会定期大会宣言(2005年10月28日)

 付録3 鹿児島接見侵害国賠訴訟判決についての会長声明

| | コメント (0) | トラックバック (0)

判例時報 2008年7月11日

岡本法律事務所蔵書

岡本法律事務所 700-0811 岡山市番町2-3-2 浦上ビル3階

(トマト銀行本店となり)

 電話086-235-2260 法律相談30分5250円

判例時報

平成20年7月11日発行

発行通巻2003号

編集人:下平健一

発行人:判例時報社

雑  誌:26332-7/11

ISSN:0438-5888

判例時報細目次

◆記  事◆

 現代型取引をめぐる裁判例(210)………升田 純

◆判例特報◆

 一 有価証券報告書の株式数についての虚偽記載が不法行為法上の違法に当たるとされた事例

 二 有価証券報告書に虚偽記載があることが発覚し、上場廃止となった会社の株主の損害賠償   

   集団訴訟において、株式を処分した株主の請求が認容され、株式を保有している株主の請

   求が棄却された事例

    ―――西武鉄道株主集団訴訟第一審判決(東京地判 20・4・24)

◆判決録◆

=行 政=

◎公正取引委員会の排除措置命令に違反した者を独禁法九七条の定める過料に処されないこととした

 原審の判断が是認された事例

 (最一決 20・3・6)

▽建物譲渡による損失について損益通算を廃止した租税法規の遡及適用が違憲とされた事例

 (福岡地判 20・1・29)

=民 事=

◎賃料自動改定特約のある建物賃借契約の賃借人からの賃料減額請求の当否等を判断するに当たり、

 上記特約による改定前に当事者が現実に合意した直近の賃料を基にすることなく、上記特約によ

 て増額された賃料を基にして、増額された日から当該請求の日までの間に限定して経済事情の変

 動等を考慮した原審の判断に違法があるとされた事例

 (最二判 20・2・29)

○株券を拾得した者が遺失物法に基づく報労金を請求した件について、具体的な報労金の額が認定

 された事例

 (大阪高判 20・1・25)

▽一 新聞記事の名誉毀損性を判断するに当たっては、原則として、見出しのみならず記事本文等、

   記事全体から受ける印象をもって判断すべきであるとされた事例

 二 名誉毀損記事の情報提供者に対する損害賠償及び謝罪広告の請求が棄却された事例

   (東京地判 19・12・5)

▽核燃料加工会社での臨海事故により付近の自動車組立工事の経営者夫妻が被曝し身体に変調がある

 として加工会社及びその親会社に対して求めた損害賠償請求が棄却された事例

 (水戸地判 20・2・27)

▽町の管理する流雪溝入口の河川内で除雪作業中の受注業者の従業員が、急激に発生した水流に流され

 受傷した事故につき、町の安全管理義務違反に基づく損害賠償責任が認められた事例

 (旭川地判 19・12・26)

=知的財産権=

▽一 レコード製作者に付与された著作隣接権としての送信可能化権について、著作権法改正による

   同権利の創設前に音楽事務所とレコード会社との間で締結された共同制作原盤譲渡契約及び原

   盤独占譲渡契約における包括的な権利譲渡条項に基づき、音楽事務所からレコード会社への譲

   渡が認められた事例

 二 自己の計算と責任においてレコード原盤に録音した者がレコード製作者であるとされた事例

   (東京地判 19・1・19)

▽一 店舗外観は、それ自体は営業主体を識別させるために選択されるものではないが、特徴的な

   店舗外観の長年にわたる使用等により、第二次的に店舗外観全体も特定の営業主体を識別す

   る営業表示性を取得する場合もあり得ないではないとされた事例

 二 店舗外観全体の類比を検討するに当たっては、単に、店舗外観を全体として見た場合の漠然と   

   した印象、雰囲気や、当該店舗外観に関するコンセプトに似ている点があるというだけでは足

   りず、少なくとも需要者の目を惹く特徴的ないし主要な構成部分が同一であるか著しく類似し

   ており、その結果、飲食店の利用者たる需要者において、当該店舗の営業自体が同一であると 

   の誤認混同を生じさせる客観的なおそれがあることを要するとされた事例

   (大阪地判 19・7・3)

