2008年7月 1日 (火)

借金の安全圏

朝日新聞の5月13日の「あなたの安心」を参考にしての記事です。 2007年の総務省家計調査年俸での平均黒字額からサラ金から金をかりることの安全圏の金額を算定しています。 15パーセントの消費者金融で150万円を借りて36回でかえそうとすると5万2000円を毎月かえすことになります。これだと年収400~449万円の勤労者世帯ということになります。 年収200万円だと黒字は1万4000円程度ですので金利18パーセントでかりることのできる目安は40万円です。 これをこえている場合は弁護士に依頼する値打ちはあることになります。ガイドラインの年収の3分の1までかりても安全なのは年収が400万円をこえてからのはなしです。平均より豊かなひとということになりましょうか。 生活苦からサラ金にはしるのは絶対ダメということになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

宮崎県知事にそのまんま東氏

 1月21日投票の宮崎県知事選挙でタレントそのまんま東本名 東国原(ひがしこくはる)英夫が当選した。

 横山ノックの大阪府知事当選以来のお笑いタレントからの当選である。

 ビートたけしのオールナイトニッポンをきいていた世代としては、当時の扱いとかをみていただけにいろいろ思うところがある。刑事の前歴のある知事としてもひさしぶりかもしれない。更正の成功例ということもできるだろう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

2006年新語流行語大賞候補にグレーゾーンが

2006年新語流行語大賞にグレーゾーンがはいりました。

2006年1月23日の画期的な最高裁判例が契機になったものと思われます。

http://www.jiyu.co.jp/singo/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月18日 (月)

山崎派ではっきりサラ金ひもつきでないひと

広津議員 国井議員は若手改革派として知られているようです。

これ以外のひとの情報ありましたらよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近未来政治研究会(通称山崎派)所属国会議員リスト

近未来政治研究会所属議員

衆議院議員(31名)
山崎拓(12回、福岡2区)  野田毅(12回、熊本2区) 保岡興治(11回、鹿児島1区) 深谷隆司(9回、東京2区)
小杉隆(8回、東京5区) 甘利明(8回、神奈川13区) 武部勤(7回、北海道12区) 木村義雄(7回、香川2区)
大野功統(7回、香川3区) 遠藤武彦(6回、山形2区) 渡海紀三朗(6回、兵庫10区) 林幹雄(5回、千葉10区)
稲葉大和(5回、新潟3区) 田野瀬良太郎(5回、奈良4区) 原田義昭(5回、福岡5区) 佐藤剛男(5回、比例東北)
田中和徳(4回、神奈川10区) 平沢勝栄(4回、東京17区) 渡辺具能(4回、福岡4区) 木村勉(3回、東京15区)
江崎洋一郎(3回、比例南関東) 石田真敏(3回、和歌山2区) 金子恭之(3回、熊本5区) 山際大志郎(2回、神奈川18)
大前繁雄(2回、兵庫7区) 平将明(1回、東京4区) 福田峰之(1回、比例南関東) 篠田陽介(1回、比例東海)
広津素子(1回、比例九州) 冨岡勉(1回、比例九州) 安次富修(1回、比例九州)
参議院議員(5名)
関谷勝嗣(2回・衆院8回、愛媛県 国井正幸(2回、栃木県 岡田広(2回、茨城県 山内俊夫(2回、香川県
小泉昭男(1回、神奈川県

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

おかやま経済同友 2006年1月

おかやま経済同友

2006年1月31日発行

発行所:社団法人岡山経済同友会総務・広報委員会

No.425

目 次

新年祝賀互礼会

 あいさつ要約

委員会活動

法務研修会

教育フォーラム

 基調講演要約

 パネルディスカッション要約

鳥取県経済同友会と交流会

随想 わたしの岡山

 監査法人 トーマツ岡山事務所業務執行代表役員・公認会計士 梶浦 和人氏

おかやま経済話題

 社団法人共同通信社 岡山支局長 上野 繁氏

新入会員・交代会員

会活動の記録

編集後記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

6月13日 サッカー・ワールドカップのオーストラリア戦敗戦と日本の未来が明るいことについて

6月13日 サッカー・ワールドカップ・オーストラリア戦敗戦と日本の未来があかるいこと

                              弁護士 岡本

ワールドカップ予選のオーストラリア戦の敗戦でしずんでいるが、明るくたのしい話題をひとつ。

新聞の論説やら、学者の本をみると日本は社会問題山積のようであるが、日本は1500年かけて国内問題のほとんどを解決してきた文明国である。いかに文明化されているか、刑務所の収容人数を比べてみよう。日本の刑務所がたりないと、ここ数年話題になっているが、現在の収容人員数は11万人である。これに対してアメリカは人口が日本の倍にもかかわらず50倍ちかい511万人である。同じ人数割合にしてみると25倍刑務所が必要になるわけである。日本の治安がいかにいいかということである。外国人犯罪増加のため刑務所がいっぱいになってきたが、これは外国人については当該外国にて日本で決めた刑期を厳密に収容してもらうということでまかなうことも可能である。(ただし、現行法では無理)

文化やファッション産業では日本はアジア.のリーダーである。ファッション雑貨は日本のものがそのまま売れ、ドラえもんもちびまる子ちゃんもどこでも通用する。名探偵コナンは中国でのほうが売れているくらいだ。