=商 事=

◎一 会社の行為が商行為に該当することの主張立証責任

 二 会社の貸付けが当該会社の代表者の情宜に基づいてされたものとみる余地があっても、当該

   貸付けに係る債権が商行為によって生じた債権に当たるとされた事例

   (最二判 20・2・22)

▽有価証券報告書に虚偽記載があることが発覚し、保有株式を売却した機関投資家から虚偽記載をした

 会社等に対する請求が、主張する損害が理由がないとして棄却された事例

  ―――西武鉄道株式・機関投資家事件第一審判決

 (東京地判 20・4・24)

=労 働=

◎業務上の過重負荷と基礎疾患とが共に原因となって従業員が死亡した場合において、使用者の不法行為を

 理由とする損害賠償の額を定めるに当たり、使用者による過失相殺の主張が訴訟上の信義則に反するとし

 て民法七二二条二項の規定を類推適用しなかった原審の判断に違法があるとされた事例

 (最一判 20・3・27)

=刑 事=

◎船舶から海上に投下し回収する方法により覚せい剤を輸入しようとした行為につき、覚せい剤取締法

 四一条の輸入罪及び関税法(平成一七年法律第二二号による改正前のもの)一〇九条一項、三項の禁

 制品輸入罪の実行の着手があったとはいえないとされた事例

 (最三判 20・3・4)

◆最高裁判例要旨(平成二〇年四月分)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クレジット被害対策のシンポジウム

開催日時が明日にちかづきました。宣伝を転載しておきます。岡本法律事務所 岡山市番町 岡本 哲

(「クレ過剰」改め)

クレジット被害対策・地方消費者行政充実会議(仮称)設立総会

& シンポジウム~やったね!割販法大改正!!~

のご案内

クレジット過剰与信対策全国会議

代表幹事 釜井英法

問合せ先 TEL 043-225-6665  FAX 043-225-6663

事務局長 弁護士 拝師徳彦



皆様におかれましてはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

さて,当会議は,2005年7月に設立後,クレジット過剰与信被害の予防と救済の
ため,シンポジウムの開催等さまざまな活動を行ってきました。特に1年ほど前から
は,クレジットを規制する割販法改正に注力し,その結果本年6月11日,行政処分
付きのクレジット過剰与信規制,過量販売解除権の導入等を内容とする画期的な特商
法・割販法改正法案の成立を勝ち取ることができました。



この法案成立によってクレジット過剰与信被害の予防・救済がすべて実現する訳では
ありませんが,当会議の活動としても大きな課題の一つを成し遂げたと認識しており
ます。

それと同時に,我々はこれまでの活動を通じて,法律を改正しただけは意味がなく,
疲弊した地方消費者行政の相談窓口の充実に取り組まなければ過剰与信被害も根絶で
きないとの認識のもと,消費生活相談員の専門性向上・待遇問題等の新たな問題に取
り組む体制が必要であるとの結論に至りました。



このような経緯から,当会議は,従来取り組んできたクレジット過剰与信被害対策に
加えて,相談窓口の充実等に対応できるような新組織「クレジット被害対策・地方消
費者行政充実会議」(仮称)に生まれ変わることとし,そのための設立総会を開催す
ることとしました。

つきましては,下記の要領にて設立総会及びシンポジウムを開催いたしますので,従
来から当会議に参加いただいている皆様や,我々とともにクレジット被害救済,相談
窓口の充実等に取り組もうという方々に広くご参加いただきたく,ご案内申し上げる
次第です。





日 時 2008年7月29日(火)18時30分~20時



場 所 航空会館 東京都新橋1-18-1 TEL03-3501-1272

JR新橋駅徒歩5分,地下鉄銀座線・都営浅草線新橋駅⑦出口,都営三田線内幸町駅
A2



参加費  無料

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

週刊スパ 2008年7月8日

SPA!

週刊スパ

2008年7月8日発行

第57巻 第32号             

通巻3131号

編集人:光明康成

発行人:光明康成

発行所:株式会社 扶桑社

雑 誌:23452-7/8

       

CONTENTS

【GRINDING JOB】

 サラリーマンの精神疾患に対する労災認定は過去最多を記録、

 営業マン、店長、テレビ局AD、教師etc.が過酷さを暴露して競う

 [全26職種から決定!]

   [精神的にキツい仕事]グランプリ

【WOMEN’S INSIDE】

  接待でキャバクラに行ったことがバレた⇒殴る蹴るの暴行……etc.

  些細な裏切りに「そこまでやるか!?」的報復をする女の戦慄リポート 

 [実録][復讐100倍返し女] の恐怖

【PEOPLE】

 今週の顔

  吉田明一/

  高樹沙耶/

  水沢奈子/

  ディアブロ・コディ/

 みうらじゅん×リリー・フランキーのグラビアン魂

  秦 みずほ

 エッジな人々

  水木しげる ウソでもいいから希望があれば、人は解放される

【LIFE STYLE】

 文化堂本舗

 [インタビュー]村上もとか/

 トピックス/映画/DVD/ブック&コミック/音楽/ステージ&アート/スポーツ

[SPA! AUTO CLUB SPECIAL] 

 New Car●アルフォード&ヴェルファイア

 ギャルの欲望を満たす、究極のモテグルマ

【CRIME FORETOLD】

 爆破、殺害、無差別殺人etc. 取材中にも次々と犯行予告の書き込みが!

 通報後、警察はどう対応する? 民間パトロール部隊の最前線に迫る

 [密着ルポ]ネット犯行予告 収集サイト [予告.in] (ネット犯行予告 収穫サイト)は犯罪を防げるのか?

【SPECIAL REPORT】

 自治体やNPOも芸能人養成所を設立!

 巨大お笑い市場に群がる学校ビジネスと生徒たちの過熱ぶりを追う

 濫立する [お笑いスクール] の光と影

【TOO MUCH A PHRASE】 

 年下の上司から「やればできますよ」、元カノが「早く彼女つくれば?」

 ぎこちない関係をさらにややこしくするひと言ばかりを集めました!

 [ビミョーな関係の][キミには言われたくないよ!]発言集

【SPA! BUSINESS PLUS】

 2010年には売り上げ規模1兆円!

 生活必需品の一斉値上げで大手流通が品数を拡大中

 [PB商品] (プライベートブランド)激増の舞台裏

【IT STINKY!】

[超保存版]

 体臭、頭臭、足臭、口臭から衣類臭、部屋臭まで、夏の男の大問題を

 専門家と深刻に悩むサラリーマンのクチコミ情報で完全解消

 [タダ同然で実現]男の「異臭⇒モテ臭」化計画 

【NEW MEDIA】

 デジペディア

 TREND/NEW PRODUCTS/GAME

【INVESTMENT】

 マネー(得)捜本部

【COLUMN】

 ニュースバカ一代/勝谷誠彦

 これは事件だ/神足裕司

 にあいこ≒るリアル/江川達也

 板谷番付!/ゲッツ板谷

 恋愛の利回り/フェルディナント・ヤマグチ

 内股ピンポンダッシュ★/本谷有希子&瀧波ユカリ

 ネット炎上観察記/ひろゆき

 心のコスプレ/前田司郎

 どうかと思うが、面白い/平山夢明

 ドン・キホーテのピアス/鴻上尚史

 東京ペログリ日記リターンズ/田中康夫

 インテリジェンス人生相談/佐藤 優 

【COMIC】

 時事[悶絶]ジャーナリズム/須賀原洋行

 だめんず・うぉ~か~/倉田真由美

 Mr.パスカルの報告書/蛙男商会

 GENGO/石原まこちん

【REGULAR】

 ニュースコンビニエンス

 中華人民(毒)報

 タイゾー事務所SPA!支店

 バカはサイレンで泣く

 タイツくん[真実のコースター]