経済成長率がさがってきたことを問題にすることもあろうが、それもあまり心配ない。

イギリスの全盛期であるヴィクトリア女王の治世は1838年からはじまり20世紀はじめまでつづいた。わたしは切手収集家であるから、ヴィクトリア女王の肖像のついた1840年の切手を集めている。写真製版の実に立派な出来であるが、このころのイギリスは文明国であったせいか、切手も封筒もやったら残っており、翌年発行されたもっともありふれた切手であるペニーレッドの貼られた封筒など1500円くらいで投げ売りされている。ここまで値段が日本の切手でさがるのは大正3年くらいにならないといけない。80年程度日本は遅れていたのである。しかし、現在は日本だけでイギリスフランスドイツをあわせたよりGDPは大きい。ヴィクトリア女王治世下のイギリスの平均成長率は1パーセントであった。現在の日本はこれより上である。イギリスの競争相手は内乱やら負ける戦争やらで勝手に消耗していったのである。

  日本は貧富の差が中国やアメリカよりなく、内乱の可能性もない。ここ数年は安泰であり、明るく楽しく、くらしていけそうである。そもそもワールドカップの敗戦が新聞の一面トップになるということが、その国が平和であることの証拠ともいえる。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年3月28日 (火)

PSE法があっても中古家電を流通させる方法

読売新聞の3月23日配信記事では「全中古家電をPSE対象外に」坂本龍一氏ら要望というものがあった。

 記事によると安全性を示す「PSEマーク」のない家電製品(259品目)が4月から販売禁止になることに反対している音楽家の坂本龍一氏ら5人が23日、都内で記者会見し、「ビンテージ」と呼ばれる希少価値のある電子楽器だけでなく、テレビや冷蔵庫など中古の家電製品すべてを、販売禁止の対象外とするよう求めた。

  坂本氏は会見で「(中古家電製品の販売禁止は)リサイクル精神に反しており、中古品がゴミの山になる心配がある」と訴えた。

 その後、会見に同席した日本シンセサイザー・プログラマー協会の松武秀樹会長らは、経済産業省に要望書を提出した。

 ただ、安全マーク規制はあくまで完成品として中古家電の規制である。部品には当然つけようがない。また、故障品にも当然つけようがないわけである。故障したものを故障品として売ること自体は同法の適用外と思われる。

 実は動く故障品あるいは部品取り用品として売るとか、キット(サービスでほとんと完成させております)として売ることも考えられる。

 あまり大々的な場合はまずいが消費者保護のための規制であるなら購入者が納得済であるならそれでいいのではなかろうか。被害が生じたら製造物責任法でいけばよいとも考えられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月30日 (水)

ラジオタイランド 日本語 11月29日(火)

ラジオタイランド 日本語 2005年11月29日(火)2200~2215JST 7160KHZ
SINPO 54444 SONY ICF1000T ロッドアンテナ 岡山県岡山市

2200 ニュース   
農業省畜産局はシャモやあひるなどの鳥飼育農家に鳥用ワクチン接種を認めない理由を
説明した。
野党幹部のサキット氏にトチット氏がタクシン首相に対する批判をくりかえし、タクシ
ン首相が名誉棄損で訴えるなどエスカレートする様相を呈しているが、タクシン首相に
よるとこれより深刻な南部問題解決に努力することがさきだと述べた。
ナリット室長によるとタイとアメリカの貿易自由化に関する話し合いはまだ解決してい
ない。
タクシン首相はさきにタイをおとずれたマレーシアのマハティールもと首相と会談した
。南部問題に関連して両者が批判しあう状態は好ましくないということで意見が一致し
た。
来月28日29日に観光促進キャンペーンがスタートする。
アナウンス ラジオタイランド 村山康弘

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月31日 (月)

西暦68年の高金利問題

  現在貸し金業規制法及び出資法によって高金利の限界は原則年間29・2パーセントとなっていますが、これは見直論議を近年中にすることになっています。

  このブログで前原民主党代表に関して話題にした塩野七生「悪名高き皇帝たち」ですが、このなかにも金利をあつかったものがありました。

  西暦紀元68年におきたブリタニア地方(現在のイギリス)における反乱の原因に関する文章です。新潮文庫版4巻97ページ以下

「第二は、カネの問題である。一〇パーセントの属州税が高すぎるのではない。その税を払うにはしばしば借金に頼るしかなくなるが、その金利が高すぎたのである。本国イタリアでは最高一二パーセントと金利の上限が法律で気まっていたが、属州ではそれが野放しだった。そして、後進地帯のブリタニアではとくに、金融業者といえば、ローマ人だった。

 共和制末期にかのブルータスが属州で四八パーセントもの高金利で金を貸しているのに憤慨したキケロの手紙が残っているが、制覇途上のブリタニアでも、この種の高利貸しが横行したのにちがいない。制覇途上とて、金を貸すにもリスクが伴う。リスクが高いほど金利も高くなるのは、経済の論理である。これにブレーキをかけることこそが政治である「戦後処理」の重要事のひとつだが、いずれも前線で指揮したことがないクラウディウス帝もネロ帝も、この種のことの重要さに気づかなかったのであろう。ネロの補佐官のセネカが巨富を貯えたのも、ブリタニアに高利で投資した結果と言われていた。皇帝第一の側近がこれでは、経済の論理にブリーキをかけるなど夢物語である。

 ブレーキがないのをよいことにブリタニアで暴利をむさぼっていたのが、ローマ市民権をもつ金融業者たちであった。ブリタニア人の怒りが、金融業者にとどまらず、ローマ人全体に向けられたのも当然だ。ローマ人は、ブリタニア人を搾取の対象としか見ていない、と思うようになれば、ぞのローマ人と友好関係を樹立していることさえ、後悔の種に変わる。……」

  この暴動で7万人の人命が失われたと言われています。

  現在の日本で12パーセントをこえる金利の合理性ってあるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)