 これでいいのだ! /坪内祐三&福田和也

 SPA! 初monoステーション

 エーガ界に捧ぐ/中原昌也

 キャバクラ考現学/木村和久 

 美女タレント発掘プロジェクト「どるばこ」

 表紙の人

 SPA! MARKET

 SPA! 読者プレゼント

 次号予告

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月15日 (火)

「郵趣」2008年7月

郵趣

地球にやさしい趣味の雑誌

平成20年7月1日発行

第62巻7号/通巻713号

発行所:財団法人 日本郵趣協会

雑 誌:08915-7

CONTENTS

【カラー特集】

 切手の図案を巡る旅

 国定公園切手 郵趣的観光スポット [田中敏彦]

【カラートピック 】

 スタンプショウ’08

 第9回オープン切手展 金賞・グランプリ受賞者インタビュー

  注目の作品

  「チェコスロヴァキア亡命政府」[忠津 章]

 第9回オープン切手展・第9回トピカル切手展

  上位入賞作品

【カラー連載】

 英領切手物語(5)[安藤 裕]

  バミューダ諸島

 拝見! 10枚の愛蔵コレクション(81)[登坂 宏]

 「バトミントン切手」

【情報・コミュニケーションページ】

 7月のイベント・スケジュール

 切手の博物館ニューズ:「切手珍国博覧会」展ほか

 日本新切手ニューズ:

 「北海道洞爺湖サミット記念」「ふみの日」ほか

 郵趣の目・国内情報:

 新切手に切手帳が登場! ふるさとや記念にもほか

 郵趣の目・海外情報:

 イギリス郵政がデザイン賞を受賞ほか

 書評:「JPS外国切手カタログ アメリカ切手2008-09」

 「日本切手の銘版」ほか

 読者のページ:郵趣の縁側

 世界新切手ニューズ:119カ国1,147種を掲載

【連 載】  

 乙女の切手帖(5)[落合朋子]

  裸婦と猫、そして戦争

  藤田嗣治の絵葉書で知る美術の深淵

 今月のおすすめ展覧会(5):黒田記念館

  「湖畔」を観る

 日本珍品切手物語(50)[大村公作]

  型録から消えた謎の珍目打

 濱谷流・日本切手収集法(3)[濱谷彰彦]

  アルバムリーフに“仮貼り”する

 “郵便印収集”の楽しみ(5)[山田廉一]

  二重丸型日付印 その1

   ―――基本スタイルを初めて統一した日付印―――

 気軽にはじめる戦後 <郵便史> 入門(10)[行徳国宏]

  規定寸法超過のはがき使用例

 テーマティク入門講座(3)[大沼幸雄]

  多様な郵趣品がキーポイント

 ワールドスタンプNOW(41)[椙山哲太郎]

  比べてみれば・・・「赤毛のアン」

【会員活動のページ】

 「全国会員大会」開催案内

 各地のイベント

 <サマーペックス'08> 開催案内

 <JAPEX'08> 出品案内

 開催録/ズームアップ

 支部・月例会案内

 表紙の切手より/次号予告ほか

 財団法人日本郵趣協会のご案内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

WILL 2008 8

Will 8月号

2008年8月1日発行

通巻44号

責任編集:花田紀凱

雑 誌:18397-8

目 次

【総力大特集 皇室が危ない!】

 これが最後の皇太子さまへの御忠言………西尾幹二

主婦たちの「雅子妃問題」………読者投稿大特集

袞竜の袖に隠れた「竹田論文」大批判………久保紘之

【総力特集】中国崩壊寸前!

 「中国変化論」を嗤う………中西輝政 

 大地震がダメ押し 

  中国の「おから経済」………宮崎正弘

 [特別対談]胡錦濤は北京五輪を後悔している………ペマ・ギャルポ 石平

わが新党結党宣言………平沼赳夫

ねじれ国会はこう解決しろ………[蒟蒻問答]堤堯/久保紘之

【最新・創価学会研究】

 創価学会に手をつっ込んだ小沢一郎………尾形真人

 創価学会に宣戦布告………矢野絢也・福本潤一

  いつでも国会で証言する用意がある!

【MEDIA WATCH】 

 「絶対安全Dランキング」………高橋春男 

 「あっぱれ! 築地をどり」………勝谷誠彦 

 「電脳三面記事」「神降臨」………蛭”芸子 

 「『すき家』の賃金不払い」「My News Japan」………渡邉正裕

 「工作機関化するメディアの現実」………水島 総「テレビ捜査班」

 「今月の朝日新聞」………<第十七回> 本郷美則

■天地無用

【BOOKS&MAGAZINES】

 石井英夫の今月この一冊

  渡辺利夫『新 脱亜論』

 堤堯の今月この一冊

  西尾幹二『GHQ焚書図書開封』

 編集部の今月この一冊

 早稲田古本劇場 第四十四幕

 「雨に映る双子」………向井透史

【CINEMA】

 秋山登の今月この一本 『告発のとき』 

 吉田真由美セレクション

  見るんだったらこの映画

【連 載】

 シンボルズ………みうらじゅん 

 大衆芸能小僧

  「林家ペー」………高田文夫・佐野文二郎 

 すべてはいつか、笑うため。………岡 康道

 「イカの筋肉」………髙野ひろし

【HEADLINE】

 繁栄のヒント………日下公人

 永田町コンフィデンシャル………九段靖之介 

 常識のためのサプリ………屋山太郎 

 しょせんヒトゴト………オバタカズユキ 

 判決!………いしかわじゅん 

 世界の常識を疑え………G.ボグダン

 ヒットの予感………秋元 康 

【ENERGY】

 “環境の時代”に向かって

 「電気自動車の快走が始まった」

「蛇足判決」裁判官を弾劾裁判に!

グラビア………若尾文子

愛煙家にも言わせろ!

介護付有料老人ホーム ザ・ホームしずおか葵の森

爆笑問題 連載 「日本原論」

さかもと未明 殿方ミシュラン(小沢一郎)

朝鮮半島通信………重村智計

「黒猫ゴーシャ 上」

曽野綾子 <連載エッセイ> 小説家の身勝手

 「アフリカ開発会議の背後事情」

佐藤 優[連載エッセイ]「猫はなんでも知っている」

秋葉原無差別殺人事件の深層………門田隆将

「蛇足判決」裁判官を弾劾裁判に!………井上 薫

オバマが大統領になれない三つの理由………日高義樹

食糧難日本が北極グマの心配してる場合か………武田邦彦

【連 載】欧州に飛んで二カ月の無断欠勤(4)ある編集者のオデッセイ 第83回………堤堯

【読者から】 

【編集部から・編集長から】 

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

借金の安全圏

朝日新聞の5月13日の「あなたの安心」を参考にしての記事です。 2007年の総務省家計調査年俸での平均黒字額からサラ金から金をかりることの安全圏の金額を算定しています。 15パーセントの消費者金融で150万円を借りて36回でかえそうとすると5万2000円を毎月かえすことになります。これだと年収400~449万円の勤労者世帯ということになります。 年収200万円だと黒字は1万4000円程度ですので金利18パーセントでかりることのできる目安は40万円です。 これをこえている場合は弁護士に依頼する値打ちはあることになります。ガイドラインの年収の3分の1までかりても安全なのは年収が400万円をこえてからのはなしです。平均より豊かなひとということになりましょうか。 生活苦からサラ金にはしるのは絶対ダメということになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »